Azure ネットワーク インターフェイスの IP アドレスの追加、変更、削除Add, change, or remove IP addresses for an Azure network interface

ネットワーク インターフェイスのパブリック IP アドレスとプライベート IP アドレスを追加、変更、削除する方法について説明します。Learn how to add, change, and remove public and private IP addresses for a network interface. ネットワーク インターフェイスにプライベート IP アドレスを割り当てると、仮想マシンは、Azure 仮想ネットワーク内および接続されたネットワーク内の他のリソースと通信できます。Private IP addresses assigned to a network interface enable a virtual machine to communicate with other resources in an Azure virtual network and connected networks. また、予測できない IP アドレスを使ってインターネットに通信を送信することもできます。A private IP address also enables outbound communication to the Internet using an unpredictable IP address. ネットワーク インターフェイスにパブリック IP アドレスを割り当てると、インターネットから仮想マシンへの通信を受信できます。A Public IP address assigned to a network interface enables inbound communication to a virtual machine from the Internet. また、予測できる IP アドレスを使って仮想マシンからインターネットに通信を送信することもできます。The address also enables outbound communication from the virtual machine to the Internet using a predictable IP address. 詳細については、「Azure の送信用接続の詳細」を参照してください。For details, see Understanding outbound connections in Azure.

ネットワーク インターフェイスを作成、変更、または削除する必要がある場合は、「ネットワーク インターフェイスの作成、変更、削除」を参照してください。If you need to create, change, or delete a network interface, read the Manage a network interface article. 仮想マシンのネットワーク インターフェイスを追加または削除する必要がある場合は、「仮想マシンに対するネットワーク インターフェイスの追加と削除」を参照してください。If you need to add network interfaces to or remove network interfaces from a virtual machine, read the Add or remove network interfaces article.

開始する前にBefore you begin

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. AzureRM モジュールはまだ使用でき、少なくとも 2020 年 12 月までは引き続きバグ修正が行われます。You can still use the AzureRM module, which will continue to receive bug fixes until at least December 2020. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールのインストール手順については、Azure PowerShell のインストールを参照してください。For Az module installation instructions, see Install Azure PowerShell.

この記事のセクションに記載された手順を始める前に、次のタスクを完了してください。Complete the following tasks before completing steps in any section of this article:

  • まだ Azure アカウントを持っていない場合は、無料試用版アカウントにサインアップしてください。If you don't already have an Azure account, sign up for a free trial account.
  • ポータルを使用する場合は、 https://portal.azure.com を開き、Azure アカウントでログインします。If using the portal, open https://portal.azure.com, and log in with your Azure account.
  • PowerShell コマンドを使用してこの記事のタスクを実行する場合は、Azure Cloud Shell でコマンドを実行するか、お使いのコンピューターから PowerShell を実行してください。If using PowerShell commands to complete tasks in this article, either run the commands in the Azure Cloud Shell, or by running PowerShell from your computer. Azure Cloud Shell は無料のインタラクティブ シェルです。この記事の手順は、Azure Cloud Shell を使って実行することができます。The Azure Cloud Shell is a free interactive shell that you can use to run the steps in this article. 一般的な Azure ツールが事前にインストールされており、アカウントで使用できるように構成されています。It has common Azure tools preinstalled and configured to use with your account. このチュートリアルには、Azure PowerShell モジュール バージョン 1.0.0 以降が必要です。This tutorial requires the Azure PowerShell module version 1.0.0 or later. インストールされているバージョンを確認するには、Get-Module -ListAvailable Az を実行します。Run Get-Module -ListAvailable Az to find the installed version. アップグレードする必要がある場合は、Azure PowerShell モジュールのインストールに関するページを参照してください。If you need to upgrade, see Install Azure PowerShell module. PowerShell をローカルで実行している場合、Connect-AzAccount を実行して Azure との接続を作成することも必要です。If you are running PowerShell locally, you also need to run Connect-AzAccount to create a connection with Azure.
  • Azure コマンド ライン インターフェイス (CLI) コマンドを使用してこの記事のタスクを実行する場合は、Azure Cloud Shell でコマンドを実行するか、お使いのコンピューターから CLI を実行してください。If using Azure Command-line interface (CLI) commands to complete tasks in this article, either run the commands in the Azure Cloud Shell, or by running the CLI from your computer. このチュートリアルには、Azure CLI のバージョン 2.0.31 以降が必要です。This tutorial requires the Azure CLI version 2.0.31 or later. インストールされているバージョンを確認するには、az --version を実行します。Run az --version to find the installed version. インストールまたはアップグレードする必要がある場合は、Azure CLI のインストールに関するページを参照してください。If you need to install or upgrade, see Install Azure CLI. Azure CLI をローカルで実行している場合、az login を実行して Azure との接続を作成することも必要です。If you are running the Azure CLI locally, you also need to run az login to create a connection with Azure.

Azure へのログインまたは接続に使用するアカウントは、ネットワークの共同作業者ロール、またはネットワーク インターフェイスのアクセス許可の一覧で示されている適切なアクセス許可を割り当てられたカスタム ロールに、割り当てられている必要があります。The account you log into, or connect to Azure with, must be assigned to the network contributor role or to a custom role that is assigned the appropriate actions listed in Network interface permissions.

IP アドレスを追加するAdd IP addresses

Azure の制限に関する記事で示されている制限内であれば、必要なだけいくつでも、プライベートおよびパブリックIPv4 アドレスをネットワーク インターフェイスに追加できます。You can add as many private and public IPv4 addresses as necessary to a network interface, within the limits listed in the Azure limits article. ポータルを使って IPv6 アドレスを既存のネットワーク インターフェイスに追加することはできません (ただし、ネットワーク インターフェイスを作成するときに、ポータルを使ってプライベート IPv6 アドレスを追加することはできます)。You cannot use the portal to add an IPv6 address to an existing network interface (though you can use the portal to add a private IPv6 address to a network interface when you create the network interface). PowerShell または CLI を使って、仮想マシンにアタッチされていない既存のネットワーク インターフェイスの 1 つのセカンダリ IP 構成 に、プライベート IPv6 アドレスを追加できます (既存のセカンダリ IP 構成がない場合のみ)。You can use PowerShell or the CLI to add a private IPv6 address to one secondary IP configuration (as long as there are no existing secondary IP configurations) for an existing network interface that is not attached to a virtual machine. どのツールを使っても、ネットワーク インターフェイスにパブリック IPv6 アドレスを追加することはできません。You cannot use any tool to add a public IPv6 address to a network interface. IPv6 アドレスの使用の詳細については、「IPv6」を参照してください。See IPv6 for details about using IPv6 addresses.

  1. Azure Portal 上部に "リソースの検索" というテキストが表示されたボックスがあります。そこに "ネットワーク インターフェイス" と入力します。In the box that contains the text Search resources at the top of the Azure portal, type network interfaces. 検索結果に [ネットワーク インターフェイス] が表示されたら、それを選択します。When network interfaces appear in the search results, select it.

  2. IPv4 アドレスを追加するネットワーク インターフェイスを一覧から選択します。Select the network interface you want to add an IPv4 address for from the list.

  3. [設定][IP 構成] を選択します。Under SETTINGS, select IP configurations.

  4. [IP 構成][+ 追加] を選択します。Under IP configurations, select + Add.

  5. 次のように指定し、 [OK] を選択します。Specify the following, then select OK:

    SettingSetting 必須Required? 詳細Details
    NameName はいYes ネットワーク インターフェイスについて一意である必要がありますMust be unique for the network interface
    typeType はいYes IP 構成を既存のネットワーク インターフェイスに追加しており、各ネットワーク インターフェイスには必ずプライマリ IP 構成があるため、選ぶことができるオプションは セカンダリ のみです。Since you're adding an IP configuration to an existing network interface, and each network interface must have a primary IP configuration, your only option is Secondary.
    プライベート IP アドレスの割り当て方法Private IP address assignment method はいYes 動的:Azure により、ネットワーク インターフェイスがデプロイされているサブネット アドレスの範囲で次に利用可能なアドレスが割り当てられます。Dynamic: Azure assigns the next available address for the subnet address range the network interface is deployed in. 静的:ネットワーク インターフェイスがデプロイされているサブネット アドレスの範囲で未使用のアドレスを自分で割り当てます。Static: You assign an unused address for the subnet address range the network interface is deployed in.
    パブリック IP アドレスPublic IP address いいえNo 無効: パブリック IP アドレス リソースは現在 IP 構成に関連付けられていません。Disabled: No public IP address resource is currently associated to the IP configuration. 有効: 既存の IPv4 パブリック IP アドレスを選択するか、新しく作成します。Enabled: Select an existing IPv4 Public IP address, or create a new one. パブリック IP アドレスの作成方法については、「Public IP addresses」(パブリック IP アドレス) の記事をご覧ください。To learn how to create a public IP address, read the Public IP addresses article.
  6. VM オペレーティング システムに IP アドレスを追加する」の手順に従って、セカンダリ プライベート IP アドレスを仮想マシンのオペレーティング システムに手動で追加します。Manually add secondary private IP addresses to the virtual machine operating system by completing the instructions in the Assign multiple IP addresses to virtual machine operating systems article. 仮想マシンのオペレーティング システムに IP アドレスを手動で追加する前の特別な考慮事項については、「プライベート」を参照してください。See private IP addresses for special considerations before manually adding IP addresses to a virtual machine operating system. 仮想マシンのオペレーティング システムにパブリック IP アドレスは追加しないでください。Do not add any public IP addresses to the virtual machine operating system.

コマンドCommands

ツールTool commandCommand
CLICLI az network nic ip-config createaz network nic ip-config create
PowerShellPowerShell Add-AzNetworkInterfaceIpConfigAdd-AzNetworkInterfaceIpConfig

IP アドレス設定を変更するChange IP address settings

IPv4 アドレスの割り当て方法の変更、静的 IPv4 アドレスの変更、またはネットワーク インターフェイスに割り当てられたパブリック IP アドレスの変更が必要になることがあります。You may need to change the assignment method of an IPv4 address, change the static IPv4 address, or change the public IP address assigned to a network interface. 仮想マシンのセカンダリ ネットワーク インターフェイスに関連付けられているセカンダリ IP 構成のプライベート IPv4 アドレスを変更する場合は (詳細については、プライマリとセカンダリのネットワーク インターフェイスに関する記事を参照)、仮想マシンを停止 (割り当て解除) 状態にしてから、次の手順を実行します。If you're changing the private IPv4 address of a secondary IP configuration associated with a secondary network interface in a virtual machine (learn more about primary and secondary network interfaces), place the virtual machine into the stopped (deallocated) state before completing the following steps:

  1. Azure Portal 上部に "リソースの検索" というテキストが表示されたボックスがあります。そこに "ネットワーク インターフェイス" と入力します。In the box that contains the text Search resources at the top of the Azure portal, type network interfaces. 検索結果に [ネットワーク インターフェイス] が表示されたら、それを選択します。When network interfaces appear in the search results, select it.
  2. IP アドレスの設定を表示または変更するネットワーク インターフェイスを一覧から選択します。Select the network interface that you want to view or change IP address settings for from the list.
  3. [設定][IP 構成] を選択します。Under SETTINGS, select IP configurations.
  4. 変更する IP 構成を一覧から選択します。Select the IP configuration you want to modify from the list.
  5. IP 構成の追加」の手順 5 に記載された設定に関する情報を使用して、必要に応じて設定を変更します。Change the settings, as desired, using the information about the settings in step 5 of Add an IP configuration.
  6. [保存] を選択します。Select Save.

注意

プライマリ ネットワーク インターフェイスに複数の IP 構成があるときに、プライマリ IP 構成のプライベート IP アドレスを変更すると、Windows でプライマリとセカンダリの IP アドレスをネットワーク インターフェイスに手動で再割り当てする必要があります (Linux では必要ありません)。If the primary network interface has multiple IP configurations and you change the private IP address of the primary IP configuration, you must manually reassign the primary and secondary IP addresses to the network interface within Windows (not required for Linux). オペレーティング システム内で IP アドレスをネットワーク インターフェイスに手動で割り当てる方法については、仮想マシンへの複数の IP アドレスの割り当てに関するページをご覧ください。To manually assign IP addresses to a network interface within an operating system, see Assign multiple IP addresses to virtual machines. 仮想マシンのオペレーティング システムに IP アドレスを手動で追加する前の特別な考慮事項については、プライベート IP アドレスをご覧ください。For special considerations before manually adding IP addresses to a virtual machine operating system, see private IP addresses. 仮想マシンのオペレーティング システムにパブリック IP アドレスは追加しないでください。Do not add any public IP addresses to the virtual machine operating system.

コマンドCommands

ツールTool commandCommand
CLICLI az network nic ip-config updateaz network nic ip-config update
PowerShellPowerShell Set-AzNetworkInterfaceIpConfigSet-AzNetworkInterfaceIpConfig

IP アドレスを削除するRemove IP addresses

ネットワーク インターフェイスからプライベート IP アドレスとパブリック IP アドレスを削除することはできますが、ネットワーク インターフェイスには少なくとも 1 つのプライベート IPv4 アドレスが常に割り当てられている必要があります。You can remove private and public IP addresses from a network interface, but a network interface must always have at least one private IPv4 address assigned to it.

  1. Azure Portal 上部に "リソースの検索" というテキストが表示されたボックスがあります。そこに "ネットワーク インターフェイス" と入力します。In the box that contains the text Search resources at the top of the Azure portal, type network interfaces. 検索結果に [ネットワーク インターフェイス] が表示されたら、それを選択します。When network interfaces appear in the search results, select it.
  2. IP アドレスを削除するネットワーク インターフェイスを一覧から選択します。Select the network interface that you want to remove IP addresses from the list.
  3. [設定][IP 構成] を選択します。Under SETTINGS, select IP configurations.
  4. 削除するセカンダリ IP 構成を右クリックし (プライマリ構成を削除することはできません)、 [削除][はい] の順に選択して、削除を確定します。Right-select a secondary IP configuration (you cannot delete the primary configuration) that you want to delete, select Delete, then select Yes, to confirm the deletion. 構成にパブリック IP アドレスが関連付けられていた場合、リソースの関連付けが IP 構成から解除されますが、リソースは削除されません。If the configuration had a public IP address resource associated to it, the resource is dissociated from the IP configuration, but the resource is not deleted.

コマンドCommands

ツールTool commandCommand
CLICLI az network nic ip-config deleteaz network nic ip-config delete
PowerShellPowerShell Remove-AzNetworkInterfaceIpConfigRemove-AzNetworkInterfaceIpConfig

IP 構成IP configurations

ネットワーク インターフェイスに割り当てられている 1 つまたは複数の IP 構成に、プライベート IP アドレスと (必要に応じて) パブリック IP アドレスを割り当てます。Private and (optionally) public IP addresses are assigned to one or more IP configurations assigned to a network interface. IP 構成には 2 つの種類があります。There are two types of IP configurations:

プライマリPrimary

各ネットワーク インターフェイスには、1 つのプライマリ IP 構成が割り当てられます。Each network interface is assigned one primary IP configuration. プライマリ IP 構成は次のようなものです。A primary IP configuration:

  • プライベート IPv4 アドレスが割り当てられます。Has a private IPv4 address assigned to it. プライマリ IP 構成にプライベート IPv6 アドレスを割り当てることはできません。You cannot assign a private IPv6 address to a primary IP configuration.
  • パブリック IPv4 アドレスを割り当てることもできます。May also have a public IPv4 address assigned to it. プライマリ IP 構成またはセカンダリ IP 構成に、パブリック IPv6 アドレスを割り当てることはできません。You cannot assign a public IPv6 address to a primary or secondary IP configuration. ただし、Azure Load Balancer にパブリック IPv6 アドレスを割り当てて、仮想マシンのプライベート IPv6 アドレスにトラフィックを負荷分散することはできます。You can however, assign a public IPv6 address to an Azure load balancer, which can load balance traffic to a virtual machine's private IPv6 address. 詳細については、IPv6 の詳細と制限に関する記事をご覧ください。For more information, see details and limitations for IPv6.

セカンダリSecondary

プライマリ IP 構成に加えて、0 個以上のセカンダリ IP 構成をネットワーク インターフェイスに割り当てることができます。In addition to a primary IP configuration, a network interface may have zero or more secondary IP configurations assigned to it. セカンダリ IP 構成は次のようなものです。A secondary IP configuration:

  • プライベート IPv4 アドレスまたは IPv6 アドレスが割り当てられている必要があります。Must have a private IPv4 or IPv6 address assigned to it. アドレスが IPv6 の場合、ネットワーク インターフェイスに割り当てることができるセカンダリ IP 構成は 1 つだけです。If the address is IPv6, the network interface can only have one secondary IP configuration. アドレスが IPv4 の場合、ネットワーク インターフェイスには複数のセカンダリ IP 構成を割り当てることができます。If the address is IPv4, the network interface may have multiple secondary IP configurations assigned to it. ネットワーク インターフェイスに割り当てることができるプライベートとパブリックの IPv4 アドレスの数の詳細については、Azure の制限に関する記事をご覧ください。To learn more about how many private and public IPv4 addresses can be assigned to a network interface, see the Azure limits article.
  • プライベート IP アドレスが IPv4 の場合、パブリック IPv4 アドレスを割り当てることもできます。May also have a public IPv4 address assigned to it, if the private IP address is IPv4. プライベート IP アドレスが IPv6 の場合、パブリック IPv4 または IPv6 アドレスを IP 構成に割り当てることはできません。If the private IP address is IPv6, you cannot assign a public IPv4 or IPv6 address to the IP configuration. ネットワーク インターフェイスに複数の IP アドレスを割り当てると、次のようなシナリオで役立ちます。Assigning multiple IP addresses to a network interface is helpful in scenarios such as:
    • 異なる IP アドレスと SSL 証明書を持つ複数のウェブサイトやサービスを、1つのサーバーでホストする。Hosting multiple websites or services with different IP addresses and SSL certificates on a single server.
    • 仮想マシンがファイアウォールやロード バランサーのような、ネットワーク仮想アプライアンスとして機能する。A virtual machine serving as a network virtual appliance, such as a firewall or load balancer.
    • 任意のネットワーク インターフェイスの任意のプライベート IPv4 アドレスを、Azure Load Balancer のバックエンド プールに追加できる。The ability to add any of the private IPv4 addresses for any of the network interfaces to an Azure Load Balancer back-end pool. 以前は、プライマリ ネットワーク インターフェイスのプライマリ IPv4 アドレスしか、バックエンド プールに追加できませんでした。In the past, only the primary IPv4 address for the primary network interface could be added to a back-end pool. 複数の IPv4 構成の負荷分散方法の詳細については、「Azure Portal を使用した複数の IP 構成での負荷分散」を参照してください。To learn more about how to load balance multiple IPv4 configurations, see the Load balancing multiple IP configurations article.
    • ネットワーク インターフェイスに割り当てられている 1 つの IPv6 アドレスを負荷分散できる。The ability to load balance one IPv6 address assigned to a network interface. プライベート IPv6 アドレスに負荷分散する方法の詳細については、「Azure Load Balancer の IPv6 の概要」を参照してください。To learn more about how to load balance to a private IPv6 address, see the Load balance IPv6 addresses article.

アドレスの種類Address types

IP 構成には、次の種類の IP アドレスを割り当てることができます。You can assign the following types of IP addresses to an IP configuration:

プライベートPrivate

プライベート IPv4 アドレスにより、仮想マシンは、仮想ネットワーク内または他の接続されたネットワーク内の他のリソースと通信できます。Private IPv4 addresses enable a virtual machine to communicate with other resources in a virtual network or other connected networks. 次の場合を除き、仮想マシンはプライベート IPv6 アドレスで送信または受信の通信を行うことはできません。A virtual machine cannot be communicated inbound to, nor can the virtual machine communicate outbound with a private IPv6 address, with one exception. 仮想マシンは、IPv6 アドレスを使って Azure Load Balancer と通信することはできます。A virtual machine can communicate with the Azure load balancer using an IPv6 address. 詳細については、IPv6 の詳細と制限に関する記事をご覧ください。For more information, see details and limitations for IPv6.

既定では、Azure DHCP サーバーにより、Azure ネットワーク インターフェイスのプライマリ IP 構成のプライベート IPv4 アドレスが、仮想マシンのオペレーティング システム内のネットワーク インターフェイスに割り当てられます。By default, the Azure DHCP servers assign the private IPv4 address for the primary IP configuration of the Azure network interface to the network interface within the virtual machine operating system. 必要がない限り、仮想マシンのオペレーティング システム内のネットワーク インターフェイスの IP アドレスを手動で設定しないでください。Unless necessary, you should never manually set the IP address of a network interface within the virtual machine's operating system.

警告

仮想マシンのオペレーティング システム内でネットワーク インターフェイスのプライマリ IP アドレスとして設定されている IPv4 アドレスが、Azure 内で仮想マシンにアタッチされているプライマリ ネットワーク インターフェイスのプライマリ IP 構成に割り当てられたプライベート IPv4 アドレスと異なる場合は、仮想マシンへの接続が失われます。If the IPv4 address set as the primary IP address of a network interface within a virtual machine's operating system is ever different than the private IPv4 address assigned to the primary IP configuration of the primary network interface attached to a virtual machine within Azure, you lose connectivity to the virtual machine.

ただし、仮想マシンのオペレーティング システム内のネットワーク インターフェイスの IP アドレスを手動で設定することが必要な場合もあります。There are scenarios where it's necessary to manually set the IP address of a network interface within the virtual machine's operating system. たとえば、Azure の仮想マシンに複数の IP アドレスを追加するときは、Windows オペレーティング システムのプライマリとセカンダリの IP アドレスを、手動で設定する必要があります。For example, you must manually set the primary and secondary IP addresses of a Windows operating system when adding multiple IP addresses to an Azure virtual machine. Linux 仮想マシンの場合、セカンダリ IP アドレスを手動で設定することだけが必要な場合があります。For a Linux virtual machine, you may only need to manually set the secondary IP addresses. 詳細については、「VM オペレーティング システムに IP アドレスを追加する」を参照してください。See Add IP addresses to a VM operating system for details. IP 構成に割り当てられているアドレスを変更する必要がある場合は、次のようにすることをお勧めします。If you ever need to change the address assigned to an IP configuration, it's recommended that you:

  1. 仮想マシンが Azure の DHCP サーバーからアドレスを受け取っていることを確認してください。Ensure that the virtual machine is receiving an address from the Azure DHCP servers. 確認できたら、IP アドレスの割り当てをオペレーティング システム内の DHCP に戻してから仮想マシンを再起動します。Once you have, change the assignment of the IP address back to DHCP within the operating system and restart the virtual machine.
  2. 仮想マシを停止します (割り当て解除)。Stop (deallocate) the virtual machine.
  3. Azure 内で IP 構成の IP アドレスを変更します。Change the IP address for the IP configuration within Azure.
  4. 仮想マシンを開始します。Start the virtual machine.
  5. オペレーティング システム内のセカンダリ IP アドレス (および Windows 内のプライマリ IP アドレス) を、Azure での設定と一致するように、手動で構成します。Manually configure the secondary IP addresses within the operating system (and also the primary IP address within Windows) to match what you set within Azure.

この手順に従うと、Azure 内と、仮想マシンのオペレーティング システム内で、ネットワーク インターフェイスに割り当てられるプライベート IP アドレスは同じままです。By following the previous steps, the private IP address assigned to the network interface within Azure, and within a virtual machine's operating system, remain the same. サブスクリプションのどの仮想マシンに、オペレーティング システム内で IP アドレスを手動設定したかを追跡するには、Azure のタグを仮想マシンに追加することを検討します。To keep track of which virtual machines within your subscription that you've manually set IP addresses within an operating system for, consider adding an Azure tag to the virtual machines. たとえば、"IP address assignment: Static" のようなタグを使います。You might use "IP address assignment: Static", for example. このようにすると、オペレーティング システムで IP アドレスを手動設定した仮想マシンを、サブスクリプション内で簡単に見つけることができます。This way, you can easily find the virtual machines within your subscription that you've manually set the IP address for within the operating system.

仮想マシンが同じ仮想ネットワーク内または接続された仮想ネットワーク内の他のリソースと通信できるようになるだけでなく、プライベート IP アドレスを使うと、仮想マシンはインターネットに通信を送信することもできます。In addition to enabling a virtual machine to communicate with other resources within the same, or connected virtual networks, a private IP address also enables a virtual machine to communicate outbound to the Internet. 送信接続は、Azure によって予測できないパブリック IP アドレスに変換されたソース ネットワーク アドレスです。Outbound connections are source network address translated by Azure to an unpredictable public IP address. Azure からインターネットへの送信接続の詳細については、Azure からインターネットへの送信接続に関する記事を参照してください。To learn more about Azure outbound Internet connectivity, read the Azure outbound Internet connectivity article. インターネットから仮想マシンのプライベート IP アドレスへの受信通信はできません。You cannot communicate inbound to a virtual machine's private IP address from the Internet. 予測可能なパブリック IP アドレスが送信接続に必要な場合は、ネットワーク インターフェイスへのパブリック IP アドレス リソースを関連付けます。If your outbound connections require a predictable public IP address, associate a public IP address resource to a network interface.

パブリックPublic

パブリック IP アドレス リソースから割り当てられたパブリック IP アドレスにより、インターネットから仮想マシンへの受信接続が可能になります。Public IP addresses assigned through a public IP address resource enable inbound connectivity to a virtual machine from the Internet. インターネットへの送信接続では、予測できる IP アドレスが使われます。Outbound connections to the Internet use a predictable IP address. 詳細については、「Azure の送信用接続の詳細」を参照してください。See Understanding outbound connections in Azure for details. IP 構成にパブリック IP アドレスを割り当てることができますが、必須ではありません。You may assign a public IP address to an IP configuration, but aren't required to. パブリック IP アドレス リソースを関連付けて仮想マシンにパブリック IP アドレスを割り当てない場合でも、仮想マシンはインターネットに対して送信通信を実行できます。If you don't assign a public IP address to a virtual machine by associating a public IP address resource, the virtual machine can still communicate outbound to the Internet. その場合、プライベート IP アドレスは、Azure によって予測できないパブリック IP アドレスに変換されたソース ネットワーク アドレスになります。In this case, the private IP address is source network address translated by Azure to an unpredictable public IP address. パブリック IP アドレス リソースの詳細については、パブリック IP アドレス リソースに関するページをご覧ください。To learn more about public IP address resources, see Public IP address resource.

ネットワーク インターフェイスに割り当てることができるプライベート IP アドレスおよびパブリック IP アドレスの数には制限があります。There are limits to the number of private and public IP addresses that you can assign to a network interface. 詳しくは、Azure の制限に関する記事をご覧ください。For details, read the Azure limits article.

注意

Azure は、仮想マシンのプライベート IP アドレスをパブリック IP アドレスに変換します。Azure translates a virtual machine's private IP address to a public IP address. その結果、仮想マシンのオペレーティング システムは割り当てられているパブリック IP アドレスを認識しないので、オペレーティング システム内でパブリック IP アドレスを手動で割り当てる必要はありません。As a result, a virtual machine's operating system is unaware of any public IP address assigned to it, so there is no need to ever manually assign a public IP address within the operating system.

割り当て方法Assignment methods

パブリック IP アドレスとプライベート IP アドレスは、次の方法のうち 1 つを使って割り当てます。Public and private IP addresses are assigned using one of the following assignment methods:

動的Dynamic

既定では、動的なプライベート IPv4 および IPv6 (オプション) アドレスが割り当てられます。Dynamic private IPv4 and IPv6 (optionally) addresses are assigned by default.

  • パブリックのみ:Azure により、各 Azure リージョンに固有の範囲からアドレスが割り当てられます。Public only: Azure assigns the address from a range unique to each Azure region. 各リージョンにどの範囲が割り当てられているかについて詳しくは、Microsoft Azure データセンターの IP 範囲に関するページをご覧ください。To learn which ranges are assigned to each region, see Microsoft Azure Datacenter IP Ranges. 仮想マシンがいったん停止した (割り当て解除された) 後に、再び始動すると、アドレスが変更になることがあります。The address can change when a virtual machine is stopped (deallocated), then started again. どちらの割り当て方法を使っても、パブリック IPv6 アドレスを IP 構成に割り当てることはできません。You cannot assign a public IPv6 address to an IP configuration using either assignment method.
  • プライベートのみ:各サブネット アドレス範囲の先頭から 4 つのアドレスは Azure によって予約されており、それらのアドレスが割り当てられることはありません。Private only: Azure reserves the first four addresses in each subnet address range, and doesn't assign the addresses. サブネット アドレス範囲でその次に利用可能なアドレスが Azure によってリソースに割り当てられます。Azure assigns the next available address to a resource from the subnet address range. たとえば、サブネットのアドレス範囲が 10.0.0.0/16 で、10.0.0.0.4 から 10.0.0.14 のアドレスが既に割り当て済みである場合 (.0 から.3 は予約済み)、リソースには 10.0.0.15 が Azure によって割り当てられます。For example, if the subnet's address range is 10.0.0.0/16, and addresses 10.0.0.0.4-10.0.0.14 are already assigned (.0-.3 are reserved), Azure assigns 10.0.0.15 to the resource. 動的割り当てが既定の割り当て方法となります。Dynamic is the default allocation method. いったん割り当てられた動的 IP アドレスが解放されるのは、ネットワーク インターフェイスが削除されるか、同じ仮想ネットワーク内の別のサブネットに割り当てられた場合、または割り当て方法が "静的" に変更された際に異なる IP アドレスが指定された場合に限られます。Once assigned, dynamic IP addresses are only released if a network interface is deleted, assigned to a different subnet within the same virtual network, or the allocation method is changed to static, and a different IP address is specified. 既定では、割り当て方法を "動的" から"静的" に変更すると、動的に割り当てられていた以前のアドレスが Azure によって静的アドレスとして割り当てられます。By default, Azure assigns the previous dynamically assigned address as the static address when you change the allocation method from dynamic to static. プライベート IPv6 アドレスは、動的な割り当て方法を使うことによってのみ割り当てることができます。You can only assign a private IPv6 address using the dynamic assignment method.

静的Static

必要に応じて、静的なパブリックまたはプライベート IPv4 アドレスを IP 構成に割り当てることができます。You can (optionally) assign a public or private static IPv4 address to an IP configuration. 静的なパブリックまたはプライベート IPv6 アドレスを IP 構成に割り当てることできません。You cannot assign a static public or private IPv6 address to an IP configuration. Azure での静的パブリック IPv4 アドレスの割り当ての詳細については、「パブリック IP アドレスの作成、変更、削除」を参照してください。To learn more about how Azure assigns static public IPv4 addresses, see Public IP addresses.

  • パブリックのみ:Azure により、各 Azure リージョンに固有の範囲からアドレスが割り当てられます。Public only: Azure assigns the address from a range unique to each Azure region. Azure PublicUS GovernmentChina、および Germany クラウドの範囲 (プレフィックス) の一覧をダウンロードできます。You can download the list of ranges (prefixes) for the Azure Public, US government, China, and Germany clouds. このアドレスは、割り当てられたパブリック IP アドレス リソースが削除されるか、または割り当て方法が "動的" に変更されない限り、変更されません。The address doesn't change until the public IP address resource it's assigned to is deleted, or the assignment method is changed to dynamic. パブリック IP アドレス リソースが IP 構成に関連付けられている場合、その割り当て方法を変更するには、事前に IP 構成への関連付けを解除しておく必要があります。If the public IP address resource is associated to an IP configuration, it must be dissociated from the IP configuration before changing its assignment method.
  • プライベートのみ:サブネットのアドレス範囲から自分でアドレスを選択して割り当てます。Private only: You select and assign an address from the subnet's address range. 割り当てるアドレスは、サブネット アドレス範囲内で、かつ現時点でそのサブネット内の他のどのリソースにも割り当てられていなければ、そのサブネット範囲の先頭 4 つのアドレスを除き、どれでもかまいません。The address you assign can be any address within the subnet address range that is not one of the first four addresses in the subnet's address range and is not currently assigned to any other resource in the subnet. 静的アドレスが解放されるのは、ネットワーク インターフェイスが削除された場合だけです。Static addresses are only released if a network interface is deleted. 割り当て方法を静的に変更した場合、サブネット アドレス範囲の先頭から空いている順に割り当てられるのではなく、それまで割り当てられていた動的 IP アドレスが静的アドレスとして Azure により動的に割り当てられます。If you change the allocation method to static, Azure dynamically assigns the previously assigned dynamic IP address as the static address, even if the address isn't the next available address in the subnet's address range. 同じ仮想ネットワーク内の異なるサブネットにネットワーク インターフェイスを割り当てた場合にも、アドレスは変化します。ただし、ネットワーク インターフェイスを別のサブネットに割り当てるためには、最初に割り当て方法を "静的" から "動的" に変更しておく必要があります。The address also changes if the network interface is assigned to a different subnet within the same virtual network, but to assign the network interface to a different subnet, you must first change the allocation method from static to dynamic. ネットワーク インターフェイスを別のサブネットに割り当てた後、割り当て方法を "静的" に変更し、新しいサブネットのアドレス範囲から IP アドレスを割り当てることができます。Once you've assigned the network interface to a different subnet, you can change the allocation method back to static, and assign an IP address from the new subnet's address range.

IP アドレスのバージョンIP address versions

アドレスを割り当てるときは、次のバージョンを指定できます。You can specify the following versions when assigning addresses:

IPv4IPv4

各ネットワーク インターフェイスには、プライベート IPv4 アドレスが割り当てられたプライマリ IP 構成が 1 つ必要です。Each network interface must have one primary IP configuration with an assigned private IPv4 address. 1 つ以上のセカンダリ IP 構成を追加することができ、各構成には IPv4 プライベート IP アドレスと、必要に応じて IPv4 パブリック IP アドレスを割り当てます。You can add one or more secondary IP configurations that each have an IPv4 private and (optionally) an IPv4 public IP address.

IPv6IPv6

ネットワーク インターフェイスの 1 つのセカンダリ IP 構成には、プライベート IPv6 アドレスを 1 つ割り当てることができます (割り当てなくてもかまいません)。You can assign zero or one private IPv6 address to one secondary IP configuration of a network interface. ネットワーク インターフェイスは、既存のセカンダリ IP 構成を使うことはできません。The network interface cannot have any existing secondary IP configurations. ポータルを使って、IPv6 アドレスが割り当てられた IP 構成を追加することはできません。You cannot add an IP configuration with an IPv6 address using the portal. PowerShell または CLI を使用して、プライベート IPv6 アドレスが割り当てられた IP 構成を既存のネットワーク インターフェイスに追加します。Use PowerShell or the CLI to add an IP configuration with a private IPv6 address to an existing network interface. ネットワーク インターフェイスを既存の VM にアタッチすることはできません。The network interface cannot be attached to an existing VM.

注意

ポータルを使用して IPv6 アドレスを割り当てたネットワーク インターフェイスを作成することはできますが、ポータルを使用して既存のネットワーク インターフェイスを新規または既存の仮想マシンに追加することはできません。Though you can create a network interface with an IPv6 address using the portal, you can't add an existing network interface to a new, or existing virtual machine, using the portal. プライベート IPv6 アドレスが割り当てられたネットワーク インターフェイスを作成し、仮想マシンを作成するときにそのネットワーク インターフェイスをアタッチするには、PowerShell または Azure CLI を使用します。Use PowerShell or the Azure CLI to create a network interface with a private IPv6 address, then attach the network interface when creating a virtual machine. プライベート IPv6 アドレスが割り当てられたネットワーク インターフェイスを既存の仮想マシンにアタッチすることはできません。You cannot attach a network interface with a private IPv6 address assigned to it to an existing virtual machine. どのツール (ポータル、CLI、PowerShell) を使っても、仮想マシンにアタッチされたネットワーク インターフェイスの IP 構成にプライベート IPv6 アドレスを追加することはできません。You cannot add a private IPv6 address to an IP configuration for any network interface attached to a virtual machine using any tools (portal, CLI, or PowerShell).

プライマリ IP 構成またはセカンダリ IP 構成に、パブリック IPv6 アドレスを割り当てることはできません。You can't assign a public IPv6 address to a primary or secondary IP configuration.

SKUSKUs

パブリック IP アドレスは基本または標準 SKU で作成されます。A public IP address is created with the basic or standard SKU. SKU の違いについて詳しくは、パブリック IP アドレスの管理に関するページをご覧ください。For more information about SKU differences, see Manage public IP addresses.

注意

標準 SKU のパブリック IP アドレスを仮想マシンのネットワーク インターフェイスに割り当てるときは、ネットワーク セキュリティ グループで、特定のトラフィックを明示的に許可する必要があります。When you assign a standard SKU public IP address to a virtual machine’s network interface, you must explicitly allow the intended traffic with a network security group. ネットワーク セキュリティ グループを作成して関連付け、目的のトラフィックを明示的に許可するまで、そのリソースとの通信は失敗します。Communication with the resource fails until you create and associate a network security group and explicitly allow the desired traffic.

次の手順Next steps

異なる IP 構成で仮想マシンを作成する方法については、次の記事をご覧ください。To create a virtual machine with different IP configurations, read the following articles:

タスクTask ツールTool
複数のネットワーク インターフェイスを持つ VM を作成するCreate a VM with multiple network interfaces CLIPowerShellCLI, PowerShell
複数の IPv4 アドレスが割り当てられた 1 つの NIC VM の作成Create a single NIC VM with multiple IPv4 addresses CLIPowerShellCLI, PowerShell
プライベート IPv6 アドレスが割り当てられた 1 つの NIC VM の作成 (Azure Load Balancer の背後)Create a single NIC VM with a private IPv6 address (behind an Azure Load Balancer) CLIPowerShellAzure Resource Manager テンプレートCLI, PowerShell, Azure Resource Manager template