Azure 上の Red Hat ワークロードRed Hat workloads on Azure

Azure では、さまざまなオファリングを通じて Red Hat ワークロードがサポートされます。Red Hat workloads are supported through a variety of offerings on Azure. Red Hat Enterprise Linux (RHEL) イメージは、Red Hat Update Infrastructure (RHUI) と同様、RHEL ワークロードの中核にあります。Red Hat Enterprise Linux (RHEL) images are at the core of RHEL workloads, as is the Red Hat Update Infrastructure (RHUI).

Red Hat Enterprise Linux イメージRed Hat Enterprise Linux images

Azure では、Azure 上の RHEL イメージについて幅広いオファリングを提供しています。Azure offers a wide offering of RHEL images on Azure. これらのイメージは、従量課金制と Bring-Your-Own-Subscription (BYOS) の 2 つの異なるライセンス モデルを通じて利用できます。These images are made available through two different licensing models: pay-as-you-go and bring-your-own-subscription (BYOS). Azure 上の新しい RHEL イメージは、新しい RHEL バージョンがリリースされたとき、および必要に応じてライフサイクル中に更新されたときに公開されます。New RHEL images on Azure are published when new RHEL versions are released and updated throughout their lifecycles, as necessary.

従量課金制イメージPay-as-you-go images

Azure には、さまざまな RHEL 従量課金制イメージが用意されています。Azure offers a variety of RHEL pay-as-you-go images. これらのイメージは、RHEL の適切なエンタイトルメントを伴い、更新プログラムのソース (Red Hat Update Infrastructure) にアタッチされています。These images come properly entitled for RHEL and are attached to a source of updates (Red Hat Update Infrastructure). これらのイメージでは、RHEL のエンタイトルメントと更新に対してプレミアム料金が請求されます。These images charge a premium fee for the RHEL entitlement and updates. RHEL 従量課金制イメージのバリエーションは次のとおりです。RHEL pay-as-you-go image variants include:

  • 標準 RHEL。Standard RHEL.
  • RHEL for SAP。RHEL for SAP.
  • 高可用性および更新サービスを備えた RHEL for SAP。RHEL for SAP with High Availability and Update Services.

個別の支払いに悩まずに適切な数のサブスクリプションを維持したい場合は、従量課金制イメージを使用することをお勧めします。You might want to use the pay-as-you-go images if you don't want to worry about paying separately for the appropriate number of subscriptions.

Red Hat Gold ImageRed Hat Gold Images

Azure には、Red Hat Gold Image (rhel-byos) も用意されています。Azure also offers Red Hat Gold Images (rhel-byos). これらのイメージは、既存の Red Hat サブスクリプションを所有していて、Azure でそれらを使用する必要があるお客様に役立ちます。These images might be useful to customers who have existing Red Hat subscriptions and want to use them in Azure. 既存の Red Hat サブスクリプションを Azure で使用するには、それらを Red Hat Cloud Access に対して有効にしておく必要があります。You're required to enable your existing Red Hat subscriptions for Red Hat Cloud Access before you can use them in Azure. これらのイメージへのアクセスは、Red Hat サブスクリプションが Cloud Access に対して有効になっていて、資格要件を満たしたときに自動的に付与されます。Access to these images is granted automatically when your Red Hat subscriptions are enabled for Cloud Access and meet the eligibility requirements. これらのイメージを使用することで、お客様は、従量課金制イメージを使用した場合に発生する可能性のある二重請求を回避できます。Using these images allows a customer to avoid double billing that might be incurred from using the pay-as-you-go images.

