PowerShell を使用して仮想ネットワーク ゲートウェイを削除するDelete a virtual network gateway using PowerShell

VPN ゲートウェイ構成の仮想ネットワーク ゲートウェイを削除する際に利用できる方法はいくつかあります。There are a couple of different approaches you can take when you want to delete a virtual network gateway for a VPN gateway configuration.

  • テスト環境の場合のように、すべてを削除してやり直す場合は、リソース グループを削除することができます。If you want to delete everything and start over, as in the case of a test environment, you can delete the resource group. リソース グループを削除すると、グループ内のすべてのリソースが削除されます。When you delete a resource group, it deletes all the resources within the group. この方法は、リソース グループ内のどのリソースも保持する必要がない場合にのみお勧めします。This is method is only recommended if you don't want to keep any of the resources in the resource group. この方法を使用して一部のリソースだけを選択して削除することはできません。You can't selectively delete only a few resources using this approach.

  • リソース グループ内の一部のリソースを保持する必要がある場合は、仮想ネットワーク ゲートウェイの削除が少し複雑になります。If you want to keep some of the resources in your resource group, deleting a virtual network gateway becomes slightly more complicated. 仮想ネットワーク ゲートウェイを削除する前に、まず、そのゲートウェイに依存しているリソースをすべて削除する必要があります。Before you can delete the virtual network gateway, you must first delete any resources that are dependent on the gateway. 従う手順は、作成した接続の種類と、各接続に依存するリソースによって異なります。The steps you follow depend on the type of connections that you created and the dependent resources for each connection.

作業を開始する前にBefore beginning

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. AzureRM モジュールはまだ使用でき、少なくとも 2020 年 12 月までは引き続きバグ修正が行われます。You can still use the AzureRM module, which will continue to receive bug fixes until at least December 2020. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールのインストール手順については、Azure PowerShell のインストールを参照してください。For Az module installation instructions, see Install Azure PowerShell.

1.最新の Azure Resource Manager PowerShell コマンドレットをダウンロードします。1. Download the latest Azure Resource Manager PowerShell cmdlets.

Azure Resource Manager PowerShell コマンドレットの最新版をダウンロードしてインストールします。Download and install the latest version of the Azure Resource Manager PowerShell cmdlets. PowerShell コマンドレットのダウンロードとインストールの詳細については、Azure PowerShell のインストールと構成の方法に関するページを参照してください。For more information about downloading and installing PowerShell cmdlets, see How to install and configure Azure PowerShell.

2.Azure アカウントに接続します。2. Connect to your Azure account.

PowerShell コンソールを開き、アカウントに接続します。Open your PowerShell console and connect to your account. 接続については、次の例を参考にしてください。Use the following example to help you connect:

Connect-AzAccount

アカウントのサブスクリプションを確認します。Check the subscriptions for the account.

Get-AzSubscription

複数のサブスクリプションがある場合は、使用するサブスクリプションを指定します。If you have more than one subscription, specify the subscription that you want to use.

Select-AzSubscription -SubscriptionName "Replace_with_your_subscription_name"

サイト間 VPN ゲートウェイを削除するDelete a Site-to-Site VPN gateway

S2S 構成の仮想ネットワーク ゲートウェイを削除するには、まず、仮想ネットワーク ゲートウェイに関連する各リソースを削除する必要があります。To delete a virtual network gateway for a S2S configuration, you must first delete each resource that pertains to the virtual network gateway. リソースは、依存関係に応じた特定の順序で削除する必要があります。Resources must be deleted in a certain order due to dependencies. 以下の例を使用する場合、一部の値は指定する必要がありますが、その他の値は出力結果です。When working with the examples below, some of the values must be specified, while other values are an output result. デモンストレーション用に、この例では次の特定の値を使用します。We use the following specific values in the examples for demonstration purposes:

VNet 名:VNet1VNet name: VNet1
リソース グループ名:RG1Resource Group name: RG1
仮想ネットワーク ゲートウェイ名:GW1Virtual network gateway name: GW1

次の手順は、Resource Manager デプロイ モデルに該当します。The following steps apply to the Resource Manager deployment model.

1.削除する仮想ネットワーク ゲートウェイを取得します。1. Get the virtual network gateway that you want to delete.

$GW=get-Azvirtualnetworkgateway -Name "GW1" -ResourceGroupName "RG1"

2.仮想ネットワーク ゲートウェイに接続があるかどうかを確認します。2. Check to see if the virtual network gateway has any connections.

get-Azvirtualnetworkgatewayconnection -ResourceGroupName "RG1" | where-object {$_.VirtualNetworkGateway1.Id -eq $GW.Id}
$Conns=get-Azvirtualnetworkgatewayconnection -ResourceGroupName "RG1" | where-object {$_.VirtualNetworkGateway1.Id -eq $GW.Id}

手順 3.すべての接続を削除します。3. Delete all connections.

各接続の削除の確認を求めるメッセージが表示される場合があります。You may be prompted to confirm the deletion of each of the connections.

$Conns | ForEach-Object {Remove-AzVirtualNetworkGatewayConnection -Name $_.name -ResourceGroupName $_.ResourceGroupName}

4.仮想ネットワーク ゲートウェイを削除します。4. Delete the virtual network gateway.

ゲートウェイの削除の確認を求めるメッセージが表示される場合があります。You may be prompted to confirm the deletion of the gateway. S2S 構成に加えてこの VNet に対する P2S 構成がある場合は、仮想ネットワーク ゲートウェイを削除すると、警告なしにすべての P2S クライアントが自動的に切断されます。If you have a P2S configuration to this VNet in addition to your S2S configuration, deleting the virtual network gateway will automatically disconnect all P2S clients without warning.

Remove-AzVirtualNetworkGateway -Name "GW1" -ResourceGroupName "RG1"

この時点で、仮想ネットワーク ゲートウェイは削除されています。At this point, your virtual network gateway has been deleted. 次の手順を使用して、使用されなくなったリソースを削除できます。You can use the next steps to delete any resources that are no longer being used.

5. ローカル ネットワーク ゲートウェイを削除します。5 Delete the local network gateways.

対応するローカル ネットワーク ゲートウェイの一覧を取得します。Get the list of the corresponding local network gateways.

$LNG=Get-AzLocalNetworkGateway -ResourceGroupName "RG1" | where-object {$_.Id -In $Conns.LocalNetworkGateway2.Id}

ローカル ネットワーク ゲートウェイを削除します。Delete the local network gateways. 各ローカル ネットワーク ゲートウェイの削除の確認を求めるメッセージが表示される場合があります。You may be prompted to confirm the deletion of each of the local network gateway.

$LNG | ForEach-Object {Remove-AzLocalNetworkGateway -Name $_.Name -ResourceGroupName $_.ResourceGroupName}

6.パブリック IP アドレス リソースを削除します。6. Delete the Public IP address resources.

仮想ネットワーク ゲートウェイの IP 構成を取得します。Get the IP configurations of the virtual network gateway.

$GWIpConfigs = $Gateway.IpConfigurations

この仮想ネットワーク ゲートウェイに使用されるパブリック IP アドレス リソースの一覧を取得します。Get the list of Public IP address resources used for this virtual network gateway. 仮想ネットワーク ゲートウェイがアクティブ/アクティブであった場合は、2 つのパブリック IP アドレスが表示されます。If the virtual network gateway was active-active, you will see two Public IP addresses.

$PubIP=Get-AzPublicIpAddress | where-object {$_.Id -In $GWIpConfigs.PublicIpAddress.Id}

パブリック IP リソースを削除します。Delete the Public IP resources.

$PubIP | foreach-object {remove-AzpublicIpAddress -Name $_.Name -ResourceGroupName "RG1"}

7.ゲートウェイ サブネットを削除し、構成を設定します。7. Delete the gateway subnet and set the configuration.

$GWSub = Get-AzVirtualNetwork -ResourceGroupName "RG1" -Name "VNet1" | Remove-AzVirtualNetworkSubnetConfig -Name "GatewaySubnet"
Set-AzVirtualNetwork -VirtualNetwork $GWSub

VNet 間 VPN ゲートウェイを削除するDelete a VNet-to-VNet VPN gateway

V2V 構成の仮想ネットワーク ゲートウェイを削除するには、まず、仮想ネットワーク ゲートウェイに関連する各リソースを削除する必要があります。To delete a virtual network gateway for a V2V configuration, you must first delete each resource that pertains to the virtual network gateway. リソースは、依存関係に応じた特定の順序で削除する必要があります。Resources must be deleted in a certain order due to dependencies. 以下の例を使用する場合、一部の値は指定する必要がありますが、その他の値は出力結果です。When working with the examples below, some of the values must be specified, while other values are an output result. デモンストレーション用に、この例では次の特定の値を使用します。We use the following specific values in the examples for demonstration purposes:

VNet 名:VNet1VNet name: VNet1
リソース グループ名:RG1Resource Group name: RG1
仮想ネットワーク ゲートウェイ名:GW1Virtual network gateway name: GW1

次の手順は、Resource Manager デプロイ モデルに該当します。The following steps apply to the Resource Manager deployment model.

1.削除する仮想ネットワーク ゲートウェイを取得します。1. Get the virtual network gateway that you want to delete.

$GW=get-Azvirtualnetworkgateway -Name "GW1" -ResourceGroupName "RG1"

2.仮想ネットワーク ゲートウェイに接続があるかどうかを確認します。2. Check to see if the virtual network gateway has any connections.

get-Azvirtualnetworkgatewayconnection -ResourceGroupName "RG1" | where-object {$_.VirtualNetworkGateway1.Id -eq $GW.Id}

別のリソース グループに含まれている、仮想ネットワーク ゲートウェイへの他の接続が存在する可能性があります。There may be other connections to the virtual network gateway that are part of a different resource group. 追加の各リソース グループで、追加の接続を確認します。Check for additional connections in each additional resource group. この例では、RG2 からの接続を確認しています。In this example, we are checking for connections from RG2. 仮想ネットワーク ゲートウェイへの接続が存在する可能性があるリソース グループごとに、これを実行します。Run this for each resource group that you have which may have a connection to the virtual network gateway.

get-Azvirtualnetworkgatewayconnection -ResourceGroupName "RG2" | where-object {$_.VirtualNetworkGateway2.Id -eq $GW.Id}

手順 3.双方向の接続の一覧を取得します。3. Get the list of connections in both directions.

これは VNet 間の構成であるため、双方向の接続の一覧が必要です。Because this is a VNet-to-VNet configuration, you need the list of connections in both directions.

$ConnsL=get-Azvirtualnetworkgatewayconnection -ResourceGroupName "RG1" | where-object {$_.VirtualNetworkGateway1.Id -eq $GW.Id}

この例では、RG2 からの接続を確認しています。In this example, we are checking for connections from RG2. 仮想ネットワーク ゲートウェイへの接続が存在する可能性があるリソース グループごとに、これを実行します。Run this for each resource group that you have which may have a connection to the virtual network gateway.

 $ConnsR=get-Azvirtualnetworkgatewayconnection -ResourceGroupName "<NameOfResourceGroup2>" | where-object {$_.VirtualNetworkGateway2.Id -eq $GW.Id}

4.すべての接続を削除します。4. Delete all connections.

各接続の削除の確認を求めるメッセージが表示される場合があります。You may be prompted to confirm the deletion of each of the connections.

$ConnsL | ForEach-Object {Remove-AzVirtualNetworkGatewayConnection -Name $_.name -ResourceGroupName $_.ResourceGroupName}
$ConnsR | ForEach-Object {Remove-AzVirtualNetworkGatewayConnection -Name $_.name -ResourceGroupName $_.ResourceGroupName}

5.仮想ネットワーク ゲートウェイを削除します。5. Delete the virtual network gateway.

仮想ネットワーク ゲートウェイの削除の確認を求めるメッセージが表示される場合があります。You may be prompted to confirm the deletion of the virtual network gateway. V2V 構成に加えて VNet に対する P2S 構成がある場合は、仮想ネットワーク ゲートウェイを削除すると、警告なしにすべての P2S クライアントが自動的に切断されます。If you have P2S configurations to your VNets in addition to your V2V configuration, deleting the virtual network gateways will automatically disconnect all P2S clients without warning.

Remove-AzVirtualNetworkGateway -Name "GW1" -ResourceGroupName "RG1"

この時点で、仮想ネットワーク ゲートウェイは削除されています。At this point, your virtual network gateway has been deleted. 次の手順を使用して、使用されなくなったリソースを削除できます。You can use the next steps to delete any resources that are no longer being used.

6.パブリック IP アドレス リソースを削除します。6. Delete the Public IP address resources

仮想ネットワーク ゲートウェイの IP 構成を取得します。Get the IP configurations of the virtual network gateway.

$GWIpConfigs = $Gateway.IpConfigurations

この仮想ネットワーク ゲートウェイに使用されるパブリック IP アドレス リソースの一覧を取得します。Get the list of Public IP address resources used for this virtual network gateway. 仮想ネットワーク ゲートウェイがアクティブ/アクティブであった場合は、2 つのパブリック IP アドレスが表示されます。If the virtual network gateway was active-active, you will see two Public IP addresses.

$PubIP=Get-AzPublicIpAddress | where-object {$_.Id -In $GWIpConfigs.PublicIpAddress.Id}

パブリック IP リソースを削除します。Delete the Public IP resources. パブリック IP の削除の確認を求めるメッセージが表示される場合があります。You may be prompted to confirm the deletion of the Public IP.

$PubIP | foreach-object {remove-AzpublicIpAddress -Name $_.Name -ResourceGroupName "<NameOfResourceGroup1>"}

7.ゲートウェイ サブネットを削除し、構成を設定します。7. Delete the gateway subnet and set the configuration.

$GWSub = Get-AzVirtualNetwork -ResourceGroupName "RG1" -Name "VNet1" | Remove-AzVirtualNetworkSubnetConfig -Name "GatewaySubnet"
Set-AzVirtualNetwork -VirtualNetwork $GWSub

ポイント対サイト VPN ゲートウェイを削除するDelete a Point-to-Site VPN gateway

P2S 構成の仮想ネットワーク ゲートウェイを削除するには、まず、仮想ネットワーク ゲートウェイに関連する各リソースを削除する必要があります。To delete a virtual network gateway for a P2S configuration, you must first delete each resource that pertains to the virtual network gateway. リソースは、依存関係に応じた特定の順序で削除する必要があります。Resources must be deleted in a certain order due to dependencies. 以下の例を使用する場合、一部の値は指定する必要がありますが、その他の値は出力結果です。When working with the examples below, some of the values must be specified, while other values are an output result. デモンストレーション用に、この例では次の特定の値を使用します。We use the following specific values in the examples for demonstration purposes:

VNet 名:VNet1VNet name: VNet1
リソース グループ名:RG1Resource Group name: RG1
仮想ネットワーク ゲートウェイ名:GW1Virtual network gateway name: GW1

次の手順は、Resource Manager デプロイ モデルに該当します。The following steps apply to the Resource Manager deployment model.

注意

VPN ゲートウェイを削除すると、接続しているすべてのクライアントが VNet から警告なしで切断されます。When you delete the VPN gateway, all connected clients will be disconnected from the VNet without warning.

1.削除する仮想ネットワーク ゲートウェイを取得します。1. Get the virtual network gateway that you want to delete.

$GW=get-Azvirtualnetworkgateway -Name "GW1" -ResourceGroupName "RG1"

2.仮想ネットワーク ゲートウェイを削除します。2. Delete the virtual network gateway.

仮想ネットワーク ゲートウェイの削除の確認を求めるメッセージが表示される場合があります。You may be prompted to confirm the deletion of the virtual network gateway.

Remove-AzVirtualNetworkGateway -Name "GW1" -ResourceGroupName "RG1"

この時点で、仮想ネットワーク ゲートウェイは削除されています。At this point, your virtual network gateway has been deleted. 次の手順を使用して、使用されなくなったリソースを削除できます。You can use the next steps to delete any resources that are no longer being used.

手順 3.パブリック IP アドレス リソースを削除します。3. Delete the Public IP address resources

仮想ネットワーク ゲートウェイの IP 構成を取得します。Get the IP configurations of the virtual network gateway.

$GWIpConfigs = $Gateway.IpConfigurations

この仮想ネットワーク ゲートウェイに使用されるパブリック IP アドレスの一覧を取得します。Get the list of Public IP addresses used for this virtual network gateway. 仮想ネットワーク ゲートウェイがアクティブ/アクティブであった場合は、2 つのパブリック IP アドレスが表示されます。If the virtual network gateway was active-active, you will see two Public IP addresses.

$PubIP=Get-AzPublicIpAddress | where-object {$_.Id -In $GWIpConfigs.PublicIpAddress.Id}

パブリック IP を削除します。Delete the Public IPs. パブリック IP の削除の確認を求めるメッセージが表示される場合があります。You may be prompted to confirm the deletion of the Public IP.

$PubIP | foreach-object {remove-AzpublicIpAddress -Name $_.Name -ResourceGroupName "<NameOfResourceGroup1>"}

4.ゲートウェイ サブネットを削除し、構成を設定します。4. Delete the gateway subnet and set the configuration.

$GWSub = Get-AzVirtualNetwork -ResourceGroupName "RG1" -Name "VNet1" | Remove-AzVirtualNetworkSubnetConfig -Name "GatewaySubnet"
Set-AzVirtualNetwork -VirtualNetwork $GWSub

リソース グループを削除して VPN ゲートウェイを削除するDelete a VPN gateway by deleting the resource group

リソース グループにどのリソースも保持する必要がなく、単に最初からやり直したい場合は、リソース グループ全体を削除できます。If you are not concerned about keeping any of your resources in the resource group and you just want to start over, you can delete an entire resource group. すべてを削除するには、これが簡単な方法です。This is a quick way to remove everything. 次の手順は、Resource Manager デプロイ モデルに該当します。The following steps apply only to the Resource Manager deployment model.

1.サブスクリプションのすべてのリソース グループの一覧を取得します。1. Get a list of all the resource groups in your subscription.

Get-AzResourceGroup

2.削除するリソース グループを探します。2. Locate the resource group that you want to delete.

削除するリソース グループを見つけ、そのリソース グループ内のリソースの一覧を表示します。Locate the resource group that you want to delete and view the list of resources in that resource group. この例では、リソース グループの名前は RG1 です。In the example, the name of the resource group is RG1. すべてのリソースの一覧を取得するように、例を変更します。Modify the example to retrieve a list of all the resources.

Find-AzResource -ResourceGroupNameContains RG1

手順 3.一覧のリソースを確認します。3. Verify the resources in the list.

一覧が返されたら、内容を調べて、リソース グループ内のすべてのリソースのほか、リソース グループ自体も削除してよいことを確認します。When the list is returned, review it to verify that you want to delete all the resources in the resource group, as well as the resource group itself. リソース グループ内の一部のリソースを保持する場合は、この記事の前のセクションに記載した手順を使用して、ゲートウェイを削除します。If you want to keep some of the resources in the resource group, use the steps in the earlier sections of this article to delete your gateway.

4.リソース グループとリソースを削除します。4. Delete the resource group and resources.

リソース グループと、リソース グループに含まれているすべてのリソースを削除するには、例を変更して実行します。To delete the resource group and all the resource contained in the resource group, modify the example and run.

Remove-AzResourceGroup -Name RG1

5.状態を確認します。5. Check the status.

Azure によってすべてのリソースが削除されるまで、しばらく時間がかかります。It takes some time for Azure to delete all the resources. リソース グループの状態を確認するには、このコマンドレットを使用します。You can check the status of your resource group by using this cmdlet.

Get-AzResourceGroup -ResourceGroupName RG1

結果が返され、"Succeeded" と表示されます。The result that is returned shows 'Succeeded'.

ResourceGroupName : RG1
Location          : eastus
ProvisioningState : Succeeded