仮想ネットワーク ピアリングの作成 - 異なるデプロイメント モデル、同じサブスクリプションCreate a virtual network peering - different deployment models, same subscription

このチュートリアルでは、異なるデプロイメント モデルで作成された仮想ネットワーク間に仮想ネットワーク ピアリングを作成する方法について説明します。In this tutorial, you learn to create a virtual network peering between virtual networks created through different deployment models. どちらの仮想ネットワークも同じサブスクリプションに存在する必要があります。Both virtual networks exist in the same subscription. 2 つの仮想ネットワークをピアリングすると、別々の仮想ネットワークに存在するリソースが、あたかも同じ仮想ネットワーク内に存在するかのような帯域幅と待ち時間で相互に通信を行うことができます。Peering two virtual networks enables resources in different virtual networks to communicate with each other with the same bandwidth and latency as though the resources were in the same virtual network. 詳しくは、「仮想ネットワーク ピアリング」をご覧ください。Learn more about Virtual network peering.

仮想ネットワーク ピアリングを作成する手順は、サブスクリプションが同じか異なるか、また、どのAzure デプロイメント モデルを使用して仮想ネットワークが作成されているかによって異なります。The steps to create a virtual network peering are different, depending on whether the virtual networks are in the same, or different, subscriptions, and which Azure deployment model the virtual networks are created through. 他のシナリオで仮想ネットワークを作成する方法については、次の表で目的のシナリオをクリックしてください。Learn how to create a virtual network peering in other scenarios by clicking the scenario from the following table:

Azure デプロイメント モデルAzure deployment model Azure サブスクリプションAzure subscription
両方とも Resource ManagerBoth Resource Manager 同じSame
両方が Resource ManagerBoth Resource Manager 異なるDifferent
一方が Resource Manager、もう一方がクラシックOne Resource Manager, one classic 異なるDifferent

クラシック デプロイ モデルでデプロイされた 2 つの仮想ネットワークの間に、仮想ネットワーク ピアリングを作成することはできません。A virtual network peering can't be created between two virtual networks deployed through the classic deployment model. どちらもクラシック デプロイ モデルで作成された仮想ネットワークを接続する必要がある場合は、Azure VPN Gateway を使ってそれらの仮想ネットワークを接続できます。If you need to connect virtual networks that were both created through the classic deployment model, you can use an Azure VPN Gateway to connect the virtual networks.

このチュートリアルでは同じリージョンで複数の仮想ネットワークをピアリングします。This tutorial peers virtual networks in the same region. 異なるサポート対象リージョン間での仮想ネットワーク ピアリングも可能です。You can also peer virtual networks in different supported regions. 仮想ネットワークのピアリングの前に、ピアリングの要件と制約をよく理解しておくことをお勧めします。It's recommended that you familiarize yourself with the peering requirements and constraints before peering virtual networks.

仮想ネットワーク ピアリングは、Azure portal、Azure コマンド ライン インターフェイス (CLI)、Azure PowerShell、Azure Resource Manager テンプレートのいずれかを使って作成できます。You can use the Azure portal, the Azure command-line interface (CLI), Azure PowerShell, or an Azure Resource Manager template to create a virtual network peering. いずれかのリンクをクリックすると、そのツールを使って仮想ネットワーク ピアリングを作成するための手順に直接移動します。Click any of the previous tool links to go directly to the steps for creating a virtual network peering using your tool of choice.

ピアリングの作成 - Azure PortalCreate peering - Azure portal

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal. サインインに使用するアカウントには、仮想ネットワーク ピアリングを作成するためのアクセス許可が必要です。The account you sign in with must have the necessary permissions to create a virtual network peering. アクセス許可の一覧については、仮想ネットワークのピアリングのアクセス許可に関するページをご覧ください。For a list of permissions, see Virtual network peering permissions.

  2. [+ 新規][ネットワーキング][仮想ネットワーク] の順にクリックします。Click + New, click Networking, then click Virtual network.

  3. [仮想ネットワークの作成] ブレードで、次の設定の値を入力するか選択し、 [作成] をクリックします。In the Create virtual network blade, enter, or select values for the following settings, then click Create:

    • [名前] : myVnet1Name: myVnet1
    • [アドレス空間] : 10.0.0.0/16Address space: 10.0.0.0/16
    • [サブネット名] : "既定値"Subnet name: default
    • [サブネットのアドレス範囲] : 10.0.0.0/24Subnet address range: 10.0.0.0/24
    • サブスクリプション:サブスクリプションを選択します。Subscription: Select your subscription
    • [リソース グループ] : [新規作成] を選択し、「myResourceGroup」と入力しますResource group: Select Create new and enter myResourceGroup
    • [場所] :米国東部Location: East US
  4. [+ 新規] をクリックします。Click + New. [Marketplace を検索] ボックスに「仮想ネットワーク」と入力します。In the Search the Marketplace box, type Virtual network. 検索結果に [仮想ネットワーク] が表示されたら、それをクリックします。Click Virtual network when it appears in the search results.

  5. [仮想ネットワーク] ブレードの [デプロイ モデルの選択] ボックスで、 [クラシック] を選択し、 [作成] をクリックします。In the Virtual network blade, select Classic in the Select a deployment model box, and then click Create.

  6. [仮想ネットワークの作成] ブレードで、次の設定の値を入力するか選択し、 [作成] をクリックします。In the Create virtual network blade, enter, or select values for the following settings, then click Create:

    • [名前] : myVnet2Name: myVnet2
    • [アドレス空間] : 10.1.0.0/16Address space: 10.1.0.0/16
    • [サブネット名] : "既定値"Subnet name: default
    • [サブネットのアドレス範囲] : 10.1.0.0/24Subnet address range: 10.1.0.0/24
    • サブスクリプション:サブスクリプションを選択します。Subscription: Select your subscription
    • [リソース グループ] : [既存のものを使用] を選択し、 [myResourceGroup] を選択します。Resource group: Select Use existing and select myResourceGroup
    • [場所] :米国東部Location: East US
  7. ポータル上部の [リソースの検索] ボックスに「myResourceGroup」と入力します。In the Search resources box at the top of the portal, type myResourceGroup. 検索結果に myResourceGroup が表示されたら、それをクリックします。Click myResourceGroup when it appears in the search results. myresourcegroup リソース グループのブレードが表示されます。A blade appears for the myresourcegroup resource group. このリソース グループには、先ほどの手順で作成した 2 つの仮想ネットワークが存在します。The resource group holds the two virtual networks created in previous steps.

  8. [myVNet1] をクリックします。Click myVNet1.

  9. 表示された [myVnet1] ブレードの左側にある縦長のオプション一覧で [ピアリング] をクリックします。In the myVnet1 blade that appears, click Peerings from the vertical list of options on the left side of the blade.

  10. 表示された [myVnet1 - ピアリング] ブレードで [+ 追加] をクリックします。In the myVnet1 - Peerings blade that appeared, click + Add

  11. 表示された [ピアリングの追加] ブレードで次のオプションを入力または選択し、 [OK] をクリックします。In the Add peering blade that appears, enter, or select the following options, then click OK:

    • [名前] : myVnet1ToMyVnet2Name: myVnet1ToMyVnet2
    • 仮想ネットワークのデプロイ モデル: [クラシック] を選択します。Virtual network deployment model: Select Classic.
    • サブスクリプション:サブスクリプションを選択します。Subscription: Select your subscription
    • 仮想ネットワーク: [仮想ネットワークの選択] をクリックし、 [myVnet2] をクリックします。Virtual network: Click Choose a virtual network, then click myVnet2.
    • [仮想ネットワーク アクセスを許可する] : [有効] が選択されていることを確認します。Allow virtual network access: Ensure that Enabled is selected. その他の設定は、このチュートリアルでは使用しません。No other settings are used in this tutorial. すべてのピアリング設定については、仮想ネットワーク ピアリングの管理に関するページを参照してください。To learn about all peering settings, read Manage virtual network peerings.
  12. 前の手順で [OK] をクリックすると、 [ピアリングの追加] ブレードが閉じて、 [myVnet1 - ピアリング] ブレードが再度表示されます。After clicking OK in the previous step, the Add peering blade closes and you see the myVnet1 - Peerings blade again. 数秒後、作成したピアリングがブレードに表示されます。After a few seconds, the peering you created appears in the blade. 作成した myVnet1ToMyVnet2 ピアリングの [ピアリング状態] 列に [接続済み] と表示されます。Connected is listed in the PEERING STATUS column for the myVnet1ToMyVnet2 peering you created.

    これでピアリングが確立されました。The peering is now established. 2 つの仮想ネットワークに作成した Azure リソースが、その IP アドレスを使用して相互に通信できるようになりました。Any Azure resources you create in either virtual network are now able to communicate with each other through their IP addresses. 仮想ネットワークに Azure の既定の名前解決を使用する場合、そのネットワーク内のリソースは、通信相手の仮想ネットワークに対して名前を解決することができません。If you're using default Azure name resolution for the virtual networks, the resources in the virtual networks aren't able to resolve names across the virtual networks. ピアリングされた仮想ネットワークの間で名前を解決する必要がある場合は、独自の DNS サーバーを作成する必要があります。If you want to resolve names across virtual networks in a peering, you must create your own DNS server. その方法については、「独自 DNS サーバー使用の名前解決」を参照してください。Learn how to set up Name resolution using your own DNS server.

  13. 省略可能: このチュートリアルでは仮想マシンの作成について説明していませんが、それぞれの仮想ネットワークに仮想マシンを作成し、一方の仮想マシンからもう一方の仮想マシンに接続することで接続を検証することができます。Optional: Though creating virtual machines isn't covered in this tutorial, you can create a virtual machine in each virtual network and connect from one virtual machine to the other, to validate connectivity.

  14. 省略可能: このチュートリアルで作成したリソースを削除するには、この記事の「リソースの削除」セクションの手順を実行してください。Optional: To delete the resources that you create in this tutorial, complete the steps in the Delete resources section of this article.

ピアリングの作成 - Azure CLICreate peering - Azure CLI

Azure クラシック CLI と Azure CLI を使用して、次の手順を完了します。Complete the following steps using the Azure classic CLI and the Azure CLI. 次の手順のいずれかで [試してみる] ボタンを選択するだけで、またはクラシック CLICLI をインストールし、ローカル コンピューター上のコマンドを実行すると、Azure Cloud Shell からの手順を行うことができます。You can complete the steps from the Azure Cloud Shell, by just selecting the Try it button in any of the following steps, or by installing the classic CLI and CLI and running the commands on your local computer.

  1. Cloud Shell を使用する場合は、Cloud Shell が Azure に自動的にサインインするため、手順 2 に進みます。If using the Cloud Shell, skip to step 2, because the Cloud Shell automatically signs you in to Azure. コマンド セッションを開き、azure login コマンドを使用して Azure にサインインします。Open a command session and sign in to Azure using the azure login command.

  2. azure config mode asm コマンドを入力して、サービス管理モードで CLI を実行します。Run the CLI in Service Management mode by entering the azure config mode asm command.

  3. 次のコマンドを入力して、仮想ネットワーク (クラシック) を作成します。Enter the following command to create the virtual network (classic):

    azure network vnet create --vnet myVnet2 --address-space 10.1.0.0 --cidr 16 --location "East US"
    
  4. クラッシック CLI ではない、CLI を使用して、次の bash CLI スクリプトを実行します。Execute the following bash CLI script using the CLI, not the classic CLI. bash CLI スクリプトを Windows コンピュータで実行する方法については、「Windows での Azure CLI のインストール」をご覧ください。For options on running bash CLI scripts on Windows computer, see Install the Azure CLI on Windows.

    #!/bin/bash
    
    # Create a resource group.
    az group create \
      --name myResourceGroup \
      --location eastus
    
    # Create the virtual network (Resource Manager).
    az network vnet create \
      --name myVnet1 \
      --resource-group myResourceGroup \
      --location eastus \
      --address-prefix 10.0.0.0/16
    
  5. CLI を使用して、異なるデプロイメント モデルで作成された 2 つの仮想ネットワークの間で仮想ネットワーク ピアリングを作成します。Create a virtual network peering between the two virtual networks created through the different deployment models using the CLI. PC で次のスクリプトをテキスト エディターにコピーします。Copy the following script to a text editor on your PC. <subscription id> は、サブスクリプション ID で置き換えてください。Replace <subscription id> with your subscription ID. サブスクリプション ID がわからない場合は、az account show コマンドを入力します。If you don't know your subscription ID, enter the az account show command. 出力された id の値がサブスクリプション ID です。The value for id in the output is your subscription ID. 変更後のスクリプトを CLI セッションに貼り付けて、Enter を押します。Paste the modified script in to your CLI session, and then press Enter.

    # Get the ID for VNet1.
    vnet1Id=$(az network vnet show \
      --resource-group myResourceGroup \
      --name myVnet1 \
      --query id --out tsv)
    
    # Peer VNet1 to VNet2.
    az network vnet peering create \
      --name myVnet1ToMyVnet2 \
      --resource-group myResourceGroup \
      --vnet-name myVnet1 \
      --remote-vnet-id /subscriptions/<subscription id>/resourceGroups/Default-Networking/providers/Microsoft.ClassicNetwork/virtualNetworks/myVnet2 \
      --allow-vnet-access
    
  6. スクリプトの実行後、仮想ネットワーク (Resource Manager) のピアリングを確認します。After the script executes, review the peering for the virtual network (Resource Manager). 次のコマンドをコピーし、CLI セッションに貼り付けて、Enter を押します。Copy the following command, paste it in your CLI session, and then press Enter:

    az network vnet peering list \
      --resource-group myResourceGroup \
      --vnet-name myVnet1 \
      --output table
    

    PeeringState 列に Connected と出力されます。The output shows Connected in the PeeringState column.

    2 つの仮想ネットワークに作成した Azure リソースが、その IP アドレスを使用して相互に通信できるようになりました。Any Azure resources you create in either virtual network are now able to communicate with each other through their IP addresses. 仮想ネットワークに Azure の既定の名前解決を使用する場合、そのネットワーク内のリソースは、通信相手の仮想ネットワークに対して名前を解決することができません。If you're using default Azure name resolution for the virtual networks, the resources in the virtual networks aren't able to resolve names across the virtual networks. ピアリングされた仮想ネットワークの間で名前を解決する必要がある場合は、独自の DNS サーバーを作成する必要があります。If you want to resolve names across virtual networks in a peering, you must create your own DNS server. その方法については、「独自 DNS サーバー使用の名前解決」を参照してください。Learn how to set up Name resolution using your own DNS server.

  7. 省略可能: このチュートリアルでは仮想マシンの作成について説明していませんが、それぞれの仮想ネットワークに仮想マシンを作成し、一方の仮想マシンからもう一方の仮想マシンに接続することで接続を検証することができます。Optional: Though creating virtual machines isn't covered in this tutorial, you can create a virtual machine in each virtual network and connect from one virtual machine to the other, to validate connectivity.

  8. 省略可能: このチュートリアルで作成したリソースを削除するには、この記事の「リソースの削除」の手順を実行してください。Optional: To delete the resources that you create in this tutorial, complete the steps in Delete resources in this article.

ピアリングの作成 - PowerShellCreate peering - PowerShell

  1. PowerShell Azure および Az モジュールの最新バージョンをインストールします。Install the latest version of the PowerShell Azure and Az modules. Azure PowerShell を初めてお使いの方は、Azure PowerShell の概要に関する記事を参照してください。If you're new to Azure PowerShell, see Azure PowerShell overview.

  2. PowerShell セッションを開始します。Start a PowerShell session.

  3. PowerShell で、Add-AzureAccount コマンドを入力して Azure にサインインします。In PowerShell, sign in to Azure by entering the Add-AzureAccount command. サインインに使用するアカウントには、仮想ネットワーク ピアリングを作成するためのアクセス許可が必要です。The account you sign in with must have the necessary permissions to create a virtual network peering. アクセス許可の一覧については、仮想ネットワークのピアリングのアクセス許可に関するページをご覧ください。For a list of permissions, see Virtual network peering permissions.

  4. PowerShell で仮想ネットワーク (クラシック) を作成するには、ネットワーク構成ファイルを新しく作成するか、既存のものを変更する必要があります。To create a virtual network (classic) with PowerShell, you must create a new, or modify an existing, network configuration file. ネットワーク構成ファイルをエクスポート、更新、およびインポートする方法を確認してください。Learn how to export, update, and import network configuration files. ファイルには、このチュートリアルで使用されている仮想ネットワークの次の VirtualNetworkSite 要素を含める必要があります。The file should include the following VirtualNetworkSite element for the virtual network used in this tutorial:

    <VirtualNetworkSite name="myVnet2" Location="East US">
      <AddressSpace>
        <AddressPrefix>10.1.0.0/16</AddressPrefix>
      </AddressSpace>
      <Subnets>
        <Subnet name="default">
          <AddressPrefix>10.1.0.0/24</AddressPrefix>
        </Subnet>
      </Subnets>
    </VirtualNetworkSite>
    

    警告

    変更したネットワーク構成ファイルをインポートすると、サブスクリプションの既存の仮想ネットワーク (クラシック) が変更される可能性があります。Importing a changed network configuration file can cause changes to existing virtual networks (classic) in your subscription. 前の仮想ネットワークのみを追加し、サブスクリプションの既存の仮想ネットワークは変更または削除しないようにしてください。Ensure you only add the previous virtual network and that you don't change or remove any existing virtual networks from your subscription.

  5. Connect-AzAccount コマンドを入力し、Azure にサインインして仮想ネットワーク (Resource Manager) を作成します。Sign in to Azure to create the virtual network (Resource Manager) by entering the Connect-AzAccount command. サインインに使用するアカウントには、仮想ネットワーク ピアリングを作成するためのアクセス許可が必要です。The account you sign in with must have the necessary permissions to create a virtual network peering. アクセス許可の一覧については、仮想ネットワークのピアリングのアクセス許可に関するページをご覧ください。For a list of permissions, see Virtual network peering permissions.

  6. リソース グループと仮想ネットワーク (Resource Manager) を作成します。Create a resource group and a virtual network (Resource Manager). スクリプトをコピーして PowerShell に貼り付け、Enter を押します。Copy the script, paste it into PowerShell, and then press Enter.

    # Create a resource group.
      New-AzResourceGroup -Name myResourceGroup -Location eastus
    
    # Create the virtual network (Resource Manager).
      $vnet1 = New-AzVirtualNetwork `
      -ResourceGroupName myResourceGroup `
      -Name 'myVnet1' `
      -AddressPrefix '10.0.0.0/16' `
      -Location eastus
    
  7. 異なるデプロイメント モデルで作成された 2 つの仮想ネットワークの間で仮想ネットワーク ピアリングを作成します。Create a virtual network peering between the two virtual networks created through the different deployment models. PC で次のスクリプトをテキスト エディターにコピーします。Copy the following script to a text editor on your PC. <subscription id> は、サブスクリプション ID で置き換えてください。Replace <subscription id> with your subscription ID. サブスクリプション ID がわからない場合は、Get-AzSubscription コマンドを入力して表示します。If you don't know your subscription ID, enter the Get-AzSubscription command to view it. 返された出力の id の値がサブスクリプション ID です。The value for Id in the returned output is your subscription ID. スクリプトを実行するには、お使いのテキスト エディターから変更後のスクリプトをコピーし、PowerShell セッションを右クリックして、Enter を押します。To execute the script, copy the modified script from your text editor, then right-click in your PowerShell session, and then press Enter.

    # Peer VNet1 to VNet2.
    Add-AzVirtualNetworkPeering `
      -Name myVnet1ToMyVnet2 `
      -VirtualNetwork $vnet1 `
      -RemoteVirtualNetworkId /subscriptions/<subscription Id>/resourceGroups/Default-Networking/providers/Microsoft.ClassicNetwork/virtualNetworks/myVnet2
    
  8. スクリプトの実行後、仮想ネットワーク (Resource Manager) のピアリングを確認します。After the script executes, review the peering for the virtual network (Resource Manager). 次のコマンドをコピーし、PowerShell セッションに貼り付けて、Enter を押します。Copy the following command, paste it in your PowerShell session, and then press Enter:

    Get-AzVirtualNetworkPeering `
      -ResourceGroupName myResourceGroup `
      -VirtualNetworkName myVnet1 `
      | Format-Table VirtualNetworkName, PeeringState
    

    出力の PeeringState 列に Connected と表示されます。The output shows Connected in the PeeringState column.

    2 つの仮想ネットワークに作成した Azure リソースが、その IP アドレスを使用して相互に通信できるようになりました。Any Azure resources you create in either virtual network are now able to communicate with each other through their IP addresses. 仮想ネットワークに Azure の既定の名前解決を使用する場合、そのネットワーク内のリソースは、通信相手の仮想ネットワークに対して名前を解決することができません。If you're using default Azure name resolution for the virtual networks, the resources in the virtual networks aren't able to resolve names across the virtual networks. ピアリングされた仮想ネットワークの間で名前を解決する必要がある場合は、独自の DNS サーバーを作成する必要があります。If you want to resolve names across virtual networks in a peering, you must create your own DNS server. その方法については、「独自 DNS サーバー使用の名前解決」を参照してください。Learn how to set up Name resolution using your own DNS server.

  9. 省略可能: このチュートリアルでは仮想マシンの作成について説明していませんが、それぞれの仮想ネットワークに仮想マシンを作成し、一方の仮想マシンからもう一方の仮想マシンに接続することで接続を検証することができます。Optional: Though creating virtual machines isn't covered in this tutorial, you can create a virtual machine in each virtual network and connect from one virtual machine to the other, to validate connectivity.

  10. 省略可能: このチュートリアルで作成したリソースを削除するには、この記事の「リソースの削除」の手順を実行してください。Optional: To delete the resources that you create in this tutorial, complete the steps in Delete resources in this article.

リソースの削除Delete resources

このチュートリアルが完了したら、使用料がかからないように、チュートリアルで作成したリソースを削除することをお勧めします。When you've finished this tutorial, you might want to delete the resources you created in the tutorial, so you don't incur usage charges. リソース グループを削除すると、リソース グループ内にあるリソースもすべて削除されます。Deleting a resource group also deletes all resources that are in the resource group.

Azure PortalAzure portal

  1. ポータルの検索ボックスに、「myResourceGroup」と入力します。In the portal search box, enter myResourceGroup. 検索結果で、 [myResourceGroup] をクリックします。In the search results, click myResourceGroup.
  2. myResourceGroup ブレードで [削除] アイコンをクリックします。On the myResourceGroup blade, click the Delete icon.
  3. 削除を確定するには、 [リソース グループ名を入力してください] ボックスに「myResourceGroup」と入力し、 [削除] をクリックします。To confirm the deletion, in the TYPE THE RESOURCE GROUP NAME box, enter myResourceGroup, and then click Delete.

Azure CLIAzure CLI

  1. 次のコマンドで、Azure CLI を使用して仮想ネットワーク (Resource Manager) を削除します。Use the Azure CLI to delete the virtual network (Resource Manager) with the following command:

    az group delete --name myResourceGroup --yes
    
  2. 次のコマンドで、クラシック CLI を使用して仮想ネットワーク (クラシック) を削除します。Use the classic CLI to delete the virtual network (classic) with the following commands:

    azure config mode asm
    
    azure network vnet delete --vnet myVnet2 --quiet
    

PowerShellPowerShell

  1. 次のコマンドを入力して、仮想ネットワーク (Resource Manager) を削除します。Enter the following command to delete the virtual network (Resource Manager):

    Remove-AzResourceGroup -Name myResourceGroup -Force
    
  2. PowerShell で仮想ネットワーク (クラシック) を削除するには、既存のネットワーク構成ファイルを変更する必要があります。To delete the virtual network (classic) with PowerShell, you must modify an existing network configuration file. ネットワーク構成ファイルをエクスポート、更新、およびインポートする方法を確認してください。Learn how to export, update, and import network configuration files. このチュートリアルで使用されている仮想ネットワークの次の VirtualNetworkSite 要素を削除します。Remove the following VirtualNetworkSite element for the virtual network used in this tutorial:

    <VirtualNetworkSite name="myVnet2" Location="East US">
      <AddressSpace>
        <AddressPrefix>10.1.0.0/16</AddressPrefix>
      </AddressSpace>
      <Subnets>
        <Subnet name="default">
          <AddressPrefix>10.1.0.0/24</AddressPrefix>
        </Subnet>
      </Subnets>
    </VirtualNetworkSite>
    

    警告

    変更したネットワーク構成ファイルをインポートすると、ご使用のサブスクリプションの既存の仮想ネットワーク (クラシック) が変更される可能性があります。Importing a changed network configuration file can cause changes to existing virtual networks (classic) in your subscription. 前の仮想ネットワークのみを削除し、サブスクリプションの他の既存の仮想ネットワークは変更または削除しないようにしてください。Ensure you only remove the previous virtual network and that you don't change or remove any other existing virtual networks from your subscription.

次の手順Next steps