Microsoft Azure での Oracle VM イメージとそのデプロイOracle VM images and their deployment on Microsoft Azure

この記事では、Azure Marketplace で Oracle によって発行された仮想マシン イメージに基づく Oracle ソリューションについての情報を扱います。This article covers information about Oracle solutions based on virtual machine images published by Oracle in the Azure Marketplace. Oracle Cloud Infrastructure を使用したクラウド横断アプリケーション ソリューションに関心がある場合は、Microsoft Azure と Oracle Cloud Infrastructure を統合する Oracle アプリケーション ソリューションに関する記事を参照してください。If you are interested in cross-cloud application solutions with Oracle Cloud Infrastructure, see Oracle application solutions integrating Microsoft Azure and Oracle Cloud Infrastructure.

現在利用可能なイメージの一覧を取得するには、次のコマンドを実行します。To get a list of currently available images, run the following command:

az vm image list --publisher oracle -o table --all

2020 年 6 月の時点では、次のイメージが利用可能です。As of June 2020 the following images are available:

Offer                   Publisher    Sku                     Urn                                                          Version
----------------------  -----------  ----------------------  -----------------------------------------------------------  -------------
oracle-database-19-3    Oracle       oracle-db-19300         Oracle:oracle-database-19-3:oracle-db-19300:19.3.0           19.3.0
Oracle-Database-Ee      Oracle       12.1.0.2                Oracle:Oracle-Database-Ee:12.1.0.2:12.1.20170220             12.1.20170220
Oracle-Database-Ee      Oracle       12.2.0.1                Oracle:Oracle-Database-Ee:12.2.0.1:12.2.20180725             12.2.20180725
Oracle-Database-Ee      Oracle       18.3.0.0                Oracle:Oracle-Database-Ee:18.3.0.0:18.3.20181213             18.3.20181213
Oracle-Database-Se      Oracle       12.1.0.2                Oracle:Oracle-Database-Se:12.1.0.2:12.1.20170220             12.1.20170220
Oracle-Database-Se      Oracle       12.2.0.1                Oracle:Oracle-Database-Se:12.2.0.1:12.2.20180725             12.2.20180725
Oracle-Database-Se      Oracle       18.3.0.0                Oracle:Oracle-Database-Se:18.3.0.0:18.3.20181213             18.3.20181213
Oracle-Linux            Oracle       6.10                    Oracle:Oracle-Linux:6.10:6.10.00                             6.10.00
Oracle-Linux            Oracle       6.8                     Oracle:Oracle-Linux:6.8:6.8.0                                6.8.0
Oracle-Linux            Oracle       6.8                     Oracle:Oracle-Linux:6.8:6.8.20190529                         6.8.20190529
Oracle-Linux            Oracle       6.9                     Oracle:Oracle-Linux:6.9:6.9.0                                6.9.0
Oracle-Linux            Oracle       6.9                     Oracle:Oracle-Linux:6.9:6.9.20190529                         6.9.20190529
Oracle-Linux            Oracle       7.3                     Oracle:Oracle-Linux:7.3:7.3.0                                7.3.0
Oracle-Linux            Oracle       7.3                     Oracle:Oracle-Linux:7.3:7.3.20190529                         7.3.20190529
Oracle-Linux            Oracle       7.4                     Oracle:Oracle-Linux:7.4:7.4.1                                7.4.1
Oracle-Linux            Oracle       7.4                     Oracle:Oracle-Linux:7.4:7.4.20190529                         7.4.20190529
Oracle-Linux            Oracle       7.5                     Oracle:Oracle-Linux:7.5:7.5.1                                7.5.1
Oracle-Linux            Oracle       7.5                     Oracle:Oracle-Linux:7.5:7.5.2                                7.5.2
Oracle-Linux            Oracle       7.5                     Oracle:Oracle-Linux:7.5:7.5.20181207                         7.5.20181207
Oracle-Linux            Oracle       7.5                     Oracle:Oracle-Linux:7.5:7.5.20190529                         7.5.20190529
Oracle-Linux            Oracle       7.6                     Oracle:Oracle-Linux:7.6:7.6.2                                7.6.2
Oracle-Linux            Oracle       7.6                     Oracle:Oracle-Linux:7.6:7.6.3                                7.6.3
Oracle-Linux            Oracle       7.6                     Oracle:Oracle-Linux:7.6:7.6.4                                7.6.4
Oracle-Linux            Oracle       77                      Oracle:Oracle-Linux:77:7.7.1                                 7.7.1
Oracle-Linux            Oracle       77                      Oracle:Oracle-Linux:77:7.7.2                                 7.7.2
Oracle-Linux            Oracle       77                      Oracle:Oracle-Linux:77:7.7.3                                 7.7.3
Oracle-Linux            Oracle       77                      Oracle:Oracle-Linux:77:7.7.4                                 7.7.4
Oracle-Linux            Oracle       77                      Oracle:Oracle-Linux:77:7.7.5                                 7.7.5
Oracle-Linux            Oracle       77-ci                   Oracle:Oracle-Linux:77-ci:7.7.01                             7.7.01
Oracle-Linux            Oracle       77-ci                   Oracle:Oracle-Linux:77-ci:7.7.02                             7.7.02
Oracle-Linux            Oracle       77-ci                   Oracle:Oracle-Linux:77-ci:7.7.03                             7.7.03
Oracle-Linux            Oracle       78                      Oracle:Oracle-Linux:78:7.8.01                                7.8.01
Oracle-Linux            Oracle       8                       Oracle:Oracle-Linux:8:8.0.2                                  8.0.2
Oracle-Linux            Oracle       8-ci                    Oracle:Oracle-Linux:8-ci:8.0.11                              8.0.11
Oracle-Linux            Oracle       81                      Oracle:Oracle-Linux:81:8.1.0                                 8.1.0
Oracle-Linux            Oracle       81                      Oracle:Oracle-Linux:81:8.1.2                                 8.1.2
Oracle-Linux            Oracle       81-ci                   Oracle:Oracle-Linux:81-ci:8.1.0                              8.1.0
Oracle-Linux            Oracle       81-gen2                 Oracle:Oracle-Linux:81-gen2:8.1.11                           8.1.11
Oracle-Linux            Oracle       ol77-ci-gen2            Oracle:Oracle-Linux:ol77-ci-gen2:7.7.1                       7.7.1
Oracle-Linux            Oracle       ol77-gen2               Oracle:Oracle-Linux:ol77-gen2:7.7.01                         7.7.01
Oracle-Linux            Oracle       ol77-gen2               Oracle:Oracle-Linux:ol77-gen2:7.7.02                         7.7.02
Oracle-Linux            Oracle       ol78-gen2               Oracle:Oracle-Linux:ol78-gen2:7.8.11                         7.8.11
Oracle-WebLogic-Server  Oracle       Oracle-WebLogic-Server  Oracle:Oracle-WebLogic-Server:Oracle-WebLogic-Server:12.1.2  12.1.2
weblogic-122130-jdk8u3  Oracle       owls-122130-8u131-ol73  Oracle:weblogic-122130-jdk8u131-ol73:owls-122130-8u131-ol7   1.1.6
weblogic-122130-jdk8u4  Oracle       owls-122130-8u131-ol74  Oracle:weblogic-122130-jdk8u131-ol74:owls-122130-8u131-ol7   1.1.1
weblogic-122140-jdk8u6  Oracle       owls-122140-8u251-ol76  Oracle:weblogic-122140-jdk8u251-ol76:owls-122140-8u251-ol7   1.1.1
weblogic-141100-jdk116  Oracle       owls-141100-11_07-ol76  Oracle:weblogic-141100-jdk11_07-ol76:owls-141100-11_07-ol7   1.1.1
weblogic-141100-jdk8u6  Oracle       owls-141100-8u251-ol76  Oracle:weblogic-141100-jdk8u251-ol76:owls-141100-8u251-ol7   1.1.1

これらのイメージは、"ライセンス持ち込み" と見なされるため、VM の実行によって発生するコンピューティング、ストレージ、およびネットワーキングのコストのみが課金されます。These images are considered "Bring Your Own License" and as such you will only be charged for compute, storage, and networking costs incurred by running a VM. つまり、Oracle ソフトウェアを使用するライセンスが適切に供与されていて、Oracle と現在サポート契約を結んでいることを前提としています。It is assumed you are properly licensed to use Oracle software and that you have a current support agreement in place with Oracle. Oracle では、オンプレミスから Azure へのライセンス モビリティを保証しています。Oracle has guaranteed license mobility from on-premises to Azure. ライセンス モビリティの詳細については、公開されている Oracle および Microsoft の覚書を参照してください。See the published Oracle and Microsoft note for details on license mobility.

ユーザーは、Azure で一から作成したカスタム イメージに基づくソリューションにするか、オンプレミス環境からカスタム イメージをアップロードするかを選択することもできます。Individuals can also choose to base their solutions on a custom image they create from scratch in Azure or upload a custom image from their on premises environment.

Oracle データベースの VM イメージOracle database VM images

Oracle では、Oracle Linux ベースの仮想マシンイメージ上で、Azure での Oracle Database 12.1 以降の Standard および Enterprise エディションの実行をサポートしています。Oracle supports running Oracle Database 12.1 and higher Standard and Enterprise editions in Azure on virtual machine images based on Oracle Linux. Azure 上で Oracle DB の実稼働ワークロードのパフォーマンスを最大にするには、VM イメージのサイズを必ず適切に設定し、Premium SSD または Ultra SSD Managed Disks を使用してください。For the best performance for production workloads of Oracle Database on Azure, be sure to properly size the VM image and use Premium SSD or Ultra SSD Managed Disks. Oracle で公開されている VM イメージを使用して Azure で Oracle DB を迅速に立ち上げて実行する方法については、「Oracle DB のクイック スタート チュートリアル」をご覧ください。For instructions on how to quickly get an Oracle Database up and running in Azure using the Oracle published VM image, try the Oracle Database Quickstart walkthrough.

接続ディスクの設定オプションAttached disk configuration options

接続ディスクは Azure Blob Storage サービスを利用します。Attached disks rely on the Azure Blob storage service. 各 Standard ディスクは理論上、毎秒最大約 500 回 の入出力の操作 (IOPS) が可能です。Each standard disk is capable of a theoretical maximum of approximately 500 input/output operations per second (IOPS). Premium ディスク オファリングでは、高パフォーマンスのデータベース ワークロードが優先され、ディスクあたり最大 5000 IOps を実現できます。Our premium disk offering is preferred for high-performance database workloads and can achieve up to 5000 IOps per disk. パフォーマンスのニーズを満たす場合は、1 つのディスクを使用できます。You can use a single disk if that meets your performance needs. ただし、複数の接続ディスクを使い、それらの間でデータベースのデータを分散させ、Oracle Automatic Storage Management (ASM) を利用すると、効果的に IOPS パフォーマンスを改善できます。However, you can improve the effective IOPS performance if you use multiple attached disks, spread database data across them, and then use Oracle Automatic Storage Management (ASM). Oracle ASM に固有の情報については、Oracle Automatic Storage の概要に関するページを参照してください。See Oracle Automatic Storage overview for more Oracle ASM specific information. Linux の Azure VM で Oracle ASM をインストールおよび構成する方法の例については、Oracle Automated Storage Management のインストールと構成のチュートリアルを参照してください。For an example of how to install and configure Oracle ASM on a Linux Azure VM, see the Installing and Configuring Oracle Automated Storage Management tutorial.

共有ストレージの構成オプションShared storage configuration options

Azure NetApp Files は、クラウド内のデータベースなどの高パフォーマンスのワークロードを実行するというコア要件を満たすように設計されており、次のものを提供します。Azure NetApp Files was designed to meet the core requirements of running high-performance workloads like databases in the cloud, and provides;

  • VM ネイティブな NFS クライアントまたは Oracle dNFS のどちらかを経由して Oracle ワークロードを実行するための Azure ネイティブな共有 NFS ストレージ サービスAzure native shared NFS storage service for running Oracle workloads either through VM native NFS client, or Oracle dNFS
  • 実世界のさまざまな IOPS の需要が反映されたスケーラブルなパフォーマンス レベルScalable performance tiers that reflect the real-world range of IOPS demands
  • 待ち時間の短縮Low latency
  • 通常は、ミッション クリティカルなエンタープライズ ワークロード (SAP や Oracle など) によって要求される、大規模な高可用性、高い持続性、および管理容易性High availability, high durability and manageability at scale, typically demanded by mission critical enterprise workloads (like SAP and Oracle)
  • 最もアグレッシブな RTO と RPO の SLA を達成するための、高速で効率的なバックアップと復旧Fast and efficient backup and recovery, to achieve the most aggressive RTO and RPO SLA’s

これらの機能は、Azure NetApp Files が Azure データ センター環境内で (Azure ネイティブなサービスとして) 実行されている NetApp® ONTAP® オール フラッシュ システムに基づいているために可能になります。These capabilities are possible because Azure NetApp Files is based on NetApp® ONTAP® all-flash systems running within Azure data center environment – as an Azure Native service. その結果、他の Azure ストレージ オプションと同様にプロビジョニングしたり、消費したりできる理想的なデータベース ストレージ テクノロジが提供されます。The result is an ideal database storage technology that can be provisioned and consumed just like other Azure storage options. Azure NetApp Files の NFS ボリュームをデプロイし、それにアクセスする方法の詳細については、Azure NetApp Files のドキュメントを参照してください。See Azure NetApp Files documentation for more information on how to deploy and access Azure NetApp Files NFS volumes. Azure NetApp Files 上で Oracle データベースを動作させるためのベスト プラクティスの推奨事項については、Azure NetApp Files を使用した Oracle on Azure デプロイのベスト プラクティス ガイドに関するページを参照してください。See Oracle on Azure Deployment Best Practice Guide Using Azure NetApp Files for best practice recommendations for operating an Oracle database on Azure NetApp Files.

Azure での Oracle Database およびソフトウェアのライセンス契約Licensing Oracle Database & software on Azure

Microsoft Azure は、Oracle Database を実行するための承認されたクラウド環境です。Microsoft Azure is an authorized cloud environment for running Oracle Database. Oracle Core Factor テーブルは、クラウドで Oracle Database をライセンス契約する場合には適用されません。The Oracle Core Factor table is not applicable when licensing Oracle databases in the cloud. 代わりに、Enterprise Edition のデータベースでハイパースレッディング テクノロジが有効になっている VM を使用するときは、(ポリシー ドキュメントに記載されているように) ハイパースレッディングが有効になっている場合は、1 つの Oracle プロセッサ ライセンスと同等の 2 つの vCPU をカウントします。Instead, when using VMs with Hyper-Threading Technology enabled for Enterprise Edition databases, count two vCPUs as equivalent to one Oracle Processor license if hyperthreading is enabled (as stated in the policy document). ポリシーの詳細については、こちらをご覧ください。The policy details can be found here. 一般に、Oracle Database には、より高いメモリと IO が必要です。Oracle databases generally require higher memory and IO. このため、これらのワークロードには、メモリ最適化済み VM を使用することをお勧めします。For this reason, Memory Optimized VMs are recommended for these workloads. ワークロードをさらに最適化するには、Oracle Database のワークロード対応の制約付きコア vCPU を使用するよう推奨します。これは、高メモリ、ストレージ、I / O帯域幅が必要ですが、コア数を多く必要としません。To optimize your workloads further, Constrained Core vCPUs are recommended for Oracle Database workloads that require high memory, storage, and I/O bandwidth, but not a high core count.

Oracle ソフトウェアとワークロードをオンプレミスから Microsoft Azure に移行する場合、Oracle から、「Oracle on Azure FAQ」 (Azure での Oracle に関する FAQ) に記載されているライセンス モビリティが提供されていますWhen migrating Oracle software and workloads from on-premises to Microsoft Azure, Oracle provides license mobility as stated in the Oracle on Azure FAQ

高可用性とディザスター リカバリーに関する考慮High availability and disaster recovery considerations

Azure で Oracle データベースを使用する場合、いかなるダウンタイムも回避するために高可用性とディザスター リカバリー ソリューションを実装する責任があります。When using Oracle databases in Azure, you are responsible for implementing a high availability and disaster recovery solution to avoid any downtime.

Azure の Oracle Database Enterprise Edition (Oracle RAC を使用しない) では、Azure で Data Guard, Active Data Guard または Oracle GoldenGate と 2 つの異なる仮想マシンの 2 つのデータベースを使用することで高可用性とディザスター リカバリーを実現できます。High availability and disaster recovery for Oracle Database Enterprise Edition (without relying on Oracle RAC) can be achieved on Azure using Data Guard, Active Data Guard, or Oracle GoldenGate, with two databases on two separate virtual machines. 両方の仮想マシンを同じ仮想ネットワークに置き、プライベートの固定 IP アドレスで互いにアクセスできるようにする必要があります。Both virtual machines should be in the same virtual network to ensure they can access each other over the private persistent IP address. さらに、Azure が仮想マシンを個別の障害ドメインやアップグレード ドメインに配置できるように、仮想マシンを同じ可用性セットに配置することをお勧めします。Additionally, we recommend placing the virtual machines in the same availability set to allow Azure to place them into separate fault domains and upgrade domains. 地理的冗長性を実現する必要がある場合は、2 つの異なるリージョン間でレプリケートするように 2 つのデータベースをセットアップし、2 つのインスタンスを VPN Gateway で接続することができます。Should you want to have geo-redundancy, set up the two databases to replicate between two different regions and connect the two instances with a VPN Gateway.

Azure での Oracle Data Guard の実装に関するチュートリアルでは、Azure での基本的なセットアップ手順を説明しています。The tutorial Implement Oracle Data Guard on Azure walks you through the basic setup procedure on Azure.

Oracle Data Guard では、1 つの仮想マシンにプライマリ データベース、別の仮想マシンにセカンダリ データベース (待機)、そしてその間に一方向のレプリケーションセットを配置することで高可用性を実現できます。With Oracle Data Guard, high availability can be achieved with a primary database in one virtual machine, a secondary (standby) database in another virtual machine, and one-way replication set up between them. データベースのコピーへのアクセスを結果として読み込みます。The result is read access to the copy of the database. Oracle GoldenGate では、2 つのデータベース間に双方向レプリケーションを構成することができます。With Oracle GoldenGate, you can configure bi-directional replication between the two databases. これらのツールを使用してデータベース用に高可用性ソリューションを設定する方法については、Oracle の Web サイトにある Active Data Guard および GoldenGate に関する文書をご覧ください。To learn how to set up a high-availability solution for your databases using these tools, see Active Data Guard and GoldenGate documentation at the Oracle website. データベースのコピーに読み込み/書き込みアクセスをする必要がある場合は、 Oracle Active Data Guardもご利用いただけます。If you need read-write access to the copy of the database, you can use Oracle Active Data Guard.

Azure での Oracle GoldenGate の実装に関するチュートリアルでは、Azure での基本的なセットアップ手順を説明しています。The tutorial Implement Oracle GoldenGate on Azure walks you through the basic setup procedure on Azure.

Azure で高可用性と災害復旧ソリューションを設計することに加えて、データベースを復元するためのバックアップ戦略を立てる必要があります。In addition to having an HA and DR solution architected in Azure, you should have a backup strategy in place to restore your database. Oracle Database のバックアップと復旧に関するチュートリアルでは、一貫性のあるバックアップを確立するための基本的な手順を説明しています。The tutorial Backup and recover an Oracle Database walks you through the basic procedure for establishing a consistent backup.

JD Edwards のサポートSupport for JD Edwards

JD Edwards EnterpriseOne バージョン 9.2、以降は、Oracle のサポート情報 Doc ID 2178595.1 に従って、固有の Minimum Technical Requirements (MTR) を満たす すべてのパブリック クラウド ソリューション でサポートされています。According to Oracle Support note Doc ID 2178595.1, JD Edwards EnterpriseOne versions 9.2 and above are supported on any public cloud offering that meets their specific Minimum Technical Requirements (MTR). OS およびソフトウェア アプリケーションの互換性の MTR 仕様に準拠したカスタム イメージを作成する必要があります。You need to create custom images that meet their MTR specifications for OS and software application compatibility.

Oracle WebLogic Server 仮想マシン プランOracle WebLogic Server virtual machine offers

Oracle と Microsoft は、Azure アプリケーション プランのコレクションの形式で WebLogic Server を Azure Marketplace に提供するために共同作業を行っています。Oracle and Microsoft are collaborating to bring WebLogic Server to the Azure Marketplace in the form of a collection of Azure Application offers. これらのプランについては、「Oracle WebLogic Server Azure アプリケーション」で説明されています。These offers are described in the article Oracle WebLogic Server Azure Applications.

Oracle WebLogic Server 仮想マシン イメージOracle WebLogic Server virtual machine images

  • クラスタリングは Enterprise エディションでのみサポートされています。Clustering is supported on Enterprise Edition only. Oracle WebLogic Server の Enterprise Edition を使用する場合にのみ、WebLogic クラスタリングを使用するライセンスが許諾されます。You are licensed to use WebLogic clustering only when using the Enterprise Edition of Oracle WebLogic Server. Oracle WebLogic Server Standard Edition の場合、クラスタリングを使用しないでください。Do not use clustering with Oracle WebLogic Server Standard Edition.
  • UDP マルチキャストはサポートされていません。UDP multicast is not supported. Azure は UDP ユニキャストをサポートしていますが、マルチキャストとブロードキャストはサポートしていません。Azure supports UDP unicasting, but not multicasting or broadcasting. Oracle WebLogic Server は、Azure UDP ユニキャスト機能に依存できます。Oracle WebLogic Server is able to rely on Azure UDP unicast capabilities. UDP ユニキャストへの依存で最適な結果を得るには、WebLogic クラスターのサイズを静的に保つか、管理サーバーを 10 台以下に保つことをお勧めします。For best results relying on UDP unicast, we recommend that the WebLogic cluster size is kept static, or kept with no more than 10 managed servers.
  • Oracle WebLogic Server は、パブリック ポートとプライベート ポートが T3 アクセスで同じであると想定されています (たとえば、Enterprise JavaBeans を使用する場合)。Oracle WebLogic Server expects public and private ports to be the same for T3 access (for example, when using Enterprise JavaBeans). SLWLS という名前の仮想ネットワーク内で、サービスレイヤー(EJB)アプリケーションが、2 つ以上の VM で構成される Oracle WebLogic Server クラスター上で実行されている、多層シナリオを考えてみましょう。Consider a multi-tier scenario where a service layer (EJB) application is running on a Oracle WebLogic Server cluster consisting of two or more VMs, in a virtual network named SLWLS. クライアント層は同じ仮想ネットワークの別のサブネットにあり、サービス層にある EJB を呼び出すためにシンプルな Java プログラムを実行します。The client tier is in a different subnet in the same virtual network, running a simple Java program trying to call EJB in the service layer. サービス層の負荷を分散する必要があるため、負荷分散されたパブリック エンド ポイントを Oracle WebLogic Server クラスター内の仮想マシンに作成する必要があります。Because it is necessary to load balance the service layer, a public load-balanced endpoint needs to be created for the virtual machines in the Oracle WebLogic Server cluster. 指定したプライベート ポートがパブリックポート (7006:7008 など) と異なる場合、次のようなエラーが発生します。If the private port that you specify is different from the public port (for example, 7006:7008), an error such as the following occurs:
   [java] javax.naming.CommunicationException [Root exception is java.net.ConnectException: t3://example.cloudapp.net:7006:

   Bootstrap to: example.cloudapp.net/138.91.142.178:7006' over: 't3' got an error or timed out]

これは、どのリモート T3 アクセスの場合でも、Oracle WebLogic Server は、ロード バランサー ポートと WebLogic 管理サーバーのポートが同じであると想定しているためです。This is because for any remote T3 access, Oracle WebLogic Server expects the load balancer port and the WebLogic managed server port to be the same. 上記の場合、クライアントはポート 7006 (ロード バランサー ポート) へ接続し、管理サーバーは 7008 (プライベート ポート) で待機します。In the preceding case, the client is accessing port 7006 (the load balancer port) and the managed server is listening on 7008 (the private port). この制限は、HTTP ではなく T3 アクセスにのみ適用されます。This restriction is applicable only for T3 access, not HTTP.

この問題を避けるには、次の回避策のいずれかを実施してください。To avoid this issue, use one of the following workarounds:

  • T3 アクセス専用の負荷分散エンドポイントに対して、同じプライベートおよびパブリック ポート番号を使用します。Use the same private and public port numbers for load balanced endpoints dedicated to T3 access.
  • Oracle WebLogic Server の起動時に、次の JVM パラメータを含めてください。Include the following JVM parameter when starting Oracle WebLogic Server:
   -Dweblogic.rjvm.enableprotocolswitch=true

関連情報については、https://support.oracle.com にあるサポート技術情報 860340.1 をご覧ください。For related information, see KB article 860340.1 at https://support.oracle.com.

  • 動的なクラスタリングと負荷分散の制限事項。Dynamic clustering and load balancing limitations. Oracle WebLogic Server で動的クラスターを使用し、Azure 上の単一のパブリック負荷分散エンドポイントを介して、それを公開すると仮定します。Suppose you want to use a dynamic cluster in Oracle WebLogic Server and expose it through a single, public load-balanced endpoint in Azure. これは、それぞれの管理サーバーに固定のポート番号を使用し (範囲から動的に割り当てられていない)、管理者が追跡記録しているマシンより多く管理サーバーを起動しない限り、実現できます。This can be done as long as you use a fixed port number for each of the managed servers (not dynamically assigned from a range) and do not start more managed servers than there are machines the administrator is tracking. つまり、1 つの仮想マシンに対する管理サーバーが複数にならないようにします。That is, there is no more than one managed server per virtual machine). 設定の結果、起動する Oracle WebLogic Server の数が仮想マシンより多くなる場合 (つまり、複数の Oracle WebLogic Server インスタンスが同じ仮想マシンを共有する場合)、指定したポート番号に複数の Oracle WebLogic Server インスタンス サーバーをバインドすることはできません。If your configuration results in more Oracle WebLogic Servers being started than there are virtual machines (that is, where multiple Oracle WebLogic Server instances share the same virtual machine), then it is not possible for more than one of those instances of Oracle WebLogic Servers to bind to a given port number. その仮想マシン上ではその他は失敗します。The others on that virtual machine fail.

    管理サーバーに個別のポート番号を自動的に割り当てるように管理サーバーを設定した場合、負荷分散はできません。そのような設定では、単一のパブリック ポートから複数のプライベート ポートにマッピングする必要がありますが、Azure ではサポートされていないためです。If you configure the admin server to automatically assign unique port numbers to its managed servers, then load balancing is not possible because Azure does not support mapping from a single public port to multiple private ports, as would be required for this configuration.

  • 仮想マシン上の Oracle WebLogic Server の複数のインスタンス。Multiple instances of Oracle WebLogic Server on a virtual machine. デプロイ要件によりますが、仮想マシンが十分に大きい場合、同じ仮想マシン上で複数の Oracle WebLogic Server のインスタンスを実行することを検討できます。Depending on your deployment’s requirements, you might consider running multiple instances of Oracle WebLogic Server on the same virtual machine, if the virtual machine is large enough. たとえば、2 つのコアを持つ中規模のサイズの仮想マシンでは、 Oracle WebLogic Server で 2 つのインスタンスを実行できます。For example, on a medium size virtual machine, which contains two cores, you could choose to run two instances of Oracle WebLogic Server. ただし、1 つの仮想マシンで複数の Oracle WebLogic Server インスタンスを実行する場合のように、単一障害点をアーキテクチャに導入することは避けることが推奨されます。However, we still recommend that you avoid introducing single points of failure into your architecture, which would be the case if you used just one virtual machine that is running multiple instances of Oracle WebLogic Server. 2 つ以上の仮想マシンを使うほうがより優れた手法であり、各仮想マシンは複数の Oracle WebLogic Server のインスタンスを実行できるようになります。Using at least two virtual machines could be a better approach, and each virtual machine could then run multiple instances of Oracle WebLogic Server. それでもなお、Oracle WebLogic Server の各インスタンスは同じクラスターの一部にすることができます。Each instance of Oracle WebLogic Server could still be part of the same cluster. ただし、今のところ、Azure のロード バランサーを利用する場合、負荷を分散するサーバーを個別の仮想マシン間で配布する必要があるため、同じ仮想マシン内の Oracle WebLogic Server のデプロイによって公開されるエンドポイントの負荷を Azure で分散することはできません。However, it is currently not possible to use Azure to load-balance endpoints that are exposed by such Oracle WebLogic Server deployments within the same virtual machine, because Azure load balancer requires the load-balanced servers to be distributed among unique virtual machines.

Oracle JDK 仮想マシンのイメージOracle JDK virtual machine images

  • JDK 6 および 7 の最新アップデート。JDK 6 and 7 latest updates. パブリックをサポートする Java の最新バージョン (現在は Java 8) の使用を推奨していますが、Azure には JDK 6 および JDK 7 のイメージもご利用いただけます。While we recommend using the latest public, supported version of Java (currently Java 8), Azure also makes JDK 6 and 7 images available. これは JDK 8 へのアップグレードの準備が整っていない従来のアプリケーションのための対処としてです。This is intended for legacy applications that are not yet ready to be upgraded to JDK 8. 一般向けには以前の JDK イメージの一般公開は終了していますが、Microsoft と Oracle の業務提携により、Azure 提供の JDK 6 および 7 のイメージには、通常、Oracle のサポート対象顧客の選ばれたグループにのみ Oracle が提供する最近の非公開更新が含まれます。While updates to previous JDK images might no longer be available to the general public, given the Microsoft partnership with Oracle, the JDK 6 and 7 images provided by Azure are intended to contain a more recent non-public update that is normally offered by Oracle to only a select group of Oracle’s supported customers. 新しいバージョンの JDK イメージは JDK 6 および 7 の更新版がリリースされた後に利用可能になります。New versions of the JDK images will be made available over time with updated releases of JDK 6 and 7.

    JDK 6 および JDK 7 のイメージで利用可能な JDK と、そこから派生した仮想マシンおよびイメージは、Azure 内でのみ使用できます。The JDK available in the JDK 6 and 7 images, and the virtual machines and images derived from them, can only be used within Azure.

  • 64-bit JDK.64-bit JDK. Azure によって提供される Oracle WebLogic Server 仮想マシンおよび Oracle JDK 仮想マシンのイメージには、Windows Server と JDK 両方の 64 ビット版が含まれています。The Oracle WebLogic Server virtual machine images and the Oracle JDK virtual machine images provided by Azure contain the 64-bit versions of both Windows Server and the JDK.

次のステップNext steps

Microsoft Azure 内の仮想マシン イメージに基づいた現在の Oracle ソリューションの概要を理解しました。You now have an overview of current Oracle solutions based on virtual machine images in Microsoft Azure. 次の手順では、Azure で最初の Oracle データベースをデプロイします。Your next step is to deploy your first Oracle database on Azure.