Azure Virtual Machines での SQL Server の自動修正 (Resource Manager)Automated Patching for SQL Server in Azure Virtual Machines (Resource Manager)

自動修正では、SQL Server を実行している Azure 仮想マシンのメンテナンス期間が設定されます。Automated Patching establishes a maintenance window for an Azure Virtual Machine running SQL Server. このメンテナンス期間にのみ、自動更新プログラムをインストールできます。Automated Updates can only be installed during this maintenance window. これにより、SQL Server では、システムの更新とこれに関連する再起動が、データベースに最適な時間帯に実行されるようになります。For SQL Server, this restriction ensures that system updates and any associated restarts occur at the best possible time for the database.

重要

重要と書かれた Windows 更新プログラムのみがインストールされます。Only Windows updates marked Important are installed. 累積更新プログラムなどの他の SQL Server 更新プログラムは、手動でインストールする必要があります。Other SQL Server updates, such as Cumulative Updates, must be installed manually.

自動修正は、 SQL Server IaaS Agent 拡張機能に依存します。Automated Patching depends on the SQL Server IaaS Agent Extension.

前提条件Prerequisites

自動修正を使用するには、次の前提条件を検討してください。To use Automated Patching, consider the following prerequisites:

オペレーティング システム:Operating System:

  • Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2012Windows Server 2012
  • Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016Windows Server 2016

SQL Server のバージョン:SQL Server version:

  • SQL Server 2008 R2SQL Server 2008 R2
  • SQL Server 2012SQL Server 2012
  • SQL Server 2014SQL Server 2014
  • SQL Server 2016SQL Server 2016
  • SQL Server 2017SQL Server 2017

Azure PowerShell:Azure PowerShell:

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. AzureRM モジュールはまだ使用でき、少なくとも 2020 年 12 月までは引き続きバグ修正が行われます。You can still use the AzureRM module, which will continue to receive bug fixes until at least December 2020. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールのインストール手順については、Azure PowerShell のインストールを参照してください。For Az module installation instructions, see Install Azure PowerShell.

注意

自動修正は、SQL Server IaaS Agent 拡張機能に依存します。Automated Patching relies on the SQL Server IaaS Agent Extension. 現在の SQL 仮想マシン ギャラリー イメージでは、既定でこの拡張機能が追加されます。Current SQL virtual machine gallery images add this extension by default. 詳細については、SQL Server IaaS Agent 拡張機能に関するページをご覧ください。For more information, see SQL Server IaaS Agent Extension.

設定Settings

自動修正で構成できるオプションを次の表に示します。The following table describes the options that can be configured for Automated Patching. 実際の構成手順は、Azure ポータルと Azure Windows PowerShell コマンドのどちらを使用するかによって異なります。The actual configuration steps vary depending on whether you use the Azure portal or Azure Windows PowerShell commands.

SettingSetting 指定できる値Possible values 説明Description
自動修正Automated Patching 有効/無効 (無効)Enable/Disable (Disabled) Azure 仮想マシンの自動修正を有効または無効にします。Enables or disables Automated Patching for an Azure virtual machine.
メンテナンス スケジュールMaintenance schedule 毎日、月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日、土曜日、日曜日Everyday, Monday, Tuesday, Wednesday, Thursday, Friday, Saturday, Sunday 仮想マシンの Windows、SQL Server、および Microsoft の更新プログラムをダウンロードしてインストールするスケジュール。The schedule for downloading and installing Windows, SQL Server, and Microsoft updates for your virtual machine.
メンテナンスの開始時間Maintenance start hour 0 ~ 240-24 仮想マシンを更新するローカルの開始時刻。The local start time to update the virtual machine.
メンテナンス時間Maintenance window duration 30 ~ 18030-180 更新プログラムのダウンロードとインストールを完了するのに許可されている時間 (分単位)The number of minutes permitted to complete the download and installation of updates.
パッチのカテゴリPatch Category 重要Important ダウンロードしてインストールする Windows 更新プログラムのカテゴリ。The category of Windows updates to download and install.

ポータルでの構成Configuration in the Portal

Azure ポータルを使用して、プロビジョニング中または既存の VM 用に、自動修正を構成することができます。You can use the Azure portal to configure Automated Patching during provisioning or for existing VMs.

新しい VMNew VMs

Resource Manager デプロイ モデルで新しい SQL Server 仮想マシンを作成するときに、Azure ポータルを使用して、自動修正を構成します。Use the Azure portal to configure Automated Patching when you create a new SQL Server Virtual Machine in the Resource Manager deployment model.

[SQL Server の設定] タブで [自動修正][構成の変更] を選択します。In the SQL Server settings tab, select Change configuration under Automated patching. 次の Azure ポータルのスクリーンショットは、 [SQL 自動修正] ブレードを示しています。The following Azure portal screenshot shows the SQL Automated Patching blade.

Azure ポータルでの SQL 自動修正

コンテキストについては、 Azure での SQL Server 仮想マシンのプロビジョニングに関するページのトピックをご覧ください。For context, see the complete topic on provisioning a SQL Server virtual machine in Azure.

