クイック スタート:Azure PowerShell を使用してパブリック IP アドレスを作成するQuickstart: Create a public IP address using Azure PowerShell

この記事では、Azure PowerShell を使用してパブリック IP アドレス リソースを作成する方法について説明します。This article shows you how to create a public IP address resource using Azure PowerShell. これを関連付けることができるリソース、Basic SKU と Standard SKU の違い、およびその他の関連情報については、「パブリック IP アドレス」を参照してください。For more information on which resources this can be associated to, the difference between Basic and Standard SKU, and other related information, please see Public IP addresses. この例では、IPv4 アドレスのみに焦点を当てます。IPv6 アドレスの詳細については、Azure VNet の IPv6 に関するページを参照してください。For this example, we will focus on IPv4 addresses only; for more information on IPv6 addresses, see IPv6 for Azure VNet.

前提条件Prerequisites

  • ローカルにインストールされた Azure PowerShell または Azure Cloud ShellAzure PowerShell installed locally or Azure Cloud Shell

注意

この記事は、Azure Az PowerShell モジュールを使用するように更新されています。This article has been updated to use the Azure Az PowerShell module. Az PowerShell モジュールは、Azure と対話するために推奨される PowerShell モジュールです。The Az PowerShell module is the recommended PowerShell module for interacting with Azure. Az PowerShell モジュールの使用を開始するには、「Azure PowerShell をインストールする」を参照してください。To get started with the Az PowerShell module, see Install Azure PowerShell. Az PowerShell モジュールに移行する方法については、「AzureRM から Az への Azure PowerShell の移行」を参照してください。To learn how to migrate to the Az PowerShell module, see Migrate Azure PowerShell from AzureRM to Az.

Azure Cloud Shell を使用するUse Azure Cloud Shell

Azure では、ブラウザーを介して使用できる対話型のシェル環境、Azure Cloud Shell がホストされています。Azure hosts Azure Cloud Shell, an interactive shell environment that you can use through your browser. Cloud Shell で Bash または PowerShell を使用して、Azure サービスを操作できます。You can use either Bash or PowerShell with Cloud Shell to work with Azure services. ローカル環境に何もインストールしなくても、Cloud Shell にプレインストールされているコマンドを使用して、この記事のコードを実行できます。You can use the Cloud Shell preinstalled commands to run the code in this article without having to install anything on your local environment.

Azure Cloud Shell を開始するには:To start Azure Cloud Shell:

オプションOption 例とリンクExample/Link
コード ブロックの右上隅にある [使ってみる] を選択します。Select Try It in the upper-right corner of a code block. [使ってみる] を選択しても、コードは Cloud Shell に自動的にコピーされません。Selecting Try It doesn't automatically copy the code to Cloud Shell. Azure Cloud Shell の [使ってみる] の例
https://shell.azure.com に移動するか、 [Cloud Shell を起動する] ボタンを選択して、ブラウザーで Cloud Shell を開きます。Go to https://shell.azure.com, or select the Launch Cloud Shell button to open Cloud Shell in your browser. 新しいウィンドウで Cloud Shell を起動するLaunch Cloud Shell in a new window
Azure portal の右上にあるメニュー バーの [Cloud Shell] ボタンを選択します。Select the Cloud Shell button on the menu bar at the upper right in the Azure portal. Azure Portal の [Cloud Shell] ボタン

Azure Cloud Shell でこの記事のコードを実行するには:To run the code in this article in Azure Cloud Shell:

  1. Cloud Shell を開始します。Start Cloud Shell.

  2. [コピー] ボタンを選択して、コード ブロックをコードにコピーします。Select the Copy button on a code block to copy the code.

  3. Windows と Linux では Ctrl+Shift+V キーを選択し、macOS では Cmd+Shift+V キーを選択して、コードを Cloud Shell セッションに貼り付けます。Paste the code into the Cloud Shell session by selecting Ctrl+Shift+V on Windows and Linux or by selecting Cmd+Shift+V on macOS.

  4. Enter キーを選択して、コードを実行します。Select Enter to run the code.

PowerShell をインストールしてローカルで使用する場合、この記事では Azure PowerShell モジュール バージョン 5.4.1 以降が必要になります。If you choose to install and use PowerShell locally, this article requires the Azure PowerShell module version 5.4.1 or later. インストールされているバージョンを確認するには、Get-Module -ListAvailable Az を実行します。Run Get-Module -ListAvailable Az to find the installed version. アップグレードする必要がある場合は、Azure PowerShell モジュールのインストールに関するページを参照してください。If you need to upgrade, see Install Azure PowerShell module. PowerShell をローカルで実行している場合、Connect-AzAccount を実行して Azure との接続を作成することも必要です。If you're running PowerShell locally, you also need to run Connect-AzAccount to create a connection with Azure.

リソース グループを作成するCreate a resource group

Azure リソース グループとは、Azure リソースのデプロイと管理に使用する論理コンテナーです。An Azure resource group is a logical container into which Azure resources are deployed and managed.

New-AzResourceGroup を使用して myResourceGroup という名前のリソース グループを eastus2 に作成します。Create a resource group with New-AzResourceGroup named myResourceGroup in the eastus2 location.

## Variables for the command ##
$rg = 'myResourceGroup'
$loc = 'eastus2'

New-AzResourceGroup -Name $rg -Location $loc

パブリック IP を作成するCreate public IP


注意

次のコマンドは、Az.Network モジュール バージョン 4.5.0 以降で動作します。The following command works for Az.Network module version 4.5.0 or later. 現在使用されている Powershell モジュールの詳細については、PowerShellGet のドキュメントを参照してください。For more information about the Powershell modules currently being used, please refer to the PowerShellGet documentation.

New-AzPublicIpAddress を使用して、myResourceGroupmyStandardZRPublicIP という名前の Standard ゾーン冗長パブリック IP アドレスを作成します。Use New-AzPublicIpAddress to create a standard zone-redundant public IP address named myStandardZRPublicIP in myResourceGroup.

## Variables for the command ##
$rg = 'myResourceGroup'
$loc = 'eastus2'
$pubIP = 'myStandardZRPublicIP'
$sku = 'Standard'
$alloc = 'Static'
$zone = 1,2,3

New-AzPublicIpAddress -ResourceGroupName $rg -Name $pubIP -Location $loc -AllocationMethod $alloc -SKU $sku -zone $zone

重要

4.5.0 より前の Az.Network モジュールに対しては、ゾーン パラメーターを指定せずに上記のコマンドを実行して、ゾーン冗長 IP アドレスを作成します。For Az.Network modules older than 4.5.0, run the command above without specifying a zone parameter to create a zone-redundant IP address.

myResourceGroupmyStandardZonalPublicIP という名前の Standard ゾーン ベースのパブリック IP アドレスをゾーン 2 に作成するには、次のコマンドを使用します。In order to create a standard zonal public IP address in Zone 2 named myStandardZonalPublicIP in myResourceGroup, use the following command:

## Variables for the command ##
$rg = 'myResourceGroup'
$loc = 'eastus2'
$pubIP = 'myStandardZonalPublicIP'
$sku = 'Standard'
$alloc = 'Static'
$zone = 2

New-AzPublicIpAddress -ResourceGroupName $rg -Name $pubIP -Location $loc -AllocationMethod $alloc -SKU $sku -zone $zone

上記のゾーンのオプションは、Availability Zones が利用できるリージョンでのみ有効な選択であることに注意してください。Note that the above options for zones are only valid selections in regions with Availability Zones.

関連情報Additional information

上に示した個々の変数の詳細については、パブリック IP アドレスの管理に関するページを参照してください。For more details on the individual variables listed above, please see Manage public IP addresses.

次のステップNext steps