Azure VM で SQL Server のエディションのインプレース アップグレードを実行するPerform an in-place upgrade of a SQL Server edition on an Azure VM

この記事では、Azure の Windows 仮想マシン上で SQL Server のエディションを変更する方法について説明します。This article describes how to change the edition of SQL Server on a Windows virtual machine in Azure.

SQL Server のエディションは、プロダクト キーによって決定され、インストール プロセスで指定されます。The edition of SQL Server is determined by the product key, and is specified with the installation process. エディションにより、SQL Server 製品内で使用できる機能が指定されます。The edition dictates what features are available in the SQL Server product. インストール メディアで SQL Server のエディションを変更し、ダウングレードしてコストを削減したり、アップグレードして機能を増やしたりすることができます。You can change the SQL Server edition with the installation media and either downgrade to reduce cost or upgrade to enable more features.

SQL VM のリソース プロバイダーに登録した後で、インストール メディアを使って SQL Server のエディションを更新した場合、それに応じて Azure の課金を更新するには、SQL VM リソースの SQL Server エディション プロパティを次のように設定する必要があります。If you updated the edition of SQL Server by using the installation media after registering with the SQL VM resource provider, then to update the Azure billing accordingly, you should set the SQL Server edition property of the SQL VM resource as follows:

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. SQL Server の仮想マシン リソースに移動します。Go to your SQL Server virtual machine resource.

  3. [設定][構成] を選択します。Under Settings, select Configure. 次に、 [エディション] のドロップダウン リストから、必要な SQL Server のエディションを選択します。Then select your desired edition of SQL Server from the drop-down list under Edition.

    エディションのメタデータを変更する

  4. SQL Server のエディションを最初に変更する必要があること、およびエディション プロパティが SQL Server のエディションと一致する必要があることを示す警告を確認します。Review the warning that says you must change the SQL Server edition first, and that the edition property must match the SQL Server edition.

  5. [適用] を選択して、エディション メタデータの変更を適用します。Select Apply to apply your edition metadata changes.

前提条件Prerequisites

SQL Server のエディションのインプレース変更を行うには、以下のものが必要です。To do an in-place change of the edition of SQL Server, you need the following:

エディションをアップグレードするUpgrade an edition

警告

SQL Server のエディションをアップグレードすると、SQL Server のサービスと、Analysis Services や R Services などのすべての関連するサービスが、再起動されます。Upgrading the edition of SQL Server will restart the service for SQL Server, along with any associated services, such as Analysis Services and R Services.

SQL Server をアップグレードするには、SQL Server の目的のエディションの SQL Server セットアップ メディアを入手した後、次のようにします。To upgrade SQL Server, obtain the SQL Server setup media for the desired edition of SQL Server, and then do the following:

  1. SQL Server のインストール メディアから Setup.exe を開きます。Open Setup.exe from the SQL Server installation media.

  2. [メンテナンス] に移動し、 [エディションのアップグレード] オプションを選択します。Go to Maintenance and choose the Edition Upgrade option.

    SQL Server のエディションをアップグレードするための選択

  3. [次へ] を何回か選択して [エディションのアップグレードの準備完了] ページまで進み、 [アップグレード] を選択します。Select Next until you reach the Ready to upgrade edition page, and then select Upgrade. 変更が有効になるまで数分間、セットアップ ウィンドウの応答が停止することがあります。The setup window might stop responding for a few minutes while the change is taking effect. [完了] ページで、エディションのアップグレードが完了したことが確認されます。A Complete page will confirm that your edition upgrade is finished.

SQL Server のエディションをアップグレードした後、前に示したように、Azure portal で SQL Server 仮想マシンのエディション プロパティを変更します。After the SQL Server edition is upgraded, modify the edition property of the SQL Server virtual machine in the Azure portal as shown earlier. これにより、この VM に関連付けられているメタデータと課金が更新されます。This will update the metadata and billing associated with this VM.

エディションをダウングレードするDowngrade an edition

SQL Server のエディションをダウングレードするには、SQL Server を完全にアンインストールし、目的のエディションのセットアップ メディアでもう一度再インストールする必要があります。To downgrade the edition of SQL Server, you need to completely uninstall SQL Server, and reinstall it again with the desired edition setup media.

警告

SQL Server をアンインストールすると、追加のダウンタイムが発生する可能性があります。Uninstalling SQL Server might incur additional downtime.

次の手順に従って、SQL Server のエディションをダウングレードできます。You can downgrade the edition of SQL Server by following these steps:

  1. システム データベースを含むすべてのデータベースをバックアップします。Back up all databases, including the system databases.
  2. システム データベース (master、model、msdb) を新しい場所に移動します。Move system databases (master, model, and msdb) to a new location.
  3. SQL Server および関連付けられているすべてのサービスを、完全にアンインストールします。Completely uninstall SQL Server and all associated services.
  4. 仮想マシンを再起動します。Restart the virtual machine.
  5. SQL Server の目的のエディションが収められたメディアを使って、SQL Server をインストールします。Install SQL Server by using the media with the desired edition of SQL Server.
  6. 最新のサービス パックと累積的な更新プログラムをインストールします。Install the latest service packs and cumulative updates.
  7. インストールの間に作成された新しいシステム データベースを、前に別の場所に移動したシステム データベースに置き換えます。Replace the new system databases that were created during installation with the system databases that you previously moved to a different location.

SQL Server のエディションをダウングレードした後、前に示したように、Azure portal で SQL Server 仮想マシンのエディション プロパティを変更します。After the SQL Server edition is downgraded, modify the edition property of the SQL Server virtual machine in the Azure portal as shown earlier. これにより、この VM に関連付けられているメタデータと課金が更新されます。This will update the metadata and billing associated with this VM.

解説Remarks

  • SQL Server VM のエディション プロパティは、すべての SQL Server 仮想マシン用にインストールされている SQL Server インスタンスのエディションと一致する必要があります。これには、従量課金制とライセンス持ち込みの両方のライセンスの種類が含まれます。The edition property for the SQL Server VM must match the edition of the SQL Server instance installed for all SQL Server virtual machines, including both pay-as-you-go and bring-your-own-license types of licenses.
  • SQL Server VM リソースを削除した場合は、イメージのハード コーディングされたエディション設定に戻ります。If you drop your SQL Server VM resource, you will go back to the hard-coded edition setting of the image.
  • エディションを変更する機能は、SQL VM リソース プロバイダーの機能です。The ability to change the edition is a feature of the SQL VM resource provider. Azure portal を介して Azure Marketplace イメージをデプロイすると、SQL Server VM がリソース プロバイダーに自動的に登録されます。Deploying an Azure Marketplace image through the Azure portal automatically registers a SQL Server VM with the resource provider. ただし、SQL Server を自分でインストールするお客様は、手動で SQL Server VM を登録する必要があります。However, customers who are self-installing SQL Server will need to manually register their SQL Server VM.
  • SQL Server VM を可用性セットに追加するには、VM を再作成する必要があります。Adding a SQL Server VM to an availability set requires re-creating the VM. 可用性セットに追加されたすべての VM は既定のエディションに戻るので、エディションをもう一度変更する必要があります。Any VMs added to an availability set will go back to the default edition, and the edition will need to be modified again.

次の手順Next steps

詳細については、次の記事を参照してください。For more information, see the following articles: