SAP ワークロードのための IBM Db2 Azure Virtual Machines DBMS のデプロイ

Microsoft Azure を使って、IBM Db2 for Linux、UNIX、Windows (LUW) で実行されている既存の SAP アプリケーションを Azure Virtual Machines に移行できます。 SAP on IBM Db2 for LUW では、管理者および開発者は同じ開発ツールや管理ツールをオンプレミスで引き続き使用できます。 IBM Db2 for LUW 上での SAP Business Suite の実行に関する一般的な情報は、SAP on IBM Db2 for Linux, UNIX, and Windows の SAP Community Network (SCN) を通じて提供されています。

Azure での SAP on Db2 for LUW に関するその他の情報および更新については、SAP Note 2233094 を参照してください。

Azure 上の SAP ワークロードに関する、さまざまな記事が公開されています。 「Azure VM 上で SAP の使用を開始する」から始めて、他の関心がある分野について参照することをお勧めします。

次の SAP Note は、このドキュメントで扱う領域に関する SAP on Azure に関連します。

Note 番号 タイトル
1928533 SAP Applications on Azure:Supported Products and Azure VM types (Azure 上の SAP アプリケーション: サポートされる製品と Azure VM の種類)
2015553 SAP on Microsoft Azure:Support Prerequisites (Microsoft Azure 上の SAP: サポートの前提条件)
1999351 Troubleshooting Enhanced Azure Monitoring for SAP (強化された Azure Monitoring for SAP のトラブルシューティング)
2178632 Key Monitoring Metrics for SAP on Microsoft Azure (Microsoft Azure 上の SAP 用の主要な監視メトリック)
1409604 Virtualization on Windows:Enhanced Monitoring (Azure を使用した Linux での仮想化: 拡張された監視機能)
2191498 SAP on Linux with Azure:Enhanced Monitoring (Azure を使用した Linux での仮想化: 拡張された監視機能)
2233094 DB6:SAP Applications on Azure Using IBM DB2 for Linux, UNIX, and Windows - Additional Information (DB6: Linux、UNIX、および Windows 向けの IBM DB2 を使用した Azure 上の SAP アプリケーション - 追加情報)
2243692 Linux on Microsoft Azure (IaaS) VM:SAP license issues (Microsoft Azure (IaaS) VM 上の Linux: SAP ライセンスの問題)
1984787 SUSE LINUX Enterprise Server 12:インストールに関する注記
2002167 Red Hat Enterprise Linux 7.x:Installation and Upgrade (Red Hat Enterprise Linux 7.x: インストールとアップグレード)
1597355 Linux のスワップ領域に関する推奨事項

このドキュメントの前提条件として、「SAP ワークロードのための Azure Virtual Machines DBMS デプロイの考慮事項」ドキュメントと Azure 上の SAP ワークロードに関するドキュメントの中の他のガイドを読んでいる必要があります。

IBM Db2 for Linux, UNIX, and Windows バージョンのサポート

Microsoft Azure Virtual Machine サービスにおける SAP on IBM Db2 for LUW は、Db2 バージョン 10.5 の時点でサポートされています。

サポートされる SAP 製品と Azure VM の種類については、SAP Note 1928533 をご覧ください。

Azure VM で SAP をインストールするための IBM Db2 for Linux, UNIX, and Windows 構成ガイドライン

ストレージの構成

SAP ワークロード用の Azure Storage の種類の概要については、「SAP ワークロードの Azure Storage の種類」を参照してください。すべてのデータベース ファイルは、Azure ブロック ストレージのマウントされたディスクに保存する必要があります (Windows: NTFS、Linux: xfs、または ext3)。 表示されるシナリオの Azure サービスのようなリモート共有ボリュームは、Db2 データベース ファイルではサポートされていません

表示されるシナリオの Azure サービスのようなリモート共有ボリュームは、Db2 データベース ファイルでサポートされています。

  • Azure NetApp Files でホストされている NFS 共有上で、Linux ゲスト OS ベースの Db2 データとログ ファイルをホストすることはサポートされています。

SAP ワークロードのための Azure Virtual Machines DBMS のデプロイの考慮事項」に記載されているステートメントは、Azure Page BLOB Storage をベースとするディスクまたは Managed Disks を使用した Db2 DBMS のデプロイにも適用されます。

このドキュメント前半の大部分で説明したように、Azure のディスクの IOPS スループットにクォータが存在します。 正確なクォータは、使用する VM タイプによって異なります。 VM タイプとそのクォータの一覧は、こちら (Linux) およびこちら (Windows) に記載されています。

ディスクあたりの現在の IOPS クォータが十分である限り、マウントされた単一のディスクにすべてのデータベース ファイルを格納できます。 ここで、データ ファイルとトランザクション ログ ファイルは、常に異なるディスク/VHD に分離する必要があります。

パフォーマンスに関する考慮事項についても、SAP インストール ガイドの「データベース ディレクトリのデータの安全性とパフォーマンスに関する考慮事項」の章を参照してください。

または、「SAP ワークロードのための Azure Virtual Machines DBMS デプロイの考慮事項」に記載されているように、Windows 記憶域プール (Windows Server 2012 以降でのみ使用可能)、または Linux 上の LVM または mdadm を使用して、複数のディスクにまたがって 1 つの大きな論理デバイスを作成できます。

Azure M シリーズ VM で Azure 書き込みアクセラレータを使用すれば、Azure Premium Storage のパフォーマンスに比較して、トランザクション ログへの書き込み待機時間を数分の 1 に短縮できます。 そのため、Db2 のトランザクション ログ用のボリュームを形成する VHD には Azure 書き込みアクセラレータをデプロイする必要があります。 詳細については、「Azure 書き込みアクセラレータ」を参照してください。

IBM Db2 LUW 11.5 では、4 KB のセクター サイズに対するサポートがリリースされました。 ただし、db2set DB2_4K_DEVICE_SUPPORT=ON の構成設定で、11.5 の 4 KB セクター サイズの使用を有効にする必要があります(以下を参照)。

古い Db2 バージョンでは、512 バイトのセクター サイズを使用する必要があります。 Premium SSD ディスクは 4 KB ネイティブであり、512 バイト エミュレーションを備えています。 Ultra ディスクでは、既定で 4 KB のセクター サイズが使用されます。 Ultra ディスクの作成時に、512 バイトのセクター サイズを有効にすることができます。 詳細については、Azure Ultra ディスクの使用に関する記事を参照してください。 この 512 バイトのセクター サイズは、11.5 より低い IBM Db2 LUW バージョンでの前提条件です。

log_dirsapdatasaptmp ディレクトリの Db2 ストレージ パスでストレージ プールを使用する Windows では、512 バイトの物理ディスクのセクター サイズを指定する必要があります。 Windows 記憶域プールを使用する場合は、コマンド ライン インターフェイスで -LogicalSectorSizeDefault パラメーターを使用して、手動で記憶域プールを作成する必要があります。 詳細については、「New-StoragePool」を参照してください。

IBM Db2 デプロイのための VM とディスク構造に関する推奨事項

SAP NetWeaver Applications 用の IBM Db2 は、SAP サポート ノート 1928533 に記載されているすべての VM の種類でサポートされています。 IBM Db2 データベースを実行するために推奨される VM ファミリは、大規模なマルチテラバイト データベース向けの Esd_v4/Eas_v4/Es_v3 および M/M_v2 シリーズです。 M シリーズの書き込みアクセラレータを有効にすると、IBM Db2 のトランザクション ログのディスク書き込みパフォーマンスが向上する場合があります。

