SAP HANA Azure 仮想マシンのストレージ構成SAP HANA Azure virtual machine storage configurations

Azure は、SAP HANA を実行する Azure VM に適した、異なる種類のストレージを提供します。Azure provides different types of storage that are suitable for Azure VMs that are running SAP HANA. SAP HANA のデプロイのために検討できる SAP HANA 認定の Azure ストレージの種類 は次のとおりです。The SAP HANA certified Azure storage types that can be considered for SAP HANA deployments list like:

これらのディスクの種類の詳細については、「SAP ワークロードの Azure Storage の種類」とディスクの種類の選択に関する記事をご覧ください。To learn about these disk types, see the article Azure Storage types for SAP workload and Select a disk type

Azure では、Azure Standard および Premium Storage の 2 つの VHD デプロイ方法を提供しています。Azure offers two deployment methods for VHDs on Azure Standard and premium storage. Azure ブロック ストレージのデプロイには、Azure マネージド ディスクのご利用をお勧めします。We expect you to take advantage of Azure managed disk for Azure block storage deployments.

ストレージの種類と、IOPS およびストレージ スループットの SLA の一覧については、マネージド ディスクに関する Azure ドキュメントをご覧ください。For a list of storage types and their SLAs in IOPS and storage throughput, review the Azure documentation for managed disks.

重要

選択した Azure ストレージの種類に関係なく、そのストレージで使用されるファイル システムは、特定のオペレーティング システムと DBMS 向けに SAP でサポートされている必要があります。Independent of the Azure storage type chosen, the file system that is used on that storage needs to be supported by SAP for the specific operating system and DBMS. SAP サポート ノート #2972496 には、SAP HANA を含むさまざまなオペレーティング システムとデータベースでサポートされるファイル システムの一覧が示されています。SAP support note #2972496 lists the supported file systems for different operating systems and databases, including SAP HANA. これは、任意のタスクの読み取りと書き込みのために SAP HANA がアクセスする可能性があるすべてのボリュームに適用されます。This applies to all volumes SAP HANA might access for reading and writing for whatever task. 特に Azure for SAP HANA で NFS を使用する場合は、この記事で後述するように、NFS バージョンに関する追加の制限が適用されますSpecifically using NFS on Azure for SAP HANA, additional restrictions of NFS versions apply as stated later in this article

各種ストレージにおける SAP HANA 認定の最低条件は次のとおりです。The minimum SAP HANA certified conditions for the different storage types are:

  • Azure Premium Storage - /hana/log は、Azure 書き込みアクセラレータでサポートされている必要があります。Azure premium storage - /hana/log is required to be supported by Azure Write Accelerator. /hana/data ボリュームは、Azure 書き込みアクセラレータなしで Premium Storage に配置することも、Ultra Disk に配置することもできます。The /hana/data volume could be placed on premium storage without Azure Write Accelerator or on Ultra disk
  • /hana/log ボリュームには、少なくとも Azure Ultra Disk が必要です。Azure Ultra disk at least for the /hana/log volume. /hana/data ボリュームは、Azure 書き込みアクセラレータなしで Premium Storage に配置できます。また、再起動時間を短縮するために Ultra Disk に配置することもできます。The /hana/data volume can be placed on either premium storage without Azure Write Accelerator or in order to get faster restart times Ultra disk
  • /hana/log および /hana/data には、Azure NetApp Files 上の NFS v4.1 ボリュームを使用します。NFS v4.1 volumes on top of Azure NetApp Files for /hana/log and /hana/data. /hana/shared のボリュームでは、NFS v3 または NFS v4.1 プロトコルを使用できます。The volume of /hana/shared can use NFS v3 or NFS v4.1 protocol

ストレージの種類によっては、組み合わせることができます。Some of the storage types can be combined. たとえば、 /hana/data を Premium Storage に配置し、必要な低遅延を確保するために、 /hana/log を Ultra Disk ストレージに配置できます。For example, it is possible to put /hana/data onto premium storage and /hana/log can be placed on Ultra disk storage in order to get the required low latency. /hana/data に ANF に基づくボリュームを使用する場合は、 /hana/log ボリュームも、ANF 上の NFS に基づく必要があります。If you use a volume based on ANF for /hana/data, /hana/log volume needs to be based on NFS on top of ANF as well. 一方のボリューム (/hana/data など) に ANF 上の NFS を使用し、もう一方のボリューム ( /hana/log など) に Azure Premium Storage または Ultra Disk を使用することは サポートされていませんUsing NFS on top of ANF for one of the volumes (like /hana/data) and Azure premium storage or Ultra disk for the other volume (like /hana/log) is not supported.

オンプレミスでは、I/O サブシステムとその機能を気にする必要はほとんどありませんでした。In the on-premises world, you rarely had to care about the I/O subsystems and its capabilities. SAP HANA に対する最低限のストレージ要件が満たされていることを、アプライアンスのベンダーが保証する必要があったためです。Reason was that the appliance vendor needed to make sure that the minimum storage requirements are met for SAP HANA. Azure インフラストラクチャを自身でビルドする場合は、これらの SAP が発行した要件の一部に注意する必要があります。As you build the Azure infrastructure yourself, you should be aware of some of these SAP issued requirements. SAP が推奨している最小スループット特性の一部を次に示します。Some of the minimum throughput characteristics that SAP is recommending, are:

  • I/O サイズが 1 MB の /hana/log での、250 MB/秒の読み取り/書き込みRead/write on /hana/log of 250 MB/sec with 1 MB I/O sizes
  • I/O サイズが 16 MB および 64 MB の /hana/data での、少なくとも 400 MB/秒の読み取りアクティビティRead activity of at least 400 MB/sec for /hana/data for 16 MB and 64 MB I/O sizes
  • I/O サイズが 16 MB および 64 MB の /hana/data での、少なくとも 250 MB/秒の書き込みアクティビティWrite activity of at least 250 MB/sec for /hana/data with 16 MB and 64 MB I/O sizes

DBMS システムではストレージの待ち時間が短いことが重要であるため、SAP HANA のようなシステムでもデータをメモリ内に保持します。Given that low storage latency is critical for DBMS systems, even as DBMS, like SAP HANA, keep data in-memory. 通常、ストレージのクリティカル パスは、DBMS システムのトランザクション ログの書き込みの周辺にあります。The critical path in storage is usually around the transaction log writes of the DBMS systems. しかし、クラッシュ復旧後のセーブポイントの書き込みやメモリ内のデータの読み込みなどの操作も重要である場合があります。But also operations like writing savepoints or loading data in-memory after crash recovery can be critical. そのため、 /hana/data および /hana/log ボリュームには、Azure Premium Storage、Ultra Disk、または ANF を利用することが 必須 となります。Therefore, it is mandatory to leverage Azure premium storage, Ultra disk, or ANF for /hana/data and /hana/log volumes.

