PowerShell を使用してサイト間 VPN 接続を備えた VNet を作成するCreate a VNet with a Site-to-Site VPN connection using PowerShell

この記事では、PowerShell を使用して、オンプレミス ネットワークから VNet へのサイト間 VPN Gateway 接続を作成する方法について説明します。This article shows you how to use PowerShell to create a Site-to-Site VPN gateway connection from your on-premises network to the VNet. この記事の手順は、Resource Manager デプロイ モデルに適用されます。The steps in this article apply to the Resource Manager deployment model. また、この構成の作成には、次のリストから別のオプションを選択して、別のデプロイ ツールまたはデプロイ モデルを使用することもできます。You can also create this configuration using a different deployment tool or deployment model by selecting a different option from the following list:

サイト間 VPN Gateway 接続は、IPsec/IKE (IKEv1 または IKEv2) VPN トンネルを介してオンプレミス ネットワークを Azure 仮想ネットワークに接続するために使用します。A Site-to-Site VPN gateway connection is used to connect your on-premises network to an Azure virtual network over an IPsec/IKE (IKEv1 or IKEv2) VPN tunnel. この種類の接続では、外部接続用パブリック IP アドレスが割り当てられていてるオンプレミスの VPN デバイスが必要です。This type of connection requires a VPN device located on-premises that has an externally facing public IP address assigned to it. VPN Gateway の詳細については、「VPN Gateway について」を参照してください。For more information about VPN gateways, see About VPN gateway.

クロスプレミスのサイト間 VPN Gateway 接続の図

開始する前にBefore you begin

構成を開始する前に、以下の条件を満たしていることを確認します。Verify that you have met the following criteria before beginning your configuration:

  • 互換性のある VPN デバイスがあり、デバイスを構成できる人員がいることを確認します。Make sure you have a compatible VPN device and someone who is able to configure it. 互換性のある VPN デバイスとデバイスの構成の詳細については、VPN デバイスの概要に関する記事を参照してください。For more information about compatible VPN devices and device configuration, see About VPN Devices.
  • VPN デバイスの外部接続用パブリック IPv4 アドレスがあることを確認します。Verify that you have an externally facing public IPv4 address for your VPN device. この IP アドレスを NAT の内側に割り当てることはできません。This IP address cannot be located behind a NAT.
  • オンプレミス ネットワーク構成の IP アドレス範囲を把握していない場合は、詳細な情報を把握している担当者と協力して作業を行ってください。If you are unfamiliar with the IP address ranges located in your on-premises network configuration, you need to coordinate with someone who can provide those details for you. この構成を作成する場合は、Azure がオンプレミスの場所にルーティングする IP アドレス範囲のプレフィックスを指定する必要があります。When you create this configuration, you must specify the IP address range prefixes that Azure will route to your on-premises location. オンプレミス ネットワークのサブネットと接続先の仮想ネットワーク サブネットが重複しないようにしなければなりません。None of the subnets of your on-premises network can over lap with the virtual network subnets that you want to connect to.

Azure Cloud Shell を起動するLaunch Azure Cloud Shell

Azure Cloud Shell は無料のインタラクティブ シェルです。この記事の手順は、Azure Cloud Shell を使って実行することができます。The Azure Cloud Shell is a free interactive shell that you can use to run the steps in this article. 一般的な Azure ツールが事前にインストールされており、アカウントで使用できるように構成されています。It has common Azure tools preinstalled and configured to use with your account. [コピー] をクリックしてコードをコピーし、Cloud Shell に貼り付けて Enter キーを押すだけで、コードを実行することができます。Just click the Copy to copy the code, paste it into the Cloud Shell, and then press enter to run it. Cloud Shell は、次のようにいくつかの方法で起動することができます。There are a few ways to launch the Cloud Shell:

コード ブロックの右上隅にある [使ってみる] をクリックします。Click Try It in the upper right corner of a code block. この記事の Cloud Shell
ブラウザーで Cloud Shell を開きます。Open Cloud Shell in your browser. https://shell.azure.com/powershell
Azure Portal の右上のメニューの [Cloud Shell] ボタンをクリックします。Click the Cloud Shell button on the menu in the upper right of the Azure portal. ポータルの Cloud ShellCloud Shell in the portal

ローカルでの PowerShell の実行Running PowerShell locally

PowerShell をローカルにインストールして使用する場合は、Azure Resource Manager PowerShell コマンドレットの最新版をインストールします。If you choose to install and use the PowerShell locally, install the latest version of the Azure Resource Manager PowerShell cmdlets. PowerShell コマンドレットは頻繁に更新されるため、最新の機能を利用するには、通常、PowerShell コマンドレットを更新する必要があります。PowerShell cmdlets are updated frequently and you will typically need to update your PowerShell cmdlets to get the latest feature functionality. PowerShell コマンドレットを更新しないと、値の指定が失敗することがあります。If you don't update your PowerShell cmdlets, the values specify may fail.

使用しているバージョンを確認するには、'Get-Module -ListAvailable AzureRM' を実行します。To find the version you are using, run 'Get-Module -ListAvailable AzureRM'. アップグレードする必要がある場合は、Azure PowerShell モジュールのインストールに関するページを参照してください。If you need to upgrade, see Install the Azure PowerShell module. 詳細については、「 Azure PowerShell のインストールと構成の方法」を参照してください。For more information, see How to install and configure Azure PowerShell. PowerShell をローカルで実行している場合、'Connect-AzureRmAccount' を実行して Azure との接続を作成することも必要です。If you are running PowerShell locally, you also need to run 'Connect-AzureRmAccount' to create a connection with Azure.

値の例Example values

この記事の例では、次の値を使用します。The examples in this article use the following values. この値を使用して、テスト環境を作成できます。また、この値を参考にしながら、この記事の例を確認していくこともできます。You can use these values to create a test environment, or refer to them to better understand the examples in this article.

#Example values

VnetName                = VNet1
ResourceGroup           = TestRG1
Location                = East US 
AddressSpace            = 10.1.0.0/16 
SubnetName              = Frontend 
Subnet                  = 10.1.0.0/24 
GatewaySubnet           = 10.1.255.0/27
LocalNetworkGatewayName = Site1
LNG Public IP           = <On-premises VPN device IP address> 
Local Address Prefixes  = 10.101.0.0/24, 10.101.1.0/24
Gateway Name            = VNet1GW
PublicIP                = VNet1GWPIP
Gateway IP Config       = gwipconfig1 
VPNType                 = RouteBased 
GatewayType             = Vpn 
ConnectionName          = VNet1toSite1

1.仮想ネットワークとゲートウェイ サブネットを作成する1. Create a virtual network and a gateway subnet

まだ仮想ネットワークがない場合は作成します。If you don't already have a virtual network, create one. 仮想ネットワークを作成する際は、指定したアドレス空間がオンプレミス ネットワーク内に存在するあらゆるアドレス空間と重複していないことを確認します。When creating a virtual network, make sure that the address spaces you specify don't overlap any of the address spaces that you have on your on-premises network.

注意

この VNet をオンプレミスの場所に接続するには、オンプレミスのネットワーク管理者と調整を行って、この仮想ネットワーク専用に使用できる IP アドレスの範囲を見つけ出す必要があります。 VPN 接続の両側に重複するアドレス範囲が存在する場合、トラフィックが期待どおりにルーティングされない可能性があります。 また、この VNet を別の VNet に接続する場合、アドレス空間を他の VNet と重複させることはできません。 したがって、慎重にネットワーク構成を計画してください。

ゲートウェイ サブネットについてAbout the gateway subnet

仮想ネットワーク ゲートウェイは、"ゲートウェイ サブネット" と呼ばれる特定のサブネットを使用します。The virtual network gateway uses specific subnet called the gateway subnet. ゲートウェイ サブネットは、仮想ネットワークの構成時に指定した仮想ネットワーク IP アドレス範囲に含まれます。The gateway subnet is part of the virtual network IP address range that you specify when configuring your virtual network. そこには、仮想ネットワーク ゲートウェイのリソースやサービスによって使用される IP アドレスが含まれます。It contains the IP addresses that the virtual network gateway resources and services use. ゲートウェイのリソースを Azure でデプロイするためには、サブネットに "GatewaySubnet" という名前を付ける必要があります。The subnet must be named 'GatewaySubnet' in order for Azure to deploy the gateway resources. 異なるサブネットを指定してゲートウェイのリソースをデプロイすることはできません。You can't specify a different subnet to deploy the gateway resources to. "GatewaySubnet" という名前のサブネットが存在しない場合、VPN ゲートウェイを作成するときにエラーが発生します。If you don't have a subnet named 'GatewaySubnet', when you create your VPN gateway, it will fail.

ゲートウェイ サブネットを作成するときに、サブネットに含まれる IP アドレスの数を指定します。When you create the gateway subnet, you specify the number of IP addresses that the subnet contains. 必要な IP アドレスの数は、作成する VPN ゲートウェイの構成によって異なります。The number of IP addresses needed depends on the VPN gateway configuration that you want to create. 一部の構成では、他の構成よりも多くの IP アドレスを割り当てる必要があります。Some configurations require more IP addresses than others. 作成するゲートウェイ サブネットには /27 または /28 を使用することをお勧めします。We recommend that you create a gateway subnet that uses a /27 or /28.

