パブリック IP アドレスPublic IP addresses

インターネット リソースから Azure リソースに入ってくる通信には、パブリック IP アドレスが使用されます。Public IP addresses allow Internet resources to communicate inbound to Azure resources. パブリック IP アドレスにより、Azure リソースからインターネットへの通信と、公開されている Azure サービスへの通信が可能になります。Public IP addresses enable Azure resources to communicate to Internet and public-facing Azure services. このアドレスは、特定のリソース専用に確保され、明示的に割り当てが解除されない限り維持されます。The address is dedicated to the resource, until it's unassigned by you. パブリック IP が割り当てられていないリソースは、送信通信できます。A resource without a public IP assigned can communicate outbound. Azure では、リソース専用ではない使用可能な IP アドレスが動的に割り当てられます。Azure dynamically assigns an available IP address that isn't dedicated to the resource. Azure での送信接続の詳細については、送信用接続の詳細に関するページを参照してください。For more information about outbound connections in Azure, see Understand outbound connections.

Azure リソース マネージャーで、 パブリック IP アドレスは、独自のプロパティを持つリソースです。In Azure Resource Manager, a public IP address is a resource that has its own properties. パブリック IP アドレスのリソースは、次のリソースのいずれかと関連付けることができます。Some of the resources you can associate a public IP address resource with:

  • 仮想マシン ネットワーク インターフェイスVirtual machine network interfaces
  • インターネットに接続するロード バランサーInternet-facing load balancers
  • VPN ゲートウェイVPN gateways
  • アプリケーション ゲートウェイApplication gateways
  • Azure FirewallAzure Firewall

IP アドレスのバージョンIP address version

パブリック IP アドレスは、IPv4 または IPv6 アドレスを使用して作成されます。Public IP addresses are created with an IPv4 or IPv6 address.

SKUSKU

パブリック IP アドレスは、次の SKU のいずれかを使用して作成されます。Public IP addresses are created with one of the following SKUs:

重要

ロード バランサー リソースとパブリック IP リソースには一致する SKU を使用する必要があります。Matching SKUs are required for load balancer and public IP resources. Basic SKU リソースと Standard SKU リソースを組み合わせることはできません。You can't have a mixture of basic SKU resources and standard SKU resources. スタンドアロン仮想マシン、可用性セット リソース内の仮想マシン、または仮想マシン スケール セット リソースを、両方の SKU に同時にアタッチすることはできません。You can't attach standalone virtual machines, virtual machines in an availability set resource, or a virtual machine scale set resources to both SKUs simultaneously. 新しい設計では、Standard SKU リソースの使用を検討する必要があります。New designs should consider using Standard SKU resources. 詳しくは、Standard ロード バランサーに関するページをご覧ください。Please review Standard Load Balancer for details.

StandardStandard

Standard SKU のパブリック IP アドレス:Standard SKU public IP addresses:

  • 必ず静的割り当て方法を使用してください。Always use static allocation method.
  • インバウンドから発生するフローの調整可能なアイドル タイムアウトとして4分から30 分 (既定値は 4 分) が、またアウトバウンドから発生するフローの固定アイドル タイムアウトとして 4 分が割り当てられます。Have an adjustable inbound originated flow idle timeout of 4-30 minutes, with a default of 4 minutes, and fixed outbound originated flow idle timeout of 4 minutes.
  • 既定でセキュリティ保護され、受信トラフィックに対して閉じられています。Secure by default and closed to inbound traffic. ネットワーク セキュリティ グループを使用した受信トラフィックの一覧表示を許可します。Allow list inbound traffic with a network security group.
  • ネットワーク インターフェイス、Standard パブリック ロード バランサー、またはアプリケーション ゲートウェイに割り当てられます。Assigned to network interfaces, standard public load balancers, or Application Gateways. Standard Load Balancer の詳細については、Azure Standard Load Balancer に関するページを参照してください。For more information about Standard load balancer, see Azure Standard Load Balancer.
  • ゾーン冗長、またはゾーンにすることができます (ゾーンとして作成でき、特定の可用性ゾーンで保証できます)。Can be zone-redundant or zonal (can be created zonal and guaranteed in a specific availability zone). 可用性ゾーンに関する詳細については、可用性ゾーンの概要に関するページと「Standard Load Balancer と可用性ゾーン」を参照してください。To learn more about availability zones, see Availability zones overview and Standard Load Balancer and Availability Zones.

注意

ネットワーク セキュリティ グループを作成して関連付け、目的のインバウンド トラフィックを明示的に許可するまで、Standard SKU リソースとのインバウンド通信は失敗します。Inbound communication with a Standard SKU resource fails until you create and associate a network security group and explicitly allow the desired inbound traffic.

注意

インスタンス メタデータ サービス (IMDS) を使用している場合は、Basic SKU のパブリック IP アドレスのみを使用できます。Only Public IP addresses with basic SKU are available when using instance metadata service IMDS. Standard SKU はサポートされていません。Standard SKU is not supported.

BasicBasic

SKU の導入前に作成されたすべてのパブリック IP アドレスは、Basic SKU のパブリック IP アドレスです。All public IP addresses created before the introduction of SKUs are Basic SKU public IP addresses.

SKU を導入するときは、どの SKU をパブリック IP アドレスにするかを指定します。With the introduction of SKUs, specify which SKU you would like the public IP address to be.

Basic SKU のアドレス:Basic SKU addresses:

  • 静的または動的な割り当て方法を使用して割り当てられます。Assigned with the static or dynamic allocation method.
  • インバウンドから発生するフローの調整可能なアイドル タイムアウトとして4分から30 分 (既定値は 4 分) が、またアウトバウンドから発生するフローの固定アイドル タイムアウトとして 4 分が割り当てられます。Have an adjustable inbound originated flow idle timeout of 4-30 minutes, with a default of 4 minutes, and fixed outbound originated flow idle timeout of 4 minutes.
  • 既定で開いています。Are open by default. ネットワーク セキュリティ グループは推奨されますが、受信または送信トラフィックを制限する場合は省略可能です。Network security groups are recommended but optional for restricting inbound or outbound traffic.
  • パブリック IP アドレスを割り当てることができる次のような任意の Azure リソースに割り当てられます。Assigned to any Azure resource that can be assigned a public IP address, such as:
    • ネットワーク インターフェイスNetwork interfaces
    • VPN ゲートウェイVPN Gateways
    • Application GatewayApplication Gateways
    • パブリック ロード バランサーPublic load balancers
  • 可用性ゾーンのシナリオはサポートしません。Don't support Availability Zone scenarios. 可用性ゾーンのシナリオには、Standard SKU のパブリック IP を使用します。Use Standard SKU public IP for Availability Zone scenarios. 可用性ゾーンに関する詳細については、可用性ゾーンの概要に関するページと「Standard Load Balancer と可用性ゾーン」を参照してください。To learn more about availability zones, see Availability zones overview and Standard Load Balancer and Availability Zones.

割り当て方法Allocation method

Basic および Standard のパブリック IP では、静的な割り当てがサポートされています。Basic and standard public IPs support static assignment. リソースには、作成時に IP アドレスが割り当てられます。The resource is assigned an IP address at the time it's created. この IP アドレスは、リソースが削除されたときに解放されます。The IP address is released when the resource is deleted.

Basic SKU のパブリック IP アドレスは、動的な割り当てをサポートします。Basic SKU public IP addresses support a dynamic assignment. 動的割り当てが既定の割り当て方法です。Dynamic is the default assignment method. "動的" を選択すると、IP アドレスは作成時にリソースに割り当てられませんThe IP address isn't given to the resource at the time of creation when selecting dynamic.

IP は、パブリック IP アドレス リソースを次のものに関連付けるときに割り当てられます。The IP is assigned when you associate the public IP address resource with a:

  • 仮想マシンVirtual machine
  • 1 つ目の仮想マシンは、ロード バランサーのバックエンド プールに関連付けられます。The first virtual machine is associated with the backend pool of a load balancer.

IP アドレスは、リソースを停止 (または削除) すると解放されます。The IP address is released when you stop (or delete) the resource.

たとえば、パブリック IP リソースがリソース A という名前のリソースから解放されます。リソース A は、パブリック IP リソースが再割り当てされる場合、起動時に別の IP アドレスを受信します。For example, a public IP resource is released from a resource named Resource A. Resource A receives a different IP on start-up if the public IP resource is reassigned.

IP アドレスは、割り当て方法が静的から動的に変更されたときに解放されます。The IP address is released when the allocation method is changed from static to dynamic. 関連付けられたリソースの IP アドレスが変わらないようにするには、割り当て方法を明示的に静的に設定します。To ensure the IP address for the associated resource remains the same, set the allocation method explicitly to static. この場合、静的 IP アドレスが即座に割り当てられます。A static IP address is assigned immediately.

注意

割り当て方法を静的に設定しても、パブリック IP アドレス リソースに割り当てられる実際の IP アドレスは指定できません。Even when you set the allocation method to static, you cannot specify the actual IP address assigned to the public IP address resource. リソースが作成される Azureの場所で使用可能な IP アドレスのプールから IP アドレスが割り当てられます。Azure assigns the IP address from a pool of available IP addresses in the Azure location the resource is created in.

次のようなシナリオでは、静的なパブリック IP アドレスが一般的に使用されます。Static public IP addresses are commonly used in the following scenarios:

  • Azure リソースと通信するためにファイアウォール規則を更新する必要がある。When you must update firewall rules to communicate with your Azure resources.
  • DNS 名の解決で、IP アドレスの変更によりレコードを更新する必要がある。DNS name resolution, where a change in IP address would require updating A records.
  • Azure のリソースが、IP アドレス ベースのセキュリティ モデルを使用する他のアプリまたはサービスと通信する。Your Azure resources communicate with other apps or services that use an IP address-based security model.
  • IP アドレスにリンクされている TLS/SSL 証明書を使用する。You use TLS/SSL certificates linked to an IP address.

注意

Azure では、各 Azure クラウドの各リージョンに一意の範囲からパブリック IP アドレスが割り当てられます。Azure allocates public IP addresses from a range unique to each region in each Azure cloud. Azure PublicUS GovernmentChina、および Germany クラウドの範囲 (プレフィックス) の一覧をダウンロードできます。You can download the list of ranges (prefixes) for the Azure Public, US government, China, and Germany clouds.

DNS ホスト名の解決DNS hostname resolution

パブリック IP リソースの DNS ドメイン名ラベルを指定するオプションを選択します。Select the option to specify a DNS domain name label for a public IP resource.

この選択により、domainnamelabel.location.cloudapp.azure.com から Azure で管理される DNS のパブリック IP へのマッピングが作成されます。This selection creates a mapping for domainnamelabel.location.cloudapp.azure.com to the public IP in the Azure-managed DNS.

たとえば、次のようなパブリック IP を作成します。For instance, creation of a public IP with:

  • domainnamelabelcontosocontoso as a domainnamelabel
  • Azure の locationWest USWest US Azure location

完全修飾ドメイン名 (FQDN) contoso.westus.cloudapp.azure.com は、リソースのパブリック IP アドレスに解決されます。The fully qualified domain name (FQDN) contoso.westus.cloudapp.azure.com resolves to the public IP address of the resource.

重要

作成された各ドメイン名ラベルは、Azure の location 内で一意である必要があります。Each domain name label created must be unique within its Azure location.

DNS に関する推奨事項DNS Recommendations

リージョンの移動が必要な場合は、パブリック IP の FQDN を移行できません。If a region move is needed, you can't migrate the FQDN of your public IP. パブリック IP アドレスをポイントするカスタム CNAME レコードを作成するには、この FQDN を使用します。Use the FQDN to create a custom CNAME record pointing to the public IP address.

別のパブリック IP への移動が必要な場合は、FQDN を更新する代わりに CNAME レコードを更新します。If a move to a different public IP is required, update the CNAME record instead of updating the FQDN.

DNS レコードには Azure DNS または外部の DNS プロバイダーを使用できます。You can use Azure DNS or an external DNS provider for your DNS Record.

仮想マシンVirtual machines

パブリック IP アドレスは、そのネットワーク インターフェイスに割り当てることで、Windows または Linux 仮想マシンに関連付けることができます。You can associate a public IP address with a Windows or Linux virtual machine by assigning it to its network interface.

パブリック IP アドレスには、動的または静的を選択します。Choose dynamic or static for the public IP address. IP アドレスをネットワーク インターフェイスに割り当てる方法を参照してください。Learn more about assigning IP addresses to network interfaces.

インターネットに接続するロード バランサーInternet-facing load balancers

パブリック IP アドレスをロード バランサーのフロントエンド構成に割り当てることで、パブリック IP アドレスと SKU あるいは Azure Load Balancer を関連付けることができます。You can associate a public IP address of either SKU with an Azure Load Balancer, by assigning it to the load balancer frontend configuration. このパブリック IP は、負荷分散された IP として機能します。The public IP serves as a load-balanced IP.

ロード バランサーのフロント エンドには、動的または静的のどちらかのパブリック IP アドレスを割り当てることができます。You can assign either a dynamic or a static public IP address to a load balancer front end. ロード バランサーのフロントエンドには、複数のパブリック IP アドレスを割り当てることができます。You can assign multiple public IP addresses to a load balancer front end. この構成により、TLS ベースの Web サイトを含むマルチテナント環境のようなマルチ VIP シナリオを実現できます。This configuration enables multi-VIP scenarios like a multi-tenant environment with TLS-based websites.

Azure Load Balancer SKU の詳細については、「Azure Load Balancer の Standard SKU」を参照してください。For more information about Azure load balancer SKUs, see Azure load balancer standard SKU.

VPN ゲートウェイVPN gateways

Azure VPN Gateway は、Azure 仮想ネットワークを次に接続します。Azure VPN Gateway connects an Azure virtual network to:

  • Azure 仮想ネットワークAzure virtual networks
  • オンプレミス ネットワーク。On-premises network(s).

パブリック IP アドレスは、リモート ネットワークとの通信を有効にするために VPN Gateway に割り当てられます。A public IP address is assigned to the VPN Gateway to enable communication with the remote network. VPN ゲートウェイに割り当てることができるのは、動的基本パブリック IP アドレスのみです。You can only assign a dynamic basic public IP address to a VPN gateway.

アプリケーション ゲートウェイApplication gateways

パブリック IP アドレスをゲートウェイの フロント エンド 構成に割り当てることで、Azure Application Gateway に関連付けることができます。You can associate a public IP address with an Azure Application Gateway, by assigning it to the gateway's frontend configuration.

  • 動的な Basic パブリック IP アドレスは、Application Gateway の V1 フロントエンド構成に割り当てます。Assign a dynamic basic public IP to an application gateway V1 front-end configuration.
  • 静的な Standard SKU アドレスは、V2 フロントエンド構成に割り当てます。Assign a static standard SKU address to a V2 front-end configuration.

早見表At-a-glance

下の表は、パブリック IP を最上位リソースに関連付けることができるプロパティと、使用できる割り当て方法を示しています。The following table shows the property through which a public IP can be associated to a top-level resource and the possible allocation methods.

最上位リソースTop-level resource IP アドレスの関連付けIP Address association 動的Dynamic 静的Static
仮想マシンVirtual machine ネットワーク インターフェイスNetwork interface はいYes はいYes
インターネットに接続するロード バランサーInternet-facing Load balancer フロント エンド構成Front-end configuration はいYes はいYes
VPN GatewayVPN gateway ゲートウェイ IP の構成Gateway IP configuration はいYes いいえNo
Application gatewayApplication gateway フロント エンド構成Front-end configuration はい (V1 のみ)Yes (V1 only) はい (V2 のみ)Yes (V2 only)

制限Limits

IP アドレス指定に対する制限は、Azure のネットワークの制限の完全なセットに示されています。The limits for IP addressing are listed in the full set of limits for networking in Azure.

この制限は、リージョンとサブスクリプションごとに存在します。The limits are per region and per subscription. ビジネス上のニーズに基づいて既定の制限を上限まで引き上げるには、サポートにお問い合わせくださいContact support to increase the default limits up to the maximum limits based on your business needs.

価格Pricing

パブリック IP アドレスには、わずかな費用がかかることがあります。Public IP addresses may have a nominal charge. Azure での IP アドレスの料金の詳細については、「IP アドレスの料金」ページをご覧ください。To learn more about IP address pricing in Azure, review the IP address pricing page.

次のステップNext steps