Azure 仮想マシンのネットワーク スループットの最適化Optimize network throughput for Azure virtual machines

Azure 仮想マシン (VM) には既定のネットワーク設定がありますが、ネットワーク スループットを向上させるために最適化できます。Azure virtual machines (VM) have default network settings that can be further optimized for network throughput. この記事では、Microsoft Azure の Windows VM および Linux VM (Ubuntu、CentOS、Red Hat などの主要ディストリビューションを含む) のネットワーク スループットを最適化する方法について説明します。This article describes how to optimize network throughput for Microsoft Azure Windows and Linux VMs, including major distributions such as Ubuntu, CentOS, and Red Hat.

Windows VMWindows VM

Windows VM で高速ネットワークがサポートされている場合、その機能を有効にすると、スループットにとって最適な構成になります。If your Windows VM supports Accelerated Networking, enabling that feature would be the optimal configuration for throughput. 他のすべての Windows VM では、Receive Side Scaling (RSS) を使うと、RSS を使わない VM より高い最大スループットを実現できます。For all other Windows VMs, using Receive Side Scaling (RSS) can reach higher maximal throughput than a VM without RSS. Windows VM では、RSS が既定で無効になっている場合があります。RSS may be disabled by default in a Windows VM. RSS が有効かどうかを判断し、現在無効になっている場合は有効にするには、次の手順を実行します。To determine whether RSS is enabled, and enable it if it's currently disabled, complete the following steps:

  1. ネットワーク アダプターに対して RSS が有効になっているかどうかを、Get-NetAdapterRss PowerShell コマンドで確認します。See if RSS is enabled for a network adapter with the Get-NetAdapterRss PowerShell command. Get-NetAdapterRss からの次の出力例では、RSS は有効になっていません。In the following example output returned from the Get-NetAdapterRss, RSS is not enabled.

    Name                    : Ethernet
    InterfaceDescription    : Microsoft Hyper-V Network Adapter
    Enabled                 : False
    
  2. RSS を有効にするには、次のコマンドを入力します。To enable RSS, enter the following command:

    Get-NetAdapter | % {Enable-NetAdapterRss -Name $_.Name}
    

    上記のコマンドの出力はありません。The previous command does not have an output. このコマンドにより、NIC 設定が変更され、約 1 分間接続が一時的に切断されます。The command changed NIC settings, causing temporary connectivity loss for about one minute. 接続の切断中は、再接続中を示すダイアログ ボックスが表示されます。A Reconnecting dialog box appears during the connectivity loss. 通常、3 回目の試行後に接続が復元されます。Connectivity is typically restored after the third attempt.

  3. 再度 Get-NetAdapterRss コマンドを入力して、VM で RSS が有効になっていることを確認します。Confirm that RSS is enabled in the VM by entering the Get-NetAdapterRss command again. 成功した場合は、次のような出力が返されます。If successful, the following example output is returned:

    Name                    : Ethernet
    InterfaceDescription    : Microsoft Hyper-V Network Adapter
    Enabled                  : True
    

Linux VMLinux VM

Azure Linux VM では、RSS は既定で常に有効になっています。RSS is always enabled by default in an Azure Linux VM. 2017 年 10 月以降にリリースされた Linux カーネルには、Linux VM がより高いネットワーク スループットを実現できる新しいネットワーク最適化オプションが含まれています。Linux kernels released since October 2017 include new network optimizations options that enable a Linux VM to achieve higher network throughput.

新規デプロイ用の UbuntuUbuntu for new deployments

Ubuntu Azure カーネルは、Azure 上で最適なネットワーク パフォーマンスを提供し、2017 年 9 月 21 日以降、既定のカーネルになっています。The Ubuntu Azure kernel provides the best network performance on Azure and has been the default kernel since September 21, 2017. このカーネルを入手するには、まず以下のように、サポートされている最新バージョンの 16.04-LTS をインストールします。In order to get this kernel, first install the latest supported version of 16.04-LTS, as follows:

"Publisher": "Canonical",
"Offer": "UbuntuServer",
"Sku": "16.04-LTS",
"Version": "latest"

作成が完了したら、次のコマンドを入力して、最新の更新プログラムを入手します。After the creation is complete, enter the following commands to get the latest updates. 次の手順は、Ubuntu Azure カーネルを現在実行している VM にも使用できます。These steps also work for VMs currently running the Ubuntu Azure kernel.

#run as root or preface with sudo
apt-get -y update
apt-get -y upgrade
apt-get -y dist-upgrade

次の省略可能なコマンド セットは、既に Azure カーネルがあるが、エラーで更新に失敗している既存の Ubuntu 展開に役立つ場合があります。The following optional command set may be helpful for existing Ubuntu deployments that already have the Azure kernel but that have failed to further updates with errors.

#optional steps may be helpful in existing deployments with the Azure kernel
#run as root or preface with sudo
apt-get -f install
apt-get --fix-missing install
apt-get clean
apt-get -y update
apt-get -y upgrade
apt-get -y dist-upgrade

既存の VM 用の Ubuntu Azure カーネル アップグレードUbuntu Azure kernel upgrade for existing VMs

Azure Linux カーネルにアップグレードすることで、スループットのパフォーマンスが大幅に向上する可能性があります。Significant throughput performance can be achieved by upgrading to the Azure Linux kernel. このカーネルがあるかどうかを確認するには、カーネルのバージョンを調べてください。To verify whether you have this kernel, check your kernel version.

#Azure kernel name ends with "-azure"
uname -r

#sample output on Azure kernel:
#4.13.0-1007-azure

VM に Azure カーネルがない場合は、通常、バージョン番号は "4.4" で始まります。If your VM does not have the Azure kernel, the version number usually begins with "4.4." VM に Azure カーネルがない場合は、ルートとして次のコマンドを実行します。If the VM does not have the Azure kernel, run the following commands as root:

#run as root or preface with sudo
apt-get update
apt-get upgrade -y
apt-get dist-upgrade -y
apt-get install "linux-azure"
reboot

CentOSCentOS

最新の最適化を得るには、次のパラメーターを指定して、サポートされている最新バージョンを使用して VM を作成することをお勧めします。In order to get the latest optimizations, it is best to create a VM with the latest supported version by specifying the following parameters:

"Publisher": "OpenLogic",
"Offer": "CentOS",
"Sku": "7.4",
"Version": "latest"

新規および既存の VM は、最新の Linux Integration Services (LIS) のインストールによりメリットを得られます。New and existing VMs can benefit from installing the latest Linux Integration Services (LIS). スループットの最適化は LIS の 4.2.2-2 以降に含まれていますが、新しいバージョンほどさらなる向上が含まれています。The throughput optimization is in LIS, starting from 4.2.2-2, although later versions contain further improvements. 次のコマンドを入力して、最新の LIS をインストールします。Enter the following commands to install the latest LIS:

sudo yum update
sudo reboot
sudo yum install microsoft-hyper-v

Red HatRed Hat

最適化を得るには、次のパラメーターを指定して、サポートされている最新バージョンを使用して VM を作成することをお勧めします。In order to get the optimizations, it is best to create a VM with the latest supported version by specifying the following parameters:

"Publisher": "RedHat"
"Offer": "RHEL"
"Sku": "7-RAW"
"Version": "latest"

新規および既存の VM は、最新の Linux Integration Services (LIS) のインストールによりメリットを得られます。New and existing VMs can benefit from installing the latest Linux Integration Services (LIS). スループットの最適化は、LIS の 4.2 以降に含まれています。The throughput optimization is in LIS, starting from 4.2. 次のコマンドを実行して、LIS をダウンロードしてインストールします。Enter the following commands to download and install LIS:

mkdir lis4.2.3-5
cd lis4.2.3-5
wget https://download.microsoft.com/download/6/8/F/68FE11B8-FAA4-4F8D-8C7D-74DA7F2CFC8C/lis-rpms-4.2.3-5.tar.gz
tar xvzf lis-rpms-4.2.3-5.tar.gz
cd LISISO
install.sh #or upgrade.sh if prior LIS was previously installed

Linux Integration Services Version 4.2 for Hyper-V の詳細については、ダウンロード ページを参照してください。Learn more about Linux Integration Services Version 4.2 for Hyper-V by viewing the download page.

次の手順Next steps