アドレス空間がサブネットと重複していることを示すエラーや、ご使用の仮想ネットワークのアドレス空間内にサブネットが存在しないことを示すエラーが表示された場合は、VNet のアドレス範囲をチェックしてください。If you see an error that specifies that the address space overlaps with a subnet, or that the subnet is not contained within the address space for your virtual network, check your VNet address range. 仮想ネットワーク用に作成したアドレス範囲から、十分な IP アドレスを確保できない場合があります。You may not have enough IP addresses available in the address range you created for your virtual network. たとえば、既定のサブネットがアドレス範囲全体にわたる場合、新たに別のサブネットを作成するだけの IP アドレスは残っていません。For example, if your default subnet encompasses the entire address range, there are no IP addresses left to create additional subnets. 既存のアドレス空間内のサブネットを調整して IP アドレスを解放するか、または新たに別のアドレス範囲を指定して、そこにゲートウェイ サブネットを作成してください。You can either adjust your subnets within the existing address space to free up IP addresses, or specify an additional address range and create the gateway subnet there.

重要

ゲートウェイ サブネットを使用する場合は、ゲートウェイ サブネットにネットワーク セキュリティ グループ (NSG) を関連付けないようにしてください。When working with gateway subnets, avoid associating a network security group (NSG) to the gateway subnet. このサブネットにネットワーク セキュリティ グループを関連付けると、VPN ゲートウェイが正常に動作しなくなることがあります。Associating a network security group to this subnet may cause your VPN gateway to stop functioning as expected. ネットワーク セキュリティ グループの詳細については、「ネットワーク セキュリティ グループ (NSG) について」を参照してください。For more information about network security groups, see What is a network security group?

仮想ネットワークとゲートウェイ サブネットを作成するにはTo create a virtual network and a gateway subnet

次の例では、仮想ネットワークとゲートウェイ サブネットを作成します。This example creates a virtual network and a gateway subnet. ゲートウェイ サブネットを追加する必要がある仮想ネットワークが既にある場合は、「作成済みの仮想ネットワークにゲートウェイ サブネットを追加するには」を参照してください。If you already have a virtual network that you need to add a gateway subnet to, see To add a gateway subnet to a virtual network you have already created.

リソース グループを作成します。Create a resource group:

New-AzureRmResourceGroup -Name TestRG1 -Location 'East US'

仮想ネットワークを作成します。Create your virtual network.

  1. 変数を設定します。Set the variables.

    $subnet1 = New-AzureRmVirtualNetworkSubnetConfig -Name 'GatewaySubnet' -AddressPrefix 10.1.255.0/27
    $subnet2 = New-AzureRmVirtualNetworkSubnetConfig -Name 'Frontend' -AddressPrefix 10.1.0.0/24
    
  2. VNet を作成します。Create the VNet.

    New-AzureRmVirtualNetwork -Name VNet1 -ResourceGroupName TestRG1 `
    -Location 'East US' -AddressPrefix 10.1.0.0/16 -Subnet $subnet1, $subnet2
    

作成済みの仮想ネットワークにゲートウェイ サブネットを追加するにはTo add a gateway subnet to a virtual network you have already created

既に仮想ネットワークがあるものの、ゲートウェイ サブネットを追加する必要がある場合は、このセクションの手順を使用します。Use the steps in this section if you already have a virtual network, but need to add a gateway subnet.

  1. 変数を設定します。Set the variables.

    $vnet = Get-AzureRmVirtualNetwork -ResourceGroupName TestRG1 -Name TestVet1
    
  2. ゲートウェイ サブネットを作成します。Create the gateway subnet.

    Add-AzureRmVirtualNetworkSubnetConfig -Name 'GatewaySubnet' -AddressPrefix 10.1.255.0/27 -VirtualNetwork $vnet
    
  3. 構成を設定します。Set the configuration.

    Set-AzureRmVirtualNetwork -VirtualNetwork $vnet
    

2.ローカル ネットワーク ゲートウェイを作成する2. Create the local network gateway

ローカル ネットワーク ゲートウェイは通常、オンプレミスの場所を指します。The local network gateway typically refers to your on-premises location. サイトに Azure が参照できる名前を付け、接続を作成するオンプレミス VPN デバイスの IP アドレスを指定します。You give the site a name by which Azure can refer to it, then specify the IP address of the on-premises VPN device to which you will create a connection. また、VPN ゲートウェイを介して VPN デバイスにルーティングされる IP アドレスのプレフィックスも指定します。You also specify the IP address prefixes that will be routed through the VPN gateway to the VPN device. 指定するアドレスのプレフィックスは、オンプレミス ネットワークのプレフィックスです。The address prefixes you specify are the prefixes located on your on-premises network. オンプレミス ネットワークが変わった場合は、プレフィックスを簡単に更新できます。If your on-premises network changes, you can easily update the prefixes.

次の値を使用します。Use the following values:

  • GatewayIPAddress は、オンプレミス VPN デバイスの IP アドレスです。The GatewayIPAddress is the IP address of your on-premises VPN device. VPN デバイスを NAT の内側に配置することはできません。Your VPN device cannot be located behind a NAT.
  • AddressPrefix は、オンプレミスのアドレス空間です。The AddressPrefix is your on-premises address space.

