SAP HANA Azure 仮想マシンのストレージ構成SAP HANA Azure virtual machine storage configurations

Azure は、SAP HANA を実行する Azure VM に適した、異なる種類のストレージを提供します。Azure provides different types of storage that are suitable for Azure VMs that are running SAP HANA. SAP HANA のデプロイのために検討できる Azure ストレージの種類は次のとおりです。The Azure storage types that can be considered for SAP HANA deployments list like:

これらのディスクの種類の詳細については、ディスクの種類の選択に関する記事を参照してください。To learn about these disk types, see the article Select a disk type

Azure では、Azure Standard と Premium Storage の 2 つの VHD 展開方法を提供します。Azure offers two deployment methods for VHDs on Azure Standard and Premium Storage. シナリオ全体で可能な場合は、Azure 管理ディスク デプロイを利用します。If the overall scenario permits, take advantage of Azure managed disk deployments.

ストレージの種類と、IOPS およびストレージ スループットの SLA の一覧については、マネージド ディスクに関する Azure ドキュメントをご覧ください。For a list of storage types and their SLAs in IOPS and storage throughput, review the Azure documentation for managed disks.

HANA での使用の場合、次の 3 種類のストレージが SAP によって認定されています。For the usage with HANA, these three types of storage are certified with SAP:

  • Azure Premium Storage - Azure 書き込みアクセラレータ を使用して /hana/log をキャッシュする必要がありますAzure Premium Storage - /hana/log needs to be cached with Azure Write Accelerator
  • Azure Ultra DiskAzure Ultra disk
  • /hana/log および /hana/data 用の Azure NetApp Files の上にある NFS v4.1 のボリュームNFS v4.1 volumes on top of Azure NetApp Files for /hana/log and /hana/data

ストレージの種類によっては、組み合わせることができます。Some of the storage types can be combined. 例:E.g. /hana/data を Premium Storage に配置することができます。また、必須の低待機時間を確保するために、/hana/log を Ultra Disk ストレージ上に配置することもできます。it is possible to put /hana/data onto Premium Storage and /hana/log can be placed on Ultra disk storage in order to get the required low latency. ただし、たとえば hana/data に対しては NFS ボリュームを使用し、/hana/log に対しては認定された他の種類のストレージのいずれか 1 つを使用するという混在はお勧めできません。However, it is not recommended to mix NFS volumes for e.g. /hana/data and use one of the other certified storage types for /hana/log

オンプレミスでは、I/O サブシステムとその機能を気にする必要はほとんどありませんでした。In the on-premises world, you rarely had to care about the I/O subsystems and its capabilities. SAP HANA に対する最低限のストレージ要件が満たされていることを、アプライアンスのベンダーが保証する必要があったためです。Reason was that the appliance vendor needed to make sure that the minimum storage requirements are met for SAP HANA. Azure インフラストラクチャを自身で構築する場合は、これらの要件の一部に注意する必要があります。As you build the Azure infrastructure yourself, you should be aware of some of those requirements. 求められる一部の最小スループット特性により、次のことを行う必要があります。Some of the minimum throughput characteristics that are asked are resulting in the need to:

  • I/O サイズが 1 MB で、250 MB/秒の /hana/log で読み取り/書き込みを有効にするEnable read/write on /hana/log of a 250 MB/sec with 1 MB I/O sizes
  • I/O サイズが 16 MB および 64 MB の /hana/data で、少なくとも 400 MB/秒の読み取りアクティビティを有効にするEnable read activity of at least 400 MB/sec for /hana/data for 16 MB and 64 MB I/O sizes
  • I/O サイズが 16 MB および 64 MB の /hana/data で、少なくとも 250 MB/秒の書き込みアクティビティを有効にするEnable write activity of at least 250 MB/sec for /hana/data with 16 MB and 64 MB I/O sizes

DBMS システムではストレージの待ち時間が短いことが重要であるため、SAP HANA のようなシステムでもデータをメモリ内に保持します。Given that low storage latency is critical for DBMS systems, even as DBMS, like SAP HANA, keep data in-memory. 通常、ストレージのクリティカル パスは、DBMS システムのトランザクション ログの書き込みの周辺にあります。The critical path in storage is usually around the transaction log writes of the DBMS systems. しかし、クラッシュ復旧後のセーブポイントの書き込みやメモリ内のデータの読み込みなどの操作も重要である場合があります。But also operations like writing savepoints or loading data in-memory after crash recovery can be critical. そのため、 /hana/data ボリュームと /hana/log ボリュームには、Azure Premium ディスクを利用することが必須となります。Therefore, it is mandatory to leverage Azure Premium Disks for /hana/data and /hana/log volumes. SAP が要求する /hana/log/hana/data の最小スループットを実現するには、複数の Azure Premium Storage ディスクで MDADM または LVM を使用して RAID 0 を構築する必要があります。In order to achieve the minimum throughput of /hana/log and /hana/data as desired by SAP, you need to build a RAID 0 using MDADM or LVM over multiple Azure Premium Storage disks. また、RAID ボリュームを /hana/data および /hana/log ボリュームとして使用してください。And use the RAID volumes as /hana/data and /hana/log volumes.

