Azure Portal を使用して仮想マシンのプライベート IP アドレスを構成するConfigure private IP addresses for a virtual machine using the Azure portal

仮想ネットワーク (VM) には、デプロイされているサブネットに基づいて、指定された範囲のプライベート IP アドレスが自動的に割り当てられます。A virtual machine (VM) is automatically assigned a private IP address from a range that you specify, based on the subnet it is deployed in. このアドレスは、VM が削除されるまで VM によって保持されます。The address is retained by a VM until the VM is deleted. Azure は、次に VM に作成されているサブネットから使用可能なプライベート IP アドレスを自動的に割り当てます。Azure dynamically assigns the next available private IP address from the subnet you create a VM in. VM に割り当てられているサブネットから特定の IP アドレスが必要な場合は、静的 IP アドレスを割り当てます。Assign a static IP address if you want a specific IP address from the subnet assigned to the VM.

重要

Azure リソースを使用する前に、Azure は現在、Azure Resource Manager デプロイ モデルとクラシック デプロイ モデルの 2 種類を備えていることを理解しておくことが重要です。Before you work with Azure resources, it's important to understand that Azure currently has two deployment models: Azure Resource Manager and classic. Azure リソースを使用する前に、必ず デプロイ モデルとツール について知識をつけておいてください。Make sure you understand deployment models and tools before you work with any Azure resource. この記事の上部にあるタブをクリックすると、さまざまなツールについてのドキュメントを参照できます。You can view the documentation for different tools by clicking the tabs at the top of this article.

この記事では、Resource Manager デプロイ モデルについて説明します。This article covers the Resource Manager deployment model. クラシック デプロイ モデルで静的プライベート IP アドレスを管理することもできます。You can also manage static private IP address in the classic deployment model.

シナリオScenario

VM の静的 IP アドレスの構成方法をわかりやすく説明するために、このドキュメントでは次のシナリオを使用します。To better illustrate how to configure a static IP address for a VM, this document will use the scenario below.

VNet のシナリオ

このシナリオでは、FrontEnd サブネットで DNS01 という名前の VM を作成し、それを静的 IP アドレス 192.168.1.101 を使用するように設定します。In this scenario you will create a VM named DNS01 in the FrontEnd subnet, and set it to use a static IP address of 192.168.1.101.

次のサンプルの手順では、単純な環境が既に作成されていると想定します。The following sample steps expect a simple environment already created. このドキュメントに表示されている手順を実行する場合は、まず、仮想ネットワークの作成に関する記事に示されているテスト環境を構築してください。If you want to run the steps as they are displayed in this document, first build the test environment described in Create a virtual network.

静的プライベート IP アドレスをテストするために VM を作成する方法How to create a VM for testing static private IP addresses

Azure ポータルを使用して、リソース マネージャー デプロイ モードで VM を作成する際に、静的プライベート IP アドレスを設定することはできません。You cannot set a static private IP address during the creation of a VM in the Resource Manager deployment mode by using the Azure portal. まず、VM を作成してから、そのプライベート IP が静的になるように設定する必要があります。You must create the VM first, then set its private IP to be static.

TestVNet という名前の VNet の FrontEnd サブネットで DNS01 という名前の VM を作成するには、以下の手順に従います。To create a VM named DNS01 in the FrontEnd subnet of a VNet named TestVNet, follow these steps:

  1. ブラウザーで https://portal.azure.com に移動し、必要に応じて Azure アカウントでサインインします。From a browser, navigate to https://portal.azure.com and, if necessary, sign in with your Azure account.

  2. 次の図に示すように、[リソースの作成] > [Compute] > [Windows Server 2012 R2 Datacenter] の順にクリックし、[デプロイ モデルの選択] の一覧に既に [Resource Manager] と表示されているのを確認してから [作成] をクリックします。Click Create a resource > Compute > Windows Server 2012 R2 Datacenter, notice that the Select a deployment model list already shows Resource Manager, and then click Create, as seen in the following figure.

    Azure ポータルでの VM の作成

  3. 次の図に示すように、[基本] ウィンドウで、作成する VM の名前 (このシナリオでは DNS01)、ローカル管理者のアカウント、およびパスワードを入力します。In the Basics pane, enter the name of the VM to create (DNS01 in the scenario), the local administrator account, and password, as seen in the following figure.

    [基本] ウィンドウ

  4. 選択されている [場所][米国中部] であることを確認してから、[リソース グループ] の下にある [既存の選択] をクリックし、[リソース グループ] を再度クリックして、[TestRG][OK] の順にクリックします。Make sure the Location selected is Central US, then click Select existing under Resource group, then click Resource group again, then click TestRG, and then click OK.

    [基本] ウィンドウ

  5. [サイズの選択] ウィンドウで、[A1 標準] を選択してから [選択] をクリックします。In the Choose a size pane, select A1 Standard, and then click Select.

    [サイズの選択] ウィンドウ

  6. [設定] ウィンドウで、プロパティに以下の値が設定されていることを確認し、[OK] をクリックします。In the Settings pane, be sure the properties are set with the following values, and then click OK.

    -ストレージ アカウント: vnetstorage-Storage account: vnetstorage

    • ネットワーク:TestVNetNetwork: TestVNet

    • サブネット:FrontEndSubnet: FrontEnd

      [サイズの選択] ウィンドウ

  7. [概要] ウィンドウで、[OK] をクリックします。In the Summary pane, click OK. ダッシュ ボードに以下のタイルが表示されることを確認します。Notice the following tile displayed in your dashboard.

    Azure ポータルでの VM の作成

VM のオペレーティング システム内で Azure 仮想マシンに割り当てられるプライベート IP は、Windows VM に複数の IP アドレスを割り当てる場合など、必要でない限り静的に割り当てないことをお勧めします。It’s recommended that you do not statically assign the private IP assigned to the Azure virtual machine within the operating system of a VM, unless necessary, such as when assigning multiple IP addresses to a Windows VM. 実際にオペレーティング システム内でプライベート IP アドレスを手動で設定する場合は、それが Azure ネットワーク インターフェイスに割り当てられているプライベート IP アドレスと同じアドレスであるようにしてください。そうしないと、仮想マシンへの接続が失われる可能性があります。If you do manually set the private IP address within the operating system, ensure that it is the same address as the private IP address assigned to the Azure network interface, or you can lose connectivity to the virtual machine. 詳細については、プライベート IP アドレス設定に関するページを参照してください。Learn more about private IP address settings. 仮想マシンのオペレーティング システム内で Azure の仮想マシンに割り当てられているパブリック IP アドレスを手動で割り当てないでください。You should never manually assign the public IP address assigned to an Azure virtual machine within the virtual machine's operating system.

VM 用の静的プライベート IP アドレス情報を取得する方法How to retrieve static private IP address information for a VM

上記の手順で作成された VM の静的プライベート IP アドレス情報を表示するには、以下の手順を実行します。To view the static private IP address information for the VM created with the steps above, execute the following steps.

  1. Azure Portal で、[すべて参照] > [仮想マシン] > [DNS01] > [すべての設定] > [ネットワーク インターフェイス] の順にクリックし、表示されている唯一のネットワーク インターフェイスをクリックします。From the Azure portal, click BROWSE ALL > Virtual machines > DNS01 > All settings > Network interfaces and then click on the only network interface listed.

    VM のデプロイ タイル

  2. [ネットワーク インターフェイス] ウィンドウで、[すべての設定] > [IP アドレス] の順にクリックして、[割り当て][IP アドレス] の値を確認します。In the Network interface pane, click All settings > IP addresses and notice the Assignment and IP address values.

    VM のデプロイ タイル

既存の VM に静的プライベート IP アドレスを追加する方法How to add a static private IP address to an existing VM

上記の手順を使用して作成した VM に静的プライベート IP アドレスを追加するには、以下の手順に従います。To add a static private IP address to the VM created using the steps above, follow these steps:

  1. 上記の [IP アドレス] ウィンドウで、[割り当て] の下にある [静的] をクリックします。From the IP addresses pane shown above, click Static under Assignment.

  2. [IP アドレス] に「192.168.1.101」と入力してから、[保存] をクリックします。Type 192.168.1.101 for IP address, and then click Save.

    Azure ポータルでの VM の作成

注意

[保存] をクリックした後、割り当てがまだ [動的] に設定されている場合は、入力した IP アドレスが既に使用されていることを意味します。 別の IP アドレスを試してください。

VM のオペレーティング システム内で Azure 仮想マシンに割り当てられるプライベート IP は、Windows VM に複数の IP アドレスを割り当てる場合など、必要でない限り静的に割り当てないことをお勧めします。It’s recommended that you do not statically assign the private IP assigned to the Azure virtual machine within the operating system of a VM, unless necessary, such as when assigning multiple IP addresses to a Windows VM. 実際にオペレーティング システム内でプライベート IP アドレスを手動で設定する場合は、それが Azure ネットワーク インターフェイスに割り当てられているプライベート IP アドレスと同じアドレスであるようにしてください。そうしないと、仮想マシンへの接続が失われる可能性があります。If you do manually set the private IP address within the operating system, ensure that it is the same address as the private IP address assigned to the Azure network interface, or you can lose connectivity to the virtual machine. 詳細については、プライベート IP アドレス設定に関するページを参照してください。Learn more about private IP address settings. 仮想マシンのオペレーティング システム内で Azure の仮想マシンに割り当てられているパブリック IP アドレスを手動で割り当てないでください。You should never manually assign the public IP address assigned to an Azure virtual machine within the virtual machine's operating system.

VM から静的プライベート IP アドレスを削除する方法How to remove a static private IP address from a VM

上記で作成した VM から静的プライベート IP アドレスを削除するには、以下の手順に従います。To remove the static private IP address from the VM created above, complete the following step:

上記の [IP アドレス] ウィンドウで、[割り当て] の下にある [動的] をクリックしてから、[保存] をクリックします。From the IP addresses pane shown above, click Dynamic under Assignment, and then click Save.

オペレーティング システム内で IP アドレスを設定するSet IP addresses within the operating system

VM のオペレーティング システム内で Azure 仮想マシンに割り当てられるプライベート IP は、Windows VM に複数の IP アドレスを割り当てる場合など、必要でない限り静的に割り当てないことをお勧めします。It’s recommended that you do not statically assign the private IP assigned to the Azure virtual machine within the operating system of a VM, unless necessary, such as when assigning multiple IP addresses to a Windows VM. 実際にオペレーティング システム内でプライベート IP アドレスを手動で設定する場合は、それが Azure ネットワーク インターフェイスに割り当てられているプライベート IP アドレスと同じアドレスであるようにしてください。そうしないと、仮想マシンへの接続が失われる可能性があります。If you do manually set the private IP address within the operating system, ensure that it is the same address as the private IP address assigned to the Azure network interface, or you can lose connectivity to the virtual machine. 詳細については、プライベート IP アドレス設定に関するページを参照してください。Learn more about private IP address settings. 仮想マシンのオペレーティング システム内で Azure の仮想マシンに割り当てられているパブリック IP アドレスを手動で割り当てないでください。You should never manually assign the public IP address assigned to an Azure virtual machine within the virtual machine's operating system.

次の手順Next steps

IP アドレス設定の管理について学習します。Learn about managing IP address settings.