Azure クイックスタート テンプレートを使用して Azure VM で SQL Server の可用性グループを構成するUse Azure quickstart templates to configure an availability group for SQL Server on an Azure VM

この記事では、Azure クイックスタート テンプレートを使用して、Azure での SQL Server 仮想マシン用の Always On 可用性グループ構成のデプロイを部分的に自動化する方法について説明します。This article describes how to use the Azure quickstart templates to partially automate the deployment of an Always On availability group configuration for SQL Server virtual machines in Azure. このプロセスでは、2 つの Azure クイックスタート テンプレートが使用されます。Two Azure quickstart templates are used in this process:

TemplateTemplate 説明Description
101-sql-vm-ag-setup101-sql-vm-ag-setup Windows フェールオーバー クラスターを作成し、それに SQL Server VM を参加させます。Creates the Windows failover cluster and joins the SQL Server VMs to it.
101-sql-vm-aglistener-setup101-sql-vm-aglistener-setup 可用性グループ リスナーを作成し、内部ロード バランサーを構成します。Creates the availability group listener and configures the internal load balancer. このテンプレートは、Windows フェールオーバー クラスターが 101-sql-vm-ag-setup テンプレートを使用して作成された場合にのみ使用できます。This template can be used only if the Windows failover cluster was created with the 101-sql-vm-ag-setup template.
   

可用性グループの作成や、内部ロード バランサーの作成など、可用性グループ構成の他の部分は手動で行う必要があります。Other parts of the availability group configuration must be done manually, such as creating the availability group and creating the internal load balancer. この記事では、一連の自動および手動の手順を示します。This article provides the sequence of automated and manual steps.

前提条件Prerequisites

クイック スタート テンプレートを使用して Always On 可用性グループのセットアップを自動化するには、次の前提条件が必要です。To automate the setup of an Always On availability group by using quickstart templates, you must have the following prerequisites:

アクセス許可Permissions

Azure クイックスタート テンプレートを使用して Always On 可用性グループを構成するには、次のアクセス許可が必要です。The following permissions are necessary to configure the Always On availability group by using Azure quickstart templates:

  • ドメインでコンピューター オブジェクトを作成するためのアクセス許可を持っている既存のドメイン ユーザー アカウント。An existing domain user account that has Create Computer Object permission in the domain. たとえばドメイン管理者アカウントは、一般に十分なアクセス許可を持っています (例: account@domain.com)。For example, a domain admin account typically has sufficient permission (for example: account@domain.com). クラスターを作成するには、このアカウントが、各 VM でローカル管理者グループに含まれている必要もあります。This account should also be part of the local administrator group on each VM to create the cluster.
  • SQL Server サービスを制御するドメイン ユーザー アカウント。The domain user account that controls the SQL Server service.

手順 1:フェールオーバー クラスターを作成し、クイックスタート テンプレートを使用して SQL Server VM をクラスターに参加させるStep 1: Create the failover cluster and join SQL Server VMs to the cluster by using a quickstart template

SQL Server VM が SQL VM のリソース プロバイダーに登録されたら、SQL Server VM を SqlVirtualMachineGroups に参加させることができます。After your SQL Server VMs have been registered with the SQL VM resource provider, you can join your SQL Server VMs to SqlVirtualMachineGroups. このリソースでは、Windows フェールオーバー クラスターのメタデータが定義されています。This resource defines the metadata of the Windows failover cluster. メタデータには、バージョン、エディション、完全修飾ドメイン名、クラスターと SQL Server サービスの両方を管理するための Active Directory アカウント、クラウド監視としてのストレージ アカウントが含まれます。Metadata includes the version, edition, fully qualified domain name, Active Directory accounts to manage both the cluster and the SQL Server service, and the storage account as the cloud witness.

SQL Server VM を SqlVirtualMachineGroups リソース グループに追加することで、Windows フェールオーバー クラスター サービスをブートストラップし、クラスターを作成します。次にそのクラスターに、それらの SQL Server VM を参加させます。Adding SQL Server VMs to the SqlVirtualMachineGroups resource group bootstraps the Windows Failover Cluster Service to create the cluster and then joins those SQL Server VMs to that cluster. この手順は、101-sql-vm-ag-setup クイックスタート テンプレートで自動化されます。This step is automated with the 101-sql-vm-ag-setup quickstart template. 以下の手順を使用して実装することができます。You can implement it by using the following steps:

  1. 101-sql-vm-ag-setup クイックスタート テンプレートに移動します。Go to the 101-sql-vm-ag-setup quickstart template. 次に、 [Azure に配置する] を選択して、Azure portal でクイックスタート テンプレートを開きます。Then, select Deploy to Azure to open the quickstart template in the Azure portal.

  2. 必須フィールドに入力し、Windows フェールオーバー クラスターのメタデータを構成します。Fill out the required fields to configure the metadata for the Windows failover cluster. 省略可能なフィールドは空白のままでかまいません。You can leave the optional fields blank.

    次の表では、テンプレートに必要な値を示します。The following table shows the necessary values for the template:

    フィールドField Value
    サブスクリプションSubscription SQL Server VM が存在するサブスクリプション。The subscription where your SQL Server VMs exist.
    リソース グループResource group SQL Server VM が属するリソース グループ。The resource group where your SQL Server VMs reside.
    フェールオーバー クラスター名Failover Cluster Name 新しい Windows フェールオーバー クラスターに付ける名前。The name that you want for your new Windows failover cluster.
    既存の VM のリストExisting Vm List 可用性グループに参加させて、この新しいクラスターの一部にする SQL Server VM。The SQL Server VMs that you want to participate in the availability group and be part of this new cluster. これらの値はコンマとスペースで区切ります (例: SQLVM1, SQLVM2)。Separate these values with a comma and a space (for example: SQLVM1, SQLVM2).
    SQL Server のバージョンSQL Server Version SQL Server VM の SQL Server のバージョン。The SQL Server version of your SQL Server VMs. ドロップダウン リストから選択します。Select it from the drop-down list. 現時点では、SQL Server 2016 と SQL Server 2017 のイメージのみがサポートされています。Currently, only SQL Server 2016 and SQL Server 2017 images are supported.
    既存の完全修飾ドメイン名Existing Fully Qualified Domain Name SQL Server VM が属するドメインの既存の FQDN。The existing FQDN for the domain in which your SQL Server VMs reside.
    既存のドメイン アカウントExisting Domain Account テンプレートのデプロイ時に CNO が作成されるので、ドメインでのコンピューター オブジェクト作成アクセス許可を持っている既存のドメイン ユーザー アカウント。An existing domain user account that has Create Computer Object permission in the domain as the CNO is created during template deployment. たとえばドメイン管理者アカウントは、一般に十分なアクセス許可を持っています (例: account@domain.com)。For example, a domain admin account typically has sufficient permission (for example: account@domain.com). クラスターを作成するには、このアカウントが、各 VM でローカル管理者グループに含まれている必要もあります。This account should also be part of the local administrator group on each VM to create the cluster.
    ドメイン アカウントのパスワードDomain Account Password 前述のドメイン ユーザー アカウントのパスワード。The password for the previously mentioned domain user account.
    既存の SQL サービス アカウントExisting Sql Service Account 可用性グループのデプロイ時に SQL Server サービスを制御するドメイン ユーザー アカウント (例: account@domain.com)。The domain user account that controls the SQL Server service during availability group deployment (for example: account@domain.com).
    SQL サービス パスワードSql Service Password SQL Server サービスを制御するドメイン ユーザー アカウントで使用されるパスワード。The password used by the domain user account that controls the SQL Server service.
    クラウド監視の名前Cloud Witness Name クラウド監視のために作成され、使用される新しい Azure ストレージ アカウント。A new Azure storage account that will be created and used for the cloud witness. この名前は変更できます。You can modify this name.
    _artifacts の場所_artifacts Location このフィールドは既定で設定されます。変更はしないでください。This field is set by default and should not be modified.
    Sas トークンとしての _artifacts の場所_artifacts Location Sas Token このフィールドは、意図的に空白のままにされています。This field is intentionally left blank.
       
  3. 使用条件に同意する場合は、 [上記の使用条件に同意する] チェック ボックスをオンにします。If you agree to the terms and conditions, select the I Agree to the terms and conditions stated above check box. 次に、 [購入] を選択して、クイックスタート テンプレートのデプロイを完了します。Then select Purchase to finish deployment of the quickstart template.

  4. デプロイを監視するには、上部のナビゲーション バナーの [通知] ベル アイコンからデプロイを選択するか、Azure portal で [リソース グループ] に移動します。To monitor your deployment, either select the deployment from the Notifications bell icon in the top navigation banner or go to Resource Group in the Azure portal. [設定][デプロイ] を選択し、Microsoft.Template のデプロイを選択します。Select Deployments under Settings, and choose the Microsoft.Template deployment.

注意

テンプレートのデプロイ中に指定された資格情報は、デプロイの期間中のみ保存されます。Credentials provided during template deployment are stored only for the length of the deployment. デプロイが完了した後、これらのパスワードは削除されます。After deployment finishes, those passwords are removed. クラスターに SQL Server VM をさらに追加する場合、それらを再度指定するように求められます。You'll be asked to provide them again if you add more SQL Server VMs to the cluster.

手順 2:可用性グループを手動で作成するStep 2: Manually create the availability group

SQL Server Management StudioPowerShellTransact-SQL のいずれかを使用して、通常どおりに可用性グループを手動で作成します。Manually create the availability group as you normally would, by using SQL Server Management Studio, PowerShell, or Transact-SQL.

重要

手順 4 で 101-sql-vm-aglistener-setup クイックスタート テンプレートによって自動的にそれが行われるため、この時点ではリスナーを "作成しない" でください。Do not create a listener at this time, because the 101-sql-vm-aglistener-setup quickstart template does that automatically in step 4.

手順 3:内部ロード バランサーを手動で作成するStep 3: Manually create the internal load balancer

Always On 可用性グループ リスナーには、Azure Load Balancer の内部インスタンスが必要です。The Always On availability group listener requires an internal instance of Azure Load Balancer. 内部ロード バランサーでは、より高速なフェールオーバーと再接続を可能にする可用性グループ リスナー用の "フローティング" IP アドレスが提供されます。The internal load balancer provides a “floating” IP address for the availability group listener that allows for faster failover and reconnection. 可用性グループ内の SQL Server VM が同じ可用性セットの一部である場合は、Basic ロード バランサーを使用できます。If the SQL Server VMs in an availability group are part of the same availability set, you can use a Basic load balancer. それ以外の場合は、Standard ロード バランサーを使用する必要があります。Otherwise, you need to use a Standard load balancer.

重要

内部ロード バランサーは、SQL Server VM インスタンスと同じ仮想ネットワークに存在する必要があります。The internal load balancer should be in the same virtual network as the SQL Server VM instances.

内部ロード バランサーを作成することだけが必要です。You just need to create the internal load balancer. 手順 4 では、101-sql-vm-aglistener-setup クイックスタート テンプレートによって、構成の残りの部分 (バックエンド プール、正常性プローブ、負荷分散規則など) が処理されます。In step 4, the 101-sql-vm-aglistener-setup quickstart template handles the rest of the configuration (such as the backend pool, health probe, and load-balancing rules).

  1. Azure ポータルで、SQL Server の仮想マシンを含んだリソース グループを開きます。In the Azure portal, open the resource group that contains the SQL Server virtual machines.

  2. リソース グループで、 [追加] を選択します。In the resource group, select Add.

  3. " ロード バランサー" を検索します。Search for load balancer. 検索結果で、Microsoft によって公開されているロード バランサーを選択します。In the search results, select Load Balancer, which is published by Microsoft.

  4. [ロード バランサー] ブレードで [作成] を選択します。On the Load Balancer blade, select Create.

  5. [ロード バランサーの作成] ダイアログボックスで、次のようにロード バランサーを構成します。In the Create load balancer dialog box, configure the load balancer as follows:

    SettingSetting Value
    NameName ロード バランサーを表すテキスト名を入力します。Enter a text name that represents the load balancer. たとえば、「sqlLB」などと入力します。For example, enter sqlLB.
    TypeType 内部:ほとんどの実装では、内部ロード バランサーを使います。この場合、同じ仮想ネットワーク内のアプリケーションを可用性グループに接続できます。Internal: Most implementations use an internal load balancer, which allows applications within the same virtual network to connect to the availability group.
    外部:アプリケーションをパブリック インターネット接続経由で可用性グループに接続できます。External: Allows applications to connect to the availability group through a public internet connection.
    Virtual NetworkVirtual network SQL Server インスタンスが存在する仮想ネットワークを選択します。Select the virtual network that the SQL Server instances are in.
    サブネットSubnet SQL Server インスタンスが存在するサブネットを選択します。Select the subnet that the SQL Server instances are in.
    IP アドレスの割り当てIP address assignment 静的Static
    プライベート IP アドレスPrivate IP address サブネット内の利用可能な IP アドレスを指定します。Specify an available IP address from the subnet.
    サブスクリプションSubscription 複数のサブスクリプションを所有している場合、このフィールドが表示されます。If you have multiple subscriptions, this field might appear. このリソースに関連付けられているサブスクリプションを選択します。Select the subscription that you want to associate with this resource. 通常は、可用性グループのすべてのリソースについて同じサブスクリプションを選択してください。It's normally the same subscription as all the resources for the availability group.
    リソース グループResource group SQL Server インスタンスが存在するリソース グループを選択します。Select the resource group that the SQL Server instances are in.
    LocationLocation Azure において SQL Server インスタンスが存在する場所を選択します。Select the Azure location that the SQL Server instances are in.
       
  6. 作成 を選択します。Select Create.

重要

各 SQL Server VM 用のパブリック IP リソースには、Standard ロード バランサーと互換性のある Standard SKU が必要です。The public IP resource for each SQL Server VM should have a Standard SKU to be compatible with the Standard load balancer. VM のパブリック IP リソースの SKU を決定するには、 [リソース グループ] に移動し、SQL Server VM 用の [パブリック IP アドレス] リソースを選択し、 [概要] ウィンドウの [SKU] で値を見つけます。To determine the SKU of your VM's public IP resource, go to Resource Group, select your Public IP Address resource for the SQL Server VM, and locate the value under SKU in the Overview pane.

手順 4:クイックスタート テンプレートを使用して、可用性グループ リスナーを作成し、内部ロード バランサーを構成するStep 4: Create the availability group listener and configure the internal load balancer by using the quickstart template

101-sql-vm-aglistener-setup クイックスタート テンプレートを使用して、自動的に可用性グループ リスナーを作成し、内部ロード バランサーを構成します。Create the availability group listener and configure the internal load balancer automatically by using the 101-sql-vm-aglistener-setup quickstart template. テンプレートでは、Microsoft.SqlVirtualMachine/SqlVirtualMachineGroups/AvailabilityGroupListener リソースがプロビジョニングされます。The template provisions the Microsoft.SqlVirtualMachine/SqlVirtualMachineGroups/AvailabilityGroupListener resource. 101-sql-vm-aglistener-setup クイック スタート テンプレートでは、SQL VM リソース プロバイダーを介して、以下の操作を行います。The 101-sql-vm-aglistener-setup quickstart template, via the SQL VM resource provider, does the following actions:

  • リスナーのために (デプロイ時に指定された IP アドレスの値に基づく) 新しいフロント エンド IP リソースを作成します。Creates a new frontend IP resource (based on the IP address value provided during deployment) for the listener.
  • クラスターと内部ロード バランサーのネットワーク設定を構成します。Configures the network settings for the cluster and the internal load balancer.
  • 内部ロード バランサー、正常性プローブ、および負荷分散規則用のバックエンド プールを構成します。Configures the backend pool for the internal load balancer, the health probe, and the load-balancing rules.
  • 特定の IP アドレスと名前を使用して、可用性グループ リスナーを作成します。Creates the availability group listener with the given IP address and name.

注意

101-sql-vm-aglistener-setup は、Windows フェールオーバー クラスターが 101-sql-vm-ag-setup テンプレートを使用して作成された場合にのみ使用できます。You can use 101-sql-vm-aglistener-setup only if the Windows failover cluster was created with the 101-sql-vm-ag-setup template.

内部ロード バランサーを構成して可用性グループ リスナーを作成するには、次のようにします。To configure the internal load balancer and create the availability group listener, do the following:

  1. 101-sql-vm-aglistener-setup クイックスタート テンプレートに移動し、 [Azure に配置する] を選択して、Azure portal でクイックスタート テンプレートを開始します。Go to the 101-sql-vm-aglistener-setup quickstart template and select Deploy to Azure to start the quickstart template in the Azure portal.

  2. 必須フィールドに入力して内部ロード バランサーを構成し、可用性グループ リスナーを作成します。Fill out the required fields to configure the internal load balancer, and create the availability group listener. 省略可能なフィールドは空白のままでかまいません。You can leave the optional fields blank.

    次の表では、テンプレートに必要な値を示します。The following table shows the necessary values for the template:

    フィールドField Value
    リソース グループResource group SQL Server VM と可用性グループが存在する、リソース グループ。The resource group where your SQL Server VMs and availability group exist.
    既存のフェールオーバー クラスター名Existing Failover Cluster Name SQL Server VM が参加しているクラスターの名前。The name of the cluster that your SQL Server VMs are joined to.
    既存の SQL 可用性グループExisting Sql Availability Group SQL Server VM が属する可用性グループの名前。The name of the availability group that your SQL Server VMs are a part of.
    既存の VM のリストExisting Vm List 前述の可用性グループに属する SQL Server VM の名前。The names of the SQL Server VMs that are part of the previously mentioned availability group. 名前はコンマとスペースで区切ります (例: SQLVM1, SQLVM2)。Separate the names with a comma and a space (for example: SQLVM1, SQLVM2).
    リスナーListener リスナーに割り当てたい DNS 名。The DNS name that you want to assign to the listener. 既定では、このテンプレートによって "aglistener" という名前が指定されますが、それは変更できます。By default, this template specifies the name "aglistener," but you can change it. 名前は 15 文字以下にしてください。The name should not exceed 15 characters.
    リスナー ポートListener Port リスナーで使用するポート。The port that you want the listener to use. 通常、このポートは既定値の 1433 にする必要があります。Typically, this port should be the default of 1433. これは、テンプレートで指定されているポート番号です。This is the port number that the template specifies. ただし、既定のポートが変更されている場合は、リスナー ポートで代わりにその値を使用する必要があります。But if your default port has been changed, the listener port should use that value instead.
    リスナー IPListener IP リスナーで使用する IP アドレス。The IP address that you want the listener to use. このアドレスは、テンプレートのデプロイ中に作成されるので、未使用のものを指定します。This address will be created during template deployment, so provide one that isn't already in use.
    既存のサブネットExisting Subnet SQL Server VM の内部サブネットの名前 (例: default)。The name of the internal subnet of your SQL Server VMs (for example: default). この値は、 [リソース グループ] に移動し、お使いの仮想ネットワークを選択し、 [設定] ウィンドウで [サブネット] を選択して、 [名前] の値をコピーすることにより、決定できます。You can determine this value by going to Resource Group, selecting your virtual network, selecting Subnets in the Settings pane, and copying the value under Name.
    既存の内部ロード バランサーExisting Internal Load Balancer 手順 3 で作成した内部ロード バランサーの名前。The name of the internal load balancer that you created in step 3.
    プローブ ポートProbe Port 内部ロード バランサーで使用するプローブ ポート。The probe port that you want the internal load balancer to use. テンプレートでは既定で 59999 が使用されますが、この値は変更できます。The template uses 59999 by default, but you can change this value.
       
  3. 使用条件に同意する場合は、 [上記の使用条件に同意する] チェック ボックスをオンにします。If you agree to the terms and conditions, select the I Agree to the terms and conditions stated above check box. [購入] を選択して、クイックスタート テンプレートのデプロイを完了します。Select Purchase to finish deployment of the quickstart template.

  4. デプロイを監視するには、上部のナビゲーション バナーの [通知] ベル アイコンからデプロイを選択するか、Azure portal で [リソース グループ] に移動します。To monitor your deployment, either select the deployment from the Notifications bell icon in the top navigation banner or go to Resource Group in the Azure portal. [設定][デプロイ] を選択し、Microsoft.Template のデプロイを選択します。Select Deployments under Settings, and choose the Microsoft.Template deployment.

注意

デプロイが途中で失敗した場合は、101-sql-vm-aglistener-setup クイックスタート テンプレートを再デプロイする前に、PowerShell を使用して、手動で新たに作成されたリスナーを削除する必要があります。If your deployment fails halfway through, you'll need to manually remove the newly created listener by using PowerShell before you redeploy the 101-sql-vm-aglistener-setup quickstart template.

可用性グループ リスナーを削除するRemove the availability group listener

テンプレートで構成された可用性グループ リスナーを後で削除する必要がある場合は、SQL VM リソース プロバイダーを経由する必要があります。If you later need to remove the availability group listener that the template configured, you must go through the SQL VM resource provider. リスナーは SQL VM リソース プロバイダーを介して登録されるため、SQL Server Management Studio を使用して削除するだけでは十分ではありません。Because the listener is registered through the SQL VM resource provider, just deleting it via SQL Server Management Studio is insufficient.

最もよい方法は、PowerShell で次のコード スニペットを使用して、SQL VM リソース プロバイダーから削除することです。The best method is to delete it through the SQL VM resource provider by using the following code snippet in PowerShell. そうすることで、SQL VM リソース プロバイダーから可用性グループ リスナー メタデータが削除されます。Doing so removes the availability group listener metadata from the SQL VM resource provider. また、可用性グループから物理的にリスナーが削除されます。It also physically deletes the listener from the availability group.

# Remove the availability group listener
# example: Remove-AzResource -ResourceId '/subscriptions/a1a11a11-1a1a-aa11-aa11-1aa1a11aa11a/resourceGroups/SQLAG-RG/providers/Microsoft.SqlVirtualMachine/SqlVirtualMachineGroups/Cluster/availabilitygrouplisteners/aglistener' -Force
Remove-AzResource -ResourceId '/subscriptions/<SubscriptionID>/resourceGroups/<resource-group-name>/providers/Microsoft.SqlVirtualMachine/SqlVirtualMachineGroups/<cluster-name>/availabilitygrouplisteners/<listener-name>' -Force

一般的なエラーCommon errors

このセクションでは、いくつかの既知の問題とその考えられる解決策について説明します。This section discusses some known issues and their possible resolution.

可用性グループ '<AG 名>' の可用性グループ リスナーが既に存在するAvailability group listener for availability group '<AG-Name>' already exists

Azure クイックスタート テンプレートで可用性グループ リスナー用に選択されている可用性グループには、既にリスナーが含まれています。The selected availability group used in the Azure quickstart template for the availability group listener already contains a listener. それは可用性グループ内に物理的に存在するか、またはそのメタデータが SQL VM リソース プロバイダー内に残っています。Either it is physically within the availability group, or its metadata remains within the SQL VM resource provider. 101-sql-vm-aglistener-setup クイック スタート テンプレートを再デプロイする前に、PowerShell を使用してリスナーを削除します。Remove the listener by using PowerShell before redeploying the 101-sql-vm-aglistener-setup quickstart template.

プライマリ レプリカからの接続のみが機能するConnection only works from primary replica

101-sql-vm-aglistener-setup テンプレートのデプロイに失敗し、内部ロード バランサーの構成が不整合な状態のままになっている場合、このような動作になる可能性があります。This behavior is likely from a failed 101-sql-vm-aglistener-setup template deployment that has left the configuration of the internal load balancer in an inconsistent state. バックエンド プールで可用性セットがリストされ、正常性プローブの規則と負荷分散規則が存在することを確認します。Verify that the backend pool lists the availability set, and that rules exist for the health probe and for the load-balancing rules. 何か足りないものがある場合、内部ロード バランサーの構成は不整合状態になります。If anything is missing, the configuration of the internal load balancer is an inconsistent state.

この動作を解決するには、PowerShell を使用してリスナーを削除し、Azure portal で内部ロード バランサーを削除した後、再び手順 3 から始めます。To resolve this behavior, remove the listener by using PowerShell, delete the internal load balancer via the Azure portal, and start again at step 3.

BadRequest - SQL 仮想マシン リストしか更新できないBadRequest - Only SQL virtual machine list can be updated

このエラーは、SQL Server Management Studio (SSMS) ではリスナーを削除したが、SQL VM リソース プロバイダーでは削除しなかった場合に、101-sql-vm-aglistener-setup テンプレートをデプロイすると、発生する可能性があります。This error might occur when you're deploying the 101-sql-vm-aglistener-setup template if the listener was deleted via SQL Server Management Studio (SSMS), but was not deleted from the SQL VM resource provider. SSMS でリスナーを削除しても、リスナーのメタデータは SQL VM リソース プロバイダーから削除されません。Deleting the listener via SSMS does not remove the metadata of the listener from the SQL VM resource provider. PowerShell を使用してリソース プロバイダーからリスナーを削除する必要があります。The listener must be deleted from the resource provider through PowerShell.

ドメイン アカウントが存在しないDomain account does not exist

このエラーには 2 つの原因が考えられます。This error can have two causes. 指定したドメイン アカウントが存在しないか、またはユーザー プリンシパル名 (UPN) のデータがありません。Either the specified domain account doesn't exist, or it's missing the User Principal Name (UPN) data. 101-sql-vm-ag-setup テンプレートでは、ドメイン アカウントが UPN 形式 (つまり *user@domain.com* ) になっている必要がありますが、一部のドメイン アカウントがその形式で指定されていない可能性があります。The 101-sql-vm-ag-setup template expects a domain account in the UPN form (that is, *user@domain.com*), but some domain accounts might be missing it. これは一般に、サーバーがドメイン コントローラーに昇格されたときにローカル ユーザーが最初のドメイン管理者アカウントに移行された場合や、ユーザーが PowerShell を使用して作成された場合に発生します。This typically happens when a local user has been migrated to be the first domain administrator account when the server was promoted to a domain controller, or when a user was created through PowerShell.

アカウントが存在することを確認します。Verify that the account exists. その場合、2 番目の状況になっている可能性があります。If it does, you might be running into the second situation. それを解決するには、次のようにします。To resolve it, do the following:

  1. ドメイン コントローラーで、サーバー マネージャー[ツール] オプションから [Active Directory ユーザーとコンピューター] ウィンドウを開きます。On the domain controller, open the Active Directory Users and Computers window from the Tools option in Server Manager.

  2. 左側のウィンドウで [ユーザー] を選択してアカウントに移動します。Go to the account by selecting Users in the left pane.

  3. アカウントを右クリックし、 [プロパティ] を選択します。Right-click the account, and select Properties.

  4. [アカウント] タブを選択します。 [ユーザー ログオン名] ボックスが空の場合は、これがエラーの原因です。Select the Account tab. If the User logon name box is blank, this is the cause of your error.

    ユーザー アカウントが空白になっていることは、UPN が指定されていないことを示しています

  5. ユーザーの名前と一致するように [ユーザー ログオン名] ボックスに入力し、ドロップダウン リストから適切なドメインを選択します。Fill in the User logon name box to match the name of the user, and select the proper domain from the drop-down list.

  6. [適用] を選択して変更内容を保存し、 [OK] を選択してダイアログ ボックスを閉じます。Select Apply to save your changes, and close the dialog box by selecting OK.

これらの変更を行った後、もう一度 Azure クイックスタート テンプレートのデプロイを試みます。After you make these changes, try to deploy the Azure quickstart template once more.

次の手順Next steps

詳細については、次の記事を参照してください。For more information, see the following articles: