方法: Visual Studio から Azure クラウド サービスへの Web アプリケーションの移行および発行How to: Migrate and Publish a Web Application to an Azure Cloud Service from Visual Studio

Azure のホスティング サービスとスケーラビリティを利用するために、Azure クラウド サービスに Web アプリケーションを移行し、発行できます。To take advantage of the hosting services and scalability of Azure, you might want to migrate and publish your web application to an Azure cloud service. 既存のアプリケーションに最小限の変更を加えることで、Azure で Web アプリケーションを実行できます。You can run a web application in Azure with minimal changes to your existing application.

注意

このトピックでは Web サイトではなくクラウド サービスへのデプロイについて説明します。This topic is about deploying to cloud services, not to web sites. Web サイトへのデプロイの詳細については、「Azure App Service での Web アプリのデプロイ」を参照してください。For information about deploying to web sites, see Deploy a web app in Azure App Service.

Visual C# と Visual Basic の両方でサポートされているテンプレートの一覧については、このトピックで後述する「 サポートされているプロジェクト テンプレート 」をご覧ください。For a list of specific templates that are supported for both Visual C# and Visual Basic, see the section Supported Project Templates later in this topic.

まず、Visual Studio から Web アプリケーションを Azure で有効にする必要があります。You must first enable your web application for Azure from Visual Studio. 次の図は、デプロイメントに使用する Azure プロジェクトを追加して既存の Web アプリケーションを発行する際の主な手順を示しています。The following illustration shows the key steps to publish your existing web application by adding an Azure project to use for deployment. このプロセスでは、必要な Web ロールを含む Azure プロジェクトをソリューションに追加します。This process adds an Azure project with the required web role to your solution. Web プロジェクトの種類に基づいて、デプロイメントのためにサービス パッケージに他のアセンブリが必要な場合は、アセンブリのプロジェクト プロパティも更新されます。Based on the type of web project that you have, the project properties for assemblies are also updated if the service package requires additional assemblies for deployment.

Microsoft Azure への Web アプリケーションの発行

注意

[変換] - [Microsoft Azure クラウド サービス プロジェクトに変換] コマンドは、ソリューションの Web プロジェクトにのみ表示されます。The Convert, Convert to Azure Cloud Service Project command is displayed only for the web project in your solution. たとえば、このコマンドはソリューションの Silverlight プロジェクトでは使用できません。For example, the command is not available for a Silverlight project in your solution. サービス パッケージの作成時や Azure へのアプリケーションの発行時に、警告またはエラーが発生することがあります。When you create a service package or publish your application to Azure, warnings or errors might occur. これらの警告とエラーにより、Azure にデプロイする前に問題を解決できます。These warnings and errors can help you fix issues before you deploy to Azure. たとえば、アセンブリが見つからないことを示す警告が表示される場合があります。For example, you might receive a warning about a missing assembly. 警告をエラーとして処理する方法の詳細については、「 Visual Studio を使用した Azure クラウド サービス プロジェクトの構成」を参照してください。For more information about how to treat any warnings as errors, see Configure an Azure Cloud Service Project with Visual Studio. アプリケーションをビルドし、コンピューティング エミュレーターを使用してローカルで実行するか、Azure に発行すると、[エラー一覧] ウィンドウに、指定されたパス、ファイル名、またはその両方が長すぎますというエラーが表示される場合があります。If you build your application, run it locally using the compute emulator, or publish it to Azure, you might see the following error in the Error List window: The specified path, file name, or both are too long. このエラーは、Azure プロジェクトの完全修飾名が長すぎるために発生します。This error occurs because the length of the fully qualified Azure project name is too long. プロジェクト名の長さは、完全なパスを含めて、146 文字以下にする必要があります。The length of the project name, including the full path, cannot be more than 146 characters. たとえば、c:\users\<user name>\documents\visual studio 2015\Projects\SilverlightApplication4\SilverlightApplication4.Web.Azure.ccproj は、Silverlight アプリケーション用に作成された Azure プロジェクトのファイル パスを含む完全なプロジェクト名です。For example, this is the full project name including file path for an Azure project that is created for a Silverlight application: c:\users\<user name>\documents\visual studio 2015\Projects\SilverlightApplication4\SilverlightApplication4.Web.Azure.ccproj. プロジェクトの完全修飾名を短くするために、ソリューションを短いパスの別のディレクトリに移動することが必要な場合があります。You might have to move your solution to a different directory that has a shorter path to reduce the length of the fully qualified project name.

Visual Studio から Azure に Web アプリケーションを移行および発行するには、次の手順に従います。To migrate and publish a web application to Azure from Visual Studio, follow these steps.

Azure への Web アプリケーションのデプロイメントの有効化Enable a Web Application for Deployment to Azure

Azure への Web アプリケーションのデプロイメントを有効にするにはTo enable a web application for deployment to Azure

  1. Azure への Web アプリケーションのデプロイメントを有効にするには、ソリューションの Web プロジェクトのショートカット メニューを開き、[Azure デプロイメント プロジェクトの追加] を選択します。To enable your web application for deployment to Azure, open the shortcut menu for a web project in your solution and choose Add Azure Deployment Project.

    次のアクションが発生します。The following actions occur:

    • <name of the web project>.Azure という Azure プロジェクトがアプリケーションのソリューションに追加されます。An Azure project called <name of the web project>.Azure is added to the solution for your application.
    • Web プロジェクトの Web ロールがこの Azure プロジェクトに追加されます。A web role for the web project is added to this Azure project.
    • MVC 2、MVC 3、MVC 4、Silverlight の各ビジネス アプリケーションに必要なアセンブリの [ローカルにコピー] プロパティが true に設定されます。The Copy Local property is set to true for any assemblies that are required for MVC 2, MVC 3, MVC 4, and Silverlight Business Applications. これにより、デプロイメントに使用されるサービス パッケージにこれらのアセンブリが追加されます。This adds these assemblies to the service package that is used for deployment.

    重要

    この Web アプリケーションに必要な他のアセンブリまたはファイルがある場合は、それらのファイルのプロパティを手動で設定する必要があります。If you have other assemblies or files that are required for this web application, you must manually set the properties for these files. これらのプロパティを設定する方法については、この記事で後述する「 サービス パッケージにファイルを含める 」を参照してください。For information about how to set these properties, see the section Include Files in the Service Package later in this article.

    注意

    特定の Web プロジェクトの Web ロールがソリューションの Azure プロジェクトに既に存在する場合、この Web プロジェクトのショートカット メニューに [変換] - [Microsoft Azure クラウド サービス プロジェクトに変換] は表示されません。If a web role for a specific web project already exists in an Azure project in the solution, Convert, Convert to Azure Cloud Service Project is not displayed on the shortcut menu for this web project.

    Web アプリケーションに複数の Web プロジェクトがあり、各 Web プロジェクトの Web ロールを作成する場合は、Web プロジェクトごとにこの手順を実行する必要があります。If you have multiple web projects in your web application and you want to create web roles for each web project, you must perform the steps in this procedure for each web project. これにより、Web ロールごとに個別の Azure プロジェクトが作成されます。This creates separate Azure projects for each web role. 各 Web プロジェクトは個別に発行できます。Each web project can be published separately. また、Web アプリケーションの既存の Azure プロジェクトに別の Web ロールを手動で追加することもできます。Alternatively, you can manually add another web role to an existing Azure project in your web application. そのためには、Azure プロジェクトの [ロール] フォルダーのショートカット メニューを開き、[追加][ソリューション内の Web ロール プロジェクト] の順にクリックし、Web ロールとして追加するプロジェクトを選択して、[OK] ボタンをクリックします。To do this, open the shortcut menu for the Roles folder in your Azure project, choose Add, then Web Role Project in solution, choose the project to add as a web role, and then choose the OK button.

アプリケーションでの Azure SQL Database の使用Use an Azure SQL Database for Your Application

オンプレミスの SQL Server データベースを使用する Web アプリケーションの接続文字列がある場合、Azure でホストされる SQL Database のインスタンスを代わりに使用するために、この接続文字列を変更する必要があります。If you have a connection string for your web application that uses a SQL Server database that's on the premises, you must change this connection string to use an instance of SQL Database that Azure hosts instead.

重要

サブスクリプションで SQL Database を使用できるようにする必要があります。Your subscription must enable you to use SQL Database. Azure クラシック ポータルからサブスクリプションにアクセスすると、サブスクリプションで提供されるサービスを確認できます。If you access your subscription from the Azure classic portal, you can determine what services your subscription provides. 次の手順は、リリース済みの Azure クラシック ポータルに適用されます。The following instructions apply to the released Azure classic portal. Azure ポータルを使用している場合は、この次の手順に進んでください。If you are using the Azure portal, skip to the next procedure.

Web ロールで接続文字列に SQL Database インスタンスを使用するにはTo use a SQL Database instance in your web role for your connection string

  1. Azure クラシック ポータルで SQL Database のインスタンスを作成するには、SQL Database サーバーの作成に関する記事の手順に従います。To create an instance of SQL Database in the Azure classic portal, follow the steps in the following article: Create a SQL Database Server.

    注意

    SQL Database インスタンスのファイアウォール規則を設定するときに、 [Microsoft Azure サービスにサーバーへのアクセスを許可します] チェック ボックスをオンにする必要があります。When you set up the firewall rules for your instance of SQL Database, you must select the Allow other Azure services to access this server check box.

  2. 接続文字列に使用する SQL Database インスタンスを作成するには、「 SQL Database の作成」に関する記事の次のセクションの手順に従います。To create an instance of SQL Database to use for your connection string, follow the steps in the next section in the following article: Create a SQL Database.
  3. 接続文字列に使用する ADO.NET 接続文字列をコピーするには、 Azure クラシック ポータルで次の手順を実行します。To copy the ADO.NET connection string to use for your connection string, perform the following steps in the Azure classic portal.

    1. [データベース] ボタンをクリックし、SQL Database インスタンスを作成する際に使用したサブスクリプションのノードを開きます。Choose the Database button, and then open the node for the subscription that you used to create your instance of SQL Database.
    2. SQL Database の使用可能なインスタンスを表示するには、 [SQL Database] ノードを選択します。To display the available instances of SQL Database, choose the SQL Databases node.
    3. データベースのプロパティを表示するには、データベースを選択します。To display the properties for the database, choose the database. [プロパティ] ビューが表示されます。The Properties view appears.

      注意

      [プロパティ] ビューが表示されない場合は、分割バーを使用してビューを開く必要があります。If the Properties view doesn't appear, you might need to open it by using the divider.

    4. 接続文字列を表示するには、[表示] の横にある省略記号 (...) ボタンをクリックします。To display the connection strings, choose the ellipsis (...) button next to View.

      [接続文字列] ダイアログ ボックスが表示されます。The Connection Strings dialog box appears.

    5. ADO.NET 接続文字列をコピーするには、テキストを強調表示し、Ctrl キーを押しながら C キーを押します。To copy the ADO.NET connection string, highlight the text, and choose the Ctrl+C keys.
    6. ダイアログ ボックスを閉じるには、 [閉じる] ボタンをクリックします。To close the dialog box, choose the Close button.
  4. SQL Database のこのインスタンスを使用するために、web.config ファイルで接続文字列を置き換えるには、web.config ファイルを開き、既存の接続文字列エントリを強調表示して、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。To replace the connection string in the web.config file to use this instance of SQL Database, open the web.config file, highlight the existing connection string entry, and then choose the Ctrl+V keys. 既存の接続文字列が、SQL Database インスタンスの ADO.NET 接続文字列で置き換えられます。The ADO.NET connection string for the instance of SQL Database replaces the existing connection string.
  5. 接続文字列に MultipleActiveResultSets=True パラメーターを追加することも必要です。You must also add the parameter MultipleActiveResultSets=True to the connection string. 接続文字列は、次の形式にする必要があります。The connection string should have the following format:

    connectionString=”Server=tcp:<database_server>.database.windows.net,1433;Database=<database_name>;User ID=<user_name>@<database_server>;Password=<myPassword>;Trusted_Connection=False;Encrypt=True;MultipleActiveResultSets=True"
    
  6. (省略可能) web.config ファイルで接続文字列を直接変更する代わりに、サービス パッケージを作成する際に使用するビルド構成に応じて、いずれかの web.config 変換ファイルにセクションを追加することもできます。(Optional) An alternative method to changing the connection string directly in the web.config file is to add a section into one of the web.config transformation files, depending on the build configuration that you use to create your service package. Web.Debug.Config ファイルまたは Web.Release.Config ファイルを開きます。Open either the Web.Debug.Config file or the Web.Release.Config file. このファイルに次のセクションを追加します。Add the following section into this file:

    XMLCopy<connectionStrings><addname="DefaultConnection"connectionString="Server=tcp:<database_server>.database.windows.net,1433;Database=<database_name>;User ID=<user_name>@<database_server>;Password=<myPassword>;Trusted_Connection=False;Encrypt=True;MultipleActiveResultSets=True"xdt:Transform="SetAttributes"xdt:Locator="Match(name)"/></connectionStrings>
    
  7. 変更したファイルを保存し、アプリケーションを再発行します。Save the file that you modified and republish your application.

Azure クラシック ポータルを使用して SQL Database のインスタンスを使用するにはTo use an instance of SQL Database by using the Azure classic portal

  1. Azure クラシック ポータルで [SQL Database] ノードを選択します。In the Azure classic portal, choose the SQL Databases node.

    • 使用する SQL Database インスタンスが表示されたら、インスタンスを選択して開きます。If the instance of SQL Database that you want to use appears, choose to open it.
    • インスタンスをまだ作成していない場合は、該当するリンクをクリックし、インスタンスを作成します。If you haven't created any instances, choose the appropriate link, and then create an instance.
  2. データベース インスタンスを開くか、インスタンスを作成したら、 [接続文字列] リンクを選択します。After you open or create a database instance, choose the Connection Strings link.
  3. ページの下部にある、ファイアウォール設定を構成するためのリンクをクリックし、既定値をそのまま使用するか、必要な値を構成します。At the bottom of the page, choose the link to configure firewall settings, and accept the default values or configure the values that you need.
  4. ADO.NET 接続文字列をコピーし、web.config ファイルに貼り付けて、オンプレミス データベースの古い接続文字列を上書きします。また、MultipleActiveResultSets=True を必ず追加します。Copy the ADO.NET connection string, paste it into your web.config file over the old connection string for the on-premises database, and be sure to add MultipleActiveResultSets=True.

Azure への Web アプリケーションの発行Publish a Web Application to Azure

Azure に Web アプリケーションを発行するにはTo publish a Web application to Azure

  1. Azure コンピューティング エミュレーターを使用して、ローカル開発環境でアプリケーションをテストするには、Web ロールの Azure プロジェクトのショートカット メニューを開き、 [スタートアップ プロジェクトに設定]を選択します。To test the application in the local development environment using the Azure compute emulator, open the shortcut menu for the Azure project for the web role and choose Set as Startup Project. 次に、[デバッグ][デバッグの開始] の順に選択します (または、キーボードの F5 キーを押します)。Then choose Debug, Start Debugging (Keyboard: F5).

    [Azure デバッグ環境の起動] ダイアログ ボックスが開き、ブラウザーでアプリケーションが起動します。The Start the Azure Debugging Environment dialog box opens and the application starts in the browser. コンピューティング エミュレーターで各種 Web アプリケーションを起動する方法の詳細については、このセクションの表をご覧ください。For specific details about how to start each type of web application in the compute emulator, see the table in this section.

  2. Azure に発行するアプリケーションのサービスを設定するには、Microsoft アカウントと Azure サブスクリプションが必要です。To set up the services for your application to publish to Azure, you must have a Microsoft account and an Azure subscription. Visual Studio からの Azure アプリケーションの発行またはデプロイの準備」の手順に従って、サービスを設定します。Use the steps in the following topic to set up your services: Prepare to publish or deploy an Azure application from Visual Studio.
  3. Web アプリケーションを Azure に発行するには、Web プロジェクトのショートカット メニューを開き、 [Azure への発行]を選択します。To publish the web application to Azure, open the shortcut menu for the web project and choose Publish to Azure.

    [Azure アプリケーションの公開] ダイアログ ボックスが開き、Visual Studio でデプロイメント プロセスが開始されます。The Publish Azure Application dialog box opens and Visual Studio starts the deployment process. アプリケーションを発行する方法の詳細については、「 Azure Tools を使用したクラウド サービスの発行 」の Visual Studio からの Azure アプリケーションの発行に関するセクションを参照してください。For more information about how to publish the application, see the section Publish an Azure Application from Visual Studio in Publishing a Cloud Service using the Azure Tools.

    注意

    Web アプリケーションは Azure プロジェクトから発行することもできます。You can also publish the web application from the Azure project. そのためには、Azure プロジェクトのショートカット メニューを開き、 [発行]を選択します。To do this, open the shortcut menu for the Azure project and choose Publish.

  4. デプロイメントの進行状況は、 [Microsoft Azure のアクティビティ ログ] ウィンドウで確認できます。To see the progress of the deployment, you can view the Azure Activity Log window. このログは、デプロイメント プロセスの開始時に自動的に表示されます。This log is automatically displayed when the deployment process starts. 次の図に示すように、アクティビティ ログの行項目を展開して詳細情報を表示できます。You can expand the line item in the activity log to show detailed information, as shown in the following illustration:

    VST_AzureActivityLog

  5. (省略可能) デプロイメント プロセスをキャンセルするには、アクティビティ ログの行項目のショートカット メニューを開き、 [取り消して削除]を選択します。(Optional) To cancel the deployment process, open the shortcut menu for the line item in the activity log and choose Cancel and remove. これにより、デプロイ プロセスが停止し、Azure からデプロイ環境が削除されます。This stops the deployment process and deletes the deployment environment from Azure.

    注意

    このデプロイ環境をデプロイ後に削除するには、 Azure クラシック ポータルを使用する必要があります。To remove this deployment environment after it has been deployed, you must use the Azure classic portal.

  6. (省略可能) ロール インスタンスが起動すると、Visual Studio の Cloud Explorer またはサーバー エクスプローラー[Azure コンピューティング] ノードにデプロイメント環境が自動的に表示されます。(Optional) After your role instances have started, Visual Studio automatically shows the deployment environment in the Azure Compute node in Cloud Explorer or Server Explorer. ここから、個々のロール インスタンスの状態を確認できます。From here you can view the status of the individual role instances.

    次の図は、まだ初期化中の状態である サーバー エクスプローラー 内のロール インスタンスを示しています。The following illustration shows the role instances in Server Explorer while they are still in the Initializing state:

    VST_DeployComputeNode

  7. デプロイメント後、アプリケーションにアクセスするには、[Microsoft Azure のアクティビティ ログ][完了] 状態が表示されているときに、デプロイメントの横の矢印をクリックします。To access your application after deployment, choose the arrow next to your deployment when a status of Completed appears in the Azure Activity log. これにより、Azure での Web アプリケーションの URL が表示されます。This displays the URL for your web application in Azure. Azure から特定の種類の Web アプリケーションを起動する方法の詳細については、次の表をご覧ください。See the following table for the details about how to start a specific type of web application from Azure.

    Azure から特定の Web アプリケーションを起動する方法、または Azure コンピューティング エミュレーターを使用して Web アプリケーションをローカルで実行またはデバッグする方法の詳細を次の表に示します。The following table lists the details about how to start specific web applications from Azure or to run or debug a web application locally using the Azure Compute Emulator:

    Web アプリケーションの種類Web Application Type コンピューティング エミュレーターを使用したローカルでの実行/デバッグRun/Debug Locally Using the Compute Emulator Azure での実行Running in Azure
    ASP.NET Web アプリケーションASP.NET Web Application メニュー バーで、[デバッグ][デバッグの開始] の順に選択します (または、キーボードの F5 キーを押します)。On the menu bar, choose Debug, Start Debugging (Keyboard: Choose the F5 key.). [Microsoft Azure のアクティビティ ログ][デプロイメント] タブに表示される URL ハイパーリンクを選択して、ブラウザーでスタート ページを読み込みます。Choose the URL hyperlink displayed in the Deployment tab for the Azure Activity log to load the start page in the browser.
    ASP.NET MVC 2 Web アプリケーションASP.NET MVC 2 Web Application メニュー バーで、[デバッグ][デバッグの開始] の順に選択します (または、キーボードの F5 キーを押します)。On the menu bar, choose Debug, Start Debugging (Keyboard: Choose the F5 key.). [Microsoft Azure のアクティビティ ログ][デプロイメント] タブに表示される URL ハイパーリンクを選択して、ブラウザーでスタート ページを読み込みます。Choose the URL hyperlink displayed in the Deployment tab for the Azure Activity log to load the start page in the browser.
    ASP.NET MVC 3 Web アプリケーションASP.NET MVC 3 Web Application メニュー バーで、[デバッグ][デバッグの開始] の順に選択します (または、キーボードの F5 キーを押します)。On the menu bar, choose Debug, Start Debugging (Keyboard: Choose the F5 key.). [Microsoft Azure のアクティビティ ログ][デプロイメント] タブに表示される URL ハイパーリンクを選択して、ブラウザーでスタート ページを読み込みます。Choose the URL hyperlink displayed in the Deployment tab for the Azure Activity log to load the start page in the browser.
    ASP.NET MVC 4 Web アプリケーションASP.NET MVC 4 Web Application メニュー バーで、[デバッグ][デバッグの開始] の順に選択します (または、キーボードの F5 キーを押します)。On the menu bar, choose Debug, Start Debugging (Keyboard: Choose the F5 key.). [Microsoft Azure のアクティビティ ログ][デプロイメント] タブに表示される URL ハイパーリンクを選択して、ブラウザーでスタート ページを読み込みます。Choose the URL hyperlink displayed in the Deployment tab for the Azure Activity log to load the start page in the browser.
    空の ASP.NET Web アプリケーションASP.NET Empty Web Application Web プロジェクトのスタート ページとして設定したアプリケーションに .aspx ページを追加する必要があります。You must add an .aspx page in your application that you set as the start page for your web project. 次にメニュー バーで、[デバッグ][デバッグの開始] の順に選択します (または、キーボードの F5 キーを押します)。Then on the menu bar, choose Debug, Start Debugging (Keyboard: Choose the F5 key.). アプリケーションで既定の .aspx ページを使用している場合は、[Microsoft Azure のアクティビティ ログ][デプロイメント] タブに表示される URL ハイパーリンクを選択すると、ブラウザーでそのページが読み込まれます。If you have a default .aspx page in your application, choose the URL hyperlink displayed in the Deployment tab for the Azure Activity log and this page is loaded in the browser. 別の .aspx ページを使用している場合は、 <url for deployment>/<name of page>.aspxIf you have a different .aspx page, you need to navigate to this specific page using the following format for your url: <url for deployment>/<name of page>.aspx
    Silverlight アプリケーションSilverlight Application メニュー バーで、[デバッグ][デバッグの開始] の順に選択します (または、キーボードの F5 キーを押します)。On the menu bar, choose Debug, Start Debugging (Keyboard: Choose the F5 key.). <url for deployment>/<name of page>.aspxYou need to navigate to the specific page for your application using the following format for your url: <url for deployment>/<name of page>.aspx
    Silverlight ビジネス アプリケーションSilverlight Business Application メニュー バーで、[デバッグ][デバッグの開始] の順に選択します (または、キーボードの F5 キーを押します)。On the menu bar, choose Debug, Start Debugging (Keyboard: Choose the F5 key.). <url for deployment>/<name of page>.aspxYou need to navigate to the specific page for your application using the following format for your url: <url for deployment>/<name of page>.aspx
    Silverlight ナビゲーション アプリケーションSilverlight Navigation Application メニュー バーで、[デバッグ][デバッグの開始] の順に選択します (または、キーボードの F5 キーを押します)。On the menu bar, choose Debug, Start Debugging (Keyboard: Choose the F5 key.). 形式の URL を使用して、アプリケーションの特定のページに移動する必要があります。<url for deployment>/<name of page>.aspxYou need to navigate to the specific page for your application using the following format for your url:<url for deployment>/<name of page>.aspx
    WCF サービス アプリケーションWCF Service Application .svc ファイルを WCF サービス プロジェクトのスタート ページとして設定する必要があります。You must set the .svc file as the start page for your WCF Service project. 次にメニュー バーで、[デバッグ][デバッグの開始] の順に選択します (または、キーボードの F5 キーを押します)。Then on the menu bar, choose Debug, Start Debugging (Keyboard: Choose the F5 key.). <url for deployment>/<name of service file>.svcYou need to navigate to the svc file for your application using the following format for your url: <url for deployment>/<name of service file>.svc
    WCF ワークフロー サービス アプリケーションWCF Workflow Service Application .svc ファイルを WCF サービス プロジェクトのスタート ページとして設定する必要があります。You must set the .svc file as the start page for your WCF Service project. 次にメニュー バーで、[デバッグ][デバッグの開始] の順に選択します (または、キーボードの F5 キーを押します)。Then on the menu bar, choose Debug, Start Debugging (Keyboard: Choose the F5 key.). <url for deployment>/<name of service file>.svcYou need to navigate to the svc file for your application using the following format for your url: <url for deployment>/<name of service file>.svc
    ASP.NET 動的エンティティASP.NET Dynamic Entities メニュー バーで、[デバッグ][デバッグの開始] の順に選択します (または、キーボードの F5 キーを押します)。On the menu bar, choose Debug, Start Debugging (Keyboard: Choose the F5 key.). 接続文字列を更新する必要があります (次のセクションを参照)。You must update the connection string (see next section). また、 <url for deployment>/<name of page>.aspxYou also need to navigate to the specific page for your application using the following format for your url: <url for deployment>/<name of page>.aspx
    ASP.NET 動的データ LINQ to SQLASP.NET Dynamic Data Linq to SQL メニュー バーで、[デバッグ][デバッグの開始] の順に選択します (または、キーボードの F5 キーを押します)。On the menu bar, choose Debug, Start Debugging (Keyboard: Choose the F5 key.). 「アプリケーションでの Azure SQL Database の使用」の手順に従う必要があります (このトピックの前のセクションを参照)。You must follow the steps in this procedure: Use a SQL Azure database for your application (see earlier section in this topic). また、 <url for deployment>/<name of page>.aspxYou also need to navigate to the specific page for your application using the following format for your url: <url for deployment>/<name of page>.aspx

ASP.NET 動的エンティティの接続文字列の更新Update a Connection String for ASP.NET Dynamic Entities

ASP.NET 動的エンティティの接続文字列を更新するにはTo Update a Connection String for ASP.NET Dynamic Entities

  1. ASP.NET 動的エンティティ Web アプリケーションで使用できる SQL Azure データベースを作成するには、前述の「 アプリケーションでの Azure SQL Database の使用 」の手順に従います。To create a SQL Azure database that can be used for a ASP.NET Dynamic Entities web application, follow the steps in the procedure Use a SQL Azure database for your application earlier in this topic.
  2. Azure クラシック ポータルからこのデータベースに必要なテーブルとフィールドを追加します。Add the tables and fields that you need for this database from the Azure classic portal.
  3. この種類のアプリケーションの接続文字列は、web.config ファイルで次の形式になっています。The connection string for this type of application has the following format in the web.config file:

    <addname="tempdbEntities"connectionString="metadata=res://*/Model1.csdl|res://*/Model1.ssdl|res://*/Model1.msl;provider=System.Data.SqlClient;provider connection string=&quot;data source=<server name>\SQLEXPRESS;initial catalog=<database name>;integrated security=True;multipleactiveresultsets=True;App=EntityFramework&quot;"providerName="System.Data.EntityClient"/>
    

    SQL Azure データベースの ADO.NET 接続文字列の connectionString 値を次のように更新します。Update the connectionString value with the ADO.NET connection string for your SQL Azure database as follows:

    XMLCopy<addname="tempdbEntities"connectionString="metadata=res://*/Model1.csdl|res://*/Model1.ssdl|res://*/Model1.msl;provider=System.Data.SqlClient;provider connection string=&quot;Server=tcp:<SQL Azure server name>.database.windows.net,1433;Database=<database name>;User ID=<user name>;Password=<password>;Trusted_Connection=False;Encrypt=True;multipleactiveresultsets=True;App=EntityFramework&quot;"providerName="System.Data.EntityClient"/>
    
  4. 接続文字列を変更した web.config ファイルを保存するには、メニュー バーで [ファイル][web.config の保存] の順に選択します。To save the web.config file with the changes that you have made to the connection string, on the menu bar choose File, Save web.config.

サポートされているプロジェクト テンプレートSupported Project Templates

Azure に Web アプリケーションを発行するには、次の表に記載されている C# または Visual Basic のプロジェクト テンプレートのいずれかをアプリケーションで使用する必要があります。To publish a web application to Azure, the application must use one of the project templates for C# or Visual Basic that is listed in the table below.

プロジェクト テンプレート グループProject Template Group プロジェクト テンプレートProject Template
WebWeb ASP.NET Web アプリケーションASP.NET Web Application
WebWeb ASP.NET MVC 2 Web アプリケーションASP.NET MVC 2 Web Application
WebWeb ASP.NET MVC 3 Web アプリケーションASP.NET MVC 3 Web Application
WebWeb ASP.NET MVC 4 Web アプリケーションASP.NET MVC4 Web Application
WebWeb 空の ASP.NET Web アプリケーションASP.NET Empty Web Application
WebWeb 空の ASP.NET MVC 2 Web アプリケーションASP.NET MVC 2 Empty Web Application
WebWeb ASP.NET 動的データ エンティティ Web アプリケーションASP.NET Dynamic Data Entities Web Application
WebWeb ASP.NET 動的データ LINQ to SQL Web アプリケーションASP.NET Dynamic Data Linq to SQL Web Application
SilverlightSilverlight Silverlight アプリケーションSilverlight Application
SilverlightSilverlight Silverlight ビジネス アプリケーションSilverlight Business Application
SilverlightSilverlight Silverlight ナビゲーション アプリケーションSilverlight Navigation Application
WCFWCF WCF サービス アプリケーションWCF Service Application
WCFWCF WCF ワークフロー サービス アプリケーションWCF Workflow Service Application
ワークフローWorkflow WCF ワークフロー サービス アプリケーションWCF Workflow Service Application

次のステップNext Steps

発行の詳細については、「 Visual Studio からの Azure アプリケーションの発行またはデプロイの準備」を参照してください。For more information on publishing, see Prepare to Publish or Deploy an Azure Application from Visual Studio. また、「 名前付き認証資格情報の設定」も確認してください。Also check out Setting Up Named Authentication Credentials.