仮想ネットワーク TAPVirtual network TAP

Azure 仮想ネットワーク TAP (ターミナル アクセス ポイント) を使用すると、仮想マシン ネットワークのトラフィックをネットワーク パケット コレクターまたは分析ツールに連続してストリーミングできます。Azure virtual network TAP (Terminal Access Point) allows you to continuously stream your virtual machine network traffic to a network packet collector or analytics tool. コレクターまたは分析ツールは、ネットワーク仮想アプライアンス パートナーから提供されています。The collector or analytics tool is provided by a network virtual appliance partner. 仮想ネットワーク TAP を使用できることが検証されたパートナー ソリューションの一覧については、パートナー ソリューションに関するページを参照してください。For a list of partner solutions that are validated to work with virtual network TAP, see partner solutions.

重要

仮想ネットワーク TAP は、現在、すべての Azure リージョンでプレビューの段階です。Virtual network TAP is currently in preview in all the Azure regions. 仮想ネットワーク TAP を使用するには、サブスクリプション ID を使用して  azurevnettap@microsoft.com にメールを送信してプレビューに登録する必要があります。To use virtual network TAP, you must enroll in the preview by sending an email to azurevnettap@microsoft.com with your subscription ID. サブスクリプションが登録されると、メールが届きます。You will receive an email back once your subscription has been enrolled. 確認メールを受信するまで、この機能を使用することはできません。You aren't able to use the capability until you receive a confirmation email. このプレビュー版はサービス レベル アグリーメントなしで提供されています。運用環境のワークロードに使用することは避けてください。This preview is provided without a service level agreement and should not be used for production workloads. 特定の機能はサポート対象ではなく、機能が制限されることがあるか、Azure の場所によっては利用できない場合があります。Certain features may not be supported, may have constrained capabilities, or may not be available in all Azure locations. 詳しくは、「 Microsoft Azure プレビューの追加利用規約」をご覧ください。 See the Supplemental Terms of Use for Microsoft Azure Previews for details.

仮想ネットワーク TAP パートナー ソリューションVirtual network TAP partner solutions

ネットワーク パケット ブローカーNetwork packet brokers

セキュリティ分析、ネットワーク/アプリケーションのパフォーマンス管理Security analytics, network/application performance management

次の図は、仮想ネットワーク TAP のしくみを示しています。The following picture shows how virtual network TAP works. 仮想ネットワークにデプロイされている仮想マシンに接続されたネットワーク インターフェイスに TAP 構成を追加できます。You can add a TAP configuration on a network interface that is attached to a virtual machine deployed in your virtual network. 接続先は、監視対象のネットワーク インターフェイスまたは ピアリングされた仮想ネットワークと同じ仮想ネットワーク内の仮想ネットワーク IP アドレスです。The destination is a virtual network IP address in the same virtual network as the monitored network interface or a peered virtual network. 仮想ネットワーク TAP 用のコレクター ソリューションは、高可用性のために Azure 内部ロード バランサーの背後にデプロイできます。The collector solution for virtual network TAP can be deployed behind an Azure Internal Load balancer for high availability. 個々のソリューションのデプロイ オプションを評価するには、パートナー ソリューションのページを参照してください。To evaluate deployment options for individual solution, see partner solutions.

仮想ネットワーク TAP のしくみ

前提条件Prerequisites

仮想ネットワーク TAP を作成する前に、プレビューへの登録を確認するメールを受信済みであり、同じ Azure リージョンの TAP トラフィックを集計するために、Azure Resource Manager デプロイ モデルとパートナー ソリューションを使用して 1 つまたは複数の仮想マシンを作成している必要があります。Before you create a virtual network TAP, you must have received a confirmation mail that you are enrolled in the preview, and have one or more virtual machines created using Azure Resource Manager deployment model and a partner solution for aggregating the TAP traffic in the same azure region. 仮想ネットワークにパートナー ソリューションがない場合は、パートナー ソリューションのページを参照してデプロイしてください。If you don't have a partner solution in your virtual network, see partner solutions to deploy one. 同じ仮想ネットワーク TAP リソースを使用して、同じサブスクリプションまたは異なるサブスクリプションの複数のネットワーク インターフェイスからのトラフィックを集計できます。You can use the same virtual network TAP resource to aggregate traffic from multiple network interfaces in the same or different subscriptions. 監視対象のネットワーク インターフェイスが異なるサブスクリプションに属している場合、両方のサブスクリプションが同じ Azure Active Directory テナントに関連付けられている必要があります。If the monitored network interfaces are in different subscriptions, the subscriptions must be associated to the same Azure Active Directory tenant. また、監視対象のネットワーク インターフェイスと、TAP トラフィックを集計するための宛先エンドポイントは、同じリージョン内のピアリングされた仮想ネットワーク内に存在することができます。Additionally, the monitored network interfaces and the destination endpoint for aggregating the TAP traffic can be in peered virtual networks in the same region. このデプロイ モデルを使用している場合は、仮想ネットワーク TAP を構成する前に仮想ネットワーク ピアリングが有効になっていることを確認してください。If you are using this deployment model ensure that the virtual network peering is enabled before you configure virtual network TAP.

アクセス許可Permissions

ネットワーク インターフェイスで TAP 構成を適用するために使用するアカウントには、ネットワーク共同作成者ロール、または次の表に記載されている必要なアクションを実行できるカスタム ロールが割り当てられている必要があります。The accounts you use to apply TAP configuration on network interfaces must be assigned to the network contributor role or a custom role that is assigned the necessary actions from the following table:

ActionAction 名前Name
Microsoft.Network/virtualNetworkTaps/*Microsoft.Network/virtualNetworkTaps/* 仮想ネットワーク TAP リソースの作成、更新、読み取り、および削除に必要Required to create, update, read and delete a virtual network TAP resource
Microsoft.Network/networkInterfaces/readMicrosoft.Network/networkInterfaces/read TAP が構成されるネットワーク インターフェイス リソースを読み取るために必要Required to read the network interface resource on which the TAP will be configured
Microsoft.Network/tapConfigurations/*Microsoft.Network/tapConfigurations/* ネットワーク インターフェイス上の TAP 構成の作成、更新、読み取り、削除に必要Required to create, update, read and delete the TAP configuration on a network interface

次の手順Next steps