以下に、小さな規模から大きな規模までの、SAP on Db2 デプロイのさまざまなサイズと使用のベースライン構成を示します。 この一覧は Azure Premium Storage に基づいています。 ただし、Azure Ultra Disk は Db2 でも完全にサポートされており、同様に使用できます。 容量、バースト スループット、バースト IOPS を使用して、Ultra Disk の構成を定義します。 /db2/<SID>/log_dir の IOPS を 5000 IOPS あたりで制限できます。

極小規模の SAP システム: データベース サイズ 50 - 200 GB: 例の Solution Manager

VM 名 / サイズ Db2 マウント ポイント Azure Premium ディスク ディスクの数 IOPS スルー
プット [MB/秒]
サイズ [GB] バースト IOPS バースト スルー
プット [GB]
ストライプ サイズ キャッシュ
E4ds_v4 /db2 P6 1 240 50 64 3,500 170
vCPU: 4 /db2/<SID>/sapdata P10 2 1,000 200 256 7,000 340 256
KB
ReadOnly
RAM: 32 GiB /db2/<SID>/saptmp P6 1 240 50 128 3,500 170
/db2/<SID>/log_dir P6 2 480 100 128 7,000 340 64
KB
/db2/<SID>/offline_log_dir P10 1 500 100 128 3,500 170

小規模の SAP システム: データベース サイズ 200 - 750 GB: 小規模の Business Suite

VM 名 / サイズ Db2 マウント ポイント Azure Premium ディスク ディスクの数 IOPS スルー
プット [MB/秒]
サイズ [GB] バースト IOPS バースト スルー
プット [GB]
ストライプ サイズ キャッシュ
E16ds_v4 /db2 P6 1 240 50 64 3,500 170
vCPU: 16 /db2/<SID>/sapdata P15 4 4,400 500 1.024 14,000 680 256 KB ReadOnly
RAM: 128 GiB /db2/<SID>/saptmp P6 2 480 100 128 7,000 340 128 KB
/db2/<SID>/log_dir P15 2 2,200 250 512 7,000 340 64
KB
/db2/<SID>/offline_log_dir P10 1 500 100 128 3,500 170

中規模の SAP システム: データベース サイズ 500 - 1000 GB: 小規模の Business Suite

VM 名 / サイズ Db2 マウント ポイント Azure Premium ディスク ディスクの数 IOPS スルー
プット [MB/秒]
サイズ [GB] バースト IOPS バースト スルー
プット [GB]
ストライプ サイズ キャッシュ
E32ds_v4 /db2 P6 1 240 50 64 3,500 170
vCPU: 32 /db2/<SID>/sapdata P30 2 10,000 400 2.048 10,000 400 256 KB ReadOnly
RAM: 256 GiB /db2/<SID>/saptmp P10 2 1,000 200 256 7,000 340 128 KB
/db2/<SID>/log_dir P20 2 4,600 300 1.024 7,000 340 64
KB
/db2/<SID>/offline_log_dir P15 1 1,100 125 256 3,500 170

大規模の SAP system: データベース サイズ 750 - 2000 GB: Business Suite

VM 名 / サイズ Db2 マウント ポイント Azure Premium ディスク ディスクの数 IOPS スルー
プット [MB/秒]
サイズ [GB] バースト IOPS バースト スルー
プット [GB]
ストライプ サイズ キャッシュ
E64ds_v4 /db2 P6 1 240 50 64 3,500 170
vCPU: 64 /db2/<SID>/sapdata P30 4 20,000 800 4.096 20,000 800 256 KB ReadOnly
RAM: 504 GiB /db2/<SID>/saptmp P15 2 2,200 250 512 7,000 340 128 KB
/db2/<SID>/log_dir P20 4 9,200 600 2.048 14,000 680 64
KB
/db2/<SID>/offline_log_dir P20 1 2,300 150 512 3,500 170

大規模のマルチテラバイト SAP システム: データベース サイズ 2 TB+:Global Business Suite システム

VM 名 / サイズ Db2 マウント ポイント Azure Premium ディスク ディスクの数 IOPS スルー
プット [MB/秒]
サイズ [GB] バースト IOPS バースト スルー
プット [GB]
ストライプ サイズ キャッシュ
M128s /db2 P10 1 500 100 128 3,500 170
vCPU: 128 /db2/<SID>/sapdata P40 4 30,000 1.000 8.192 30,000 1.000 256 KB ReadOnly
RAM: 2,048 GiB /db2/<SID>/saptmp P20 2 4,600 300 1.024 7,000 340 128 KB
/db2/<SID>/log_dir P30 4 20,000 800 4.096 20,000 800 64
KB
Write-
アクセラレータ
/db2/<SID>/offline_log_dir P30 1 5,000 200 1.024 5,000 200

Azure NetApp Files の使用

Azure NetApp Files (ANF) に基づく NFS v4.1 ボリュームの使用は、Suse または Red Hat Linux ゲスト OS でホストされている IBM Db2 でサポートされています。 次のように、少なくとも 4 つの異なるボリュームを作成する必要があります。

  • saptmp1、sapmnt、usr_sap、<sid>_home、db2<sid>_home、db2_software 用の共有ボリューム
  • sapdata1 から sapdatan までのための 1 つのデータ ボリューム
  • redo ログ ディレクトリ用の 1 つのログ ボリューム
  • ログのアーカイブとバックアップ用の 1 つのボリューム

使用する可能性がある 5 つ目のボリュームとして、スナップショットを作成してスナップショットを Azure BLOB ストアに格納するために使用する、より長期的なバックアップに使用する ANF ボリュームが考えられます。

構成は、次に示すようになる場合があります。

ANF を使用した Db2 構成の例

パフォーマンス レベルと ANF でホストされるボリュームのサイズは、パフォーマンス要件に基づいて選択する必要があります。 ただし、データとログ ボリュームには Ultra Performance レベルを使用することをお勧めします。 データとログ ボリュームに、ブロック ストレージと共有ストレージの種類を組み合わせることはサポートされていません。

マウント オプションについては、これらのボリュームのマウントは、次のようになることがあります (<SID> および <sid> は、ご使用の SAP システムの SID で置換する必要があります)。

vi /etc/idmapd.conf   
 # Example
 [General]
 Domain = defaultv4iddomain.com
 [Mapping]
 Nobody-User = nobody
 Nobody-Group = nobody

mount -t nfs -o rw,hard,sync,rsize=262144,wsize=262144,sec=sys,vers=4.1,tcp 172.17.10.4:/db2shared /mnt 
mkdir -p /db2/Software /db2/AN1/saptmp /usr/sap/<SID> /sapmnt/<SID> /home/<sid>adm /db2/db2<sid> /db2/<SID>/db2_software
mkdir -p /mnt/Software /mnt/saptmp  /mnt/usr_sap /mnt/sapmnt /mnt/<sid>_home /mnt/db2_software /mnt/db2<sid>
umount /mnt

mount -t nfs -o rw,hard,sync,rsize=262144,wsize=262144,sec=sys,vers=4.1,tcp 172.17.10.4:/db2data /mnt
mkdir -p /db2/AN1/sapdata/sapdata1 /db2/AN1/sapdata/sapdata2 /db2/AN1/sapdata/sapdata3 /db2/AN1/sapdata/sapdata4
mkdir -p /mnt/sapdata1 /mnt/sapdata2 /mnt/sapdata3 /mnt/sapdata4
umount /mnt

mount -t nfs -o rw,hard,sync,rsize=262144,wsize=262144,sec=sys,vers=4.1,tcp 172.17.10.4:/db2log /mnt 
mkdir /db2/AN1/log_dir
mkdir /mnt/log_dir
umount /mnt

mount -t nfs -o rw,hard,sync,rsize=262144,wsize=262144,sec=sys,vers=4.1,tcp 172.17.10.4:/db2backup /mnt
mkdir /db2/AN1/backup
mkdir /mnt/backup
mkdir /db2/AN1/offline_log_dir /db2/AN1/db2dump
mkdir /mnt/offline_log_dir /mnt/db2dump
umount /mnt

Note

マウント オプション hard と sync が必要です

バックアップ/復元

IBM Db2 for LUW のバックアップ/復元機能は、標準の Windows Server オペレーティング システムと Hyper-V と同じ方法でサポートされています。

有効なデータベース バックアップ戦略が設定されていることを確認します。

ベア メタル デプロイメントと同様に、バックアップ/復元のパフォーマンスは、並列で読み取ることができるボリュームの数と、それらのボリュームのスループットに依存します。 さらに、バックアップの圧縮で使用される CPU 使用量は最大 8 CPU スレッドとなり、VM 上で重要な役割を果たします。 そのため、次のことを想定できます。

  • データベース デバイスの格納に使用されるディスクの数が少ないほど、読み取りの全体的なスループットは小さくなる。
  • VM の CPU スレッドの数が少ないほど、バックアップの圧縮への影響が大きくなる。
  • バックアップが書き込まれるターゲット (ストライプ ディレクトリ、ディスク) が少ないほど、スループットが低下する。

書き込まれるターゲット数を増やすには、ニーズに応じて使用または組み合わせることのできるオプションが 2 つあります。

  • 複数のディスクの上にバックアップ ターゲット ボリュームをストライピングし、そのストライピングされたボリュームの IOPS スループットを向上させる
  • バックアップの書き込み先として複数のターゲット ディレクトリを使用する

Note

Windows 上の Db2 は Windows VSS テクノロジをサポートしません。 このため、Azure Backup Service のアプリケーション整合性 VM バックアップは、Db2 DBMS が展開されている VM には使用できません。

高可用性と障害復旧

Linux Pacemaker

重要

Db2 バージョン 11.5.6 以降では、IBM の Pacemaker を使用した統合ソリューションを強くお勧めします。

Windows クラスター サーバー

Microsoft Cluster Server (MSCS) はサポートされていません。

Db2 の高可用性災害時リカバリー (HADR) がサポートされています。 HA 構成の仮想マシンで名前解決が機能している場合、Azure でのセットアップはオンプレミスで行われるセットアップとまったく変わりません。 IP 解決のみに依存することはお勧めしません。

データベース ディスクを格納するストレージ アカウントでは、geo レプリケーションを使用しないでください。 詳細については、「SAP ワークロードのための Azure Virtual Machines DBMS デプロイの考慮事項」ドキュメントを参照してください。

高速ネットワーク

Windows 上の Db2 デプロイについては、Azure Accelerated Networking に関するドキュメントで説明されている Azure Accelerated Networking の機能を使用することを強くお勧めします。 また、「SAP ワークロードのための Azure Virtual Machines DBMS デプロイの考慮事項」に記載されている推奨事項を検討してください。

Linux デプロイの特記事項

ディスクあたりの現在の IOPS クォータが十分である限り、単一のディスクにすべてのデータベース ファイルを格納できます。 ここで、データ ファイルとトランザクション ログ ファイルは、常に異なるディスクに分離する必要があります。

1 つの Azure VHD の IOPS または I/O スループットが十分でない場合は、「SAP ワークロードのための Azure Virtual Machines DBMS デプロイの考慮事項」ドキュメントに記載されているとおり、LVM (Logical Volume Manager) または MDADM を使用して複数のディスクにまたがる大きな論理ディスクを 1 つ作成できます。 Sapdata と saptmp ディレクトリに対する Db2 ストレージ パスを含むディスクについては、512 KB の物理ディスクのセクター サイズを指定する必要があります。

その他

IBM Database を使用した VM のデプロイについては、「SAP ワークロードのための Azure Virtual Machines DBMS デプロイの考慮事項」ドキュメントに記載されている、Azure 可用性セットや SAP の監視などの他のすべての一般的な領域が適用されます。

次の手順

記事を読む