Azure PowerShell を使用して近接通信配置グループに VM をデプロイする

適用対象: ✔️ Linux VM ✔️ Windows VM

各 VM をできるだけ近くに配置して、可能性のある最も短い待ち時間を実現するには、それらを近接通信配置グループ内にデプロイするようにしてください。

近接通信配置グループは、Azure コンピューティング リソースが互いに物理的に近くに配置されるようにするために使用される論理的なグループ化です。 近接通信配置グループは、短い待ち時間が要件であるワークロードに役立ちます。

近接通信配置グループの作成

New-AzProximityPlacementGroup コマンドレットを使用し、近接通信配置グループを作成します。

$resourceGroup = "myPPGResourceGroup"
$location = "East US"
$ppgName = "myPPG"
New-AzResourceGroup -Name $resourceGroup -Location $location
$ppg = New-AzProximityPlacementGroup `
   -Location $location `
   -Name $ppgName `
   -ResourceGroupName $resourceGroup `
   -ProximityPlacementGroupType Standard

近接通信配置グループを一覧表示する

Get-AzProximityPlacementGroup コマンドレットを使用し、近接通信配置グループをすべて一覧表示できます。

Get-AzProximityPlacementGroup

VM の作成

New-AzVM を使用して VM を作成するときに近接通信配置グループ ID を参照する目的で、-ProximityPlacementGroup $ppg.Id を使用し、近接通信配置グループで VM を作成します。

$vmName = "myVM"

New-AzVm `
  -ResourceGroupName $resourceGroup `
  -Name $vmName `
  -Location $location `
  -OpenPorts 3389 `
  -ProximityPlacementGroup $ppg.Id

Get-AzProximityPlacementGroup を使用し、近接通信配置グループの VM を表示できます。

Get-AzProximityPlacementGroup -ResourceId $ppg.Id |
    Format-Table -Property VirtualMachines -Wrap

既存の VM を近接通信配置グループ内に移動する

既存の VM を近接通信配置グループに追加することもできます。 最初に VM を停止して割り当てを解除し、その後で VM を更新して再起動する必要があります。

$ppg = Get-AzProximityPlacementGroup -ResourceGroupName myPPGResourceGroup -Name myPPG
$vm = Get-AzVM -ResourceGroupName myResourceGroup -Name myVM
Stop-AzVM -Name $vm.Name -ResourceGroupName $vm.ResourceGroupName
Update-AzVM -VM $vm -ResourceGroupName $vm.ResourceGroupName -ProximityPlacementGroupId $ppg.Id
Start-AzVM -Name $vm.Name -ResourceGroupName $vm.ResourceGroupName

既存の VM を近接通信配置グループ外に移動する

近接通信配置グループから VM を削除するには、まず VM を停止して割り当てを解除し、その後で VM を更新して再起動する必要があります。

$ppg = Get-AzProximityPlacementGroup -ResourceGroupName myPPGResourceGroup -Name myPPG
$vm = Get-AzVM -ResourceGroupName myResourceGroup -Name myVM
Stop-AzVM -Name $vm.Name -ResourceGroupName $vm.ResourceGroupName
$vm.ProximityPlacementGroup = ""
Update-AzVM -VM $vm -ResourceGroupName $vm.ResourceGroupName 
Start-AzVM -Name $vm.Name -ResourceGroupName $vm.ResourceGroupName

可用性セット

近接通信配置グループ内に可用性セットを作成することもできます。 同じ -ProximityPlacementGroup パラメーターを New-AzAvailabilitySet コマンドレットで使用すると、可用性セットが作成されます。可用性セットで作成された VM はすべて、同じ近接通信配置グループでも作成されます。

近接通信配置グループに既存の可用性セットを追加または削除するには、最初に可用性セット内のすべての VM を停止する必要があります。

既存の可用性セットを近接通信配置グループ内に移動する

$resourceGroup = "myResourceGroup"
$avSetName = "myAvailabilitySet"
$avSet = Get-AzAvailabilitySet -ResourceGroupName $resourceGroup -Name $avSetName
$vmIds = $avSet.VirtualMachinesReferences
foreach ($vmId in $vmIDs){
    $string = $vmID.Id.Split("/")
    $vmName = $string[8]
    Stop-AzVM -ResourceGroupName $resourceGroup -Name $vmName -Force
    } 

$ppg = Get-AzProximityPlacementGroup -ResourceGroupName myPPG -Name myPPG
Update-AzAvailabilitySet -AvailabilitySet $avSet -ProximityPlacementGroupId $ppg.Id
foreach ($vmId in $vmIDs){
    $string = $vmID.Id.Split("/")
    $vmName = $string[8]
    Start-AzVM -ResourceGroupName $resourceGroup -Name $vmName 
    } 

既存の可用性セットを近接通信配置グループ外に移動する

$resourceGroup = "myResourceGroup"
$avSetName = "myAvailabilitySet"
$avSet = Get-AzAvailabilitySet -ResourceGroupName $resourceGroup -Name $avSetName
$vmIds = $avSet.VirtualMachinesReferences
foreach ($vmId in $vmIDs){
    $string = $vmID.Id.Split("/")
    $vmName = $string[8]
    Stop-AzVM -ResourceGroupName $resourceGroup -Name $vmName -Force
    } 

$avSet.ProximityPlacementGroup = ""
Update-AzAvailabilitySet -AvailabilitySet $avSet 
foreach ($vmId in $vmIDs){
    $string = $vmID.Id.Split("/")
    $vmName = $string[8]
    Start-AzVM -ResourceGroupName $resourceGroup -Name $vmName 
    } 

スケール セット

近接通信配置グループ内にスケール セットを作成することもできます。 同じ -ProximityPlacementGroup パラメーターを New-AzVmss で使用すると、スケール セットが作成されます。すべてのインスタンスが同じ近接通信配置グループで作成されます。

近接通信配置グループに既存のスケール セットを追加または削除するには、最初にスケール セットを停止する必要があります。

既存のスケール セットを近接通信配置グループ内に移動する

$ppg = Get-AzProximityPlacementGroup -ResourceGroupName myPPG -Name myPPG
$vmss = Get-AzVmss -ResourceGroupName myVMSSResourceGroup -VMScaleSetName myScaleSet
Stop-AzVmss -VMScaleSetName $vmss.Name -ResourceGroupName $vmss.ResourceGroupName
Update-AzVmss -VMScaleSetName $vmss.Name -ResourceGroupName $vmss.ResourceGroupName -ProximityPlacementGroupId $ppg.Id
Start-AzVmss -VMScaleSetName $vmss.Name -ResourceGroupName $vmss.ResourceGroupName

既存のスケール セットを近接通信配置グループ外に移動する

$vmss = Get-AzVmss -ResourceGroupName myVMSSResourceGroup -VMScaleSetName myScaleSet
Stop-AzVmss -VMScaleSetName $vmss.Name -ResourceGroupName $vmss.ResourceGroupName
$vmss.ProximityPlacementGroup = ""
Update-AzVmss -VirtualMachineScaleSet $vmss -VMScaleSetName $vmss.Name -ResourceGroupName $vmss.ResourceGroupName  
Start-AzVmss -VMScaleSetName $vmss.Name -ResourceGroupName $vmss.ResourceGroupName

次のステップ

Azure CLI を使用して近接通信配置グループを作成することもできます。