推奨事項:RAID 0 のストライプ サイズとして、次のサイズを使用することをお勧めします。Recommendation: As stripe sizes for the RAID 0 the recommendation is to use:

  • /hana/data の場合は 64 KB または 128 KB64 KB or 128 KB for /hana/data
  • /hana/log の場合は 32 KB32 KB for /hana/log

注意

Azure Premium Storage と Standard Storage では VHD の 3 つのイメージを保持するので、RAID ボリュームを使用して冗長レベルを構成する必要はありません。You don't need to configure any redundancy level using RAID volumes since Azure Premium and Standard storage keep three images of a VHD. RAID ボリュームを使用するのは、十分な I/O スループットを提供するボリュームを構成するためです。The usage of a RAID volume is purely to configure volumes that provide sufficient I/O throughput.

RAID の下の Azure VHD の数を増やすと、IOPS とストレージ スループットが累積されます。Accumulating a number of Azure VHDs underneath a RAID, is accumulative from an IOPS and storage throughput side. そのため、3 つの Azure Premium Storage P30 ディスクで RAID 0 を構成した場合、1 つの Azure Premium Storage P30 ディスクの 3 倍の IOPS と 3 倍のストレージ スループットが得られます。So, if you put a RAID 0 over 3 x P30 Azure Premium Storage disks, it should give you three times the IOPS and three times the storage throughput of a single Azure Premium Storage P30 disk.

また、VM のサイズ設定や VM の決定を行うときには全体的な VM I/O スループットも考慮してください。Also keep the overall VM I/O throughput in mind when sizing or deciding for a VM. VM の全体的なストレージ スループットについては、「メモリ最適化済み仮想マシンのサイズ」をご覧ください。Overall VM storage throughput is documented in the article Memory optimized virtual machine sizes.

Linux I/O Scheduler モードLinux I/O Scheduler mode

Linux には、数種類の I/O スケジューリング モードがあります。Linux has several different I/O scheduling modes. Linux ベンダーおよび SAP が一般的に推奨しているのは、ディスク ボリュームの I/O スケジューラ モードを cfq モードから noop モードに再構成することです。Common recommendation through Linux vendors and SAP is to reconfigure the I/O scheduler mode for disk volumes from the cfq mode to the noop mode. 詳細については、SAP ノートの #1984798 を参照してください。Details are referenced in SAP Note #1984798.

Azure M シリーズ仮想マシン用の Azure 書き込みアクセラレータおよび Premium Storage を使用するソリューションSolutions with Premium Storage and Azure Write Accelerator for Azure M-Series virtual machines

Azure 書き込みアクセラレータは、Azure M シリーズ VM 専用に提供される機能です。Azure Write Accelerator is a functionality that is available for Azure M-Series VMs exclusively. 名前が示すように、この機能の目的は、Azure Premium Storage に対する書き込みの I/O 待機時間を短縮することです。As the name states, the purpose of the functionality is to improve I/O latency of writes against the Azure Premium Storage. SAP HANA の場合、書き込みアクセラレータは /hana/log ボリュームに対してのみ使用する必要があります。For SAP HANA, Write Accelerator is supposed to be used against the /hana/log volume only. したがって、 /hana/data/hana/log は別々のボリュームであり、Azure 書き込みアクセラレータは /hana/log ボリュームのみをサポートします。Therefore, the /hana/data and /hana/log are separate volumes with Azure Write Accelerator supporting the /hana/log volume only.

重要

Azure Premium Storage を使用する場合は、Azure 書き込みアクセラレータまたは /hana/log ボリュームの使用が必須です。When using Azure Premium Storage, the usage of Azure Write Accelerator or the /hana/log volume is mandatory. 書き込みアクセラレータは、Premium Storage と、M シリーズおよび Mv2 シリーズの VM でのみ使用できます。Write Accelerator is available for premium Storage and M-Series and Mv2-Series VMs only.

下に示すキャッシュの推奨事項は、次のような SAP HANA の I/O 特性を前提にしています。The caching recommendations below are assuming the I/O characteristics for SAP HANA that list like:

  • HANA データ ファイルに対する読み取りワークロードはほとんどありません。There hardly is any read workload against the HANA data files. 例外は、HANA インスタンスの再開後や、データが HANA に読み込まれたときの、大きなサイズの I/O です。Exceptions are large sized I/Os after restart of the HANA instance or when data is loaded into HANA. データ ファイルに対する大きな読み取り I/O の別のケースとして、HANA データベースのバックアップがあり得ます。Another case of larger read I/Os against data files can be HANA database backups. 結果として、大部分のケースではすべてのデータ ファイル ボリュームを完全に読み取る必要があるため、読み取りキャッシュはほとんど意味がありません。As a result read caching mostly does not make sense since in most of the cases, all data file volumes need to be read completely.
  • データ ファイルに対する書き込みは、HANA セーブポイントと HANA クラッシュ復旧に基づいてバーストで発生します。Writing against the data files is experienced in bursts based by HANA savepoints and HANA crash recovery. セーブポイントの書き込みは非同期であり、どのユーザー トランザクションも保持されません。Writing savepoints is asynchronous and are not holding up any user transactions. クラッシュ復旧中のデータの書き込みは、システムの応答性を再び向上させるためにパフォーマンス クリティカルです。Writing data during crash recovery is performance critical in order to get the system responding fast again. ただし、クラッシュ復旧はどちらかといえば例外的な状況です。However, crash recovery should be rather exceptional situations
  • HANA redo ファイルからの読み取りはほとんどありません。There are hardly any reads from the HANA redo files. 例外は、トランザクション ログ バックアップやクラッシュ復旧の実行時、または HANA インスタンスの再開フェーズでの大きなサイズの I/O です。Exceptions are large I/Os when performing transaction log backups, crash recovery, or in the restart phase of a HANA instance.
  • SAP HANA redo ログ ファイルに対する主な負荷は書き込みです。Main load against the SAP HANA redo log file is writes. ワークロードの性質に応じて、I/O サイズを 4 KB まで小さくしたり、別のケースでは 1 MB 以上の I/O サイズにしたりできます。Dependent on the nature of workload, you can have I/Os as small as 4 KB or in other cases I/O sizes of 1 MB or more. SAP HANA redo ログに対する書き込み待機時間はパフォーマンス クリティカルです。Write latency against the SAP HANA redo log is performance critical.
  • すべての書き込みを信頼性の高い方法でディスク上に保存する必要があります。All writes need to be persisted on disk in a reliable fashion