既存の VMExisting VMs

注意

次のスクリーンショットは、Azure Portal 内の SQL 仮想マシンのリソースからのものです。The following screenshots are from the SQL virtual machines resource within the Azure portal. サポート終了 (EOS) の SQL Server VM、および SQL VM リソース プロバイダーに登録されていない SQL Server VM の場合は、代わりに [SQL Server の構成] タブを使用して SQL Server VM を管理してください。For end-of-support (EOS) SQL server VMs, and SQL Server VMs that have not been registered with the SQL VM resource provider, use the SQL Server configuration tab to manage your SQL Server VM instead.

既存の SQL Server 仮想マシンの場合、[SQL 仮想マシン リソース] を開き、 [設定][ファイルの部分置換中] を選択します。For existing SQL Server virtual machines, open your SQL virtual machines resource and select Patching under Settings.

既存の VM の SQL 自動修正

終了したら、 [SQL Server の構成] ブレードの下部にある [OK] ボタンをクリックして変更を保存します。When finished, click the OK button on the bottom of the SQL Server configuration blade to save your changes.

自動修正を初めて有効にすると、バックグラウンドで SQL Server IaaS Agent が構成されます。If you are enabling Automated Patching for the first time, Azure configures the SQL Server IaaS Agent in the background. この間、自動修正が構成されていることは、Azure ポータルに示されない可能性があります。During this time, the Azure portal might not show that Automated Patching is configured. エージェントがインストールされ、構成されるまで数分待ちます。Wait several minutes for the agent to be installed, configured. その後、Azure ポータルに新しい設定が反映されます。After that the Azure portal reflects the new settings.

PowerShell での構成Configuration with PowerShell

SQL VM をプロビジョニングしたら、PowerShell を使用して自動修正を構成します。After provisioning your SQL VM, use PowerShell to configure Automated Patching.

次の例では、PowerShell を使用して、既存の SQL Server VM で自動修正を構成しています。In the following example, PowerShell is used to configure Automated Patching on an existing SQL Server VM. New-AzVMSqlServerAutoPatchingConfig コマンドは、自動更新の新しいメンテナンス期間を構成します。The New-AzVMSqlServerAutoPatchingConfig command configures a new maintenance window for automatic updates.

$vmname = "vmname"
$resourcegroupname = "resourcegroupname"
$aps = New-AzVMSqlServerAutoPatchingConfig -Enable -DayOfWeek "Thursday" -MaintenanceWindowStartingHour 11 -MaintenanceWindowDuration 120  -PatchCategory "Important"

s Set-AzVMSqlServerExtension -AutoPatchingSettings $aps -VMName $vmname -ResourceGroupName $resourcegroupnames Set-AzVMSqlServerExtension -AutoPatchingSettings $aps -VMName $vmname -ResourceGroupName $resourcegroupname

重要

拡張機能がまだインストールされていない場合、拡張機能をインストールすると、SQL Server サービスが再起動されます。If the extension is not already installed, installing the extension restarts the SQL Server service.

この例に基づいて、対象の Azure VM への実際の影響を次の表に示します。Based on this example, the following table describes the practical effect on the target Azure VM:

パラメーターParameter 効果Effect
DayOfWeekDayOfWeek 毎週木曜日に修正プログラムがインストールされます。Patches installed every Thursday.
MaintenanceWindowStartingHourMaintenanceWindowStartingHour 午前 11 時に更新が開始されます。Begin updates at 11:00am.
MaintenanceWindowsDurationMaintenanceWindowsDuration 修正プログラムを 120 分以内にインストールする必要があります。Patches must be installed within 120 minutes. 開始時刻に基づき、修正プログラムのインストールは午後 1 時までに完了する必要があります。Based on the start time, they must complete by 1:00pm.
PatchCategoryPatchCategory このパラメーターに指定可能な設定は Importantだけです。The only possible setting for this parameter is Important. これにより、"重要" と書かれた Windows 更新プログラムがインストールされます。このカテゴリに含まれていない SQL Server 更新プログラムはインストールされません。This installs Windows update marked Important; it does not install any SQL Server updates that are not included in this category.

SQL Server IaaS エージェントのインストールと構成には数分かかる場合があります。It could take several minutes to install and configure the SQL Server IaaS Agent.

自動修正を無効にするには、New-AzVMSqlServerAutoPatchingConfig-Enable パラメーターを指定せずに、同じスクリプトを実行します。To disable Automated Patching, run the same script without the -Enable parameter to the New-AzVMSqlServerAutoPatchingConfig. -Enable パラメーターがない場合は、機能を無効にするコマンドが伝えられます。The absence of the -Enable parameter signals the command to disable the feature.

次の手順Next steps

その他の利用可能なオートメーション タスクについては、 SQL Server IaaS Agent 拡張機能に関するページをご覧ください。For information about other available automation tasks, see SQL Server IaaS Agent Extension.

Azure VM で SQL Server を実行する方法の詳細については、 Azure Virtual Machines における SQL Server の概要に関するページをご覧ください。For more information about running SQL Server on Azure VMs, see SQL Server on Azure Virtual Machines overview.