注意

RHEL サブスクリプションに対してユーザーが 2 回支払いを行うと、二重請求が発生します。Double billing is incurred when a user pays twice for RHEL subscriptions. このシナリオは通常、お客様が Red Hat Subscription-Manager を使用して RHEL 従量課金制 VM にエンタイトルメントをアタッチしている場合に発生します。This scenario usually happens when a customer uses Red Hat Subscription-Manager to attach an entitlement on a RHEL pay-as-you-go VM. たとえば、Subscription-Manager を使用して SAP パッケージのエンタイトルメントを RHEL 従量課金制イメージにアタッチするお客様は、RHEL に対して 2 回支払いを行うため間接的に二重に課金されます。For example, a customer who uses Subscription-Manager to attach an entitlement for SAP packages on a RHEL pay-as-you-go image is indirectly double billed because they pay twice for RHEL. つまり、従量課金制のプレミアム料金として 1 回支払い、SAP サブスクリプションを通じて 1 回支払うことになります。They pay once through the pay-as-you-go premium fee and once through their SAP subscription. このシナリオは、BYOS イメージ ユーザーには発生しません。This scenario doesn't happen to BYOS image users.

第 2 世代イメージGeneration 2 images

第 2 世代仮想マシン (VM) には、第 1 世代 VM と比較して、新しい機能がいくつか備わっています。Generation 2 virtual machines (VMs) provide some newer features compared to Generation 1 VMs. 詳細については、第 2 世代のドキュメントを参照してください。For more information, see the Generation 2 documentation. RHEL イメージの観点からの主な違いは、第 2 世代 VM では BIOS ファームウェア インターフェイスではなく UEFI を使用することです。The key difference from a RHEL image perspective is that Generation 2 VMs use a UEFI instead of BIOS firmware interface. また、ブート時にマスター ブート レコード (MBR) ではなく、GUID パーティション テーブル (GPT) を使用します。They also use a GUID Partition Table (GPT) instead of a master boot record (MBR) on boot time. 特に、GPT を使用することにより、2 TB を超える OS ディスク サイズが可能になります。Use of a GPT allows for, among other things, OS disk sizes larger than 2 TB. また、Mv2 シリーズの VM は、第 2 世代イメージでのみ実行されます。In addition, the Mv2 series VMs run only on Generation 2 images.

RHEL 第 2 世代イメージは、Azure Marketplace で入手できます。RHEL Generation 2 images are available in the Azure Marketplace. Azure CLI を使用したときに表示されるすべてのイメージの一覧で、イメージ SKU の "gen2" を探してください。Look for "gen2" in the image SKU in the list of all images that appears when you use the Azure CLI. 第 2 世代の VM をデプロイするには、VM デプロイ プロセスで [詳細] タブに移動します。Go to the Advanced tab in the VM deploy process to deploy a Generation 2 VM.

Red Hat Update InfrastructureRed Hat Update Infrastructure

Azure では、従量課金制の RHEL VM に対してのみ Red Hat Update Infrastructure が提供されます。Azure provides Red Hat Update Infrastructure only for pay-as-you-go RHEL VMs. RHUI は、実質的には Red Hat CDN のミラーですが、Azure の従量課金制 RHEL VM からのみアクセスできます。RHUI is effectively a mirror of the Red Hat CDNs but is only accessible to the Azure pay-as-you-go RHEL VMs. デプロイした RHEL イメージに応じて、適切なパッケージにアクセスできます。You have access to the appropriate packages depending on which RHEL image you've deployed. たとえば、RHEL for SAP イメージでは、ベース RHEL パッケージに加えて SAP パッケージにもアクセスできます。For example, a RHEL for SAP image has access to the SAP packages in addition to base RHEL packages.

RHUI の更新動作RHUI update behavior

RHUI に接続されている RHEL イメージは、yum update の実行時に、既定で RHEL の最新マイナー バージョンに更新されます。RHEL images connected to RHUI update by default to the latest minor version of RHEL when a yum update is run. この動作は、yum update 操作が実行された場合に RHEL 7.4 VM が RHEL 7.7 にアップグレードされる可能性があることを意味します。This behavior means that a RHEL 7.4 VM might get upgraded to RHEL 7.7 if a yum update operation is run on it. この動作は RHUI の仕様によるものです。This behavior is by design for RHUI. このアップグレード動作を抑制するには、通常の RHEL リポジトリから Extended Update Support リポジトリに切り替えます。To mitigate this upgrade behavior, switch from regular RHEL repositories to Extended Update Support repositories.

次のステップNext steps