VPN Gateway のリセットReset a VPN Gateway

1 つ以上のサイト間 VPN トンネルのクロスプレミス VPN 接続が失われた場合、Azure VPN Gateway をリセットすることによって解決できる場合があります。Resetting an Azure VPN gateway is helpful if you lose cross-premises VPN connectivity on one or more Site-to-Site VPN tunnels. この状況では、オンプレミスの VPN デバイスがすべて正しく機能していても、Azure VPN Gateway との間で IPsec トンネルを確立することができません。In this situation, your on-premises VPN devices are all working correctly, but are not able to establish IPsec tunnels with the Azure VPN gateways. この記事では、VPN ゲートウェイをリセットすることができます。This article helps you reset your VPN gateway.

リセット中の動作What happens during a reset?

VPN Gateway は、アクティブ/スタンバイ構成で動作する 2 つの VM インスタンスから成ります。A VPN gateway is composed of two VM instances running in an active-standby configuration. ゲートウェイをリセットすると、ゲートウェイが再起動してクロスプレミス構成が再適用されます。When you reset the gateway, it reboots the gateway, and then reapplies the cross-premises configurations to it. ゲートウェイに割り当てられているパブリック IP アドレスはそのまま維持されます。The gateway keeps the public IP address it already has. つまり、VPN ルーターの構成を Azure VPN Gateway の新しいパブリック IP アドレスで更新する必要がありません。This means you won’t need to update the VPN router configuration with a new public IP address for Azure VPN gateway.

このコマンドを実行してゲートウェイをリセットすると、現在アクティブな Azure VPN Gateway のインスタンスが直ちに再起動されます。When you issue the command to reset the gateway, the current active instance of the Azure VPN gateway is rebooted immediately. 再起動中のアクティブ インスタンスからスタンバイ インスタンスにフェールオーバーされる際に、わずかな時間差が生じます。There will be a brief gap during the failover from the active instance (being rebooted), to the standby instance. 通常、時間差は 1 分未満です。The gap should be less than one minute.

初回再起動で接続が復元されない場合は、同じコマンドを再度実行して、2 つ目の VM インスタンス (新しくアクティブになった方のゲートウェイ) を再起動してください。If the connection is not restored after the first reboot, issue the same command again to reboot the second VM instance (the new active gateway). 連続して 2 回の再起動が必要であった場合、アクティブとスタンバイの両方の VM インスタンスを再起動する分、1 回で済んだ場合よりもわずかに時間がかかります。If the two reboots are requested back to back, there will be a slightly longer period where both VM instances (active and standby) are being rebooted. この場合、VPN 接続の途切れが長引いて、両方の VM が再起動を完了するまでに最大 30 ~ 45 分かかります。This will cause a longer gap on the VPN connectivity, up to 30 to 45 minutes for VMs to complete the reboots.

2 回再起動してもクロスプレミス接続の問題が解消しない場合は、Azure ポータルからサポート リクエストを作成してください。After two reboots, if you are still experiencing cross-premises connectivity problems, please open a support request from the Azure portal.

開始する前にBefore you begin

ゲートウェイをリセットする前に、個々の IPsec サイト間 (S2S) VPN トンネルについて、以下に挙げた主な項目を確認してください。Before you reset your gateway, verify the key items listed below for each IPsec Site-to-Site (S2S) VPN tunnel. いずれか 1 つの項目でも不備があると、S2S VPN トンネルの接続が失われます。Any mismatch in the items will result in the disconnect of S2S VPN tunnels. オンプレミスの VPN ゲートウェイと Azure VPN Gateway に使用されている構成を確認して修正すれば、そのゲートウェイ上で正常に機能している他の接続に対して無駄な再起動や中断を行わずに済みます。Verifying and correcting the configurations for your on-premises and Azure VPN gateways saves you from unnecessary reboots and disruptions for the other working connections on the gateways.

ゲートウェイをリセットする前に以下の項目をご確認ください。Verify the following items before resetting your gateway:

  • Azure とオンプレミスの両方の VPN ポリシーに、Azure VPN Gateway とオンプレミスの VPN ゲートウェイのインターネット IP アドレス (VIP) がどちらも正しく構成されていること。The Internet IP addresses (VIPs) for both the Azure VPN gateway and the on-premises VPN gateway are configured correctly in both the Azure and the on-premises VPN policies.
  • Azure の VPN ゲートウェイとオンプレミスの VPN ゲートウェイが同じ事前共有キーを持っていること。The pre-shared key must be the same on both Azure and on-premises VPN gateways.
  • 暗号化、ハッシュ アルゴリズム、PFS (Perfect Forward Secrecy) など特定の IPsec/IKE 構成を適用する場合、Azure の VPN ゲートウェイとオンプレミスの VPN ゲートウェイとに、必ず同じ構成を適用すること。If you apply specific IPsec/IKE configuration, such as encryption, hashing algorithms, and PFS (Perfect Forward Secrecy), ensure both the Azure and on-premises VPN gateways have the same configurations.

Azure PortalAzure portal

Azure Portal を使用して Resource Manager VPN Gateway をリセットできます。You can reset a Resource Manager VPN gateway using the Azure portal. クラシック ゲートウェイをリセットする場合は、PowerShell の手順を参照してください。If you want to reset a classic gateway, see the PowerShell steps.

Resource Manager デプロイ モデルResource Manager deployment model

  1. Azure Portal を開いて、リセットする Resource Manager 仮想ネットワーク ゲートウェイに移動します。Open the Azure portal and navigate to the Resource Manager virtual network gateway that you want to reset.

  2. 仮想ネットワーク ゲートウェイのブレードで、[リセット] をクリックします。On the blade for the virtual network gateway, click 'Reset'.

    Reset VPN Gateway blade

  3. [リセット] ブレードで、 [リセット] ボタンをクリックします。On the Reset blade, click the Reset button.

PowerShellPowerShell

Resource Manager デプロイ モデルResource Manager deployment model

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. AzureRM モジュールはまだ使用でき、少なくとも 2020 年 12 月までは引き続きバグ修正が行われます。You can still use the AzureRM module, which will continue to receive bug fixes until at least December 2020. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールのインストール手順については、Azure PowerShell のインストールを参照してください。For Az module installation instructions, see Install Azure PowerShell.

ゲートウェイをリセットするコマンドレットは Reset-AzVirtualNetworkGateway です。The cmdlet for resetting a gateway is Reset-AzVirtualNetworkGateway. リセットを実行する前に PowerShell Az コマンドレットの最新バージョンがあることを確認します。Before performing a reset, make sure you have the latest version of the PowerShell Az cmdlets. 次の例では、TestRG1 リソース グループの VNet1GW という名前の仮想ネットワーク ゲートウェイをリセットします。The following example resets a virtual network gateway named VNet1GW in the TestRG1 resource group:

$gw = Get-AzVirtualNetworkGateway -Name VNet1GW -ResourceGroupName TestRG1
Reset-AzVirtualNetworkGateway -VirtualNetworkGateway $gw

結果:Result:

返された結果を受け取ったら、ゲートウェイのリセットが成功したとみなすことができます。When you receive a return result, you can assume the gateway reset was successful. ただし、返された結果にはリセットが成功したことをはっきりと示すものは何もありません。However, there is nothing in the return result that indicates explicitly that the reset was successful. ゲートウェイのリセットが発生した正確な時間の履歴を詳細に調査したい場合は、Azure Portal でその情報を見ることができます。If you want to look closely at the history to see exactly when the gateway reset occurred, you can view that information in the Azure portal. ポータル上で、 'GatewayName' から [リソース正常性] に移動します。In the portal, navigate to 'GatewayName' -> Resource Health.

クラシック デプロイ モデルClassic deployment model

ゲートウェイをリセットするためのコマンドレットは Reset-AzureVNetGateway です。The cmdlet for resetting a gateway is Reset-AzureVNetGateway. リセットを実行する前に Service Management (SM) PowerShell コマンドレット の最新版があることを確認します。Before performing a reset, make sure you have the latest version of the Service Management (SM) PowerShell cmdlets. 次の例では、"ContosoVNet" という仮想ネットワークのゲートウェイをリセットしています。The following example resets the gateway for a virtual network named "ContosoVNet":

Reset-AzureVNetGateway –VnetName “ContosoVNet”

結果:Result:

Error          :
HttpStatusCode : OK
Id             : f1600632-c819-4b2f-ac0e-f4126bec1ff8
Status         : Successful
RequestId      : 9ca273de2c4d01e986480ce1ffa4d6d9
StatusCode     : OK

Azure CLIAzure CLI

ゲートウェイをリセットするには az network vnet-gateway reset コマンドを使用します。To reset the gateway, use the az network vnet-gateway reset command. 次の例では、TestRG5 リソース グループの VNet5GW という名前の仮想ネットワーク ゲートウェイをリセットします。The following example resets a virtual network gateway named VNet5GW in the TestRG5 resource group:

az network vnet-gateway reset -n VNet5GW -g TestRG5

結果:Result:

返された結果を受け取ったら、ゲートウェイのリセットが成功したとみなすことができます。When you receive a return result, you can assume the gateway reset was successful. ただし、返された結果にはリセットが成功したことをはっきりと示すものは何もありません。However, there is nothing in the return result that indicates explicitly that the reset was successful. ゲートウェイのリセットが発生した正確な時間の履歴を詳細に調査したい場合は、Azure Portal でその情報を見ることができます。If you want to look closely at the history to see exactly when the gateway reset occurred, you can view that information in the Azure portal. ポータル上で、 'GatewayName' から [リソース正常性] に移動します。In the portal, navigate to 'GatewayName' -> Resource Health.