インスタンス レベル パブリック IP (クラシック) の概要Instance level public IP (Classic) overview

インスタンス レベル パブリック IP (ILPIP) は、VM または Cloud Services ロール インスタンスが存在するクラウド サービスではなく、VM またはロール インスタンスに直接割り当てることができるパブリック IP アドレスです。An instance level public IP (ILPIP) is a public IP address that you can assign directly to a VM or Cloud Services role instance, rather than to the cloud service that your VM or role instance reside in. ILPIP は、クラウド サービスに割り当てられる仮想 IP (VIP) に代わるものではありません。An ILPIP doesn’t take the place of the virtual IP (VIP) that is assigned to your cloud service. むしろ、VM またはロール インスタンスに直接接続するときに使用できる追加の IP アドレスです。Rather, it’s an additional IP address that you can use to connect directly to your VM or role instance.

重要

Azure には、リソースの作成と操作に関して、Resource Manager とクラシックの 2 種類のデプロイメント モデルがあります。Azure has two different deployment models for creating and working with resources: Resource Manager and classic. この記事では、クラシック デプロイ モデルの使用方法について説明します。This article covers using the classic deployment model. Resource Manager を使用して VM を作成することをお勧めします。Microsoft recommends creating VMs through Resource Manager. Azure における IP アドレス の動作を理解しておく必要があります。Make sure you understand how IP addresses work in Azure.

Difference between ILPIP and VIP

図 1 に示すように、クラウド サービスには VIP を使用してアクセスするのに対して、個々 の VM には通常 "VIP:<ポート番号>" を使用してアクセスします。As shown in Figure 1, the cloud service is accessed using a VIP, while the individual VMs are normally accessed using VIP:<port number>. ILPIP を特定の VM に割り当てることで、その IP アドレスを使用して VM に直接アクセスできます。By assigning an ILPIP to a specific VM, that VM can be accessed directly using that IP address.

Azure でクラウド サービスを作成すると、対応する DNS A レコードが自動的に作成され、実際の VIP を使用するのではなく、完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用してサービスにアクセスできるようになります。When you create a cloud service in Azure, corresponding DNS A records are created automatically to allow access to the service through a fully qualified domain name (FQDN), instead of using the actual VIP. 同じ処理が ILPIP に対しても行われ、ILPIP ではなく FQDN による VM またはロール インスタンスへのアクセスが可能になります。The same process happens for an ILPIP, allowing access to the VM or role instance by FQDN instead of the ILPIP. たとえば、contosoadservice という名前のクラウド サービスを作成し、2 つのインスタンスで contosoweb という名前の Web ロールを構成した場合、Azure によってこれらのインスタンスに対して次の A レコードが登録されます。For instance, if you create a cloud service named contosoadservice, and you configure a web role named contosoweb with two instances, Azure registers the following A records for the instances:

  • contosoweb_IN_0.contosoadservice.cloudapp.netcontosoweb_IN_0.contosoadservice.cloudapp.net
  • contosoweb_IN_1.contosoadservice.cloudapp.netcontosoweb_IN_1.contosoadservice.cloudapp.net

注意

各 VM またはロール インスタンスに割り当てることができる ILPIP は 1 つだけです。You can assign only one ILPIP for each VM or role instance. サブスクリプションにつき最大 5 つの ILPIP を使用できます。You can use up to 5 ILPIPs per subscription. マルチ NIC VM では ILPIP はサポートされていません。ILPIPs are not supported for multi-NIC VMs.

ILPIP を要求する理由Why would I request an ILPIP?

VM またはロール インスタンスに直接割り当てた IP アドレスで接続できるようにする場合は、クラウド サービスの VIP:<ポート番号> を使用する代わりに、VM またはロール インスタンスの ILPIP を要求します。If you want to be able to connect to your VM or role instance by an IP address assigned directly to it, rather than using the cloud service VIP:<port number>, request an ILPIP for your VM or your role instance.

  • アクティブ FTP - VM に ILPIP を割り当てることで、すべてのポートでトラフィックを受信できます。Active FTP - By assigning an ILPIP to a VM, it can receive traffic on any port. VM でトラフィックを受信するために、エンドポイントは不要になります。Endpoints are not required for the VM to receive traffic. FTP プロトコルの詳細については、(https://en.wikipedia.org/wiki/File_Transfer_Protocol#Protocol_overview)[FTP プロトコルの概要] を参照してください。See (https://en.wikipedia.org/wiki/File_Transfer_Protocol#Protocol_overview)[FTP Protocol Overview] for details on the FTP protocol.
  • 送信 IP - VM からの送信トラフィックは、送信元である ILPIP にマップされ、ILPIP は外部エンティティに対して VM を一意に識別します。Outbound IP - Outbound traffic originating from the VM is mapped to the ILPIP as the source and the ILPIP uniquely identifies the VM to external entities.

注意

これまで、ILPIP アドレスはパブリック IP (PIP) アドレスと呼ばれていました。In the past, an ILPIP address was referred to as a public IP (PIP) address.

VM の ILPIP の管理Manage an ILPIP for a VM

以下のタスクにより、ILPIP の作成、割り当て、VM からの削除を行うことができます。The following tasks enable you to create, assign, and remove ILPIPs from VMs:

PowerShell を使用して VM の作成中に ILPIP を要求する方法How to request an ILPIP during VM creation using PowerShell

次の PowerShell スクリプトでは、FTPService という名前のクラウド サービスを作成し、Azure からイメージを取得します。取得したイメージを使用して FTPInstance という名前の VM を作成し、ILPIP を使用するように VM を設定して、新しいサービスにその VM を追加します。The following PowerShell script creates a cloud service named FTPService, retrieves an image from Azure, creates a VM named FTPInstance using the retrieved image, sets the VM to use an ILPIP, and adds the VM to the new service:

New-AzureService -ServiceName FTPService -Location "Central US"

$image = Get-AzureVMImage|?{$_.ImageName -like "*RightImage-Windows-2012R2-x64*"} `
New-AzureVMConfig -Name FTPInstance -InstanceSize Small -ImageName $image.ImageName `
| Add-AzureProvisioningConfig -Windows -AdminUsername adminuser -Password MyP@ssw0rd!! `
| Set-AzurePublicIP -PublicIPName ftpip | New-AzureVM -ServiceName FTPService -Location "Central US"

VM の ILPIP 情報を取得する方法How to retrieve ILPIP information for a VM

前のスクリプトで作成した VM の ILPIP 情報を表示するには、次の PowerShell コマンドを実行し、PublicIPAddressPublicIPName の値を確認します。To view the ILPIP information for the VM created with the previous script, run the following PowerShell command and observe the values for PublicIPAddress and PublicIPName:

Get-AzureVM -Name FTPInstance -ServiceName FTPService

予想される出力:Expected output:

DeploymentName              : FTPService
Name                        : FTPInstance
Label                       : 
VM                          : Microsoft.WindowsAzure.Commands.ServiceManagement.Model.PersistentVM
InstanceStatus              : ReadyRole
IpAddress                   : 100.74.118.91
InstanceStateDetails        : 
PowerState                  : Started
InstanceErrorCode           : 
InstanceFaultDomain         : 0
InstanceName                : FTPInstance
InstanceUpgradeDomain       : 0
InstanceSize                : Small
HostName                    : FTPInstance
AvailabilitySetName         : 
DNSName                     : http://ftpservice888.cloudapp.net/
Status                      : ReadyRole
GuestAgentStatus            :   Microsoft.WindowsAzure.Commands.ServiceManagement.Model.GuestAgentStatus
ResourceExtensionStatusList : {Microsoft.Compute.BGInfo}
PublicIPAddress             : 104.43.142.188
PublicIPName                : ftpip
NetworkInterfaces           : {}
ServiceName                 : FTPService
OperationDescription        : Get-AzureVM
OperationId                 : 568d88d2be7c98f4bbb875e4d823718e
OperationStatus             : OK

VM から ILPIP を削除する方法How to remove an ILPIP from a VM

前のスクリプトで VM に追加された ILPIP を削除するには、次の PowerShell コマンドを実行します。To remove the ILPIP added to the VM in the previous script, run the following PowerShell command:

Get-AzureVM -ServiceName FTPService -Name FTPInstance | Remove-AzurePublicIP | Update-AzureVM

既存の VM に ILPIP を追加する方法How to add an ILPIP to an existing VM

前のスクリプトを使用して作成した VM に ILPIP を追加するには、次のコマンドを実行します。To add an ILPIP to the VM created using the script previous, run the following command:

Get-AzureVM -ServiceName FTPService -Name FTPInstance | Set-AzurePublicIP -PublicIPName ftpip2 | Update-AzureVM

Cloud Services ロール インスタンスの ILPIP の管理Manage an ILPIP for a Cloud Services role instance

Cloud Services ロール インスタンスに ILPIP を追加するには、次の手順を実行します。To add an ILPIP to a Cloud Services role instance, complete the following steps:

  1. Cloud Services の構成方法」に記載された手順を実行して、クラウド サービスの.cscfg ファイルをダウンロードします。Download the .cscfg file for the cloud service by completing the steps in the How to Configure Cloud Services article.
  2. InstanceAddress 要素を追加して .cscfg ファイルを更新します。Update the .cscfg file by adding the InstanceAddress element. 次のサンプルでは、MyPublicIP という名前の ILPIP を、WebRole1 という名前のロール インスタンスに追加します。The following sample adds an ILPIP named MyPublicIP to a role instance named WebRole1:

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <ServiceConfiguration serviceName="ILPIPSample" xmlns="http://schemas.microsoft.com/ServiceHosting/2008/10/ServiceConfiguration" osFamily="4" osVersion="*" schemaVersion="2014-01.2.3">
      <Role name="WebRole1">
        <Instances count="1" />
          <ConfigurationSettings>
        <Setting name="Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Diagnostics.ConnectionString" value="UseDevelopmentStorage=true" />
          </ConfigurationSettings>
      </Role>
      <NetworkConfiguration>
        <AddressAssignments>
          <InstanceAddress roleName="WebRole1">
        <PublicIPs>
          <PublicIP name="MyPublicIP" domainNameLabel="MyPublicIP" />
            </PublicIPs>
          </InstanceAddress>
        </AddressAssignments>
      </NetworkConfiguration>
    </ServiceConfiguration>
    
  3. Cloud Services の構成方法」に記載された手順を実行して、クラウド サービスの.cscfg ファイルをアップロードします。Upload the .cscfg file for the cloud service by completing the steps in the How to Configure Cloud Services article.

次のステップNext steps