チュートリアル:Azure Portal を使用してルート テーブルでネットワーク トラフィックをルーティングするTutorial: Route network traffic with a route table using the Azure portal

既定では、仮想ネットワーク内のすべてのサブネット間でトラフィックがルーティングされます。Azure routes traffic between all subnets within a virtual network, by default. Azure の既定のルーティングは、独自のルートを作成してオーバーライドすることができます。You can create your own routes to override Azure's default routing. カスタム ルートを作成する機能は、たとえば、サブネット間でネットワーク仮想アプライアンス (NVA) を越えてトラフィックをルーティングしたい場合に便利です。The ability to create custom routes is helpful if, for example, you want to route traffic between subnets through a network virtual appliance (NVA). このチュートリアルでは、以下の内容を学習します。In this tutorial, you learn how to:

  • ルート テーブルの作成Create a route table
  • ルートの作成Create a route
  • 複数のサブネットを含んだ仮想ネットワークを作成するCreate a virtual network with multiple subnets
  • サブネットへのルート テーブルの関連付けAssociate a route table to a subnet
  • トラフィックをルーティングする NVA を作成するCreate an NVA that routes traffic
  • 仮想マシン (VM) を異なるサブネットに展開するDeploy virtual machines (VM) into different subnets
  • NVA を介して、あるサブネットから別のサブネットにトラフィックをルーティングするRoute traffic from one subnet to another through an NVA

好みに応じて、Azure CLI または Azure PowerShell を使ってこのチュートリアルの手順を実行することもできます。If you prefer, you can finish this tutorial using the Azure CLI or Azure PowerShell.

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

Azure へのサインインSign in to Azure

Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

ルート テーブルの作成Create a route table

  1. 画面の左上で、[リソースの作成] > [ネットワーキング] > [ルート テーブル] の順に選択します。On the upper-left side of the screen, select Create a resource > Networking > Route table.

  2. [ルート テーブルの作成] に次の情報を入力または選択します。In Create route table, enter or select this information:

    SettingSetting Value
    NameName myRouteTablePublic」と入力します。Enter myRouteTablePublic.
    サブスクリプションSubscription サブスクリプションを選択します。Select your subscription.
    リソース グループResource group [新規作成] を選択し、「myResourceGroup」と入力して、[OK] を選択します。Select Create new, enter myResourceGroup, and select OK.
    LocationLocation 既定値 [米国東部] のままにします。Leave the default East US.
    BGP ルート伝達BGP route propagation 既定値 [有効] のままにします。Leave the default Enabled.
  3. 作成 を選択します。Select Create.

ルートの作成Create a route

  1. ポータルの検索バーで、「myRouteTablePublic」と入力します。In the portal's search bar, enter myRouteTablePublic.

  2. 検索結果に myRouteTablePublic が表示されたら、それを選択してください。When myRouteTablePublic appears in the search results, select it.

  3. [myRouteTablePublic] で、[設定] の下にある [ルート] > [+ 追加] を選択します。In myRouteTablePublic under Settings, select Routes > + Add.

    ルートを追加する

  4. [ルートの追加] に次の情報を入力または選択します。In Add route, enter or select this information:

    SettingSetting Value
    ルート名Route name ToPrivateSubnet」と入力します。Enter ToPrivateSubnet.
    アドレス プレフィックスAddress prefix 10.0.1.0/24」と入力します。Enter 10.0.1.0/24.
    次ホップの種類Next hop type [仮想アプライアンス] を選択します。Select Virtual appliance.
    次ホップ アドレスNext hop address 10.0.2.4」と入力します。Enter 10.0.2.4.
  5. [OK] を選択します。Select OK.

サブネットへのルート テーブルの関連付けAssociate a route table to a subnet

ルート テーブルをサブネットに関連付けるには、仮想ネットワークとサブネットを作成しておく必要があります。Before you can associate a route table to a subnet, you have to create a virtual network and subnet.

仮想ネットワークの作成Create a virtual network

  1. 画面の左上で、[リソースの作成] > [ネットワーキング] > [仮想ネットワーク] の順に選択します。On the upper-left side of the screen, select Create a resource > Networking > Virtual network.

  2. [仮想ネットワークの作成] に次の情報を入力または選択します。In Create virtual network, enter or select this information:

    SettingSetting Value
    NameName myVirtualNetwork」と入力します。Enter myVirtualNetwork.
    アドレス空間Address space 10.0.0.0/16」と入力します。Enter 10.0.0.0/16.
    サブスクリプションSubscription サブスクリプションを選択します。Select your subscription.
    リソース グループResource group [既存項目の選択] > [myResourceGroup] を選択します。Select Select existing > myResourceGroup.
    LocationLocation 既定値 [米国東部] のままにします。Leave the default East US.
    サブネット - 名前Subnet - Name Public」と入力します。Enter Public.
    サブネット アドレス範囲Subnet - Address range 10.0.0.0/24」と入力します。Enter 10.0.0.0/24.
  3. 残りの部分は既定値のままにし、[作成] を選択します。Leave the rest of the defaults and select Create.

仮想ネットワークにサブネットを追加しますAdd subnets to the virtual network

  1. ポータルの検索バーに「myVirtualNetwork」と入力します。In the portal's search bar, enter myVirtualNetwork.

  2. 検索結果に [myVirtualNetwork] が表示されたら、それを選択します。When myVirtualNetwork appears in the search results, select it.

  3. [myVirtualNetwork] で、[設定] の下にある [サブネット] > [+ サブネット] を選択します。In myVirtualNetwork, under Settings, select Subnets > + Subnet.

    サブネットの追加

  4. [サブネットの追加] に次の情報を入力します。In Add subnet, enter this information:

    SettingSetting Value
    NameName Private」と入力します。Enter Private.
    アドレス空間Address space 10.0.1.0/24」と入力します。Enter 10.0.1.0/24.
  5. 残りの部分は既定値のままにし、[OK] を選択します。Leave the rest of the defaults and select OK.

  6. [+ サブネット] をもう一度選択します。Select + Subnet again. 今回は次の情報を入力します。This time, enter this information:

    SettingSetting Value
    NameName DMZ」と入力します。Enter DMZ.
    アドレス空間Address space 10.0.2.0/24」と入力します。Enter 10.0.2.0/24.
  7. 前回と同様に、残りの部分は既定値のままにし、[OK] を選択します。Like the last time, leave the rest of the defaults and select OK.

    Azure に 3 つのサブネットPublicPrivateDMZ が表示されます。Azure shows the three subnets: Public, Private, and DMZ.

myRouteTablePublic を Public サブネットに関連付けます。Associate myRouteTablePublic to your Public subnet

  1. [パブリック] を選択します。Select Public.

  2. [Public][ルート テーブル] > [MyRouteTablePublic] > [保存] の順に選択します。In Public, select Route table > MyRouteTablePublic > Save.

    ルート テーブルを関連付ける

NVA を作成するCreate an NVA

NVA は、ルーティングやファイアウォールの最適化などのネットワーク機能を支援する VM です。NVAs are VMs that help with network functions like routing and firewall optimization. 必要に応じて、別のオペレーティング システムを選択することもできます。You can select a different operating system if you want. このチュートリアルでは、Windows Server 2016 Datacenter を使用していることを前提としています。This tutorial assumes you're using Windows Server 2016 Datacenter.

  1. 画面の左上で、[リソースの作成] > [Compute] > [Windows Server 2016 Datacenter] の順に選択します。On the upper-left side of the screen, select Create a resource > Compute > Windows Server 2016 Datacenter.

  2. [仮想マシンの作成 - 基本] に次の情報を入力または選択します。In Create a virtual machine - Basics, enter or select this information:

    SettingSetting Value
    プロジェクトの詳細PROJECT DETAILS
    サブスクリプションSubscription サブスクリプションを選択します。Select your subscription.
    リソース グループResource group [myResourceGroup] を選択します。Select myResourceGroup.
    インスタンスの詳細INSTANCE DETAILS
    仮想マシン名Virtual machine name myVmNva」と入力します。Enter myVmNva.
    リージョンRegion [米国東部] を選択します。Select East US.
    可用性のオプションAvailability options 既定値 [インフラストラクチャ冗長は必要ありません] をそのまま使用します。Leave the default No infrastructure redundancy required.
    ImageImage 既定値 [Microsoft Windows Server 2016 Datacenter] をそのまま使用します。Leave the default Windows Server 2016 Datacenter.
    SizeSize 既定値 [Standard DS1 v2] をそのまま使用します。Leave the default Standard DS1 v2.
    管理者アカウントADMINISTRATOR ACCOUNT
    ユーザー名Username 任意のユーザー名を入力します。Enter a user name of your choosing.
    パスワードPassword 任意のパスワードを入力します。Enter a password of your choosing. パスワードは 12 文字以上で、定義された複雑さの要件を満たす必要があります。The password must be at least 12 characters long and meet the defined complexity requirements.
    パスワードの確認Confirm Password パスワードを再入力します。Reenter password.
    受信ポートの規則INBOUND PORT RULES
    パブリック受信ポートPublic inbound ports 既定値 [なし] のままにします。Leave the default None.
    コスト削減SAVE MONEY
    Windows ライセンスを既にお持ちの場合Already have a Windows license? 既定値 [なし] のままにします。Leave the default No.
  3. [次へ :ディスク] を選択します。Select Next : Disks.

  4. [仮想マシンの作成 - ディスク] で、ニーズに合った設定を選択します。In Create a virtual machine - Disks, select the settings that are right for your needs.

  5. [次へ :ネットワーク] を選択します。Select Next : Networking.

  6. [仮想マシンの作成 - ネットワーク] で次の情報を選択します。In Create a virtual machine - Networking, select this information:

    SettingSetting Value
    仮想ネットワークVirtual network 既定値 [myVirtualNetwork] のままにします。Leave the default myVirtualNetwork.
    SubnetSubnet [DMZ (10.0.2.0/24)] を選択します。Select DMZ (10.0.2.0/24).
    パブリック IPPublic IP [なし] を選択します。Select None. パブリック IP アドレスは必要ありません。You don't need a public IP address. この VM がインターネット経由で接続することはありません。The VM won't connect over the internet.
  7. 残りの部分は既定値のままにし、[次へ:管理] を選択します。Leave the rest of the defaults and select Next : Management.

  8. [仮想マシンの作成 - 管理][診断ストレージ アカウント][新規作成] を選択します。In Create a virtual machine - Management, for Diagnostics storage account, select Create New.

  9. [ストレージ アカウントの作成] に次の情報を入力または選択します。In Create storage account, enter or select this information:

    SettingSetting Value
    NameName mynvastorageaccount」と入力します。Enter mynvastorageaccount.
    アカウントの種類Account kind 既定値 [ストレージ (汎用 v1)] のままにします。Leave the default Storage (general purpose v1).
    パフォーマンスPerformance 既定値 [標準] のままにします。Leave the default Standard.
    レプリケーションReplication 既定値 [ローカル冗長ストレージ (LRS)] のままにします。Leave the default Locally-redundant storage (LRS).
  10. [OK] を選択します。Select OK

  11. [Review + create](レビュー + 作成) を選択します。Select Review + create. [確認および作成] ページが表示され、Azure によって構成が検証されます。You're taken to the Review + create page and Azure validates your configuration.

  12. 検証に成功したことを確認したら、[作成] を選択します。When you see that Validation passed, select Create.

    VM の作成には数分かかります。The VM takes a few minutes to create. Azure で VM の作成が完了するまで次に進まないでください。Don't keep going until Azure finishes creating the VM. [デプロイが進行中です] ページにデプロイの詳細が表示されます。The Your deployment is underway page will show you deployment details.

  13. VM の準備が完了したら、[リソースに移動] を選択します。When your VM is ready, select Go to resource.

IP 転送を有効にするTurn on IP forwarding

myVmNva の IP 転送を有効にします。Turn on IP forwarding for myVmNva. Azure からネットワーク トラフィックが myVmNva に送信され、そのトラフィックが別の IP アドレス宛ての場合、IP 転送でトラフィックが正しい場所に送信されます。When Azure sends network traffic to myVmNva, if the traffic is destined for a different IP address, IP forwarding will send the traffic to the correct location.

  1. [myVmNva] で、[設定] の下にある [ネットワーク] を選択します。On myVmNva, under Settings, select Networking.

  2. [myvmnva123] を選択します。Select myvmnva123. これは、Azure によって VM のために作成されたネットワーク インターフェイスです。That's the network interface Azure created for your VM. お客様に固有の数字の文字列が割り当てられます。It will have a string of numbers to make it unique for you.

    VM ネットワーク

  3. [設定] の下にある [IP 構成] を選択します。Under Settings, select IP configurations.

  4. [myvmnva123 - IP 構成][IP 転送] で、[有効][保存] の順に選択します。On myvmnva123 - IP configurations, for IP forwarding, select Enabled and then select Save.

    IP 転送を有効にする

パブリックおよびプライベートの仮想マシンを作成するCreate public and private virtual machines

仮想ネットワーク内にパブリック VM とプライベート VM を作成します。Create a public VM and a private VM in the virtual network. 後の手順でこれらを使用して、Azure によって Public サブネット トラフィックが NVA を介して Private サブネットにルーティングされることを確認します。Later, you'll use them to see that Azure routes the Public subnet traffic to the Private subnet through the NVA.

NVA の作成手順の 1 から 12 を実行します。Complete steps 1-12 of Create an NVA. ほとんどは同じ設定を使用します。Use most of the same settings. 次の値は、変更する必要があります。These values are the ones that have to be different:

SettingSetting Value
Public VMPUBLIC VM
基本BASICS
仮想マシン名Virtual machine name myVmPublic」と入力します。Enter myVmPublic.
ネットワークNETWORKING
SubnetSubnet [Public (10.0.0.0/24)] を選択します。Select Public (10.0.0.0/24).
パブリック IP アドレスPublic IP address 既定値のままにします。Accept the default.
パブリック受信ポートPublic inbound ports [選択したポートを許可する] を選択します。Select Allow selected ports.
受信ポートの選択Select inbound ports [HTTP][RDP] を選択します。Select HTTP and RDP.
管理MANAGEMENT
診断ストレージ アカウントDiagnostics storage account 既定値 [mynvastorageaccount] のままにします。Leave the default mynvastorageaccount.
Private VMPRIVATE VM
基本BASICS
仮想マシン名Virtual machine name myVmPrivate」と入力します。Enter myVmPrivate.
ネットワークNETWORKING
SubnetSubnet [Private (10.0.1.0/24)] を選択します。Select Private (10.0.1.0/24).
パブリック IP アドレスPublic IP address 既定値のままにします。Accept the default.
パブリック受信ポートPublic inbound ports [選択したポートを許可する] を選択します。Select Allow selected ports.
受信ポートの選択Select inbound ports [HTTP][RDP] を選択します。Select HTTP and RDP.
管理MANAGEMENT
診断ストレージ アカウントDiagnostics storage account 既定値 [mynvastorageaccount] のままにします。Leave the default mynvastorageaccount.

Azure で myVmPublic VM が作成されている場合に myVmPrivate VM を作成できます。You can create the myVmPrivate VM while Azure creates the myVmPublic VM. Azure で両方の VM の作成が完了するまで、以降の手順に進まないでください。Don't continue with the rest of the steps until Azure finishes creating both VMs.

NVA を経由するトラフィックのルーティングRoute traffic through an NVA

リモート デスクトップ経由で myVmPrivate にサインインします。Sign in to myVmPrivate over remote desktop

  1. ポータルの検索バーで、「myVmPrivate」と入力します。In the portal's search bar, enter myVmPrivate.

  2. 検索結果に [myVmPrivate] VM が表示されたら、それを選択します。When the myVmPrivate VM appears in the search results, select it.

  3. [接続] を選択して、myVmPrivate VM へのリモート デスクトップ接続を作成します。Select Connect to create a remote desktop connection to the myVmPrivate VM.

  4. [仮想マシンへの接続] で、[RDP ファイルのダウンロード] を選択します。In Connect to virtual machine, select Download RDP File. リモート デスクトップ プロトコル (.rdp) ファイルが作成され、お使いのコンピューターにダウンロードされます。Azure creates a Remote Desktop Protocol (.rdp) file and downloads it to your computer.

  5. ダウンロードされた .rdp ファイルを開きます。Open the downloaded .rdp file.

    1. メッセージが表示されたら、[Connect] を選択します。If prompted, select Connect.

    2. Private VM の作成時に指定したユーザー名とパスワードを入力します。Enter the user name and password you specified when creating the Private VM.

    3. 必要に応じて [その他] > [別のアカウントを使用する] を選択して、Private VM の資格情報を使用します。You may need to select More choices > Use a different account, to use the Private VM credentials.

  6. [OK] を選択します。Select OK.

    サインイン処理中に証明書の警告が表示される場合があります。You may receive a certificate warning during the sign in process.

  7. [はい] を選択して VM に接続します。Select Yes to connect to the VM.

ICMP が Windows ファイアウォールを通過できるようにするEnable ICMP through the Windows firewall

後の手順では、ルーティングのテストにトレース ルート ツールを使用します。In a later step, you'll use the trace route tool to test routing. トレース ルートはインターネット制御メッセージ プロトコル (ICMP) を使用していますが、Windows ファイアウォールでは既定で拒否されます。Trace route uses the Internet Control Message Protocol (ICMP), which the Windows Firewall denies by default. ICMP が Windows ファイアウォールを通過できるようにします。Enable ICMP through the Windows firewall.

  1. myVmPrivate のリモート デスクトップで、PowerShell を開きます。In the Remote Desktop of myVmPrivate, open PowerShell.

  2. 次のコマンドを入力します。Enter this command:

    New-NetFirewallRule –DisplayName “Allow ICMPv4-In” –Protocol ICMPv4
    

    このチュートリアルでは、トレース ルートを使用してルーティングをテストしています。You're using trace route to test routing in this tutorial. 運用環境では、Windows ファイアウォール経由の ICMP はお勧めしません。For production environments, we don't recommend allowing ICMP through the Windows Firewall.

myVmNva 内で IP 転送を有効にするTurn on IP forwarding within myVmNva

Azure を使用して VM のネットワーク インターフェイスの IP 転送を有効にしましたYou turned on IP forwarding for the VM's network interface using Azure. VM のオペレーティング システムでも、ネットワーク トラフィックを転送する必要があります。The VM's operating system also has to forward network traffic. これらのコマンドを使用して、myVmNva VM のオペレーティング システムの IP 転送を有効にします。Turn on IP forwarding for myVmNva VM's operating system with these commands.

  1. myVmPrivate VM でコマンド プロンプトを使用して、myVmNva VM へのリモート デスクトップ接続を開きます。From a command prompt on the myVmPrivate VM, open a remote desktop to the myVmNva VM:

    mstsc /v:myvmnva
    
  2. myVmNva 上の PowerShell から、このコマンドを入力して IP 転送を有効にします。From PowerShell on the myVmNva, enter this command to turn on IP forwarding:

    Set-ItemProperty -Path HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters -Name IpEnableRouter -Value 1
    
  3. myVmNva VM を再起動します。Restart the myVmNva VM. タスク バーからスタート ボタン > 電源ボタン[その他 (計画済)] > [続行] の順に選択します。From the taskbar, select Start button > Power button, Other (Planned) > Continue.

    これで、リモート デスクトップ セッションも切断されます。That also disconnects the remote desktop session.

  4. myVmNva VM が再起動したら、myVmPublic VM へのリモート デスクトップ セッションを作成します。After the myVmNva VM restarts, create a remote desktop session to the myVmPublic VM. myVmPrivate VM に接続したまま、コマンド プロンプトを開き、次のコマンドを実行します。While still connected to the myVmPrivate VM, open a command prompt and run this command:

    mstsc /v:myVmPublic
    
  5. myVmPublic のリモート デスクトップで、PowerShell を開きます。In the Remote Desktop of myVmPublic, open PowerShell.

  6. 次のコマンドを入力して、ICMP が Windows ファイアウォールを通過できるようにします。Enable ICMP through the Windows firewall by entering this command:

    New-NetFirewallRule –DisplayName “Allow ICMPv4-In” –Protocol ICMPv4
    

ネットワーク トラフィックのルーティングをテストするTest the routing of network traffic

まず、myVmPublic VM から myVmPrivate VM へのネットワーク トラフィックのルーティングをテストしましょう。First, let's test routing of network traffic from the myVmPublic VM to the myVmPrivate VM.

  1. myVmPublic VM 上の PowerShell から、次のコマンドを入力します。From PowerShell on the myVmPublic VM, enter this command:

    tracert myVmPrivate
    

    応答は次の例のようになります。The response is similar to this example:

    Tracing route to myVmPrivate.vpgub4nqnocezhjgurw44dnxrc.bx.internal.cloudapp.net [10.0.1.4]
    over a maximum of 30 hops:
    
    1    <1 ms     *        1 ms  10.0.2.4
    2     1 ms     1 ms     1 ms  10.0.1.4
    
    Trace complete.
    

    最初のホップが 10.0.2.4 であることがわかります。You can see the first hop is to 10.0.2.4. これは NVA のプライベート IP アドレスです。It's NVA's private IP address. 2 番目のホップ先は、myVmPrivate VM のプライベート IP アドレスである10.0.1.4 です。The second hop is to the private IP address of the myVmPrivate VM: 10.0.1.4. 以前の手順で、このルートを myRouteTablePublic ルート テーブルに追加し、それを Public サブネットに関連付けました。Earlier, you added the route to the myRouteTablePublic route table and associated it to the Public subnet. その結果、Azure によってトラフィックが Private サブネットに直接送信されず、NVA 経由で送信されました。As a result, Azure sent the traffic through the NVA and not directly to the Private subnet.

  2. myVmPublic VM へのリモート デスクトップ セッションを閉じます。myVmPrivate VM にはまだ接続されたままです。Close the remote desktop session to the myVmPublic VM, which leaves you still connected to the myVmPrivate VM.

  3. myVmPrivate VM のコマンド プロンプトから、次のコマンドを入力します。From a command prompt on the myVmPrivate VM, enter this command:

    tracert myVmPublic
    

    これで、myVmPrivate VM から myVmPublic VM へのネットワーク トラフィックのルーティングをテストします。It tests the routing of network traffic from the myVmPrivate VM to the myVmPublic VM. 応答は次の例のようになります。The response is similar to this example:

    Tracing route to myVmPublic.vpgub4nqnocezhjgurw44dnxrc.bx.internal.cloudapp.net [10.0.0.4]
    over a maximum of 30 hops:
    
    1     1 ms     1 ms     1 ms  10.0.0.4
    
    Trace complete.
    

    Azure によって myVmPrivate VM から myVmPublic VM にトラフィックが直接ルーティングされていることがわかります。You can see Azure routes traffic directly from the myVmPrivate VM to the myVmPublic VM. 既定では、サブネット間でトラフィックが直接ルーティングされます。By default, Azure routes traffic directly between subnets.

  4. myVmPrivate VM へのリモート デスクトップ セッションを閉じます。Close the remote desktop session to the myVmPrivate VM.

リソースのクリーンアップClean up resources

リソース グループとそれに含まれるすべてのリソースが不要になったら削除します。When no longer needed, delete the resource group and all resources it has:

  1. ポータルの検索バーに、「myResourceGroup」と入力します。In the portal's search bar, enter myResourceGroup.

  2. 検索結果に [myResourceGroup] が表示されたら、それを選択します。When you see myResourceGroup in the search results, select it.

  3. [リソース グループの削除] を選択します。Select Delete resource group.

  4. [TYPE THE RESOURCE GROUP NAME:](リソース グループ名を入力してください:) に「myResourceGroup」と入力し、[削除] を選択します。Enter myResourceGroup for TYPE THE RESOURCE GROUP NAME: and select Delete.

次の手順Next steps

このチュートリアルでは、ルート テーブルを作成し、それをサブネットに関連付けました。In this tutorial, you created a route table and associated it to a subnet. トラフィックをパブリック サブネットからプライベート サブネットにルーティングする単純な NVA を作成しました。You created a simple NVA that routed traffic from a public subnet to a private subnet. その手順を理解したので、Azure Marketplace の別の事前構成された NVA をデプロイすることができます。Now that you know how to do that, you can deploy different pre-configured NVAs from the Azure Marketplace. 役に立つ数多くのネットワーク機能を備えたものがあります。They carry out many network functions you'll find useful. ルーティングの詳細については、ルーティングの概要ルート テーブルの管理に関する記事をご覧ください。To learn more about routing, see Routing overview and Manage a route table.

仮想ネットワーク内では多数の Azure リソースをデプロイできますが、Azure では、一部の PaaS サービスのリソースを仮想ネットワークにデプロイできません。While you can deploy many Azure resources within a virtual network, Azure can't deploy resources for some PaaS services into a virtual network. 一部の Azure PaaS サービスのリソースへのアクセスを制限することはできます。It's possible to restrict access to the resources of some Azure PaaS services. ただし、この制限は仮想ネットワーク サブネットからのトラフィックに限定する必要があります。The restriction must only be traffic from a virtual network subnet though. Azure PaaS リソースへのネットワーク アクセスを制限する方法を学習するには、次のチュートリアルに進んでください。To learn how to restrict network access to Azure PaaS resources, advance to the next tutorial.