スナップショットの作成Create a snapshot

スナップショットは、仮想ハード ドライブ (VHD) の完全な読み取り専用コピーです。A snapshot is a full, read-only copy of a virtual hard drive (VHD). バックアップ、または仮想マシン (VM) の問題を解決するために、OS またはデータ ディスク VHD のスナップショットを取得できます。You can take a snapshot of an OS or data disk VHD to use as a backup, or to troubleshoot virtual machine (VM) issues.

スナップショットを使用して新しい VM を作成しようとしている場合は、進行中のすべてのプロセスを消去するため、スナップショットを作成する前に VM を正常にシャット ダウンすることをお勧めします。If you are going to use the snapshot to create a new VM, we recommend that you cleanly shut down the VM before taking a snapshot, to clear out any processes that are in progress.

Azure ポータルの使用Use the Azure portal

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.
  2. 左のメニューから、 [リソースの作成] を選択し、スナップショットを探して選択します。From the left menu, select Create a resource, and then search for and select snapshot.
  3. スナップショット ウィンドウで、 [作成] を選択します。In the Snapshot window, select Create. [スナップショットの作成] ウィンドウが表示されます。The Create snapshot window appears.
  4. スナップショットの [名前] を入力します。Enter a Name for the snapshot.
  5. 既存のリソース グループを選択するか、新しいリソース グループの名前を入力します。Select an existing Resource group or enter the name of a new one.
  6. Azure データセンターの場所を選択します。Select an Azure datacenter Location.
  7. [ソース ディスク] で、スナップショットを作成するマネージド ディスクを選びます。For Source disk, select the managed disk to snapshot.
  8. スナップショットの保存に使う [アカウントの種類] を選びます。Select the Account type to use to store the snapshot. スナップショットを高パフォーマンスのディスクに保存する必要がある場合を除き、 [Standard_HDD] を選択します。Select Standard_HDD, unless you need the snapshot to be stored on a high-performing disk.
  9. 作成 を選択します。Select Create.

PowerShell の使用Use PowerShell

次の手順では、VHD ディスクのコピー方法、スナップショット構成の作成方法、New-AzSnapshot コマンドレットを使用したディスクのスナップショットの取得方法を示します。The following steps show how to copy the VHD disk, create the snapshot configuration, and take a snapshot of the disk by using the New-AzSnapshot cmdlet.

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. AzureRM モジュールはまだ使用でき、少なくとも 2020 年 12 月までは引き続きバグ修正が行われます。You can still use the AzureRM module, which will continue to receive bug fixes until at least December 2020. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールのインストール手順については、Azure PowerShell のインストールを参照してください。For Az module installation instructions, see Install Azure PowerShell.

  1. パラメーターを設定します。Set some parameters:

    $resourceGroupName = 'myResourceGroup' 
    $location = 'eastus' 
    $vmName = 'myVM'
    $snapshotName = 'mySnapshot'  
    
  2. VM を取得します。Get the VM:

    $vm = get-azvm `
    -ResourceGroupName $resourceGroupName 
    -Name $vmName
    
  3. スナップショットの構成を作成します。Create the snapshot configuration. この例では、スナップショットは OS ディスクのものです。For this example, the snapshot is of the OS disk:

    $snapshot =  New-AzSnapshotConfig 
    -SourceUri $vm.StorageProfile.OsDisk.ManagedDisk.Id 
    -Location $location 
    -CreateOption copy
    

    注意

    スナップショットをゾーン回復性のあるストレージに格納する場合は、可用性ゾーンをサポートするリージョンにストレージを作成し、-SkuName Standard_ZRS パラメーターを含めます。If you would like to store your snapshot in zone-resilient storage, create it in a region that supports availability zones and include the -SkuName Standard_ZRS parameter.

  4. スナップショットを取得します。Take the snapshot:

    New-AzSnapshot 
    -Snapshot $snapshot 
    -SnapshotName $snapshotName 
    -ResourceGroupName $resourceGroupName 
    

次の手順Next steps

スナップショットからマネージド ディスクを作成し、その新しいマネージド ディスクを OS ディスクとして接続することで、スナップショットから仮想マシンを作成します。Create a virtual machine from a snapshot by creating a managed disk from a snapshot and then attaching the new managed disk as the OS disk. 詳細については、「PowerShell でスナップショットから仮想マシンを作成する」のサンプルを参照してください。For more information, see the sample in Create a VM from a snapshot with PowerShell.