仮想ネットワーク サブネットの追加、変更、削除Add, change, or delete a virtual network subnet

仮想ネットワーク サブネットを追加、変更、削除する方法について説明します。Learn how to add, change, or delete a virtual network subnet. 仮想ネットワークにデプロイされているすべての Azure リソースは、仮想ネットワーク内のサブネットにデプロイされます。All Azure resources deployed into a virtual network are deployed into a subnet within a virtual network. 仮想ネットワークが初めての方は、「Virtual Network の概要」、あるいはチュートリアルを行うことで詳しく学習できます。If you're new to virtual networks, you can learn more about them in the Virtual network overview or by completing a tutorial. 仮想ネットワークの作成、変更、あるいは削除については、仮想ネットワークの管理を参照してください。To create, change, or delete a virtual network, see Manage a virtual network.

開始する前にBefore you begin

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. インストール手順については、Azure PowerShell のインストール を参照してください。For installation instructions, see Install Azure PowerShell.

この記事のセクションに記載された手順を始める前に、次のタスクを完了してください。Complete the following tasks before completing steps in any section of this article:

  • まだ Azure アカウントを持っていない場合は、無料試用版アカウントにサインアップしてください。If you don't already have an Azure account, sign up for a free trial account.
  • ポータルを使用する場合は、 https://portal.azure.com を開き、Azure アカウントでログインします。If using the portal, open https://portal.azure.com, and log in with your Azure account.
  • PowerShell コマンドを使用してこの記事のタスクを実行する場合は、Azure Cloud Shell でコマンドを実行するか、お使いのコンピューターから PowerShell を実行してください。If using PowerShell commands to complete tasks in this article, either run the commands in the Azure Cloud Shell, or by running PowerShell from your computer. Azure Cloud Shell は無料のインタラクティブ シェルです。この記事の手順は、Azure Cloud Shell を使って実行することができます。The Azure Cloud Shell is a free interactive shell that you can use to run the steps in this article. 一般的な Azure ツールが事前にインストールされており、アカウントで使用できるように構成されています。It has common Azure tools preinstalled and configured to use with your account. このチュートリアルには、Azure PowerShell モジュール バージョン 1.0.0 以降が必要です。This tutorial requires the Azure PowerShell module version 1.0.0 or later. インストールされているバージョンを確認するには、Get-Module -ListAvailable Az を実行します。Run Get-Module -ListAvailable Az to find the installed version. アップグレードする必要がある場合は、Azure PowerShell モジュールのインストールに関するページを参照してください。If you need to upgrade, see Install Azure PowerShell module. PowerShell をローカルで実行している場合、Connect-AzAccount を実行して Azure との接続を作成することも必要です。If you are running PowerShell locally, you also need to run Connect-AzAccount to create a connection with Azure.
  • Azure コマンド ライン インターフェイス (CLI) コマンドを使用してこの記事のタスクを実行する場合は、Azure Cloud Shell でコマンドを実行するか、お使いのコンピューターから CLI を実行してください。If using Azure Command-line interface (CLI) commands to complete tasks in this article, either run the commands in the Azure Cloud Shell, or by running the CLI from your computer. このチュートリアルには、Azure CLI のバージョン 2.0.31 以降が必要です。This tutorial requires the Azure CLI version 2.0.31 or later. インストールされているバージョンを確認するには、az --version を実行します。Run az --version to find the installed version. インストールまたはアップグレードする必要がある場合は、Azure CLI のインストールに関するページを参照してください。If you need to install or upgrade, see Install Azure CLI. Azure CLI をローカルで実行している場合、az login を実行して Azure との接続を作成することも必要です。If you are running the Azure CLI locally, you also need to run az login to create a connection with Azure.

Azure へのログインまたは接続に使用するアカウントは、ネットワークの共同作業者ロール、または「アクセス許可」の一覧に記載されている適切なアクションが割り当てられているカスタム ロールに割り当てられている必要があります。The account you log into, or connect to Azure with, must be assigned to the network contributor role or to a custom role that is assigned the appropriate actions listed in Permissions.

サブネットの追加Add a subnet

  1. ポータルの上部にある検索ボックスに、「仮想ネットワーク」と入力します。In the search box at the top of the portal, enter virtual networks in the search box. 検索結果に [仮想ネットワーク] が表示されたら、それを選択します。When Virtual networks appear in the search results, select it.
  2. 仮想ネットワークの一覧から、サブネットを追加する仮想ネットワークを選択します。From the list of virtual networks, select the virtual network you want to add a subnet to.
  3. [設定] で、[サブネット] を選択します。Under SETTINGS, select Subnets.
  4. [+サブネット] を選択します。Select +Subnet.
  5. 次のパラメーターの値を入力します。Enter values for the following parameters:
    • [名前]:仮想ネットワーク内で一意となる名前を使用してください。Name: The name must be unique within the virtual network. 他の Azure サービスとの最大限の互換性を維持するために、名前の最初の文字として英字を使用することをお勧めします。For maximum compatibility with other Azure services, we recommend using a letter as the first character of the name. たとえば、Azure Application Gateway は、数字で始まる名前を持つサブネットにはデプロイされません。For example, Azure Application Gateway won't deploy into a subnet that has a name that starts with a number.

    • アドレス範囲:範囲は仮想ネットワークのアドレス空間内で一意である必要があります。Address range: The range must be unique within the address space for the virtual network. 仮想ネットワーク内の他のサブネット アドレス範囲と重複することはできません。The range cannot overlap with other subnet address ranges within the virtual network. アドレス空間は、Classless Inter-Domain Routing (CIDR) 表記で指定する必要があります。The address space must be specified by using Classless Inter-Domain Routing (CIDR) notation. たとえば、アドレス空間が 10.0.0.0/16 の仮想ネットワークでは、10.0.0.0/24 のサブネット アドレス空間を定義できます。For example, in a virtual network with address space 10.0.0.0/16, you might define a subnet address space of 10.0.0.0/24. 指定できる最小範囲は、/29 です。これでサブネットに 8 つの IP アドレスを使用できます。The smallest range you can specify is /29, which provides eight IP addresses for the subnet. Azure では、サブネットごとに、最初と最後のアドレスがプロトコルに準拠するために予約されています。Azure reserves the first and last address in each subnet for protocol conformance. そのほか、3 つのアドレスが Azure サービスの使用のために予約されています。Three additional addresses are reserved for Azure service usage. そのため、/29 のアドレス範囲が設定されたサブネットでは、使用できる IP アドレスが 3 つになります。As a result, defining a subnet with a /29 address range results in three usable IP addresses in the subnet. 仮想ネットワークを VPN ゲートウェイに接続する場合は、ゲートウェイ サブネットを作成する必要があります。If you plan to connect a virtual network to a VPN gateway, you must create a gateway subnet. 詳細については、ゲートウェイ サブネットに指定するアドレス範囲の考慮事項に関する記事を参照してください。Learn more about specific address range considerations for gateway subnets. 特定の条件下でのみ、サブネットの追加後にアドレス範囲を変更できます。You can change the address range after the subnet is added, under specific conditions. サブネット アドレス範囲を変更する方法については、「サブネット設定の変更」をご覧ください。To learn how to change a subnet address range, see Change subnet settings.

    • [ネットワーク セキュリティ グループ]: 0 個か 1 個の既存のネットワーク セキュリティ グループをサブネットに関連付けることで、そのサブネットの受信および送信ネットワーク トラフィックをフィルター処理できます。Network security group: You can associate zero, or one existing network security group to a subnet to filter inbound and outbound network traffic for the subnet. ネットワーク セキュリティ グループは、仮想ネットワークと同じサブスクリプションと場所に存在する必要があります。The network security group must exist in the same subscription and location as the virtual network. ネットワーク セキュリティ グループネットワーク セキュリティ グループを作成する方法に関するページを参照してください。Learn more about network security groups and how to create a network security group.

    • [ルート テーブル]:0 個または 1 個の既存のルート テーブルをサブネットに関連付けることで、他のネットワークへのネットワーク トラフィック ルーティングを制御できます。Route table: You can associate zero or one existing route table to a subnet to control network traffic routing to other networks. ルート テーブルは、仮想ネットワークと同じサブスクリプションと場所に存在する必要があります。The route table must exist in the same subscription and location as the virtual network. Azure のルーティングルート テーブルを作成する方法に関するページを参照してください。Learn more about Azure routing and how to create a route table

    • [サービス エンドポイント]: サブネットは、そのサブネットに対して 0 個または複数のサービス エンドポイントを有効にできます。Service endpoints: A subnet can have zero or multiple service endpoints enabled for it. サービスのサービス エンドポイントを有効にするには、サービス エンドポイントを有効にするサービス (複数可) を [サービス] 一覧から選択します。To enable a service endpoint for a service, select the service or services that you want to enable service endpoints for from the Services list. エンドポイントには、自動的に場所が構成されます。The location is configured automatically for an endpoint. 既定では、仮想ネットワークのリージョンに対してサービス エンドポイントが構成されます。By default, service endpoints are configured for the virtual network's region. Azure Storage の場合、リージョン フェールオーバーのシナリオに対応するため、エンドポイントは Azure のペアになっているリージョンに自動的に構成されます。For Azure Storage, to support regional failover scenarios, endpoints are automatically configured to Azure paired regions.

    • [サブネットの委任]: 1 つのサブスクリプションに対して 0 または複数の委任を有効にすることができます。Subnet delegation: A subnet can have zero to multiple delegations enabled for it. サブネット委任では、サービスのデプロイ時に一意の ID を利用してサブネットにサービス固有のリソースを作成するための明示的なアクセス許可がサービスに与えられます。Subnet delegation gives explicit permissions to the service to create service-specific resources in the subnet using a unique identifier when deploying the service. サービスに委任するには、[サービス] 一覧から委任先となるサービスを選択します。To delegate for a service, select the service you want to delegate to from the Services list.

      サービス エンドポイントを削除するには、サービス エンドポイントを削除するサービスを選択解除します。To remove a service endpoint, unselect the service you want to remove the service endpoint for. サービス エンドポイントおよび、そうしたエンドポイントを有効にできるサービスについては、仮想ネットワークのサービス エンドポイントの概要を参照してください。To learn more about service endpoints, and the services they can be enabled for, see Virtual network service endpoints overview. サービスのサービス エンドポイントを有効にしたら、そのサービスで作成されたリソースのサブネットへのネットワーク アクセスも有効にする必要があります。Once you enable a service endpoint for a service, you must also enable network access for the subnet for a resource created with the service. たとえば、Microsoft.Storage のサービス エンドポイントを有効にする場合は、ネットワーク アクセスを許可するすべての Azure ストレージ アカウントへのネットワーク アクセスも有効にする必要があります。For example, if you enable the service endpoint for Microsoft.Storage, you must also enable network access to all Azure Storage accounts you want to grant network access to. サービス エンドポイントが有効になっているサブネットへのネットワーク アクセスを有効にする方法の詳細については、サービス エンドポイントを有効にした個々のサービスのドキュメントを参照してください。For details about how to enable network access to subnets that a service endpoint is enabled for, see the documentation for the individual service you enabled the service endpoint for.

      サブネットに対してサービス エンドポイントが有効にされていることを検証するには、サブネット上の任意のネットワーク インターフェイスの有効なルートを表示します。To validate that a service endpoint is enabled for a subnet, view the effective routes for any network interface in the subnet. エンドポイントが構成されている場合は、そのサービスのアドレス プレフィックスと、VirtualNetworkServiceEndpoint の nextHopType からなる既定 のルートが表示されます。When an endpoint is configured, you see a default route with the address prefixes of the service, and a nextHopType of VirtualNetworkServiceEndpoint. ルーティングについては、ルーティングの概要を参照してください。To learn more about routing, see Routing overview.

  6. 選択した仮想ネットワークにサブネットを追加するには、[OK] を選択します。To add the subnet to the virtual network that you selected, select OK.

コマンドCommands

サブネット設定の変更Change subnet settings

  1. ポータルの上部にある検索ボックスに、「仮想ネットワーク」と入力します。In the search box at the top of the portal, enter virtual networks in the search box. 検索結果に [仮想ネットワーク] が表示されたら、それを選択します。When Virtual networks appear in the search results, select it.

  2. 仮想ネットワークの一覧から、設定を変更するサブネットを含む仮想ネットワークを選択します。From the list of virtual networks, select the virtual network that contains the subnet you want to change settings for.

  3. [設定] で、[サブネット] を選択します。Under SETTINGS, select Subnets.

  4. サブネットの一覧から、設定を変更するサブネットを選択します。In the list of subnets, select the subnet you want to change settings for. 次の設定を変更できます。You can change the following settings:

    • [アドレス範囲]: サブネット内にリソースがデプロイされていない場合は、アドレス範囲を変更できます。Address range: If no resources are deployed within the subnet, you can change the address range. サブネット内にリソースが存在する場合は、まず、そのリソースを別のサブネットに移動するか、サブネットから削除する必要があります。If any resources exist in the subnet, you must either move the resources to another subnet, or delete them from the subnet first. リソースを移動または削除する手順は、リソースによって異なります。The steps you take to move or delete a resource vary depending on the resource. サブネット内のリソースを移動または削除する方法については、移動または削除するリソースの種類に応じたドキュメントをご覧ください。To learn how to move or delete resources that are in subnets, read the documentation for each resource type that you want to move or delete. サブネットの追加」の手順 5. の [アドレス範囲] の制約について確認してください。See the constraints for Address range in step 5 of Add a subnet.
    • [ユーザー]:組み込みロールまたは独自のカスタム ロールを使用して、サブネットへのアクセス権を制御できます。Users: You can control access to the subnet by using built-in roles or your own custom roles. サブネットにアクセスするロールとユーザーの割り当ての詳細については、ロールの割り当てを使用した Azure リソースへのアクセス権の管理に関するページをご覧ください。To learn more about assigning roles and users to access the subnet, see Use role assignment to manage access to your Azure resources.
    • [ネットワーク セキュリティ グループ][ルート テーブル]:「サブネットの追加」の手順 5 を参照してください。Network security group and Route table: See step 5 of Add a subnet.
    • [サービス エンドポイント]:「サブネットの追加」の手順 5 のサービス エンドポイントを参照してください。Service endpoints: See service endpoints in step 5 of Add a subnet. 既存のサブネットに対してサービス エンドポイントを有効にする場合は、サブネット上のリソース上で重要なタスクが実行されていないことを確認してください。When enabling a service endpoint for an existing subnet, ensure that no critical tasks are running on any resource in the subnet. サービス エンドポイントは、0.0.0.0/0 アドレス プレフィックスとネクスト ホップ タイプが Internet からなる既定のルートから始まってサービスのアドレス プレフィックスとネクスト ホップ タイプが VirtualNetworkServiceEndpoint からなる新しいルートまで、サブネット上のあらゆるネットワーク インターフェイスでルートを切り替えます。Service endpoints switch routes on every network interface in the subnet from using the default route with the 0.0.0.0/0 address prefix and next hop type of Internet, to using a new route with the address prefixes of the service, and a next hop type of VirtualNetworkServiceEndpoint. 切り替えの間、開いている TCP 接続は終了されることがあります。During the switch, any open TCP connections may be terminated. サービス エンドポイントは、すべてのネットワーク インターフェイスについて、サービスに対するトラフィック フローが新しいルートで更新されるまで有効にされません。The service endpoint is not enabled until traffic flows to the service for all network interfaces are updated with the new route. ルーティングについては、ルーティングの概要を参照してください。To learn more about routing, see Routing overview.
    • [サブネットの委任]:サブネットの追加」の手順 5 のサービス エンドポイントを参照してください。Subnet delegation: See service endpoints in step 5 of Add a subnet. サブネット委任は、0 または複数の委任を有効にするように変更できます。Subnet delegation can be modified to zero or multiple delegations enabled for it. サブネットであるサービスのあるリソースが既にデプロイされている場合、サービスのすべてのリソースが削除されるまでサブネット委任は削除できません。If a resource for a service is already deployed in the subnet, subnet delegation cannot be removed until the all resources for the service are removed. 別のサービスに委任するには、[サービス] 一覧から委任先となるサービスを選択します。To delegate for a different service, select the service you want to delegate to from the Services list.
  5. [保存] を選択します。Select Save.

コマンドCommands

サブネットの削除Delete a subnet

サブネット内にリソースがない場合にのみ、サブネットを削除できます。You can delete a subnet only if there are no resources in the subnet. サブネット内にリソースがある場合は、サブネットを削除する前に、そのサブネット内のリソースを削除する必要があります。If there are resources in the subnet, you must delete the resources that are in the subnet before you can delete the subnet. リソースを削除する方法は、リソースによって異なります。The steps you take to delete a resource vary depending on the resource. サブネット内のリソースを削除する方法については、削除するリソースの種類に応じたドキュメントをご覧ください。To learn how to delete resources that are in subnets, read the documentation for each resource type that you want to delete.

  1. ポータルの上部にある検索ボックスに、「仮想ネットワーク」と入力します。In the search box at the top of the portal, enter virtual networks in the search box. 検索結果に [仮想ネットワーク] が表示されたら、それを選択します。When Virtual networks appear in the search results, select it.
  2. 仮想ネットワークの一覧から、削除するサブネットを含む仮想ネットワークを選択します。From the list of virtual networks, select the virtual network that contains the subnet you want to delete.
  3. [設定] で、[サブネット] を選択します。Under SETTINGS, select Subnets.
  4. サブネットの一覧から、削除するサブネットの右側にある [...] を選択します。In the list of subnets, select ..., on the right, for the subnet you want to delete
  5. [削除] を選択してから、[はい] を選択します。Select Delete, and then select Yes.

コマンドCommands

アクセス許可Permissions

サブネットでタスクを実行するには、ネットワークの共同作業者ロール、または次の表に記載されている適切なアクションを割り当てられているカスタム ロールにアカウントが割り当てられている必要があります。To perform tasks on subnets, your account must be assigned to the network contributor role or to a custom role that is assigned the appropriate actions listed in the following table:

ActionAction NameName
Microsoft.Network/virtualNetworks/subnets/readMicrosoft.Network/virtualNetworks/subnets/read 仮想ネットワークのサブネットを読み取るRead a virtual network subnet
Microsoft.Network/virtualNetworks/subnets/writeMicrosoft.Network/virtualNetworks/subnets/write 仮想ネットワークのサブネットを作成または更新するCreate or update a virtual network subnet
Microsoft.Network/virtualNetworks/subnets/deleteMicrosoft.Network/virtualNetworks/subnets/delete 仮想ネットワークのサブネットを削除するDelete a virtual network subnet
Microsoft.Network/virtualNetworks/subnets/join/actionMicrosoft.Network/virtualNetworks/subnets/join/action 仮想ネットワークの接続Join a virtual network
Microsoft.Network/virtualNetworks/subnets/joinViaServiceEndpoint/actionMicrosoft.Network/virtualNetworks/subnets/joinViaServiceEndpoint/action サブネットに対してサービス エンドツーエンドを有効にするEnable a service endpoint for a subnet
Microsoft.Network/virtualNetworks/subnets/virtualMachines/readMicrosoft.Network/virtualNetworks/subnets/virtualMachines/read サブネット上の仮想マシンを取得するGet the virtual machines in a subnet

次の手順Next steps