Azure ポータルを使用して VNet 間 VPN ゲートウェイ接続を構成するConfigure a VNet-to-VNet VPN gateway connection by using the Azure portal

この記事は、VNet 間という接続の種類を使用して、仮想ネットワーク (VNets) を接続する際に役立ちます。This article helps you connect virtual networks (VNets) by using the VNet-to-VNet connection type. 仮想ネットワークが属しているリージョンやサブスクリプションは異なっていてもかまいません。Virtual networks can be in different regions and from different subscriptions. 異なるサブスクリプションの VNet を接続する場合、サブスクリプションが同じ Active Directory テナントに関連付けられている必要はありません。When you connect VNets from different subscriptions, the subscriptions don't need to be associated with the same Active Directory tenant.

v2v diagram

この記事の手順は、Azure Resource Manager デプロイ モデルに適用されます。また、この手順では Azure ポータルを使用します。The steps in this article apply to the Azure Resource Manager deployment model and use the Azure portal. 以下の記事で説明されているオプションを使用して、別のデプロイ ツールやモデルでこの構成を作成することができます。You can create this configuration with a different deployment tool or model by using options that are described in the following articles:

VNet の接続についてAbout connecting VNets

以下のセクションでは、仮想ネットワークを接続するさまざまな方法について説明します。The following sections describe the different ways to connect virtual networks.

VNet 間VNet-to-VNet

VNet 間接続の構成は、VNet を接続するためのシンプルな方法です。Configuring a VNet-to-VNet connection is a simple way to connect VNets. VNet 間接続 (VNet2VNet) の種類を使用して仮想ネットワークどうしを接続する場合、それはオンプレミスの場所へのサイト間 IPsec 接続を作成することに似ています。When you connect a virtual network to another virtual network with a VNet-to-VNet connection type (VNet2VNet), it's similar to creating a Site-to-Site IPsec connection to an on-premises location. どちらの接続の種類でも、VPN ゲートウェイを使用して IPsec/IKE を使った安全なトンネルが提供され、通信時には同じように機能します。Both connection types use a VPN gateway to provide a secure tunnel with IPsec/IKE and function the same way when communicating. しかし、ローカル ネットワーク ゲートウェイの構成方法は異なります。However, they differ in the way the local network gateway is configured.

VNet 間接続を作成するときに、ローカル ネットワーク ゲートウェイのアドレス空間は自動的に作成され、設定されます。When you create a VNet-to-VNet connection, the local network gateway address space is automatically created and populated. 一方の VNet のアドレス空間を更新すると、更新されたアドレス空間へのルーティングがもう一方の VNet で自動的に行われます。If you update the address space for one VNet, the other VNet automatically routes to the updated address space. VNet 間接続の作成は、通常、サイト間接続の場合よりも高速で簡単です。It's typically faster and easier to create a VNet-to-VNet connection than a Site-to-Site connection.

サイト間 (IPsec)Site-to-Site (IPsec)

複雑なネットワーク構成で作業している場合は、代わりにサイト間接続を使用して VNet を接続する方がよい場合もあります。If you're working with a complicated network configuration, you may prefer to connect your VNets by using a Site-to-Site connection instead. サイト間 IPsec の手順に従う場合は、ローカル ネットワーク ゲートウェイを手動で作成して構成します。When you follow the Site-to-Site IPsec steps, you create and configure the local network gateways manually. 各 VNet のローカル ネットワーク ゲートウェイは、他方の VNet をローカル サイトとして扱います。The local network gateway for each VNet treats the other VNet as a local site. これらの手順では、トラフィックをルーティングするための追加のアドレス空間をローカル ネットワーク ゲートウェイに指定することができます。These steps allow you to specify additional address spaces for the local network gateway to route traffic. VNet のアドレス空間が変更されたら、対応するローカル ネットワーク ゲートウェイを手動で更新する必要があります。If the address space for a VNet changes, you must manually update the corresponding local network gateway.

VNET ピアリングVNet peering

VNet ピアリングを使用して VNet を接続することもできます。You can also connect your VNets by using VNet peering. VNet ピアリングは VPN ゲートウェイを使用せず、さまざまな制約があります。VNet peering doesn't use a VPN gateway and has different constraints. さらに、VNET ピアリングの料金は、VNet 間 VPN Gateway の料金と計算方法が異なります。Additionally, VNet peering pricing is calculated differently than VNet-to-VNet VPN Gateway pricing. 詳細については、「 VNet ピアリング」を参照してください。For more information, see VNet peering.

VNet 間接続を作成する理由Why create a VNet-to-VNet connection?

VNet 間接続を使用する仮想ネットワークの接続が望ましいのは、次のような場合です。You may want to connect virtual networks by using a VNet-to-VNet connection for the following reasons:

リージョン間の geo 冗長性および geo プレゼンスCross region geo-redundancy and geo-presence

  • インターネット接続エンドポイントを介さず、安全な接続を使って独自の geo レプリケーションや同期を設定することができます。You can set up your own geo-replication or synchronization with secure connectivity without going over internet-facing endpoints.
  • Azure Traffic Manager および Azure Load Balancer を使用し、複数の Azure リージョンをまたぐ geo 冗長性を備えた、可用性に優れたワークロードを設定することができます。With Azure Traffic Manager and Azure Load Balancer, you can set up highly available workload with geo-redundancy across multiple Azure regions. たとえば、複数の Azure リージョン間で SQL Server Always On 可用性グループを設定できます。For example, you can set up SQL Server Always On availability groups across multiple Azure regions.

特定のリージョン内で分離または管理境界を備えた多層アプリケーションRegional multi-tier applications with isolation or administrative boundaries

  • 同じリージョン内で、分離または管理要件に基づいて相互に接続された複数の仮想ネットワークを利用し、多層アプリケーションを設定することができます。Within the same region, you can set up multi-tier applications with multiple virtual networks that are connected together because of isolation or administrative requirements.

マルチサイト構成と VNet 間通信を組み合わせることができます。VNet-to-VNet communication can be combined with multi-site configurations. これらの構成では、クロスプレミス接続と仮想ネットワーク間接続を組み合わせたネットワーク トポロジを確立することができます (下図参照)。These configurations lets you establish network topologies that combine cross-premises connectivity with inter-virtual network connectivity, as shown in the following diagram:

接続についてAbout connections

この記事では、VNet 間という接続の種類を使用して、VNet を接続する方法を示します。This article shows you how to connect VNets by using the VNet-to-VNet connection type. 演習として以下の手順に従う場合は、次の例の設定値を使用できます。When you follow these steps as an exercise, you can use the following example settings values. この例では、仮想ネットワークは同じサブスクリプション内にありながら、異なるリソース グループに含まれます。In the example, the virtual networks are in the same subscription, but in different resource groups. 対象となる VNet がそれぞれ異なるサブスクリプションに存在する場合、ポータルで接続を作成することはできません。If your VNets are in different subscriptions, you can't create the connection in the portal. 代わりに、PowerShell または CLI を使用します。Use PowerShell or CLI instead. VNet 間接続の詳細については、「VNet 間接続に関してよく寄せられる質問」を参照してください。For more information about VNet-to-VNet connections, see VNet-to-VNet FAQ.

設定例Example settings

TestVNet1 の値:Values for TestVNet1:

  • 仮想ネットワークの設定Virtual network settings

    • 名前:「TestVNet1」と入力します。Name: Enter TestVNet1.
    • アドレス空間:「10.11.0.0/16」と入力します。Address space: Enter 10.11.0.0/16.
    • サブスクリプション:使用するサブスクリプションを選択します。Subscription: Select the subscription you want to use.
    • リソース グループ:「TestRG1」と入力します。Resource group: Enter TestRG1.
    • 場所: [米国東部] を選択します。Location: Select East US.
    • サブネットSubnet
      • 名前:「FrontEnd」と入力します。Name: Enter FrontEnd.
      • アドレス範囲:「10.11.0.0/24」と入力します。Address range: Enter 10.11.0.0/24.
    • ゲートウェイ サブネット:Gateway subnet:
      • 名前:GatewaySubnet が自動入力されます。Name: GatewaySubnet is autofilled.
      • アドレス範囲:「10.11.255.0/27」と入力します。Address range: Enter 10.11.255.0/27.
    • DNS サーバー: [カスタム] を選択し、ご利用の DNS サーバーの IP アドレスを入力します。DNS server: Select Custom and enter the IP address of your DNS server.
  • 仮想ネットワーク ゲートウェイの設定Virtual network gateway settings

    • 名前:「TestVNet1GW」と入力します。Name: Enter TestVNet1GW.
    • ゲートウェイの種類: [VPN] を選択します。Gateway type: Select VPN.
    • VPN の種類: [ルート ベース] を選択します。VPN type: Select Route-based.
    • SKU:使用するゲートウェイの SKU を選択します。SKU: Select the gateway SKU you want to use.
    • パブリック IP アドレス名:「TestVNet1GWIP」と入力しますPublic IP address name: Enter TestVNet1GWIP
    • ConnectionConnection
      • 名前:「TestVNet1toTestVNet4」と入力します。Name: Enter TestVNet1toTestVNet4.
      • 共有キー:「abc123」と入力します。Shared key: Enter abc123. 独自の共有キーを作成できます。You can create the shared key yourself. VNet 間の接続を作成する際に、値が一致する必要があります。When you create the connection between the VNets, the values must match.

TestVNet4 の値:Values for TestVNet4:

  • 仮想ネットワークの設定Virtual network settings

    • 名前:「TestVNet4」と入力します。Name: Enter TestVNet4.
    • アドレス空間:「10.41.0.0/16」と入力します。Address space: Enter 10.41.0.0/16.
    • サブスクリプション:使用するサブスクリプションを選択します。Subscription: Select the subscription you want to use.
    • リソース グループ:「TestRG4」と入力します。Resource group: Enter TestRG4.
    • 場所: [米国西部] を選択します。Location: Select West US.
    • サブネットSubnet
      • 名前:「FrontEnd」と入力します。Name: Enter FrontEnd.
      • アドレス範囲:「10.41.0.0/24」と入力します。Address range: Enter 10.41.0.0/24.
    • GatewaySubnetGatewaySubnet
      • 名前:GatewaySubnet が自動入力されます。Name: GatewaySubnet is autofilled.
      • アドレス範囲:「10.41.255.0/27」と入力します。Address range: Enter 10.41.255.0/27.
    • DNS サーバー: [カスタム] を選択し、ご利用の DNS サーバーの IP アドレスを入力します。DNS server: Select Custom and enter the IP address of your DNS server.
  • 仮想ネットワーク ゲートウェイの設定Virtual network gateway settings

    • 名前:「TestVNet4GW」と入力します。Name: Enter TestVNet4GW.
    • ゲートウェイの種類: [VPN] を選択します。Gateway type: Select VPN.
    • VPN の種類: [ルート ベース] を選択します。VPN type: Select Route-based.
    • SKU:使用するゲートウェイの SKU を選択します。SKU: Select the gateway SKU you want to use.
    • パブリック IP アドレス名:「TestVNet4GWIP」と入力します。Public IP address name: Enter TestVNet4GWIP.
    • ConnectionConnection
      • 名前:「TestVNet4toTestVNet1」と入力します。Name: Enter TestVNet4toTestVNet1.
      • 共有キー:「abc123」と入力します。Shared key: Enter abc123. 独自の共有キーを作成できます。You can create the shared key yourself. VNet 間の接続を作成する際に、値が一致する必要があります。When you create the connection between the VNets, the values must match.

TestVNet1 の作成と構成Create and configure TestVNet1

既に VNet がある場合は、設定が VPN ゲートウェイの設計に適合していることを確認します。If you already have a VNet, verify that the settings are compatible with your VPN gateway design. 特に、他のネットワークと重複している可能性のあるサブネットに注意してください。Pay particular attention to any subnets that may overlap with other networks. サブネットの重複があると、接続が適切に動作しません。Your connection won't work properly if you have overlapping subnets. VNet が正しい設定で構成された後、DNS サーバーの指定に関するセクションの手順を開始できます。After your VNet is configured with the correct settings, you can begin the steps in the Specify a DNS server section.

仮想ネットワークを作成するにはTo create a virtual network

VNet は、Resource Manager デプロイ モデルと Azure portal を使用し、以下の手順に従って作成できます。You can create a VNet with the Resource Manager deployment model and the Azure portal by following these steps. 仮想ネットワークの詳細については、Virtual Network の概要に関するページを参照してください。For more information about virtual networks, see Virtual Network overview.

注意

この VNet をオンプレミスの場所に接続するには、オンプレミスのネットワーク管理者と調整を行って、この仮想ネットワーク専用に使用できる IP アドレスの範囲を見つけ出します。For the VNet to connect to an on-premises location, coordinate with your on-premises network administrator to carve out an IP address range that you can use specifically for this virtual network. VPN 接続の両側に重複するアドレス範囲が存在する場合、予期しない方法でトラフィックがルーティングされます。If a duplicate address range exists on both sides of the VPN connection, traffic will route in an unexpected way. また、この VNet を別の VNet に接続する場合、アドレス空間を他の VNet と重複させることはできません。Additionally, if you want to connect this VNet to another VNet, the address space cannot overlap with other VNet. この点を踏まえてネットワーク構成を計画してください。Plan your network configuration accordingly.

  1. Azure portal にサインインして [リソースの作成] を選択します。Sign in to the Azure portal and select Create a resource. [新規] ページが開きます。The New page opens.

  2. [Marketplace を検索] フィールドに「仮想ネットワーク」と入力し、返された一覧から [仮想ネットワーク] を選択します。In the Search the marketplace field, enter virtual network and select Virtual network from the returned list. [仮想ネットワーク] ウィンドウが開きます。The Virtual network page opens.

    仮想ネットワーク リソース ページの検索Locate Virtual Network resource page

  3. このページの下の方にある [デプロイ モデルの選択] の一覧で、 [リソース マネージャー] を選択し、 [作成] を選択します。From the Select a deployment model list near the bottom of the page, select Resource Manager, and then select Create. [仮想ネットワークの作成] ページが開きます。The Create virtual network page opens.

    [仮想ネットワークの作成] ページCreate virtual network page

  4. [仮想ネットワークの作成] ページで、VNet の設定を構成します。On the Create virtual network page, configure the VNet settings. フィールドへの入力時、入力された文字の有効性が確認されれば、赤色の感嘆符が緑色のチェック マークに変わります。When you fill in the fields, the red exclamation mark becomes a green check mark when the characters you enter in the field are validated. いくつかの値は自動入力されます。実際の値に置き換えてください。Some values are autofilled, which you can replace with your own values:

    • [名前] : 仮想ネットワークの名前を入力します。Name: Enter the name for your virtual network.

    • [アドレス空間] : アドレス空間を入力します。Address space: Enter the address space. 追加するアドレス空間が複数ある場合、ここには、1 つ目のアドレス空間を入力してください。If you have multiple address spaces to add, enter your first address space here. その他のアドレス空間は後で、VNet を作成した後に追加できます。You can add additional address spaces later, after you create the VNet.

    • サブスクリプション:一覧表示されているサブスクリプションが正しいことを確認します。Subscription: Verify that the subscription listed is the correct one. ドロップダウンを使用して、サブスクリプションを変更できます。You can change subscriptions by using the drop-down.

    • [リソース グループ] : 既存のリソース グループを選択するか、新しいリソース グループの名前を入力して新しく作成します。Resource group: Select an existing resource group, or create a new one by entering a name for your new resource group. 新しいグループを作成する場合は、計画した構成値に基づいて、リソース グループに名前を付けます。If you're creating a new group, name the resource group according to your planned configuration values. リソース グループの詳細については、「Azure Resource Manager の概要」を参照してください。For more information about resource groups, see Azure Resource Manager overview.

    • [場所] : VNet の場所を選択します。Location: Select the location for your VNet. この場所の設定によって、この VNet にデプロイしたリソースの配置先が決まります。The location determines where the resources that you deploy to this VNet will live.

    • [サブネット] : サブネットの名前アドレス範囲を追加します。Subnet: Add the subnet Name and subnet Address range. その他のサブネットは後で、VNet を作成した後に追加できます。You can add additional subnets later, after you create the VNet.

  5. 作成 を選択します。Select Create.

アドレス空間の追加とサブネットの作成Add additional address space and create subnets

VNet が作成されたら、アドレス空間をさらに追加してサブネットを作成することができます。You can add additional address space and create subnets once your VNet has been created.

追加のアドレス空間を追加するにはTo add additional address space

  1. 新たなアドレス範囲をアドレス空間に追加するには、仮想ネットワーク ページの [設定] セクションで [アドレス空間] を選択します。To add additional address ranges to your address space, in the Settings section of your virtual network page, select Address space. [アドレス空間] ページが表示されます。The Address space page appears.

  2. 新たなアドレス範囲を追加し、ページの上部にある [保存] を選択します。Add the additional address range, and then select Save at the top of the page.

    Add address space

追加のサブネットを作成するにはTo create additional subnets

  1. サブネットを作成するには、仮想ネットワーク ページの [設定] セクションで [サブネット] を選択します。To create subnets, in the Settings section of your virtual network page, select Subnets. [サブネット] ページが表示されます。The Subnets page appears.

  2. [サブネット] を選択して、 [サブネットの追加] ページを開きます。Select Subnet to open the Add subnet page. 新しいサブネットの名前を入力し、アドレス範囲を指定します。Enter the Name of your new subnet and specify the Address range.

    サブネット設定

  3. 変更内容を保存するには、ページの下部にある [OK] を選択します。To save your changes, select OK at the bottom of the page.

ゲートウェイ サブネットの作成Create a gateway subnet

仮想ネットワーク用の仮想ネットワーク ゲートウェイを作成する前に、まずゲートウェイ サブネットを作成する必要があります。Before creating a virtual network gateway for your virtual network, you first need to create the gateway subnet. ゲートウェイ サブネットには、仮想ネットワーク ゲートウェイによって使用される IP アドレスが含まれます。The gateway subnet contains the IP addresses that are used by the virtual network gateway. 将来的な追加の構成要件を見越して十分な IP アドレスを提供するために、可能であれば、/28 または /27 の CIDR ブロックを使用してゲートウェイ サブネットを作成することをお勧めします。If possible, it's best to create a gateway subnet by using a CIDR block of /28 or /27 to provide enough IP addresses to accommodate future additional configuration requirements.

演習としてこの構成を作成する場合は、ゲートウェイ サブネットの作成時に、上記の「設定例」を参照してください。If you're creating this configuration as an exercise, refer to these Example settings when creating your gateway subnet.

重要

ゲートウェイ サブネットを使用する場合は、ゲートウェイ サブネットにネットワーク セキュリティ グループ (NSG) を関連付けないようにしてください。When working with gateway subnets, avoid associating a network security group (NSG) to the gateway subnet. このサブネットにネットワーク セキュリティ グループを関連付けると、VPN ゲートウェイが正常に動作しなくなることがあります。Associating a network security group to this subnet may cause your VPN gateway to stop functioning as expected. ネットワーク セキュリティ グループの詳細については、「ネットワーク セキュリティ グループ (NSG) について」を参照してください。For more information about network security groups, see What is a network security group?

ゲートウェイ サブネットを作成するにはTo create a gateway subnet

  1. Azure portal で、仮想ネットワーク ゲートウェイを作成する Resource Manager 仮想ネットワークを選択します。In the Azure portal, select the Resource Manager virtual network for which you want to create a virtual network gateway.

  2. 仮想ネットワークのページの [設定] セクションで、 [サブネット] を選択して [サブネット] ページを展開します。In the Settings section of your virtual network page, select Subnets to expand the Subnets page.

  3. [サブネット] ページで [ゲートウェイ サブネット] を選択して [サブネットの追加] ページを開きます。On the Subnets page, select Gateway subnet to open the Add subnet page.

    ゲートウェイ サブネットの追加Add the gateway subnet

  4. サブネットの [名前] には、GatewaySubnet という値が自動的に入力されます。The Name for your subnet is automatically autofilled with the value GatewaySubnet. この値は、Azure がゲートウェイ サブネットとしてこのサブネットを認識するために必要になります。This value is required for Azure to recognize the subnet as the gateway subnet. 自動入力される [アドレス範囲] の値を実際の構成要件に合わせて調整し、 [OK] を選択してサブネットを作成します。Adjust the autofilled Address range values to match your configuration requirements, then select OK to create the subnet.

    サブネットの追加Adding the subnet

DNS サーバーの指定 (省略可能)Specify a DNS server (optional)

VNet 間接続に DNS は不要です。DNS isn't required for VNet-to-VNet connections. ただし、仮想ネットワークにデプロイされたリソースで名前解決を使用する場合は、DNS サーバーを指定します。However, if you want to have name resolution for resources that are deployed to your virtual network, specify a DNS server. この設定では、この仮想ネットワークの名前解決に使用する DNS サーバーを指定することができます。This setting lets you specify the DNS server that you want to use for name resolution for this virtual network. DNS サーバーは作成されません。It doesn't create a DNS server.

  1. 仮想ネットワークの [設定] ページで、 [DNS サーバー] に移動し、クリックして [DNS サーバー] ページを開きます。On the Settings page for your virtual network, navigate to DNS servers and click to open the DNS servers page.

    DNS サーバーの指定Specify a DNS server

    • [DNS サーバー]: [カスタム] を選択します。DNS Servers: Select Custom.
    • [DNS サーバーの追加]: 名前解決に使用する DNS サーバーの IP アドレスを入力します。Add DNS server: Enter the IP address of the DNS server that you want to use for name resolution.
  2. DNS サーバーを追加し終わったら、ページの上部の [保存] をクリックします。When you are done adding DNS servers, click Save at the top of the page.

仮想ネットワーク ゲートウェイの作成Create a virtual network gateway

この手順では、VNet の仮想ネットワーク ゲートウェイを作成します。In this step, you create the virtual network gateway for your VNet. 選択したゲートウェイ SKU によっては、ゲートウェイの作成に 45 分以上かかる場合も少なくありません。Creating a gateway can often take 45 minutes or more, depending on the selected gateway SKU. 演習としてこの構成を作成する場合は、「設定例」を参照してください。If you're creating this configuration as an exercise, see the Example settings.

