PowerShell でのネットワーク構成ファイルを使用した仮想ネットワーク (クラシック) の作成Create a virtual network (classic) using a network configuration file with PowerShell

Azure 仮想ネットワーク (VNet) は、クラウド内のユーザー独自のネットワークを表すものです。An Azure virtual network (VNet) is a representation of your own network in the cloud. Azure ネットワーク設定を制御して、アドレス ブロックの DHCP、DNS 設定、セキュリティ ポリシー、ルーティングを定義できます。You can control your Azure network settings and define DHCP address blocks, DNS settings, security policies, and routing. また、VNet をさらにサブネットに分割し、物理マシンと仮想マシンをオンプレミスのデータセンターにデプロイできるのと同じように、Azure IaaS Virtual Machines (VM) と PaaS ロール インスタンスもデプロイできます。You can also further segment your VNet into subnets and deploy Azure IaaS virtual machines (VMs) and PaaS role instances, in the same way you can deploy physical and virtual machines to your on-premises datacenter. 基本的には、独自の IP アドレス ブロックを取り込んで、ネットワークを Azure に拡張できます。In essence, you can expand your network to Azure, bringing your own IP address blocks. VNet を使い慣れていない場合は、仮想ネットワークの概要に関する記事をご覧ください。Read the virtual network overview if you are not familiar with VNets.

重要

Azure リソースを使用する前に、Azure は現在、Azure Resource Manager デプロイ モデルとクラシック デプロイ モデルの 2 種類を備えていることを理解しておくことが重要です。Before you work with Azure resources, it's important to understand that Azure currently has two deployment models: Azure Resource Manager and classic. Azure リソースを使用する前に、必ず デプロイ モデルとツール について知識をつけておいてください。Make sure you understand deployment models and tools before you work with any Azure resource. この記事の上部にあるタブをクリックすると、さまざまなツールについてのドキュメントを参照できます。You can view the documentation for different tools by clicking the tabs at the top of this article.

このドキュメントでは、従来のデプロイ モデルを使用して VNet を作成する方法を説明します。This document covers creating a VNet by using the classic deployment model. リソース マネージャーのデプロイメント モデルで仮想ネットワークを作成することもできます。You can also create a virtual network in the Resource Manager deployment model.

シナリオScenario

VNet とサブネットの作成方法をわかりやすく説明するために、このドキュメントでは次のシナリオを使用します。To better illustrate how to create a VNet and subnets, this document will use the scenario below.

VNet のシナリオ

このシナリオでは、予約済み CIDR ブロック 192.168.0.0./16 を含む TestVNet という名前の VNet を作成します。In this scenario you will create a VNet named TestVNet with a reserved CIDR block of 192.168.0.0./16. この VNet には、次のサブネットが含まれます。Your VNet will contain the following subnets:

  • CIDR ブロックとして 192.168.1.0/24 を使用する FrontEndFrontEnd, using 192.168.1.0/24 as its CIDR block.
  • CIDR ブロックとして 192.168.2.0/24 を使用する BackEndBackEnd, using 192.168.2.0/24 as its CIDR block.

PowerShell のネットワーク構成ファイルを使用して仮想ネットワークを作成する方法How to create a virtual network using a network config file from PowerShell

Azure では、xml ファイルを使用して、サブスクリプションで使用可能なすべての仮想ネットワークを定義します。Azure uses an xml file to define all virtual networks available to a subscription. このファイルをダウンロードし、既存の仮想ネットワークが変更または削除されるようにファイルを編集することで、新しい仮想ネットワークを作成します。You can download this file, edit it to modify or delete existing virtual networks, and create new virtual networks. このチュートリアルでは、ネットワーク構成 (または netcgf) ファイルをダウンロードする方法と、そのファイルを編集して新しい仮想ネットワークを作成する方法を説明します。In this tutorial, you learn how to download this file, referred to as network configuration (or netcfg) file, and edit it to create a new virtual network. ネットワーク構成ファイルの詳細については、「Azure Virtual Network Configuration Schema」(Azure 仮想ネットワークの構成スキーマ) を参照してください。To learn more about the network configuration file, see the Azure virtual network configuration schema.

PowerShell で netcfg ファイルを使用する仮想ネットワークを作成するには、次の手順に従います。To create a virtual network with a netcfg file using PowerShell, complete the following steps:

  1. Azure PowerShell を初めて使用する場合は、「Azure PowerShell のインストールおよび構成方法」の手順を実行した後、Azure にサインインし、サブスクリプションを選択します。If you have never used Azure PowerShell, complete the steps in the How to Install and Configure Azure PowerShell article, then sign in to Azure and select your subscription.
  2. Azure PowerShell コンソールから、 Get AzureVnetConfig コマンドレットを使用して次のコマンドを実行することで、ネットワーク構成ファイルをコンピューターのディレクトリにダウンロードします。From the Azure PowerShell console, use the Get-AzureVnetConfig cmdlet to download the network configuration file to a directory on your computer by running the following command:

    Get-AzureVNetConfig -ExportToFile c:\azure\NetworkConfig.xml
    

    予想される出力:Expected output:

    XMLConfiguration                                                                                                     
    ----------------                                                                                                     
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>...
    
  3. 任意の XML またはテキスト エディター アプリケーションを使用して、手順 2 で保存したファイルを開き、 要素を探します。Open the file you saved in step 2 using any XML or text editor application, and look for the element. 既に作成したネットワークがある場合、各ネットワークは 要素として表示されます。If you have any networks already created, each network is displayed as its own element.

  4. このシナリオで説明した仮想ネットワークを作成するには、次の XML を 要素のすぐ下に追加します。To create the virtual network described in this scenario, add the following XML just under the element:

         <VirtualNetworkSite name="TestVNet" Location="East US">
           <AddressSpace>
             <AddressPrefix>192.168.0.0/16</AddressPrefix>
           </AddressSpace>
           <Subnets>
             <Subnet name="FrontEnd">
               <AddressPrefix>192.168.1.0/24</AddressPrefix>
             </Subnet>
             <Subnet name="BackEnd">
               <AddressPrefix>192.168.2.0/24</AddressPrefix>
             </Subnet>
           </Subnets>
         </VirtualNetworkSite>
    
  5. ネットワーク構成ファイルを保存します。Save the network configuration file.

  6. Azure PowerShell コンソールから、Set-AzureVnetConfig コマンドレットを使用して次のコマンドを実行することで、ネットワーク構成ファイルをアップロードします。From the Azure PowerShell console, use the Set-AzureVnetConfig cmdlet to upload the network configuration file by running the following command:

    Set-AzureVNetConfig -ConfigurationPath c:\azure\NetworkConfig.xml
    

    返される出力:Returned output:

    OperationDescription OperationId                          OperationStatus
    -------------------- -----------                          ---------------
    Set-AzureVNetConfig  <Id>                                 Succeeded 
    

    返された出力の OperationStatusSucceeded でない場合は、xml ファイルにエラーがないことを確認し、手順 6 をもう一度完了します。If OperationStatus is not Succeeded in the returned output, check the xml file for errors and complete step 6 again.

  7. Azure PowerShell コンソールから、Get-AzureVnetSite コマンドレットを使用して次のコマンドを実行することで、新しいネットワークが追加されたことを確認します。From the Azure PowerShell console, use the Get-AzureVnetSite cmdlet to verify that the new network was added by running the following command:

    Get-AzureVNetSite -VNetName TestVNet
    

    返される (省略型の) 出力には、次のテキストが含まれます。The returned (abbreviated) output includes the following text:

    AddressSpacePrefixes : {192.168.0.0/16}
    Location             : Central US
    Name                 : TestVNet
    State                : Created
    Subnets              : {FrontEnd, BackEnd}
    OperationDescription : Get-AzureVNetSite
    OperationStatus      : Succeeded