推奨事項:これらの観察された SAP HANA の I/O パターンの結果として、Azure Premium Storage を使用したさまざまなボリュームに対するキャッシュを次のように設定する必要があります。Recommendation: As a result of these observed I/O patterns by SAP HANA, the caching for the different volumes using Azure Premium Storage should be set like:

  • /hana/data - キャッシュなし/hana/data - no caching
  • /hana/log - キャッシュなし - M シリーズおよび Mv2 シリーズの場合は例外。これらに対して書き込みアクセラレータはキャッシュ機能として有効にされます/hana/log - no caching - exception for M- and Mv2-Series where Write Accelerator is enabled as caching functionality
  • /hana/shared - 読み取りキャッシュ/hana/shared - read caching

重要

Azure M シリーズ仮想マシンの SAP HANA 認定は、 /hana/log ボリュームに Azure 書き込みアクセラレータを使用している場合に限定されます。SAP HANA certification for Azure M-Series virtual machines is exclusively with Azure Write Accelerator for the /hana/log volume. そのため、運用環境シナリオでの Azure M シリーズ仮想マシンへの SAP HANA のデプロイは、 /hana/log ボリュームに Azure 書き込みアクセラレータを使用して構成することが求められます。As a result, production scenario SAP HANA deployments on Azure M-Series virtual machines are expected to be configured with Azure Write Accelerator for the /hana/log volume.

注意

運用環境シナリオでは、IAAS に関する SAP ドキュメントで、特定の VM の種類が SAP HANA でサポートされているかどうかを確認してください。For production scenarios, check whether a certain VM type is supported for SAP HANA by SAP in the SAP documentation for IAAS.

推奨事項:運用環境シナリオで推奨される構成は次のようになります。Recommendation: The recommended configurations for production scenarios look like:

VM の SKUVM SKU RAMRAM 最大Max. VM I/OVM I/O
ThroughputThroughput
/hana/data/hana/data hana/log/hana/log /hana/shared/hana/shared /root ボリューム/root volume /usr/sap/usr/sap hana/backuphana/backup
M32tsM32ts 192 GiB192 GiB 500 MB/秒500 MB/s 3 x P203 x P20 2 x P202 x P20 1 x P201 x P20 1 x P61 x P6 1 x P61 x P6 1 x P201 x P20
M32lsM32ls 256 GiB256 GiB 500 MB/秒500 MB/s 3 x P203 x P20 2 x P202 x P20 1 x P201 x P20 1 x P61 x P6 1 x P61 x P6 1 x P201 x P20
M64lsM64ls 512 GiB512 GiB 1000 MB/秒1000 MB/s 3 x P203 x P20 2 x P202 x P20 1 x P201 x P20 1 x P61 x P6 1 x P61 x P6 1 x P301 x P30
M64sM64s 1000 GiB1000 GiB 1000 MB/秒1000 MB/s 4 x P204 x P20 2 x P202 x P20 1 x P301 x P30 1 x P61 x P6 1 x P61 x P6 2 x P302 x P30
M64msM64ms 1750 GiB1750 GiB 1000 MB/秒1000 MB/s 3 x P303 x P30 2 x P202 x P20 1 x P301 x P30 1 x P61 x P6 1 x P61 x P6 3 x P303 x P30
M128sM128s 2000 GiB2000 GiB 2000 MB/秒2000 MB/s 3 x P303 x P30 2 x P202 x P20 1 x P301 x P30 1 x P101 x P10 1 x P61 x P6 2 x P402 x P40
M128msM128ms 3800 GiB3800 GiB 2000 MB/秒2000 MB/s 5 x P305 x P30 2 x P202 x P20 1 x P301 x P30 1 x P101 x P10 1 x P61 x P6 4 x P404 x P40
M208s_v2M208s_v2 2850 GiB2850 GiB 1000 MB/秒1000 MB/s 4 x P304 x P30 2 x P202 x P20 1 x P301 x P30 1 x P101 x P10 1 x P61 x P6 3 x P403 x P40
M208ms_v2M208ms_v2 5700 GiB5700 GiB 1000 MB/秒1000 MB/s 4 x P404 x P40 2 x P202 x P20 1 x P301 x P30 1 x P101 x P10 1 x P61 x P6 3 x P503 x P50
M416s_v2M416s_v2 5700 GiB5700 GiB 2000 MB/秒2000 MB/s 4 x P404 x P40 2 x P202 x P20 1 x P301 x P30 1 x P101 x P10 1 x P61 x P6 3 x P503 x P50
M416ms_v2M416ms_v2 11400 GiB11400 GiB 2000 MB/秒2000 MB/s 8 x P408 x P40 2 x P202 x P20 1 x P301 x P30 1 x P101 x P10 1 x P61 x P6 4 x P504 x P50