HANA のストレージ構成を選択する際の基本原則は次のとおりです。Some guiding principles in selecting your storage configuration for HANA can be listed like:

  • SAP ワークロードの Azure Storage の種類」およびディスクの種類の選択に関する記事に基づいて、ストレージの種類を決定します。Decide on the type of storage based on Azure Storage types for SAP workload and Select a disk type
  • VM のサイズ設定や決定を行うときは、VM の全体的な I/O スループットと IOPS の上限を考慮します。The overall VM I/O throughput and IOPS limits in mind when sizing or deciding for a VM. VM の全体的なストレージ スループットについては、「メモリ最適化済み仮想マシンのサイズ」をご覧ください。Overall VM storage throughput is documented in the article Memory optimized virtual machine sizes
  • ストレージ構成を決定するときは、 /hana/data ボリューム構成で VM の全体的なスループットの上限を超えないようにします。When deciding for the storage configuration, try to stay below the overall throughput of the VM with your /hana/data volume configuration. セーブポイントの書き込みにより、SAP HANA は I/O を積極的に発行できます。Writing savepoints, SAP HANA can be aggressive issuing I/Os. セーブポイントを書き込むと、 /hana/data ボリュームのスループットの上限にすぐに達する可能性があります。It is easily possible to push up to throughput limits of your /hana/data volume when writing a savepoint. /hana/data ボリュームが構築されているディスクのスループットが、VM で許可されるスループットよりも高い場合、セーブポイントの書き込みで使用されるスループットが、再実行ログ書き込みのスループット要求の妨げとなる状況に陥る可能性があります。If your disk(s) that build the /hana/data volume have a higher throughput than your VM allows, you could run into situations where throughput utilized by the savepoint writing is interfering with throughput demands of the redo log writes. アプリケーションのスループットに影響を与える可能性のある状況A situation that can impact the application throughput

重要

ストレージ構成の提案は、最初の方向性を示すことを目的としています。The suggestions for the storage configurations are meant as directions to start with. ワークロードを実行し、ストレージの使用パターンを分析すると、提供されているストレージ帯域幅または IOPS をすべて使用しているわけではないことに気付く場合があります。Running workload and analyzing storage utilization patterns, you might realize that you are not utilizing all the storage bandwidth or IOPS provided. その場合は、ストレージのダウンサイジングを検討してください。You might consider downsizing on storage then. 逆に、これらの構成で推奨されているストレージ スループットよりも多くのスループットがワークロードに必要な場合もあります。Or in contrary, your workload might need more storage throughput than suggested with these configurations. その結果、より多くの容量、IOPS、またはスループットをデプロイすることが必要となります。As a result, you might need to deploy more capacity, IOPS or throughput. 必要なストレージ容量、必要なストレージ待ち時間、必要なストレージ スループットと IOPS、最も安価な構成のバランスの面で、ユーザーと HANA ワークロードにとって適切な妥協点を見つけ、それに合わせて調整できるように、Azure には機能や価格がそれぞれ異なるさまざまなストレージの種類が用意されています。In the field of tension between storage capacity required, storage latency needed, storage throughput and IOPS required and least expensive configuration, Azure offers enough different storage types with different capabilities and different price points to find and adjust to the right compromise for you and your HANA workload.

ストライプ セットと SAP HANA データ ボリュームのパーティション分割Stripe sets versus SAP HANA data volume partitioning

Azure Premium Storage を使用すると、複数の Azure ディスクにわたって /hana/data または /hana/log ボリューム、またはその両方をストライピングするときに、最適な価格/パフォーマンス比に達しない場合があります。Using Azure premium storage you may hit the best price/performance ratio when you stripe the /hana/data and/or /hana/log volume across multiple Azure disks. より大きなディスク ボリュームをデプロイするほど、必要な IOPS またはスループットが増え、そうしなくて済みます。Instead of deploying larger disk volumes that provide the more on IOPS or throughput needed. これまでは、Linux の一部である LVM と MDADM ボリューム マネージャーを使用することで、これが実現されていました。So far this was accomplished with LVM and MDADM volume managers which are part of Linux. ディスクをストライピングする方法は、数十年間使用され、よく知られています。The method of striping disks is decades old and well known. これらのストライプ ボリュームは、必要になる可能性のある IOPS またはスループットの能力を利用できるようになるためにメリットがありますが、これらのストライプ ボリュームの管理に関しては複雑さが増します。As beneficial as those striped volumes are to get to the IOPS or throughput capabilities you may need, it adds complexities around managing those striped volumes. ボリュームの容量に拡張する必要がある場合は特にそうなります。Especially in cases when the volumes need to get extended in capacity. 少なくとも /hana/data に対しては、SAP は複数の Azure ディスクにまたがるストライピングと同じ目標を達成する代替方法を導入しました。At least for /hana/data, SAP introduced an alternative method that achieves the same goal as striping across multiple Azure disks. SAP HANA 2.0 SPS03 以降、HANA IndexServer は、さまざまな Azure ディスクに配置されている複数の HANA データ ファイル間で I/O アクティビティをストライピングできます。Since SAP HANA 2.0 SPS03, the HANA indexserver is able to stripe its I/O activity across multiple HANA data files which are located on different Azure disks. この利点は、複数の Azure ディスクにまたがるストライプ ボリュームの作成と管理を行う必要がないことです。The advantage is that you don't have to take care of creating and managing a striped volume across different Azure disks. データ ボリュームのパーティション分割の SAP HANA 機能の詳細については、次を参照してください。The SAP HANA functionality of data volume partitioning is described in detail in:

詳細を読むと、この機能を利用することで、ボリューム マネージャー ベースのストライプ セットの複雑さが解消されることが明らかになります。Reading through the details, it is apparent that leveraging this functionality takes away complexities of volume manager based stripe sets. また、HANA データ ボリュームのパーティション分割は、Azure Premium Storage のような Azure ブロック ストレージに対して機能するだけでないこともわかります。You also realize that the HANA data volume partitioning is not only working for Azure block storage, like Azure premium storage. この機能は、これらの共有に IOPS またはスループットの制限がある場合に備えて、NFS 共有間でストライピングするためにも使用できます。You can use this functionality as well to stripe across NFS shares in case these shares have IOPS or throughput limitations.

Linux I/O Scheduler モードLinux I/O Scheduler mode

Linux には、数種類の I/O スケジューリング モードがあります。Linux has several different I/O scheduling modes. Linux ベンダーおよび SAP が一般的に推奨しているのは、ディスク ボリュームの I/O スケジューラ モードを mq-deadline または kyber モードから noop モード (マルチ キュー以外) または none モード (マルチ キューの場合) に再構成することです (SLES saptune プロファイルでまだ行っていない場合)。Common recommendation through Linux vendors and SAP is to reconfigure the I/O scheduler mode for disk volumes from the mq-deadline or kyber mode to the noop (non-multiqueue) or none for (multiqueue) mode if not done yet by the SLES saptune profiles. 詳細については、次を参照してください。Details are referenced in:

Red Hat では、さまざまな SAP アプリケーションの特定のチューニング プロファイルによって確立されたとおりの設定にします。On Red Hat, leave the settings as established by the specific tune profiles for the different SAP applications.

Azure M シリーズ仮想マシン用の Azure 書き込みアクセラレータおよび Premium Storage を使用するソリューションSolutions with premium storage and Azure Write Accelerator for Azure M-Series virtual machines

Azure 書き込みアクセラレータは、Azure M シリーズ VM 専用に提供される機能です。Azure Write Accelerator is a functionality that is available for Azure M-Series VMs exclusively. 名前が示すように、この機能の目的は、Azure Premium Storage に対する書き込みの I/O 待ち時間を短縮することです。As the name states, the purpose of the functionality is to improve I/O latency of writes against the Azure premium storage. SAP HANA の場合、書き込みアクセラレータは /hana/log ボリュームに対してのみ使用する必要があります。For SAP HANA, Write Accelerator is supposed to be used against the /hana/log volume only. したがって、 /hana/data/hana/log は別々のボリュームであり、Azure 書き込みアクセラレータは /hana/log ボリュームのみをサポートします。Therefore, the /hana/data and /hana/log are separate volumes with Azure Write Accelerator supporting the /hana/log volume only.

重要

Azure Premium Storage を使用する場合、 /hana/log ボリュームに Azure 書き込みアクセラレータを使用することが必須となります。When using Azure premium storage, the usage of Azure Write Accelerator for the /hana/log volume is mandatory. 書き込みアクセラレータは、Premium Storage と、M シリーズおよび Mv2 シリーズの VM でのみ使用できます。Write Accelerator is available for premium storage and M-Series and Mv2-Series VMs only. 書き込みアクセラレータは、Esv3 や Edsv4 などの他の Azure VM ファミリとの組み合わせでは機能しません。Write Accelerator is not working in combination with other Azure VM families, like Esv3 or Edsv4.

Azure Premium Disk のキャッシュに関する下記の推奨事項は、次のような SAP HANA の I/O 特性を前提としています。The caching recommendations for Azure premium disks below are assuming the I/O characteristics for SAP HANA that list like:

  • HANA データ ファイルに対する読み取りワークロードはほとんどありません。There hardly is any read workload against the HANA data files. 例外は、HANA インスタンスの再開後や、データが HANA に読み込まれたときの、大きなサイズの I/O です。Exceptions are large sized I/Os after restart of the HANA instance or when data is loaded into HANA. データ ファイルに対する大きな読み取り I/O の別のケースとして、HANA データベースのバックアップがあり得ます。Another case of larger read I/Os against data files can be HANA database backups. 結果として、大部分のケースではすべてのデータ ファイル ボリュームを完全に読み取る必要があるため、読み取りキャッシュはほとんど意味がありません。As a result read caching mostly does not make sense since in most of the cases, all data file volumes need to be read completely.
  • データ ファイルに対する書き込みは、HANA セーブポイントと HANA クラッシュ復旧に基づいてバーストで発生します。Writing against the data files is experienced in bursts based by HANA savepoints and HANA crash recovery. セーブポイントの書き込みは非同期であり、どのユーザー トランザクションも保持されません。Writing savepoints is asynchronous and are not holding up any user transactions. クラッシュ復旧中のデータの書き込みは、システムの応答性を再び向上させるためにパフォーマンス クリティカルです。Writing data during crash recovery is performance critical in order to get the system responding fast again. ただし、クラッシュ復旧はどちらかといえば例外的な状況です。However, crash recovery should be rather exceptional situations
  • HANA redo ファイルからの読み取りはほとんどありません。There are hardly any reads from the HANA redo files. 例外は、トランザクション ログ バックアップやクラッシュ復旧の実行時、または HANA インスタンスの再開フェーズでの大きなサイズの I/O です。Exceptions are large I/Os when performing transaction log backups, crash recovery, or in the restart phase of a HANA instance.
  • SAP HANA redo ログ ファイルに対する主な負荷は書き込みです。Main load against the SAP HANA redo log file is writes. ワークロードの性質に応じて、I/O サイズを 4 KB まで小さくしたり、1 MB 以上の I/O サイズにできます。Dependent on the nature of workload, you can have I/Os as small as 4 KB or in other cases I/O sizes of 1 MB or more. SAP HANA redo ログに対する書き込み待機時間はパフォーマンス クリティカルです。Write latency against the SAP HANA redo log is performance critical.
  • すべての書き込みを信頼性の高い方法でディスク上に保存する必要があります。All writes need to be persisted on disk in a reliable fashion

推奨事項:SAP HANA で確認されたこれらの I/O パターンの結果として、Azure Premium Storage を使用したさまざまなボリュームのキャッシュは、次のように設定する必要があります。Recommendation: As a result of these observed I/O patterns by SAP HANA, the caching for the different volumes using Azure premium storage should be set like:

  • /hana/data - キャッシュおよび読み取りキャッシュなし/hana/data - no caching or read caching
  • /hana/log - キャッシュなし - M シリーズおよび Mv2 シリーズの VM の場合は例外 (Azure 書き込みアクセラレータを有効にする必要がある)/hana/log - no caching - exception for M- and Mv2-Series VMs where Azure Write Accelerator should be enabled
  • /hana/shared - 読み取りキャッシュ/hana/shared - read caching
  • OS ディスク - VM の作成時に Azure によって設定される既定のキャッシュを変更しないOS disk - don't change default caching that is set by Azure at creation time of the VM

LVM または mdadm を使用して、複数の Azure Premium ディスクにまたがるストライプ セットを構築する場合は、ストライプ サイズを定義する必要があります。If you are using LVM or mdadm to build stripe sets across several Azure premium disks, you need to define stripe sizes. これらのサイズは、 /hana/data/hana/log で異なります。These sizes differ between /hana/data and /hana/log. 推奨事項:ストライプ サイズとして、以下を使用することをお勧めします。Recommendation: As stripe sizes the recommendation is to use:

  • /hana/data の場合は 256 KB256 KB for /hana/data
  • /hana/log の場合は 64 KB64 KB for /hana/log

注意

/hana/data のストライプ サイズは、最新の Linux バージョンでのカスタマー エクスペリエンスに基づいて、64 KB または 128 KB を求めていた以前の推奨事項から 256 KB に変更されました。The stripe size for /hana/data got changed from earlier recommendations calling for 64 KB or 128 KB to 256 KB based on customer experiences with more recent Linux versions. 256 KB のサイズではパフォーマンスが少し向上します。The size of 256 KB is providing slightly better performance. I/O サイズを大きくして十分なスループットを得るために、 /hana/log の推奨ストライプ サイズも 32 KB から 64 KB に変更されました。We also changed the recommendation for stripe sizes of /hana/log from 32 KB to 64 KB in order to get enough throughput with larger I/O sizes.

注意

Azure ブロック ストレージでは VHD の 3 つのイメージが保持されるので、RAID ボリュームを使用して冗長レベルを構成する必要はありません。You don't need to configure any redundancy level using RAID volumes since Azure block storage keeps three images of a VHD. Azure Premium ディスクでのストライプ セットの使用は、十分な IOPS や I/O スループットを提供するボリュームの構成のみを目的としています。The usage of a stripe set with Azure premium disks is purely to configure volumes that provide sufficient IOPS and/or I/O throughput.

ストライプ セットの下の Azure VHD の数を増やすと、IOPS とストレージ スループットが累積されます。Accumulating a number of Azure VHDs underneath a stripe set, is accumulative from an IOPS and storage throughput side. そのため、3 つの Azure Premium Storage P30 ディスクでストライプ セットを構成した場合、1 つの Azure Premium Storage P30 ディスクの 3 倍の IOPS と 3 倍のストレージ スループットが得られます。So, if you put a stripe set across over 3 x P30 Azure premium storage disks, it should give you three times the IOPS and three times the storage throughput of a single Azure premium Storage P30 disk.

重要

LVM または mdadm をボリューム マネージャーとして使用して、複数の Azure Premium ディスクにまたがるストライプ セットを作成する場合は、SAP HANA ファイルシステムの /data、/log、/shared の 3 つを既定またはルート ボリューム グループに配置しないでください。In case you are using LVM or mdadm as volume manager to create stripe sets across multiple Azure premium disks, the three SAP HANA FileSystems /data, /log and /shared must not be put in a default or root volume group. 通常は、/data、/log、および /shared 用に個々のボリューム グループを作成するという Linux ベンダーのガイダンスに従うことを強くお勧めします。It is highly recommended to follow the Linux Vendors guidance which is typically to create individual Volume Groups for /data, /log and /shared.

Premium Storage の Azure バースト機能Azure burst functionality for premium storage

容量が 512 GiB 以下の Azure Premium Storage ディスクの場合、バースト機能が提供されます。For Azure premium storage disks smaller or equal to 512 GiB in capacity, burst functionality is offered. ディスク バーストの動作の詳細については、「ディスク バースト」をご覧ください。The exact way how disk bursting works is described in the article Disk bursting. この記事を読むと、I/O ワークロードがディスクの公称 IOPS およびスループットを下回っているときの、IOPS とスループットの蓄積の概念を理解できます (公称スループットの詳細については、「Managed Disks の価格」をご覧ください)。When you read the article, you understand the concept of accruing IOPS and throughput in the times when your I/O workload is below the nominal IOPS and throughput of the disks (for details on the nominal throughput see Managed Disk pricing). 現在の使用量とディスクの公称値との差分だけ、IOPS とスループットが蓄積されます。You are going to accrue the delta of IOPS and throughput between your current usage and the nominal values of the disk. バーストは最大 30 分に制限されています。The bursts are limited to a maximum of 30 minutes.

このバースト機能を計画できる理想的なケースとして、別の DBMS のデータ ファイルを含むボリュームまたはディスクが考えられます。The ideal cases where this burst functionality can be planned in is likely going to be the volumes or disks that contain data files for the different DBMS. 特に、小規模から中規模のシステムで、これらのボリュームに対して予想される I/O ワークロードは次のとおりです。The I/O workload expected against those volumes, especially with small to mid-ranged systems is expected to look like:

  • データはメモリにキャッシュされるか、HANA のように完全にメモリ内で処理されるのが理想的であるため、低から中程度の読み取りワークロードLow to moderate read workload since data ideally is cached in memory, or like in the case of HANA should be completely in memory
  • 定期的に発行されるデータベースのチェックポイントまたはセーブポイントによってトリガーされる書き込みのバーストBursts of write triggered by database checkpoints or savepoints that are issued on a regular basis
  • ストレージ スナップショットを使用してバックアップが実行されない場合に、連続ストリームを読み取るバックアップ ワークロードBackup workload that reads in a continuous stream in cases where backups are not executed via storage snapshots
  • SAP HANA の場合、インスタンスの再起動後のメモリへのデータの読み込みFor SAP HANA, load of the data into memory after an instance restart

特に、ワークロードが 1 秒あたり数百個のトランザクションしか処理しない小規模な DBMS システムでは、トランザクション ログまたは再実行ログを格納するディスクまたはボリュームでも、このようなバースト機能は意味があります。Especially on smaller DBMS systems where your workload is handling a few hundred transactions per seconds only, such a burst functionality can make sense as well for the disks or volumes that store the transaction or redo log. このようなディスクまたはボリュームに対して予想されるワークロードは次のとおりです。Expected workload against such a disk or volumes looks like:

  • アプリケーションによって発行されるすべてのコミットによって I/O 操作がトリガーされる可能性が高いため、ワークロードとワークロードの性質に依存するディスクへの定期的な書き込みRegular writes to the disk that are dependent on the workload and the nature of workload since every commit issued by the application is likely to trigger an I/O operation
  • インデックスの作成や再構築などの運用タスクでのスループットの高いワークロードHigher workload in throughput for cases of operational tasks, like creating or rebuilding indexes
  • トランザクション ログまたは再実行ログのバックアップを実行するときの読み取りバーストRead bursts when performing transaction log or redo log backups

重要

Azure M シリーズ仮想マシンの SAP HANA 認定は、 /hana/log ボリュームに Azure 書き込みアクセラレータを使用している場合に限定されます。SAP HANA certification for Azure M-Series virtual machines is exclusively with Azure Write Accelerator for the /hana/log volume. そのため、運用環境シナリオでの Azure M シリーズ仮想マシンへの SAP HANA のデプロイは、 /hana/log ボリュームに Azure 書き込みアクセラレータを使用して構成することが求められます。As a result, production scenario SAP HANA deployments on Azure M-Series virtual machines are expected to be configured with Azure Write Accelerator for the /hana/log volume.

注意

Azure Premium Storage を含むシナリオでは、バースト機能が構成に実装されます。In scenarios that involve Azure premium storage, we are implementing burst capabilities into the configuration. ストレージ テスト ツールを使おうとしているときには、その内容を問わず、Azure Premium ディスクのバースト動作を考慮に入れてください。As you are using storage test tools of whatever shape or form, keep the way Azure premium disk bursting works in mind. SAP HWCCT または HCMT ツールによって提供されるストレージ テストを実行する場合、一部のテストが、蓄積できるバースト クレジットを超えるため、すべてのテストが基準を満たすことは想定されていませんRunning the storage tests delivered through the SAP HWCCT or HCMT tool, we are not expecting that all tests will pass the criteria since some of the tests will exceed the bursting credits you can accumulate. (特に、すべてのテストが中断なく連続して実行される場合)。Especially when all the tests run sequentially without break.

注意

運用環境シナリオでは、IAAS に関する SAP ドキュメントで、特定の VM の種類が SAP HANA でサポートされているかどうかを確認してください。For production scenarios, check whether a certain VM type is supported for SAP HANA by SAP in the SAP documentation for IAAS.

推奨事項:運用環境のシナリオで推奨される Azure Premium Storage を使用した構成は次のようになります。Recommendation: The recommended configurations with Azure premium storage for production scenarios look like:

SAP /hana/data ボリュームの構成:Configuration for SAP /hana/data volume:

VM の SKUVM SKU RAMRAM 最大Max. VM I/OVM I/O
スループットThroughput
/hana/data/hana/data プロビジョニングされたスループットProvisioned Throughput 最大バースト スループットMaximum burst throughput IOPSIOPS バースト IOPSBurst IOPS
M32tsM32ts 192 GiB192 GiB 500 MBps500 MBps 4 x P64 x P6 200 MBps200 MBps 680 MBps680 MBps 960960 14,00014,000
M32lsM32ls 256 GiB256 GiB 500 MBps500 MBps 4 x P64 x P6 200 MBps200 MBps 680 MBps680 MBps 960960 14,00014,000
M64lsM64ls 512 GiB512 GiB 1,000 MBps1,000 MBps 4 x P104 x P10 400 MBps400 MBps 680 MBps680 MBps 2,0002,000 14,00014,000
M64sM64s 1,000 GiB1,000 GiB 1,000 MBps1,000 MBps 4 x P154 x P15 500 MBps500 MBps 680 MBps680 MBps 4,4004,400 14,00014,000
M64msM64ms 1,750 GiB1,750 GiB 1,000 MBps1,000 MBps 4 x P204 x P20 600 MBps600 MBps 680 MBps680 MBps 9,2009,200 14,00014,000
M128sM128s 2,000 GiB2,000 GiB 2,000 MBps2,000 MBps 4 x P204 x P20 600 MBps600 MBps 680 MBps680 MBps 9,2009,200 14,00014,000
M128msM128ms 3,800 GiB3,800 GiB 2,000 MBps2,000 MBps 4 x P304 x P30 800 MBps800 MBps バースティングなしno bursting 20,00020,000 バースティングなしno bursting
M208s_v2M208s_v2 2,850 GiB2,850 GiB 1,000 MBps1,000 MBps 4 x P304 x P30 800 MBps800 MBps バースティングなしno bursting 20,00020,000 バースティングなしno bursting
M208ms_v2M208ms_v2 5,700 GiB5,700 GiB 1,000 MBps1,000 MBps 4 x P404 x P40 1,000 MBps1,000 MBps バースティングなしno bursting 30,00030,000 バースティングなしno bursting
M416s_v2M416s_v2 5,700 GiB5,700 GiB 2,000 MBps2,000 MBps 4 x P404 x P40 1,000 MBps1,000 MBps バースティングなしno bursting 30,00030,000 バースティングなしno bursting
M416ms_v2M416ms_v2 11,400 GiB11,400 GiB 2,000 MBps2,000 MBps 4 x P504 x P50 2,000 MBps2,000 MBps バースティングなしno bursting 30,00030,000 バースティングなしno bursting

/hana/log ボリュームの場合、For the /hana/log volume. 構成は次のようになります。the configuration would look like:

VM の SKUVM SKU RAMRAM 最大Max. VM I/OVM I/O
スループットThroughput
/hana/log ボリューム/hana/log volume プロビジョニングされたスループットProvisioned Throughput 最大バースト スループットMaximum burst throughput IOPSIOPS バースト IOPSBurst IOPS
M32tsM32ts 192 GiB192 GiB 500 MBps500 MBps 3 x P103 x P10 300 MBps300 MBps 510 MBps510 MBps 1,5001,500 10,50010,500
M32lsM32ls 256 GiB256 GiB 500 MBps500 MBps 3 x P103 x P10 300 MBps300 MBps 510 MBps510 MBps 1,5001,500 10,50010,500
M64lsM64ls 512 GiB512 GiB 1,000 MBps1,000 MBps 3 x P103 x P10 300 MBps300 MBps 510 MBps510 MBps 1,5001,500 10,50010,500
M64sM64s 1,000 GiB1,000 GiB 1,000 MBps1,000 MBps 3 x P153 x P15 375 MBps375 MBps 510 MBps510 MBps 3,3003,300 10,50010,500
M64msM64ms 1,750 GiB1,750 GiB 1,000 MBps1,000 MBps 3 x P153 x P15 375 MBps375 MBps 510 MBps510 MBps 3,3003,300 10,50010,500
M128sM128s 2,000 GiB2,000 GiB 2,000 MBps2,000 MBps 3 x P153 x P15 375 MBps375 MBps 510 MBps510 MBps 3,3003,300 10,50010,500
M128msM128ms 3,800 GiB3,800 GiB 2,000 MBps2,000 MBps 3 x P153 x P15 375 MBps375 MBps 510 MBps510 MBps 3,3003,300 10,50010,500
M208s_v2M208s_v2 2,850 GiB2,850 GiB 1,000 MBps1,000 MBps 3 x P153 x P15 375 MBps375 MBps 510 MBps510 MBps 3,3003,300 10,50010,500
M208ms_v2M208ms_v2 5,700 GiB5,700 GiB 1,000 MBps1,000 MBps 3 x P153 x P15 375 MBps375 MBps 510 MBps510 MBps 3,3003,300 10,50010,500
M416s_v2M416s_v2 5,700 GiB5,700 GiB 2,000 MBps2,000 MBps 3 x P153 x P15 375 MBps375 MBps 510 MBps510 MBps 3,3003,300 10,50010,500
M416ms_v2M416ms_v2 11,400 GiB11,400 GiB 2,000 MBps2,000 MBps 3 x P153 x P15 375 MBps375 MBps 510 MBps510 MBps 3,3003,300 10,50010,500

その他のボリュームの場合、構成は次のようになります。For the other volumes, the configuration would look like:

VM の SKUVM SKU RAMRAM 最大Max. VM I/OVM I/O
スループットThroughput
/hana/shared/hana/shared /root ボリューム/root volume /usr/sap/usr/sap
M32tsM32ts 192 GiB192 GiB 500 MBps500 MBps 1 x P151 x P15 1 x P61 x P6 1 x P61 x P6
M32lsM32ls 256 GiB256 GiB 500 MBps500 MBps 1 x P151 x P15 1 x P61 x P6 1 x P61 x P6
M64lsM64ls 512 GiB512 GiB 1000 MBps1000 MBps 1 x P201 x P20 1 x P61 x P6 1 x P61 x P6
M64sM64s 1,000 GiB1,000 GiB 1,000 MBps1,000 MBps 1 x P301 x P30 1 x P61 x P6 1 x P61 x P6
M64msM64ms 1,750 GiB1,750 GiB 1,000 MBps1,000 MBps 1 x P301 x P30 1 x P61 x P6 1 x P61 x P6
M128sM128s 2,000 GiB2,000 GiB 2,000 MBps2,000 MBps 1 x P301 x P30 1 x P101 x P10 1 x P61 x P6
M128msM128ms 3,800 GiB3,800 GiB 2,000 MBps2,000 MBps 1 x P301 x P30 1 x P101 x P10 1 x P61 x P6
M208s_v2M208s_v2 2,850 GiB2,850 GiB 1,000 MBps1,000 MBps 1 x P301 x P30 1 x P101 x P10 1 x P61 x P6
M208ms_v2M208ms_v2 5,700 GiB5,700 GiB 1,000 MBps1,000 MBps 1 x P301 x P30 1 x P101 x P10 1 x P61 x P6
M416s_v2M416s_v2 5,700 GiB5,700 GiB 2,000 MBps2,000 MBps 1 x P301 x P30 1 x P101 x P10 1 x P61 x P6
M416ms_v2M416ms_v2 11,400 GiB11,400 GiB 2,000 MBps2,000 MBps 1 x P301 x P30 1 x P101 x P10 1 x P61 x P6

推奨されるさまざまなボリュームのストレージ スループットが、実行するワークロードに対応できるかどうかを確認します。Check whether the storage throughput for the different suggested volumes meets the workload that you want to run. ワークロードに /hana/data および /hana/log のより大きなボリュームが必要な場合は、Azure Premium Storage VHD の数を増やす必要があります。If the workload requires higher volumes for /hana/data and /hana/log, you need to increase the number of Azure premium storage VHDs. 記載されている数よりも多くの VHD でボリュームのサイズを設定すると、その Azure 仮想マシンの種類の制限内で IOPS と I/O スループットが向上します。Sizing a volume with more VHDs than listed increases the IOPS and I/O throughput within the limits of the Azure virtual machine type.

Azure 書き込みアクセラレータは、Azure マネージド ディスクとの連携でのみ動作します。Azure Write Accelerator only works in conjunction with Azure managed disks. そのため、少なくとも、 /hana/log ボリュームを形成する Azure Premium Storage ディスクはマネージド ディスクとしてデプロイする必要があります。So at least the Azure premium storage disks forming the /hana/log volume need to be deployed as managed disks. Azure 書き込みアクセラレータの詳細と制限事項については、書き込みアクセラレータに関する記事をご覧ください。More detailed instructions and restrictions of Azure Write Accelerator can be found in the article Write Accelerator.

Azure Esv3 ファミリおよび Edsv4 の HANA 認定 VM の場合、 /hana/data および /hana/log ボリュームに ANF を使用する必要があります。For the HANA certified VMs of the Azure Esv3 family and the Edsv4, you need to ANF for the /hana/data and /hana/log volume. または、 /hana/log ボリュームにのみ、Azure Premium Storage ではなく Azure Ultra Disk Storage を利用する必要があります。Or you need to leverage Azure Ultra disk storage instead of Azure premium storage only for the /hana/log volume. その結果、Azure Premium Storage 上の /hana/data ボリュームの構成は次のようになります。As a result, the configurations for the /hana/data volume on Azure premium storage could look like:

VM の SKUVM SKU RAMRAM 最大Max. VM I/OVM I/O
スループットThroughput
/hana/data/hana/data プロビジョニングされたスループットProvisioned Throughput 最大バースト スループットMaximum burst throughput IOPSIOPS バースト IOPSBurst IOPS
E20ds_v4E20ds_v4 160 GiB160 GiB 480 MBps480 MBps 3 x P103 x P10 300 MBps300 MBps 510 MBps510 MBps 1,5001,500 10,50010,500
E32ds_v4E32ds_v4 256 GiB256 GiB 768 Mbps768 MBps 3 x P103 x P10 300 MBps300 MBps 510 MBps510 MBps 1,5001,500 10,50010,500
E48ds_v4E48ds_v4 384 GiB384 GiB 1,152 MBps1,152 MBps 3 x P153 x P15 375 MBps375 MBps 510 MBps510 MBps 3,3003,300 10,50010,500
E64ds_v4E64ds_v4 504 GiB504 GiB 1,200 MBps1,200 MBps 3 x P153 x P15 375 MBps375 MBps 510 MBps510 MBps 3,3003,300 10,50010,500
E64s_v3E64s_v3 432 GiB432 GiB 1,200 MB/秒1,200 MB/s 3 x P153 x P15 375 MBps375 MBps 510 MBps510 MBps 3,3003,300 10,50010,500

Ultra Disk 上の /hana/log など、その他のボリュームの場合、構成は次のようになります。For the other volumes, including /hana/log on Ultra disk, the configuration could look like:

VM の SKUVM SKU RAMRAM 最大Max. VM I/OVM I/O
スループットThroughput
/hana/log volume/hana/log volume /hana/log I/O throughput/hana/log I/O throughput /hana/log IOPS/hana/log IOPS /hana/shared/hana/shared /root ボリューム/root volume /usr/sap/usr/sap
E20ds_v4E20ds_v4 160 GiB160 GiB 480 MBps480 MBps 80 GB80 GB 250 MBps250 MBps 1,8001,800 1 x P151 x P15 1 x P61 x P6 1 x P61 x P6
E32ds_v4E32ds_v4 256 GiB256 GiB 768 Mbps768 MBps 128 GB128 GB 250 MBps250 MBps 1,8001,800 1 x P151 x P15 1 x P61 x P6 1 x P61 x P6
E48ds_v4E48ds_v4 384 GiB384 GiB 1,152 MBps1,152 MBps 192 GB192 GB 250 MBps250 MBps 1,8001,800 1 x P201 x P20 1 x P61 x P6 1 x P61 x P6
E64ds_v4E64ds_v4 504 GiB504 GiB 1,200 MBps1,200 MBps 256 GB256 GB 250 MBps250 MBps 1,8001,800 1 x P201 x P20 1 x P61 x P6 1 x P61 x P6
E64s_v3E64s_v3 432 GiB432 GiB 1,200 MBps1,200 MBps 220 GB220 GB 250 MBps250 MBps 1,8001,800 1 x P201 x P20 1 x P61 x P6 1 x P61 x P6

SAP HANA 用の Azure Ultra Disk ストレージ構成Azure Ultra disk storage configuration for SAP HANA

もう 1 つの Azure Storage の種類は、Azure Ultra Disk と呼ばれます。Another Azure storage type is called Azure Ultra disk. これまでに提供されていた Azure Storage と Ultra Disk との大きな違いは、ディスク機能がディスク サイズにバインドされなくなることです。The significant difference between Azure storage offered so far and Ultra disk is that the disk capabilities are not bound to the disk size anymore. 顧客として、Ultra Disk に次の機能を定義できます。As a customer you can define these capabilities for Ultra disk:

  • 4 GiB から 65,536 GiB のディスク範囲のサイズSize of a disk ranging from 4 GiB to 65,536 GiB
  • 100 IOPS から 160K IOPS の IOPS の範囲 (最大値は VM の種類によっても異なる)IOPS range from 100 IOPS to 160K IOPS (maximum depends on VM types as well)
  • 300 MB/秒から 2,000 MB/秒のストレージのスループットStorage throughput from 300 MB/sec to 2,000 MB/sec

Ultra Disk によって、自分のサイズ、IOPS、ディスク スループットの範囲を実行する 1 つのディスクを定義することができます。Ultra disk gives you the possibility to define a single disk that fulfills your size, IOPS, and disk throughput range. Azure Premium Storage 上の LVM や MDADM などの論理ボリューム マネージャーを使用する代わりに、IOPS とストレージ スループットの要件を満たすボリュームを構築します。Instead of using logical volume managers like LVM or MDADM on top of Azure premium storage to construct volumes that fulfill IOPS and storage throughput requirements. Ultra Disk と Premium Storage の間で構成の組み合わせを実行できます。You can run a configuration mix between Ultra disk and premium storage. その場合、Ultra Disk の使用をパフォーマンス クリティカルな /hana/data および /hana/log ボリュームに限定し、その他のボリュームには Azure Premium Storage で対応できます。As a result, you can limit the usage of Ultra disk to the performance critical /hana/data and /hana/log volumes and cover the other volumes with Azure premium storage

Ultra Disk のその他の利点は、Premium Storage と比較して読み取り待ち時間が短いことです。Other advantages of Ultra disk can be the better read latency in comparison to premium storage. 読み取り待機時間が短いということは、HANA の起動時間とその後のメモリへのデータの読み込みを短縮する必要がある場合に利点があります。The faster read latency can have advantages when you want to reduce the HANA startup times and the subsequent load of the data into memory. Ultra Disk ストレージの利点は、HANA によってセーブポイントが書き込まれているときにも感じることができます。Advantages of Ultra disk storage also can be felt when HANA is writing savepoints.

注意

Ultra Disk は、まだ、すべての Azure リージョンには存在しておらず、すべての種類の VM がサポートされているわけでもありません。Ultra disk is not yet present in all the Azure regions and is also not yet supporting all VM types listed below. 使用可能な Ultra Disk、サポートされている VM ファミリの詳細については、「Azure で利用できるディスクの種類」を参照してください。For detailed information where Ultra disk is available and which VM families are supported, check the article What disk types are available in Azure?.

この構成では、 /hana/data ボリュームと /hana/log ボリュームを別々に保持します。In this configuration, you keep the /hana/data and /hana/log volumes separately. 推奨値は、SAP TDI ストレージに関するホワイトペーパー で推奨されているように SAP HANA およびストレージ構成に対して VM の種類を認定するために SAP が用意している KPI から導出されます。The suggested values are derived out of the KPIs that SAP has to certify VM types for SAP HANA and storage configurations as recommended in the SAP TDI Storage Whitepaper.

推奨事項は、この記事で既に説明したように、SAP の最小要件を超えていることがよくあります。The recommendations are often exceeding the SAP minimum requirements as stated earlier in this article. 一覧表示される推奨事項は、SAP による推奨サイズと、さまざまな種類の VM で提供される最大ストレージ スループットの間の妥協点です。The listed recommendations are a compromise between the size recommendations by SAP and the maximum storage throughput the different VM types provide.

注意

Azure Ultra Disk は、ディスク容量 1 ギガバイトあたり 2 IOPS 以上を適用しています。Azure Ultra disk is enforcing a minimum of 2 IOPS per Gigabyte capacity of a disk

VM の SKUVM SKU RAMRAM 最大Max. VM I/OVM I/O
スループットThroughput
/hana/data volume/hana/data volume /hana/data I/O throughput/hana/data I/O throughput /hana/data IOPS/hana/data IOPS /hana/log volume/hana/log volume /hana/log I/O throughput/hana/log I/O throughput /hana/log IOPS/hana/log IOPS
E20ds_v4E20ds_v4 160 GiB160 GiB 480 MB/秒480 MB/s 200 GB200 GB 400 MBps400 MBps 2,5002,500 80 GB80 GB 250 MB250 MB 1,8001,800
E32ds_v4E32ds_v4 256 GiB256 GiB 768 MB/秒768 MB/s 300 GB300 GB 400 MBps400 MBps 2,5002,500 128 GB128 GB 250 MBps250 MBps 1,8001,800
E48ds_v4E48ds_v4 384 GiB384 GiB 1152 MB/秒1152 MB/s 460 GB460 GB 400 MBps400 MBps 3,0003,000 192 GB192 GB 250 MBps250 MBps 1,8001,800
E64ds_v4E64ds_v4 504 GiB504 GiB 1200 MB/秒1200 MB/s 610 GB610 GB 400 MBps400 MBps 3,5003,500 256 GB256 GB 250 MBps250 MBps 1,8001,800
E64s_v3E64s_v3 432 GiB432 GiB 1,200 MB/秒1,200 MB/s 610 GB610 GB 400 MBps400 MBps 3,5003,500 220 GB220 GB 250 MB250 MB 1,8001,800
M32tsM32ts 192 GiB192 GiB 500 MB/秒500 MB/s 250 GB250 GB 400 MBps400 MBps 2,5002,500 96 GB96 GB 250 MBps250 MBps 1,8001,800
M32lsM32ls 256 GiB256 GiB 500 MB/秒500 MB/s 300 GB300 GB 400 MBps400 MBps 2,5002,500 256 GB256 GB 250 MBps250 MBps 1,8001,800
M64lsM64ls 512 GiB512 GiB 1,000 MB/秒1,000 MB/s 620 GB620 GB 400 MBps400 MBps 3,5003,500 256 GB256 GB 250 MBps250 MBps 1,8001,800
M64sM64s 1,000 GiB1,000 GiB 1,000 MB/秒1,000 MB/s 1,200 GB1,200 GB 600 MBps600 MBps 5,0005,000 512 GB512 GB 250 MBps250 MBps 2,5002,500
M64msM64ms 1,750 GiB1,750 GiB 1,000 MB/秒1,000 MB/s 2,100 GB2,100 GB 600 MBps600 MBps 5,0005,000 512 GB512 GB 250 MBps250 MBps 2,5002,500
M128sM128s 2,000 GiB2,000 GiB 2,000 MB/秒2,000 MB/s 2,400 GB2,400 GB 750 MBps750 MBps 7,0007,000 512 GB512 GB 250 MBps250 MBps 2,5002,500
M128msM128ms 3,800 GiB3,800 GiB 2,000 MB/秒2,000 MB/s 4,800 GB4,800 GB 750 MBps750 MBps 9,6009,600 512 GB512 GB 250 MBps250 MBps 2,5002,500
M208s_v2M208s_v2 2,850 GiB2,850 GiB 1,000 MB/秒1,000 MB/s 3,500 GB3,500 GB 750 MBps750 MBps 7,0007,000 512 GB512 GB 250 MBps250 MBps 2,5002,500
M208ms_v2M208ms_v2 5,700 GiB5,700 GiB 1,000 MB/秒1,000 MB/s 7,200 GB7,200 GB 750 MBps750 MBps 14,40014,400 512 GB512 GB 250 MBps250 MBps 2,5002,500
M416s_v2M416s_v2 5,700 GiB5,700 GiB 2,000 MB/秒2,000 MB/s 7,200 GB7,200 GB 1,000 MBps1,000 MBps 14,40014,400 512 GB512 GB 400 MBps400 MBps 4,0004,000
M416ms_v2M416ms_v2 11,400 GiB11,400 GiB 2,000 MB/秒2,000 MB/s 14,400 GB14,400 GB 1,500 MBps1,500 MBps 28,80028,800 512 GB512 GB 400 MBps400 MBps 4,0004,000

一覧の値は出発点として使用することを目的としており、実際の要求に照らして評価する必要があります。The values listed are intended to be a starting point and need to be evaluated against the real demands. Azure Ultra Disk を使用する利点は、VM または停止しているシステムに適用されたワークロードをシャットダウンする必要なく、IOPS とスループットの値を適用できることです。The advantage with Azure Ultra disk is that the values for IOPS and throughput can be adapted without the need to shut down the VM or halting the workload applied to the system.

注意

これまでのところ、Ultra Disk ストレージでのストレージ スナップショットは利用できません。So far, storage snapshots with Ultra disk storage is not available. これにより、Azure Backup Services での VM スナップショットの使用はブロックされます。This blocks the usage of VM snapshots with Azure Backup Services

Azure NetApp Files 上の NFS v4.1 ボリュームNFS v4.1 volumes on Azure NetApp Files

HANA 用 ANF の詳細については、「SAP HANA 用 Azure NetApp Files 上の NFS v4.1 ボリューム」を参照してください。For detail on ANF for HANA, read the document NFS v4.1 volumes on Azure NetApp Files for SAP HANA

Azure Premium Storage を使用する、コストを意識したソリューションCost conscious solution with Azure premium storage

これまでこのドキュメントの「Azure M シリーズ仮想マシン用の Azure 書き込みアクセラレータおよび Premium Storage を使用するソリューション」セクションで説明した Azure Premium Storage ソリューションは、SAP HANA の運用がサポートされるシナリオに向けられていました。So far, the Azure premium storage solution described in this document in section Solutions with premium storage and Azure Write Accelerator for Azure M-Series virtual machines were meant for SAP HANA production supported scenarios. 運用のサポートが可能な構成の特性の 1 つは、SAP HANA データと再実行ログのボリュームを 2 つの異なるボリュームに分離することです。One of the characteristics of production supportable configurations is the separation of the volumes for SAP HANA data and redo log into two different volumes. このような分離の理由として、これらのボリュームでのワークロード特性が異なっていることが挙げられます。Reason for such a separation is that the workload characteristics on the volumes are different. また、推奨される運用構成では、さまざまな種類のキャッシュ、または異なる種類の Azure ブロック ストレージが必要とされる場合があります。And that with the suggested production configurations, different type of caching or even different types of Azure block storage could be necessary. 運用環境以外のシナリオの場合、運用システムでは考慮される考慮事項の一部が、よりローエンドの非運用システムには当てはまらない可能性があります。For non-production scenarios, some of the considerations taken for production systems may not apply to more low end non-production systems. 結果として、HANA のデータとログ ボリュームを組み合わせることができます。As a result the HANA data and log volume could be combined. ただし、運用システムで必要とされている一定のスループットや待機時間の KPI を結局満たせないなど、最終的に何らかの問題が生じることがあります。Though eventually with some culprits, like eventually not meeting certain throughput or latency KPIs that are required for production systems. このような環境でコストを削減するために考えられる別の方法は、Azure Standard SSD ストレージを使用することです。Another aspect to reduce costs in such environments can be the usage of Azure Standard SSD storage. Standard SSD または Standard HDD Azure ストレージを選択すると、「仮想マシンの SLA」という記事に記載されているように、シングル VM SLA に影響が出ることにご留意ください。Keep in mind that choosing Standard SSD or Standard HDD Azure storage has impact on your single VM SLAs as documented in the article SLA for Virtual Machines.

このような構成に向けた、より低コストの代替構成は次のようになります。A less costly alternative for such configurations could look like:

