Azure での SAP HANA L インスタンスの高可用性とディザスター リカバリーSAP HANA Large Instances high availability and disaster recovery on Azure

重要

このドキュメントは、SAP HANA の管理ドキュメントまたは SAP Note の代わりになるものではありません。This documentation is no replacement of the SAP HANA administration documentation or SAP Notes. このドキュメントでは、SAP HANA の管理と操作 (特にバックアップ、復元、高可用性およびディザスター リカバリーのトピック) について、読者が十分な理解と専門知識を有していることを前提としています。It's expected that the reader has a solid understanding of and expertise in SAP HANA administration and operations, especially with the topics of backup, restore, high availability, and disaster recovery.

お使いの環境、および使用する HANA のバージョンとリリースに応じた手順とプロセスを理解することが重要です。It's important that you exercise steps and processes taken in your environment and with your HANA versions and releases. このドキュメントで説明されている一部のプロセスは、一般的な情報がよく理解できるように単純化されており、最終的な操作ハンドブックのための詳細な手順として使うことは意図されていません。Some processes described in this documentation are simplified for a better general understanding and are not meant to be used as detailed steps for eventual operation handbooks. 使用する構成に対応した操作ハンドブックを作成する場合は、実際のプロセスをテストおよび練習し、特定の構成に関連するプロセスを文書化する必要があります。If you want to create operation handbooks for your configurations, you need to test and exercise your processes and document the processes related to your specific configurations.

高可用性とディザスター リカバリー (DR) は、ミッション クリティカルな SAP HANA on Azure L インスタンス サーバーを実行する場合のきわめて重要な要素です。High availability and disaster recovery (DR) are crucial aspects of running your mission-critical SAP HANA on the Azure (Large Instances) server. 適切な高可用性とディザスター リカバリー戦略をきちんと策定、実装するには、SAP、システム インテグレーター、Microsoft と協力することが重要です。It's important to work with SAP, your system integrator, or Microsoft to properly architect and implement the right high-availability and disaster recovery strategies. また、環境に固有の回復ポイントの目標 (RPO) と回復ポイントの目標を検討することも重要です。It's also important to consider the recovery point objective (RPO) and the recovery time objective, which are specific to your environment.

Microsoft では、HANA L インスタンスでいくつかの SAP HANA 高可用性手法をサポートしています。Microsoft supports some SAP HANA high-availability capabilities with HANA Large Instances. 次のような機能があります。These capabilities include:

  • ストレージ レプリケーション: すべてのデータを別の Azure リージョンの別の HANA L インスタンス スタンプにレプリケートする、ストレージ システムの機能です。Storage replication: The storage system's ability to replicate all data to another HANA Large Instance stamp in another Azure region. SAP HANA は、この手法と関係なく動作します。SAP HANA operates independently of this method. この機能は、HANA L インスタンスに対して提供されている既定のディザスター リカバリー メカニズムです。This functionality is the default disaster recovery mechanism offered for HANA Large Instances.
  • HANA システム レプリケーション: 別の SAP HANA システムへの SAP HANA の全データのレプリケーションです。HANA system replication: The replication of all data in SAP HANA to a separate SAP HANA system. 目標復旧時間は、一定の間隔で実行されるデータ レプリケーションによって最小限に抑えられます。The recovery time objective is minimized through data replication at regular intervals. SAP HANA では、非同期、メモリ内同期、および同期 の各モードがサポートされています。SAP HANA supports asynchronous, synchronous in-memory, and synchronous modes. 同期モードは、同じデータ センター内または 100 km 未満の距離のデータ センター内の SAP HANA システムにのみ使用されます。Synchronous mode is used only for SAP HANA systems that are within the same datacenter or less than 100 km apart. HANA L インスタンス スタンプの現在の設計では、HANA システム レプリケーションは 1 つのリージョンだけの高可用性を実現するために利用することができます。With the current design of HANA Large Instance stamps, HANA system replication can be used for high availability within one region only. HANA システム レプリケーションには、別の Azure リージョンへのディザスター リカバリー構成に対応するサード パーティのリバース プロキシ コンポーネントまたはルーティング コンポーネントが必要です。HANA system replication requires a third-party reverse proxy or routing component for disaster recovery configurations into another Azure region.
  • ホストの自動フェールオーバー: SAP HANA が HANA システム レプリケーションの代わりに使用するローカル障害復旧ソリューションです。Host auto-failover: A local fault-recovery solution for SAP HANA that's an alternative to HANA system replication. マスター ノードが使用できなくなると、1 つ以上のスタンバイ SAP HANA ノードがスケールアウト モードで構成され、SAP HANA がスタンバイ ノードに自動的にフェールオーバーされます。If the master node becomes unavailable, you configure one or more standby SAP HANA nodes in scale-out mode, and SAP HANA automatically fails over to a standby node.

SAP HANA on Azure (L インスタンス) は、4 つの地政学的地域 (米国、オーストラリア、ヨーロッパ、2 本) を対象とする 2 つの Azure リージョンで提供されます。SAP HANA on Azure (Large Instances) is offered in two Azure regions in four geopolitical areas (US, Australia, Europe, and Japan). HANA L インスタンス スタンプをホストする地政学的地域内の 2 つのリージョンは、個別の専用ネットワーク回線に接続されます。Two regions within a geopolitical area that host HANA Large Instance stamps are connected to separate dedicated network circuits. これらは、ストレージのスナップショットをレプリケートしてディザスター リカバリーの手段を提供するために使用されます。These are used for replicating storage snapshots to provide disaster recovery methods. レプリケーションは既定では確立されず、ディザスター リカバリー機能を指定したお客様に対して設定されます。The replication is not established by default but is set up for customers who order disaster recovery functionality. ストレージ レプリケーションは、HANA L インスタンスのストレージ スナップショットの使用に依存します。Storage replication is dependent on the usage of storage snapshots for HANA Large Instances. 別の地政学的領域内の Azure リージョンを DR リージョンとして選択することはできません。It's not possible to choose an Azure region as a DR region that is in a different geopolitical area.

現在サポートされている高可用性とディザスター リカバリーの手段およびその組み合わせを次の表に示します。The following table shows the currently supported high availability and disaster recovery methods and combinations:

HANA L インスタンスでサポートされるシナリオScenario supported in HANA Large Instances 高可用性オプションHigh availability option ディザスター リカバリー オプションDisaster recovery option 説明Comments
単一ノードSingle node 使用できません。Not available. 専用 DR セットアップ。Dedicated DR setup.
多目的 DR セットアップ。Multipurpose DR setup.
自動フェールオーバーのホスト: スケールアウト (スタンバイの有無にかかわらず)Host auto-failover: Scale-out (with or without standby)
(1 + 1 を含む)including 1+1
アクティブ ロールを担うスタンバイで可能。Possible with the standby taking the active role.
HANA がロールの切り替えを制御。HANA controls the role switch.
専用 DR セットアップ。Dedicated DR setup.
多目的 DR セットアップ。Multipurpose DR setup.
ストレージ レプリケーションを使用した DR 同期。DR synchronization by using storage replication.
HANA ボリューム セットはすべてのノードに接続。HANA volume sets are attached to all the nodes.
DR サイトに同じ数のノードが必要。DR site must have the same number of nodes.
HANA システム レプリケーションHANA system replication プライマリまたはセカンダリ セットアップで可能。Possible with primary or secondary setup.
フェールオーバーが発生した場合にセカンダリがプライマリ ロールに移行。Secondary moves to primary role in a failover case.
HANA システム レプリケーションと OS 制御のフェールオーバー。HANA system replication and OS control failover.
専用 DR セットアップ。Dedicated DR setup.
多目的 DR セットアップ。Multipurpose DR setup.
ストレージ レプリケーションを使用した DR 同期。DR synchronization by using storage replication.
HANA システム レプリケーションを使用した DR はサード パーティのコンポーネントがないとまだ不可能。DR by using HANA system replication is not yet possible without third-party components.
各ノードに接続された個別のディスク ボリューム セット。Separate set of disk volumes are attached to each node.
DR の場所にレプリケートされるのは、実稼働サイトのセカンダリ レプリカのディスク ボリュームのみ。Only disk volumes of secondary replica in the production site get replicated to the DR location.
DR サイトにボリューム セットが 1 つ必要。One set of volumes is required at the DR site.

専用 DR セットアップは、DR サイトの HANA L インスタンス ユニットが他のワークロードや非実稼働システムの実行には使用されないセットアップです。A dedicated DR setup is where the HANA Large Instance unit in the DR site is not used for running any other workload or non-production system. ユニットはパッシブであり、障害時のフェールオーバーが実行されたときにのみデプロイされます。The unit is passive and is deployed only if a disaster failover is executed. ただし、このセットアップは多くのお客様にお勧めする方法ではありません。Though, this setup is not a preferred choice for many customers.

ご使用のアーキテクチャのストレージ レイアウトとイーサネットの詳細については、HLI でサポートされるシナリオに関する記事を参照してください。Refer HLI supported scenarios to learn storage layout and ethernet details for your architecture.

注意

オーバーレイ シナリオとしての SAP HANA の MCOD デプロイ (1 つのユニットに複数の HANA Instances) は、表に一覧で示されている HA と DR の方法で機能します。SAP HANA MCOD deployments (multiple HANA Instances on one unit) as overlaying scenarios work with the HA and DR methods listed in the table. 例外は、Pacemaker に基づく自動フェールオーバー クラスターを備えた HANA システム レプリケーションを使う場合です。An exception is the use of HANA System Replication with an automatic failover cluster based on Pacemaker. このような場合は、ユニットごとにサポートされる HANA インスタンスは 1 つのみです。Such a case only supports one HANA instance per unit. SAP HANA MDC デプロイでは、複数のテナントがデプロイされる場合、非ストレージ ベースの HA および DR の方法のみが機能します。For SAP HANA MDC deployments, only non-storage-based HA and DR methods work if more than one tenant is deployed. 1 つのテナントがデプロイされる場合は、一覧のすべての方法が有効です。With one tenant deployed, all methods listed are valid.