VM の種類 M416xx_v2 は、まだ Microsoft から一般提供されていません。M416xx_v2 VM types are not yet made available by Microsoft to the public. 推奨されるさまざまなボリュームのストレージ スループットが、実行するワークロードに対応できるかどうかを確認します。Check whether the storage throughput for the different suggested volumes meets the workload that you want to run. ワークロードに /hana/data および /hana/log のより大きなボリュームが必要な場合は、Azure Premium Storage VHD の数を増やす必要があります。If the workload requires higher volumes for /hana/data and /hana/log, you need to increase the number of Azure Premium Storage VHDs. 記載されている数よりも多くの VHD でボリュームのサイズを設定すると、その Azure 仮想マシンの種類の制限内で IOPS と I/O スループットが向上します。Sizing a volume with more VHDs than listed increases the IOPS and I/O throughput within the limits of the Azure virtual machine type.

Azure 書き込みアクセラレータは、Azure マネージド ディスクとの連携でのみ動作します。Azure Write Accelerator only works in conjunction with Azure managed disks. そのため、少なくとも、 /hana/log ボリュームを形成する Azure Premium Storage ディスクはマネージド ディスクとしてデプロイする必要があります。So at least the Azure Premium Storage disks forming the /hana/log volume need to be deployed as managed disks.

Azure 書き込みアクセラレータでサポートできる VM ごとの Azure Premium Storage VHD には制限があります。There are limits of Azure Premium Storage VHDs per VM that can be supported by Azure Write Accelerator. 現在の制限は次のとおりです。The current limits are:

  • M128xx と M416xx VM では 16 個の VHD16 VHDs for an M128xx and M416xx VM
  • M64xx と M208xx VM では 8 個の VHD8 VHDs for an M64xx and M208xx VM
  • M32xx VM では 4 個の VHD4 VHDs for an M32xx VM

Azure 書き込みアクセラレータを有効にする方法の詳細については、書き込みアクセラレータに関する記事をご覧ください。More detailed instructions on how to enable Azure Write Accelerator can be found in the article Write Accelerator.

Azure 書き込みアクセラレータの詳細と制限事項についても、同じドキュメントに記載されています。Details and restrictions for Azure Write Accelerator can be found in the same documentation.

推奨事項:/hana/log ボリュームを形成するディスクには、書き込みアクセラレータを使用する必要がありますRecommendation: You need to use Write Accelerator for disks forming the /hana/log volume

コストを意識した Azure Storage 構成Cost conscious Azure Storage configuration

次の表に、顧客が Azure VM 上で SAP HANA をホストする際にも使用する VM の種類ごとの構成を示します。The following table shows a configuration of VM types that customers also use to host SAP HANA on Azure VMs. VM の種類によっては、SAP HANA のストレージの最低条件をすべて満たしていないものも、SAP HANA と一緒に使用することが SAP で公式にサポートされていないものもあります。There might be some VM types that might not meet all minimum storage criteria for SAP HANA or are not officially supported with SAP HANA by SAP. ただし、これまでのところ、これらの VM は、運用環境以外のシナリオで問題なく動作しているように思われました。But so far those VMs seemed to perform fine for non-production scenarios. /hana/data/hana/log は 1 つのボリュームに結合されます。The /hana/data and /hana/log are combined to one volume. そのため、Azure 書き込みアクセラレータの使用は IOPS の観点から制限となる可能性があります。As a result the usage of Azure Write Accelerator can become a limitation in terms of IOPS.

注意

SAP でサポートされるシナリオについては、IaaS に関する SAP ドキュメントで、特定の VM の種類が SAP HANA でサポートされているかどうかを確認してください。For SAP supported scenarios, check whether a certain VM type is supported for SAP HANA by SAP in the SAP documentation for IAAS.

注意

コストを意識したソリューション向けの以前の推奨からの変更は、Azure Standard HDD ディスクから優れたパフォーマンスとより信頼性の高い Azure Standard SSD ディスクに移動することです。A change from former recommendations for a cost conscious solution, is to move from Azure Standard HDD disks to better performing and more reliable Azure Standard SSD disks

VM の SKUVM SKU RAMRAM 最大Max. VM I/OVM I/O
ThroughputThroughput
/hana/data and /hana/log/hana/data and /hana/log
LVM または MDADM によるストライピングstriped with LVM or MDADM
/hana/shared/hana/shared /root ボリューム/root volume /usr/sap/usr/sap hana/backuphana/backup
DS14v2DS14v2 112 GiB112 GiB 768 MB/秒768 MB/s 3 x P203 x P20 1 x E201 x E20 1 x E61 x E6 1 x E61 x E6 1 x E151 x E15
E16v3E16v3 128 GiB128 GiB 384 MB/秒384 MB/s 3 x P203 x P20 1 x E201 x E20 1 x E61 x E6 1 x E61 x E6 1 x E151 x E15
E32v3E32v3 256 GiB256 GiB 768 MB/秒768 MB/s 3 x P203 x P20 1 x E201 x E20 1 x E61 x E6 1 x E61 x E6 1 x E201 x E20
E64v3E64v3 432 GiB432 GiB 1200 MB/秒1200 MB/s 3 x P203 x P20 1 x E201 x E20 1 x E61 x E6 1 x E61 x E6 1 x E301 x E30
GS5GS5 448 GiB448 GiB 2000 MB/秒2000 MB/s 3 x P203 x P20 1 x E201 x E20 1 x E61 x E6 1 x E61 x E6 1 x E301 x E30
M32tsM32ts 192 GiB192 GiB 500 MB/秒500 MB/s 3 x P203 x P20 1 x E201 x E20 1 x E61 x E6 1 x E61 x E6 1 x E201 x E20
M32lsM32ls 256 GiB256 GiB 500 MB/秒500 MB/s 3 x P203 x P20 1 x E201 x E20 1 x E61 x E6 1 x E61 x E6 1 x E201 x E20
M64lsM64ls 512 GiB512 GiB 1000 MB/秒1000 MB/s 3 x P203 x P20 1 x E201 x E20 1 x E61 x E6 1 x E61 x E6 1 x E301 x E30
M64sM64s 1000 GiB1000 GiB 1000 MB/秒1000 MB/s 2 x P302 x P30 1 x E301 x E30 1 x E61 x E6 1 x E61 x E6 2 x E302 x E30
M64msM64ms 1750 GiB1750 GiB 1000 MB/秒1000 MB/s 3 x P303 x P30 1 x E301 x E30 1 x E61 x E6 1 x E61 x E6 3 x E303 x E30
M128sM128s 2000 GiB2000 GiB 2000 MB/秒2000 MB/s 3 x P303 x P30 1 x E301 x E30 1 x E101 x E10 1 x E61 x E6 2 x E402 x E40
M128msM128ms 3800 GiB3800 GiB 2000 MB/秒2000 MB/s 5 x P305 x P30 1 x E301 x E30 1 x E101 x E10 1 x E61 x E6 2 x E502 x E50
M208s_v2M208s_v2 2850 GiB2850 GiB 1000 MB/秒1000 MB/s 4 x P304 x P30 1 x E301 x E30 1 x E101 x E10 1 x E61 x E6 3 x E403 x E40
M208ms_v2M208ms_v2 5700 GiB5700 GiB 1000 MB/秒1000 MB/s 4 x P404 x P40 1 x E301 x E30 1 x E101 x E10 1 x E61 x E6 4 x E404 x E40
M416s_v2M416s_v2 5700 GiB5700 GiB 2000 MB/秒2000 MB/s 4 x P404 x P40 1 x E301 x E30 1 x E101 x E10 1 x E61 x E6 4 x E404 x E40
M416ms_v2M416ms_v2 11400 GiB11400 GiB 2000 MB/秒2000 MB/s 8 x P408 x P40 1 x E301 x E30 1 x E101 x E10 1 x E61 x E6 4 x E504 x E50

VM の種類 M416xx_v2 は、まだ Microsoft から一般提供されていません。M416xx_v2 VM types are not yet made available by Microsoft to the public. 比較的小さい VM に推奨されるディスク数 (3 x P20) は、SAP TDI ストレージに関するホワイトペーパーの領域の推奨事項によればボリュームにとって大きすぎます。The disks recommended for the smaller VM types with 3 x P20 oversize the volumes regarding the space recommendations according to the SAP TDI Storage Whitepaper. ただし、この表に示す選択肢は、SAP HANA に対して十分なディスク スループットを提供することができます。However the choice as displayed in the table was made to provide sufficient disk throughput for SAP HANA. メモリ ボリュームの 2 倍に相当するバックアップを保持するようにサイズ設定された /hana/backup ボリュームを変更する必要がある場合は、自由に調整してください。If you need changes to the /hana/backup volume, which was sized for keeping backups that represent twice the memory volume, feel free to adjust.
推奨されるさまざまなボリュームのストレージ スループットが、実行するワークロードに対応できるかどうかを確認します。Check whether the storage throughput for the different suggested volumes meets the workload that you want to run. ワークロードに /hana/data および /hana/log のより大きなボリュームが必要な場合は、Azure Premium Storage VHD の数を増やす必要があります。If the workload requires higher volumes for /hana/data and /hana/log, you need to increase the number of Azure Premium Storage VHDs. 記載されている数よりも多くの VHD でボリュームのサイズを設定すると、その Azure 仮想マシンの種類の制限内で IOPS と I/O スループットが向上します。Sizing a volume with more VHDs than listed increases the IOPS and I/O throughput within the limits of the Azure virtual machine type.

注意

上記の構成では、Azure Premium Storage と Azure Standard Storage を組み合わせて使用しているため、Azure 仮想マシンの単一 VM の SLA のメリットは得られません。The configurations above would NOT benefit from Azure virtual machine single VM SLA since it does use a mixture of Azure Premium Storage and Azure Standard Storage. ただし、各構成はコストを最適化するために選ばれています。However, the selection was chosen in order to optimize costs. VM の構成を Azure single VM SLA に準拠させるには、Azure Standard Storage (Sxx) として示されている上記のすべてのディスクに対して、Premium Storage を選択する必要があります。You would need to choose Premium Storage for all the disks above that listed as Azure Standard Storage (Sxx) to make the VM configuration compliant with the Azure single VM SLA.

注意

明記されているディスク構成推奨事項は、SAP がそのインフラストラクチャ プロバイダーに表明している最小要件を対象にしています。The disk configuration recommendations stated are targeting minimum requirements SAP expresses towards their infrastructure providers. お客様の実際のデプロイ シナリオ/ワークロード シナリオにおいては、この推奨事項で十分な機能が達成できない状況がありました。In real customer deployments and workload scenarios, situations were encountered where these recommendations still did not provide sufficient capabilities. お客様が HANA の再起動後にデータを再読み込みしたところ、読み込みが遅かった、バックアップ構成でストレージへの帯域幅が少なかったなどです。These could be situations where a customer required a faster reload of the data after a HANA restart or where backup configurations required higher bandwidth to the storage. /hana/log が関連するケースもありました。特定のワークロードでは、5000 IOPS では不十分でした。Other cases included /hana/log where 5000 IOPS were not sufficient for the specific workload. そこで、この推奨事項は開始点として利用し、ワークロードの要件に合わせて調整してください。So take these recommendations as a starting point and adapt based on the requirements of the workload.

SAP HANA 用の Azure Ultra Disk ストレージ構成Azure Ultra disk storage configuration for SAP HANA

Microsoft は、Azure Ultra Disk と呼ばれる新しい Azure ストレージの種類をロール アウトしています。Microsoft is in the process of rolling out a new Azure storage type called Azure Ultra disk. これまでに提供されていた Azure Storage と Ultra Disk との大きな違いは、ディスク機能がディスク サイズにバインドされなくなることです。The big difference between Azure storage offered so far and Ultra disk is that the disk capabilities are not bound to the disk size anymore. 顧客として、Ultra Disk に次の機能を定義できます。As a customer you can define these capabilities for Ultra disk:

  • 4 GiB から 65,536 GiB のディスク範囲のサイズSize of a disk ranging from 4 GiB to 65,536 GiB
  • 100 IOPS から 160K IOPS の IOPS の範囲 (最大値は VM の種類によっても異なる)IOPS range from 100 IOPS to 160K IOPS (maximum depends on VM types as well)
  • 300 MB/秒から 2,000 MB/秒のストレージのスループットStorage throughput from 300 MB/sec to 2,000 MB/sec

Ultra Disk によって、自分のサイズ、IOPS、ディスク スループットの範囲を実行する 1 つのディスクを定義することができます。Ultra disk gives you the possibility to define a single disk that fulfills your size, IOPS, and disk throughput range. Azure Premium Storage 上の LVM または MDADM などの論理ボリュームを使用する代わりに、IOPS とストレージ スループットの要件を満たすボリュームを構築します。Instead of using logical volume managers like LVM or MDADM on top of Azure Premium Storage to construct volumes that fulfill IOPS and storage throughput requirements. Ultra Disk と Premium Storage との間の構成の組み合わせを実行できます。You can run a configuration mix between Ultra disk and Premium Storage. その結果、Ultra Disk の使用をパフォーマンス クリティカルの /hana/data と /hana/log ボリュームに制限し、Azure Premium Storage を使用したその他のボリュームをカバーすることができますAs a result, you can limit the usage of Ultra disk to the performance critical /hana/data and /hana/log volumes and cover the other volumes with Azure Premium Storage

Ultra Disk のその他の利点は、Premium Storage と比較して読み取り待機時間が短いことです。Other advantages of Ultra disk can be the better read latency in comparison to Premium Storage. 読み取り待機時間が短いということは、HANA の起動時間とその後のメモリへのデータの読み込み時間を短縮する必要がある場合に利点があります。The faster read latency can have advantages when you want to reduce the HANA start up times and the subsequent load of the data into memory. Ultra Disk ストレージの利点は、HANA によってセーブポイントが書き込まれているときにも感じることができます。Advantages of Ultra disk storage also can be felt when HANA is writing savepoints. /hana/data 用の Premium Storage ディスクは、通常、書き込みアクセラレータでキャッシュされないため、Ultra Disk と比較して Premium Storage 上の/hana/data への書き込み待機時間は長くなります。Since Premium Storage disks for /hana/data are usually not Write Accelerator cached, the write latency to /hana/data on Premium Storage compared to the Ultra disk is higher. Ultra Disk でのセーブポイントの書き込みにより、Ultra Disk でのパフォーマンスが向上することが期待できます。It can be expected that savepoint writing with Ultra disk is performing better on Ultra disk.

重要

Ultra Disk は、まだ、すべての Azure リージョンには存在しておらず、すべての種類の VM がサポートされているわけでもありません。Ultra disk is not yet present in all the Azure regions and is also not yet supporting all VM types listed below. 使用可能な Ultra Disk、サポートされている VM ファミリの詳細については、「Azure で利用できるディスクの種類」を参照してください。For detailed information where Ultra disk is available and which VM families are supported, check the article What disk types are available in Azure?.

この構成では、/hana/data ボリュームと /hana/log ボリュームを別々に保持します。In this configuration, you keep the /hana/data and /hana/log volumes separately. 推奨値は、SAP TDI ストレージに関するホワイトペーパー で推奨されているように SAP HANA およびストレージ構成に対して VM の種類を認定するために SAP が用意している KPI から導出されます。The suggested values are derived out of the KPIs that SAP has to certify VM types for SAP HANA and storage configurations as recommended in the SAP TDI Storage Whitepaper.

VM の SKUVM SKU RAMRAM 最大Max. VM I/OVM I/O
スループットThroughput
/hana/data volume/hana/data volume /hana/data I/O throughput/hana/data I/O throughput /hana/data IOPS/hana/data IOPS /hana/log volume/hana/log volume /hana/log I/O throughput/hana/log I/O throughput /hana/log IOPS/hana/log IOPS
E64s_v3E64s_v3 432 GiB432 GiB 1,200 MB/秒1,200 MB/s 600 GB600 GB 700 MBps700 MBps 75007500 512 GB512 GB 500 MBps500 MBps 20002000
M32tsM32ts 192 GiB192 GiB 500 MB/秒500 MB/s 250 GB250 GB 400 MBps400 MBps 75007500 256 GB256 GB 250 MBps250 MBps 20002000
M32lsM32ls 256 GiB256 GiB 500 MB/秒500 MB/s 300 GB300 GB 400 MBps400 MBps 75007500 256 GB256 GB 250 MBps250 MBps 20002000
M64lsM64ls 512 GiB512 GiB 1000 MB/秒1000 MB/s 600 GB600 GB 600 MBps600 MBps 75007500 512 GB512 GB 400 MBps400 MBps 25002500
M64sM64s 1000 GiB1000 GiB 1,000 MB/秒1,000 MB/s 1200 GB1200 GB 600 MBps600 MBps 75007500 512 GB512 GB 400 MBps400 MBps 25002500
M64msM64ms 1750 GiB1750 GiB 1,000 MB/秒1,000 MB/s 2100 GB2100 GB 600 MBps600 MBps 75007500 512 GB512 GB 400 MBps400 MBps 25002500
M128sM128s 2000 GiB2000 GiB 2,000 MB/秒2,000 MB/s 2400 GB2400 GB 1200 MBps1200 MBps 90009000 512 GB512 GB 800 MBps800 MBps 30003000
M128msM128ms 3800 GiB3800 GiB 2,000 MB/秒2,000 MB/s 4800 GB4800 GB 1200 MBps1200 MBps 90009000 512 GB512 GB 800 MBps800 MBps 30003000
M208s_v2M208s_v2 2850 GiB2850 GiB 1,000 MB/秒1,000 MB/s 3500 GB3500 GB 1000 MBps1000 MBps 90009000 512 GB512 GB 400 MBps400 MBps 25002500
M208ms_v2M208ms_v2 5700 GiB5700 GiB 1,000 MB/秒1,000 MB/s 7200 GB7200 GB 1000 MBps1000 MBps 90009000 512 GB512 GB 400 MBps400 MBps 25002500
M416s_v2M416s_v2 5700 GiB5700 GiB 2,000 MB/秒2,000 MB/s 7200 GB7200 GB 1500 MBps1500MBps 90009000 512 GB512 GB 800 MBps800 MBps 30003000
M416ms_v2M416ms_v2 11400 GiB11400 GiB 2,000 MB/秒2,000 MB/s 14400 GB14400 GB 1500 MBps1500 MBps 90009000 512 GB512 GB 800 MBps800 MBps 30003000

VM の種類 M416xx_v2 は、まだ Microsoft から一般提供されていません。M416xx_v2 VM types are not yet made available by Microsoft to the public. 一覧の値は開始位置になることが意図されており、実際の要求に対して評価される必要があります。The values listed are intended to be a starting point and need to be evaluated against the real demands. Azure Ultra Disk を使用する利点は、VM または停止しているシステムに適用されたワークロードをシャットダウンする必要なく、IOPS とスループットの値を適用できることです。The advantage with Azure Ultra disk is that the values for IOPS and throughput can be adapted without the need to shut down the VM or halting the workload applied to the system.

注意

これまでのところ、Ultra Disk ストレージでのストレージ スナップショットは利用できません。So far, storage snapshots with Ultra disk storage is not available. これにより、Azure Backup Services での VM スナップショットの使用はブロックされます。This blocks the usage of VM snapshots with Azure Backup Services

この構成では、/hana/data ボリュームと /hana/log ボリュームを同じディスク上で使用します。In this configuration, you the /hana/data and /hana/log volumes on the same disk. 推奨値は、SAP TDI ストレージに関するホワイトペーパー で推奨されているように SAP HANA およびストレージ構成に対して VM の種類を認定するために SAP が用意している KPI から導出されます。The suggested values are derived out of the KPIs that SAP has to certify VM types for SAP HANA and storage configurations as recommended in the SAP TDI Storage Whitepaper.