仮想ネットワーク ゲートウェイを作成するにはTo create a virtual network gateway

  1. Azure portal にサインインし、 [リソースの作成] を選択します。Sign in to the Azure portal and select Create a resource. [新規] ページが開きます。The New page opens.

  2. [Marketplace を検索] フィールドに「仮想ネットワーク ゲートウェイ」と入力し、検索結果の一覧から [仮想ネットワーク ゲートウェイ] を選択します。In the Search the marketplace field, enter virtual network gateway, and select Virtual network gateway from the search list.

  3. [仮想ネットワーク ゲートウェイ] ページの [作成] を選択して、 [仮想ネットワーク ゲートウェイの作成] ページを開きます。On the Virtual network gateway page, select Create to open the Create virtual network gateway page.

    [仮想ネットワーク ゲートウェイの作成] ページのフィールドCreate virtual network gateway page fields

  4. [仮想ネットワーク ゲートウェイの作成] ページで、仮想ネットワーク ゲートウェイの値を入力します。On the Create virtual network gateway page, fill in the values for your virtual network gateway:

    • [名前] : 作成するゲートウェイ オブジェクトの名前を入力します。Name: Enter a name for the gateway object you're creating. この名前はゲートウェイのサブネット名とは異なります。This name is different than the gateway subnet name.

    • ゲートウェイの種類: VPN ゲートウェイの場合は [VPN] を選択します。Gateway type: Select VPN for VPN gateways.

    • VPN の種類: 構成に指定されている VPN の種類を選択します。VPN type: Select the VPN type that is specified for your configuration. ほとんどの構成で [VPN の種類] は [ルート ベース] にする必要があります。Most configurations require a Route-based VPN type.

    • [SKU] : ゲートウェイの SKU をドロップダウン リストから選択します。SKU: Select the gateway SKU from the dropdown. ドロップダウン リストに表示される SKU は、選択した VPN の種類によって異なります。The SKUs listed in the dropdown depend on the VPN type you select. ゲートウェイの SKU の詳細については、「ゲートウェイの SKU」を参照してください。For more information about gateway SKUs, see Gateway SKUs.

      [アクティブ/アクティブ モードの有効化] を選択するのは、アクティブ/アクティブ ゲートウェイ構成を作成する場合だけです。Only select Enable active-active mode if you're creating an active-active gateway configuration. それ以外の場合、この設定はオフにしておいてください。Otherwise, leave this setting unselected.

    • [場所] : [場所] が見えない場合はスクロールしてください。Location: You may need to scroll to see Location. 仮想ネットワークがある場所を [場所] に指定します。Set Location to the location where your virtual network is located. たとえば "米国西部" にします。For example, West US. 仮想ネットワークがあるリージョンを [場所] に設定しなかった場合、仮想ネットワークを選択するときに対象の仮想ネットワークがドロップダウン リストに表示されません。If you don't set the location to the region where your virtual network is located, it won't appear in the drop-down list when you select a virtual network.

    • [仮想ネットワーク] : このゲートウェイの追加先の仮想ネットワークを選択します。Virtual network: Choose the virtual network to which you want to add this gateway. [仮想ネットワーク] を選択して [仮想ネットワークの選択] ページを開き、その VNet を選択します。Select Virtual network to open the Choose virtual network page and select the VNet. VNet が表示されない場合は、実際の仮想ネットワークがあるリージョンが [場所] フィールドに指定されていることを確認してください。If you don't see your VNet, make sure the Location field is set to the region in which your virtual network is located.

    • [ゲートウェイ サブネットのアドレス範囲] : この設定は、仮想ネットワーク用のゲートウェイ サブネットを事前に作成しなかった場合のみ表示されます。Gateway subnet address range: You'll only see this setting if you didn't previously create a gateway subnet for your virtual network. 有効なゲートウェイ サブネットを事前に作成した場合、この設定は表示されません。If you previously created a valid gateway subnet, this setting won't appear.

    • [パブリック IP アドレス] : この設定は、VPN ゲートウェイに関連付けられるパブリック IP アドレス オブジェクトを指定します。Public IP address: This setting specifies the public IP address object that's associated with the VPN gateway. パブリック IP アドレスは、VPN ゲートウェイの作成時に、このオブジェクトに対して動的に割り当てられます。The public IP address is dynamically assigned to this object when the VPN gateway is created. 現在、VPN ゲートウェイでサポートされるのは、パブリック IP アドレスの "動的" 割り当てのみです。The VPN gateway currently supports only Dynamic public IP address allocation. もっとも、動的割り当てによって VPN ゲートウェイに割り当てられた IP アドレスが後から変わることは基本的にありません。However, dynamic allocation doesn't mean that the IP address changes after it has been assigned to your VPN gateway. パブリック IP アドレスが変わるのは、ゲートウェイが削除され、再度作成されたときのみです。The only time the public IP address changes is when the gateway is deleted and re-created. VPN ゲートウェイのサイズ変更、リセット、その他の内部メンテナンス/アップグレードでは、IP アドレスは変わりません。It doesn't change across resizing, resetting, or other internal maintenance/upgrades of your VPN gateway.

      • [新規作成] を選択しておいてください。Leave Create new selected.

      • このテキスト ボックスに、パブリック IP アドレスの名前を入力します。In the text box, enter a name for your public IP address.

    • [BGP ASN の構成] : この設定は、実際の構成で特に必要でない限り、オフにしておいてください。Configure BGP ASN: Leave this setting unselected, unless your configuration specifically requires it. この設定が必要である場合、既定の ASN は 65515 です。ただし、これは変わる場合があります。If you do require this setting, the default ASN is 65515, which you can change.

  5. これらの設定を確認し、 [作成] を選択して、VPN ゲートウェイの作成を開始します。Verify the settings and select Create to begin creating the VPN gateway. 設定が検証され、ダッシュボードに [Deploying Virtual network gateway](仮想ネットワーク ゲートウェイのデプロイ) タイルが表示されます。The settings are validated and you'll see the Deploying Virtual network gateway tile on the dashboard. ゲートウェイの作成には、最大で 45 分かかる場合があります。Creating a gateway can take up to 45 minutes. 完了状態を確認するために、ポータル ページの更新が必要な場合があります。You may need to refresh your portal page to see the completed status.

  6. ゲートウェイの作成後は、ポータルで仮想ネットワークを表示することにより、ゲートウェイに割り当てられている IP アドレスを確認できます。After you create the gateway, verify the IP address that's been assigned to it by viewing the virtual network in the portal. ゲートウェイは、接続されたデバイスとして表示されます。The gateway appears as a connected device. 接続されているデバイス (仮想ネットワーク ゲートウェイ) を選択すると、詳細情報を表示できます。You can select the connected device (your virtual network gateway) to view more information.

TestVNet4 の作成と構成Create and configure TestVNet4

TestVNet1 を構成した後、前の手順を繰り返し、値を TestVNet4 の値に置き換えて、TestVNet4 を作成します。After you've configured TestVNet1, create TestVNet4 by repeating the previous steps and replacing the values with TestVNet4 values. TestVNet4 を構成する前に、TestVNet1 用の仮想ネットワーク ゲートウェイの作成が完了するまで待つ必要はありません。You don't need to wait until the virtual network gateway for TestVNet1 has finished creating before you configure TestVNet4. 独自の値を使用する場合は、接続先とするどの VNet ともアドレス空間が重複しないようにしてください。If you're using your own values, make sure the address spaces don't overlap with any of the VNets to which you want to connect.

TestVNet1 ゲートウェイ接続の構成Configure the TestVNet1 gateway connection

TestVNet1 と TestVNet4 の仮想ネットワーク ゲートウェイの作成が両方とも完了したら、仮想ネットワーク ゲートウェイの接続を作成できます。When the virtual network gateways for both TestVNet1 and TestVNet4 have completed, you can create your virtual network gateway connections. このセクションでは、VNet1 から VNet4 への接続を作成します。In this section, you create a connection from VNet1 to VNet4. これらの手順は、同じサブスクリプションに存在する VNet でのみ使用できます。These steps work only for VNets in the same subscription. VNet が異なるサブスクリプションにある場合は、PowerShell を使用して接続する必要があります。If your VNets are in different subscriptions, you must use PowerShell to make the connection. しかし、VNet が同じサブスクリプション内の異なるリソース グループにある場合は、ポータルを使用して接続できます。However, if your VNets are in different resource groups in the same subscription, you can connect them by using the portal.

  1. Azure ポータルで、 [すべてのリソース] を選択し、検索ボックスに仮想ネットワーク ゲートウェイ を入力してから、VNet の仮想ネットワーク ゲートウェイに移動します。In the Azure portal, select All resources, enter virtual network gateway in the search box, and then navigate to the virtual network gateway for your VNet. たとえば、 [TestVNet1GW] に移動します。For example, TestVNet1GW. それを選択して、仮想ネットワーク ゲートウェイのページを開きます。Select it to open the Virtual network gateway page.

    [接続] ページConnections page

  2. [設定][接続] を選択し、 [追加] を選んで [接続の追加] ページを開きます。Under Settings, select Connections, and then select Add to open the Add connection page.

    接続の追加Add connection

  3. [接続の追加] ページで、接続の値を入力します。On the Add connection page, fill in the values for your connection:

    • 名前:接続の名前を入力します。Name: Enter a name for your connection. たとえば、「TestVNet1toTestVNet4」と入力します。For example, TestVNet1toTestVNet4.

    • 接続の種類:ドロップダウンから [VNet 間] を選択します。Connection type: Select VNet-to-VNet from the drop-down.

    • 最初の仮想ネットワーク ゲートウェイ:この接続は指定した仮想ネットワーク ゲートウェイから作成しているため、このフィールドの値は自動的に入力されます。First virtual network gateway: This field value is automatically filled in because you're creating this connection from the specified virtual network gateway.

    • 2 番目の仮想ネットワーク ゲートウェイ:このフィールドでは、接続先として作成する VNet の仮想ネットワーク ゲートウェイを設定します。Second virtual network gateway: This field is the virtual network gateway of the VNet that you want to create a connection to. [別の仮想ネットワーク ゲートウェイを選択する] を選び、 [仮想ネットワーク ゲートウェイの選択] ページを開きます。Select Choose another virtual network gateway to open the Choose virtual network gateway page.

      • このページに一覧表示されている仮想ネットワーク ゲートウェイを確認します。View the virtual network gateways that are listed on this page. 自分のサブスクリプションに属している仮想ネットワーク ゲートウェイのみが表示されていることがわかります。Notice that only virtual network gateways that are in your subscription are listed. 自分のサブスクリプションに属していない仮想ネットワーク ゲートウェイに接続する場合は、PowerShell を使用します。If you want to connect to a virtual network gateway that isn't in your subscription, use the PowerShell.

      • 接続先となる仮想ネットワーク ゲートウェイを選択します。Select the virtual network gateway to which you want to connect.

      • 共有キー (PSK) :このフィールドには、接続の共有キーを入力します。Shared key (PSK): In this field, enter a shared key for your connection. このキーは、自分で生成または作成できます。You can generate or create this key yourself. サイト間接続では、使用するキーは、オンプレミス デバイスと仮想ネットワーク ゲートウェイの接続の場合と同じになります。In a site-to-site connection, the key you use is the same for your on-premises device and your virtual network gateway connection. VPN デバイスではなく、別の仮想ネットワーク ゲートウェイに接続するという点を除けば、概念は同じです。The concept is similar here, except that rather than connecting to a VPN device, you're connecting to another virtual network gateway.

  4. [OK] を選択して変更を保存します。Select OK to save your changes.

TestVNet4 ゲートウェイ接続の構成Configure the TestVNet4 gateway connection

次は、TestVNet4 から TestVNet1 への接続を作成します。Next, create a connection from TestVNet4 to TestVNet1. ポータルで、TestVNet4 に関連付けられている仮想ネットワーク ゲートウェイを探します。In the portal, locate the virtual network gateway associated with TestVNet4. 前のセクションの手順に従います。その際、TestVNet4 から TestVNet1 への接続を作成するように値を置き換えます。Follow the steps from the previous section, replacing the values to create a connection from TestVNet4 to TestVNet1. 必ず同一の共有キーを使用してください。Make sure that you use the same shared key.

接続の確認Verify your connections

Azure ポータルで仮想ネットワーク ゲートウェイを探します。Locate the virtual network gateway in the Azure portal. 仮想ネットワーク ゲートウェイのページで、 [接続] を選択して仮想ネットワーク ゲートウェイの [接続] ページを表示します。On the Virtual network gateway page, select Connections to view the Connections page for the virtual network gateway. 接続が確立された後、 [状態] の値が [成功][接続済み] に変わります。After the connection is established, you'll see the Status values change to Succeeded and Connected. 接続を選択して [要点] ページを開き、詳細情報を表示します。Select a connection to open the Essentials page and view more information.

成功Succeeded

データのフローが開始されると、 [データ入力][データ出力] に値が表示されます。When data begins flowing, you'll see values for Data in and Data out.

要点Essentials

さらに接続を追加するAdd additional connections

さらに接続を追加する場合は、接続の作成元となる仮想ネットワーク ゲートウェイに移動し、 [接続] を選択します。If you want to add additional connections, navigate to the virtual network gateway from which you want to create the connection, then select Connections. 別の VNet 間接続を作成することも、オンプレミスの場所への IPsec サイト間接続を作成することもできます。You can create another VNet-to-VNet connection, or create an IPsec Site-to-Site connection to an on-premises location. 作成する接続の種類に合わせて、 [接続の種類] を調整してください。Be sure to adjust the Connection type to match the type of connection you want to create. 追加の接続を作成する前に、仮想ネットワークのアドレス空間が、接続先のアドレス空間と重複していないことを確認してください。Before you create additional connections, verify that the address space for your virtual network doesn't overlap with any of the address spaces you want to connect to. サイト間接続を作成する手順については、サイト間接続の作成に関するページを参照してください。For steps to create a Site-to-Site connection, see Create a Site-to-Site connection.

VNet 間接続に関してよく寄せられる質問VNet-to-VNet FAQ

VNet 間接続に関するその他の情報についてよく寄せられる質問の詳細を示します。View the FAQ details for additional information about VNet-to-VNet connections.

VNet 間接続の FAQ は VPN ゲートウェイ接続が対象となります。The VNet-to-VNet FAQ applies to VPN gateway connections. VNet ピアリングについては、「仮想ネットワーク ピアリング」を参照してください。For information about VNet peering, see Virtual network peering.

Azure では VNet 間のトラフィックに対して料金が発生しますか。Does Azure charge for traffic between VNets?

VPN ゲートウェイ接続を使用している場合は、同じリージョン内の VNet 間トラフィックは双方向で無料です。VNet-to-VNet traffic within the same region is free for both directions when you use a VPN gateway connection. リージョンを越えて送信される VNet 間エグレス トラフィックには、ソース リージョンに基づき、アウトバウンド VNet 内データ転送料金が課せられます。Cross-region VNet-to-VNet egress traffic is charged with the outbound inter-VNet data transfer rates based on the source regions. 詳細については、VPN Gateway の価格に関するページを参照してください。For more information, see VPN Gateway pricing page. VPN ゲートウェイではなく VNet ピアリングを使用して VNet を接続している場合は、Virtual Network の価格に関するページを参照してください。If you're connecting your VNets by using VNet peering instead of a VPN gateway, see Virtual network pricing.

VNet 間のトラフィックは、インターネット経由で送信されますか。Does VNet-to-VNet traffic travel across the internet?

いいえ。No. VNet 間のトラフィックは、インターネットではなく Microsoft Azure のバックボーンを経由して送信されます。VNet-to-VNet traffic travels across the Microsoft Azure backbone, not the internet.

Azure Active Directory (AAD) テナント間で VNet 間接続を確立できますか。Can I establish a VNet-to-VNet connection across Azure Active Directory (AAD) tenants?

はい、Azure VPN ゲートウェイを使用する VNet 間接続は、AAD テナント間で動作します。Yes, VNet-to-VNet connections that use Azure VPN gateways work across AAD tenants.

VNet 間のトラフィックはセキュリティで保護されていますか。Is VNet-to-VNet traffic secure?

はい、IPsec/IKE 暗号化で保護されます。Yes, it's protected by IPsec/IKE encryption.

VNet 同士を接続するには VPN デバイスが必要ですか。Do I need a VPN device to connect VNets together?

いいえ。No. 複数の Azure 仮想ネットワークを接続するときに、VPN デバイスは必要ありません (クロスプレミス接続が必要な場合を除く)。Connecting multiple Azure virtual networks together doesn't require a VPN device unless cross-premises connectivity is required.

VNet は同じリージョンに属している必要がありますか。Do my VNets need to be in the same region?

いいえ。No. 仮想ネットワークが属している Azure リージョン (場所) は異なっていてもかまいません。The virtual networks can be in the same or different Azure regions (locations).

VNet が同じサブスクリプションに存在しない場合、サブスクリプションが同じ Active Directory テナントに関連付けられている必要がありますか。If the VNets aren't in the same subscription, do the subscriptions need to be associated with the same Active Directory tenant?

いいえ。No.

別々の Azure インスタンスに存在する仮想ネットワークを VNet 間接続で接続することはできますか。Can I use VNet-to-VNet to connect virtual networks in separate Azure instances?

いいえ。No. VNet 間接続でサポートされるのは、同じ Azure インスタンス内の仮想ネットワークの接続だけです。VNet-to-VNet supports connecting virtual networks within the same Azure instance. たとえば、グローバル Azure と中国/ドイツ/米国政府の Azure インスタンスとの間で接続を作成することはできません。For example, you can’t create a connection between global Azure and Chinese/German/US government Azure instances. これらのシナリオについては、サイト間 VPN 接続の使用をご検討ください。Consider using a Site-to-Site VPN connection for these scenarios.

VNet 間接続はマルチサイト接続と併用できますか。Can I use VNet-to-VNet along with multi-site connections?

はい。Yes. 仮想ネットワーク接続は、マルチサイト VPN と同時に使用することができます。Virtual network connectivity can be used simultaneously with multi-site VPNs.

1 つの仮想ネットワークから接続できるオンプレミス サイトと仮想ネットワークの数を教えてください。How many on-premises sites and virtual networks can one virtual network connect to?

ゲートウェイの要件」の表を参照してください。See the Gateway requirements table.

VNet 間接続を使用して VNet の外部の VM やクラウド サービスを接続することはできますか。Can I use VNet-to-VNet to connect VMs or cloud services outside of a VNet?

いいえ。No. VNet 間接続によって仮想ネットワークを接続できます。VNet-to-VNet supports connecting virtual networks. 仮想ネットワーク内に存在しない仮想マシンやクラウド サービスを接続することはできません。It doesn't support connecting virtual machines or cloud services that aren't in a virtual network.

クラウド サービスや負荷分散エンドポイントは複数の VNet にまたがることができますか。Can a cloud service or a load-balancing endpoint span VNets?

いいえ。No. クラウド サービスや負荷分散エンドポイントは、仮にそれらが相互に接続されていたとしても、仮想ネットワークの境界を越えることはできません。A cloud service or a load-balancing endpoint can't span across virtual networks, even if they're connected together.

VNet 間接続やマルチサイト接続にポリシー ベースの VPN の種類を使用することはできますか。Can I use a PolicyBased VPN type for VNet-to-VNet or Multi-Site connections?

いいえ。No. VNet 間接続とマルチサイト接続には、VPN の種類がルート ベース (以前は "動的ルーティング" と呼ばれていました) である Azure VPN Gateway が必要です。VNet-to-VNet and Multi-Site connections require Azure VPN gateways with RouteBased (previously called dynamic routing) VPN types.

VPN の種類がルート ベースの VNet を VPN の種類がポリシー ベースの VNet に接続できますか。Can I connect a VNet with a RouteBased VPN Type to another VNet with a PolicyBased VPN type?

いいえ、両方の仮想ネットワークでルート ベース (以前は "動的ルーティング" と呼ばれていました) の VPN を使用している必要があります。No, both virtual networks MUST use route-based (previously called dynamic routing) VPNs.

VPN トンネルは帯域幅を共有しますか。Do VPN tunnels share bandwidth?

はい。Yes. 仮想ネットワークのすべての VPN トンネルは、Azure VPN ゲートウェイ上の使用可能な帯域幅を共有し、Azure 内の同じ VPN ゲートウェイ アップタイム SLA を共有します。All VPN tunnels of the virtual network share the available bandwidth on the Azure VPN gateway and the same VPN gateway uptime SLA in Azure.

冗長トンネルはサポートされますか。Are redundant tunnels supported?

1 つの仮想ネットワーク ゲートウェイがアクティブ/アクティブ構成になっている場合、仮想ネットワークのペア間の冗長トンネルがサポートされます。Redundant tunnels between a pair of virtual networks are supported when one virtual network gateway is configured as active-active.

VNet 間接続の構成で、重複するアドレス空間を使用できますか。Can I have overlapping address spaces for VNet-to-VNet configurations?

いいえ。No. 重複する IP アドレス範囲は使用できません。You can't have overlapping IP address ranges.

接続されている仮想ネットワークとオンプレミスのローカル サイトで、重複するアドレス空間を使用できますか。Can there be overlapping address spaces among connected virtual networks and on-premises local sites?

いいえ。No. 重複する IP アドレス範囲は使用できません。You can't have overlapping IP address ranges.

次の手順Next steps

仮想ネットワーク内のリソースへのネットワーク トラフィックを制限する方法については、ネットワーク セキュリティに関するページを参照してください。For information about how you can limit network traffic to resources in a virtual network, see Network Security.

Azure がトラフィックを Azure、オンプレミス、インターネット リソースの間でどのようにルーティングするかについては、「仮想ネットワーク トラフィックのルーティング」を参照してください。For information about how Azure routes traffic between Azure, on-premises, and Internet resources, see Virtual network traffic routing.