多目的 DR セットアップは、DR サイト上の HANA L インスタンス ユニットが非実稼働ワークロードを実行するセットアップです。A multipurpose DR setup is where the HANA Large Instance unit on the DR site runs a non-production workload. 障害発生時には、非運用システムをシャットダウンし、ストレージでレプリケートされた (追加の) ボリューム セットをマウントしてから、HANA 運用インスタンスを起動します。In case of disaster, shut down the non-production system, mount the storage-replicated (additional) volume sets, and then start the production HANA instance. HANA L インスタンスのディザスター リカバリー機能を使用するお客様の多くが、この構成を使用しています。Most customers who use the HANA Large Instance disaster recovery functionality use this configuration.

SAP HANA の高可用性の詳細については、SAP の次の記事を参照してください。You can find more information on SAP HANA high availability in the following SAP articles:

HANA L インスタンスでのディザスター リカバリーのネットワークに関する考慮事項Network considerations for disaster recovery with HANA Large Instances

HANA L インスタンスのディザスター リカバリー機能を利用するには、2 つの Azure リージョンへのネットワーク接続を設計する必要があります。To take advantage of the disaster recovery functionality of HANA Large Instances, you need to design network connectivity to the two Azure regions. また、オンプレミスからメイン Azure リージョンへの Azure ExpressRoute 回線接続のほか、オンプレミスからディザスター リカバリーを行うリージョンへの回線接続が必要になります。You need an Azure ExpressRoute circuit connection from on-premises in your main Azure region, and another circuit connection from on-premises to your disaster recovery region. この方法では、Microsoft Enterprise Edge Router (MSEE) の場所を含め、Azure リージョンで問題が発生した状況に対処できます。This measure covers a situation in which there's a problem in an Azure region, including a Microsoft Enterprise Edge Router (MSEE) location.

2 つ目の方法として、1 つのリージョンの SAP HANA on Azure L インスタンスに接続するすべての Azure Virtual Network を、もう一方のリージョンの HANA L インスタンスに接続する ExpressRoute 回線に接続できます。As a second measure, you can connect all Azure virtual networks that connect to SAP HANA on Azure (Large Instances) in one region to an ExpressRoute circuit that connects HANA Large Instances in the other region. この 相互接続 により、リージョン 1 の Azure Virtual Network で実行されているサービスがリージョン 2 の HANA L インスタンス ユニットに接続することができ、その逆も可能になります。With this cross connect, services running on an Azure virtual network in Region 1 can connect to HANA Large Instance units in Region 2, and the other way around. この方法では、オンプレミスの場所を Azure と接続する MSEE の場所のいずれか 1 つのみがオフラインになった場合に対処できます。This measure addresses a case in which only one of the MSEE locations that connects to your on-premises location with Azure goes offline.

次の図では、ディザスター リカバリーの場合の回復性に優れた構成を示します。The following graphic illustrates a resilient configuration for disaster recovery cases:

障害復旧に最適な構成

ディザスター リカバリーに HANA L インスタンスのストレージ レプリケーションを使用する際のその他の要件Other requirements with HANA Large Instances storage replication for disaster recovery

HANA L インスタンスでのディザスター リカバリー セットアップについては、上記の要件以外に次の要件があります。In addition to the preceding requirements for a disaster recovery setup with HANA Large Instances, you must:

  • 製品 SKU と同じサイズの SAP HANA on Azure L インスタンス SKU を指定し、ディザスター リカバリー リージョンにデプロイする必要があります。Order SAP HANA on Azure (Large Instances) SKUs of the same size as your production SKUs and deploy them in the disaster recovery region. 現在の顧客デプロイでは、これらのインスタンスを使用して HANA 非実稼働インスタンスを実行しています。In the current customer deployments, these instances are used to run non-production HANA instances. これらの構成は、"多目的 DR セットアップ" と呼ばれます。These configurations are referred to as multipurpose DR setups.

  • ディザスター リカバリー サイトで復旧する SAP HANA on Azure (L インスタンス) SKU ごとに、DR サイトの追加のストレージを指定する必要があります。Order additional storage on the DR site for each of your SAP HANA on Azure (Large Instances) SKUs that you want to recover in the disaster recovery site. 追加のストレージを購入すると、ストレージ ボリュームを割り当てることができます。Buying additional storage lets you allocate the storage volumes. 運用 Azure リージョンからディザスター リカバリー Azure リージョンへのストレージ レプリケーションのターゲットとなるボリュームを割り当てることができます。You can allocate the volumes that are the target of the storage replication from your production Azure region into the disaster recovery Azure region.

  • プライマリで HSR をセットアップし、DR サイトへのストレージ ベースのレプリケーションをセットアップする場合は、DR サイトにストレージを追加購入して、プライマリ ノードとセカンダリ ノードの両方のデータが DR サイトにレプリケートされるようにする必要があります。In the case, where you have HSR setup on primary, and you setup storage based replication to the DR site, you must purchase additional storage at the DR site so both primary and secondary nodes data gets replicated to the DR site.

    次の手順Next steps

  • バックアップおよび復元作業」を参照してください。Refer Backup and restore.