1 つのアドレス プレフィックスを含むローカル ネットワーク ゲートウェイを追加するにはTo add a local network gateway with a single address prefix:

New-AzureRmLocalNetworkGateway -Name Site1 -ResourceGroupName TestRG1 `
-Location 'East US' -GatewayIpAddress '23.99.221.164' -AddressPrefix '10.101.0.0/24'

複数のアドレス プレフィックスを含むローカル ネットワーク ゲートウェイを追加するにはTo add a local network gateway with multiple address prefixes:

New-AzureRmLocalNetworkGateway -Name Site1 -ResourceGroupName TestRG1 `
-Location 'East US' -GatewayIpAddress '23.99.221.164' -AddressPrefix @('10.101.0.0/24','10.101.1.0/24')

ローカル ネットワーク ゲートウェイ用の IP アドレスのプレフィックスを変更するにはTo modify IP address prefixes for your local network gateway:
ローカル ネットワーク ゲートウェイのプレフィックスは変わる場合があります。Sometimes your local network gateway prefixes change. IP アドレス プレフィックスを変更する手順は、VPN ゲートウェイ接続を作成したかどうかによって異なります。The steps you take to modify your IP address prefixes depend on whether you have created a VPN gateway connection. ローカル ネットワーク ゲートウェイ用の IP アドレスのプレフィックスを変更するには 」セクションを参照してください。See the Modify IP address prefixes for a local network gateway section of this article.

3.パブリック IP アドレスを要求する3. Request a Public IP address

VPN ゲートウェイには、パブリック IP アドレスが必要です。A VPN gateway must have a Public IP address. これにはまず IP アドレスのリソースを要求したうえで、仮想ネットワーク ゲートウェイの作成時にそのリソースを参照する必要があります。You first request the IP address resource, and then refer to it when creating your virtual network gateway. IP アドレスは、VPN ゲートウェイの作成時にリソースに対して動的に割り当てられます。The IP address is dynamically assigned to the resource when the VPN gateway is created. VPN Gateway では現在、パブリック IP アドレスの "動的" 割り当てのみサポートしています。VPN Gateway currently only supports Dynamic Public IP address allocation. 静的パブリック IP アドレスの割り当てを要求することはできません。You cannot request a Static Public IP address assignment. もっとも、VPN ゲートウェイに割り当てられた IP アドレスが後から変わることは基本的にありません。However, this does not mean that the IP address changes after it has been assigned to your VPN gateway. パブリック IP アドレスが変わるのは、ゲートウェイが削除され、再度作成されたときのみです。The only time the Public IP address changes is when the gateway is deleted and re-created. VPN ゲートウェイのサイズ変更、リセット、その他の内部メンテナンス/アップグレードでは、IP アドレスは変わりません。It doesn't change across resizing, resetting, or other internal maintenance/upgrades of your VPN gateway.

仮想ネットワークの VPN ゲートウェイに割り当てるパブリック IP アドレスを要求します。Request a Public IP address that will be assigned to your virtual network VPN gateway.

$gwpip= New-AzureRmPublicIpAddress -Name VNet1GWPIP -ResourceGroupName TestRG1 -Location 'East US' -AllocationMethod Dynamic

4.ゲートウェイ IP アドレス指定の構成を作成する4. Create the gateway IP addressing configuration

ゲートウェイの構成で、使用するサブネットとパブリック IP アドレスを定義します。The gateway configuration defines the subnet and the public IP address to use. 次の例を使用して、ゲートウェイの構成を作成します。Use the following example to create your gateway configuration:

$vnet = Get-AzureRmVirtualNetwork -Name VNet1 -ResourceGroupName TestRG1
$subnet = Get-AzureRmVirtualNetworkSubnetConfig -Name 'GatewaySubnet' -VirtualNetwork $vnet
$gwipconfig = New-AzureRmVirtualNetworkGatewayIpConfig -Name gwipconfig1 -SubnetId $subnet.Id -PublicIpAddressId $gwpip.Id

5.VPN ゲートウェイを作成する5. Create the VPN gateway

仮想ネットワーク VPN ゲートウェイを作成します。Create the virtual network VPN gateway.

次の値を使用します。Use the following values:

  • サイト間構成の -GatewayTypeVpn です。The -GatewayType for a Site-to-Site configuration is Vpn. ゲートウェイの種類は常に、実装する構成に対応するものとなります。The gateway type is always specific to the configuration that you are implementing. たとえば、他のゲートウェイ構成では、-GatewayType に ExpressRoute を必要とする場合があります。For example, other gateway configurations may require -GatewayType ExpressRoute.
  • -VpnType には、RouteBased (ドキュメントによっては動的ゲートウェイと呼ばれます) または PolicyBased (ドキュメントによっては静的ゲートウェイと呼ばれます) を指定できます。The -VpnType can be RouteBased (referred to as a Dynamic Gateway in some documentation), or PolicyBased (referred to as a Static Gateway in some documentation). VPN ゲートウェイの種類については、「VPN Gateway について」を参照してください。For more information about VPN gateway types, see About VPN Gateway.
  • 使用するゲートウェイ SKU を選択します。Select the Gateway SKU that you want to use. 特定の SKU には構成の制限があります。There are configuration limitations for certain SKUs. 詳細については、「ゲートウェイの SKU」を参照してください。For more information, see Gateway SKUs. VPN ゲートウェイを作成するときに -GatewaySku に関するエラーが発生した場合は、PowerShell コマンドレットの最新バージョンがインストールされていることを確認してください。If you get an error when creating the VPN gateway regarding the -GatewaySku, verify that you have installed the latest version of the PowerShell cmdlets.
New-AzureRmVirtualNetworkGateway -Name VNet1GW -ResourceGroupName TestRG1 `
-Location 'East US' -IpConfigurations $gwipconfig -GatewayType Vpn `
-VpnType RouteBased -GatewaySku VpnGw1

