Azure Virtual Machines での SQL Server Always On 可用性グループの概要Introducing SQL Server Always On availability groups on Azure virtual machines

この記事では、Azure Virtual Machines での SQL Server 可用性グループについて説明します。This article introduces SQL Server availability groups on Azure Virtual Machines.

Azure Virtual Machines での Always On 可用性グループは、オンプレミスの Always On 可用性グループに似ています。Always On availability groups on Azure Virtual Machines are similar to Always On availability groups on premises. 詳細については、「 AlwaysOn 可用性グループ (SQL Server)」をご覧ください。For more information, see Always On Availability Groups (SQL Server).

次の図は、Azure Virtual Machines での完全な SQL Server 可用性グループの一部を示したものです。The diagram illustrates the parts of a complete SQL Server Availability Group in Azure Virtual Machines.

可用性グループ

Azure Virtual Machines での可用性グループの重要な違いは、Azure Virtual Machines にはロード バランサーが必要なことです。The key difference for an Availability Group in Azure Virtual Machines is that the Azure virtual machines, require a load balancer. ロード バランサーは、可用性グループ リスナーの IP アドレスを保持しています。The load balancer holds the IP addresses for the availability group listener. 複数の可用性グループがある場合は、グループごとにリスナーが必要です。If you have more than one availability group each group requires a listener. 1 つのロード バランサーで複数のリスナーをサポートできます。One load balancer can support multiple listeners.

さらに、Azure IaaS VM ゲスト フェールオーバー クラスターでは、サーバー (クラスター ノード) ごとに 1 つの NIC、および 1 つのサブネットを使用することをお勧めします。Additionally, on an Azure IaaS VM guest failover cluster, we recommend a single NIC per server (cluster node) and a single subnet. Azure ネットワークは物理的な冗長性を備えているので、Azure IaaS VM ゲスト クラスターで NIC とサブネットを追加する必要はありません。Azure networking has physical redundancy which makes additional NICs and subnets unnecessary on an Azure IaaS VM guest cluster. クラスター検証レポートでは、1 つのネットワークでしかノードに到達できないという警告が出ますが、Azure IaaS VM ゲスト フェールオーバー クラスターではこの警告を無視しても安全です。Although the cluster validation report will issue a warning that the nodes are only reachable on a single network, this warning can be safely ignored on Azure IaaS VM guest failover clusters.

Windows Server のバージョンWindows Server Version SQL Server のバージョンSQL Server Version SQL Server のエディションSQL Server Edition WSFC クォーラムの構成WSFC Quorum Config マルチリージョンの DRDR with Multi-region マルチサブネットのサポートMulti-subnet support 既存の AD のサポートSupport for an existing AD マルチゾーン同一リージョンの DRDR with multi-zone same region Dist-AG サポート (AD ドメインなし)Dist-AG support with no AD domain Dist-AG サポート (クラスターなし)Dist-AG support with no cluster
SQL VM CLISQL VM CLI 20162016 20172017
20162016
EntEnt クラウド監視Cloud witness いいえNo 可能Yes はいYes はいYes いいえNo いいえNo
クイック スタート テンプレートQuickstart Templates 20162016 20172017
20162016
EntEnt クラウド監視Cloud witness いいえNo 可能Yes はいYes はいYes いいえNo いいえNo
Portal テンプレートPortal Template 20162016
2012 R22012 R2
20162016
20142014
EntEnt ファイル共有File share いいえNo いいえNo いいえNo いいえNo いいえNo いいえNo
手動Manual AllAll AllAll AllAll AllAll はいYes はいYes はいYes はいYes はいYes はいYes
                     

Azure Virtual Machines に SQL Server 可用性グループを作成する準備ができたら、次のチュートリアルをご覧ください。When you are ready to build a SQL Server availability group on Azure Virtual Machines, refer to these tutorials.

Azure CLI を使用して手動で行うManually with Azure CLI

Azure CLI を使用した可用性グループの構成とデプロイは、単純さとデプロイ速度の観点から最良の方法のため、推奨オプションです。Using Azure CLI to configure and deploy an availability group is the recommended option, as it's the best in terms of simplicity and speed of deployment. Azure CLI を使用すると、Windows フェールオーバー クラスターの作成、クラスターへの SQL Server VM の結合、およびリスナーと内部ロード バランサーの作成のすべてを 30 分以内に達成することができます。With Azure CLI, the creation of the Windows Failover Cluster, joining SQL Server VMs to the cluster, as well as the creation of the listener and Internal Load Balancer can all be achieved in under 30 minutes. このオプションでは、可用性グループの手動作成がまだ必要ですが、その他の必要な構成手順はすべて自動化されています。This option still requires a manual creation of the availability group, but automates all the other necessary configuration steps.

詳細については、「Use Azure SQL VM CLI to configure Always On availability group for SQL Server on an Azure VM (Azure SQL VM CLI を使用して Azure VM 上で SQL Server のための Always On 可用性グループを構成する)」を参照してください。For more information, see Use Azure SQL VM CLI to configure Always On availability group for SQL Server on an Azure VM.

Azure クイック スタート テンプレートを使用して自動的に行うAutomatically with Azure Quickstart Templates

Azure クイック スタート テンプレートは、SQL VM リソース プロバイダーを使用して Windows フェールオーバー クラスターをデプロイし、SQL Server VM をそれに結合し、リスナーを作成し、内部ロード バランサーを構成します。The Azure Quickstart Templates utilize the SQL VM resource provider to deploy the Windows Failover Cluster, join SQL Server VMs to it, create the listener, and configure the Internal Load Balancer. このオプションでは、可用性グループおよび内部ロード バランサー (ILB) の手動作成がまだ必要ですが、(ILB の構成を含め) 他の必要な構成手順はすべて自動化および簡素化されています。This option still requires a manual creation of the availability group, and Internal Load Balancer (ILB) but automates and simplifies all the other necessary configuration steps (including the configuration of the ILB).

詳細については、「Use Azure Quickstart Template to configure Always On availability group for SQL Server on an Azure VM (Azure クイック スタート テンプレートを使用して Azure VM 上で SQL Server のための Always On 可用性グループを構成する)」を参照してください。For more information, see Use Azure Quickstart Template to configure Always On availability group for SQL Server on an Azure VM.

Azure portal テンプレートを使用して自動的に行うAutomatically with an Azure Portal Template

Azure VM での AlwaysOn 可用性グループの自動構成 - Resource ManagerConfigure Always On availability group in Azure VM automatically - Resource Manager

Azure portal で自動的に行うManually in Azure portal

テンプレートを使わずに、自分で仮想マシンを作成することもできます。You can also create the virtual machines yourself without the template. 最初に、前提条件を満たした後、可用性グループを作成します。First, complete the prerequisites, then create the availability group. 以下のトピックをご覧ください。See the following topics:

次の手順Next steps

異なるリージョンの Azure Virtual Machines に SQL Server AlwaysOn 可用性グループを構成するConfigure a SQL Server Always On Availability Group on Azure Virtual Machines in Different Regions