VM の SKUVM SKU RAMRAM 最大Max. VM I/OVM I/O
スループットThroughput
/hana/data and /hana/log/hana/data and /hana/log
LVM または MDADM によるストライピングstriped with LVM or MDADM
/hana/shared/hana/shared /root ボリューム/root volume /usr/sap/usr/sap commentscomments
DS14v2DS14v2 112 GiB112 GiB 768 MB/秒768 MB/s 4 x P64 x P6 1 x E101 x E10 1 x E61 x E6 1 x E61 x E6 1 ミリ秒未満のストレージ待機時間は達成されません1Will not achieve less than 1ms storage latency1
E16v3E16v3 128 GiB128 GiB 384 MB/秒384 MB/s 4 x P64 x P6 1 x E101 x E10 1 x E61 x E6 1 x E61 x E6 VM の種類は HANA では未認定ですVM type not HANA certified
1 ミリ秒未満のストレージ待機時間は達成されません1Will not achieve less than 1ms storage latency1
M32tsM32ts 192 GiB192 GiB 500 MB/秒500 MB/s 3 x P103 x P10 1 x E151 x E15 1 x E61 x E6 1 x E61 x E6 データとログの組み合わせボリュームのために書き込みアクセラレータを使用すると、IOPS 量が 5,000 に制限されます2Using Write Accelerator for combined data and log volume will limit IOPS rate to 5,0002
E20ds_v4E20ds_v4 160 GiB160 GiB 480 MB/秒480 MB/s 4 x P64 x P6 1 x E151 x E15 1 x E61 x E6 1 x E61 x E6 1 ミリ秒未満のストレージ待機時間は達成されません1Will not achieve less than 1ms storage latency1
E32v3E32v3 256 GiB256 GiB 768 MB/秒768 MB/s 4 x P104 x P10 1 x E151 x E15 1 x E61 x E6 1 x E61 x E6 VM の種類は HANA では未認定ですVM type not HANA certified
1 ミリ秒未満のストレージ待機時間は達成されません1Will not achieve less than 1ms storage latency1
E32ds_v4E32ds_v4 256 GiB256 GiB 768 Mbps768 MBps 4 x P104 x P10 1 x E151 x E15 1 x E61 x E6 1 x E61 x E6 1 ミリ秒未満のストレージ待機時間は達成されません1Will not achieve less than 1ms storage latency1
M32lsM32ls 256 GiB256 GiB 500 MB/秒500 MB/s 4 x P104 x P10 1 x E151 x E15 1 x E61 x E6 1 x E61 x E6 データとログの組み合わせボリュームのために書き込みアクセラレータを使用すると、IOPS 量が 5,000 に制限されます2Using Write Accelerator for combined data and log volume will limit IOPS rate to 5,0002
E48ds_v4E48ds_v4 384 GiB384 GiB 1,152 MBps1,152 MBps 6 x P106 x P10 1 x E201 x E20 1 x E61 x E6 1 x E61 x E6 1 ミリ秒未満のストレージ待機時間は達成されません1Will not achieve less than 1ms storage latency1
E64v3E64v3 432 GiB432 GiB 1,200 MB/秒1,200 MB/s 6 x P106 x P10 1 x E201 x E20 1 x E61 x E6 1 x E61 x E6 1 ミリ秒未満のストレージ待機時間は達成されません1Will not achieve less than 1ms storage latency1
E64ds_v4E64ds_v4 504 GiB504 GiB 1200 MB/秒1200 MB/s 7 x P107 x P10 1 x E201 x E20 1 x E61 x E6 1 x E61 x E6 1 ミリ秒未満のストレージ待機時間は達成されません1Will not achieve less than 1ms storage latency1
M64lsM64ls 512 GiB512 GiB 1,000 MB/秒1,000 MB/s 7 x P107 x P10 1 x E201 x E20 1 x E61 x E6 1 x E61 x E6 データとログの組み合わせボリュームのために書き込みアクセラレータを使用すると、IOPS 量が 10,000 に制限されます2Using Write Accelerator for combined data and log volume will limit IOPS rate to 10,0002
M64sM64s 1,000 GiB1,000 GiB 1,000 MB/秒1,000 MB/s 7 x P157 x P15 1 x E301 x E30 1 x E61 x E6 1 x E61 x E6 データとログの組み合わせボリュームのために書き込みアクセラレータを使用すると、IOPS 量が 10,000 に制限されます2Using Write Accelerator for combined data and log volume will limit IOPS rate to 10,0002
M64msM64ms 1,750 GiB1,750 GiB 1,000 MB/秒1,000 MB/s 6 x P206 x P20 1 x E301 x E30 1 x E61 x E6 1 x E61 x E6 データとログの組み合わせボリュームのために書き込みアクセラレータを使用すると、IOPS 量が 10,000 に制限されます2Using Write Accelerator for combined data and log volume will limit IOPS rate to 10,0002
M128sM128s 2,000 GiB2,000 GiB 2,000 MB/秒2,000 MB/s 6 x P206 x P20 1 x E301 x E30 1 x E101 x E10 1 x E61 x E6 データとログの組み合わせボリュームのために書き込みアクセラレータを使用すると、IOPS 量が 20,000 に制限されます2Using Write Accelerator for combined data and log volume will limit IOPS rate to 20,0002
M208s_v2M208s_v2 2,850 GiB2,850 GiB 1,000 MB/秒1,000 MB/s 4 x P304 x P30 1 x E301 x E30 1 x E101 x E10 1 x E61 x E6 データとログの組み合わせボリュームのために書き込みアクセラレータを使用すると、IOPS 量が 10,000 に制限されます2Using Write Accelerator for combined data and log volume will limit IOPS rate to 10,0002
M128msM128ms 3,800 GiB3,800 GiB 2,000 MB/秒2,000 MB/s 5 x P305 x P30 1 x E301 x E30 1 x E101 x E10 1 x E61 x E6 データとログの組み合わせボリュームのために書き込みアクセラレータを使用すると、IOPS 量が 20,000 に制限されます2Using Write Accelerator for combined data and log volume will limit IOPS rate to 20,0002
M208ms_v2M208ms_v2 5,700 GiB5,700 GiB 1,000 MB/秒1,000 MB/s 4 x P404 x P40 1 x E301 x E30 1 x E101 x E10 1 x E61 x E6 データとログの組み合わせボリュームのために書き込みアクセラレータを使用すると、IOPS 量が 10,000 に制限されます2Using Write Accelerator for combined data and log volume will limit IOPS rate to 10,0002
M416s_v2M416s_v2 5,700 GiB5,700 GiB 2,000 MB/秒2,000 MB/s 4 x P404 x P40 1 x E301 x E30 1 x E101 x E10 1 x E61 x E6 データとログの組み合わせボリュームのために書き込みアクセラレータを使用すると、IOPS 量が 20,000 に制限されます2Using Write Accelerator for combined data and log volume will limit IOPS rate to 20,0002
M416ms_v2M416ms_v2 11400 GiB11400 GiB 2,000 MB/秒2,000 MB/s 7 x P407 x P40 1 x E301 x E30 1 x E101 x E10 1 x E61 x E6 データとログの組み合わせボリュームのために書き込みアクセラレータを使用すると、IOPS 量が 20,000 に制限されます2Using Write Accelerator for combined data and log volume will limit IOPS rate to 20,0002

1 Azure 書き込みアクセラレータは、Ev4 と Ev4 VM ファミリでは使用できません。1 Azure Write Accelerator can't be used with the Ev4 and Ev4 VM families. Azure Premium Storage を使用した結果として、I/O 待機時間が 1 ミリ秒未満になることはありませんAs a result of using Azure premium storage the I/O latency will not be less than 1ms

2 この VM ファミリでは、Azure 書き込みアクセラレータがサポートされますが、書き込みアクセラレータの IOPS 制限によって、このディスク構成での IOPS 機能が制限される可能性があります2 The VM family supports Azure Write Accelerator, but there is a potential that the IOPS limit of Write accelerator could limit the disk configurations IOPS capabilities

SAP HANA のデータとログのボリュームを組み合わせる場合は、ストライプ ボリュームを構成するディスクで、読み取りキャッシュや読み取り/書き込みキャッシュを有効にしないでください。In the case of combining the data and log volume for SAP HANA, the disks building the striped volume should not have read cache or read/write cache enabled.

一覧に示した VM の種類には、SAP では認定されていないものがあります。そのため、いわゆる SAP HANA ハードウェア ディレクトリの一覧には含まれていません。There are VM types listed that are not certified with SAP and as such not listed in the so called SAP HANA hardware directory. お客様からのフィードバックによれば、非運用環境の一部のタスクについては、一覧に含まれない種類の VM が正常に使用されました。Feedback of customers was that those non-listed VM types were used successfully for some non-production tasks.

次のステップNext steps

詳細については、次を参照してください。For more information, see: