SQL Server Azure VM の料金ガイダンスPricing guidance for SQL Server Azure VMs

この記事では、Azure における SQL Server 仮想マシンの料金ガイダンスを説明します。This article provides pricing guidance for SQL Server virtual machines in Azure. コストに影響するいくつかのオプションがあるため、コストとビジネス要件が釣り合うように適切なイメージを選択することが重要です。There are several options that affect cost, and it is important to pick the right image that balances costs with business requirements.

ヒント

SQL Server エディションと仮想マシン サイズの特定の組み合わせの費用見積もりのみ知りたい場合は、Windows または Linux の料金ページをご覧ください。If you only need to find out a cost estimate for a specific combination of SQL Server edition and virtual machine size, see the pricing page for Windows or Linux. OS / ソフトウェアの一覧から、お使いのプラットフォームと SQL Server エディションを選択します。Select your platform and SQL Server edition from the OS/Software list.

VM 料金ページの UI

または、料金計算ツールを使用して、仮想マシンを追加して構成します。Or use the pricing calculator to add and configure a virtual machine.

無料ライセンスの SQL Server エディションFree-licensed SQL Server editions

概念実証の開発、テスト、または構築を行う場合は、無料ライセンスの SQL Server Developer Edition をご使用ください。If you want to develop, test, or build a proof of concept, then use the freely licensed SQL Server Developer edition. このエディションには SQL Server Enterprise エディションの全機能が備わっており、あらゆる種類のアプリケーションを構築、テストすることができます。This edition has all the features of SQL Server Enterprise edition, allowing you to build and test any type of application. ただし、運用環境で Developer エディションを実行することはできません。However, you cannot run the Developer edition in production. SQL Server Developer エディションの VM は、その VM のコスト分の料金のみ発生します。これは、関係する SQL Server ライセンス コストがないためです。A SQL Server Developer edition VM only incurs charges for the cost of the VM, because there are no associated SQL Server licensing costs.

運用環境で軽量ワークロード (コア 4 未満、メモリ 1 GB 未満、データベース < 10 GB 未満) を実行する場合は、無料ライセンスの SQL Server Express Edition をご利用ください。If you want to run a lightweight workload in production (<4 cores, <1-GB memory, <10 GB/database), use the freely licensed SQL Server Express edition. SQL Server Express エディションの VM もまた、その VM のコスト分の料金のみ発生します。A SQL Server Express edition VM also only incurs charges for the cost of the VM.

このような開発/テストまたは軽量運用ワークロードについては、そのワークロードに応じて小さい VM サイズを選択することで費用を節約することもできます。For these development/test and lightweight production workloads, you can also save money by choosing a smaller VM size that matches these workloads. シナリオによっては、DS1v2 が賢明な選択肢であることもあります。The DS1v2 might be a good choice in some scenarios.

このようなイメージの 1 つを使用して SQL Server 2017 Azure VM を作成するには、次のリンクを参照してください。To create a SQL Server 2017 Azure VM with one of these images, see the following links:

プラットフォームPlatform 自由にライセンスされたイメージFreely licensed images
Windows Server 2016Windows Server 2016 SQL Server 2017 Developer Azure VMSQL Server 2017 Developer Azure VM
SQL Server 2017 Express Azure VMSQL Server 2017 Express Azure VM
Red Hat Enterprise LinuxRed Hat Enterprise Linux SQL Server 2017 Developer Azure VMSQL Server 2017 Developer Azure VM
SQL Server 2017 Express Azure VMSQL Server 2017 Express Azure VM
SUSE Linux Enterprise ServerSUSE Linux Enterprise Server SQL Server 2017 Developer Azure VMSQL Server 2017 Developer Azure VM
SQL Server 2017 Express Azure VMSQL Server 2017 Express Azure VM
UbuntuUbuntu SQL Server 2017 Developer Azure VMSQL Server 2017 Developer Azure VM
SQL Server 2017 Express Azure VMSQL Server 2017 Express Azure VM

運用ワークロードが軽量でない場合は、次のいずれかの SQL Server エディションを使用します。If you have a non-lightweight production workload, use one of the following SQL Server editions:

SQL Server のエディションSQL Server Edition ワークロードWorkload
WebWeb 小規模 Web サイトSmall web sites
StandardStandard 少量から中量のワークロードSmall to medium workloads
EnterpriseEnterprise 大量のワークロードまたはミッションクリティカルなワークロードLarge or mission-critical workloads

これらのエディションの SQL Server ライセンス料金には 2 つのオプションがあります。"使用した分を支払う" 方法と、"自分のライセンスを持ち込む (BYOL) " 方法です。You have two options to pay for SQL Server licensing for these editions: pay per usage or bring your own license (BYOL).

使用した分を支払うPay per usage

使用した分の SQL Server ライセンス料金を支払う方法では、Azure VM を実行する秒単位のコストに SQL Server ライセンスのコストが含まれます。Paying the SQL Server license per usage means that the per-second cost of running the Azure VM includes the cost of the SQL Server license. 各種 SQL Server エディション (Web、Standard、Enterprise) の料金は、Windows または Linux の Azure VM の料金ページで確認できます。You can see the pricing for the different SQL Server editions (Web, Standard, Enterprise) in the Azure VM pricing page for Windows or Linux.

コストはすべてのバージョンの SQL Server (2012 SP3 から 2017 まで) で同じです。The cost is the same for all versions of SQL Server (2012 SP3 to 2017). 1 秒あたりのライセンス コストは、VM vCPU の数によって異なります。The per-second licensing cost depends on the number of VM vCPUs.

使用した分だけ SQL Server ライセンス料金を支払う方法は、次の場合にお勧めします。Paying the SQL Server licensing per usage is recommended for:

  • 一時的なワークロードまたは定期的なワークロードTemporary or periodic workloads. たとえば、毎年 2 か月間行われるイベントや毎週月曜日に行われるビジネス分析をサポートする必要があるアプリです。For example, an app that needs to support an event for a couple of months every year, or business analysis on Mondays.

  • 有効期間または規模が不明なワークロードWorkloads with unknown lifetime or scale. たとえば、数か月で不要になるアプリ、または要求によって必要な処理能力が増減するアプリです。For example, an app that may not be required in a few months, or which may require more, or less compute power, depending on demand.

このような使用した分を支払うイメージの 1 つを使用して SQL Server 2017 Azure VM を作成するには、次のリンクを参照してください。To create a SQL Server 2017 Azure VM with one of these pay-per-usage images, see the following links:

プラットフォームPlatform ライセンスされたイメージLicensed images
Windows Server 2016Windows Server 2016 SQL Server 2017 Web Azure VMSQL Server 2017 Web Azure VM
SQL Server 2017 Standard Azure VMSQL Server 2017 Standard Azure VM
SQL Server 2017 Enterprise Azure VMSQL Server 2017 Enterprise Azure VM
Red Hat Enterprise LinuxRed Hat Enterprise Linux SQL Server 2017 Web Azure VMSQL Server 2017 Web Azure VM
SQL Server 2017 Standard Azure VMSQL Server 2017 Standard Azure VM
SQL Server 2017 Enterprise Azure VMSQL Server 2017 Enterprise Azure VM
SUSE Linux Enterprise ServerSUSE Linux Enterprise Server SQL Server 2017 Web Azure VMSQL Server 2017 Web Azure VM
SQL Server 2017 Standard Azure VMSQL Server 2017 Standard Azure VM
SQL Server 2017 Enterprise Azure VMSQL Server 2017 Enterprise Azure VM
UbuntuUbuntu SQL Server 2017 Web Azure VMSQL Server 2017 Web Azure VM
SQL Server 2017 Standard Azure VMSQL Server 2017 Standard Azure VM
SQL Server 2017 Enterprise Azure VMSQL Server 2017 Enterprise Azure VM

重要

ポータルで SQL Server 仮想マシンを作成するとき、 [サイズの選択] ウィンドウには見積もりコストが表示されます。When you create a SQL Server virtual machine in the portal, the Choose a size window shows an estimated cost. この見積もりに含まれるのは、VM を実行するためのコンピューティング コストと、OS (Windows または他社製 Linx オペレーティング システム) のライセンス コストのみであることに注意してください。It is important to note that this estimate is only the compute costs for running the VM along with any OS licensing costs (Windows or third-party Linux operating systems).

VM サイズを選択するブレード

Web、Standard、および Enterprise エディションに対する追加の SQL Server ライセンス コストは含まれません。It does not include additional SQL Server licensing costs for Web, Standard, and Enterprise editions. 正確な価格の見積もりを得るには、Windows または Linux の価格ページで、ご自身のオペレーティング システムと SQL Server エディションを選択しますTo get the most accurate pricing estimate, select your operating system and SQL Server edition on the pricing page for Windows or Linux.

注意

ライセンス モデルを従量課金制のライセンスとライセンス持ち込み (BYOL) の間で切り替えられるようになりました。It is now possible to change the licensing model from pay-per-usage to bring your own license (BYOL) and back. 詳細については、SQL VM のライセンス モデルを変更する方法に関するページを参照してください。For more information, see How to change the licensing model for a SQL VM.

ライセンスを持ち込む (BYOL)Bring your own license (BYOL)

ライセンス モビリティを使用した自分の SQL Server ライセンスの持ち込み (BYOL) は、Azure VM のソフトウェア アシュアランスで既存の SQL Server ボリューム ライセンスを使用することです。Bringing your own SQL Server license through License Mobility, also referred to as BYOL, means using an existing SQL Server Volume License with Software Assurance in an Azure VM. BYOL を使用した SQL Server VM の料金は、SQL Server のライセンスではなく、VM を実行するコストに対してのみ発生します。これは、ボリューム ライセンス プログラムを介して既にライセンスとソフトウェア アシュアランスを取得している場合が対象になります。A SQL Server VM using BYOL only charges for the cost of running the VM, not for SQL Server licensing, given that you have already acquired licenses and Software Assurance through a Volume Licensing program.

重要

BYOL イメージには、ソフトウェア アシュアランスの Enterprise Agreement が必要です。BYOL images require an Enterprise Agreement with Software Assurance. 現時点では、Azure Cloud Solution Partner (CSP) の一部として利用することはできません。They are not available as a part of the Azure Cloud Solution Partner (CSP) at this time. CSP のお客様は従量課金イメージをデプロイし、次に Azure ハイブリッド特典を有効にして、ご自身のライセンスを持ち込めます。CSP customers can bring their own license by deploying a pay-as-you-go image and then enabling the Azure Hybrid Benefit.

注意

BYOL イメージは、現在、Windows 仮想マシンでのみご利用いただけます。The BYOL images are currently only available for Windows virtual machines. ただし、SQL Server は Linux 専用の VM に手動でインストールできます。However, you can manually install SQL Server on a Linux-only VM. Linux SQL VM のよくあるご質問に関するページをご覧ください。See the guidelines in the Linux SQL VM FAQ.

ライセンス モビリティによる自分の SQL ライセンスの持ち込みは、次の場合にお勧めします。Bringing your own SQL licensing through License Mobility is recommended for:

  • 継続的なワークロードContinuous workloads. たとえば、年中無休の業務をサポートする必要があるアプリ。For example, an app that needs to support business operations 24x7.

  • 有効期間と規模がわかっているワークロードWorkloads with known lifetime and scale. たとえば、1 年にわたって必要で、要求が予測されているアプリ。For example, an app that is required for the whole year and which demand has been forecasted.

BYOL を SQL Server VM で利用するには、SQL Server Standard または Enterprise とソフトウェア アシュアランス のライセンス (ボリューム ライセンス プログラムの必須オプション、他の製品では必要に応じて購入可能) が必要です。To use BYOL with a SQL Server VM, you must have a license for SQL Server Standard or Enterprise and Software Assurance, which is a required option through some volume licensing programs and an optional purchase with others. ボリューム ライセンス プログラムで提供される料金レベルは、契約のタイプ、SQL Server の数やコミットメントによってさまざまです。The pricing level provided through Volume Licensing programs varies, based on the type of agreement and the quantity and or commitment to SQL Server. ただし、経験則として、継続的な運用環境のワークロードに自分のライセンスを持ち込むメリットは次のとおりです。But as a rule of thumb, bringing your own license for continuous production workloads has the following benefits:

BYOL のメリットBYOL benefit 説明Description
コスト削減Cost savings Azure ハイブリッド特典により、最大 55% の節約を実現できます。The Azure Hybrid Benefit offers up to 55% savings. 詳細については、ライセンス モデルの切り替え に関する記事を参照してください。For more information, see [Switch licensing model](virtual-machines-windows-sql-ahb.md
無料のパッシブ セカンダリ レプリカFree passive secondary replica 自分のライセンスを持ち込むもう 1 つのメリットは、高可用性を実現するために SQL Server 1 つにつき 1 つのパッシブ セカンダリ レプリカの無料ライセンスを得られることです。Another benefit of bringing your own license is the free licensing for one passive secondary replica per SQL Server for high availability purposes. これによって、高可用性 SQL Server デプロイ (Always On 可用性グループの使用など) のライセンス コストを半減できます。This cuts in half the licensing cost of a highly available SQL Server deployment (for example, using Always On Availability Groups). パッシブ セカンダリを実行する権限は、フェールオーバー サーバーのソフトウェア アシュアランス特典で提供されます。The rights to run the passive secondary are provided through the Fail-Over Servers Software Assurance benefit.

自分のライセンスを持ち込むイメージの 1 つを使用して SQL Server 2017 Azure VM を作成するには、プレフィックスに "{BYOL}" が付いた VM を参照してください。To create a SQL Server 2017 Azure VM with one of these bring-your-own-license images, see the VMs prefixed with "{BYOL}":

重要

Azure で使用する SQL Server ライセンス数を 10 日以内にお知らせください。Let us know within 10 days how many SQL Server licenses you are using in Azure. 前のイメージのリンクに、この方法が記載されています。The links to the previous images have instructions on how to do this.

注意

ライセンス モデルを従量課金制のライセンスとライセンス持ち込み (BYOL) の間で切り替えられるようになりました。It is now possible to change the licensing model from pay-per-usage to bring your own license (BYOL) and back. 詳細については、SQL VM のライセンス モデルを変更する方法に関するページを参照してください。For more information, see How to change the licensing model for a SQL VM.

コストの削減Reduce costs

不要なコストがかからないようにするには、最適な仮想マシンのサイズを選択し、ワークロードが継続して実行されないよう断続的にシャットダウンすることを検討してください。To avoid unnecessary costs, choose an optimal virtual machine size and consider intermittent shutdowns for non-continuous workloads.

VM の適切なサイズ設定Correctly size your VM

SQL Server のライセンス コストは vCPU の数に直接関連します。The licensing cost of SQL Server is directly related to the number of vCPUs. CPU、メモリ、記憶域、および I/O 帯域幅の予想されるニーズに合った VM サイズを選択してください。Choose a VM size that matches your expected needs for CPU, memory, storage, and I/O bandwidth. マシンのサイズ オプションの一覧については、Windows VM のサイズLinux VM のサイズに関するページをそれぞれご覧ください。For a complete list of machine size options, see Windows VM sizes and Linux VM sizes.

特定の種類の SQL Server ワークロードで適切に動作する新しいマシン サイズがあります。There are new machine sizes that work well with certain types of SQL Server workloads. こうしたマシン サイズでは、メモリ、記憶域、および I/O 帯域幅が高いレベルで維持されますが、仮想化されたコア数は少なくなります。These machines sizes maintain high levels of memory, storage, and I/O bandwidth, but they have a lower virtualized core count. たとえば、次の例を考えてみましょう。For example, consider the following example:

VM サイズVM Size vCPU 数vCPUs メモリMemory ディスクの最大数Max Disks 最大 I/O スループットMax I/O Throughput SQL のライセンス コストSQL licensing costs 合計コスト (コンピューティング + ライセンス)Total costs (Compute + licensing)
Standard_DS14v2Standard_DS14v2 1616 112 GB112 GB 3232 51,200 IOPS または 768 MB/秒51,200 IOPS or 768 MB/s
Standard_DS14-4v2Standard_DS14-4v2 44 112 GB112 GB 3232 51,200 IOPS または 768 MB/秒51,200 IOPS or 768 MB/s 75% 削減75% lower 57% 削減57% lower

重要

これは、特定の時点の例です。This is a point-in-time example. 最新の仕様については、マシンのサイズに関する記事と、Windows および Linux それぞれの Azure 価格ページをご覧ください。For the most recent specifications, refer to the machine sizes articles and the Azure pricing page for Windows and Linux.

前の例で、Standard_DS14v2Standard_DS14-4v2 の仕様は、vCPU を除いて同じであることがわかります。In the previous example, you can see that the specifications for Standard_DS14v2 and Standard_DS14-4v2 are identical except for vCPUs. Standard_DS14-4v2 マシン サイズの末尾のサフィックス -4v2 は、アクティブな vCPU の番号を示します。The suffix -4v2 at the end of the Standard_DS14-4v2 machine size indicates the number of active vCPUs. SQL Server のライセンス コストは vCPU の数と関連するため、追加 vCPU が不要なシナリオでは、これにより VM のコストが大幅に削減されます。Because SQL Server licensing costs are tied to the number of vCPUs, this significantly reduces the cost of the VM in scenarios where the extra vCPUs are not needed. これは 1 つの例であり、このサフィックス パターンで特定される、vCPU が制約されたマシン サイズは多数あります。This is one example, and there are many machine sizes with constrained vCPUs that are identified with this suffix pattern. 詳細については、データベース作業のコスト効率を高めるための新しい Azure VM サイズについての発表に関するページをご覧ください。For more information, see the blog post Announcing new Azure VM sizes for more cost-effective database work.

可能な場合は VM をシャットダウンShut down your VM when possible

使用しているワークロードが継続して実行されない場合は、活動しない期間に仮想マシンを停止することを検討してください。If you are using any workloads that do not run continuously, consider shutting down the virtual machine during the inactive periods. 料金は使用した分だけになります。You only pay for what you use.

たとえば、Azure VM で SQL Server を試しているだけの場合、誤って実行したままにして数週間分の料金が発生するのは望ましくありません。For example, if you are simply trying out SQL Server on an Azure VM, you would not want to incur charges by accidentally leaving it running for weeks. 1 つの解決方法としては、自動シャットダウン機能を使用します。One solution is to use the automatic shutdown feature.

SQL VM 自動シャットダウン

自動シャットダウンは Azure DevTest Labs で提供されます。他にも多数の類似した機能があります。Automatic shutdown is part of a larger set of similar features provided by Azure DevTest Labs.

他のワークロードでは、Azure Automation など、スクリプト ソリューションによる Azure VM の自動シャットダウンと再起動を検討してください。For other workflows, consider automatically shutting down and restarting Azure VMs with a scripting solution, such as Azure Automation.

重要

課金を避けるためには、VM をシャットダウンして割り当て解除するしかありません。Shutting down and deallocating your VM is the only way to avoid charges. 停止するだけ、または電源オプションを使用した VM のシャットダウンでは、使用料金は発生します。Simply stopping or using power options to shut down the VM still incurs usage charges.

次の手順Next steps

Azure の一般的な料金ガイダンスについては、「Azure の課金とコスト管理で予想外のコストを防ぐ」をご覧ください。For general Azure pricing guidance, see Prevent unexpected costs with Azure billing and cost management. SQL Server VM をはじめとする 仮想マシンの最新の料金について、Windows VMLinux VM の VM Azure 料金ページをご覧ください。For the latest Virtual Machines pricing, including SQL Server, see the Azure VM Azure pricing page for Windows VMs and Linux VMs.

Azuru 仮想マシンで稼働する SQL Server の概要は、以下の記事で紹介しています。For an overview of SQL Server running on Azure Virtual Machines, see the following articles: