仮想ネットワーク ピアリングの作成、変更、削除Create, change, or delete a virtual network peering

仮想ネットワーク ピアリングを作成、変更、削除する方法について説明します。Learn how to create, change, or delete a virtual network peering. 仮想ネットワーク ピアリングにより、同じリージョン内と異なるリージョン間 (グローバル VNet ピアリングとも呼ばれます) で仮想ネットワークを Azure バックボーン ネットワークを介して接続できます。Virtual network peering enables you to connect virtual networks in the same region and across regions (also known as Global VNet Peering) through the Azure backbone network. ピアリング後も、仮想ネットワークは個別のリソースとして管理されます。Once peered, the virtual networks are still managed as separate resources. 仮想ネットワーク ピアリングが初めての方は、「virtual network peering overview」、またはチュートリアルを行うことで詳しく学習できます。If you're new to virtual network peering, you can learn more about it in the virtual network peering overview or by completing a tutorial.

開始する前にBefore you begin

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. AzureRM モジュールはまだ使用でき、少なくとも 2020 年 12 月までは引き続きバグ修正が行われます。You can still use the AzureRM module, which will continue to receive bug fixes until at least December 2020. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールのインストール手順については、Azure PowerShell のインストールを参照してください。For Az module installation instructions, see Install Azure PowerShell.

この記事のセクションに記載された手順を始める前に、次のタスクを完了してください。Complete the following tasks before completing steps in any section of this article:

  • まだ Azure アカウントを持っていない場合は、無料試用版アカウントにサインアップしてください。If you don't already have an Azure account, sign up for a free trial account.
  • ポータルを使う場合は、 https://portal.azure.com を開き、ピアリングの作業に必要なアクセス許可を持つアカウントでログインします。If using the portal, open https://portal.azure.com, and log in with an account that has the necessary permissions to work with peerings.
  • PowerShell コマンドを使用してこの記事のタスクを実行する場合は、Azure Cloud Shell でコマンドを実行するか、お使いのコンピューターから PowerShell を実行してください。If using PowerShell commands to complete tasks in this article, either run the commands in the Azure Cloud Shell, or by running PowerShell from your computer. Azure Cloud Shell は無料のインタラクティブ シェルです。この記事の手順は、Azure Cloud Shell を使って実行することができます。The Azure Cloud Shell is a free interactive shell that you can use to run the steps in this article. 一般的な Azure ツールが事前にインストールされており、アカウントで使用できるように構成されています。It has common Azure tools preinstalled and configured to use with your account. このチュートリアルには、Azure PowerShell モジュール バージョン 1.0.0 以降が必要です。This tutorial requires the Azure PowerShell module version 1.0.0 or later. インストールされているバージョンを確認するには、Get-Module -ListAvailable Az を実行します。Run Get-Module -ListAvailable Az to find the installed version. アップグレードする必要がある場合は、Azure PowerShell モジュールのインストールに関するページを参照してください。If you need to upgrade, see Install Azure PowerShell module. PowerShell をローカルで実行している場合、Azure との接続を作成するには、ピアリングの作業に必要なアクセス許可を持つアカウントで Connect-AzAccount を実行する必要もあります。If you are running PowerShell locally, you also need to run Connect-AzAccount with an account that has the necessary permissions to work with peering, to create a connection with Azure.
  • Azure コマンド ライン インターフェイス (CLI) コマンドを使用してこの記事のタスクを実行する場合は、Azure Cloud Shell でコマンドを実行するか、お使いのコンピューターから CLI を実行してください。If using Azure Command-line interface (CLI) commands to complete tasks in this article, either run the commands in the Azure Cloud Shell, or by running the CLI from your computer. このチュートリアルには、Azure CLI のバージョン 2.0.31 以降が必要です。This tutorial requires the Azure CLI version 2.0.31 or later. インストールされているバージョンを確認するには、az --version を実行します。Run az --version to find the installed version. インストールまたはアップグレードする必要がある場合は、Azure CLI のインストールに関するページを参照してください。If you need to install or upgrade, see Install Azure CLI. Azure CLI をローカルで実行している場合、Azure との接続を作成するには、ピアリングの作業に必要なアクセス許可を持つアカウントで az login を実行する必要もあります。If you are running the Azure CLI locally, you also need to run az login with an account that has the necessary permissions to work with peering, to create a connection with Azure.

Azure へのログインまたは接続に使用するアカウントは、ネットワークの共同作業者ロール、または「アクセス許可」の一覧に記載されている適切なアクションが割り当てられているカスタム ロールに割り当てられている必要があります。The account you log into, or connect to Azure with, must be assigned to the network contributor role or to a custom role that is assigned the appropriate actions listed in Permissions.

ピアリングの作成Create a peering

ピアリングを作成する前に、要件と制約、必要なアクセス許可を十分に理解しておいてください。Before creating a peering, familiarize yourself with the requirements and constraints and necessary permissions.

  1. Azure Portal の上部にある検索ボックスに、「仮想ネットワーク」と入力します。In the search box at the top of the Azure portal, enter virtual networks in the search box. 検索結果に [仮想ネットワーク] が表示されたら、それを選択します。When Virtual networks appear in the search results, select it. 一覧に [仮想ネットワーク (クラシック)] が表示されていても、これを選択しないでください。クラシック デプロイ モデルを使用してデプロイされた仮想ネットワークからピアリングを作成することはできません。Do not select Virtual networks (classic) if it appears in the list, as you cannot create a peering from a virtual network deployed through the classic deployment model.

  2. ピアリングを作成する仮想ネットワークを一覧から選択します。Select the virtual network in the list that you want to create a peering for.

  3. [設定][ピアリング] を選択します。Under SETTINGS, select Peerings.

  4. [+ 追加] を選択します。Select + Add.

  5. 次の設定の値を入力または選択します。Enter or select values for the following settings:

    • [名前]: ピアリングの名前は、仮想ネットワーク内で一意である必要があります。Name: The name for the peering must be unique within the virtual network.

    • [仮想ネットワークのデプロイ モデル]: ピアリングする仮想ネットワークのデプロイに使用されたデプロイ モデルを選択します。Virtual network deployment model: Select which deployment model the virtual network you want to peer with was deployed through.

    • [リソース ID を知っている]: ピアリングする仮想ネットワークへの読み取りアクセス権がある場合は、このチェック ボックスをオフのままにしておきます。I know my resource ID: If you have read access to the virtual network you want to peer with, leave this checkbox unchecked. ピアリングする仮想ネットワークまたはサブスクリプションへの読み取りアクセス権がない場合は、このボックスをオンにします。If you don't have read access to the virtual network or subscription you want to peer with, check this box. チェック ボックスをオンにしたときに表示される [リソース ID] ボックスに、ピアリングする仮想ネットワークの完全なリソース ID を入力します。Enter the full resource ID of the virtual network you want to peer with in the Resource ID box that appeared when you checked the box. この仮想ネットワークと同じ Azure リージョン、またはサポートされている異なる Azure リージョンに存在する、仮想ネットワークのリソース ID を入力する必要があります。The resource ID you enter must be for a virtual network that exists in the same, or supported different Azure region as this virtual network. 完全なリソース ID は /subscriptions/<Id>/resourceGroups/<resource-group-name>/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/<virtual-network-name> のようになります。The full resource ID looks similar to /subscriptions/<Id>/resourceGroups/<resource-group-name>/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/<virtual-network-name>. 仮想ネットワークのリソース ID を取得するには、仮想ネットワークのプロパティを表示します。You can get the resource ID for a virtual network by viewing the properties for a virtual network. 仮想ネットワークのプロパティを表示する方法については、「仮想ネットワークと設定の表示」を参照してください。To learn how to view the properties for a virtual network, see Manage virtual networks. サブスクリプションが、ピアリングを作成している仮想ネットワークを含むサブスクリプションと異なる Azure Active Directory テナントに関連付けられている場合、まず各テナントのユーザーをゲスト ユーザーとして他方のテナントに追加します。If the subscription is associated to a different Azure Active Directory tenant than the subscription with the virtual network you're creating the peering from, first add a user from each tenant as a guest user in the opposite tenant.

    • サブスクリプション: ピアリングする仮想ネットワークのサブスクリプションを選択します。Subscription: Select the subscription of the virtual network you want to peer with. アカウントに読み取りアクセス権があるサブスクリプションの数に応じて、1 つ以上のサブスクリプションが表示されます。One or more subscriptions are listed, depending on how many subscriptions your account has read access to. [リソース ID] チェック ボックスをオンにした場合、この設定は使用できません。If you checked the Resource ID checkbox, this setting isn't available.

    • 仮想ネットワーク: ピアリングする仮想ネットワークを選択します。Virtual network: Select the virtual network you want to peer with. いずれかの Azure デプロイ モデルで作成された仮想ネットワークを選択できます。You can select a virtual network created through either Azure deployment model. 異なるリージョンの仮想ネットワークを選ぶ場合は、サポートされているリージョンの仮想ネットワークを選ぶ必要があります。If you want to select a virtual network in a different region, you must select a virtual network in a supported region. 仮想ネットワークを一覧に表示するには、その仮想ネットワークへの読み取りアクセス権が必要です。You must have read access to the virtual network for it to be visible in the list. 仮想ネットワークが一覧に表示されていても、淡色表示されている場合、仮想ネットワークのアドレス空間がこの仮想ネットワークのアドレス空間と重複している可能性があります。If a virtual network is listed, but grayed out, it may be because the address space for the virtual network overlaps with the address space for this virtual network. 仮想ネットワークのアドレス空間が重複している場合、それらの仮想ネットワークをピアリングをすることはできません。If virtual network address spaces overlap, they cannot be peered. [リソース ID] チェック ボックスをオンにした場合、この設定は使用できません。If you checked the Resource ID checkbox, this setting isn't available.

    • [仮想ネットワーク アクセスを許可する] : 2 つの仮想ネットワーク間の通信を有効にする場合は、 [有効] (既定値) を選択します。Allow virtual network access: Select Enabled (default) if you want to enable communication between the two virtual networks. 仮想ネットワーク間の通信を有効にすると、各仮想ネットワークに接続されているリソースは、同じ仮想ネットワークに接続されている場合と同様に、同じ帯域幅と待機時間で相互に通信できます。Enabling communication between virtual networks allows resources connected to either virtual network to communicate with each other with the same bandwidth and latency as if they were connected to the same virtual network. 2 つの仮想ネットワーク内のリソース間のすべての通信は、Azure プライベート ネットワーク経由で行われます。All communication between resources in the two virtual networks is over the Azure private network. ネットワーク セキュリティ グループの VirtualNetwork サービス タグには、仮想ネットワークとピアリングされた仮想ネットワークが含まれます。The VirtualNetwork service tag for network security groups encompasses the virtual network and peered virtual network. ネットワーク セキュリティ グループのサービス タグについて詳しくは、ネットワーク セキュリティ グループの概要に関する記事をご覧ください。To learn more about network security group service tags, see Network security groups overview. ピアリングされた仮想ネットワークにトラフィックが流れないようにする場合は、 [無効] を選択します。Select Disabled if you don't want traffic to flow to the peered virtual network. 仮想ネットワークを別の仮想ネットワークとピアリングしていても、2 つの仮想ネットワーク間のトラフィック フローを無効にする必要がある場合は、 [無効] を選択できます。You might select Disabled if you've peered a virtual network with another virtual network, but occasionally want to disable traffic flow between the two virtual networks. ピアリングを削除し、再作成するよりも、有効化/無効化する方が便利な場合があります。You may find enabling/disabling is more convenient than deleting and re-creating peerings. この設定を無効にすると、ピアリングされた仮想ネットワーク間でトラフィックが流れなくなります。When this setting is disabled, traffic doesn't flow between the peered virtual networks.

    • [転送されたトラフィックを許可する]: このボックスをオンにすると、仮想ネットワーク内のネットワーク仮想アプライアンスによって "転送" されたトラフィック (仮想ネットワークから発生したものではないもの) を、ピアリングを通じてこの仮想ネットワークに流すことができます。Allow forwarded traffic: Check this box to allow traffic forwarded by a network virtual appliance in a virtual network (that didn't originate from the virtual network) to flow to this virtual network through a peering. たとえば、Spoke1、Spoke2、およびハブという 3 つの仮想ネットワークがあるとします。For example, consider three virtual networks named Spoke1, Spoke2, and Hub. 各スポーク仮想ネットワークとハブ仮想ネットワークの間にはピアリングが存在しますが、スポーク仮想ネットワーク間にはピアリングが存在しません。A peering exists between each spoke virtual network and the Hub virtual network, but peerings don't exist between the spoke virtual networks. ハブ仮想ネットワークにはネットワーク仮想アプライアンスがデプロイされており、ユーザー定義ルートは、ネットワーク仮想アプライアンスを通じてサブネット間のトラフィックをルーティングする、各スポーク仮想ネットワークに適用されます。A network virtual appliance is deployed in the Hub virtual network, and user-defined routes are applied to each spoke virtual network that route traffic between the subnets through the network virtual appliance. 各スポーク仮想ネットワークとハブ仮想ネットワーク間のピアリングに対してこのチェック ボックスをオフにした場合、仮想ネットワーク間のトラフィックをハブが転送しないため、スポーク仮想ネットワーク間ではトラフィックは流れません。If this checkbox is not checked for the peering between each spoke virtual network and the hub virtual network, traffic doesn't flow between the spoke virtual networks because the hub is not forwarding the traffic between the virtual networks. この機能を有効にすると、ピアリングを介して転送されたトラフィックが許可されますが、ユーザー定義ルートやネットワーク仮想アプライアンスが作成されるわけではありません。While enabling this capability allows the forwarded traffic through the peering, it does not create any user-defined routes or network virtual appliances. ユーザー定義ルートとネットワーク仮想アプライアンスは個別に作成されます。User-defined routes and network virtual appliances are created separately. ユーザー定義ルートについては、こちらをご覧ください。Learn about user-defined routes. Azure VPN Gateway を通じて仮想ネットワーク間でトラフィックが転送される場合は、この設定をオンにする必要はありません。You don't need to check this setting if traffic is forwarded between virtual networks through an Azure VPN Gateway.

    • [ゲートウェイ転送を許可する]: この仮想ネットワークに仮想ネットワーク ゲートウェイが接続されており、ピアリングされた仮想ネットワークからのトラフィックがゲートウェイ経由で流れることを許可する場合は、このボックスをオンにします。Allow gateway transit: Check this box if you have a virtual network gateway attached to this virtual network and want to allow traffic from the peered virtual network to flow through the gateway. たとえば、仮想ネットワーク ゲートウェイを介して、この仮想ネットワークをオンプレミス ネットワークに接続できます。For example, this virtual network may be attached to an on-premises network through a virtual network gateway. ゲートウェイは、ExpressRoute または VPN ゲートウェイを指定できます。The gateway can be an ExpressRoute or VPN gateway. このボックスをオンにすると、ピアリングされた仮想ネットワークからのトラフィックを、この仮想ネットワークに接続されたゲートウェイ経由でオンプレミス ネットワークに流すことができます。Checking this box allows traffic from the peered virtual network to flow through the gateway attached to this virtual network to the on-premises network. このボックスをオンにしても、ピアリングされた仮想ネットワークでゲートウェイを構成することはできません。If you check this box, the peered virtual network cannot have a gateway configured. もう一方の仮想ネットワークからこの仮想ネットワークへのピアリングを設定するときに、ピアリングされた仮想ネットワークで [リモート ゲートウェイを使用する] チェック ボックスをオンにしておく必要があります。The peered virtual network must have the Use remote gateways checkbox checked when setting up the peering from the other virtual network to this virtual network. このボックスをオフ (既定値) のままにしても、ピアリングされた仮想ネットワークからのトラフィックはこの仮想ネットワークに流れますが、この仮想ネットワークに接続された仮想ネットワーク ゲートウェイ経由で流れることはできません。If you leave this box unchecked (default), traffic from the peered virtual network still flows to this virtual network, but cannot flow through a virtual network gateway attached to this virtual network. ピアリングが仮想ネットワーク (Resource Manager) と仮想ネットワーク (クラシック) の間で行われる場合、ゲートウェイは仮想ネットワーク (Resource Manager) 内にある必要があります。If the peering is between a virtual network (Resource Manager) and a virtual network (classic), the gateway must be in the virtual network (Resource Manager).

      VPN ゲートウェイでは、トラフィックをオンプレミス ネットワークに転送するだけでなく、自身が置かれている仮想ネットワークとピアリングされた仮想ネットワーク間のネットワーク トラフィックを、それらの仮想ネットワークを相互にピアリングすることなく転送できます。In addition to forwarding traffic to an on-premises network, a VPN gateway can forward network traffic between virtual networks that are peered with the virtual network the gateway is in, without the virtual networks needing to be peered with each other. VPN ゲートウェイを使用したトラフィックの転送は、ハブ内の VPN ゲートウェイを使用して、相互にピアリングされていないスポーク仮想ネットワーク間のトラフィックをルーティングする場合に便利です ( [転送されたトラフィックを許可する] について説明したハブとスポークの例をご覧ください)。Using a VPN gateway to forward traffic is useful when you want to use a VPN gateway in a hub (see the hub and spoke example described for Allow forwarded traffic) virtual network to route traffic between spoke virtual networks that aren't peered with each other. 転送へのゲートウェイの使用許可について詳しくは、「仮想ネットワーク ピアリングの VPN ゲートウェイ転送を構成する」をご覧ください。To learn more about allowing use of a gateway for transit, see Configure a VPN gateway for transit in a virtual network peering. このシナリオを実行するには、次ホップの種類として仮想ネットワーク ゲートウェイを指定したユーザー定義ルートを実装する必要があります。This scenario requires implementing user-defined routes that specify the virtual network gateway as the next hop type. ユーザー定義ルートについては、こちらをご覧ください。Learn about user-defined routes. ユーザー定義ルートで次ホップの種類として指定できるのは、VPN ゲートウェイだけです。ユーザー定義ルートで、次ホップの種類として ExpressRoute ゲートウェイを指定することはできません。You can only specify a VPN gateway as a next hop type in a user-defined route, you cannot specify an ExpressRoute gateway as the next hop type in a user-defined route.

    • [リモート ゲートウェイを使用する]: この仮想ネットワークからのトラフィックが、ピアリングされた仮想ネットワークに接続された仮想ネットワーク ゲートウェイ経由で流れることを許可する場合は、このボックスをオンにします。Use remote gateways: Check this box to allow traffic from this virtual network to flow through a virtual network gateway attached to the virtual network you're peering with. たとえば、ピアリングされた仮想ネットワークに、オンプレミス ネットワークとの通信を可能にする VPN Gateway が接続されているとします。For example, the virtual network you're peering with has a VPN gateway attached that enables communication to an on-premises network. このボックスをオンにすると、この仮想ネットワークからのトラフィックを、ピアリングされた仮想ネットワークに接続された VPN Gateway 経由で流すことができます。Checking this box allows traffic from this virtual network to flow through the VPN gateway attached to the peered virtual network. このボックスをオンにする場合、ピアリングされた仮想ネットワークに仮想ネットワーク ゲートウェイが接続されている必要があります。また、ピアリングされた仮想ネットワークで [ゲートウェイ転送を許可する] チェック ボックスがオンになっている必要があります。If you check this box, the peered virtual network must have a virtual network gateway attached to it and must have the Allow gateway transit checkbox checked. このボックスをオフ (既定値) のままにしても、ピアリングされた仮想ネットワークからのトラフィックはこの仮想ネットワークに流れますが、この仮想ネットワークに接続された仮想ネットワーク ゲートウェイ経由で流れることはできません。If you leave this box unchecked (default), traffic from the peered virtual network can still flow to this virtual network, but cannot flow through a virtual network gateway attached to this virtual network. この設定は、この仮想ネットワークの 1 つのピアリングに対してのみ有効にすることができます。Only one peering for this virtual network can have this setting enabled.

      仮想ネットワーク内にゲートウェイが既に構成されている場合、リモート ゲートウェイを使うことはできません。You cannot use remote gateways if you already have a gateway configured in your virtual network. 転送へのゲートウェイの使用について詳しくは、「仮想ネットワーク ピアリングの VPN ゲートウェイ転送を構成する」をご覧ください。To learn more about using a gateway for transit, see Configure a VPN gateway for transit in a virtual network peering

  6. [OK] を選んで、選んだ仮想ネットワークにサブネットを追加します。Select OK to add the peering to the virtual network you selected.

異なるサブスクリプションおよびデプロイ モデルの仮想ネットワーク間にピアリングを実装する手順については、次の手順をご覧ください。For step-by-step instructions for implementing peering between virtual networks in different subscriptions and deployment models, see next steps.

commandCommands

ピアリング設定の表示または変更View or change peering settings

ピアリングを変更する前に、要件と制約、必要なアクセス許可を十分に理解しておいてください。Before changing a peering, familiarize yourself with the requirements and constraints and necessary permissions.

  1. ポータルの上部にある検索ボックスに、「仮想ネットワーク」と入力します。In the search box at the top of the portal, enter virtual networks in the search box. 検索結果に [仮想ネットワーク] が表示されたら、それを選択します。When Virtual networks appear in the search results, select it. 一覧に [仮想ネットワーク (クラシック)] が表示されていても、これを選択しないでください。クラシック デプロイ モデルを使用してデプロイされた仮想ネットワークからピアリングを作成することはできません。Do not select Virtual networks (classic) if it appears in the list, as you cannot create a peering from a virtual network deployed through the classic deployment model.
  2. ピアリング設定を変更する仮想ネットワークを一覧から選択します。Select the virtual network in the list that you want to change peering settings for.
  3. [設定][ピアリング] を選択します。Under SETTINGS, select Peerings.
  4. 設定を表示または変更するピアリングを選びます。Select the peering you want to view or change settings for.
  5. 該当する設定を変更します。Change the appropriate setting. 各設定のオプションについては、「ピアリングの作成」の手順 5 を参照してください。Read about the options for each setting in step 5 of Create a peering.
  6. [保存] を選択します。Select Save.

コマンドCommands

ピアリングの削除Delete a peering

ピアリングを削除する前に、必要なアクセス許可がアカウントにあることを確認してください。Before deleting a peering, ensure your account has the necessary permissions.

ピアリングを削除すると、仮想ネットワークからのトラフィックはピアリングされた仮想ネットワークに流れなくなります。When a peering is deleted, traffic from a virtual network no longer flows to the peered virtual network. Resource Manager を使用してデプロイされた仮想ネットワークをピアリングしている場合、それぞれの仮想ネットワークにもう一方の仮想ネットワークとのピアリングが存在します。When virtual networks deployed through Resource Manager are peered, each virtual network has a peering to the other virtual network. 一方の仮想ネットワークからピアリングを削除すると、仮想ネットワーク間の通信が無効になりますが、もう一方の仮想ネットワークからピアリングが削除されるわけではありません。Though deleting the peering from one virtual network disables the communication between the virtual networks, it does not delete the peering from the other virtual network. もう一方の仮想ネットワークに存在するピアリングの状態が "切断" になります。The peering status for the peering that exists in the other virtual network is Disconnected. 1 つ目の仮想ネットワークのピアリングを再作成し、両方の仮想ネットワークのピアリングの状態が "接続済み" に変わるまで、ピアリングを再作成することはできません。You cannot recreate the peering until you re-create the peering in the first virtual network and the peering status for both virtual networks changes to Connected.

仮想ネットワーク間で通信することはあっても、常に通信するわけではない場合は、ピアリングを削除するのではなく、 [仮想ネットワーク アクセスを許可する][無効] に設定します。If you want virtual networks to communicate sometimes, but not always, rather than deleting a peering, you can set the Allow virtual network access setting to Disabled instead. 方法については、この記事の「ピアリングの作成」の手順 6 を参照してください。To learn how, read step 6 of the Create a peering section of this article. ピアリングを削除し、再作成するよりも、ネットワーク アクセスを無効化/有効化する方が簡単な場合があります。You may find disabling and enabling network access easier than deleting and recreating peerings.

  1. ポータルの上部にある検索ボックスに、「仮想ネットワーク」と入力します。In the search box at the top of the portal, enter virtual networks in the search box. 検索結果に [仮想ネットワーク] が表示されたら、それを選択します。When Virtual networks appear in the search results, select it. 一覧に [仮想ネットワーク (クラシック)] が表示されていても、これを選択しないでください。クラシック デプロイ モデルを使用してデプロイされた仮想ネットワークからピアリングを作成することはできません。Do not select Virtual networks (classic) if it appears in the list, as you cannot create a peering from a virtual network deployed through the classic deployment model.
  2. ピアリングを削除する仮想ネットワークを一覧から選択します。Select the virtual network in the list that you want to delete a peering for.
  3. [設定][ピアリング] を選択します。Under SETTINGS, select Peerings.
  4. 削除するピアリングの右側にある [...] を選択し、 [削除][はい] の順に選択して、最初の仮想ネットワークからピアリングを削除します。On the right side of the peering you want to delete, select ..., select Delete, then select Yes to delete the peering from the first virtual network.
  5. 上記の手順を繰り返して、ピアリングのもう一方の仮想ネットワークからピアリングを削除します。Complete the previous steps to delete the peering from the other virtual network in the peering.

コマンドCommands

要件と制約Requirements and constraints

  • 同じリージョンまたは異なるリージョンの仮想ネットワークをピアリングできます。You can peer virtual networks in the same region, or different regions. 異なるリージョン内の仮想ネットワークのピアリングは "グローバル VNet ピアリング" とも呼ばれます。Peering virtual networks in different regions is also referred to as Global VNet Peering.

  • グローバル ピアリングの作成では、ピアリングされた仮想ネットワークは Azure パブリック クラウドの任意のリージョン、または China クラウド リージョン、あるいは Government クラウド リージョンに存在できます。When creating a global peering, the peered virtual networks can exist in any Azure public cloud region or China cloud regions or Government cloud regions. クラウド間ではピアリングできません。You cannot peer across clouds. たとえば、Azure パブリック クラウドの VNet は Azure 中国クラウドの VNet にピアリングすることはできません。For example, a VNet in Azure public cloud cannot be peered to a VNet in Azure China cloud.

  • 仮想ネットワーク内のリソースは、グローバルにピアリングされた仮想ネットワークの Basic 内部ロード バランサーのフロントエンド IP アドレスと通信することはできません。Resources in one virtual network cannot communicate with the front-end IP address of a Basic internal load balancer in a globally peered virtual network. Basic Load Balancer のサポートは、同じリージョン内でのみ存在します。Support for Basic Load Balancer only exists within the same region. Standard Load Balancer のサポートは VNet Peering と Global VNet Peering の両方に存在します。Support for Standard Load Balancer exists for both, VNet Peering and Global VNet Peering. Global VNet Peering 経由では機能しない Basic Load Balancer を使用するサービスについては、こちらを参照してください。Services that use a Basic load balancer which will not work over Global VNet Peering are documented here.

  • グローバルにピアリングされた仮想ネットワークおよびローカルにピアリングされた仮想ネットワークでは、リモート ゲートウェイを使用でき、ゲートウェイ転送を許可できます。You can use remote gateways or allow gateway transit in globally peered virtual networks and locally peered virtual networks.

  • 仮想ネットワークが属しているサブスクリプションは異なっていてもかまいません。The virtual networks can be in the same, or different subscriptions. 異なるサブスクリプションに属する仮想ネットワークをピアリングする場合、両方のサブスクリプションを同じまたは異なる Azure Active Directory テナントに関連付けることができます。When you peer virtual networks in different subscriptions, both subscriptions can be associated to the same or different Azure Active Directory tenant. AD テナントをまだ持っていない場合は、作成できます。If you don't already have an AD tenant, you can create one. ポータルでは、異なる Azure Active Directory テナントに関連付けられているサブスクリプションからの仮想ネットワーク間のピアリングはサポートされていません。Support for peering across virtual networks from subscriptions associated to different Azure Active Directory tenants is not available in Portal. CLI、PowerShell、またはテンプレートを使用できます。You can use CLI, PowerShell, or Templates.

  • ピアリングする仮想ネットワークの IP アドレス空間が重複していてはいけません。The virtual networks you peer must have non-overlapping IP address spaces.

  • 仮想ネットワークを別の仮想ネットワークとピアリングした後に、仮想ネットワークのアドレス空間に対してアドレス範囲の追加または削除を実行することはできません。You can't add address ranges to, or delete address ranges from a virtual network's address space once a virtual network is peered with another virtual network. アドレス範囲を追加または削除するには、ピアリングを削除し、アドレス範囲を追加または削除してからピアリングを再作成します。To add or remove address ranges, delete the peering, add or remove the address ranges, then re-create the peering. 仮想ネットワークに対してアドレス範囲を追加または削除するには、仮想ネットワークの管理に関するページを参照してください。To add address ranges to, or remove address ranges from virtual networks, see Manage virtual networks.

  • Resource Manager を使用してデプロイされた 2 つの仮想ネットワーク、または Resource Manager を使用してデプロイされた仮想ネットワークとクラシック デプロイ モデルを使用してデプロイされた仮想ネットワークをピアリングできます。You can peer two virtual networks deployed through Resource Manager or a virtual network deployed through Resource Manager with a virtual network deployed through the classic deployment model. クラシック デプロイ モデルを使用して作成された 2 つの仮想ネットワークをピアリングすることはできません。You cannot peer two virtual networks created through the classic deployment model. Azure デプロイ モデルの知識がない場合は、Azure デプロイ モデルの概要に関する記事をご覧ください。If you're not familiar with Azure deployment models, read the Understand Azure deployment models article. クラシック デプロイ モデルを使って作成された 2 つの仮想ネットワークは、VPN Gateway を使用して接続できます。You can use a VPN Gateway to connect two virtual networks created through the classic deployment model.

  • Resource Manager を使用して作成された 2 つの仮想ネットワークをピアリングするときは、ピアリングする仮想ネットワークごとにピアリングを構成する必要があります。When peering two virtual networks created through Resource Manager, a peering must be configured for each virtual network in the peering. ピアリングの状態の種類として次のいずれかが表示されます。You see one of the following types for peering status:

    • 開始済み: 1 つ目の仮想ネットワークから 2 つ目の仮想ネットワークへのピアリングを作成すると、ピアリングの状態が "開始済み" になります。Initiated: When you create the peering to the second virtual network from the first virtual network, the peering status is Initiated.
    • 接続済み: 2 つ目の仮想ネットワークから 1 つ目の仮想ネットワークへのピアリングを作成すると、ピアリングの状態が "接続済み" になります。Connected: When you create the peering from the second virtual network to the first virtual network, its peering status is Connected. 1 つ目の仮想ネットワークのピアリングの状態を確認すると、状態が "開始済み" から "接続済み" に変わっていることがわかります。If you view the peering status for the first virtual network, you see its status changed from Initiated to Connected. 両方の仮想ネットワーク ピアリングの状態が "接続済み" になるまで、ピアリングは正常に確立されません。The peering is not successfully established until the peering status for both virtual network peerings is Connected.
  • Resource Manager を使用して作成された仮想ネットワークを、クラシック デプロイ モデルを使用して作成された仮想ネットワークとピアリングするときは、Resource Manager を使用してデプロイされた仮想ネットワークのピアリングだけを構成します。When peering a virtual network created through Resource Manager with a virtual network created through the classic deployment model, you only configure a peering for the virtual network deployed through Resource Manager. 仮想ネットワーク (クラシック) のピアリングや、クラシック デプロイ モデルを使用してデプロイされた 2 つの仮想ネットワークのピアリングを構成することはできません。You cannot configure peering for a virtual network (classic), or between two virtual networks deployed through the classic deployment model. 仮想ネットワーク (Resource Manager) から仮想ネットワーク (クラシック) へのピアリングを作成すると、ピアリングの状態が "更新中" になった後、すぐに "接続済み" に変わります。When you create the peering from the virtual network (Resource Manager) to the virtual network (Classic), the peering status is Updating, then shortly changes to Connected.

  • ピアリングは 2 つの仮想ネットワーク間で確立されます。A peering is established between two virtual networks. ピアリングは推移的ではありません。Peerings are not transitive. 次の仮想ネットワーク間のピアリングを作成したとします。If you create peerings between:

    • VirtualNetwork1 と VirtualNetwork2VirtualNetwork1 & VirtualNetwork2
    • VirtualNetwork2 と VirtualNetwork3VirtualNetwork2 & VirtualNetwork3

    この場合、VirtualNetwork2 を介して、VirtualNetwork1 と VirtualNetwork3 のピアリングが確立されるわけではありません。There is no peering between VirtualNetwork1 and VirtualNetwork3 through VirtualNetwork2. VirtualNetwork1 と VirtualNetwork3 の間に仮想ネットワーク ピアリングを作成する場合は、VirtualNetwork1 と VirtualNetwork3 の間にピアリングを作成する必要があります。If you want to create a virtual network peering between VirtualNetwork1 and VirtualNetwork3, you have to create a peering between VirtualNetwork1 and VirtualNetwork3.

  • 既定の Azure 名前解決を使用して、ピアリングされた仮想ネットワークで名前を解決することはできません。You can't resolve names in peered virtual networks using default Azure name resolution. 他の仮想ネットワークで名前を解決するには、プライベート ドメインの Azure DNS またはカスタム DNS サーバーを使う必要があります。To resolve names in other virtual networks, you must use Azure DNS for private domains or a custom DNS server. 独自の DNS サーバーを設定する方法については、「独自 DNS サーバー使用の名前解決」をご覧ください。To learn how to set up your own DNS server, see Name resolution using your own DNS server.

  • 同じリージョン内のピアリングされた仮想ネットワークのリソースは、同じ仮想ネットワークに存在する場合と同様に、同じ帯域幅と待機時間で相互に通信できます。Resources in peered virtual networks in the same region can communicate with each other with the same bandwidth and latency as if they were in the same virtual network. ただし、仮想マシンのサイズごとに独自の最大ネットワーク帯域幅が設定されています。Each virtual machine size has its own maximum network bandwidth however. さまざまなサイズの仮想マシンの最大ネットワーク帯域幅の詳細については、Windows または Linux の VM サイズに関する記事を参照してください。To learn more about maximum network bandwidth for different virtual machine sizes, see Windows or Linux virtual machine sizes.

  • 仮想ネットワークは、別の仮想ネットワークとピアリングすることができ、Azure 仮想ネットワーク ゲートウェイを使用して別の仮想ネットワークに接続することもできます。A virtual network can be peered to another virtual network, and also be connected to another virtual network with an Azure virtual network gateway. ピアリングとゲートウェイの両方を使用して仮想ネットワークが接続されている場合、仮想ネットワーク間のトラフィックは、ゲートウェイではなく、ピアリング構成を介して流れます。When virtual networks are connected through both peering and a gateway, traffic between the virtual networks flows through the peering configuration, rather than the gateway.

  • 新しいルートをクライアントに確実にダウンロードするには、仮想ネットワーク ピアリングが正常に構成された後で、もう一度ポイント対サイト VPN クライアントをダウンロードする必要があります。Point-to-Site VPN clients must be downloaded again after virtual network peering has been successfully configured to ensure the new routes are downloaded to the client.

  • 仮想ネットワーク ピアリングを利用するイグレス トラフィックとエグレス トラフィックには少額の料金が発生します。There is a nominal charge for ingress and egress traffic that utilizes a virtual network peering. 詳細については、 価格に関するページを参照してください。For more information, see the pricing page.

アクセス許可Permissions

仮想ネットワークのピアリングを扱うために使用するアカウントは、次のロールに割り当てる必要があります。The accounts you use to work with virtual network peering must be assigned to the following roles:

上記のどのロールにもアカウントが割り当てられていない場合、次の表から必要なアクションが割り当てられるカスタム ロールに割り当てる必要があります。If your account is not assigned to one of the previous roles, it must be assigned to a custom role that is assigned the necessary actions from the following table:

ActionAction NameName
Microsoft.Network/virtualNetworks/virtualNetworkPeerings/writeMicrosoft.Network/virtualNetworks/virtualNetworkPeerings/write 仮想ネットワーク A から仮想ネットワーク B へのピアリングを作成するために必要です。仮想ネットワーク A は仮想ネットワーク (Resource Manager) である必要がありますRequired to create a peering from virtual network A to virtual network B. Virtual network A must be a virtual network (Resource Manager)
Microsoft.Network/virtualNetworks/peer/actionMicrosoft.Network/virtualNetworks/peer/action 仮想ネットワーク B (Resource Manager) から仮想ネットワーク A へのピアリングを作成するために必要ですRequired to create a peering from virtual network B (Resource Manager) to virtual network A
Microsoft.ClassicNetwork/virtualNetworks/peer/actionMicrosoft.ClassicNetwork/virtualNetworks/peer/action 仮想ネットワーク B (クラシック) から仮想ネットワーク A へのピアリングを作成するために必要ですRequired to create a peering from virtual network B (classic) to virtual network A
Microsoft.Network/virtualNetworks/virtualNetworkPeerings/readMicrosoft.Network/virtualNetworks/virtualNetworkPeerings/read 仮想ネットワーク ピアリングの読み取りRead a virtual network peering
Microsoft.Network/virtualNetworks/virtualNetworkPeerings/deleteMicrosoft.Network/virtualNetworks/virtualNetworkPeerings/delete 仮想ネットワーク ピアリングの削除Delete a virtual network peering

次の手順Next steps

  • 仮想ネットワーク ピアリングは、同じまたは異なるサブスクリプションに存在する同じまたは異なるデプロイメント モデルを使って作成された仮想ネットワーク間に作成されます。A virtual network peering is created between virtual networks created through the same, or different deployment models that exist in the same, or different subscriptions. 次のいずれかのシナリオのチュートリアルを完了します。Complete a tutorial for one of the following scenarios:

    Azure デプロイメント モデルAzure deployment model サブスクリプションSubscription
    両方が Resource ManagerBoth Resource Manager 同じSame
    異なるDifferent
    一方が Resource Manager、もう一方がクラシックOne Resource Manager, one classic 同じSame
    異なるDifferent
  • ハブおよびスポーク ネットワーク トポロジを作成する方法を学習しますLearn how to create a hub and spoke network topology

  • PowerShell または Azure CLI のサンプル スクリプトを使って、または Azure Resource Manager テンプレートを使って、仮想ネットワーク ピアリングを作成しますCreate a virtual network peering using PowerShell or Azure CLI sample scripts, or using Azure Resource Manager templates

  • Azure ポリシーを作成して仮想ネットワークに適用しますCreate and apply Azure policy for virtual networks