Azure Virtual Machines の作成および管理に使用される一般的な PowerShell コマンド

適用対象: ✔️ Linux VM ✔️ Windows VM ✔️ フレキシブルなスケール セット

この記事では、Azure サブスクリプション内の仮想マシンの作成および管理に使用できる Azure PowerShell コマンドの一部について説明します。 具体的なコマンド ライン スイッチやオプションについて詳しくは、Get-Help " コマンド" を使って確認できます。

この記事内のコマンドを複数実行する場合は、変数が役に立つことがあります。

  • $location: 仮想マシンの場所。 Get-AzLocation を使用して、適切な地理的リージョンを検索できます。
  • $myResourceGroup: 仮想マシンを含むリソース グループの名前。
  • $myVM: 仮想マシンの名前。

VM を作成する - 簡易版

タスク command
簡単な VM を作成する New-AzVM -Name $myVM



New-AzVM には "簡易版" パラメーターのセットがあり、必要なのは 1 つの名前だけです。 -Name の値は、新しい VM の作成に必要なすべてのリソースの名前として使われます。 詳細を指定できますが、必要なものはこれだけです。
カスタム イメージから VM を作成する New-AzVm -ResourceGroupName $myResourceGroup -Name $myVM ImageName "myImage" -Location $location



独自のマネージド イメージを既に作成してある必要があります。 イメージを使って、複数の同じ VM を作成できます。

VM 構成の作成

タスク command
VM 構成の作成 $vm = New-AzVMConfig -VMName $myVM -VMSize "Standard_D1_v1"



VM 構成は、仮想マシンの設定の定義または更新に使用します。 この構成は、VM の名前とその サイズ で初期化します。
構成設定の追加 $vm = Set-AzVMOperatingSystem -VM $vm -Windows -ComputerName $myVM -Credential $cred -ProvisionVMAgent -EnableAutoUpdate



資格情報 を含むオペレーティング システムの設定が、New-AzVMConfig を使用してあらかじめ作成した構成オブジェクトに追加されます。
ネットワーク インターフェイスの追加 $vm = Add-AzVMNetworkInterface -VM $vm -Id $nic.Id



仮想ネットワークで通信するには、VM に ネットワーク インターフェイス がある必要があります。 Get-AzNetworkInterface を使用して既存のネットワーク インターフェイス オブジェクトを取得することもできます。
プラットフォーム イメージの指定 $vm = Set-AzVMSourceImage -VM $vm -PublisherName "発行元名" -Offer "発行元のプラン" -Skus "製品 SKU" -Version "最新"



イメージ情報 が、New-AzVMConfig を使用してあらかじめ作成した構成オブジェクトに追加されます。 このコマンドから返されるオブジェクトは、プラットフォーム イメージを使用するために OS ディスクを設定する場合にのみ使用されます。
VM の作成 New-AzVM -ResourceGroupName $myResourceGroup -Location $location -VM $vm



すべてのリソースをリソース グループに作成する必要があります。 このコマンドを実行する前に、New-AzVMConfig、Set-AzVMOperatingSystem、Set-AzVMSourceImage、Add-AzVMNetworkInterface、および Set-AzVMOSDisk を実行します。
VM の更新 Update-AzVM -ResourceGroupName $myResourceGroup -VM $vm



Get-AzVM を使用して現在の VM の構成を取得し、VM オブジェクトの構成設定を変更してから、このコマンドを実行します。

VM に関する情報の取得

タスク command
サブスクリプション内の VM の一覧表示 Get-AzVM
リソース グループ内の VM の一覧表示 Get-AzVM -ResourceGroupName $myResourceGroup



サブスクリプションのリソース グループのリストを取得するには、Get-AzResourceGroup を使用します。
VM に関する情報の取得 Get-AzVM -ResourceGroupName $myResourceGroup -Name $myVM

VM の管理

タスク command
VM の起動 Start-AzVM -ResourceGroupName $myResourceGroup -Name $myVM
VM の停止 Stop-AzVM -ResourceGroupName $myResourceGroup -Name $myVM
実行中の VM の再起動 Restart-AzVM -ResourceGroupName $myResourceGroup -Name $myVM
VM を削除する Remove-AzVM -ResourceGroupName $myResourceGroup -Name $myVM

次のステップ