VM の SKUVM SKU RAMRAM 最大Max. VM I/OVM I/O
スループットThroughput
/hana/data および hana/log 用のボリュームVolume for /hana/data and /log /hana/data とログ I/O のスループット/hana/data and log I/O throughput /hana/data と log IOPS/hana/data and log IOPS
E64s_v3E64s_v3 432 GiB432 GiB 1,200 MB/秒1,200 MB/s 1,200 GB1,200 GB 1,200 MBps1,200 MBps 9,5009,500
M32tsM32ts 192 GiB192 GiB 500 MB/秒500 MB/s 512 GB512 GB 400 MBps400 MBps 9,5009,500
M32lsM32ls 256 GiB256 GiB 500 MB/秒500 MB/s 600 GB600 GB 400 MBps400 MBps 9,5009,500
M64lsM64ls 512 GiB512 GiB 1,000 MB/秒1,000 MB/s 1,100 GB1,100 GB 900 MBps900 MBps 10,00010,000
M64sM64s 1000 GiB1000 GiB 1,000 MB/秒1,000 MB/s 1,700 GB1,700 GB 900 MBps900 MBps 10,00010,000
M64msM64ms 1750 GiB1750 GiB 1,000 MB/秒1,000 MB/s 2,600 GB2,600 GB 900 MBps900 MBps 10,00010,000
M128sM128s 2000 GiB2000 GiB 2,000 MB/秒2,000 MB/s 2,900 GB2,900 GB 1,800 MBps1,800 MBps 12,00012,000
M128msM128ms 3800 GiB3800 GiB 2,000 MB/秒2,000 MB/s 5,300 GB5,300 GB 1,800 MBps1,800 MBps 12,00012,000
M208s_v2M208s_v2 2850 GiB2850 GiB 1,000 MB/秒1,000 MB/s 4,000 GB4,000 GB 900 MBps900 MBps 10,00010,000
M208ms_v2M208ms_v2 5700 GiB5700 GiB 1,000 MB/秒1,000 MB/s 7,700 GB7,700 GB 900 MBps900 MBps 10,00010,000
M416s_v2M416s_v2 5700 GiB5700 GiB 2,000 MB/秒2,000 MB/s 7,700 GB7,700 GB 1,800 MBps1,800MBps 12,00012,000
M416ms_v2M416ms_v2 11400 GiB11400 GiB 2,000 MB/秒2,000 MB/s 15,000 GB15,000 GB 1,800 MBps1,800 MBps 12,00012,000

VM の種類 M416xx_v2 は、まだ Microsoft から一般提供されていません。M416xx_v2 VM types are not yet made available by Microsoft to the public. 一覧の値は開始位置になることが意図されており、実際の要求に対して評価される必要があります。The values listed are intended to be a starting point and need to be evaluated against the real demands. Azure Ultra Disk を使用する利点は、VM または停止しているシステムに適用されたワークロードをシャットダウンする必要なく、IOPS とスループットの値を適用できることです。The advantage with Azure Ultra disk is that the values for IOPS and throughput can be adapted without the need to shut down the VM or halting the workload applied to the system.

Azure NetApp Files 上の NFS v4.1 ボリュームNFS v4.1 volumes on Azure NetApp Files

Azure NetApp Files には、/hana/shared、/hana/data、/hana/log の各ボリュームに使用できるネイティブ NFS 共有が用意されています。Azure NetApp Files provides native NFS shares that can be used for /hana/shared, /hana/data and /hana/log volumes. これらのボリュームに ANF ベースの NFS 共有を使用するには、v4.1 NFS プロトコルを使用する必要があります。Using ANF based NFS shares for these volumes requires the usage of the v4.1 NFS protocol. ANF に基づいて共有を行う場合、HANA 関連のボリュームの使用に対して NFS プロトコル v3 はサポートされていません。the NFS protocol v3 is not supported for the usage of HANA related volumes when basing the shares on ANF.

重要

Azure NetApp Files に実装されている NFS v3 プロトコルは、/hana/shared、/hana/data、および /hana/log に対してはサポートされていないため使用できませんthe NFS v3 protocol implemented on Azure NetApp Files is not supported to be used for /hana/shared, /hana/data and /hana/log

ストレージの待機時間の要件を満たすために、それらの NFS ボリュームを SAP HANA に使用する VM は ANF インフラストラクチャに近接していることが不可欠です。In order to fulfill the requirements for storage latency, it is essential that the VMs that use those NFS volumes for SAP HANA are in proximity to the ANF infrastructure. これを実現するには、ANF インフラストラクチャの近くに Microsoft の助けを借りて VM を配置する必要があります。In order to achieve this, the VMs need to be placed with the help of Microsoft in the vicinity of the ANF infrastructure. そのような近接配置を Microsoft が実行できるようにするために、Microsoft では、何らかのデータと空の Azure 可用性セットをお客様に求めるフォームを発行します。In order to enable Microsoft to perform such a proximity placement, Microsoft is going to publish a form that will ask you for some data and an empty Azure availability set. 次に Microsoft は、必要に応じて、ANF インフラストラクチャの近くに可用性セットを配置します。Microsoft will then place the availability set close to the ANF infrastructure where necessary.

ANF インフラストラクチャでは、さまざまなパフォーマンス カテゴリが提供されます。ANF infrastructure provides different performance categories. これらのカテゴリについては、「Azure NetApp Files のサービス レベル」を参照してください。These categories are documented in Service levels for Azure NetApp Files.

注意

/hana/data と /hana/log には、ANF Ultra ストレージ カテゴリを使用することをお勧めします。It is recommended to use the ANF Ultra storage category for /hana/data and /hana/log. /hana/shared の場合、standard または premium のカテゴリで十分ですFor /hana/shared, the standard or premium category is sufficient

ANF ベースの NFS ボリュームの推奨スループットに対する推奨事項が間もなく公開される予定です。Recommendations for recommended throughput of ANF based NFS volumes are going to be published soon.

n+m HANA のスケールアウト構成を作成する方法について説明するドキュメントが間もなく公開される予定です。Documentation that describes how to create n+m HANA scale-out configurations are going to be published soon.

次の手順Next steps

詳細については、次を参照してください。For more information, see: