パブリック IP アドレスの作成、変更、削除Create, change, or delete a public IP address

パブリック IP アドレスとその作成、変更、削除の方法について説明します。Learn about a public IP address and how to create, change, and delete one. パブリック IP アドレスは、変更可能な独自の設定を備えたリソースです。A public IP address is a resource with its own configurable settings. パブリック IP アドレスをパブリック IP アドレスをサポートする Azure リソースに割り当てると、次のことが可能になります。Assigning a public IP address to an Azure resource that supports public IP addresses enables:

  • インターネットから、Azure Virtual Machines (VM)、Azure Application Gateway、Azure Load Balancer、Azure VPN Gateway などのリソースへの受信。Inbound communication from the Internet to the resource, such as Azure Virtual Machines (VM), Azure Application Gateways, Azure Load Balancers, Azure VPN Gateways, and others. パブリック IP アドレスが割り当てられていないリソース (VM など) でも、インターネットから一部のリソースと通信することができます。ただし、そのリソースがロード バランサーのバックエンド プールの一部であり、ロード バランサーにパブリック IP アドレスが割り当てられている必要があります。You can still communicate with some resources, such as VMs, from the Internet, if a VM doesn't have a public IP address assigned to it, as long as the VM is part of a load balancer back-end pool, and the load balancer is assigned a public IP address. 特定の Azure サービスのリソースにパブリック IP アドレスを割り当てることができるかどうか、または別の Azure リソースのパブリック IP アドレスを使用して通信できるかどうかを判断するには、そのサービスのドキュメントを参照してください。To determine whether a resource for a specific Azure service can be assigned a public IP address, or whether it can be communicated with through the public IP address of a different Azure resource, see the documentation for the service.
  • 予測できる IP アドレスを使ったインターネットへの送信方向の接続。Outbound connectivity to the Internet using a predictable IP address. たとえば、仮想マシンは、パブリック IP アドレスが割り当てられていなくてもインターネットに対して送信方向の通信を行うことができますが、既定でそのアドレスは Azure によって予測できないパブリック アドレスに変換されたネットワーク アドレスです。For example, a virtual machine can communicate outbound to the Internet without a public IP address assigned to it, but its address is network address translated by Azure to an unpredictable public address, by default. パブリック IP アドレスをリソースに割り当てると、送信方向の接続に使われる IP アドレスがわかります。Assigning a public IP address to a resource enables you to know which IP address is used for the outbound connection. アドレスは、予測することはできますが、選ばれている割り当て方法によっては変化する可能性があります。Though predictable, the address can change, depending on the assignment method chosen. 詳細については、「パブリック IP アドレスの作成」を参照してください。For more information, see Create a public IP address. Azure リソースからの送信接続の詳細については、送信用接続の詳細に関する記事を参照してください。To learn more about outbound connections from Azure resources, see Understand outbound connections.

開始する前にBefore you begin

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. インストール手順については、Azure PowerShell のインストール を参照してください。For installation instructions, see Install Azure PowerShell.

この記事のセクションに記載された手順を始める前に、次のタスクを完了してください。Complete the following tasks before completing steps in any section of this article:

  • まだ Azure アカウントを持っていない場合は、無料試用版アカウントにサインアップしてください。If you don't already have an Azure account, sign up for a free trial account.
  • ポータルを使用する場合は、 https://portal.azure.com を開き、Azure アカウントでログインします。If using the portal, open https://portal.azure.com, and log in with your Azure account.
  • PowerShell コマンドを使用してこの記事のタスクを実行する場合は、Azure Cloud Shell でコマンドを実行するか、お使いのコンピューターから PowerShell を実行してください。If using PowerShell commands to complete tasks in this article, either run the commands in the Azure Cloud Shell, or by running PowerShell from your computer. Azure Cloud Shell は無料のインタラクティブ シェルです。この記事の手順は、Azure Cloud Shell を使って実行することができます。The Azure Cloud Shell is a free interactive shell that you can use to run the steps in this article. 一般的な Azure ツールが事前にインストールされており、アカウントで使用できるように構成されています。It has common Azure tools preinstalled and configured to use with your account. このチュートリアルには、Azure PowerShell モジュール バージョン 1.0.0 以降が必要です。This tutorial requires the Azure PowerShell module version 1.0.0 or later. インストールされているバージョンを確認するには、Get-Module -ListAvailable Az を実行します。Run Get-Module -ListAvailable Az to find the installed version. アップグレードする必要がある場合は、Azure PowerShell モジュールのインストールに関するページを参照してください。If you need to upgrade, see Install Azure PowerShell module. PowerShell をローカルで実行している場合、Connect-AzAccount を実行して Azure との接続を作成することも必要です。If you are running PowerShell locally, you also need to run Connect-AzAccount to create a connection with Azure.
  • Azure コマンド ライン インターフェイス (CLI) コマンドを使用してこの記事のタスクを実行する場合は、Azure Cloud Shell でコマンドを実行するか、お使いのコンピューターから CLI を実行してください。If using Azure Command-line interface (CLI) commands to complete tasks in this article, either run the commands in the Azure Cloud Shell, or by running the CLI from your computer. このチュートリアルには、Azure CLI のバージョン 2.0.31 以降が必要です。This tutorial requires the Azure CLI version 2.0.31 or later. インストールされているバージョンを確認するには、az --version を実行します。Run az --version to find the installed version. インストールまたはアップグレードする必要がある場合は、Azure CLI のインストールに関するページを参照してください。If you need to install or upgrade, see Install Azure CLI. Azure CLI をローカルで実行している場合、az login を実行して Azure との接続を作成することも必要です。If you are running the Azure CLI locally, you also need to run az login to create a connection with Azure.

Azure へのログインまたは接続に使用するアカウントは、ネットワークの共同作業者ロール、または「アクセス許可」の一覧に記載されている適切なアクションが割り当てられているカスタム ロールに割り当てられている必要があります。The account you log into, or connect to Azure with, must be assigned to the network contributor role or to a custom role that is assigned the appropriate actions listed in Permissions.

パブリック IP アドレスには、わずかですが料金が発生します。Public IP addresses have a nominal charge. 料金については、「IP アドレスの料金」ページを参照してください。To view the pricing, read the IP address pricing page.

パブリック IP アドレスの作成Create a public IP address

  1. ポータルの左上隅にある [+ リソースの作成] を選択します。At the top, left corner of the portal, select + Create a resource.

  2. Search the Marketplace ボックスにパブリック IP アドレスを入力します。Enter public ip address in the Search the Marketplace box. 検索結果に [パブリック IP アドレス] が表示されたら、そのアドレスをクリックします。When Public IP address appears in the search results, select it.

  3. パブリック IP アドレス にある Create を選択します。Under Public IP address, select Create.

  4. Create public IP address にある以下の設定に対して値を入力または選択して、Create を選択します。Enter, or select values for the following settings, under Create public IP address, then select Create:

    SettingSetting 必須Required? 詳細Details
    NameName はいYes 選択したリソース グループ内で一意となる名前を使用してください。The name must be unique within the resource group you select.
    SKUSKU はいYes SKU の導入前に作成されたパブリック IP アドレスはすべて、Basic SKU のパブリック IP アドレスです。All public IP addresses created before the introduction of SKUs are Basic SKU public IP addresses. パブリック IP アドレスが作成された後に SKU を変更することはできません。You cannot change the SKU after the public IP address is created. スタンドアロンの仮想マシン、可用性セット内の仮想マシン、または仮想マシン スケール セットは、Basic または Standard SKU を使用できます。A standalone virtual machine, virtual machines within an availability set, or virtual machine scale sets can use Basic or Standard SKUs. 可用性セットまたはスケール セット内の仮想マシン間での SKU の混在は許可されません。Mixing SKUs between virtual machines within availability sets or scale sets is not allowed. Basic SKU: 可用性ゾーンをサポートするリージョンにパブリック IP アドレスを作成している場合、既定では [可用性ゾーン] 設定が [なし] に設定されます。Basic SKU: If you are creating a public IP address in a region that supports availability zones, the Availability zone setting is set to None by default. パブリック IP アドレス用に特定のゾーンを保証するには、可用性ゾーンを選択できます。You can choose to select an availability zone to guarantee a specific zone for your public IP address. Standard SKU: Standard SKU のパブリック IP を仮想マシンまたはロード バランサーのフロント エンドに関連付けることができます。Standard SKU: A Standard SKU public IP can be associated to a virtual machine or a load balancer front end. 可用性ゾーンをサポートするリージョンにパブリック IP アドレスを作成している場合、既定では [Availability zone] (可用性ゾーン) 設定が [Zone-redundant] (ゾーン冗長) に設定されます。If you're creating a public IP address in a region that supports availability zones, the Availability zone setting is set to Zone-redundant by default. 可用性ゾーンの詳細については、[Availability zone] (可用性ゾーン) 設定を参照してください。For more information about availability zones, see the Availability zone setting. アドレスを標準のロード バランサーに関連付ける場合は、Standard SKU が必要です。The standard SKU is required if you associate the address to a Standard load balancer. 標準のロード バランサーの詳細については、「Azure Load Balancer の Standard SKU」を参照してください。To learn more about standard load balancers, see Azure load balancer standard SKU. 標準 SKU のパブリック IP アドレスを仮想マシンのネットワーク インターフェイスに割り当てるときは、ネットワーク セキュリティ グループで、特定のトラフィックを明示的に許可する必要があります。When you assign a standard SKU public IP address to a virtual machine’s network interface, you must explicitly allow the intended traffic with a network security group. ネットワーク セキュリティ グループを作成して関連付け、目的のトラフィックを明示的に許可するまで、そのリソースとの通信は失敗します。Communication with the resource fails until you create and associate a network security group and explicitly allow the desired traffic.
    IP バージョンIP Version はいYes IPv4 または IPv6 を選びます。Select IPv4 or IPv6. パブリック IPv4 アドレスは複数の Azure リソースに割り当てることができますが、IPv6 のパブリック IP アドレスはインターネットに接続するロード バランサーにのみ割り当てることができます。While public IPv4 addresses can be assigned to several Azure resources, an IPv6 public IP address can only be assigned to an Internet-facing load balancer. ロード バランサーは、複数の Azure 仮想マシンに IPv6 トラフィックを負荷分散できます。The load balancer can load balance IPv6 traffic to Azure virtual machines. 詳細については、仮想マシンへの IPv6 トラフィックの負荷分散に関する記事をご覧ください。Learn more about load balancing IPv6 traffic to virtual machines. Standard SKU を選択した場合、IPv6 を選択するオプションはありません。If you selected the Standard SKU, you do not have the option to select IPv6. Standard SKU を使用している場合は IPv4 アドレスしか作成できません。You can only create an IPv4 address when using the Standard SKU.
    IP アドレスの割り当てIP address assignment はいYes 動的: 動的アドレスの割り当ては、パブリック IP アドレスが Azure リソースに関連付けられ、そのリソースが初めて起動した後に限られます。Dynamic: Dynamic addresses are assigned only after a public IP address is associated to an Azure resource, and the resource is started for the first time. 動的アドレスが仮想マシンなどのリソースに割り当てられ、その仮想マシンが停止し (割り当てが解除される)、再起動した場合、動的アドレスが変わることがあります。Dynamic addresses can change if they're assigned to a resource, such as a virtual machine, and the virtual machine is stopped (deallocated), and then restarted. 仮想マシンが再起動された場合や、停止された (ただし、割り当て解除されない) 場合、このアドレスは同じままです。The address remains the same if a virtual machine is rebooted or stopped (but not deallocated). パブリック IP アドレス リソースが関連付けられているリソースから切り離されると、動的アドレスは解放されます。Dynamic addresses are released when a public IP address resource is dissociated from a resource it is associated to. 静的: 静的アドレスは、パブリック IP アドレスの作成時に割り当てられます。Static: Static addresses are assigned when a public IP address is created. パブリック IP アドレス リソースが削除されるまで、静的アドレスは解放されません。Static addresses are not released until a public IP address resource is deleted. アドレスがリソースに関連付けられていない場合、アドレスの作成後に割り当て方法を変更できます。If the address is not associated to a resource, you can change the assignment method after the address is created. アドレスがリソースに関連付けられている場合、割り当て方法を変更することはできません。If the address is associated to a resource, you may not be able to change the assignment method. [IP バージョン] として [IPv6] を選択した場合、割り当て方法は [動的] です。If you select IPv6 for the IP version, the assignment method is Dynamic. [SKU] として [Standard] を選択した場合、割り当て方法は [静的] です。If you select Standard for SKU, the assignment method is Static.
    アイドル タイムアウト (分)Idle timeout (minutes) いいえ No クライアントからキープアライブ メッセージを送信しなくても TCP 接続または HTTP 接続が開いたまま維持される時間 (分)。How many minutes to keep a TCP or HTTP connection open without relying on clients to send keep-alive messages. [IP バージョン] で [IPv6] を選んだ場合、この値を変更することはできません。If you select IPv6 for IP Version, this value can't be changed.
    DNS 名ラベルDNS name label いいえ No 名前の作成先となる Azure の場所 (すべてのサブスクリプション、すべての顧客) で一意となるようにしてください。Must be unique within the Azure location you create the name in (across all subscriptions and all customers). 指定した名前を使用してリソースに接続できるよう、DNS 内の名前と IP アドレスが Azure によって自動的に登録されます。Azure automatically registers the name and IP address in its DNS so you can connect to a resource with the name. 指定した名前に既定のサブネット (location.cloudapp.azure.com など、 は選択した場所) が付加されて、完全修飾 DNS 名が作成されます。Azure appends a default subnet such as location.cloudapp.azure.com (where location is the location you select) to the name you provide, to create the fully qualified DNS name. 両方のアドレス バージョンの作成を選んだ場合は、IPv4 アドレスと IPv6 アドレスの両方に同じ DNS 名が割り当てられます。If you choose to create both address versions, the same DNS name is assigned to both the IPv4 and IPv6 addresses. Azure の既定の DNS には IPv4 A と IPv6 AAAA の両方の名前レコードが含まれており、DNS 名が参照されると両方のレコードで応答します。Azure's default DNS contains both IPv4 A and IPv6 AAAA name records and responds with both records when the DNS name is looked up. どちらのアドレス (IPv4 または IPv6) と通信するかは、クライアントが選択します。The client chooses which address (IPv4 or IPv6) to communicate with. 代わりに、既定のサフィックスを持つ DNS 名ラベルを使用することで、Azure DNS サービスを使用して、パブリック IP アドレスに解決されるカスタム サフィックスを持つ DNS 名を構成することもできます。Instead of, or in addition to, using the DNS name label with the default suffix, you can use the Azure DNS service to configure a DNS name with a custom suffix that resolves to the public IP address. 詳細については、Azure パブリック IP アドレスを使用した Azure DNS の使用に関するページを参照してください。For more information, see Use Azure DNS with an Azure public IP address.
    IPv6 アドレスを作成します/IPv4 アドレスを作成しますCreate an IPv6 (or IPv4) address いいえ No IPv6 または IPv4 のどちらが表示されるかは、[IP バージョン] の選択に依存します。Whether IPv6 or IPv4 is displayed is dependent on what you select for IP Version. たとえば、[IP バージョン][IPv4] を選んだ場合、ここには IPv6 が表示されます。For example, if you select IPv4 for IP Version, IPv6 is displayed here. [SKU] として [Standard] を選択した場合、IPv6 アドレスを作成するオプションはありません。If you select Standard for SKU, you don't have the option to create an IPv6 address.
    名前 ([IPv6 アドレスを作成します]/[IPv4 アドレスを作成します] チェック ボックスをオンにした場合にのみ表示されます)Name (Only visible if you checked the Create an IPv6 (or IPv4) address checkbox) はい ([IPv6 アドレスを作成します]/[IPv4 アドレスを作成します] チェック ボックスをオンにした場合)。Yes, if you select the Create an IPv6 (or IPv4) checkbox. この名前は、この表の最初の [名前] で入力した名前と異なっている必要があります。The name must be different than the name you enter for the first Name in this list. IPv4 アドレスと IPv6 アドレス両方の作成を選ぶと、2 つのパブリック IP アドレス リソースが作成されて、それぞれに IP アドレスのバージョンが割り当てられます。If you choose to create both an IPv4 and an IPv6 address, the portal creates two separate public IP address resources, one with each IP address version assigned to it.
    IP アドレスの割り当て ([IPv6 アドレスを作成します]/[IPv4 アドレスを作成します] チェック ボックスをオンにした場合にのみ表示されます)IP address assignment (Only visible if you checked the Create an IPv6 (or IPv4) address checkbox) はい ([IPv6 アドレスを作成します]/[IPv4 アドレスを作成します] チェック ボックスをオンにした場合)。Yes, if you select the Create an IPv6 (or IPv4) checkbox. チェック ボックスに [IPv4 アドレスを作成します] と表示されている場合は、割り当て方法を選ぶことができます。If the checkbox says Create an IPv4 address, you can select an assignment method. チェック ボックスに [IPv6 アドレスを作成します] と表示されている場合は、[動的] が必須なので、割り当て方法を選ぶことはできません。If the checkbox says Create an IPv6 address, you cannot select an assignment method, as it must be Dynamic.
    サブスクリプションSubscription はいYes パブリック IP アドレスを関連付けるリソースと同じサブスクリプション内に存在する必要があります。Must exist in the same subscription as the resource you want to associate the public IP address to.
    リソース グループResource group はいYes 所属するリソース グループは、パブリック IP アドレスを関連付けるリソースと同じであっても異なっていてもかまいません。Can exist in the same, or different, resource group as the resource you want to associate the public IP address to.
    LocationLocation はいYes パブリック IP アドレスを関連付けるリソースと同じ場所 (リージョンとも呼ばれる) に存在する必要があります。Must exist in the same location, also referred to as region, as the resource you want to associate the public IP address to.
    可用性ゾーンAvailability zone いいえ No この設定は、サポートされている場所を選択した場合にのみ表示されます。This setting only appears if you select a supported location. サポートされている場所の一覧については、「Availability zones overview (可用性ゾーンの概要)」を参照してください。For a list of supported locations, see Availability zones overview. Basic SKU を選択した場合は、[なし] が自動的に選択されます。If you selected the Basic SKU, None is automatically selected for you. 特定のゾーンを保証したい場合は、特定のゾーンを選択できます。If you prefer to guarantee a specific zone, you may select a specific zone. どちらの選択肢もゾーン冗長ではありません。Either choice is not zone-redundant. Standard SKU を選択した場合は、[ゾーン冗長] が自動的に選択され、データ パスのゾーン障害からの復元性が高くなります。If you selected the Standard SKU: Zone-redundant is automatically selected for you and makes your data path resilient to zone failure. 特定のゾーンを保証したい場合は (これは、ゾーン障害からの復元性が高くありません)、特定のゾーンを選択できます。If you prefer to guarantee a specific zone, which is not resilient to zone failure, you may select a specific zone.

コマンドCommands

ポータルでは 2 つのパブリック IP アドレス リソース (IPv4 と IPv6) を作成できますが、次の CLI および PowerShell のコマンドでは、どちらか一方の IP バージョンのアドレスで 1 つのリソースが作成されます。Though the portal provides the option to create two public IP address resources (one IPv4 and one IPv6), the following CLI and PowerShell commands create one resource with an address for one IP version or the other. 2 つのパブリック IP アドレス リソース (IP バージョンごとに 1 つ) を作成したい場合は、コマンドを 2 回実行し、異なる名前とバージョンでパブリック IP アドレス リソースを指定する必要があります。If you want two public IP address resources, one for each IP version, you must run the command twice, specifying different names and versions for the public IP address resources.

ツールTool commandCommand
CLICLI az network public-ip createaz network public-ip create
PowerShellPowerShell New-AzPublicIpAddressNew-AzPublicIpAddress

パブリック IP アドレスを表示、設定変更、削除するView, change settings for, or delete a public IP address

  1. Azure Portal 上部に [リソースの検索] というテキストが表示されたボックスがあります。そこに「パブリック IP アドレス」と入力します。In the box that contains the text Search resources at the top of the Azure portal, type public ip address. 検索結果に [パブリック IP アドレス] が表示されたら、そのアドレスをクリックします。When Public IP addresses appear in the search results, select it.

  2. 表示か設定の変更、または一覧から削除するパブリック IP アドレスの名前を選択します。Select the name of the public IP address you want to view, change settings for, or delete from the list.

  3. パブリック IP アドレスの表示か設定の変更、または一覧からの削除のどの操作を行うかに従って以下のいずれかの設定を行います。Complete one of the following options, depending on whether you want to view, delete, or change the public IP address.

    • 表示:[概要] セクションに、関連付けられているネットワーク インターフェイス (アドレスがネットワーク インターフェイスに関連付けられている場合) など、パブリック IP アドレスの主要な設定が表示されます。View: The Overview section shows key settings for the public IP address, such as the network interface it's associated to (if the address is associated to a network interface). ポータルでは、アドレスのバージョン (IPv4 または IPv6) は表示されません。The portal does not display the version of the address (IPv4 or IPv6). バージョン情報を表示するには、PowerShell または CLI のコマンドを使って、パブリック IP アドレスを表示します。To view the version information, use the PowerShell or CLI command to view the public IP address. IP アドレスのバージョンが IPv6 の場合、割り当てられたアドレスはポータル、PowerShell、または CLI では表示されません。If the IP address version is IPv6, the assigned address is not displayed by the portal, PowerShell, or the CLI.
    • [削除]:パブリック IP アドレスを削除するには、[概要] セクションの [削除] を選択します。Delete: To delete the public IP address, select Delete in the Overview section. 現在 IP 構成に関連付けられているアドレスは削除できません。If the address is currently associated to an IP configuration, it cannot be deleted. アドレスが構成に関連付けられている場合は、[関連付け解除] を選択することで、IP 構成からアドレスの関連付けが解除できます。If the address is currently associated with a configuration, select Dissociate to dissociate the address from the IP configuration.
    • Change: Configuration を選択します。Change: select Configuration. パブリック IP アドレスを作成する の手順 4 でこの情報を使用している設定を変更します。Change settings using the information in step 4 of Create a public IP address. IPv4 アドレスの割り当て方法を静的から動的に変更する場合はまず、IP 構成からパブリック IPv4 アドレスの関連付けを解除する必要があります。To change the assignment for an IPv4 address from static to dynamic, you must first dissociate the public IPv4 address from the IP configuration it's associated to. そのうえで、割り当て方法に動的に変更し、[関連付け] をクリックして、同じ IP 構成または異なる IP 構成に IP アドレスを関連付けるか、関連付けを解除したままの状態にすることができます。You can then change the assignment method to dynamic and select Associate to associate the IP address to the same IP configuration, a different configuration, or you can leave it dissociated. パブリック IP アドレスの関連付けを解除するには、[概要] のところにある [関連付け解除] をクリックします。To dissociate a public IP address, in the Overview section, select Dissociate.

    警告

    割り当て方法を静的から動的に変更すると、パブリック IP アドレスに割り当てられた IP アドレスが失われます。When you change the assignment method from static to dynamic, you lose the IP address that was assigned to the public IP address. 静的または動的アドレスと任意の DNS 名ラベル (定義している場合) の間のマッピングは Azure パブリック DNS サーバーによって保持されますが、仮想マシンが停止 (割り当て解除) された状態にあった後に起動されると、動的 IP アドレスが変化する場合があります。While the Azure public DNS servers maintain a mapping between static or dynamic addresses and any DNS name label (if you defined one), a dynamic IP address can change when the virtual machine is started after being in the stopped (deallocated) state. アドレスが変化しないようにするには、静的 IP アドレスを割り当ててください。To prevent the address from changing, assign a static IP address.

コマンドCommands

ツールTool commandCommand
CLICLI az network public-ip list (パブリック IP アドレスの一覧表示)、az network public-ip show (設定の表示)、az network public-ip update (更新)、az network public-ip delete (削除)az network public-ip list to list public IP addresses, az network public-ip show to show settings; az network public-ip update to update; az network public-ip delete to delete
PowerShellPowerShell Get-AzPublicIpAddress (パブリック IP アドレス オブジェクトの取得とその設定の表示)、Set-AzPublicIpAddress (設定の更新)、Remove-AzPublicIpAddress (削除)Get-AzPublicIpAddress to retrieve a public IP address object and view its settings, Set-AzPublicIpAddress to update settings; Remove-AzPublicIpAddress to delete

パブリック IP アドレスを割り当てるAssign a public IP address

パブリック IP アドレスを割り当てる方法については、次のリソースを参照してください。Learn how to assign a public IP address to the following resources:

アクセス許可Permissions

パブリック IP アドレスでタスクを実行するには、ネットワークの共同作業者ロール、または次の表に記載されている適切なアクションが割り当てられているカスタム ロールにアカウントが割り当てられている必要があります。To perform tasks on public IP addresses, your account must be assigned to the network contributor role or to a custom role that is assigned the appropriate actions listed in the following table:

ActionAction NameName
Microsoft.Network/publicIPAddresses/readMicrosoft.Network/publicIPAddresses/read パブリック IP アドレスの読み取りRead a public IP address
Microsoft.Network/publicIPAddresses/writeMicrosoft.Network/publicIPAddresses/write パブリック IP アドレスの作成または更新Create or update a public IP address
Microsoft.Network/publicIPAddresses/deleteMicrosoft.Network/publicIPAddresses/delete パブリック IP アドレスの削除Delete a public IP address
Microsoft.Network/publicIPAddresses/join/actionMicrosoft.Network/publicIPAddresses/join/action リソースへのパブリック IP アドレスの関連付けAssociate a public IP address to a resource

次の手順Next steps