このコマンドの実行後、ゲートウェイの構成が完了するまでには、最大で 45 分かかります。After running this command, it can take up to 45 minutes for the gateway configuration to complete.

6.VPN デバイスの構成6. Configure your VPN device

オンプレミス ネットワークとのサイト間接続には VPN デバイスが必要です。Site-to-Site connections to an on-premises network require a VPN device. この手順では、VPN デバイスを構成します。In this step, you configure your VPN device. VPN デバイスを構成する際に、次の情報が必要になります。When configuring your VPN device, you need the following:

  • 共有キー。A shared key. サイト間 VPN 接続を作成するときにも、これと同じ共有キーを指定します。This is the same shared key that you specify when creating your Site-to-Site VPN connection. ここで紹介している例では、基本的な共有キーを使用しています。In our examples, we use a basic shared key. 実際には、もっと複雑なキーを生成して使用することをお勧めします。We recommend that you generate a more complex key to use.
  • 仮想ネットワーク ゲートウェイのパブリック IP アドレス。The Public IP address of your virtual network gateway. パブリック IP アドレスは、Azure Portal、PowerShell、または CLI を使用して確認できます。You can view the public IP address by using the Azure portal, PowerShell, or CLI. PowerShell を使用して仮想ネットワーク ゲートウェイのパブリック IP アドレスを検索するには、次の例を使用します。To find the Public IP address of your virtual network gateway using PowerShell, use the following example:

    Get-AzureRmPublicIpAddress -Name GW1PublicIP -ResourceGroupName TestRG1
    

VPN デバイス構成スクリプトをダウンロードするにはTo download VPN device configuration scripts:

ご利用の VPN デバイスによっては、VPN デバイス構成スクリプトをダウンロードできる場合があります。Depending on the VPN device that you have, you may be able to download a VPN device configuration script. 詳細については、VPN デバイス構成スクリプトのダウンロードに関するページを参照してください。For more information, see Download VPN device configuration scripts.

その他の構成情報については、次のリンクを参照してくださいSee the following links for additional configuration information:

7.VPN 接続を作成する7. Create the VPN connection

次に、仮想ネットワーク ゲートウェイと VPN デバイスの間にサイト間 VPN 接続を作成します。Next, create the Site-to-Site VPN connection between your virtual network gateway and your VPN device. サンプルの値は必ず実際の値に変更してください。Be sure to replace the values with your own. 共有キーは、VPN デバイスの構成に使用したものと同じ値にする必要があります。The shared key must match the value you used for your VPN device configuration. サイト間接続の "-ConnectionType" は IPsec です。Notice that the '-ConnectionType' for Site-to-Site is IPsec.

  1. 変数を設定します。Set the variables.

    $gateway1 = Get-AzureRmVirtualNetworkGateway -Name VNet1GW -ResourceGroupName TestRG1
    $local = Get-AzureRmLocalNetworkGateway -Name Site1 -ResourceGroupName TestRG1
    
  2. 接続を作成します。Create the connection.

    New-AzureRmVirtualNetworkGatewayConnection -Name VNet1toSite1 -ResourceGroupName TestRG1 `
    -Location 'East US' -VirtualNetworkGateway1 $gateway1 -LocalNetworkGateway2 $local `
    -ConnectionType IPsec -RoutingWeight 10 -SharedKey 'abc123'
    

しばらくすると、接続が確立されます。After a short while, the connection will be established.

8.VPN 接続の確認8. Verify the VPN connection

VPN 接続を検証する方法はいくつかあります。There are a few different ways to verify your VPN connection.

"Get-AzureRmVirtualNetworkGatewayConnection" コマンドレットを使用して、接続が成功したことを確認できます。"-Debug" は指定しても指定しなくてもかまいません。You can verify that your connection succeeded by using the 'Get-AzureRmVirtualNetworkGatewayConnection' cmdlet, with or without '-Debug'.

  1. 次のコマンドレットを使用します。値は実際の値に置き換えてください。Use the following cmdlet example, configuring the values to match your own. プロンプトが表示されたら、"A" を選択して "すべて" (All) を実行します。If prompted, select 'A' in order to run 'All'. この例では、テストする接続の名前が "-Name" で示されています。In the example, '-Name' refers to the name of the connection that you want to test.

