チュートリアル:Azure SQL Server VM での可用性グループの手動構成Tutorial: Configure availability group on Azure SQL Server VM manually

このチュートリアルでは、Azure Virtual Machines に SQL Server Always On 可用性グループを作成する方法を説明します。This tutorial shows how to create a SQL Server Always On Availability Group on Azure Virtual Machines. チュートリアル全体では、2 つの SQL Server にデータベース レプリカで可用性グループを作成します。The complete tutorial creates an Availability Group with a database replica on two SQL Servers.

推定所要時間: 前提条件が満たされてから完了までに約 30 分かかります。Time estimate: Takes about 30 minutes to complete once the prerequisites are met.

次の図は、チュートリアルで構築するものを示しています。The diagram illustrates what you build in the tutorial.

可用性グループ

前提条件Prerequisites

このチュートリアルでは、SQL Server Always On 可用性グループの基本的な知識があることを前提としています。The tutorial assumes you have a basic understanding of SQL Server Always On Availability Groups. 詳しくは、「Always On 可用性グループの概要 (SQL Server)」をご覧ください。If you need more information, see Overview of Always On Availability Groups (SQL Server).

次の表に、このチュートリアルを開始する前に完了している必要がある前提条件を示します。The following table lists the prerequisites that you need to complete before starting this tutorial:

要件Requirement 説明Description
Square 2 つの SQL ServerTwo SQL Servers - Azure 可用性セット内- In an Azure availability set
- 単一のドメイン内- In a single domain
- フェールオーバー クラスタリング機能インストール済み- With Failover Clustering feature installed
Square Windows ServerWindows Server クラスター監視用のファイル共有File share for cluster witness
Square SQL Server サービス アカウントSQL Server service account ドメイン アカウントDomain account
Square SQL Server エージェント サービス アカウントSQL Server Agent service account ドメイン アカウントDomain account
正方形 ファイアウォール ポートを開くFirewall ports open - SQL Server:1433 (既定インスタンス用)- SQL Server: 1433 for default instance
- データベース ミラーリング エンドポイント:5022 または使用可能な任意のポート- Database mirroring endpoint: 5022 or any available port
- 可用性グループ ロードバランサーの IP アドレスの正常性プローブ:59999 または使用可能な任意のポート- Availability group load balancer IP address health probe: 59999 or any available port
- クラスター コア ロードバランサーの IP アドレスの正常性プローブ:58888 または使用可能な任意のポート- Cluster core load balancer IP address health probe: 58888 or any available port
Square フェールオーバー クラスタリング機能を追加するAdd Failover Clustering Feature 両方の SQL Server にこの機能が必要ですBoth SQL Servers require this feature
Square インストール ドメイン アカウントInstallation domain account - 各 SQL Server 上のローカル管理者- Local administrator on each SQL Server
- SQL Server の各インスタンスの SQL Server sysadmin 固定サーバー ロールのメンバー- Member of SQL Server sysadmin fixed server role for each instance of SQL Server

チュートリアルを始める前に、Azure Virtual Machines で Always On 可用性グループを作成するための前提条件を満たす必要があります。Before you begin the tutorial, you need to Complete prerequisites for creating Always On Availability Groups in Azure Virtual Machines. これらの前提条件が既に満たされている場合は、「クラスターを作成する」に進んでかまいません。If these prerequisites are completed already, you can jump to Create Cluster.

注意

このチュートリアルで説明する手順の多くは、Azure SQL VM CLIAzure クイック スタート テンプレートで自動化できるようになりました。Many of the steps provided in this tutorial can now be automated with Azure SQL VM CLI and Azure Quickstart Templates.

クラスターを作成するCreate the cluster

前提条件が完了した後は、最初に、2 つの SQL Sever と監視サーバーを含む Windows Server フェールオーバー クラスターを作成します。After the prerequisites are completed, the first step is to create a Windows Server Failover Cluster that includes two SQL Severs and a witness server.

  1. SQL Server と監視サーバー両方の管理者であるドメイン アカウントを使って、1 番目の SQL Server に RDP 接続します。RDP to the first SQL Server using a domain account that is an administrator on both SQL Servers and the witness server.

    ヒント

    前提条件のドキュメントに従っている場合、CORP\Install という名前のアカウントを作成しているはずです。If you followed the prerequisites document, you created an account called CORP\Install. このアカウントを使います。Use this account.

  2. [サーバー マネージャー] ダッシュボードで、 [ツール] を選択し、 [フェールオーバー クラスター マネージャー] をクリックします。In the Server Manager dashboard, select Tools, and then click Failover Cluster Manager.

  3. 左のウィンドウで、 [フェールオーバー クラスター マネージャー] を右クリックし、 [クラスターの作成] をクリックします。In the left pane, right-click Failover Cluster Manager, and then click Create a Cluster. クラスターの作成Create Cluster

  4. クラスターの作成ウィザードの各ページで、次の表の設定を使って、単一ノード クラスターを作成します。In the Create Cluster Wizard, create a one-node cluster by stepping through the pages with the settings in the following table:

    ページPage 設定Settings
    開始する前にBefore You Begin 既定値を使用Use defaults
    サーバーの選択Select Servers 1 番目の SQL Server の名前を [サーバー名を入力してください] に入力し、 [追加] をクリックします。Type the first SQL Server name in Enter server name and click Add.
    検証の警告Validation Warning [いいえ、このクラスターに Microsoft のサポートは必要ありませんので、検証テストを実行しません。[次へ] をクリックして、クラスターの作成を続行します。] を選択します。Select No. I do not require support from Microsoft for this cluster, and therefore do not want to run the validation tests. When I click Next, continue Creating the cluster.
    クラスター管理用のアクセス ポイントAccess Point for Administering the Cluster [クラスター名] にクラスター名を入力します (例: SQLAGCluster1)。Type a cluster name, for example SQLAGCluster1 in Cluster Name.
    確認Confirmation 記憶域スペースを使用している場合を除き、既定値を使用します。Use defaults unless you are using Storage Spaces. この表の次の注を参照してください。See the note following this table.

Windows Server フェールオーバー クラスターの IP アドレスを設定するSet the Windows server failover cluster IP address

注意

Windows Server 2019 では、クラスターはクラスターネットワーク名ではなく、分散サーバー名を作成します。On Windows Server 2019, the cluster creates a Distributed Server Name instead of the Cluster Network Name. Windows Server 2019 を使用している場合は、このチュートリアルでクラスターのコア名を参照するすべての手順をスキップしてください。If you're using Windows Server 2019, skip any steps that refer to the cluster core name in this tutorial. クラスター ネットワーク名は、PowerShell を使用して作成できます。You can create a cluster network name using PowerShell. 詳細については、「フェールオーバー クラスター:クラスタ ネットワーク オブジェクト」のブログを参照してください。Review the blog Failover Cluster: Cluster Network Object for more information.

  1. フェールオーバー クラスター マネージャーで、 [クラスター コア リソース] まで下にスクロールして、クラスターの詳細を展開します。In Failover Cluster Manager, scroll down to Cluster Core Resources and expand the cluster details. [名前][IP アドレス] リソースの両方が [失敗] 状態で表示されます。You should see both the Name and the IP Address resources in the Failed state. クラスターにコンピューター自体と同じ IP アドレスが割り当てられていて、アドレスが重複するため、IP アドレス リソースをオンラインにすることができません。The IP address resource cannot be brought online because the cluster is assigned the same IP address as the machine itself, therefore it is a duplicate address.

  2. 失敗した IP アドレス リソースを右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。Right-click the failed IP Address resource, and then click Properties.

    クラスターのプロパティ

  3. [静的 IP アドレス] を選択し、仮想マシンと同じサブネットの使用可能なアドレスを指定します。Select Static IP Address and specify an available address from the same subnet as your virtual machines.

  4. [クラスター コア リソース] セクションで、クラスター名を右クリックして、 [オンラインにする] をクリックします。In the Cluster Core Resources section, right-click cluster name and click Bring Online. 両方のリソースがオンラインになるまで待ちます。Then, wait until both resources are online. クラスター名リソースがオンラインになると、新しい AD コンピューター アカウントで DC サーバーが更新されます。When the cluster name resource comes online, it updates the DC server with a new AD computer account. この AD アカウントは、後で可用性グループのクラスター化サービスを実行するときに使います。Use this AD account to run the Availability Group clustered service later.

他の SQL Server をクラスターに追加するAdd the other SQL Server to cluster

他の SQL Server をクラスターに追加します。Add the other SQL Server to the cluster.

  1. ブラウザー ツリーでクラスターを右クリックし、 [ノードの追加] をクリックします。In the browser tree, right-click the cluster and click Add Node.

    クラスターにノードを追加

  2. ノードの追加ウィザードで、 [次へ] をクリックします。In the Add Node Wizard, click Next. [サーバーの選択] ページで、2 番目の SQL Server を追加します。In the Select Servers page, add the second SQL Server. サーバー名を [サーバー名を入力してください] に入力し、 [追加] をクリックします。Type the server name in Enter server name and then click Add. 完了したら、 [次へ] をクリックします。When you are done, click Next.

  3. [検証の警告] ページで [いいえ] をクリックします (実際の運用時には、検証テストを実施する必要があります)。In the Validation Warning page, click No (in a production scenario you should perform the validation tests). 次に、 [次へ] をクリックします。Then, click Next.

  4. 記憶域スペースを使っている場合は、 [確認] ページの [使用可能な記憶域をすべてクラスターに追加する] チェック ボックスをオフにします。In the Confirmation page if you are using Storage Spaces, clear the checkbox labeled Add all eligible storage to the cluster.

    ノードの追加の確認

    警告

    記憶域スペースを使っている場合に、 [使用可能な記憶域をすべてクラスターに追加する] をオフにしないと、Windows はクラスター作成処理中に仮想ディスクをデタッチします。If you are using Storage Spaces and do not uncheck Add all eligible storage to the cluster, Windows detaches the virtual disks during the clustering process. その結果、記憶域スペースがクラスターから削除され、PowerShell を使って再アタッチされるまで、仮想ディスクはディスク マネージャーやエクスプローラーに表示されなくなります。As a result, they do not appear in Disk Manager or Explorer until the storage spaces are removed from the cluster and reattached using PowerShell. 記憶域スペースは、複数のディスクを記憶域プールにグループ化します。Storage Spaces groups multiple disks in to storage pools. 詳細については、記憶域スペースに関するページを参照してください。For more information, see Storage Spaces.

  5. [次へ] をクリックします。Click Next.

  6. [完了] をクリックします。Click Finish.

    フェールオーバー クラスター マネージャーで、クラスターに新しいノードがあることが示され、そのノードが [ノード] コンテナーの一覧に表示されます。Failover Cluster Manager shows that your cluster has a new node and lists it in the Nodes container.

  7. リモート デスクトップ セッションからログアウトします。Log out of the remote desktop session.

クラスター クォーラム ファイル共有を追加するAdd a cluster quorum file share

この例では、Windows クラスターはファイル共有を使ってクラスター クォーラムを作成します。In this example the Windows cluster uses a file share to create a cluster quorum. このチュートリアルでは、"ノードおよびファイル共有マジョリティ" クォーラムを使います。This tutorial uses a Node and File Share Majority quorum. 詳しくは、「フェールオーバー クラスターのクォーラム構成について」をご覧ください。For more information, see Understanding Quorum Configurations in a Failover Cluster.

  1. リモート デスクトップ セッションでファイル共有監視メンバー サーバーに接続します。Connect to the file share witness member server with a remote desktop session.

  2. サーバー マネージャーで、 [ツール] をクリックします。On Server Manager, click Tools. [コンピューターの管理] を開きます。Open Computer Management.

  3. [共有フォルダー] をクリックします。Click Shared Folders.

  4. [共有] を右クリックし、 [新しい共有...] をクリックします。Right-click Shares, and click New Share....

    新しい共有

    共有フォルダーの作成ウィザードを使って共有を作成します。Use Create a Shared Folder Wizard to create a share.

  5. [フォルダー パス] で、 [参照] をクリックして、共有フォルダーのパスを検索するか作成します。On Folder Path, click Browse and locate or create a path for the shared folder. [次へ] をクリックします。Click Next.

  6. [名前、説明および設定] で、共有名とパスを確認します。In Name, Description, and Settings verify the share name and path. [次へ] をクリックします。Click Next.

  7. [共有フォルダーのアクセス許可] で、 [アクセス許可のカスタマイズ] を設定します。On Shared Folder Permissions set Customize permissions. [カスタム...] をクリックします。Click Custom....

  8. [アクセス許可のカスタマイズ] で、 [追加...] をクリックします。On Customize Permissions, click Add....

  9. クラスターの作成に使うアカウントがフル コントロールを持っていることを確認します。Make sure that the account used to create the cluster has full control.

    新しい共有

  10. Click OK.Click OK.

  11. [共有フォルダーのアクセス許可] で、 [完了] をクリックします。In Shared Folder Permissions, click Finish. もう一度 [完了] をクリックします。Click Finish again.

  12. サーバーからログアウトします。Log out of the server

クラスター クォーラムを構成するConfigure cluster quorum

次に、クラスター クォーラムを設定します。Next, set the cluster quorum.

  1. リモート デスクトップで 1 番目のクラスター ノードに接続します。Connect to the first cluster node with remote desktop.

  2. フェールオーバー クラスター マネージャーで、クラスターを右クリックし、 [他の操作] をポイントして、 [クラスター クォーラム設定の構成...] をクリックします。In Failover Cluster Manager, right-click the cluster, point to More Actions, and click Configure Cluster Quorum Settings....

    新しい共有

  3. クラスター クォーラム構成ウィザードで、 [次へ] をクリックします。In Configure Cluster Quorum Wizard, click Next.

  4. [クォーラム構成オプションの選択] で、 [クォーラム監視を選択する] を選び、 [次へ] をクリックします。In Select Quorum Configuration Option, choose Select the quorum witness, and click Next.

  5. [クォーラム監視の選択] で、 [ファイル共有監視を構成する] をクリックします。On Select Quorum Witness, click Configure a file share witness.

    ヒント

    Windows Server 2016 では、クラウド監視がサポートされています。Windows Server 2016 supports a cloud witness. この種類の監視を選んだ場合は、ファイル共有監視は必要ありません。If you choose this type of witness, you do not need a file share witness. 詳しくは、「Deploy a cloud witness for a Failover Cluster」(フェールオーバー クラスターにクラウド監視を展開する) をご覧ください。For more information, see Deploy a cloud witness for a Failover Cluster. このチュートリアルでは、以前のオペレーティング システムでサポートされているファイル共有監視を使います。This tutorial uses a file share witness, which is supported by previous operating systems.

  6. [ファイル共有監視の構成] で、作成した共有のパスを入力します。On Configure File Share Witness, type the path for the share you created. [次へ] をクリックします。Click Next.

  7. [確認] で設定を確認します。Verify the settings on Confirmation. [次へ] をクリックします。Click Next.

  8. [完了] をクリックします。Click Finish.

クラスター コア リソースにファイル共有監視が構成されます。The cluster core resources are configured with a file share witness.

可用性グループを有効にするEnable Availability Groups

次に、AlwaysOn 可用性グループ機能を有効にします。Next, enable the AlwaysOn Availability Groups feature. 以下の手順は、両方の SQL Server に対して実行してください。Do these steps on both SQL Servers.

  1. スタート画面から SQL Server 構成マネージャーを起動します。From the Start screen, launch SQL Server Configuration Manager.

  2. ブラウザー ツリーで、 [SQL Server のサービス] をクリックし、 [SQL Server (MSSQLSERVER)] サービスを右クリックして、 [プロパティ] をクリックします。In the browser tree, click SQL Server Services, then right-click the SQL Server (MSSQLSERVER) service and click Properties.

  3. 次に示すように、 [AlwaysOn 高可用性] タブをクリックし、 [AlwaysOn 可用性グループを有効にする] をオンにします。Click the AlwaysOn High Availability tab, then select Enable AlwaysOn Availability Groups, as follows:

    AlwaysOn 可用性グループの有効化

  4. [Apply] をクリックします。Click Apply. ポップアップ ダイアログで [OK] をクリックします。Click OK in the pop-up dialog.

  5. SQL Server サービスを再起動します。Restart the SQL Server service.

もう一方の SQL Server についても同じ手順を繰り返します。Repeat these steps on the other SQL Server.

1 番目の SQL Server でデータベースを作成するCreate a database on the first SQL Server

  1. sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーであるドメイン アカウントを使って、1 番目の SQL Server に対する RDP ファイルを起動します。Launch the RDP file to the first SQL Server with a domain account that is a member of sysadmin fixed server role.
  2. SQL Server Management Studio を開き、1 番目の SQL Server に接続します。Open SQL Server Management Studio and connect to the first SQL Server.
  3. オブジェクト エクスプローラーで、 [データベース] を右クリックし、 [新しいデータベース] をクリックします。In Object Explorer, right-click Databases and click New Database.
  4. [データベース名] に「MyDB1」と入力し、 [OK] をクリックします。In Database name, type MyDB1, then click OK.

バックアップ共有を作成するCreate a backup share

  1. サーバー マネージャーの 1 番目の SQL Server で、 [ツール] をクリックします。On the first SQL Server in Server Manager, click Tools. [コンピューターの管理] を開きます。Open Computer Management.

  2. [共有フォルダー] をクリックします。Click Shared Folders.

  3. [共有] を右クリックし、 [新しい共有...] をクリックします。Right-click Shares, and click New Share....

    新しい共有

    共有フォルダーの作成ウィザードを使って共有を作成します。Use Create a Shared Folder Wizard to create a share.

  4. [フォルダー パス] で、 [参照] をクリックして、データベース バックアップ共有フォルダーのパスを検索するか作成します。On Folder Path, click Browse and locate or create a path for the database backup shared folder. [次へ] をクリックします。Click Next.

  5. [名前、説明および設定] で、共有名とパスを確認します。In Name, Description, and Settings verify the share name and path. [次へ] をクリックします。Click Next.

  6. [共有フォルダーのアクセス許可] で、 [アクセス許可のカスタマイズ] を設定します。On Shared Folder Permissions set Customize permissions. [カスタム...] をクリックします。Click Custom....

  7. [アクセス許可のカスタマイズ] で、 [追加...] をクリックします。On Customize Permissions, click Add....

  8. SQL Server アカウントと SQL Server エージェント サービス アカウントの両方にフル コントロールがあることを確認します。Make sure that the SQL Server and SQL Server Agent service accounts for both servers have full control.

    新しい共有

  9. Click OK.Click OK.

  10. [共有フォルダーのアクセス許可] で、 [完了] をクリックします。In Shared Folder Permissions, click Finish. もう一度 [完了] をクリックします。Click Finish again.

データベースの完全バックアップを作成するTake a full backup of the database

ログ チェーンを初期化するには、新しいデータベースをバックアップする必要があります。You need to back up the new database to initialize the log chain. 新しいデータベースのバックアップを作成しないと、データベースを可用性グループに含めることはできません。If you do not take a backup of the new database, it cannot be included in an Availability Group.

  1. オブジェクト エクスプローラーで、データベースを右クリックし、 [タスク...] をポイントして、 [バックアップ] をクリックします。In Object Explorer, right-click the database, point to Tasks..., click Back Up.

  2. [OK] をクリックして、既定のバックアップ場所に完全バックアップを作成します。Click OK to take a full backup to the default backup location.

可用性グループの作成Create the Availability Group

次の手順で可用性グループを構成できるようになりました。You are now ready to configure an Availability Group using the following steps:

  • 1 番目の SQL Server でデータベースを作成するCreate a database on the first SQL Server.
  • データベースの完全バックアップとトランザクション ログ バックアップの両方を作成するTake both a full backup and a transaction log backup of the database
  • NORECOVERY オプションを使って、完全バックアップとログ バックアップを 2 番目の SQL Server に復元するRestore the full and log backups to the second SQL Server with the NORECOVERY option
  • 同期コミット、自動フェールオーバー、読み取り可能なセカンダリ レプリカを含む可用性グループ (AG1) を作成するCreate the Availability Group (AG1) with synchronous commit, automatic failover, and readable secondary replicas

可用性グループを作成するCreate the Availability Group:

  1. 1 番目の SQL Server へのリモート デスクトップ セッションを開きます。On remote desktop session to the first SQL Server. SSMS のオブジェクト エクスプローラーで、 [AlwaysOn 高可用性] を右クリックして [新しい可用性グループ ウィザード] をクリックします。In Object Explorer in SSMS, right-click AlwaysOn High Availability and click New Availability Group Wizard.

    [新しい可用性グループ ウィザード] の起動

  2. [説明] ページで [次へ] をクリックします。In the Introduction page, click Next. [可用性グループ名の指定] ページで、 [可用性グループ名] に可用性グループの名前 (例: AG1) を入力します。In the Specify Availability Group Name page, type a name for the Availability Group, for example AG1, in Availability group name. [次へ] をクリックします。Click Next.

    新しい AG ウィザード、AG 名の指定

  3. [データベースの選択] ページで、データベースを選び、 [次へ] をクリックします。In the Select Databases page, select your database and click Next.

    注意

    対象とするプライマリ レプリカで完全バックアップを少なくとも 1 つは作成しているため、このデータベースは可用性グループの前提条件を満たしています。The database meets the prerequisites for an Availability Group because you have taken at least one full backup on the intended primary replica.

    新しい AG ウィザード、データベースの選択

  4. [レプリカの指定] ページで [レプリカの追加] をクリックします。In the Specify Replicas page, click Add Replica.

    新しい AG ウィザード、レプリカの指定

  5. [サーバーに接続] ダイアログが表示されます。The Connect to Server dialog pops up. 2 番目のサーバーの名前を [サーバー名] に入力します。Type the name of the second server in Server name. [接続] をクリックします。Click Connect.

    [レプリカの指定] ページに戻ると、 [可用性レプリカ] の一覧に 2 番目のサーバーが表示されていることがわかります。Back in the Specify Replicas page, you should now see the second server listed in Availability Replicas. 次に示すようにレプリカを構成します。Configure the replicas as follows.

    新しい可用性グループ ウィザード、レプリカの指定 (完了)

  6. [エンドポイント] をクリックして、この可用性グループのデータベース ミラーリング エンドポイントを表示します。Click Endpoints to see the database mirroring endpoint for this Availability Group. データベース ミラーリング エンドポイントのファイアウォール ルールを設定するときに使ったものと同じポートを使います。Use the same port that you used when you set the firewall rule for database mirroring endpoints.

    新しい可用性グループ ウィザード、最初のデータの同期を選択

  7. [最初のデータ同期を選択] ページで、 [完全] を選び、共有ネットワークの場所を指定します。In the Select Initial Data Synchronization page, select Full and specify a shared network location. この場所としては、先に作成したバックアップ共有を使います。For the location, use the backup share that you created. この例では、 \\<1 番目の SQL Server>\Backup\ でした。In the example it was, \\<First SQL Server>\Backup\. [次へ] をクリックします。Click Next.

    注意

    完全同期では、SQL Server の 1 番目のインスタンスにあるデータベースの完全バックアップが作成されて、2 番目のインスタンスに復元されます。Full synchronization takes a full backup of the database on the first instance of SQL Server and restores it to the second instance. 大規模なデータベースの場合、完全同期は長い時間がかかることがあるのでお勧めできません。For large databases, full synchronization is not recommended because it may take a long time. 手動でデータベースのバックアップを作成し、NO RECOVERY で復元することにより、この時間を短縮できます。You can reduce this time by manually taking a backup of the database and restoring it with NO RECOVERY. 可用性グループを構成する前に 2 番目の SQL Server のデータベースが NO RECOVERY で既に復元されている場合は、 [参加のみ] を選びます。If the database is already restored with NO RECOVERY on the second SQL Server before configuring the Availability Group, choose Join only. 可用性グループを構成した後でバックアップを作成する場合は、 [最初のデータ同期をスキップ] を選びます。If you want to take the backup after configuring the Availability Group, choose Skip initial data synchronization.

    新しい可用性グループ ウィザード、最初のデータの同期を選択

  8. [検証] ページで [次へ] をクリックします。In the Validation page, click Next. このページは次の図のようになります。This page should look similar to the following image:

    新しい AG ウィザード、検証

    注意

    可用性グループ リスナーを構成していないため、リスナー構成に関する警告が表示されます。There is a warning for the listener configuration because you have not configured an Availability Group listener. Azure Virtual Machines で Azure Load Balancer を作成した後にリスナーを作成するので、この警告は無視してかまいません。You can ignore this warning because on Azure virtual machines you create the listener after creating the Azure load balancer.

  9. [概要] ページで、 [完了] をクリックし、新しい可用性グループが構成されるまで待ちます。In the Summary page, click Finish, then wait while the wizard configures the new Availability Group. [進行状況] ページで [詳細] をクリックすると、進行状況が詳しく表示されます。In the Progress page, you can click More details to view the detailed progress. ウィザードが完了したら、 [結果] ページを調べて、可用性グループが正常に作成されたことを確認します。Once the wizard is finished, inspect the Results page to verify that the Availability Group is successfully created.

    新しい AG ウィザード、結果

  10. [閉じる] をクリックしてウィザードを終了します。Click Close to exit the wizard.

可用性グループを確認するCheck the Availability Group

  1. オブジェクト エクスプローラーで、 [AlwaysOn 高可用性][可用性グループ] の順に展開します。In Object Explorer, expand AlwaysOn High Availability, then expand Availability Groups. このコンテナー内に新しい可用性グループが表示されます。You should now see the new Availability Group in this container. 可用性グループを右クリックし、 [ダッシュボードの表示] をクリックします。Right-click the Availability Group and click Show Dashboard.

    AG ダッシュボードの表示

    AlwaysOn ダッシュボード は次のように表示されます。Your AlwaysOn Dashboard should look similar to this.

    AG ダッシュボード

    レプリカ、各レプリカのフェールオーバー モード、および同期の状態を確認できます。You can see the replicas, the failover mode of each replica and the synchronization state.

  2. フェールオーバー クラスター マネージャーで、クラスターをクリックします。In Failover Cluster Manager, click your cluster. [役割] を選びます。Select Roles. 使った可用性グループの名前は、クラスターでの役割です。The Availability Group name you used is a role on the cluster. リスナーを構成していないため、その可用性グループにはクライアント接続用の IP アドレスがありません。That Availability Group does not have an IP address for client connections, because you did not configure a listener. Azure Load Balancer を作成した後で、リスナーを構成します。You will configure the listener after you create an Azure load balancer.

    フェールオーバー クラスター マネージャー内のAG

    警告

    フェールオーバー クラスター マネージャーから、可用性グループのフェールオーバーを実行しないでください。Do not try to fail over the Availability Group from the Failover Cluster Manager. すべてのフェールオーバー操作は、SSMS の AlwaysOn ダッシュボード から実行する必要があります。All failover operations should be performed from within AlwaysOn Dashboard in SSMS. 詳細については、フェールオーバー クラスター マネージャーと可用性グループの使用に関する制限事項のページを参照してください。For more information, see Restrictions on Using The Failover Cluster Manager with Availability Groups.

この時点で、SQL Server の 2 つのインスタンス上にレプリカを持つ可用性グループができています。At this point, you have an Availability Group with replicas on two instances of SQL Server. 可用性グループは、インスタンス間で移動できます。You can move the Availability Group between instances. リスナーがないため、可用性グループにまはだ接続できません。You cannot connect to the Availability Group yet because you do not have a listener. Azure Virtual Machines では、リスナーにはロード バランサーが必要です。In Azure virtual machines, the listener requires a load balancer. 次に、Azure でロード バランサーを作成します。The next step is to create the load balancer in Azure.

Azure Load Balancer を作成するCreate an Azure load balancer

Azure Virtual Machines では、SQL Server 可用性グループにはロード バランサーが必要です。On Azure virtual machines, a SQL Server Availability Group requires a load balancer. ロード バランサーは、可用性グループ リスナーと Windows Server フェールオーバー クラスターの IP アドレスを保持しています。The load balancer holds the IP addresses for the Availability Group listeners and the Windows Server Failover Cluster. このセクションでは、Azure Portal でロード バランサーを作成する方法の概要を説明します。This section summarizes how to create the load balancer in the Azure portal.

Azure Load Balancer には、Standard Load Balancer または Basic Load Balancer のいずれかを使用できます。An Azure Load Balancer can be either a Standard Load Balancer or a Basic Load Balancer. Standard Load Balancer には、Basic Load Balancer よりも多くの機能があります。Standard Load Balancer has more features than the Basic Load Balancer. 可用性グループで、(可用性セットではなく) 可用性ゾーンを使用する場合は、Standard Load Balancer が必要です。For an availability group, the Standard Load Balancer is required if you use an Availability Zone (instead of an Availability Set). ロード バランサーの種類の違いについては、「Load Balancer の SKU の比較」を参照してください。For details on the difference between the load balancer types, see Load Balancer SKU comparison.

  1. Azure Portal で、SQL Server が存在するリソース グループに移動し、 [+ 追加] をクリックします。In the Azure portal, go to the resource group where your SQL Servers are and click + Add.

  2. ロード バランサー」を検索します。Search for Load Balancer. Microsoft が公開しているロード バランサーを選びます。Choose the load balancer published by Microsoft.

    フェールオーバー クラスター マネージャー内のAG

  3. Create をクリックしてください。Click Create.

  4. ロード バランサーに関して次のパラメーターを構成します。Configure the following parameters for the load balancer.

    SettingSetting フィールドField
    NameName ロード バランサーのテキスト名を使います (例: sqlLB)。Use a text name for the load balancer, for example sqlLB.
    TypeType 内部Internal
    Virtual NetworkVirtual network Azure 仮想ネットワークの名前を使います。Use the name of the Azure virtual network.
    サブネットSubnet 仮想マシンが存在するサブネットの名前を使います。Use the name of the subnet that the virtual machine is in.
    IP アドレスの割り当てIP address assignment 静的Static
    IP アドレスIP address サブネットで利用できるアドレスを使います。Use an available address from subnet. 可用性グループ リスナーにはこのアドレスを使用します。Use this address for your availability group listener. これはクラスター IP アドレスと異なることに注意してください。Note that this is different from your cluster IP address.
    サブスクリプションSubscription 仮想マシンと同じサブスクリプションを使います。Use the same subscription as the virtual machine.
    LocationLocation 仮想マシンと同じ場所を使います。Use the same location as the virtual machine.

    Azure Portal のブレードは次のようになります。The Azure portal blade should look like this:

    Load Balancer の作成

  5. [作成] をクリックして、ロード バランサーを作成します。Click Create, to create the load balancer.

ロード バランサーを構成するには、バックエンド プールとプローブを作成し、負荷分散規則を設定する必要があります。To configure the load balancer, you need to create a backend pool, a probe, and set the load balancing rules. これらは Azure Portal で行います。Do these in the Azure portal.

可用性グループ リスナーのバックエンド プールを追加するAdd backend pool for the availability group listener

  1. Azure Portal で、可用性グループに移動します。In the Azure portal, go to your availability group. 新しく作成したロード バランサーを表示するため、ビューの更新が必要な場合があります。You might need to refresh the view to see the newly created load balancer.

    リソース グループでのロード バランサーの検索

  2. ロード バランサーをクリックし、 [バックエンド プール] をクリックして、 [+ 追加] をクリックします。Click the load balancer, click Backend pools, and click +Add.

  3. バックエンド プールの名前を入力します。Type a name for the backend pool.

  4. VM を含む可用性セットにバックエンド プールを関連付けます。Associate the backend pool with the availability set that contains the VMs.

  5. [ターゲット ネットワーク IP 構成] の下で、 [仮想マシン] を確認し、可用性グループ レプリカをホストする仮想マシンを両方とも選択します。Under Target network IP configurations, check VIRTUAL MACHINE and choose both of the virtual machines that will host availability group replicas. ファイル共有監視サーバーは含めないでください。Do not include the file share witness server.

    注意

    仮想マシンを両方とも指定しないと、プライマリ レプリカにしか接続できません。If both virtual machines are not specified, connections will only succeed to the primary replica.

  6. [OK] をクリックして、バックエンド プールを作成します。Click OK to create the backend pool.

プローブを設定するSet the probe

  1. ロード バランサーをクリックし、 [正常性プローブ] をクリックして、 [+ 追加] をクリックします。Click the load balancer, click Health probes, and click +Add.

  2. リスナーの正常性プローブを次のように設定します。Set the listener health probe as follows:

    SettingSetting 説明Description Example
    NameName TextText SQLAlwaysOnEndPointProbeSQLAlwaysOnEndPointProbe
    プロトコルProtocol TCP を選びますChoose TCP TCPTCP
    ポートPort 未使用の任意のポートAny unused port 5999959999
    間隔Interval プローブの試行の間隔 (秒単位)The amount of time between probe attempts in seconds 55
    異常のしきい値Unhealthy threshold 仮想マシンが異常と判断されるために必要な、連続したプローブ失敗の数The number of consecutive probe failures that must occur for a virtual machine to be considered unhealthy 22
  3. [OK] をクリックして、正常性プローブを設定します。Click OK to set the health probe.

負荷分散規則を設定するSet the load balancing rules

  1. ロード バランサーをクリックし、 [負荷分散規則] をクリックして、 [+ 追加] をクリックします。Click the load balancer, click Load balancing rules, and click +Add.

  2. 次のようにリスナーの負荷分散規則を設定します。Set the listener load balancing rules as follows.

    SettingSetting 説明Description Example
    NameName TextText SQLAlwaysOnEndPointListenerSQLAlwaysOnEndPointListener
    フロントエンド IP アドレスFrontend IP address アドレスを選びますChoose an address ロード バランサーの作成時に作成したアドレスを使います。Use the address that you created when you created the load balancer.
    プロトコルProtocol TCP を選びますChoose TCP TCPTCP
    ポートPort 可用性グループ リスナーのポートを使用するUse the port for the availability group listener 14331433
    バックエンド ポートBackend Port Direct Server Return に Floating IP を設定するときは、このフィールドは使われませんThis field is not used when Floating IP is set for direct server return 14331433
    プローブProbe プローブに指定した名前The name you specified for the probe SQLAlwaysOnEndPointProbeSQLAlwaysOnEndPointProbe
    セッション永続化Session Persistence ドロップダウン リストDrop down list なしNone
    アイドル タイムアウトIdle Timeout TCP 接続を開いたままにしておく時間 (分)Minutes to keep a TCP connection open 44
    フローティング IP (ダイレクト サーバー リターン)Floating IP (direct server return) 有効Enabled

    警告

    Direct Server Return は作成の間に設定されます。Direct server return is set during creation. この値は変更しないでください。It cannot be changed.

  3. [OK] をクリックして、リスナーの負荷分散規則を設定します。Click OK to set the listener load balancing rules.

Windows Server フェールオーバー クラスター (WSFC) のクラスターコア IP アドレスを追加するAdd the cluster core IP address for the Windows Server Failover Cluster (WSFC)

WSFC の IP アドレスもロード バランサー上に存在する必要があります。The WSFC IP address also needs to be on the load balancer.

  1. ポータルで同じ Azure ロード バランサーに対して [フロントエンド IP 構成] をクリックし、 [+ 追加] をクリックします。In the portal, on the same Azure load balancer, click Frontend IP configuration and click +Add. クラスター コア リソース内の WSFC 用に構成した IP アドレスを使用します。Use the IP Address you configured for the WSFC in the cluster core resources. この IP アドレスを静的として設定します。Set the IP address as static.

  2. このロード バランサーに対して [正常性プローブ] をクリックし、 [+ 追加] をクリックします。On the load balancer, click Health probes, and click +Add.

  3. WSFC クラスターのコア IP アドレスの正常性プローブを次のように設定します。Set the WSFC cluster core IP address health probe as follows:

    SettingSetting 説明Description Example
    NameName TextText WSFCEndPointProbeWSFCEndPointProbe
    プロトコルProtocol TCP を選びますChoose TCP TCPTCP
    ポートPort 未使用の任意のポートAny unused port 5888858888
    間隔Interval プローブの試行の間隔 (秒単位)The amount of time between probe attempts in seconds 55
    異常のしきい値Unhealthy threshold 仮想マシンが異常と判断されるために必要な、連続したプローブ失敗の数The number of consecutive probe failures that must occur for a virtual machine to be considered unhealthy 22
  4. [OK] をクリックして、正常性プローブを設定します。Click OK to set the health probe.

  5. 負荷分散規則を設定します。Set the load balancing rules. [負荷分散規則] をクリックし、 [+ 追加] をクリックします。Click Load balancing rules, and click +Add.

  6. クラスターのコア IP アドレスの負荷分散規則を次のように設定します。Set the cluster core IP address load balancing rules as follows.

    SettingSetting 説明Description Example
    NameName TextText WSFCEndPointWSFCEndPoint
    フロントエンド IP アドレスFrontend IP address アドレスを選びますChoose an address WSFC の IP アドレスの構成時に作成したアドレスを使用します。Use the address that you created when you configured the WSFC IP address. これはリスナーの IP アドレスとは異なりますThis is different from the listener IP address
    プロトコルProtocol TCP を選びますChoose TCP TCPTCP
    ポートPort クラスター IP アドレスのポートを使用します。Use the port for the cluster IP address. これは、リスナー プローブ ポートには使用されない使用可能なポートです。This is an available port that is not used for the listener probe port. 5888858888
    バックエンド ポートBackend Port Direct Server Return に Floating IP を設定するときは、このフィールドは使われませんThis field is not used when Floating IP is set for direct server return 5888858888
    プローブProbe プローブに指定した名前The name you specified for the probe WSFCEndPointProbeWSFCEndPointProbe
    セッション永続化Session Persistence ドロップダウン リストDrop down list なしNone
    アイドル タイムアウトIdle Timeout TCP 接続を開いたままにしておく時間 (分)Minutes to keep a TCP connection open 44
    フローティング IP (ダイレクト サーバー リターン)Floating IP (direct server return) 有効Enabled

    警告

    Direct Server Return は作成の間に設定されます。Direct server return is set during creation. この値は変更しないでください。It cannot be changed.

  7. [OK] をクリックして、負荷分散規則を設定します。Click OK to set the load balancing rules.

リスナーを構成するConfigure the listener

次の手順は、フェールオーバー クラスター上の可用性グループ リスナーの構成です。The next thing to do is to configure an Availability Group listener on the failover cluster.

注意

このチュートリアルでは、1 つの ILB IP アドレスを持つ 1 つのリスナーを作成する方法を示します。This tutorial shows how to create a single listener - with one ILB IP address. 1 つまたは複数の IP アドレスを使って 1 つまたは複数のリスナーを作成する方法については、Azure での可用性グループ リスナーとロード バランサーの作成に関するページをご覧ください。To create one or more listeners using one or more IP addresses, see Create Availability Group listener and load balancer | Azure.

可用性グループ リスナーとは、SQL Server 可用性グループがリッスンする IP アドレスとネットワーク名のことです。The availability group listener is an IP address and network name that the SQL Server availability group listens on. 可用性グループ リスナーを作成するには、次の手順を実行します。To create the availability group listener, do the following:

  1. クラスター ネットワーク リソースの名前を取得します。Get the name of the cluster network resource.

    a.a. プライマリ レプリカのホストとなっている Azure 仮想マシンに RDP で接続します。Use RDP to connect to the Azure virtual machine that hosts the primary replica.

    b.b. フェールオーバー クラスター マネージャーを開きます。Open Failover Cluster Manager.

    c.c. Networks ノードを選択し、クラスター ネットワーク名をメモします。Select the Networks node, and note the cluster network name. この名前は、PowerShell スクリプトの $ClusterNetworkName 変数に使用します。Use this name in the $ClusterNetworkName variable in the PowerShell script. 次の図では、クラスター ネットワーク名は Cluster Network 1 です。In the following image the cluster network name is Cluster Network 1:

    クラスター ネットワーク名

  2. クライアント アクセス ポイントを追加します。Add the client access point.
    クライアント アクセス ポイントは、アプリケーションが可用性グループ内のデータベースに接続するために使用するネットワーク名です。The client access point is the network name that applications use to connect to the databases in an availability group. クライアント アクセス ポイントは、フェールオーバー クラスター マネージャーで作成します。Create the client access point in Failover Cluster Manager.

    a.a. クラスター名を展開して、 [ロール] をクリックします。Expand the cluster name, and then click Roles.

    b.b. [ロール] ウィンドウで、可用性グループ名を右クリックし、 [リソースの追加] > [クライアント アクセス ポイント] の順にクリックします。In the Roles pane, right-click the availability group name, and then select Add Resource > Client Access Point.

    クライアント アクセス ポイント

    c.c. [名前] ボックスで、この新しいリスナーの名前を指定します。In the Name box, create a name for this new listener. 新しいリスナーの名前は、アプリケーションが SQL Server 可用性グループ内のデータベースへの接続に使用するネットワーク名です。The name for the new listener is the network name that applications use to connect to databases in the SQL Server availability group.

    d.d. [次へ] を 2 回クリックしてから [完了] をクリックし、リスナーの作成を完了します。To finish creating the listener, click Next twice, and then click Finish. この時点では、リスナーまたはリソースをオンラインにしないでください。Do not bring the listener or resource online at this point.

  3. 可用性グループ クラスター ロールをオフラインにします。Take the availability group cluster role offline. [フェールオーバー クラスター マネージャー][ロール] で該当するロールを右クリックし、 [ロールの停止] を選択します。In Failover Cluster Manager under Roles, right-click the role, and select Stop Role.

  4. 可用性グループの IP リソースを構成します。Configure the IP resource for the availability group.

    a.a. [リソース] タブをクリックして、作成したクライアント アクセス ポイントを展開します。Click the Resources tab, and then expand the client access point you created.
    クライアント アクセス ポイントはオフラインになっています。The client access point is offline.

    クライアント アクセス ポイント

    b.b. IP リソースを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。Right-click the IP resource, and then click properties. この IP アドレス名はメモしておき、PowerShell スクリプトの $IPResourceName 変数に使用します。Note the name of the IP address, and use it in the $IPResourceName variable in the PowerShell script.

    c.c. [IP アドレス][静的 IP アドレス] をクリックします。Under IP Address, click Static IP Address. 静的 IP アドレスを、Azure Portal でロード バランサーのアドレス設定時に使用したものと同じアドレスに設定します。Set the IP address as the same address that you used when you set the load balancer address on the Azure portal.

    IP リソース

  5. SQL Server 可用性グループ リソースがクライアント アクセス ポイントに依存するように設定します。Make the SQL Server availability group resource dependent on the client access point.

    a.a. フェールオーバー クラスター マネージャーで、 [ロール] 、可用性グループの順にクリックします。In Failover Cluster Manager, click Roles, and then click your availability group.

    b.b. [その他のリソース] の下の [リソース] タブで可用性リソース グループを右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。On the Resources tab, under Other Resources, right-click the availability resource group, and then click Properties.

    c.c. [依存関係] タブで、クライアント アクセス ポイント (リスナー) リソースの名前を追加します。On the dependencies tab, add the name of the client access point (the listener) resource.

    IP リソース

    d.d. Click OK.Click OK.

  6. クライアント アクセス ポイント リソースが IP アドレスに依存するように設定します。Make the client access point resource dependent on the IP address.

    a.a. フェールオーバー クラスター マネージャーで、 [ロール] 、可用性グループの順にクリックします。In Failover Cluster Manager, click Roles, and then click your availability group.

    b.b. [リソース] タブで [サーバー名] の下にあるクライアント アクセスポイント リソースを右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。On the Resources tab, right-click the client access point resource under Server Name, and then click Properties.

    IP リソース

    c.c. [依存関係] タブをクリックします。IP アドレスが依存関係の要素であることを確認します。Click the Dependencies tab. Verify that the IP address is a dependency. そうでない場合は、IP アドレスへの依存関係を設定します。If it is not, set a dependency on the IP address. 複数のリソースが一覧表示される場合は、IP アドレスに OR (AND ではなく) 依存関係があることを確認します。If there are multiple resources listed, verify that the IP addresses have OR, not AND, dependencies. Click OK.Click OK.

    IP リソース

    ヒント

    依存関係が正しく構成されていることを確認できます。You can validate that the dependencies are correctly configured. フェールオーバー クラスター マネージャーで [ロール] に移動します。次に、可用性グループを右クリックし、 [他の操作] をクリックしてから、 [依存関係レポートの表示] をクリックします。In Failover Cluster Manager, go to Roles, right-click the availability group, click More Actions, and then click Show Dependency Report. 依存関係が正しく構成されると、可用性グループはネットワーク名に依存し、ネットワーク名は IP アドレスに依存します。When the dependencies are correctly configured, the availability group is dependent on the network name, and the network name is dependent on the IP address.

  7. PowerShell でクラスターのパラメーターを設定します。Set the cluster parameters in PowerShell.

    a.a. いずれかの SQL Server インスタンスに次の PowerShell スクリプトをコピーします。Copy the following PowerShell script to one of your SQL Server instances. 環境に合わせて変数を更新してください。Update the variables for your environment.

    • $ListenerILBIP は、Azure Load Balancer に対して作成した、可用性グループ リスナーの IP アドレスです。$ListenerILBIP is the IP address that you created on the Azure load balancer for the availability group listener.

    • $ListenerProbePort は、Azure Load Balancer に対して構成した、可用性グループ リスナーのポートです。$ListenerProbePort is the port you configured on the Azure load balancer for the availability group listener.

    $ClusterNetworkName = "<MyClusterNetworkName>" # the cluster network name (Use Get-ClusterNetwork on Windows Server 2012 of higher to find the name)
    $IPResourceName = "<IPResourceName>" # the IP Address resource name
    $ListenerILBIP = "<n.n.n.n>" # the IP Address of the Internal Load Balancer (ILB). This is the static IP address for the load balancer you configured in the Azure portal.
    [int]$ListenerProbePort = <nnnnn>
    
    Import-Module FailoverClusters
    
    Get-ClusterResource $IPResourceName | Set-ClusterParameter -Multiple @{"Address"="$ListenerILBIP";"ProbePort"=$ListenerProbePort;"SubnetMask"="255.255.255.255";"Network"="$ClusterNetworkName";"EnableDhcp"=0}
    

    b.b. いずれかのクラスター ノード上で PowerShell スクリプトを実行して、クラスター パラメーターを設定します。Set the cluster parameters by running the PowerShell script on one of the cluster nodes.

    注意

    SQL Server インスタンスが別個のリージョンに存在する場合は、PowerShell スクリプトを 2 回実行する必要があります。If your SQL Server instances are in separate regions, you need to run the PowerShell script twice. 1 回目の実行では、1 番目のリージョンの $ListenerILBIP$ListenerProbePort を使用します。The first time, use the $ListenerILBIP and $ListenerProbePort from the first region. 2 回目の実行では、2 番目のリージョンの $ListenerILBIP$ListenerProbePort を使用します。The second time, use the $ListenerILBIP and $ListenerProbePort from the second region. クラスター ネットワーク名とクラスター IP リソース名も、リージョンごとに異なります。The cluster network name and the cluster IP resource name are also different for each region.

  8. 可用性グループ クラスター ロールをオンラインにします。Bring the availability group cluster role online. [フェールオーバー クラスター マネージャー][ロール] で該当するロールを右クリックし、 [ロールの起動] を選択します。In Failover Cluster Manager under Roles, right click the role, and select Start Role.

必要に応じて上記の手順を繰り返し、WSFC クラスター IP アドレスのクラスター パラメーターを設定します。If necessary, repeat the steps above to set the cluster parameters for the WSFC cluster IP address.

  1. WSFC クラスター IP アドレスの IP アドレス名を取得します。Get the IP address name of the WSFC Cluster IP address. [フェールオーバー クラスター マネージャー][クラスター コア リソース] で、 [サーバー名] を見つけます。In Failover Cluster Manager under Cluster Core Resources, locate Server Name.

  2. [IP アドレス] を右クリックし、 [プロパティ] を選択します。Right-click IP Address, and select Properties.

  3. IP アドレスの [名前] をコピーします。Copy the Name of the IP address. たとえば Cluster IP Address です。It may be Cluster IP Address.

  4. PowerShell でクラスターのパラメーターを設定します。Set the cluster parameters in PowerShell.

    a.a. いずれかの SQL Server インスタンスに次の PowerShell スクリプトをコピーします。Copy the following PowerShell script to one of your SQL Server instances. 環境に合わせて変数を更新してください。Update the variables for your environment.

    • $ClusterCoreIP は、Azure Load Balancer に対して作成した、WSFC コア クラスター リソースの IP アドレスです。$ClusterCoreIP is the IP address that you created on the Azure load balancer for the WSFC core cluster resource. 可用性グループ リスナーの IP アドレスとは異なります。It is different from the IP address for the availability group listener.

    • $ClusterProbePort は、Azure Load Balancer に対して構成した、WSFC 正常性プローブのポートです。$ClusterProbePort is the port you configured on the Azure load balancer for the WSFC health probe. 可用性グループ リスナーのプローブとは異なります。It is different from the probe for the availability group listener.

    $ClusterNetworkName = "<MyClusterNetworkName>" # the cluster network name (Use Get-ClusterNetwork on Windows Server 2012 of higher to find the name)
    $IPResourceName = "<ClusterIPResourceName>" # the IP Address resource name
    $ClusterCoreIP = "<n.n.n.n>" # the IP Address of the Cluster IP resource. This is the static IP address for the load balancer you configured in the Azure portal.
    [int]$ClusterProbePort = <nnnnn> # The probe port from the WSFCEndPointprobe in the Azure portal. This port must be different from the probe port for the availability group listener probe port.
    
    Import-Module FailoverClusters
    
    Get-ClusterResource $IPResourceName | Set-ClusterParameter -Multiple @{"Address"="$ClusterCoreIP";"ProbePort"=$ClusterProbePort;"SubnetMask"="255.255.255.255";"Network"="$ClusterNetworkName";"EnableDhcp"=0}
    

    b.b. いずれかのクラスター ノード上で PowerShell スクリプトを実行して、クラスター パラメーターを設定します。Set the cluster parameters by running the PowerShell script on one of the cluster nodes.

警告

可用性グループ リスナーの正常性プローブのポートは、クラスター コア IP アドレスの正常性プローブ ポートとは違っている必要があります。The availability group listener health probe port has to be different from the cluster core IP address health probe port. これらの例では、リスナー ポートが 59999 で、クラスター コアの IP アドレスが 58888 です。In these examples, the listener port is 59999 and the cluster core IP address is 58888. どちらのポートも、受信を許可するようにファイアウォール規則が設定されている必要があります。Both ports require an allow inbound firewall rule.

リスナーのポートを設定するSet listener port

SQL Server Management Studio で、リスナー ポートを設定します。In SQL Server Management Studio, set the listener port.

  1. SQL Server Management Studio を起動し、プライマリ レプリカに接続します。Launch SQL Server Management Studio and connect to the primary replica.

  2. [AlwaysOn 高可用性] | 、 [可用性グループ] | 、 [可用性グループ リスナー] の順に移動します。Navigate to AlwaysOn High Availability | Availability Groups | Availability Group Listeners.

  3. フェールオーバー クラスター マネージャーで作成したリスナー名が表示されます。You should now see the listener name that you created in Failover Cluster Manager. リスナー名を右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。Right-click the listener name and click Properties.

  4. [ポート] ボックスで、可用性グループ リスナーのポート番号を指定します。In the Port box, specify the port number for the Availability Group listener. 1433 が既定値です。 [OK] をクリックします。1433 is the default, then click OK.

これで、SQL Server 可用性グループが Resource Manager モードの Azure 仮想マシンにデプロイされました。You now have a SQL Server Availability Group in Azure virtual machines running in Resource Manager mode.

リスナーへの接続をテストするTest connection to listener

接続をテストするには、次の手順に従います。To test the connection:

  1. 同じ仮想ネットワークに存在する、レプリカを所有していない SQL Server に RDP で接続します。RDP to a SQL Server that is in the same virtual network, but does not own the replica. クラスター内の他の SQL Server を使うことができます。You can use the other SQL Server in the cluster.

  2. sqlcmd ユーティリティを使用して接続をテストします。Use sqlcmd utility to test the connection. たとえば次のスクリプトは、Windows 認証を使用し、リスナー経由でプライマリ レプリカとの sqlcmd 接続を確立しています。For example, the following script establishes a sqlcmd connection to the primary replica through the listener with Windows authentication:

    sqlcmd -S <listenerName> -E
    

    リスナーが既定のポート (1433) 以外のポートを使用している場合は、そのポートを接続文字列で指定します。If the listener is using a port other than the default port (1433), specify the port in the connection string. たとえば、次の sqlcmd コマンドは、ポート 1435 でリスナーに接続します。For example, the following sqlcmd command connects to a listener at port 1435:

    sqlcmd -S <listenerName>,1435 -E
    

SQLCMD 接続では、プライマリ レプリカをホストしている SQL Server インスタンスに対して自動的に接続されます。The SQLCMD connection automatically connects to whichever instance of SQL Server hosts the primary replica.

ヒント

指定したポートは、両方の SQL Server のファイアウォールで必ず開放してください。Make sure that the port you specify is open on the firewall of both SQL Servers. 使用する TCP ポートに対する入力方向の規則が両方のサーバーに必要となります。Both servers require an inbound rule for the TCP port that you use. 詳しくは、「ファイアウォール規則を追加または編集する」をご覧ください。For more information, see Add or Edit Firewall Rule.

次の手順Next steps