仮想ネットワーク用の Azure CLI サンプル

次の表には、Azure CLI コマンドを使用する Bash スクリプトへのリンクが含まれています。

スクリプト 説明
多層アプリケーション用の仮想ネットワークの作成 フロントエンド サブネットとバックエンド サブネットを含む仮想ネットワークを作成します。 フロントエンド サブネットへのトラフィックは HTTP と SSH に制限され、バックエンド サブネットへのトラフィックは MySQL、ポート 3306 に制限されます。
2 つの仮想ネットワークのピアリング 同じリージョンに 2 つの仮想ネットワークを作成し、接続します。
ネットワーク仮想アプライアンス経由のトラフィックのルーティング フロントエンド サブネットとバックエンド サブネットを含む仮想ネットワークと、2 つのサブネット間でトラフィックをルーティングできる VM を作成します。
VM ネットワークの着信トラフィックおよび送信トラフィックのフィルター処理 フロントエンド サブネットとバックエンド サブネットを含む仮想ネットワークを作成します。 フロントエンド サブネットへの着信ネットワーク トラフィックは、HTTP、HTTPS、SSH に制限されます。 バックエンド サブネットからインターネットへの送信トラフィックは許可されません。
Basic Load Balancer を使用した IPv4 と IPv6 のデュアル スタック仮想ネットワークの構成 2 つの VM と IPv4 および IPv6 のパブリック IP アドレスを使用した Azure Basic Load Balancer によるデュアル スタック (IPv4+IPv6) の仮想ネットワークを展開します。
Standard Load Balancer を使用した IPv4 と IPv6 のデュアル スタック仮想ネットワークの構成 2 つの VM と IPv4 および IPv6 のパブリック IP アドレスを使用した Azure Standard Load Balancer によるデュアル スタック (IPv4+IPv6) の仮想ネットワークを展開します。
チュートリアル:NAT ゲートウェイの作成とテスト - Azure CLI 仮想マシンを使用して NAT ゲートウェイを作成し、有効性を検証します。