    Get-AzureRmVirtualNetworkGatewayConnection -Name VNet1toSite1 -ResourceGroupName TestRG1
    
  2. コマンドレットの実行後、値を確認します。After the cmdlet has finished, view the values. 以下の例では、接続状態は "Connected" と表示され、受信バイトと送信バイトを確認できます。In the example below, the connection status shows as 'Connected' and you can see ingress and egress bytes.

    "connectionStatus": "Connected",
    "ingressBytesTransferred": 33509044,
    "egressBytesTransferred": 4142431
    

仮想マシンに接続するにはTo connect to a virtual machine

リモート デスクトップ接続を作成すると、VNet にデプロイされている VM に接続できます。You can connect to a VM that is deployed to your VNet by creating a Remote Desktop Connection to your VM. VM に接続できるかどうかを初めて確認する際に最も良い方法は、その VM のコンピューター名ではなく、プライベート IP アドレスを使って接続してみることです。The best way to initially verify that you can connect to your VM is to connect by using its private IP address, rather than computer name. この方法であれば、名前の解決が適切に構成されているかではなく、VM に接続できるかどうかをテストすることができます。That way, you are testing to see if you can connect, not whether name resolution is configured properly.

  1. プライベート IP アドレスを特定します。Locate the private IP address. VM のプライベート IP アドレスは、複数の方法で見つけることができます。You can find the private IP address of a VM in multiple ways. 次に、Azure ポータルと PowerShell での手順を示します。Below, we show the steps for the Azure portal and for PowerShell.

    • Azure Portal を使用する場合: Azure Portal で仮想マシンを探します。Azure portal - Locate your virtual machine in the Azure portal. VM のプロパティを表示すると、View the properties for the VM. プライベート IP アドレスが表示されます。The private IP address is listed.

    • PowerShell を使用する場合: 以下の例に示したコマンドを使用すると、リソース グループに含まれる VM とプライベート IP アドレスの一覧が表示されます。PowerShell - Use the example to view a list of VMs and private IP addresses from your resource groups. このコマンドは、使用前に変更を加える必要はありません。You don't need to modify this example before using it.

      $VMs = Get-AzureRmVM
      $Nics = Get-AzureRmNetworkInterface | Where VirtualMachine -ne $null
      
      foreach($Nic in $Nics)
      {
       $VM = $VMs | Where-Object -Property Id -eq $Nic.VirtualMachine.Id
       $Prv = $Nic.IpConfigurations | Select-Object -ExpandProperty PrivateIpAddress
       $Alloc = $Nic.IpConfigurations | Select-Object -ExpandProperty PrivateIpAllocationMethod
       Write-Output "$($VM.Name): $Prv,$Alloc"
      }
      
  2. VPN 接続を使って VNet に接続していることを確認します。Verify that you are connected to your VNet using the VPN connection.

  3. タスク バーの検索ボックスに「RDP」または「リモート デスクトップ接続」と入力してリモート デスクトップ接続を開き、リモート デスクトップ接続を選択します。Open Remote Desktop Connection by typing "RDP" or "Remote Desktop Connection" in the search box on the taskbar, then select Remote Desktop Connection. このほか、PowerShell で "mstsc" コマンドを使ってリモート デスクトップ接続を開くこともできます。You can also open Remote Desktop Connection using the 'mstsc' command in PowerShell.
  4. リモート デスクトップ接続で、VM のプライベート IP アドレスを入力します。In Remote Desktop Connection, enter the private IP address of the VM. 必要に応じて [オプションの表示] をクリックして追加の設定を済ませたら、接続します。You can click "Show Options" to adjust additional settings, then connect.

VM に対する RDP 接続をトラブルシューティングするにはTo troubleshoot an RDP connection to a VM

VPN 接続を使って仮想マシンに接続する際に問題が発生した場合には、次のことを確認してください。If you are having trouble connecting to a virtual machine over your VPN connection, check the following:

  • VPN 接続が成功したことを確認します。Verify that your VPN connection is successful.
  • VM のプライベート IP アドレスに接続できていることを確認します。Verify that you are connecting to the private IP address for the VM.
  • プライベート IP アドレスを使って VM に接続できるものの、コンピューター名では接続できない場合には、DNS が正しく構成されているかどうかを確認します。If you can connect to the VM using the private IP address, but not the computer name, verify that you have configured DNS properly. VM の名前解決の動作について詳しくは、VM の名前解決に関するページを参照してください。For more information about how name resolution works for VMs, see Name Resolution for VMs.
  • 詳細については、VM に対するリモート デスクトップ接続のトラブルシューティングに関するページを参照してください。For more information about RDP connections, see Troubleshoot Remote Desktop connections to a VM.

ローカル ネットワーク ゲートウェイの IP アドレスのプレフィックスを変更するにはTo modify IP address prefixes for a local network gateway

オンプレミスの場所にルーティングする IP アドレス プレフィックスが変更された場合には、ローカル ネットワーク ゲートウェイを変更できます。If the IP address prefixes that you want routed to your on-premises location change, you can modify the local network gateway. 2 種類の手順があります。Two sets of instructions are provided. どちらの手順を選択するかは、既にゲートウェイ接続を作成しているかどうかによって異なります。The instructions you choose depend on whether you have already created your gateway connection.

ローカル ネットワーク ゲートウェイ IP アドレスのプレフィックスを変更するには (ゲートウェイに接続していない場合)To modify local network gateway IP address prefixes - no gateway connection

アドレス プレフィックスを追加するには:To add additional address prefixes:

$local = Get-AzureRmLocalNetworkGateway -Name Site1 -ResourceGroupName TestRG1 `
Set-AzureRmLocalNetworkGateway -LocalNetworkGateway $local `
-AddressPrefix @('10.101.0.0/24','10.101.1.0/24','10.101.2.0/24')

アドレス プレフィックスを削除するには:To remove address prefixes:
不要になったプレフィックスは削除します。Leave out the prefixes that you no longer need. この例では、プレフィックス 10.101.2.0/24 (前の例に含まれる) が不要になったため、ローカル ネットワーク ゲートウェイを更新してそのプレフィックスを削除します。In this example, we no longer need prefix 10.101.2.0/24 (from the previous example), so we update the local network gateway, excluding that prefix.

$local = Get-AzureRmLocalNetworkGateway -Name Site1 -ResourceGroupName TestRG1 `
Set-AzureRmLocalNetworkGateway -LocalNetworkGateway $local `
-AddressPrefix @('10.101.0.0/24','10.101.1.0/24')

ローカル ネットワーク ゲートウェイ IP アドレスのプレフィックスを変更するには (ゲートウェイに接続している場合)To modify local network gateway IP address prefixes - existing gateway connection

ゲートウェイ接続がある場合に、ローカル ネットワーク ゲートウェイに含まれている IP アドレスのプレフィックスを追加または削除するには、次の手順を順番に実行する必要があります。If you have a gateway connection and want to add or remove the IP address prefixes contained in your local network gateway, you need to do the following steps, in order. これに伴い、VPN 接続のためにある程度のダウンタイムが発生します。This results in some downtime for your VPN connection. IP アドレスのプレフィックスを変更するときに、VPN ゲートウェイを削除する必要はありません。When modifying IP address prefixes, you don't need to delete the VPN gateway. 削除が必要になるのは、接続のみです。You only need to remove the connection.

  1. 接続を削除します。Remove the connection.

    Remove-AzureRmVirtualNetworkGatewayConnection -Name VNet1toSite1 -ResourceGroupName TestRG1
    
  2. ローカル ネットワーク ゲートウェイ用のアドレス プレフィックスを変更します。Modify the address prefixes for your local network gateway.

    LocalNetworkGateway の変数を設定します。Set the variable for the LocalNetworkGateway.

    $local = Get-AzureRmLocalNetworkGateway -Name Site1 -ResourceGroupName TestRG1
    

    プレフィックスを変更します。Modify the prefixes.

    Set-AzureRmLocalNetworkGateway -LocalNetworkGateway $local `
    -AddressPrefix @('10.101.0.0/24','10.101.1.0/24')
    
  3. 接続を作成します。Create the connection. この例では、IPsec という接続の種類を構成します。In this example, we configure an IPsec connection type. 接続を作成し直すときは、実際の構成で指定した接続の種類を使用してください。When you recreate your connection, use the connection type that is specified for your configuration. その他の種類の接続については、 PowerShell コマンドレット のページを参照してください。For additional connection types, see the PowerShell cmdlet page.

    VirtualNetworkGateway の変数を設定します。Set the variable for the VirtualNetworkGateway.

    $gateway1 = Get-AzureRmVirtualNetworkGateway -Name VNet1GW  -ResourceGroupName TestRG1
    

    接続を作成します。Create the connection. この例では、手順 2. で設定した $local という変数を使用しています。This example uses the variable $local that you set in step 2.

    New-AzureRmVirtualNetworkGatewayConnection -Name VNet1toSite1 `
    -ResourceGroupName TestRG1 -Location 'East US' `
    -VirtualNetworkGateway1 $gateway1 -LocalNetworkGateway2 $local `
    -ConnectionType IPsec `
    -RoutingWeight 10 -SharedKey 'abc123'
    

ローカル ネットワーク ゲートウェイの IP アドレスを変更するにはTo modify the gateway IP address for a local network gateway

ローカル ネットワーク ゲートウェイの "GatewayIpAddress" を変更するには (ゲートウェイに接続していない場合)To modify the local network gateway 'GatewayIpAddress' - no gateway connection

接続先の VPN デバイスのパブリック IP アドレスが変更された場合には、ローカル ネットワーク ゲートウェイを変更してアドレスの変更を反映する必要があります。If the VPN device that you want to connect to has changed its public IP address, you need to modify the local network gateway to reflect that change. ゲートウェイに接続していないローカル ネットワーク ゲートウェイに変更を加える場合には、以下の例を使用してください。Use the example to modify a local network gateway that does not have a gateway connection.

この値を変更するときには、同時にアドレス プレフィックスを変更することもできます。When modifying this value, you can also modify the address prefixes at the same time. 現在の設定を上書きするときは、必ずローカル ネットワーク ゲートウェイの既存の名前を使用してください。Be sure to use the existing name of your local network gateway in order to overwrite the current settings. 別の名前を使用した場合には、既存のゲートウェイが上書きされずに、新しいローカル ネットワーク ゲートウェイが作成されます。If you use a different name, you create a new local network gateway, instead of overwriting the existing one.

New-AzureRmLocalNetworkGateway -Name Site1 `
-Location "East US" -AddressPrefix @('10.101.0.0/24','10.101.1.0/24') `
-GatewayIpAddress "5.4.3.2" -ResourceGroupName TestRG1

ローカル ネットワーク ゲートウェイの "GatewayIpAddress" を変更するには (ゲートウェイに接続している場合)To modify the local network gateway 'GatewayIpAddress' - existing gateway connection

接続先の VPN デバイスのパブリック IP アドレスが変更された場合には、ローカル ネットワーク ゲートウェイを変更してアドレスの変更を反映する必要があります。If the VPN device that you want to connect to has changed its public IP address, you need to modify the local network gateway to reflect that change. 既にゲートウェイ接続が存在する場合はまず、その接続を削除する必要があります。If a gateway connection already exists, you first need to remove the connection. 接続を削除したら、ゲートウェイ IP アドレスを変更し、新しい接続を作成し直します。After the connection is removed, you can modify the gateway IP address and recreate a new connection. 同時にアドレス プレフィックスを変更することもできます。You can also modify the address prefixes at the same time. これに伴い、VPN 接続のためにある程度のダウンタイムが発生します。This results in some downtime for your VPN connection. ゲートウェイの IP アドレスを変更するときに、VPN ゲートウェイを削除する必要はありません。When modifying the gateway IP address, you don't need to delete the VPN gateway. 削除が必要になるのは、接続のみです。You only need to remove the connection.

  1. 接続を削除します。Remove the connection. "Get-AzureRmVirtualNetworkGatewayConnection" コマンドレットを使用して、接続の名前を調べることができます。You can find the name of your connection by using the 'Get-AzureRmVirtualNetworkGatewayConnection' cmdlet.

    Remove-AzureRmVirtualNetworkGatewayConnection -Name VNet1toSite1 `
    -ResourceGroupName TestRG1
    
  2. "GatewayIpAddress" の値を変更します。Modify the 'GatewayIpAddress' value. 同時にアドレス プレフィックスを変更することもできます。You can also modify the address prefixes at the same time. 必ず、ローカル ネットワーク ゲートウェイの既存の名前を使用して、現在の設定を上書きしてください。Be sure to use the existing name of your local network gateway to overwrite the current settings. そうしないと、既存のゲートウェイが上書きされずに、新しいローカル ネットワーク ゲートウェイが作成されます。If you don't, you create a new local network gateway, instead of overwriting the existing one.

    New-AzureRmLocalNetworkGateway -Name Site1 `
    -Location "East US" -AddressPrefix @('10.101.0.0/24','10.101.1.0/24') `
    -GatewayIpAddress "104.40.81.124" -ResourceGroupName TestRG1
    
  3. 接続を作成します。Create the connection. この例では、IPsec という接続の種類を構成します。In this example, we configure an IPsec connection type. 接続を作成し直すときは、実際の構成で指定した接続の種類を使用してください。When you recreate your connection, use the connection type that is specified for your configuration. その他の種類の接続については、 PowerShell コマンドレット のページを参照してください。For additional connection types, see the PowerShell cmdlet page. VirtualNetworkGateway の名前は、"Get-AzureRmVirtualNetworkGateway" コマンドレットを実行して取得できます。To obtain the VirtualNetworkGateway name, you can run the 'Get-AzureRmVirtualNetworkGateway' cmdlet.

    変数を設定します。Set the variables.

    $local = Get-AzureRMLocalNetworkGateway -Name Site1 -ResourceGroupName TestRG1 `
    $vnetgw = Get-AzureRmVirtualNetworkGateway -Name VNet1GW -ResourceGroupName TestRG1
    

    接続を作成します。Create the connection.

    New-AzureRmVirtualNetworkGatewayConnection -Name VNet1Site1 -ResourceGroupName TestRG1 `
    -Location "East US" `
    -VirtualNetworkGateway1 $vnetgw `
    -LocalNetworkGateway2 $local `
    -ConnectionType IPsec -RoutingWeight 10 -SharedKey 'abc123'
    

次の手順Next steps