Azure での SQL Server 仮想マシンのライセンス モデルを変更する方法How to change licensing model for a SQL Server virtual machine in Azure

このアーティクルでは、新しい SQL VM リソース プロバイダーである、Microsoft.SqlVirtualMachine を使用して Azure での SQL Server 仮想マシンのライセンス モデルを変更する方法を説明します。This article describes how to change the licensing model for a SQL Server virtual machine in Azure using the new SQL VM resource provider - Microsoft.SqlVirtualMachine.

SQL Server をホストする仮想マシン (VM) には、従量課金制と Azure ハイブリッド特典 (AHB) の 2 種類のライセンス モデルがあります。There are two licensing models for a virtual machine (VM) hosting SQL Server - pay-as-you-go, and Azure Hybrid Benefit (AHB). そして現在は、Azure portal、Azure CLI、または PowerShell を使用して、SQL Server VM のライセンス モデルを変更することができます。And now, using either the Azure portal, Azure CLI, or PowerShell you can modify licensing model of your SQL Server VM.

従量課金制 (PAYG) モデルでは、Azure VM を実行する秒単位のコストに SQL Server ライセンスのコストが含まれます。The pay-as-you-go (PAYG) model means that the per-second cost of running the Azure VM includes the cost of the SQL Server license. Azure ハイブリッド特典 (AHB) では、SQL Server を実行する VM に伴うお客様ご自身の SQL Server ライセンスを使用することができます。The Azure Hybrid Benefit (AHB) allows you to use your own SQL Server license with a VM running SQL Server.

SQL Server 向け Microsoft Azure ハイブリッド特典では、SQL Server ライセンスを、Azure Virtual Machines 上のソフトウェア アシュアランス ("条件を満たしたライセンス") 付きで使用できます。Microsoft Azure Hybrid Benefit for SQL Server allows using SQL Server Licenses with Software Assurance ("Qualified License") on Azure Virtual Machines. SQL Server 向け Azure ハイブリッド特典では、お客様は VM での SQL Server ライセンスの使用に対して課金されることはありませんが、対象のクラウド コンピューティング (つまり基本料金)、ストレージ、バックアップ、およびサービスの使用に関連付けられた I/O (該当する場合) のコストに対して料金を支払う必要があります。With Azure Hybrid Benefit for SQL Server, customers will not be charged for the usage of SQL Server license on the VM, but they must still pay for the cost of the underlying cloud compute (that is, the base rate), storage, and back-ups, as well as I/O associated with their use of the services (as applicable).

Microsoft の製品条項に従って、"お客様は、Azure にワークロードを構成する際には、SQL Server 向け Azure ハイブリッド特典に基づいて Azure SQL Database (Managed Instance、Elastic Pool、Single Database)、Azure Data Factory、SQL Server Integration Services、または SQL Server Virtual Machines を使用しているということを示す必要があります。"According to Microsoft Product Terms "Customers must indicate that they are using Azure SQL Database (Managed Instance, Elastic Pool, and Single Database), Azure Data Factory, SQL Server Integration Services, or SQL Server Virtual Machines under Azure Hybrid Benefit for SQL Server when configuring workloads on Azure."

Azure VM 上の SQL Server 向け Azure ハイブリッド特典を使用していることと、準拠していることを示すには、次の 3 つのオプションがあります。To indicate the use of the Azure Hybrid Benefit for SQL Server on Azure VM and be compliant, there are three options:

  1. Azure マーケットプレースの BYOL SQL Server イメージを使用して仮想マシンをプロビジョニングします (エンタープライズ契約のお客様のみ利用可能)。Provision a virtual machine using a BYOL SQL Server image from the Azure marketplace, only available for customers with Enterprise Agreement.
  2. Azure マーケットプレースの PAYG SQL Server イメージを使用して仮想マシンをプロビジョニングし、AHB を有効化します。Provision a virtual machine using a PAYG SQL Server image from Azure marketplace and activate AHB.
  3. SQL Server を Azure VM にセルフインストールし、手動で SQL Server VM を登録し、AHB を有効化します。Self-install SQL Server on an Azure VM, manually register their SQL Server VM and activate AHB.

SQL Server のライセンスの種類は、VM がプロビジョニングされるときに設定され、後でいつでも変更できます。License type of SQL Server is set when the VM is provisioned and can be changed anytime afterwards. ライセンス モデル間の切り替えによりダウンタイムは発生せず、VM は再起動されず、追加コストは発生せず (実際には、AHB の有効化によりコストが削減されます)、ただちに有効となりますSwitching between license models incurs no downtime, does not restart the VM, adds no additional cost (in fact, activating AHB reduces cost) and is effective immediately.

前提条件Prerequisites

SQL VM リソース プロバイダーを利用するには、SQL IaaS 拡張機能が必要です。The use of the SQL VM resource provider requires the SQL IaaS extension. そのため、SQL VM リソース プロバイダーの利用を続けるには、以下が必要です。As such, to proceed with utilizing the SQL VM resource provider, you need the following:

リソース プロバイダーに既に登録されている VM のライセンスを変更するChange license for VMs already registered with resource provider

注意

次のスクリーンショットは、Azure Portal 内の SQL 仮想マシンのリソースからのものです。The following screenshots are from the SQL virtual machines resource within the Azure portal. サポート終了 (EOS) の SQL Server VM、および SQL VM リソース プロバイダーに登録されていない SQL Server VM の場合は、代わりに [SQL Server の構成] タブを使用して SQL Server VM を管理してください。For end-of-support (EOS) SQL server VMs, and SQL Server VMs that have not been registered with the SQL VM resource provider, use the SQL Server configuration tab to manage your SQL Server VM instead.

ライセンス モデルをポータルから直接変更できます。You can modify the licensing model directly from the portal.

  1. Azure portal を開き、お使いの SQL Server VM 用の SQL 仮想マシン リソースを起動します。Open the Azure portal and launch the SQL virtual machines resource for your SQL Server VM.
  2. [設定][構成] を選択します。Select Configure under Settings.
  3. [Azure ハイブリッド特典] オプションを選択し、ソフトウェア アシュアランス付きの SQL Server ライセンスがあることを確認するチェックボックスをオンにします。Select the Azure Hybrid Benefit option and select the checkbox to confirm that you have a SQL Server license with Software Assurance.
  4. [構成] ページの下部にある [適用] を選択します。Select Apply at the bottom of the Configure page.

ポータルの AHB

リソース プロバイダーに登録されていない VM のライセンスを変更するChange license for VMs not registered with resource provider

PAYG Azure Marketplace イメージから SQL Server VM をプロビジョニングした場合、SQL ライセンスの種類は PAYG になります。If you provisioned a SQL Server VM from PAYG Azure Marketplace images then SQL license type will be PAYG. Azure Marketplace の BYOL イメージを使用して SQL Server VM をプロビジョニングした場合、ライセンスの種類は AHUB になります。If you provisioned a SQL Server VM using a BYOL image from the Azure Marketplace then the license type will be AHUB. 既定 (PAYG) または BYOL Azure Marketplace イメージからプロビジョニングされたすべての SQL Server VM は、ライセンスの種類を変更できるように、SQL VM リソース プロバイダーに自動的に登録されます。All SQL Server VMs provisioned from default (PAYG) or BYOL Azure Marketplace images will automatically be registered with SQL VM resource provider, so they can change the license type

Azure ハイブリッド特典を通じた Azure VM 上の SQL Server のセルフインストールのみを行え、SQL Server license を AHB として設定してこれらの VM を SQL VM リソース プロバイダーに登録し、Microsoft 製品条項に従って AHB を使用することを示す必要があります。You are only eligible to self-install SQL Server on Azure VM via Azure Hybrid Benefit and you should register these VMs with SQL VM resource provider by setting the SQL Server license as AHB to indicate the AHB usage according to Microsoft Product Terms.

SQL VM を SQL VM リソース プロバイダーに登録した場合、SQL Server VM のリソースの種類を PAYG または AHB にのみ変更でき、ライセンスのコンプライアンスのためにすべての SQL VM を SQL VM RP に登録する必要があります。You can only change the license type of a SQL Server VM as PAYG or AHB if the SQL VM is registered with SQL VM resource provider; and all SQL VMs should be registered with SQL VM RP for license compliance.

解説Remarks

  • Azure Cloud Solution Partner (CSP) のお客様は、アクティブな SA がある場合、最初に従量課金制の VM をデプロイした後、それをライセンス持ち込みに変換することによって、Azure ハイブリッド特典を利用できます。Azure Cloud Solution Partner (CSP) customers can utilize the Azure Hybrid Benefit by first deploying a pay-as-you-go VM and then converting it to bring-your-own-license if they have active SA.
  • SQL Server VM リソースを削除する場合は、イメージのハード コーディングされたライセンス設定に戻ります。If you drop your SQL Server VM resource, you will go back to the hard-coded license setting of the image.
  • ライセンス モデルを変更する機能は、SQL VM リソース プロバイダーの機能です。The ability to change the licensing model is a feature of the SQL VM resource provider. Azure portal を介してマーケットプレース イメージをデプロイすると、SQL Server VM がリソース プロバイダーに自動的に登録されます。Deploying a marketplace image through the Azure portal automatically registers a SQL Server VM with the resource provider. ただし、SQL Server を自分でインストールするお客様は、手動で SQL Server VM を登録する必要があります。However, customers who are self-installing SQL Server will need to manually register their SQL Server VM.
  • SQL Server VM を可用性セットに追加するには、VM を再作成する必要があります。Adding a SQL Server VM to an availability set requires recreating the VM. そのため、可用性セットに追加されたすべての VM は既定の従量課金制ライセンス タイプに戻ることになります。さらに、AHB をもう一度有効にする必要があります。As such, any VMs added to an availability set will go back to the default pay-as-you-go license type and AHB will need to be enabled again.

制限事項Limitations

  • ライセンス モデルの変更は、ソフトウェア アシュアランスをお持ちのお客様のみご利用いただけます。Changing the licensing model is only available to customers with software assurance.
  • ライセンス モデルの変更は、SQL Server の Standard Edition および Enterprise Edition でのみサポートされています。Changing the licensing model is only supported for the standard and enterprise edition of SQL Server. Express、Web、および Developer でのライセンスの変更はサポートされていません。License changes for Express, Web, and Developer are unsupported.
  • ライセンス モデルの変更は、Resource Manager モデルを使用してデプロイされた仮想マシンについてのみサポートされます。Changing the licensing model is only supported for virtual machines deployed using the Resource Manager model. クラシック モデルを使用してデプロイされた VM はサポートされません。VMs deployed using the classic model are not supported. VM をクラシック モデルから Resource Manager モデル (ARM) に移行し、SQL VM リソース プロバイダーに登録することができます。You may migrate your VM from classic to resource manager (ARM) model and register with SQL VM resource provider. VM を SQL VM リソース プロバイダーに登録すると、VM のライセンス モデルを変更できるようになります。Once the VM is registered with the SQL VM resource provider, licensing model changes will be available on the VM.
  • ライセンス モデルの変更は、パブリック クラウドのインストールでのみ有効です。Changing the licensing model is only enabled for Public Cloud installations.
  • ライセンス モデルの変更は、1 つの NIC (ネットワーク インターフェイス) を持つ仮想マシンでのみサポートされます。Changing the licensing model is supported only on virtual machines that have a single NIC (network interface). 複数の NIC を持つ仮想マシンでは、手順を実行する前に、まず (Azure portal を使用して) NIC の 1 つを削除する必要があります。On virtual machines that have more than one NIC, you should first remove one of the NICs (by using the Azure portal) before you attempt the procedure. そうしないと、次のようなエラーが発生します。The virtual machine '\<vmname\>' has more than one NIC associated. ライセンス モードを変更した後に NIC を再び VM に追加できる可能性はありますが、Azure portal の SQL 構成ページを介して実行された操作は、自動パッチや自動バックアップと同様に、もうサポートされていると見なされなくなります。Otherwise, you will run into an error similar to the following: The virtual machine '\<vmname\>' has more than one NIC associated. Although you might be able to add the NIC back to the VM after you change the licensing mode, operations done through the SQL configuration page in the Azure portal, like automatic patching and backup, will no longer be considered supported.

既知のエラーKnown errors

リソース 'Microsoft.SqlVirtualMachine/SqlVirtualMachines/<resource-group>' under resource group '<resource-group>' が見つかりませんでした。The Resource 'Microsoft.SqlVirtualMachine/SqlVirtualMachines/<resource-group>' under resource group '<resource-group>' was not found. このオブジェクトにプロパティ 'sqlServerLicenseType' が見つかりません。The property 'sqlServerLicenseType' cannot be found on this object. プロパティが存在し、設定可能であることを確認してください。Verify that the property exists and can be set.

このエラーは、SQL Server VM で SQL VM リソース プロバイダーに登録されていないライセンス モデルを変更しようとしたときに発生します。This error occurs when attempting to change the licensing model on a SQL Server VM that has not been registered with the SQL VM resource provider. リソース プロバイダーをサブスクリプションに登録した後、SQL Server VM を SQL リソース プロバイダーに登録する必要があります。You'll need to register the resource provider to your subscription, and then register your SQL Server VM with the SQL resource provider.

パラメーター 'Sku' の引数を検証できないCannot validate argument on parameter 'Sku'

4.0 より後の Azure PowerShell を使用している場合に、SQL Server VM のライセンス モデルを変更しようとすると、次のエラーが発生する可能性があります。Set-AzResource: Cannot validate argument on parameter 'Sku'. The argument is null or empty. Provide an argument that is not null or empty, and then try the command again.You may encounter this error when attempting to change your SQL Server VM licensing model when using Azure PowerShell > 4.0: Set-AzResource: Cannot validate argument on parameter 'Sku'. The argument is null or empty. Provide an argument that is not null or empty, and then try the command again.

このエラーを解決するには、ライセンス モデルを切り替えるときに、前に説明した PowerShell コード スニペットの以下の行のコメントを解除します。To resolve this error, uncomment these lines in the previously mentioned PowerShell code snippet when switching your licensing model:

# the following code snippet is necessary if using Azure Powershell version > 4
$SqlVm.Kind= "LicenseChange"
$SqlVm.Plan= [Microsoft.Azure.Management.ResourceManager.Models.Plan]::new()
$SqlVm.Sku= [Microsoft.Azure.Management.ResourceManager.Models.Sku]::new()

Azure PowerShell のバージョンを確認するには、次のコードを使用します。Use the following code to verify your Azure PowerShell version:

Get-Module -ListAvailable -Name Azure -Refresh

次の手順Next steps

詳細については、次の記事を参照してください。For more information, see the following articles: