Microsoft Azure Storage Explorer のリリース ノートMicrosoft Azure Storage Explorer release notes

この記事には、Azure Storage Explorer の最新のリリース ノートだけでなく、以前のバージョンのリリース ノートも含まれています。This article contains the latest release notes for Azure Storage Explorer, as well as release notes for previous versions.

Microsoft Azure Storage Explorer は、Windows、macOS、Linux で Azure Storage データを容易に操作できるスタンドアロン アプリです。Microsoft Azure Storage Explorer is a standalone app that enables you to easily work with Azure Storage data on Windows, macOS, and Linux.

以前のバージョンの Storage Explorer をダウンロードするには、GitHub リポジトリのリリース ページにアクセスします。To download previous versions of Storage Explorer, you can visit the Releases page of our GitHub repo.

バージョン 1.11.0Version 1.11.0

2019 年 11 月 4 日11/4/2019

新規New

  • Blob、ADLS Gen2 およびマネージド ディスクの操作では、統合された AzCopy を使用します。Operations for Blobs, ADLS Gen2 and Managed Disks use the integrated AzCopy. 具体的には、AzCopy を使用して次の操作を実行します。More specifically, the following operations are done using AzCopy:

    • BLOBBlobs
      • 編集のための開く操作、およびアップロードOpen for editing + Upload
      • アップロード (ドラッグ アンド ドロップを含む)Upload, including drag & drop
      • ダウンロードDownload
      • コピー/貼り付け (#1249)Copy & paste #1249
      • 削除Delete
    • ADLS Gen2 BLOBADLS Gen2 Blobs
      • アップロード (ドラッグ アンド ドロップを含む)Upload, including drag & drop
      • ダウンロードDownload
      • コピー/貼り付けCopy & paste
      • 削除 (フォルダーの削除を含む)Delete, including folder delete
    • Managed DisksManaged Disks
      • アップロードUpload
      • ダウンロードDownload
      • コピー/貼り付けCopy & paste

    さらに、頻繁に要求されるいくつかの機能が、統合された AzCopy エクスペリエンスに追加されました。Additionally, several frequently requested features have been added to the integrated AzCopy experience:

    • 競合の解決 - 競合を解決するための転送中に、プロンプトが表示されます。Conflict resolutions - you will be prompted during transfers to resolve conflicts. #1455#1455
    • ページ BLOB としてアップロード - AzCopy から .vhd ファイルと .vhdx ファイルをページ BLOB としてアップロードするかどうかを選択できます。Upload as page blobs - you can choose whether or not AzCopy uploads .vhd and .vhdx files as page blobs. #1164 および #1601#1164 and #1601
    • 構成可能な AzCopy パラメーター - AzCopy のパフォーマンスとリソースの使用量を調整するために、いくつかの設定が追加されました。Configurable AzCopy parameters - Several settings have been added to tune AzCopy's performance and resource usage. 詳細については、以下を参照してください。See more details below.
  • ADLS Gen2 と BLOB のマルチプロトコル アクセスを有効にして、ADLS Gen2 エクスペリエンスをさらに強化するために、ADLS Gen2 アカウントについて次の機能を追加しました。To enable ADLS Gen2 and Blobs multi-protocol access and further enhance ADLS Gen2 experiences, we have added the following features for the ADLS Gen2 accounts:

    • ACL アクセス許可を設定するためのフレンドリ名を使用した検索Search using friendly names to set ACL permissions
    • $logs や $web などの非表示のコンテナーの表示View hidden containers, such as $logs and $web
    • コンテナーのリースの取得と解約Acquire and break container lease
    • BLOB リースの取得と解約 (#848)Acquire and break Blob lease #848
    • コンテナーのアクセス ポリシーの管理Manage container access policies
    • BLOB アクセス層の構成Configure Blob access tiers
    • BLOB のコピー/貼り付けCopy & Paste Blobs
  • このリリースでは、追加の 17 言語をプレビューしています。In this release, we are previewing 17 additional languages. [アプリケーション] > [地域の設定] > [言語 (プレビュー)] の下の [設定] ページで、任意の言語に切り替えることができます。You can switch to a language of your choice on the settings page under "Application" → "Regional Settings" → "Language (Preview)". 追加の文字列の翻訳、および翻訳品質の向上については、今もなお取り組んでいます。We are still working hard on translating additional strings and improving the translation quality. 翻訳に関するフィードバックがある場合、または未翻訳の文字列があることに気付いた場合は、GitHub でイシューを開いてくださいShould you have any feedback regarding a translation, or if you notice a string which is not yet translated, please open an issue on GitHub.

  • リリースでは毎回、Storage Explorer の微調整を有効にするためのいくつかの設定をオンボードする試みを行っています。In every release, we try to onboard a few settings to enable fine turning Storage Explorer. このリリースでは、AzCopy をさらに構成するためだけではなく、サービス ノードを非表示にするための設定を追加しました。In this release, we added settings to further configure AzCopy as well as to hide service nodes:

    • AzCopy 帯域幅の制限 - AzCopy で使用されるネットワークの帯域幅を制御するのに役立ちます。AzCopy bandwidth limit - helps control how much of the network AzCopy uses. この設定は、[転送] > [AzCopy] > [最大転送速度] で確認できます。You can find this setting at "Transfers" → "AzCopy" → "Maximum transfer rate". #1099#1099
    • AzCopy MD5 チェック - ダウンロード時に AzCopy で MD5 ハッシュを厳密にチェックするかどうかと、その方法を構成できます。AzCopy MD5 check - lets you configure if and how strictly AzCopy checks for MD5 hashes on download. この設定は、[転送] > [AzCopy] > [MD5 の確認] で確認できます。You can find this setting at "Transfers" → "AzCopy" → "Check MD5".
    • AzCopy のコンカレンシーとメモリのバッファー サイズ - 既定では、AzCopy によってコンピューターが分析され、これらの設定に対して適切な既定値が決定されます。AzCopy concurrency and memory buffer size - by default AzCopy will analyze your machine to determine reasonable default values for these settings. ただし、パフォーマンスの問題が発生した場合は、これらの詳細設定を使用して、コンピューター上での AzCopy の実行方法をさらにカスタマイズできます。But if you run into performance problems, these advanced settings can be used to further tailor how AzCopy runs on your computer. これらの設定は、[転送] > [AzCopy] で確認できます。You can find these settings under "Transfers" → "AzCopy". #994#994
    • サービスノードの表示と非表示 - これらの設定では、Storage Explorer がサポートしているすべての Azure サービスを表示または非表示にするオプションが提供されます。Display and hide service nodes - these settings give you the options to display or hide any of the Azure services that Storage Explorer supports. これらの設定は、[サービス] セクションで確認できます。You can find these settings under the "Services" section. #1877#1877
  • マネージド ディスクのスナップショットを作成するときに、既定の名前が提供されるようになりました。When creating a Snapshot of a Managed Disk, a default name is now provided. #1847#1847

  • Azure AD を使用してアタッチするときに ADLS Gen2 BLOB コンテナーをアタッチする場合、ノードの横に "(ADLS Gen2)" と表示されます。When attaching with Azure AD, if you attach an ADLS Gen2 Blob container, then "(ADLS Gen2)" will be shown next to the node. #1861#1861

修正Fixes

  • 大容量ディスクをコピー、アップロード、またはダウンロードするときに、Storage Explorer では、操作に関係するディスクへのアクセスの取り消しが失敗することがありました。When copying, uploading, or downloading large Disks, Storage Explorer would sometimes fail to revoke access to the disks involved in the operation. この問題は修正されています。This has been fixed. #2048#2048
  • パーティション キー クエリを表示するときに、テーブルの統計が失敗していました。Table statistics failed when viewing a partition key query. この問題は修正されています。This has been fixed. #1886#1886

既知の問題Known Issues

  • Storage Explorer 1.11.0 では、ADLS Gen2 コンテナーへのアタッチに DFS エンドポイント ("myaccount.dfs.core.windows.net" など) が必要になりました。Storage Explorer 1.11.0 now requires a DFS endpoint (such as "myaccount.dfs.core.windows.net") to attach to ADLS Gen2 containers. 以前のバージョンの Storage Explorer では、BLOB エンドポイントを使用できました。Previous versions of Storage Explorer allowed you to use a blob endpoint. これらのアタッチは、1.11.0 へのアップグレード後に機能しなくなる可能性があります。These attachments may no longer work after upgrading to 1.11.0. この問題が発生した場合は、DFS エンドポイントを使用して再アタッチします。If you encounter this problem, reattach using the DFS endpoint.

  • 数値の設定が有効な範囲内にあるかどうかについてのチェックが行われません。(#2140)Numeric settings are not checked for whether they lie in a valid range.#2140

  • ツリー ビューで BLOB コンテナーを 1 つのストレージ アカウントから別のストレージ アカウントにコピーすると、失敗する場合があります。Copying blob containers from one storage account to another in the tree view may fail. この問題は調査中です。(#2124)We are investigating the issue.#2124

  • 自動更新設定は、BLOB エクスプローラーでのすべての操作にはまだ影響しません。The Auto Refresh setting does not yet affect all operations in the Blob Explorer.

  • マネージド ディスクの機能は、Azure Stack ではサポートされていません。Managed Disk features are not supported in Azure Stack.

  • ディスクのアップロードまたは貼り付けが失敗し、その失敗の前に新しいディスクが作成されていた場合、Storage Explorer はそのディスクを削除しません。If a Disk upload or paste fails and a new Disk was created prior to the failure, Storage Explorer will not delete the Disk for you.

  • ディスクのアップロードまたは貼り付けをキャンセルしたタイミングによっては、新しいディスクが破損した状態で残される可能性があります。Depending on when you cancel a Disk upload or paste, it is possible to leave the new Disk in a corrupted state. この問題が発生した場合は、新しいディスクを削除するか、Disk API を手動で呼び出して、破損していない状態になるようにディスクの内容を置き換える必要があります。If this happens, you either need to delete the new Disk, or manually call the Disk APIs to replace the contents of the Disk such that it is no longer corrupted.

  • RBAC を使用する場合、Storage Explorer は、ストレージ リソースにアクセスするために管理レイヤーのアクセス許可を必要とします。When using RBAC, Storage Explorer requires some management layer permissions in order to access your storage resources. 詳細については、トラブルシューティング ガイドを参照してください。See the troubleshooting guide for more info.

  • BLOB コンテナーなど、SAS URI を使用してアタッチされているリソースからデタッチすると、他のアタッチが正しく表示されないエラーが発生することがあります。Detaching from a resource attached via SAS URI, such as a blob container, may cause an error that prevents other attachments from showing up correctly. この問題は、グループ ノードを更新するだけで回避できます。To work around this issue, just refresh the group node. 詳細については、#537 をご覧ください。See #537 for more information.

  • VS for Mac を使用しており、カスタム AAD 構成を作成したことがある場合、サインインできないことがあります。If you use VS for Mac and have ever created a custom AAD configuration, you may be unable to sign-in. この問題を回避するには、~/.IdentityService/AadConfigurations の内容を削除します。To work around the issue, delete the contents of ~/.IdentityService/AadConfigurations. これを行ってもブロックが解除されない場合は、この問題についてコメントをお寄せください。If doing so does not unblock you, comment on this issue.

  • Azurite は、すべての Storage API を完全に実装しているわけではありません。Azurite has not yet fully implemented all Storage APIs. そのため、開発ストレージに Azurite を使用すると、予期しないエラーや動作が発生する可能性があります。Because of this, there may be unexpected errors or behavior when using Azurite for development storage.

  • まれに、ツリーのフォーカスがクイック アクセスから移動しなくなることがあります。In rare cases, the tree focus may get stuck on Quick Access. フォーカスを移動できるようにするには、[すべて更新] をクリックします。To unstick the focus, you can Refresh All.

  • NodeJS のバグが原因で、OneDrive フォルダーからのアップロードが機能しません。Uploading from your OneDrive folder does not work because of a bug in NodeJS. バグは修正されましたが、Electron にまだ統合されていません。The bug has been fixed, but not yet integrated into Electron. BLOB コンテナーにアップロードするとき、または BLOB コンテナーからダウンロードするときに、この問題を回避するには、試験段階の AzCopy 機能を使用できます。To work around this issue when uploading to or downloading from a blob container, you can use the experimental AzCopy feature.

  • Azure Stack を対象にしている場合、一部のファイルについては、追加 BLOB としてアップロードできない可能性があります。When targeting Azure Stack, uploading certain files as append blobs may fail.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、こちらで説明したフィルターのキャンセル回避策を使用しているためです。This is because we are using the cancel filter work around described here.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • Azure Stack では、次の機能はサポートされません。Azure Stack does not support the following features. Azure Stack リソースを操作しているときに、これらの機能を使用しようとすると、予期しないエラーが発生する場合があります。Attempting to use these features while working with Azure Stack resources may result in unexpected errors.

    • ファイル共有File shares
    • アクセス層Access tiers
    • 論理的な削除Soft Delete
    • ADLS Gen2ADLS Gen2
    • Managed DisksManaged Disks
  • Storage Explorer で使用されている Electron シェルには、一部の GPU (グラフィックス処理装置) ハードウェア アクセラレータで問題が発生します。The Electron shell used by Storage Explorer has trouble with some GPU (graphics processing unit) hardware acceleration. Storage Explorer に空白 (空) のメイン ウィンドウが表示される場合は、コマンド ラインから Storage Explorer を起動し、--disable-gpu スイッチを追加して、GPU アクセラレータを無効にしてみてください: If Storage Explorer is displaying a blank (empty) main window, you can try launching Storage Explorer from the command line and disabling GPU acceleration by adding the --disable-gpu switch:

    ./StorageExplorer.exe --disable-gpu
    
  • Linux で Storage Explorer を実行するには、特定の依存関係を先にインストールする必要があります。Running Storage Explorer on Linux requires certain dependencies to be installed first. 詳細については、Storage Explorer のトラブルシューティング ガイドをご確認ください。Check the Storage Explorer troubleshooting guide for more information.

以前のリリースPrevious releases

バージョン 1.10.1Version 1.10.1

2019 年 9 月 19 日9/19/2019

修正プログラムHotfix

  • 一部のユーザーが ADLS Gen 1 アカウントでデータを表示しようとしているときに、1.10.0 でエラーが発生しました。Some users encountered an error in 1.10.0 while attempting to view their data in their ADLS Gen 1 accounts. このエラーによって、[エクスプローラー] パネルが正しく表示されませんでした。This error prevented the explorer panel from rendering properly. この問題は修正されています。This has been fixed. #1853 #1865#1853 #1865

新規New

  • Storage Explorer で専用の設定 UI が利用できるようになりました。Storage Explorer now has a dedicated Settings UI. アクセスするには、[編集]→[設定] の順に選択するか、左側の垂直ツールバーの [設定] アイコン (歯車) をクリックします。You can access it either from Edit → Settings, or by clicking on the Settings icon (the gear) in the left-hand vertical toolbar. この機能は、ユーザーによってリクエストされたさまざまな設定の提供に向けた最初の一歩です。This feature is the first step we're taking towards providing a variety of user requested settings. このリリースから、次の設定がサポートされるようになりました。Starting in this release the following settings are supported:
    • テーマTheme
    • Proxy (プロキシ)Proxy
    • 終了時のログアウト (#6)Logout on exit #6
    • デバイス コード フローのサインインの有効化Enable device code flow sign-in
    • 自動更新 (#1526)Auto refresh #1526
    • AzCopy の有効化Enable AzCopy
    • AzCopy の SAS 期間。他に追加して表示したい設定がある場合は、表示したい設定について説明し、GitHub に問題を投稿してください。AzCopy SAS duration If there are other settings you would like to see added, please open an issue on GitHub describing the setting you want to see.
  • Storage Explorer でマネージド ディスクがサポートされるようになりました。Storage Explorer now supports Managed Disks. 次のようにすることができます。You can:
    • オンプレミスの VHD を新しいディスクにアップロードするUpload an on-premises VHD to a new Disk
    • ディスクをダウンロードするDownload a Disk
    • 複数のリソース グループおよびリージョン間でディスクのコピーと貼り付けを行うCopy and paste disks across resource groups and regions
    • ディスクを削除するDelete Disks
    • ディスクのスナップショットを作成するCreate a Snapshot of a Disk

ディスクのアップロード、ダウンロード、およびリージョン間のコピーは、AzCopy v10 を利用して行われます。The uploading, downloading, and cross-region copying of disks are powered by AzCopy v10.

  • Linux の Snap Store を介して Storage Explorer をインストールできるようになりました。Storage Explorer can now be installed via the Snap store on Linux. Snap Store を介してインストールすると、.NET Core を含めてすべての依存関係がインストールされます。When you install via the Snap store, all dependencies are installed for you, including .NET Core! 現時点では、Ubuntu および CentOS で Storage Explorer が正常に動作することを確認済みです。Currently we have verified that Storage Explorer runs well on Ubuntu and CentOS. 他の Linux ディストリビューションにおいて Snap Store からのインストールで問題が発生した場合は、GitHub でイシューを開いてくださいIf you encounter issues installing from the Snap store on other Linux distros, please open an issue on GitHub. Snap Store からのインストールの詳細については、概要ガイドを参照してください。To learn more about installing from the Snap store, see our getting started guide. #68#68
  • Azure Active Directory (Azure AD) でのアタッチに対して、この機能が ADLS Gen2 ユーザーにとってより使いやすくなるように、次の 2 つの大きな変更が行われました。Two major changes have been made to attach with Azure Active Directory (Azure AD) which are intended to make the feature more useful for ADLS Gen2 users:
    • アタッチするリソースが存在するテナントを選択できるようになりました。You now select the tenant that the resource you are attaching is in. これは、リソースのサブスクリプションへの RBAC アクセスが必要がなくなったことを意味します。This means that you no longer need to have RBAC access to the resource's subscription.
    • ADLS Gen2 BLOB コンテナーをアタッチする場合は、コンテナー内の特定のパスにアタッチできるようになりました。If you are attaching an ADLS Gen2 Blob Container, you can now attach to a specific path in the container.
  • ADLS Gen2 のファイルとフォルダーの ACL を管理する場合、Storage Explorer に、ACL 内のエンティティのフレンドリ名が表示されるようになりました。When managing ACLs for ADLS Gen2 files and folders, Storage Explorer will now show the friendly names for entities in the ACL. #957#957
  • OID を使用して ADLS Gen2 ACL に追加する場合、OID がテナント内の有効なエンティティに属しているかどうかが Storage Explorer によって検証されるようになりました。When adding via OID to an ADLS Gen2 ACL, Storage Explorer will now validate that the OID belongs to a valid entity in your tenant. #1603#1603
  • タブ間を移動するためのキーボード ショートカットで、より標準的なキーの組み合わせが使用されるようになりました。The keyboard shortcuts for navigating between tabs now use more standard key combinations. #1018#1018
  • タブの中央をクリックすると、タブが閉じるようになりました。Middle clicking on a tab will now close it. #1348#1348
  • AzCopy 転送にスキップが含まれており、エラーがない場合、Storage Explorer には、スキップが発生したことを強調表示する警告アイコンが表示されるようになりました。If an AzCopy transfer contains skips and no failures, Storage Explorer will now show a warning icon to highlight that skips occurred. #1490#1490
  • 統合された AzCopy はバージョン 10.2.1 に更新されました。The integrated AzCopy has been updated to version 10.2.1. また、[バージョン情報] ダイアログに、インストールされている AzCopy のバージョンを表示できるようになりました。Additionally, you can now view the version of AzCopy installed in the About dialog. #1343#1343

修正Fixes

  • アタッチされたストレージアカウントを操作しているときに、"cannot read version of undefined (未定義のバージョンを読み取れません)" または "cannot read connection of undefined (未定義の接続を読み取れません)" というさまざまなエラーがユーザーに表示されました。Many users have run into various "cannot read version of undefined" or "cannot read connection of undefined" errors when working with attached Storage Accounts. この問題の根本原因については引き続き調査中ですが、1.10.0 では、アタッチされたストレージ アカウントの読み込みに関するエラー処理が改善されました。Although we are still continuing to investigate the root cause of this issue, in 1.10.0 we have improved the error handling around loading attached Storage Accounts. #1626、#985、および #1532#1626, #985, and #1532
  • エクスプローラー ツリー (左側) で、フォーカスが最上位ノードに繰り返し移動する状態になる可能性がありました。It was possible for the explorer tree (left-hand side) to get into a state where focus would jump to the top node repeatedly. この問題は修正されています。This has been fixed. #1596#1596
  • BLOB のスナップショットを管理しているときに、スクリーン リーダーは、スナップショットに関連付けられているタイムスタンプを読み取りませんでした。When managing a blob's snapshots, screen readers would not read the timestamp associated with the snapshot. この問題は修正されています。This has been fixed. #1202#1202
  • macOS のプロキシ設定は、認証プロセスで使用するための時間内に設定されていませんでした。Proxy setting on macOS were not being set in time for the authentication process to use them. この問題は修正されています。This has been fixed. #1567#1567
  • ソブリン クラウドのストレージ アカウントが名前とキーを使用してアタッチされている場合、AzCopy は機能しませんでした。If a Storage Account in a sovereign cloud was attached using name and key, AzCopy would not work. この問題は修正されています。This has been fixed. #1544#1544
  • 接続文字列を使用してアタッチすると、Storage Explorer によって末尾のスペースが削除されるようになりました。When attaching via a connection string, Storage Explorer will now remove trailing spaces. #1387#1387

既知の問題Known Issues

  • 自動更新設定は、BLOB エクスプローラーでのすべての操作にはまだ影響しません。The Auto Refresh setting does not yet affect all operations in the Blob Explorer.

  • マネージド ディスクの機能は、Azure Stack ではサポートされていません。Managed Disk features are not supported in Azure Stack.

  • ディスクのアップロードまたは貼り付けが失敗し、その失敗の前に新しいディスクが作成されていた場合、Storage Explorer はそのディスクを削除しません。If a Disk upload or paste fails and a new Disk was created prior to the failure, Storage Explorer will not delete the Disk for you.

  • ディスクのアップロードまたは貼り付けをキャンセルしたタイミングによっては、新しいディスクが破損した状態で残される可能性があります。Depending on when you cancel a Disk upload or paste, it is possible to leave the new Disk in a corrupted state. この問題が発生した場合は、新しいディスクを削除するか、Disk API を手動で呼び出して、破損していない状態になるようにディスクの内容を置き換える必要があります。If this happens, you either need to delete the new Disk, or manually call the Disk APIs to replace the contents of the Disk such that it is no longer corrupted.

  • ディスクのアップロードまたは貼り付けをキャンセルしたタイミングによっては、新しいディスクが破損した状態で残される可能性があります。Depending on when you cancel a Disk upload or paste, it is possible to leave the new Disk in a corrupted state. この問題が発生した場合は、新しいディスクを削除するか、Disk API を手動で呼び出して、破損していない状態になるようにディスクの内容を置き換える必要があります。If this happens, you either need to delete the new Disk, or manually call the Disk APIs to replace the contents of the Disk such that it is no longer corrupted.

  • AzCopy 以外の Blob のダウンロードを実行すると、サイズの大きいファイルの MD5 が検証されません。When performing a non-AzCopy Blob download, the MD5 for large files is not being verified. これは、Storage SDK のバグが原因です。This is due to a bug in the Storage SDK. #1212#1212

  • RBAC を使用する場合、Storage Explorer は、ストレージ リソースにアクセスするために管理レイヤーのアクセス許可を必要とします。When using RBAC, Storage Explorer requires some management layer permissions in order to access your storage resources. 詳細については、トラブルシューティング ガイドを参照してください。See the troubleshooting guide for more info.

  • BLOB コンテナーなど、SAS URI を使用してアタッチされているリソースからデタッチすると、他のアタッチが正しく表示されないエラーが発生することがあります。Detaching from a resource attached via SAS URI, such as a blob container, may cause an error that prevents other attachments from showing up correctly. この問題は、グループ ノードを更新するだけで回避できます。To work around this issue, just refresh the group node. 詳細については、#537 をご覧ください。See #537 for more information.

  • VS for Mac を使用しており、カスタム AAD 構成を作成したことがある場合、サインインできないことがあります。If you use VS for Mac and have ever created a custom AAD configuration, you may be unable to sign-in. この問題を回避するには、~/.IdentityService/AadConfigurations の内容を削除します。To work around the issue, delete the contents of ~/.IdentityService/AadConfigurations. これを行ってもブロックが解除されない場合は、この問題についてコメントをお寄せください。If doing so does not unblock you, comment on this issue.

  • Azurite は、すべての Storage API を完全に実装しているわけではありません。Azurite has not yet fully implemented all Storage APIs. そのため、開発ストレージに Azurite を使用すると、予期しないエラーや動作が発生する可能性があります。Because of this, there may be unexpected errors or behavior when using Azurite for development storage.

  • まれに、ツリーのフォーカスがクイック アクセスから移動しなくなることがあります。In rare cases, the tree focus may get stuck on Quick Access. フォーカスを移動できるようにするには、[すべて更新] をクリックします。To unstick the focus, you can Refresh All.

  • NodeJS のバグが原因で、OneDrive フォルダーからのアップロードが機能しません。Uploading from your OneDrive folder does not work because of a bug in NodeJS. バグは修正されましたが、Electron にまだ統合されていません。The bug has been fixed, but not yet integrated into Electron. BLOB コンテナーにアップロードするとき、または BLOB コンテナーからダウンロードするときに、この問題を回避するには、試験段階の AzCopy 機能を使用できます。To work around this issue when uploading to or downloading from a blob container, you can use the experimental AzCopy feature.

  • Azure Stack を対象にしている場合、一部のファイルについては、追加 BLOB としてアップロードできない可能性があります。When targeting Azure Stack, uploading certain files as append blobs may fail.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、こちらで説明したフィルターのキャンセル回避策を使用しているためです。This is because we are using the cancel filter work around described here.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • Azure Stack では、次の機能はサポートされません。Azure Stack does not support the following features. Azure Stack リソースを操作しているときに、これらの機能を使用しようとすると、予期しないエラーが発生する場合があります。Attempting to use these features while working with Azure Stack resources may result in unexpected errors.

    • ファイル共有File shares
    • アクセス層Access tiers
    • 論理的な削除Soft Delete
    • ADLS Gen2ADLS Gen2
    • Managed DisksManaged Disks
  • Storage Explorer で使用されている Electron シェルには、一部の GPU (グラフィックス処理装置) ハードウェア アクセラレータで問題が発生します。The Electron shell used by Storage Explorer has trouble with some GPU (graphics processing unit) hardware acceleration. Storage Explorer に空白 (空) のメイン ウィンドウが表示される場合は、コマンド ラインから Storage Explorer を起動し、--disable-gpu スイッチを追加して、GPU アクセラレータを無効にしてみてください: If Storage Explorer is displaying a blank (empty) main window, you can try launching Storage Explorer from the command line and disabling GPU acceleration by adding the --disable-gpu switch:

    ./StorageExplorer.exe --disable-gpu
    
  • Linux で Storage Explorer を実行するには、特定の依存関係を先にインストールする必要があります。Running Storage Explorer on Linux requires certain dependencies to be installed first. 詳細については、Storage Explorer のトラブルシューティング ガイドをご確認ください。Check the Storage Explorer troubleshooting guide for more information.

バージョン 1.10.0Version 1.10.0

9/12/20199/12/2019

新規New

  • Storage Explorer で専用の設定 UI が利用できるようになりました。Storage Explorer now has a dedicated Settings UI. アクセスするには、[編集]→[設定] の順に選択するか、左側の垂直ツールバーの [設定] アイコン (歯車) をクリックします。You can access it either from Edit → Settings, or by clicking on the Settings icon (the gear) in the left-hand vertical toolbar. この機能は、ユーザーによってリクエストされたさまざまな設定の提供に向けた最初の一歩です。This feature is the first step we're taking towards providing a variety of user requested settings. このリリースから、次の設定がサポートされるようになりました。Starting in this release the following settings are supported:

    • テーマTheme
    • Proxy (プロキシ)Proxy
    • 終了時のログアウト (#6)Logout on exit #6
    • デバイス コード フローのサインインの有効化Enable device code flow sign-in
    • 自動更新 (#1526)Auto refresh #1526
    • AzCopy の有効化Enable AzCopy
    • SAS 期間の AzCopyAzCopy SAS duration

    他に追加して表示したい設定がある場合は、表示したい設定について説明し、GitHub に問題を投稿してくださいIf there are other settings you would like to see added, please open an issue on GitHub describing the setting you want to see.

  • Storage Explorer でマネージド ディスクがサポートされるようになりました。Storage Explorer now supports Managed Disks. 次のようにすることができます。You can:

    • オンプレミスの VHD を新しいディスクにアップロードするUpload an on-premises VHD to a new Disk
    • ディスクをダウンロードするDownload a Disk
    • 複数のリソース グループおよびリージョン間でディスクのコピーと貼り付けを行うCopy and paste disks across resource groups and regions
    • ディスクを削除するDelete Disks
    • ディスクのスナップショットを作成するCreate a Snapshot of a Disk

    ディスクのアップロード、ダウンロード、およびリージョン間のコピーは、AzCopy v10 を利用して行われます。The uploading, downloading, and cross-region copying of disks are powered by AzCopy v10.

  • Linux の Snap Store を介して Storage Explorer をインストールできるようになりました。Storage Explorer can now be installed via the Snap store on Linux. Snap Store を介してインストールすると、.NET Core を含めてすべての依存関係がインストールされます。When you install via the Snap store, all dependencies are installed for you, including .NET Core! 現時点では、Ubuntu および CentOS で Storage Explorer が正常に動作することを確認済みです。Currently we have verified that Storage Explorer runs well on Ubuntu and CentOS. 他の Linux ディストリビューションにおいて Snap Store からのインストールで問題が発生した場合は、GitHub でイシューを開いてくださいIf you encounter issues installing from the Snap store on other Linux distros, please open an issue on GitHub. Snap Store からのインストールの詳細については、概要ガイドを参照してください。To learn more about installing from the Snap store, see our getting started guide. #68#68

  • Azure Active Directory (Azure AD) でのアタッチに対して、この機能が ADLS Gen2 ユーザーにとってより使いやすくなるように、次の 2 つの大きな変更が行われました。* アタッチするリソースが存在するテナントを選択できるようになりました。Two major changes have been made to attach with Azure Active Directory (Azure AD) which are intended to make the feature more useful for ADLS Gen2 users: * You now select the tenant that the resource you are attaching is in. これは、リソースのサブスクリプションへの RBAC アクセスが必要がなくなったことを意味します。This means that you no longer need to have RBAC access to the resource's subscription. * ADLS Gen2 Blob コンテナーをアタッチする場合は、コンテナー内の特定のパスにアタッチできるようになりました。* If you are attaching an ADLS Gen2 Blob Container, you can now attach to a specific path in the container.

  • ADLS Gen2 のファイルとフォルダーの ACL を管理する場合、Storage Explorer に、ACL 内のエンティティのフレンドリ名が表示されるようになりました。When managing ACLs for ADLS Gen2 files and folders, Storage Explorer will now show the friendly names for entities in the ACL. #957#957

  • OID を使用して ADLS Gen2 ACL に追加する場合、OID がテナント内の有効なエンティティに属しているかどうかが Storage Explorer によって検証されるようになりました。When adding via OID to an ADLS Gen2 ACL, Storage Explorer will now validate that the OID belongs to a valid entity in your tenant. #1603#1603

  • タブ間を移動するためのキーボード ショートカットで、より標準的なキーの組み合わせが使用されるようになりました。The keyboard shortcuts for navigating between tabs now use more standard key combinations. #1018#1018

  • タブの中央をクリックすると、タブが閉じるようになりました。Middle clicking on a tab will now close it. #1348#1348

  • AzCopy 転送にスキップが含まれており、エラーがない場合、Storage Explorer には、スキップが発生したことを強調表示する警告アイコンが表示されるようになりました。If an AzCopy transfer contains skips and no failures, Storage Explorer will now show a warning icon to highlight that skips occurred. #1490#1490

  • 統合された AzCopy はバージョン 10.2.1 に更新されました。The integrated AzCopy has been updated to version 10.2.1. また、[バージョン情報] ダイアログに、インストールされている AzCopy のバージョンを表示できるようになりました。Additionally, you can now view the version of AzCopy installed in the About dialog. #1343#1343

修正Fixes

  • アタッチされたストレージアカウントを操作しているときに、"cannot read version of undefined (未定義のバージョンを読み取れません)" または "cannot read connection of undefined (未定義の接続を読み取れません)" というさまざまなエラーがユーザーに表示されました。Many users have run into various "cannot read version of undefined" or "cannot read connection of undefined" errors when working with attached Storage Accounts. この問題の根本原因については引き続き調査中ですが、1.10.0 では、アタッチされたストレージ アカウントの読み込みに関するエラー処理が改善されました。Although we are still continuing to investigate the root cause of this issue, in 1.10.0 we have improved the error handling around loading attached Storage Accounts. #1626#985、および #1532#1626, #985, and #1532
  • エクスプローラー ツリー (左側) で、フォーカスが最上位ノードに繰り返し移動する状態になる可能性がありました。It was possible for the explorer tree (left-hand side) to get into a state where focus would jump to the top node repeatedly. この問題は修正されています。This has been fixed. #1596#1596
  • BLOB のスナップショットを管理しているときに、スクリーン リーダーは、スナップショットに関連付けられているタイムスタンプを読み取りませんでした。When managing a blob's snapshots, screen readers would not read the timestamp associated with the snapshot. この問題は修正されています。This has been fixed. #1202#1202
  • macOS のプロキシ設定は、認証プロセスで使用するための時間内に設定されていませんでした。Proxy setting on macOS were not being set in time for the authentication process to use them. この問題は修正されています。This has been fixed. #1567#1567
  • ソブリン クラウドのストレージ アカウントが名前とキーを使用してアタッチされている場合、AzCopy は機能しませんでした。If a Storage Account in a sovereign cloud was attached using name and key, AzCopy would not work. この問題は修正されています。This has been fixed. #1544#1544
  • 接続文字列を使用してアタッチすると、Storage Explorer によって末尾のスペースが削除されるようになりました。When attaching via a connection string, Storage Explorer will now remove trailing spaces. #1387#1387

既知の問題Known Issues

  • 自動更新設定は、BLOB エクスプローラーでのすべての操作にはまだ影響しません。The Auto Refresh setting does not yet affect all operations in the Blob Explorer.

  • マネージド ディスクの機能は、Azure Stack ではサポートされていません。Managed Disk features are not supported in Azure Stack.

  • ディスクのアップロードまたは貼り付けが失敗し、その失敗の前に新しいディスクが作成されていた場合、Storage Explorer はそのディスクを削除しません。If a Disk upload or paste fails and a new Disk was created prior to the failure, Storage Explorer will not delete the Disk for you.

  • ディスクのアップロードまたは貼り付けをキャンセルしたタイミングによっては、新しいディスクが破損した状態で残される可能性があります。Depending on when you cancel a Disk upload or paste, it is possible to leave the new Disk in a corrupted state. この問題が発生した場合は、新しいディスクを削除するか、Disk API を手動で呼び出して、破損していない状態になるようにディスクの内容を置き換える必要があります。If this happens, you either need to delete the new Disk, or manually call the Disk APIs to replace the contents of the Disk such that it is no longer corrupted.

  • AzCopy 以外の Blob のダウンロードを実行すると、サイズの大きいファイルの MD5 が検証されません。When performing a non-AzCopy Blob download, the MD5 for large files is not being verified. これは、Storage SDK のバグが原因です。This is due to a bug in the Storage SDK. #1212#1212

  • RBAC を使用する場合、Storage Explorer は、ストレージ リソースにアクセスするために管理レイヤーのアクセス許可を必要とします。When using RBAC, Storage Explorer requires some management layer permissions in order to access your storage resources. 詳細については、トラブルシューティング ガイドを参照してください。See the troubleshooting guide for more info.

  • BLOB コンテナーなど、SAS URI を使用してアタッチされているリソースからデタッチすると、他のアタッチが正しく表示されないエラーが発生することがあります。Detaching from a resource attached via SAS URI, such as a blob container, may cause an error that prevents other attachments from showing up correctly. この問題は、グループ ノードを更新するだけで回避できます。To work around this issue, just refresh the group node. 詳細については、#537 をご覧ください。See #537 for more information.

  • VS for Mac を使用しており、カスタム AAD 構成を作成したことがある場合、サインインできないことがあります。If you use VS for Mac and have ever created a custom AAD configuration, you may be unable to sign in. この問題を回避するには、~/.IdentityService/AadConfigurations の内容を削除します。To work around the issue, delete the contents of ~/.IdentityService/AadConfigurations. これを行ってもブロックが解除されない場合は、この問題についてコメントをお寄せください。If doing so does not unblock you, comment on this issue.

  • Azurite は、すべての Storage API を完全に実装しているわけではありません。Azurite has not yet fully implemented all Storage APIs. そのため、開発ストレージに Azurite を使用すると、予期しないエラーや動作が発生する可能性があります。Because of this, there may be unexpected errors or behavior when using Azurite for development storage.

  • まれに、ツリーのフォーカスがクイック アクセスから移動しなくなることがあります。In rare cases, the tree focus may get stuck on Quick Access. フォーカスを移動できるようにするには、[すべて更新] をクリックします。To unstick the focus, you can Refresh All.

  • NodeJS のバグが原因で、OneDrive フォルダーからのアップロードが機能しません。Uploading from your OneDrive folder does not work because of a bug in NodeJS. バグは修正されましたが、Electron にまだ統合されていません。The bug has been fixed, but not yet integrated into Electron. BLOB コンテナーにアップロードするとき、または BLOB コンテナーからダウンロードするときに、この問題を回避するには、試験段階の AzCopy 機能を使用できます。To work around this issue when uploading to or downloading from a blob container, you can use the experimental AzCopy feature.

  • Azure Stack を対象にしている場合、一部のファイルについては、追加 BLOB としてアップロードできない可能性があります。When targeting Azure Stack, uploading certain files as append blobs may fail.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、こちらで説明したフィルターのキャンセル回避策を使用しているためです。This is because we are using the cancel filter work around described here.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • Azure Stack では、次の機能はサポートされません。Azure Stack does not support the following features. Azure Stack リソースを操作しているときに、これらの機能を使用しようとすると、予期しないエラーが発生する場合があります。Attempting to use these features while working with Azure Stack resources may result in unexpected errors.

    • ファイル共有File shares
    • アクセス層Access tiers
    • 論理的な削除Soft Delete
    • ADLS Gen2ADLS Gen2
    • Managed DisksManaged Disks
  • Storage Explorer で使用されている Electron シェルには、一部の GPU (グラフィックス処理装置) ハードウェア アクセラレータで問題が発生します。The Electron shell used by Storage Explorer has trouble with some GPU (graphics processing unit) hardware acceleration. Storage Explorer に空白 (空) のメイン ウィンドウが表示される場合は、コマンド ラインから Storage Explorer を起動し、--disable-gpu スイッチを追加して、GPU アクセラレータを無効にしてみてください: If Storage Explorer is displaying a blank (empty) main window, you can try launching Storage Explorer from the command line and disabling GPU acceleration by adding the --disable-gpu switch:

    ./StorageExplorer.exe --disable-gpu
    
  • Linux で Storage Explorer を実行するには、特定の依存関係を先にインストールする必要があります。Running Storage Explorer on Linux requires certain dependencies to be installed first. 詳細については、Storage Explorer のトラブルシューティング ガイドをご確認ください。Check the Storage Explorer troubleshooting guide for more information.

バージョン 1.9.0Version 1.9.0

7/1/20197/1/2019

Azure Storage Explorer 1.9.0 をダウンロードするDownload Azure Storage Explorer 1.9.0

新規New

  • Azure AD (RBAC または ACL アクセス許可) を使用して BLOB コンテナーをアタッチできるようになりました。You can now attach Blob containers via Azure AD (RBAC or ACL permissions). この機能の目的は、コンテナーへのアクセス権はあるが、コンテナーが属しているストレージ アカウントへのアクセス権がないユーザーを支援することです。This feature is intended to help users who have access to containers but not the Storage Accounts that the containers are in. この機能の詳細については、ファースト ステップ ガイドを参照してください。See our Getting Started Guide for more information on this feature.
  • RBAC でリースの取得と解約が機能するようになりました。Acquire and break lease now work with RBAC. #1354#1354
  • RBAC でアクセス ポリシーの管理とパブリック アクセス レベルの設定が機能するようになりました。Managing access policies and setting public access level now work with RBAC. #1355#1355
  • RBAC で BLOB フォルダーの削除が機能するようになりました。Deleting blob folders now work with RBAC. #1450#1450
  • RBAC で BLOB アクセス層の変更が機能するようになりました。Changing blob access tier now work with RBAC. #1446#1446
  • [ヘルプ] → [リセット] を使用してクイック アクセスをすばやくリセットできるようになりました。You can now quickly reset Quick Access via "Help" → "Reset". #1327#1327

プレビュー機能Preview Features

  • プレビューでデバイス コード フローのサインインを使用できるようになりました。Device code flow sign in is now available to preview. この機能を有効にするには、[プレビュー] の [Use Device Code Flow Sign-in](デバイス コード フローのサインインを使用する) に移動します。To enable it, go to "Preview" → "Use Device Code Flow Sign-in". 空白のサインイン ウィンドウが表示される問題が発生していた場合は、この機能の方がサインイン形式として信頼性が高い可能性があるので、試してみることをお勧めします。We encourage any users who have had issues with blank sign-in windows to try this feature, as it may prove to be a more reliable form of sign-in.
  • プレビューで、AzCopy と統合された Storage Explorer を使用できるようになりました。Storage Explorer integrated with AzCopy is currently available to preview. この機能を有効にするには、[プレビュー] の [Use AzCopy for Improved Blob Upload and Download](向上した Blob アップロードおよびダウンロードに AzCopy を使用する) に移動します。To enable it, go to "Preview" → "Use AzCopy for Improved Blob Upload and Download". AzCopy で実行される BLOB 転送では、速度とパフォーマンスが向上します。Blob transfers completed with AzCopy should be faster and more performant.

修正Fixes

  • 1 つのアカウントで 50 を超えるサブスクリプションを読み込めなかったのを修正しました。Fixed being unable to load more than 50 subscriptions for one account. #1416#1416
  • 直接リンクがエラーになったときに表示される情報バー上の [サインイン] ボタンが機能しなかったのを修正しました。Fixed the "Sign in" button not working on the infobar that appears when a direct link fails. #1358#1358
  • MacOS で .app ファイルがアップロードされないのを修正しました。Fixed not being to upload .app files on macOS. #1119#1119
  • 失敗した BLOB の名前変更に対して [すべて再試行] が機能しなかったのを修正しました。Fixed "Retry All" not working for a failed blob rename. #992#992
  • BLOB を開くときに [キャンセル] が機能しないのを修正しました。Fixed "Cancel" not working while opening a blob. #1464#1464
  • 製品全体でスペル チェックとヒントに関する複数の問題を修正しました。Fixed multiple spelling and tooltip issues throughout the product. これらの問題を報告していただいたすべての方に感謝します。Many thanks to all who reported these issues! #1303#1328#1329#1331#1336#1352#1368#1395#1303, #1328, #1329, #1331, #1336, #1352, #1368, #1395

既知の問題Known Issues

  • AzCopy 以外の Blob のダウンロードを実行すると、サイズの大きいファイルの MD5 が検証されません。When performing a non-AzCopy Blob download, the MD5 for large files is not being verified. これは、Storage SDK のバグが原因です。This is due to a bug in the Storage SDK. #1212#1212

  • RBAC を使用する場合、Storage Explorer は、ストレージ リソースにアクセスするために管理レイヤーのアクセス許可を必要とします。When using RBAC, Storage Explorer requires some management layer permissions in order to access your storage resources. 詳細については、トラブルシューティング ガイドを参照してください。See the troubleshooting guide for more info.

  • プロキシの背後にある場合に ADLS Gen2 BLOB にアクセスしようとすると、失敗する可能性があります。Attempting to access ADLS Gen2 Blobs when behind a proxy may fail.

  • BLOB コンテナーなど、SAS URI を使用してアタッチされているリソースからデタッチすると、他のアタッチが正しく表示されないエラーが発生することがあります。Detaching from a resource attached via SAS URI, such as a blob container, may cause an error that prevents other attachments from showing up correctly. この問題は、グループ ノードを更新するだけで回避できます。To work around this issue, just refresh the group node. 詳細については、#537 をご覧ください。See #537 for more information.

  • VS for Mac を使用しており、カスタム AAD 構成を作成したことがある場合、サインインできないことがあります。If you use VS for Mac and have ever created a custom AAD configuration, you may be unable to sign-in. この問題を回避するには、~/.IdentityService/AadConfigurations の内容を削除します。To work around the issue, delete the contents of ~/.IdentityService/AadConfigurations. これを行ってもブロックが解除されない場合は、この問題についてコメントをお寄せください。If doing so does not unblock you, comment on this issue.

  • Azurite は、すべての Storage API を完全に実装しているわけではありません。Azurite has not yet fully implemented all Storage APIs. そのため、開発ストレージに Azurite を使用すると、予期しないエラーや動作が発生する可能性があります。Because of this, there may be unexpected errors or behavior when using Azurite for development storage.

  • まれに、ツリーのフォーカスがクイック アクセスから移動しなくなることがあります。In rare cases, the tree focus may get stuck on Quick Access. フォーカスを移動できるようにするには、[すべて更新] をクリックします。To unstick the focus, you can Refresh All.

  • NodeJS のバグが原因で、OneDrive フォルダーからのアップロードが機能しません。Uploading from your OneDrive folder does not work because of a bug in NodeJS. バグは修正されましたが、Electron にまだ統合されていません。The bug has been fixed, but not yet integrated into Electron. BLOB コンテナーにアップロードするとき、または BLOB コンテナーからダウンロードするときに、この問題を回避するには、試験段階の AzCopy 機能を使用できます。To work around this issue when uploading to or downloading from a blob container, you can use the experimental AzCopy feature.

  • Azure Stack を対象にしている場合、一部のファイルについては、追加 BLOB としてアップロードできない可能性があります。When targeting Azure Stack, uploading certain files as append blobs may fail.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、こちらで説明したフィルターのキャンセル回避策を使用しているためです。This is because we are using the cancel filter work around described here.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • Azure Stack では、次の機能はサポートされません。Azure Stack does not support the following features. Azure Stack リソースを操作しているときに、これらの機能を使用しようとすると、予期しないエラーが発生する場合があります。Attempting to use these features while working with Azure Stack resources may result in unexpected errors.

    • ファイル共有File shares
    • アクセス層Access tiers
    • 論理的な削除Soft Delete
    • ADLS Gen2ADLS Gen2
  • Storage Explorer で使用されている Electron シェルには、一部の GPU (グラフィックス処理装置) ハードウェア アクセラレータで問題が発生します。The Electron shell used by Storage Explorer has trouble with some GPU (graphics processing unit) hardware acceleration. Storage Explorer に空白 (空) のメイン ウィンドウが表示される場合は、コマンド ラインから Storage Explorer を起動し、--disable-gpu スイッチを追加して、GPU アクセラレータを無効にしてみてください: If Storage Explorer is displaying a blank (empty) main window, you can try launching Storage Explorer from the command line and disabling GPU acceleration by adding the --disable-gpu switch:

    ./StorageExplorer.exe --disable-gpu
    
  • Linux で Storage Explorer を実行するには、特定の依存関係を先にインストールする必要があります。Running Storage Explorer on Linux requires certain dependencies to be installed first. 詳細については、Storage Explorer のトラブルシューティング ガイドをご確認ください。Check the Storage Explorer troubleshooting guide for more information.

バージョン 1.8.1Version 1.8.1

5/13/20195/13/2019

修正プログラムHotfixes

  • リソース レベルで [さらに読み込む] をクリックしても、リソースの次のページが返されないことがあります。In some cases, clicking "Load more" at the resource level would not return the next page of resources. この問題は修正されています。This has been fixed. #1359#1359
  • Windows の場合、1 つのファイルまたはフォルダーがダウンロードされていて、そのファイルまたはフォルダーの名前に Windows パスには無効な文字が含まれていたときは、AzCopy のダウンロードは失敗します。On Windows, AzCopy downloads would fail if a single file or folder was being downloaded and the name of the file or folder had a character which was invalid for a Windows path. この問題は修正されています。This has been fixed. #1350#1350
  • 非常にまれな場合ですが、ファイル共有の名前変更を実行したり、ファイル共有で名前変更を実行している間に、名前変更のコピーが失敗した場合や、Storage Explore が Azure によるコピーの成功を確認することができなかった場合、コピーが終了する前に Storage Explore が元のファイルを削除する可能性がありました。In extremely rare cases, while performing a rename of a File Share or a rename in a File Share, if the copies for the rename failed, or if Storage Explore was unable to confirm the success of the copies with Azure, there was the potential for Storage Explorer to delete the original files before the copy had finished. この問題は修正されています。This has been fixed.

新規New

  • AzCopy の統合されたバージョンがバージョン 10.1.0 に更新されました。The integrated AzCopy version has been updated to version 10.1.0.
  • Ctrl/Cmd+R を使用して、現在フォーカスがあるエディターを更新できるようになりました。Ctrl/Cmd+R can now be used to refresh the currently focused editor. #1097#1097
  • Azure Stack Storage API バージョンが 2017-04-17 に変更されました。The Azure Stack Storage API version has been changed to 2017-04-17.
  • ADLS Gen2 の [アクセスの管理] ダイアログでは、他の POSIX 権限ツールに類似する方法で、マスクの同期状態を維持するようになりました。The Manage Access Dialog for ADLS Gen2 will now keep the Mask in sync in a way similar to other POSIX permissions tools. また、この UI では、加えられた変更によりユーザーまたはグループの権限がマスクの境界を超える場合には、ユーザーに警告します。The UI will also warn you if a change is made that causes the permissions of a user or group to exceed the bounds of the Mask. #1253#1253
  • AzCopy のアップロードのために、MD5 ハッシュを計算して設定するフラグが有効になっています。For AzCopy uploads, the flag to calculate and set the MD5 hash is now enabled. #1223#1223

プレビュー機能Preview Features

  • プレビューでデバイス コード フローのサインインを使用できるようになりました。Device code flow sign in is now available to preview. この機能を有効にするには、[プレビュー] の [Use Device Code Flow Sign-in](デバイス コード フローのサインインを使用する) に移動します。To enable it, go to "Preview" → "Use Device Code Flow Sign-in". 空白のサインイン ウィンドウが表示される問題が発生していた場合は、この機能の方がサインイン形式として信頼性が高い可能性があるので、試してみることをお勧めします。We encourage any users who have had issues with blank sign-in windows to try this feature, as it may prove to be a more reliable form of sign-in.
  • プレビューで、AzCopy と統合された Storage Explorer を使用できるようになりました。Storage Explorer integrated with AzCopy is currently available to preview. この機能を有効にするには、[プレビュー] の [Use AzCopy for Improved Blob Upload and Download](向上した Blob アップロードおよびダウンロードに AzCopy を使用する) に移動します。To enable it, go to "Preview" → "Use AzCopy for Improved Blob Upload and Download". AzCopy で実行される BLOB 転送では、速度とパフォーマンスが向上します。Blob transfers completed with AzCopy should be faster and more performant.

修正Fixes

  • [アクセス ポリシー] ダイアログでは、有効期限のないストレージ アクセス ポリシーに有効期限が設定されなくなりました。The Access Policies dialog will no longer set an expiry date on Storage Access Policies that do not have an expiry. #764#764
  • [SAS の生成] ダイアログにいくつかの変更が加えられ、SAS の生成時に保存済みアクセス ポリシーが正しく使用されるようになりました。Some changes have been made to the Generate SAS dialog to make sure Stored Access Policies are used correctly when generating a SAS. #1269#1269
  • 512 バイトに合わせていないファイルをページ BLOB にアップロードしようとすると、Storage Explorer により正確なエラーが表示されるようになりました。When attempting to upload a non-512 byte aligned file to a page Blob, Storage Explorer will now expose a more relevant error. #1050#1050
  • 表示名を使用した BLOB コンテナーのコピーは失敗しました。Copying a Blob container which utilized a display name would fail. 現在は、BLOB コンテナーの実際の名前が使用されます。Now, the actual name of the Blob container is used. #1166#1166
  • 名前に Unicode 文字を含む ADLS Gen2 フォルダーに対して特定のアクションを実行しようとすると、失敗しました。Attempting to perform certain actions on an ADLS Gen2 folder which had unicode characters in its name would fail. すべてのアクションが正常に実行されるようになりました。All actions should now work. #980#980

既知の問題Known Issues

  • AzCopy 以外の Blob のダウンロードを実行すると、サイズの大きいファイルの MD5 が検証されません。When performing a non-AzCopy Blob download, the MD5 for large files is not being verified. これは、Storage SDK のバグが原因です。This is due to a bug in the Storage SDK. #1212#1212

  • RBAC を使用する場合、Storage Explorer は、ストレージ リソースにアクセスするために管理レイヤーのアクセス許可を必要とします。When using RBAC, Storage Explorer requires some management layer permissions in order to access your storage resources. 詳細については、トラブルシューティング ガイドを参照してください。See the troubleshooting guide for more info.

  • プロキシの背後にある場合に ADLS Gen2 BLOB にアクセスしようとすると、失敗する可能性があります。Attempting to access ADLS Gen2 Blobs when behind a proxy may fail.

  • BLOB コンテナーなど、SAS URI を使用してアタッチされているリソースからデタッチすると、他のアタッチが正しく表示されないエラーが発生することがあります。Detaching from a resource attached via SAS URI, such as a blob container, may cause an error that prevents other attachments from showing up correctly. この問題は、グループ ノードを更新するだけで回避できます。To work around this issue, just refresh the group node. 詳細については、#537 をご覧ください。See #537 for more information.

  • VS for Mac を使用しており、カスタム AAD 構成を作成したことがある場合、サインインできないことがあります。If you use VS for Mac and have ever created a custom AAD configuration, you may be unable to sign-in. この問題を回避するには、~/.IdentityService/AadConfigurations の内容を削除します。To work around the issue, delete the contents of ~/.IdentityService/AadConfigurations. これを行ってもブロックが解除されない場合は、この問題についてコメントをお寄せください。If doing so does not unblock you, comment on this issue.

  • Azurite は、すべての Storage API を完全に実装しているわけではありません。Azurite has not yet fully implemented all Storage APIs. そのため、開発ストレージに Azurite を使用すると、予期しないエラーや動作が発生する可能性があります。Because of this, there may be unexpected errors or behavior when using Azurite for development storage.

  • まれに、ツリーのフォーカスがクイック アクセスから移動しなくなることがあります。In rare cases, the tree focus may get stuck on Quick Access. フォーカスを移動できるようにするには、[すべて更新] をクリックします。To unstick the focus, you can Refresh All.

  • NodeJS のバグが原因で、OneDrive フォルダーからのアップロードが機能しません。Uploading from your OneDrive folder does not work because of a bug in NodeJS. バグは修正されましたが、Electron にまだ統合されていません。The bug has been fixed, but not yet integrated into Electron. BLOB コンテナーにアップロードするとき、または BLOB コンテナーからダウンロードするときに、この問題を回避するには、試験段階の AzCopy 機能を使用できます。To work around this issue when uploading to or downloading from a blob container, you can use the experimental AzCopy feature.

  • Azure Stack を対象にしている場合、一部のファイルについては、追加 BLOB としてアップロードできない可能性があります。When targeting Azure Stack, uploading certain files as append blobs may fail.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、こちらで説明したフィルターのキャンセル回避策を使用しているためです。This is because we are using the cancel filter work around described here.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • Azure Stack では、次の機能はサポートされません。Azure Stack does not support the following features. Azure Stack リソースを操作しているときに、これらの機能を使用しようとすると、予期しないエラーが発生する場合があります。Attempting to use these features while working with Azure Stack resources may result in unexpected errors.

    • ファイル共有File shares
    • アクセス層Access tiers
    • 論理的な削除Soft Delete
    • ADLS Gen2ADLS Gen2
  • Storage Explorer で使用されている Electron シェルには、一部の GPU (グラフィックス処理装置) ハードウェア アクセラレータで問題が発生します。The Electron shell used by Storage Explorer has trouble with some GPU (graphics processing unit) hardware acceleration. Storage Explorer に空白 (空) のメイン ウィンドウが表示される場合は、コマンド ラインから Storage Explorer を起動し、--disable-gpu スイッチを追加して、GPU アクセラレータを無効にしてみてください: If Storage Explorer is displaying a blank (empty) main window, you can try launching Storage Explorer from the command line and disabling GPU acceleration by adding the --disable-gpu switch:

    ./StorageExplorer.exe --disable-gpu
    
  • Linux で Storage Explorer を実行するには、特定の依存関係を先にインストールする必要があります。Running Storage Explorer on Linux requires certain dependencies to be installed first. 詳細については、Storage Explorer のトラブルシューティング ガイドをご確認ください。Check the Storage Explorer troubleshooting guide for more information.

バージョン 1.8.0Version 1.8.0

5/1/20195/1/2019

新規New

  • AzCopy の統合されたバージョンがバージョン 10.1.0 に更新されました。The integrated AzCopy version has been updated to version 10.1.0.
  • Ctrl/Cmd+R を使用して、現在フォーカスがあるエディターを更新できるようになりました。Ctrl/Cmd+R can now be used to refresh the currently focused editor. #1097#1097
  • Azure Stack Storage API バージョンが 2017-04-17 に変更されました。The Azure Stack Storage API version has been changed to 2017-04-17.
  • ADLS Gen2 の [アクセスの管理] ダイアログでは、他の POSIX 権限ツールに類似する方法で、マスクの同期状態を維持するようになりました。The Manage Access Dialog for ADLS Gen2 will now keep the Mask in sync in a way similar to other POSIX permissions tools. また、この UI では、加えられた変更によりユーザーまたはグループの権限がマスクの境界を超える場合には、ユーザーに警告します。The UI will also warn you if a change is made that causes the permissions of a user or group to exceed the bounds of the Mask. #1253#1253
  • AzCopy のアップロードのために、MD5 ハッシュを計算して設定するフラグが有効になっています。For AzCopy uploads, the flag to calculate and set the MD5 hash is now enabled. #1223#1223

プレビュー機能Preview Features

  • プレビューでデバイス コード フローのサインインを使用できるようになりました。Device code flow sign in is now available to preview. この機能を有効にするには、[プレビュー] の [Use Device Code Flow Sign-in](デバイス コード フローのサインインを使用する) に移動します。To enable it, go to "Preview" → "Use Device Code Flow Sign-in". 空白のサインイン ウィンドウが表示される問題が発生していた場合は、この機能の方がサインイン形式として信頼性が高い可能性があるので、試してみることをお勧めします。We encourage any users who have had issues with blank sign-in windows to try this feature, as it may prove to be a more reliable form of sign-in.
  • プレビューで、AzCopy と統合された Storage Explorer を使用できるようになりました。Storage Explorer integrated with AzCopy is currently available to preview. この機能を有効にするには、[プレビュー] の [Use AzCopy for Improved Blob Upload and Download](向上した Blob アップロードおよびダウンロードに AzCopy を使用する) に移動します。To enable it, go to "Preview" → "Use AzCopy for Improved Blob Upload and Download". AzCopy で実行される BLOB 転送では、速度とパフォーマンスが向上します。Blob transfers completed with AzCopy should be faster and more performant.

修正Fixes

  • [アクセス ポリシー] ダイアログでは、有効期限のないストレージ アクセス ポリシーに有効期限が設定されなくなりました。The Access Policies dialog will no longer set an expiry date on Storage Access Policies that do not have an expiry. #764#764
  • [SAS の生成] ダイアログにいくつかの変更が加えられ、SAS の生成時に保存済みアクセス ポリシーが正しく使用されるようになりました。Some changes have been made to the Generate SAS dialog to make sure Stored Access Policies are used correctly when generating a SAS. #1269#1269
  • 512 バイトに合わせていないファイルをページ BLOB にアップロードしようとすると、Storage Explorer により正確なエラーが表示されるようになりました。When attempting to upload a non-512 byte aligned file to a page Blob, Storage Explorer will now expose a more relevant error. #1050#1050
  • 表示名を使用した BLOB コンテナーのコピーは失敗しました。Copying a Blob container which utilized a display name would fail. 現在は、BLOB コンテナーの実際の名前が使用されます。Now, the actual name of the Blob container is used. #1166#1166
  • 名前に Unicode 文字を含む ADLS Gen2 フォルダーに対して特定のアクションを実行しようとすると、失敗しました。Attempting to perform certain actions on an ADLS Gen2 folder which had unicode characters in its name would fail. すべてのアクションが正常に実行されるようになりました。All actions should now work. #980#980

既知の問題Known Issues

  • AzCopy 以外の Blob のダウンロードを実行すると、サイズの大きいファイルの MD5 が検証されません。When performing a non-AzCopy Blob download, the MD5 for large files is not being verified. これは、Storage SDK のバグが原因です。This is due to a bug in the Storage SDK. #1212#1212

  • RBAC を使用する場合、Storage Explorer は、ストレージ リソースにアクセスするために管理レイヤーのアクセス許可を必要とします。When using RBAC, Storage Explorer requires some management layer permissions in order to access your storage resources. 詳細については、トラブルシューティング ガイドを参照してください。See the troubleshooting guide for more info.

  • プロキシの背後にある場合に ADLS Gen2 BLOB にアクセスしようとすると、失敗する可能性があります。Attempting to access ADLS Gen2 Blobs when behind a proxy may fail.

  • BLOB コンテナーなど、SAS URI を使用してアタッチされているリソースからデタッチすると、他のアタッチが正しく表示されないエラーが発生することがあります。Detaching from a resource attached via SAS URI, such as a blob container, may cause an error that prevents other attachments from showing up correctly. この問題は、グループ ノードを更新するだけで回避できます。To work around this issue, just refresh the group node. 詳細については、#537 をご覧ください。See #537 for more information.

  • VS for Mac を使用しており、カスタム AAD 構成を作成したことがある場合、サインインできないことがあります。If you use VS for Mac and have ever created a custom AAD configuration, you may be unable to sign-in. この問題を回避するには、~/.IdentityService/AadConfigurations の内容を削除します。To work around the issue, delete the contents of ~/.IdentityService/AadConfigurations. これを行ってもブロックが解除されない場合は、この問題についてコメントをお寄せください。If doing so does not unblock you, comment on this issue.

  • Azurite は、すべての Storage API を完全に実装しているわけではありません。Azurite has not yet fully implemented all Storage APIs. そのため、開発ストレージに Azurite を使用すると、予期しないエラーや動作が発生する可能性があります。Because of this, there may be unexpected errors or behavior when using Azurite for development storage.

  • まれに、ツリーのフォーカスがクイック アクセスから移動しなくなることがあります。In rare cases, the tree focus may get stuck on Quick Access. フォーカスを移動できるようにするには、[すべて更新] をクリックします。To unstick the focus, you can Refresh All.

  • NodeJS のバグが原因で、OneDrive フォルダーからのアップロードが機能しません。Uploading from your OneDrive folder does not work because of a bug in NodeJS. バグは修正されましたが、Electron にまだ統合されていません。The bug has been fixed, but not yet integrated into Electron. BLOB コンテナーにアップロードするとき、または BLOB コンテナーからダウンロードするときに、この問題を回避するには、試験段階の AzCopy 機能を使用できます。To work around this issue when uploading to or downloading from a blob container, you can use the experimental AzCopy feature.

  • Azure Stack を対象にしている場合、一部のファイルについては、追加 BLOB としてアップロードできない可能性があります。When targeting Azure Stack, uploading certain files as append blobs may fail.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、こちらで説明したフィルターのキャンセル回避策を使用しているためです。This is because we are using the cancel filter work around described here.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • Azure Stack では、次の機能はサポートされません。Azure Stack does not support the following features. Azure Stack リソースを操作しているときに、これらの機能を使用しようとすると、予期しないエラーが発生する場合があります。Attempting to use these features while working with Azure Stack resources may result in unexpected errors.

    • ファイル共有File shares
    • アクセス層Access tiers
    • 論理的な削除Soft Delete
    • ADLS Gen2ADLS Gen2
  • Storage Explorer で使用されている Electron シェルには、一部の GPU (グラフィックス処理装置) ハードウェア アクセラレータで問題が発生します。The Electron shell used by Storage Explorer has trouble with some GPU (graphics processing unit) hardware acceleration. Storage Explorer に空白 (空) のメイン ウィンドウが表示される場合は、コマンド ラインから Storage Explorer を起動し、--disable-gpu スイッチを追加して、GPU アクセラレータを無効にしてみてください: If Storage Explorer is displaying a blank (empty) main window, you can try launching Storage Explorer from the command line and disabling GPU acceleration by adding the --disable-gpu switch:

    ./StorageExplorer.exe --disable-gpu
    
  • Linux で Storage Explorer を実行するには、特定の依存関係を先にインストールする必要があります。Running Storage Explorer on Linux requires certain dependencies to be installed first. 詳細については、Storage Explorer のトラブルシューティング ガイドをご確認ください。Check the Storage Explorer troubleshooting guide for more information.

バージョン 1.7.0Version 1.7.0

3/5/20193/5/2019

Azure Storage Explorer 1.7.0 をダウンロードするDownload Azure Storage Explorer 1.7.0

新規New

  • ADLS Gen2 コンテナー、ファイル、またはフォルダーへのアクセスを管理する際に、所有者と所有グループを変更できるようになりました。You can now change the owner and owning group when managing access for an ADLS Gen2 container, file, or folder.
  • Windows では、製品内からの Storage Explorer の更新は増分インストールになりました。On Windows, updating Storage Explorer from within the product is now an incremental install. これにより、更新エクスペリエンスが高速化されます。This should result in a faster update experience. クリーン インストールを使用する場合は、インストーラーを自分でダウンロードし、手動でインストールします。If you prefer a clean install, then you can download the installer yourself and then install manually. #1089#1089

プレビュー機能Preview Features

  • プレビューでデバイス コード フローのサインインを使用できるようになりました。Device code flow sign in is now available to preview. この機能を有効にするには、[プレビュー] の [Use Device Code Flow Sign-in](デバイス コード フローのサインインを使用する) に移動します。To enable it, go to "Preview" → "Use Device Code Flow Sign-in". 空白のサインイン ウィンドウが表示される問題が発生していた場合は、この機能の方がサインイン形式として信頼性が高い可能性があるので、試してみることをお勧めします。We encourage any users who have had issues with blank sign-in windows to try this feature, as it may prove to be a more reliable form of sign-in. #938#938
  • プレビューで、AzCopy と統合された Storage Explorer を使用できるようになりました。Storage Explorer integrated with AzCopy is currently available to preview. この機能を有効にするには、[プレビュー] の [Use AzCopy for Improved Blob Upload and Download](向上した Blob アップロードおよびダウンロードに AzCopy を使用する) に移動します。To enable it, go to "Preview" → "Use AzCopy for Improved Blob Upload and Download". AzCopy で実行される BLOB 転送では、速度とパフォーマンスが向上します。Blob transfers completed with AzCopy should be faster and more performant.

修正Fixes

  • AzCopy が有効なっているときに、アップロードする BLOB の種類を選択できるようになりました。You can now choose the blob type you want to upload as when AzCopy is enabled. #1111#1111
  • 以前は、ADLS Gen2 ストレージ アカウントに対して静的な Web サイトを有効化し、名前とキーをアタッチした場合、Storage Explorer では、階層型名前空間が有効になったことが検出されませんでした。Previously, if you had enabled static websites for an ADLS Gen2 Storage account and then attached it with name and key, Storage Explorer would not have detected that hierarchical namespace was enabled. この問題は修正されています。This has been fixed. #1081#1081
  • BLOB エディターで、残りの保持日数またはステータスによる並べ替えに障害が発生していました。In the blob editor, sorting by either retention days remaining or status was broken. この問題は修正されています。This has been fixed. #1106#1106
  • 1.5.0 以降の Storage Explorer では、名前変更またはコピー/貼り付け時に、サーバー側の貼り付けが完了するまで待機しないまま、操作の完了が報告されていました。After 1.5.0, Storage Explorer no longer waited for server side copies to finish before reporting success during a rename or copy & paste. この問題は修正されています。This has been fixed. #976#976
  • 実験用の AzCopy 機能を使用する際に、[Copy command to clipboard](コマンドをクリップボードにコピー) をクリックした後にコピーしたコマンドが、実行可能にならない場合がありました。When using the experimental AzCopy feature, the command copied after clicking "Copy command to clipboard" was not always runnable on its own. 現在は、転送を手動で実行するために必要なすべてのコマンドがコピーされます。Now, all commands needed to run the transfer manually will be copied. #1079#1079
  • 以前は、プロキシの背後にある場合、ADLS Gen2 BLOB にアクセスできませんでした。Previously, ADLS Gen2 blobs were not accessible if you were behind a proxy. これは、Storage SDK で使用される新しいネットワーク ライブラリのバグが原因でした。This was due to a bug in a new networking library used by the Storage SDK. 1.7.0 では、この問題の解消が試行されましたが、一部のユーザーでは引き続きこの問題が発生する場合があります。In 1.7.0, an attempt to mitigate this issue has been made, but some people may continue to see issues. 完全な修正プログラムは今後の更新でリリースされます。A full fix will be released in a future update. #1090#1090
  • 1.7.0 のファイル保存ダイアログでは、前回ファイルを保存した場所が正しく記憶されるようになりました。In 1.7.0, the save file dialog now correctly remembers the last location you saved a file to. #16#16
  • プロパティ パネルで、ストレージ アカウントの SKU レベルがアカウントの種類として表示されていました。In the properties panel, the SKU tier of a Storage account was being shown as the account's kind. この問題は修正されています。This has been fixed. #654#654
  • BLOB の名前を正しく入力しても、BLOB のリースを中断できない場合がありました。Sometimes, it was impossible to break the lease of a blob, even if you entered the name of the blob correctly. この問題は修正されています。This has been fixed. #1070#1070

既知の問題Known Issues

  • RBAC を使用する場合、Storage Explorer は、ストレージ リソースにアクセスするために管理レイヤーのアクセス許可を必要とします。When using RBAC, Storage Explorer requires some management layer permissions in order to access your storage resources. 詳細については、トラブルシューティング ガイドを参照してください。See the troubleshooting guide for more info.

  • プロキシの背後にある場合に ADLS Gen2 BLOB にアクセスしようとすると、失敗する可能性があります。Attempting to access ADLS Gen2 Blobs when behind a proxy may fail.

  • BLOB コンテナーなど、SAS URI を使用してアタッチされているリソースからデタッチすると、他のアタッチが正しく表示されないエラーが発生することがあります。Detaching from a resource attached via SAS URI, such as a blob container, may cause an error that prevents other attachments from showing up correctly. この問題は、グループ ノードを更新するだけで回避できます。To work around this issue, just refresh the group node. 詳細については、#537 をご覧ください。See #537 for more information.

  • BLOB コンテナーなど、SAS URI を使用してアタッチされているリソースからデタッチすると、他のアタッチが正しく表示されないエラーが発生することがあります。Detaching from a resource attached via SAS URI, such as a blob container, may cause an error that prevents other attachments from showing up correctly. この問題は、グループ ノードを更新するだけで回避できます。To work around this issue, just refresh the group node. 詳細については、#537 を参照してください。For more information, see #537.

  • VS for Mac を使用しており、カスタム AAD 構成を作成したことがある場合、サインインできないことがあります。If you use VS for Mac and have ever created a custom AAD configuration, you may be unable to sign-in. この問題を回避するには、~/.IdentityService/AadConfigurations の内容を削除します。To work around the issue, delete the contents of ~/.IdentityService/AadConfigurations. これを行ってもブロックが解除されない場合は、この問題についてコメントをお寄せください。If doing so does not unblock you, comment on this issue.

  • Azurite は、すべての Storage API を完全に実装しているわけではありません。Azurite has not yet fully implemented all Storage APIs. そのため、開発ストレージに Azurite を使用すると、予期しないエラーや動作が発生する可能性があります。Because of this, there may be unexpected errors or behavior when using Azurite for development storage.

  • まれに、ツリーのフォーカスがクイック アクセスから移動しなくなることがあります。In rare cases, the tree focus may get stuck on Quick Access. フォーカスを移動できるようにするには、[すべて更新] をクリックします。To unstick the focus, you can Refresh All.

  • NodeJS のバグが原因で、OneDrive フォルダーからのアップロードが機能しません。Uploading from your OneDrive folder does not work because of a bug in NodeJS. バグは修正されましたが、Electron にまだ統合されていません。The bug has been fixed, but not yet integrated into Electron. BLOB コンテナーにアップロードするとき、または BLOB コンテナーからダウンロードするときに、この問題を回避するには、試験段階の AzCopy 機能を使用できます。To work around this issue when uploading to or downloading from a blob container, you can use the experimental AzCopy feature.

  • Azure Stack を対象にしている場合、一部のファイルについては、追加 BLOB としてアップロードできない可能性があります。When targeting Azure Stack, uploading certain files as append blobs may fail.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、こちらで説明したフィルターのキャンセル回避策を使用しているためです。This is because we are using the cancel filter work around described here.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • Azure Stack では、次の機能はサポートされません。Azure Stack does not support the following features. Azure Stack リソースを操作しているときに、これらの機能を使用しようとすると、予期しないエラーが発生する場合があります。Attempting to use these features while working with Azure Stack resources may result in unexpected errors.

    • ファイル共有File shares
    • アクセス層Access tiers
    • 論理的な削除Soft Delete
  • Storage Explorer で使用されている Electron シェルには、一部の GPU (グラフィックス処理装置) ハードウェア アクセラレータで問題が発生します。The Electron shell used by Storage Explorer has trouble with some GPU (graphics processing unit) hardware acceleration. Storage Explorer に空白 (空) のメイン ウィンドウが表示される場合は、コマンド ラインから Storage Explorer を起動し、--disable-gpu スイッチを追加して、GPU アクセラレータを無効にしてみてください: If Storage Explorer is displaying a blank (empty) main window, you can try launching Storage Explorer from the command line and disabling GPU acceleration by adding the --disable-gpu switch:

    ./StorageExplorer.exe --disable-gpu
    
  • Linux ユーザーは、.NET Core 2.0 をインストールする必要があります。For Linux users, you will need to install .NET Core 2.0.

  • Ubuntu 14.04 のユーザーの場合、GCC が最新版であることを確認する必要があります。これは、次のコマンドを実行し、コンピューターを再起動して行います。For users on Ubuntu 14.04, you will need to ensure GCC is up-to-date - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get dist-upgrade
    
  • Ubuntu 17.04 のユーザーの場合、GConf をインストールする必要があります。次のコマンドを実行し、マシンを再起動して、この操作を行うことができます。For users on Ubuntu 17.04, you will need to install GConf - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo apt-get install libgconf-2-4
    

バージョン 1.6.2Version 1.6.2

1/9/20191/9/2019

修正プログラムHotfixes

  • 1.6.1 では、ObjectId によって ADLS Gen2 ACL に追加される、ユーザーではないエンティティは、常にグループとして追加されました。In 1.6.1, entities added to ADLS Gen2 ACLs by ObjectId which were not users were always added as groups. 現在は、グループのみがグループとして追加され、エンタープライズ アプリケーションやサービス プリンシパルなどのエンティティはユーザーとして追加されます。Now, only groups are added as groups, and entities such as Enterprise Applications andService Principals are added as users. #1049#1049
  • コンテナーを持たない ADLS Gen2 Storage アカウントが名前とキーでアタッチされた場合、Storage Explorer ではそのストレージ アカウントが ADLS Gen2 であることが検出されませんでした。If an ADLS Gen2 Storage account had no containers and was attached with name and key, then Storage Explorer would not detect that the Storage Account was ADLS Gen2. この問題は修正されています。This has been fixed. #1048#1048
  • 1.6.0 では、コピーおよび貼り付けでの競合に対して、解決を求めるメッセージが表示されませんでした。In 1.6.0, conflicts during copy and paste would not prompt for a resolution. 代わりに、競合するコピーは単に失敗しました。Instead, the conflicted copy would simply fail. 現在は、最初の競合では、ユーザーに解決するかどうかを確認するメッセージが表示されます。Now, on the first conflict, you will be asked how you would like it to be resolved. #1014#1014
  • API の制限により、[アクセスの管理] ダイアログの ObjectId のすべての検証が無効になりました。Due to API limitations, all validation of ObjectIds in the Manage Access dialog have been disabled. 検証はユーザー UPN に対してのみ実行されるようになりました。Validation will now only occur for user UPNs. #954#954
  • ADLS Gen2 の [アクセスの管理] ダイアログでは、グループのアクセス許可を変更できませんでした。In the ADLS Gen2 Manage Access dialog, the permissions for a group could not be modified. この問題は修正されています。This has been fixed. #958#958
  • ADLS Gen2 エディターにドラッグ アンド ドロップによるアップロードのサポートが追加されました。Added drag and drop upload support to the ADLS Gen2 editor. #953#953
  • ADLS Gen2 ファイルおよびフォルダーのプロパティ ダイアログに表示される URL プロパティに "/" が不足している場合がありました。The URL property in the properties dialog for ADLS Gen2 files and folders was sometimes missing a '/'. この問題は修正されています。This has been fixed. #960#960
  • ADLS Gen2 コンテナー、ファイル、またはフォルダーの現在のアクセス許可を取得できなかった場合、アクティビティ ログにエラーが適切に表示されるようになりました。If getting the current permissions for an ADLS Gen2 container, file, or folder fails, then the error is now propertly displayed in the activity log. #965#965
  • Windows の MAX_PATH よりも長いパスが作成される可能性を減らすために、ファイルを開くために作成される一時パスが短くなりました。The temporary path created for opening files has been shortened to reduce the chance of creating a path which is longer than MAX_PATH on Windows. #93#93
  • サインインしているユーザーがおらず、リソースがアタッチされていない場合に [接続] ダイアログが正常に表示されるようになりました。The Connect dialog now correctly appears when there are no signed in users and no resources have been attached. #944#944
  • 1.6.0 では、HNS 以外の BLOB およびファイルのプロパティを保存すると、すべてのプロパティの値がエンコードされました。In 1.6.0, saving properties for non-HNS Blobs and Files would encode the value of every property. この結果、ASCII 文字のみが含まれている値が不必要にエンコードされていました。This resulted in unnecessary encoding of values which only contained ASCII characters. ASCII 以外の文字が含まれている場合にのみ、値がエンコードされるようになりました。Now, values will only be encoded if they contain non-ASCII characters. #986#986
  • 読み取りアクセス許可がない SAS を使用した場合、HNS 以外の BLOB コンテナーにフォルダーをアップロードできませんでした。Uploading a folder to a non-HNS Blob container would fail if a SAS was used and the SAS did not have read permissions. この問題は修正されています。This has been fixed. #970#970
  • AzCopy の転送のキャンセルが機能しませんでした。Canceling an AzCopy transfer did not work. この問題は修正されています。This has been fixed. #943#943
  • 名前にスペースが含まれているフォルダーを ADLS Gen2 の BLOB コンテナーからダウンロードしようとすると、AzCopy が失敗しました。AzCopy would fail when trying to download a folder from an ADLS Gen2 Blob container if the folder had spaces in its name. この問題は修正されています。This has been fixed. #990#990
  • 1.6.0 では、CosmosDB エディターが壊れていました。The CosmosDB editor was broken in 1.6.0. これが修正されました。It is now fixed. #950#950

新規New

  • Storage Explorer を使用して、RBAC 経由で BLOB データにアクセスできるようになりました。You can now use Storage Explorer to access your Blob data via RBAC. サインインしている場合に、自分のストレージ アカウントのキーを Storage Explorer が取得できないと、データ操作時の認証に OAuth トークンが使用されます。If you are signed in and Storage Explorer is unable to retrieve the keys for your Storage account, then an OAuth token will be used to authenticate when interacting with your data.
  • Storage Explorer は ADLS Gen2 ストレージ アカウントをサポートするようになりました。Storage Explorer now supports ADLS Gen2 Storage accounts. ストレージ アカウントに対して階層型名前空間が有効になっていることを Storage Explorer が検出すると、ストレージ アカウントの名前の横に "(ADLS Gen2 プレビュー)" と表示されます。When Storage Explorer detects that hierarchical namespace is enabled for a Storage account, you will see "(ADLS Gen2 Preview)" next to the name of your Storage account. Storage Explorer では、サインインしている場合に階層型名前空間が有効になっているかどうかや、ストレージ アカウントに名前とキーを関連付けているかどうかを検出できます。Storage Explorer is able to detect whether or not hierarchical namespace is enabled when you are signed in, or if you have attached your Storage Account with name and key. ADLS Gen2 ストレージ アカウントでは、Storage Explorer を使用して、以下の操作を実行できます。For ADLS Gen2 Storage accounts, you can use Storage Explorer to:
    • コンテナーの作成と削除Create and delete containers

    • コンテナーのプロパティとアクセス許可の管理 (左側)Manage container properties and permissions (left-hand side)

    • コンテナー内のデータの表示および移動View and navigate data inside of containers

    • 新しいフォルダーの作成Create new folders

    • ファイルおよびフォルダーのアップロード、ダウンロード、名前変更、削除Upload, download, rename, and delete files and folders

    • ファイルおよびフォルダーのプロパティとアクセス許可の管理 (右側)Manage file and folder properties and permissions (right-hand side).

      論理的な削除やスナップショットなど、その他の一般的な BLOB 機能は現在使用できません。Other typical Blob features, such as Soft Delete, and Snapshots, are not currently available. アクセス許可の管理は、サインインしている場合にのみ使用できます。Managing permissions is also only available when signed in. さらに、ADLS Gen2 ストレージ アカウントで作業している場合、Storage Explorer では、すべてのアップロードおよびダウンロードに AzCopy が使用されます。また、既定ですべての操作に名前とキー資格情報が使用されます (使用可能な場合)。Additionally, when working in an ADLS Gen2 Storage account, Storage Explorer will use AzCopy for all uploads and downloads and default to using name and key credentials for all operations if available.

  • 多数のユーザー フィードバックを受け、リースの解約をもう一度使用して、一度に複数の BLOB でリースを解約できるようになっています。After strong user feedback, break lease can once again be used to break leases on multiple blobs at once.

既知の問題Known Issues

  • ADLS Gen2 ストレージ アカウントからダウンロードしているときに、転送中のファイルの 1 つが既に存在していると、AzCopy がクラッシュすることがあります。When downloading from an ADLS Gen2 Storage account, if one of the files being transferred already exists, then AzCopy will sometimes crash. 今後の修正プログラムで修正される予定です。This will be fixed in an upcoming hotfix.

  • BLOB コンテナーなど、SAS URI を使用してアタッチされているリソースからデタッチすると、他のアタッチが正しく表示されないエラーが発生することがあります。Detaching from a resource attached via SAS URI, such as a blob container, may cause an error that prevents other attachments from showing up correctly. この問題は、グループ ノードを更新するだけで回避できます。To work around this issue, just refresh the group node. 詳細については、#537 を参照してください。For more information, see #537.

  • VS for Mac を使用しており、カスタム AAD 構成を作成したことがある場合、サインインできないことがあります。If you use VS for Mac and have ever created a custom AAD configuration, you may be unable to sign-in. この問題を回避するには、~/.IdentityService/AadConfigurations の内容を削除します。To work around the issue, delete the contents of ~/.IdentityService/AadConfigurations. これを行ってもブロックが解除されない場合は、この問題についてコメントをお寄せください。If doing so does not unblock you, comment on this issue.

  • Azurite は、すべての Storage API を完全に実装しているわけではありません。Azurite has not yet fully implemented all Storage APIs. そのため、開発ストレージに Azurite を使用すると、予期しないエラーや動作が発生する可能性があります。Because of this, there may be unexpected errors or behavior when using Azurite for development storage.

  • まれに、ツリーのフォーカスがクイック アクセスから移動しなくなることがあります。In rare cases, the tree focus may get stuck on Quick Access. フォーカスを移動できるようにするには、[すべて更新] をクリックします。To unstick the focus, you can Refresh All.

  • NodeJS のバグが原因で、OneDrive フォルダーからのアップロードが機能しません。Uploading from your OneDrive folder does not work because of a bug in NodeJS. バグは修正されましたが、Electron にまだ統合されていません。The bug has been fixed, but not yet integrated into Electron. BLOB コンテナーにアップロードするとき、または BLOB コンテナーからダウンロードするときに、この問題を回避するには、試験段階の AzCopy 機能を使用できます。To work around this issue when uploading to or downloading from a blob container, you can use the experimental AzCopy feature.

  • Azure Stack を対象にしている場合、一部のファイルについては、追加 BLOB としてアップロードできない可能性があります。When targeting Azure Stack, uploading certain files as append blobs may fail.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、こちらで説明したフィルターのキャンセル回避策を使用しているためです。This is because we are using the cancel filter work around described here.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • Azure Stack では、次の機能はサポートされません。Azure Stack does not support the following features. Azure Stack リソースを操作しているときに、これらの機能を使用しようとすると、予期しないエラーが発生する場合があります。Attempting to use these features while working with Azure Stack resources may result in unexpected errors.

    • ファイル共有File shares
    • アクセス層Access tiers
    • 論理的な削除Soft Delete
  • Storage Explorer で使用されている Electron シェルには、一部の GPU (グラフィックス処理装置) ハードウェア アクセラレータで問題が発生します。The Electron shell used by Storage Explorer has trouble with some GPU (graphics processing unit) hardware acceleration. Storage Explorer に空白 (空) のメイン ウィンドウが表示される場合は、コマンド ラインから Storage Explorer を起動し、--disable-gpu スイッチを追加して、GPU アクセラレータを無効にしてみてください: If Storage Explorer is displaying a blank (empty) main window, you can try launching Storage Explorer from the command line and disabling GPU acceleration by adding the --disable-gpu switch:

    ./StorageExplorer.exe --disable-gpu
    
  • Linux ユーザーは、.NET Core 2.0 をインストールする必要があります。For Linux users, you will need to install .NET Core 2.0.

  • Ubuntu 14.04 のユーザーの場合、GCC が最新版であることを確認する必要があります。これは、次のコマンドを実行し、コンピューターを再起動して行います。For users on Ubuntu 14.04, you will need to ensure GCC is up-to-date - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get dist-upgrade
    
  • Ubuntu 17.04 のユーザーの場合、GConf をインストールする必要があります。次のコマンドを実行し、マシンを再起動して、この操作を行うことができます。For users on Ubuntu 17.04, you will need to install GConf - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo apt-get install libgconf-2-4
    

バージョン 1.6.1Version 1.6.1

2018/12/1812/18/2018

修正プログラムHotfixes

  • API の制限により、[アクセスの管理] ダイアログの ObjectId のすべての検証が無効になりました。Due to API limitations, all validation of ObjectIds in the Manage Access dialog have been disabled. 検証はユーザー UPN に対してのみ実行されるようになりました。Validation will now only occur for user UPNs. #954#954
  • ADLS Gen2 の [アクセスの管理] ダイアログでは、グループのアクセス許可を変更できませんでした。In the ADLS Gen2 Manage Access dialog, the permissions for a group could not be modified. この問題は修正されています。This has been fixed. #958#958
  • ADLS Gen2 エディターにドラッグ アンド ドロップによるアップロードのサポートが追加されました。Added drag and drop upload support to the ADLS Gen2 editor. #953#953
  • ADLS Gen2 ファイルおよびフォルダーのプロパティ ダイアログに表示される URL プロパティに "/" が不足している場合がありました。The URL property in the properties dialog for ADLS Gen2 files and folders was sometimes missing a '/'. この問題は修正されています。This has been fixed. #960#960
  • ADLS Gen2 コンテナー、ファイル、またはフォルダーの現在のアクセス許可を取得できなかった場合、アクティビティ ログにエラーが適切に表示されるようになりました。If getting the current permissions for an ADLS Gen2 container, file, or folder fails, then the error is now propertly displayed in the activity log. #965#965
  • Windows の MAX_PATH よりも長いパスが作成される可能性を減らすために、ファイルを開くために作成される一時パスが短くなりました。The temporary path created for opening files has been shortened to reduce the chance of creating a path which is longer than MAX_PATH on Windows. #93#93
  • サインインしているユーザーがおらず、リソースがアタッチされていない場合に [接続] ダイアログが正常に表示されるようになりました。The Connect dialog now correctly appears when there are no signed in users and no resources have been attached. #944#944
  • 1.6.0 では、HNS 以外の BLOB およびファイルのプロパティを保存すると、すべてのプロパティの値がエンコードされました。In 1.6.0, saving properties for non-HNS Blobs and Files would encode the value of every property. この結果、ASCII 文字のみが含まれている値が不必要にエンコードされていました。This resulted in unnecessary encoding of values which only contained ASCII characters. ASCII 以外の文字が含まれている場合にのみ、値がエンコードされるようになりました。Now, values will only be encoded if they contain non-ASCII characters. #986#986
  • 読み取りアクセス許可がない SAS を使用した場合、HNS 以外の BLOB コンテナーにフォルダーをアップロードできませんでした。Uploading a folder to a non-HNS Blob container would fail if a SAS was used and the SAS did not have read permissions. この問題は修正されています。This has been fixed. #970#970
  • AzCopy の転送のキャンセルが機能しませんでした。Canceling an AzCopy transfer did not work. この問題は修正されています。This has been fixed. #943#943
  • 名前にスペースが含まれているフォルダーを ADLS Gen2 の BLOB コンテナーからダウンロードしようとすると、AzCopy が失敗しました。AzCopy would fail when trying to download a folder from an ADLS Gen2 Blob container if the folder had spaces in its name. この問題は修正されています。This has been fixed. #990#990
  • 1.6.0 では、CosmosDB エディターが壊れていました。The CosmosDB editor was broken in 1.6.0. これが修正されました。It is now fixed. #950#950

新規New

  • Storage Explorer を使用して、RBAC 経由で BLOB データにアクセスできるようになりました。You can now use Storage Explorer to access your Blob data via RBAC. サインインしている場合に、自分のストレージ アカウントのキーを Storage Explorer が取得できないと、データ操作時の認証に OAuth トークンが使用されます。If you are signed in and Storage Explorer is unable to retrieve the keys for your Storage account, then an OAuth token will be used to authenticate when interacting with your data.
  • Storage Explorer は ADLS Gen2 ストレージ アカウントをサポートするようになりました。Storage Explorer now supports ADLS Gen2 Storage accounts. ストレージ アカウントに対して階層型名前空間が有効になっていることを Storage Explorer が検出すると、ストレージ アカウントの名前の横に "(ADLS Gen2 プレビュー)" と表示されます。When Storage Explorer detects that hierarchical namespace is enabled for a Storage account, you will see "(ADLS Gen2 Preview)" next to the name of your Storage account. Storage Explorer では、サインインしている場合に階層型名前空間が有効になっているかどうかや、ストレージ アカウントに名前とキーを関連付けているかどうかを検出できます。Storage Explorer is able to detect whether or not hierarchical namespace is enabled when you are signed in, or if you have attached your Storage Account with name and key. ADLS Gen2 ストレージ アカウントでは、Storage Explorer を使用して、以下の操作を実行できます。For ADLS Gen2 Storage accounts, you can use Storage Explorer to:
    • コンテナーの作成と削除Create and delete containers

    • コンテナーのプロパティとアクセス許可の管理 (左側)Manage container properties and permissions (left-hand side)

    • コンテナー内のデータの表示および移動View and navigate data inside of containers

    • 新しいフォルダーの作成Create new folders

    • ファイルおよびフォルダーのアップロード、ダウンロード、名前変更、削除Upload, download, rename, and delete files and folders

    • ファイルおよびフォルダーのプロパティとアクセス許可の管理 (右側)Manage file and folder properties and permissions (right-hand side).

      論理的な削除やスナップショットなど、その他の一般的な BLOB 機能は現在使用できません。Other typical Blob features, such as Soft Delete, and Snapshots, are not currently available. アクセス許可の管理は、サインインしている場合にのみ使用できます。Managing permissions is also only available when signed in. さらに、ADLS Gen2 ストレージ アカウントで作業している場合、Storage Explorer では、すべてのアップロードおよびダウンロードに AzCopy が使用されます。また、既定ですべての操作に名前とキー資格情報が使用されます (使用可能な場合)。Additionally, when working in an ADLS Gen2 Storage account, Storage Explorer will use AzCopy for all uploads and downloads and default to using name and key credentials for all operations if available.

  • 多数のユーザー フィードバックを受け、リースの解約をもう一度使用して、一度に複数の BLOB でリースを解約できるようになっています。After strong user feedback, break lease can once again be used to break leases on multiple blobs at once.

既知の問題Known Issues

  • ADLS Gen2 ストレージ アカウントからダウンロードしているときに、転送中のファイルの 1 つが既に存在していると、AzCopy がクラッシュすることがあります。When downloading from an ADLS Gen2 Storage account, if one of the files being transferred already exists, then AzCopy will sometimes crash. 今後の修正プログラムで修正される予定です。This will be fixed in an upcoming hotfix.

  • BLOB コンテナーなど、SAS URI を使用してアタッチされているリソースからデタッチすると、他のアタッチが正しく表示されないエラーが発生することがあります。Detaching from a resource attached via SAS URI, such as a blob container, may cause an error that prevents other attachments from showing up correctly. この問題は、グループ ノードを更新するだけで回避できます。To work around this issue, just refresh the group node. 詳細については、#537 を参照してください。For more information, see #537.

  • VS for Mac を使用しており、カスタム AAD 構成を作成したことがある場合、サインインできないことがあります。If you use VS for Mac and have ever created a custom AAD configuration, you may be unable to sign-in. この問題を回避するには、~/.IdentityService/AadConfigurations の内容を削除します。To work around the issue, delete the contents of ~/.IdentityService/AadConfigurations. これを行ってもブロックが解除されない場合は、この問題についてコメントをお寄せください。If doing so does not unblock you, comment on this issue.

  • Azurite は、すべての Storage API を完全に実装しているわけではありません。Azurite has not yet fully implemented all Storage APIs. そのため、開発ストレージに Azurite を使用すると、予期しないエラーや動作が発生する可能性があります。Because of this, there may be unexpected errors or behavior when using Azurite for development storage.

  • まれに、ツリーのフォーカスがクイック アクセスから移動しなくなることがあります。In rare cases, the tree focus may get stuck on Quick Access. フォーカスを移動できるようにするには、[すべて更新] をクリックします。To unstick the focus, you can Refresh All.

  • NodeJS のバグが原因で、OneDrive フォルダーからのアップロードが機能しません。Uploading from your OneDrive folder does not work because of a bug in NodeJS. バグは修正されましたが、Electron にまだ統合されていません。The bug has been fixed, but not yet integrated into Electron. BLOB コンテナーにアップロードするとき、または BLOB コンテナーからダウンロードするときに、この問題を回避するには、試験段階の AzCopy 機能を使用できます。To work around this issue when uploading to or downloading from a blob container, you can use the experimental AzCopy feature.

  • Azure Stack を対象にしている場合、一部のファイルについては、追加 BLOB としてアップロードできない可能性があります。When targeting Azure Stack, uploading certain files as append blobs may fail.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、こちらで説明したフィルターのキャンセル回避策を使用しているためです。This is because we are using the cancel filter work around described here.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • Azure Stack では、次の機能はサポートされません。Azure Stack does not support the following features. Azure Stack リソースを操作しているときに、これらの機能を使用しようとすると、予期しないエラーが発生する場合があります。Attempting to use these features while working with Azure Stack resources may result in unexpected errors.

    • ファイル共有File shares
    • アクセス層Access tiers
    • 論理的な削除Soft Delete
  • Storage Explorer で使用されている Electron シェルには、一部の GPU (グラフィックス処理装置) ハードウェア アクセラレータで問題が発生します。The Electron shell used by Storage Explorer has trouble with some GPU (graphics processing unit) hardware acceleration. Storage Explorer に空白 (空) のメイン ウィンドウが表示される場合は、コマンド ラインから Storage Explorer を起動し、--disable-gpu スイッチを追加して、GPU アクセラレータを無効にしてみてください: If Storage Explorer is displaying a blank (empty) main window, you can try launching Storage Explorer from the command line and disabling GPU acceleration by adding the --disable-gpu switch:

    ./StorageExplorer.exe --disable-gpu
    
  • Linux ユーザーは、.NET Core 2.0 をインストールする必要があります。For Linux users, you will need to install .NET Core 2.0.

  • Ubuntu 14.04 のユーザーの場合、GCC が最新版であることを確認する必要があります。これは、次のコマンドを実行し、コンピューターを再起動して行います。For users on Ubuntu 14.04, you will need to ensure GCC is up-to-date - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get dist-upgrade
    
  • Ubuntu 17.04 のユーザーの場合、GConf をインストールする必要があります。次のコマンドを実行し、マシンを再起動して、この操作を行うことができます。For users on Ubuntu 17.04, you will need to install GConf - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo apt-get install libgconf-2-4
    

バージョン 1.6.0Version 1.6.0

2018/12/512/5/2018

新規New

  • Storage Explorer を使用して、RBAC 経由で BLOB データにアクセスできるようになりました。You can now use Storage Explorer to access your Blob data via RBAC. サインインしている場合に、自分のストレージ アカウントのキーを Storage Explorer が取得できないと、データ操作時の認証に OAuth トークンが使用されます。If you are signed in and Storage Explorer is unable to retrieve the keys for your Storage account, then an OAuth token will be used to authenticate when interacting with your data.
  • Storage Explorer は ADLS Gen2 ストレージ アカウントをサポートするようになりました。Storage Explorer now supports ADLS Gen2 Storage accounts. ストレージ アカウントに対して階層型名前空間が有効になっていることを Storage Explorer が検出すると、ストレージ アカウントの名前の横に "(ADLS Gen2 プレビュー)" と表示されます。When Storage Explorer detects that hierarchical namespace is enabled for a Storage account, you will see "(ADLS Gen2 Preview)" next to the name of your Storage account. Storage Explorer では、サインインしている場合に階層型名前空間が有効になっているかどうかや、ストレージ アカウントに名前とキーを関連付けているかどうかを検出できます。Storage Explorer is able to detect whether or not hierarchical namespace is enabled when you are signed in, or if you have attached your Storage Account with name and key. ADLS Gen2 ストレージ アカウントでは、Storage Explorer を使用して、以下の操作を実行できます。For ADLS Gen2 Storage accounts, you can use Storage Explorer to:
    • コンテナーの作成と削除Create and delete containers

    • コンテナーのプロパティとアクセス許可の管理 (左側)Manage container properties and permissions (left-hand side)

    • コンテナー内のデータの表示および移動View and navigate data inside of containers

    • 新しいフォルダーの作成Create new folders

    • ファイルおよびフォルダーのアップロード、ダウンロード、名前変更、削除Upload, download, rename, and delete files and folders

    • ファイルおよびフォルダーのプロパティとアクセス許可の管理 (右側)Manage file and folder properties and permissions (right-hand side).

      論理的な削除やスナップショットなど、その他の一般的な BLOB 機能は現在使用できません。Other typical Blob features, such as Soft Delete, and Snapshots, are not currently available. アクセス許可の管理は、サインインしている場合にのみ使用できます。Managing permissions is also only available when signed in. さらに、ADLS Gen2 ストレージ アカウントで作業している場合、Storage Explorer では、すべてのアップロードおよびダウンロードに AzCopy が使用されます。また、既定ですべての操作に名前とキー資格情報が使用されます (使用可能な場合)。Additionally, when working in an ADLS Gen2 Storage account, Storage Explorer will use AzCopy for all uploads and downloads and default to using name and key credentials for all operations if available.

  • 多数のユーザー フィードバックを受け、リースの解約をもう一度使用して、一度に複数の BLOB でリースを解約できるようになっています。After strong user feedback, break lease can once again be used to break leases on multiple blobs at once.

既知の問題Known Issues

  • ADLS Gen2 ストレージ アカウントからダウンロードしているときに、転送中のファイルの 1 つが既に存在していると、AzCopy がクラッシュすることがあります。When downloading from an ADLS Gen2 Storage account, if one of the files being transferred already exists, then AzCopy will sometimes crash. 今後の修正プログラムで修正される予定です。This will be fixed in an upcoming hotfix.

  • BLOB コンテナーなど、SAS URI を使用してアタッチされているリソースからデタッチすると、他のアタッチが正しく表示されないエラーが発生することがあります。Detaching from a resource attached via SAS URI, such as a blob container, may cause an error that prevents other attachments from showing up correctly. この問題は、グループ ノードを更新するだけで回避できます。To work around this issue, just refresh the group node. 詳細については、#537 を参照してください。For more information, see #537.

  • VS for Mac を使用しており、カスタム AAD 構成を作成したことがある場合、サインインできないことがあります。If you use VS for Mac and have ever created a custom AAD configuration, you may be unable to sign-in. この問題を回避するには、~/.IdentityService/AadConfigurations の内容を削除します。To work around the issue, delete the contents of ~/.IdentityService/AadConfigurations. これを行ってもブロックが解除されない場合は、この問題についてコメントをお寄せください。If doing so does not unblock you, comment on this issue.

  • Azurite は、すべての Storage API を完全に実装しているわけではありません。Azurite has not yet fully implemented all Storage APIs. そのため、開発ストレージに Azurite を使用すると、予期しないエラーや動作が発生する可能性があります。Because of this, there may be unexpected errors or behavior when using Azurite for development storage.

  • まれに、ツリーのフォーカスがクイック アクセスから移動しなくなることがあります。In rare cases, the tree focus may get stuck on Quick Access. フォーカスを移動できるようにするには、[すべて更新] をクリックします。To unstick the focus, you can Refresh All.

  • NodeJS のバグが原因で、OneDrive フォルダーからのアップロードが機能しません。Uploading from your OneDrive folder does not work because of a bug in NodeJS. バグは修正されましたが、Electron にまだ統合されていません。The bug has been fixed, but not yet integrated into Electron. BLOB コンテナーにアップロードするとき、または BLOB コンテナーからダウンロードするときに、この問題を回避するには、試験段階の AzCopy 機能を使用できます。To work around this issue when uploading to or downloading from a blob container, you can use the experimental AzCopy feature.

  • Azure Stack を対象にしている場合、一部のファイルについては、追加 BLOB としてアップロードできない可能性があります。When targeting Azure Stack, uploading certain files as append blobs may fail.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、こちらで説明したフィルターのキャンセル回避策を使用しているためです。This is because we are using the cancel filter work around described here.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • Azure Stack では、次の機能はサポートされません。Azure Stack does not support the following features. Azure Stack リソースを操作しているときに、これらの機能を使用しようとすると、予期しないエラーが発生する場合があります。Attempting to use these features while working with Azure Stack resources may result in unexpected errors.

    • ファイル共有File shares
    • アクセス層Access tiers
    • 論理的な削除Soft Delete
  • Storage Explorer で使用されている Electron シェルには、一部の GPU (グラフィックス処理装置) ハードウェア アクセラレータで問題が発生します。The Electron shell used by Storage Explorer has trouble with some GPU (graphics processing unit) hardware acceleration. Storage Explorer に空白 (空) のメイン ウィンドウが表示される場合は、コマンド ラインから Storage Explorer を起動し、--disable-gpu スイッチを追加して、GPU アクセラレータを無効にしてみてください: If Storage Explorer is displaying a blank (empty) main window, you can try launching Storage Explorer from the command line and disabling GPU acceleration by adding the --disable-gpu switch:

    ./StorageExplorer.exe --disable-gpu
    
  • Linux ユーザーは、.NET Core 2.0 をインストールする必要があります。For Linux users, you will need to install .NET Core 2.0.

  • Ubuntu 14.04 のユーザーの場合、GCC が最新版であることを確認する必要があります。これは、次のコマンドを実行し、コンピューターを再起動して行います。For users on Ubuntu 14.04, you will need to ensure GCC is up-to-date - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get dist-upgrade
    
  • Ubuntu 17.04 のユーザーの場合、GConf をインストールする必要があります。次のコマンドを実行し、マシンを再起動して、この操作を行うことができます。For users on Ubuntu 17.04, you will need to install GConf - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo apt-get install libgconf-2-4
    

バージョン 1.5.0Version 1.5.0

10/29/201810/29/2018

新規New

  • BLOB のアップロードおよびダウンロードに、AzCopy v10 (プレビュー) を使用できるようになりました。You can now use AzCopy v10 (Preview) for uploading and downloading Blobs. この機能を有効にするには、[試験段階] メニューに移動して、[Use AzCopy for Improved Blob Upload and Download](改善された BLOB のアップロードとダウンロードに AzCopy を使用する) をクリックします。To enable this feature go to the "Experimental" menu and then click "Use AzCopy for Improved Blob Upload and Download". 有効な場合は、次のシナリオで AzCopy が使用されます。When enabled, AzCopy will be used in the following scenarios:

    • ツール バーか、ドラッグ アンド ドロップのいずれかで、フォルダーとファイルを BLOB コンテナーにアップロードする。Upload of folders and files to blob containers, either via the toolbar or drag and drop.
    • ツール バーまたはコンテキスト メニューのいずれかで、フォルダーとファイルをダウンロードする。Downloading of folders and files, either via the toolbar or context menu.
  • また、AzCopy を使用する場合Additionally, when using AzCopy:

    • 使用した AzCopy コマンドをコピーして、クリップボードへの転送を実行できます。You can copy the AzCopy command used to execute the transfer to your clipboard. アクティビティ ログで [Copy AzCopy Command to Clipboard](AzCopy コマンドをクリップボードにコピー) をクリックするだけです。Simply click "Copy AzCopy Command to Clipboard" in the activity log.
    • アップロードした後に、手動で BLOB エディターを更新する必要があります。You will need to refresh the blob editor manually after uploading.
    • BLOB を追加するためのファイルのアップロードはサポートされておらず、vhd ファイルはページ BLOB としてアップロードされ、その他のファイルはすべてブロック BLOB としてアップロードされます。Uploading files to append blobs is not supported, and vhd files will be uploaded as page blobs, and all other files will be uploaded as block blobs.
    • アップロードまたはダウンロード時に発生するエラーや競合は、アップロードまたはダウンロードが完了するまで提示されません。Errors and conflicts that occur during upload or download will not be surfaced until after an upload or download is finished.

最後に、ファイル共有での AzCopy の使用のサポートは、今後提供される予定です。Finally, support for using AzCopy with File Shares will be coming in the future.

  • 現在、Storage Explorer では Electron バージョン 2.0.11 を使用しています。Storage Explorer is now using Electron version 2.0.11.
  • リースの解約は一度に 1 つの BLOB 上のみで実行することができます。Breaking leases can now only be performed on one blob at a time. さらに、解約するリースを含む BLOB の名前を入力する必要があります。Additionally, you have to enter the name of the blob whose lease you are breaking. この変更は、特に VM の場合に、誤ってリースを解約する可能性を低減するために加えられました。This change was made to reduce the likelihood of accidentally breaking a lease, especially for VMs. #394#394
  • サインインの問題が発生した場合、認証のリセットを試行できるようになりました。If you ever encounter sign-in issues, you can now try resetting authentication. この機能にアクセスするには、[ヘルプ] メニューに移動して [リセット] をクリックします。Go to the "Help" menu and click "Reset" to access this capability. #419#419

FixFix

  • 強力なユーザーのフィードバックの後、既定のエミュレーター ノードを再度有効にしています。After strong user feedback, the default emulator node has been re-enabled. 引き続き [接続] ダイアログからさらにエミュレーターの接続を追加することはできますが、ご利用のエミュレーターが既定のポートを使用するように構成されている場合は、[Local & Attached](ローカルおよびアタッチ済み)、[ストレージ アカウント] の下で "エミュレーター * 既定のポート" ノードを使用することもできます。You can still add additional emulator connections via the Connect dialog, but if your emulator is configured to use the default ports you can also use the "Emulator * Default Ports" node under "Local & Attached/Storage Accounts". #669#669
  • Storage Explorer では、先頭または末尾に空白がある BLOB メタデータの値を設定することはできなくなりました。Storage Explorer will no longer let you set blob metadata values which have leading or trailing whitespace. #760#760
  • [サインイン] ボタンは、[接続] ダイアログの同じページ上で常に有効になっていました。The "Sign In" button was always enabled on same pages of the Connect dialog. 必要に応じて、無効にされるようになりました。It is now disabled when appropriate. #761#761
  • クイック アクセスの項目が追加されていない場合に、クイック アクセスによってコンソール内にエラーが生成されることはなくなりました。Quick Access will no longer generate an error in the console when no Quick Access items have been added.

既知の問題Known Issues

  • BLOB コンテナーなど、SAS URI を使用してアタッチされているリソースからデタッチすると、他のアタッチが正しく表示されないエラーが発生することがあります。Detaching from a resource attached via SAS URI, such as a blob container, may cause an error that prevents other attachments from showing up correctly. この問題は、グループ ノードを更新するだけで回避できます。To work around this issue, just refresh the group node. 詳細については、#537 を参照してください。For more information, see #537.

  • VS for Mac を使用しており、カスタム AAD 構成を作成したことがある場合、サインインできないことがあります。If you use VS for Mac and have ever created a custom AAD configuration, you may be unable to sign-in. この問題を回避するには、~/.IdentityService/AadConfigurations の内容を削除します。To work around the issue, delete the contents of ~/.IdentityService/AadConfigurations. これを行ってもブロックが解除されない場合は、この問題についてコメントをお寄せください。If doing so does not unblock you, comment on this issue.

  • Azurite は、すべての Storage API を完全に実装しているわけではありません。Azurite has not yet fully implemented all Storage APIs. そのため、開発ストレージに Azurite を使用すると、予期しないエラーや動作が発生する可能性があります。Because of this, there may be unexpected errors or behavior when using Azurite for development storage.

  • まれに、ツリーのフォーカスがクイック アクセスから移動しなくなることがあります。In rare cases, the tree focus may get stuck on Quick Access. フォーカスを移動できるようにするには、[すべて更新] をクリックします。To unstick the focus, you can Refresh All.

  • NodeJS のバグが原因で、OneDrive フォルダーからのアップロードが機能しません。Uploading from your OneDrive folder does not work because of a bug in NodeJS. バグは修正されましたが、Electron にまだ統合されていません。The bug has been fixed, but not yet integrated into Electron. BLOB コンテナーにアップロードするとき、または BLOB コンテナーからダウンロードするときに、この問題を回避するには、試験段階の AzCopy 機能を使用できます。To work around this issue when uploading to or downloading from a blob container, you can use the experimental AzCopy feature.

  • Azure Stack を対象にしている場合、一部のファイルについては、追加 BLOB としてアップロードできない可能性があります。When targeting Azure Stack, uploading certain files as append blobs may fail.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、こちらで説明したフィルターのキャンセル回避策を使用しているためです。This is because we are using the cancel filter work around described here.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • Azure Stack では、次の機能はサポートされません。Azure Stack does not support the following features. Azure Stack リソースを操作しているときに、これらの機能を使用しようとすると、予期しないエラーが発生する場合があります。Attempting to use these features while working with Azure Stack resources may result in unexpected errors.

    • ファイル共有File shares
    • アクセス層Access tiers
    • 論理的な削除Soft Delete
  • Storage Explorer で使用されている Electron シェルには、一部の GPU (グラフィックス処理装置) ハードウェア アクセラレータで問題が発生します。The Electron shell used by Storage Explorer has trouble with some GPU (graphics processing unit) hardware acceleration. Storage Explorer に空白 (空) のメイン ウィンドウが表示される場合は、コマンド ラインから Storage Explorer を起動し、--disable-gpu スイッチを追加して、GPU アクセラレータを無効にしてみてください: If Storage Explorer is displaying a blank (empty) main window, you can try launching Storage Explorer from the command line and disabling GPU acceleration by adding the --disable-gpu switch:

    ./StorageExplorer.exe --disable-gpu
    
  • Linux ユーザーは、.NET Core 2.0 をインストールする必要があります。For Linux users, you will need to install .NET Core 2.0.

  • Ubuntu 14.04 のユーザーの場合、GCC が最新版であることを確認する必要があります。これは、次のコマンドを実行し、コンピューターを再起動して行います。For users on Ubuntu 14.04, you will need to ensure GCC is up-to-date - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get dist-upgrade
    
  • Ubuntu 17.04 のユーザーの場合、GConf をインストールする必要があります。次のコマンドを実行し、マシンを再起動して、この操作を行うことができます。For users on Ubuntu 17.04, you will need to install GConf - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo apt-get install libgconf-2-4
    

バージョン 1.4.4Version 1.4.4

10/15/201810/15/2018

修正プログラムHotfixes

  • Azure Resource Management の API バージョンは、Azure US Government ユーザーのブロックを解除するためにロールバックされました。The Azure Resource Management API Version has been rolled back to unblock Azure US Government users. #696#696
  • 読み込みスピナーは現在、CSS アニメーションを使用して、Storage Explorer によって使用される GPU の量を削減しています。Loading spinners are now using CSS animations to reduce the amount of GPU used by Storage Explorer. #653#653

新規New

  • SAS 接続やエミュレーターなどの外部リソースのアタッチが大幅に改善されました。External resource attachments, such as for SAS connections and emulators, has been significantly improved. ここでは、次の操作を実行できます。Now you can:
    • アタッチしているリソースの表示名をカスタマイズします。Customize the display name of the resource you are attaching. #31#31
    • 異なるポートを使用して複数のローカル エミュレーターにアタッチします。Attach to multiple local emulators using different ports. #193#193
    • クイック アクセスにアタッチされているリソースを追加します。Add attached resources to Quick Access. #392#392
  • Storage Explorer は論理的な削除をサポートするようになりました。Storage Explorer now supports Soft Delete. 次のようにすることができます。You can:
    • ストレージ アカウントの BLOB コンテナー ノードを右クリックして、論理的な削除のポリシーを構成します。Configure a Soft Delete policy by right-clicking on the Blob Containers node for your Storage account.
    • ナビゲーション バーの横にあるドロップダウン リストで "アクティブな BLOB と削除された BLOB" を選択して、BLOB エディターで論理的に削除された BLOB を表示します。View soft deleted blobs in the Blob Editor by selecting "Active and deleted blobs" in the dropdown next to the navigation bar.
    • 論理的に削除された BLOB の削除を取り消します。Undelete soft deleted blobs.

修正Fixes

  • Premium Storage アカウントでは CORS をサポートしていないため、"CORS 設定の構成" アクションを Premium Storage アカウントで使用できなくなりました。The "Configure CORS Settings" action is no longer available on Premium Storage accounts because Premium Storage accounts do not support CORS. #142#142
  • SAS のアタッチされたサービスに Shared Access Signature プロパティが追加されました。There is now a Shared Access Signature property for SAS Attached Services. #184#184
  • クイック アクセスにピン留めされた BLOB および GPV2 ストレージ アカウントで、"既定のアクセス層の設定" アクションを使用できるようになりました。The "Set Default Access Tier" action is now available For Blob and GPV2 Storage accounts that have been pinned to Quick Access. #229#229
  • 場合によっては、Storage Explorer は Classic Storage アカウントを表示するのに失敗します。Sometimes, Storage Explorer would fail to show Classic Storage accounts. #323#323

既知の問題Known Issues

  • Azure Storage エミュレーターや Azurite などのエミュレーターを使用している場合、エミュレーターに既定のポートでの接続をリッスンさせる必要があります。When using emulators, such as Azure Storage Emulator or Azurite, you will need to have them listen for connections on their default ports. そうしないと、Storage Explorer がそれらに接続できません。Otherwise, Storage Explorer will not be able to connect to them.

  • VS for Mac を使用しており、カスタム AAD 構成を作成したことがある場合、サインインできないことがあります。If you use VS for Mac and have ever created a custom AAD configuration, you may be unable to sign-in. この問題を回避するには、~/.IdentityService/AadConfigurations の内容を削除します。To work around the issue, delete the contents of ~/.IdentityService/AadConfigurations. これを行ってもブロックが解除されない場合は、この問題についてコメントをお寄せください。If doing so does not unblock you, please comment on this issue.

  • Azurite は、すべての Storage API を完全に実装しているわけではありません。Azurite has not yet fully implemented all Storage APIs. そのため、開発ストレージに Azurite を使用すると、予期しないエラーや動作が発生する可能性があります。Because of this, there may be unexpected errors or behavior when using Azurite for development storage.

  • まれに、ツリーのフォーカスがクイック アクセスから移動しなくなることがあります。In rare cases, the tree focus may get stuck on Quick Access. フォーカスを移動できるようにするには、[すべて更新] をクリックします。To unstick the focus, you can Refresh All.

  • NodeJS のバグが原因で、OneDrive フォルダーからのアップロードが機能しません。Uploading from your OneDrive folder does not work because of a bug in NodeJS. バグは修正されましたが、Electron にまだ統合されていません。The bug has been fixed, but not yet integrated into Electron.

  • Azure Stack を対象にしている場合、一部のファイルについては、追加 BLOB としてアップロードできない可能性があります。When targeting Azure Stack, uploading certain files as append blobs may fail.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、こちらで説明したフィルターのキャンセル回避策を使用しているためです。This is because we are using the cancel filter work around described here.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • 現在、Azure Stack ではファイル共有をサポートしていませんが、ファイル共有ノードがアタッチされた Azure Stack ストレージ アカウントの下に表示され続けます。Although Azure Stack doesn't currently support Files Shares, a File Shares node still appears under an attached Azure Stack storage account.

  • Storage Explorer で使用されている Electron シェルには、一部の GPU (グラフィックス処理装置) ハードウェア アクセラレータで問題が発生します。The Electron shell used by Storage Explorer has trouble with some GPU (graphics processing unit) hardware acceleration. Storage Explorer に空白 (空) のメイン ウィンドウが表示される場合は、コマンド ラインから Storage Explorer を起動し、--disable-gpu スイッチを追加して、GPU アクセラレータを無効にしてみてください: If Storage Explorer is displaying a blank (empty) main window, you can try launching Storage Explorer from the command line and disabling GPU acceleration by adding the --disable-gpu switch:

    ./StorageExplorer.exe --disable-gpu
    
  • Linux ユーザーは、.NET Core 2.0 をインストールする必要があります。For Linux users, you will need to install .NET Core 2.0.

  • Ubuntu 14.04 のユーザーの場合、GCC が最新版であることを確認する必要があります。これは、次のコマンドを実行し、コンピューターを再起動して行います。For users on Ubuntu 14.04, you will need to ensure GCC is up-to-date - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get dist-upgrade
    
  • Ubuntu 17.04 のユーザーの場合、GConf をインストールする必要があります。次のコマンドを実行し、マシンを再起動して、この操作を行うことができます。For users on Ubuntu 17.04, you will need to install GConf - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo apt-get install libgconf-2-4
    

バージョン 1.4.3Version 1.4.3

10/11/201810/11/2018

修正プログラムHotfixes

  • Azure Resource Management の API バージョンは、Azure US Government ユーザーのブロックを解除するためにロールバックされました。The Azure Resource Management API Version has been rolled back to unblock Azure US Government users. #696#696
  • 読み込みスピナーは現在、CSS アニメーションを使用して、Storage Explorer によって使用される GPU の量を削減しています。Loading spinners are now using CSS animations to reduce the amount of GPU used by Storage Explorer. #653#653

新規New

  • SAS 接続やエミュレーターなどの外部リソースのアタッチが大幅に改善されました。External resource attachments, such as for SAS connections and emulators, has been significantly improved. ここでは、次の操作を実行できます。Now you can:
    • アタッチしているリソースの表示名をカスタマイズします。Customize the display name of the resource you are attaching. #31#31
    • 異なるポートを使用して複数のローカル エミュレーターにアタッチします。Attach to multiple local emulators using different ports. #193#193
    • クイック アクセスにアタッチされているリソースを追加します。Add attached resources to Quick Access. #392#392
  • Storage Explorer は論理的な削除をサポートするようになりました。Storage Explorer now supports Soft Delete. 次のようにすることができます。You can:
    • ストレージ アカウントの BLOB コンテナー ノードを右クリックして、論理的な削除のポリシーを構成します。Configure a Soft Delete policy by right-clicking on the Blob Containers node for your Storage account.
    • ナビゲーション バーの横にあるドロップダウン リストで "アクティブな BLOB と削除された BLOB" を選択して、BLOB エディターで論理的に削除された BLOB を表示します。View soft deleted blobs in the Blob Editor by selecting "Active and deleted blobs" in the dropdown next to the navigation bar.
    • 論理的に削除された BLOB の削除を取り消します。Undelete soft deleted blobs.

修正Fixes

  • Premium Storage アカウントでは CORS をサポートしていないため、"CORS 設定の構成" アクションを Premium Storage アカウントで使用できなくなりました。The "Configure CORS Settings" action is no longer available on Premium Storage accounts because Premium Storage accounts do not support CORS. #142#142
  • SAS のアタッチされたサービスに Shared Access Signature プロパティが追加されました。There is now a Shared Access Signature property for SAS Attached Services. #184#184
  • クイック アクセスにピン留めされた BLOB および GPV2 ストレージ アカウントで、"既定のアクセス層の設定" アクションを使用できるようになりました。The "Set Default Access Tier" action is now available For Blob and GPV2 Storage accounts that have been pinned to Quick Access. #229#229
  • 場合によっては、Storage Explorer は Classic Storage アカウントを表示するのに失敗します。Sometimes, Storage Explorer would fail to show Classic Storage accounts. #323#323

既知の問題Known Issues

  • Azure Storage エミュレーターや Azurite などのエミュレーターを使用している場合、エミュレーターに既定のポートでの接続をリッスンさせる必要があります。When using emulators, such as Azure Storage Emulator or Azurite, you will need to have them listen for connections on their default ports. そうしないと、Storage Explorer がそれらに接続できません。Otherwise, Storage Explorer will not be able to connect to them.

  • VS for Mac を使用しており、カスタム AAD 構成を作成したことがある場合、サインインできないことがあります。If you use VS for Mac and have ever created a custom AAD configuration, you may be unable to sign-in. この問題を回避するには、~/.IdentityService/AadConfigurations の内容を削除します。To work around the issue, delete the contents of ~/.IdentityService/AadConfigurations. これを行ってもブロックが解除されない場合は、この問題についてコメントをお寄せください。If doing so does not unblock you, please comment on this issue.

  • Azurite は、すべての Storage API を完全に実装しているわけではありません。Azurite has not yet fully implemented all Storage APIs. そのため、開発ストレージに Azurite を使用すると、予期しないエラーや動作が発生する可能性があります。Because of this, there may be unexpected errors or behavior when using Azurite for development storage.

  • まれに、ツリーのフォーカスがクイック アクセスから移動しなくなることがあります。In rare cases, the tree focus may get stuck on Quick Access. フォーカスを移動できるようにするには、[すべて更新] をクリックします。To unstick the focus, you can Refresh All.

  • NodeJS のバグが原因で、OneDrive フォルダーからのアップロードが機能しません。Uploading from your OneDrive folder does not work because of a bug in NodeJS. バグは修正されましたが、Electron にまだ統合されていません。The bug has been fixed, but not yet integrated into Electron.

  • Azure Stack を対象にしている場合、一部のファイルについては、追加 BLOB としてアップロードできない可能性があります。When targeting Azure Stack, uploading certain files as append blobs may fail.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、こちらで説明したフィルターのキャンセル回避策を使用しているためです。This is because we are using the cancel filter work around described here.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • 現在、Azure Stack ではファイル共有をサポートしていませんが、ファイル共有ノードがアタッチされた Azure Stack ストレージ アカウントの下に表示され続けます。Although Azure Stack doesn't currently support Files Shares, a File Shares node still appears under an attached Azure Stack storage account.

  • Storage Explorer で使用されている Electron シェルには、一部の GPU (グラフィックス処理装置) ハードウェア アクセラレータで問題が発生します。The Electron shell used by Storage Explorer has trouble with some GPU (graphics processing unit) hardware acceleration. Storage Explorer に空白 (空) のメイン ウィンドウが表示される場合は、コマンド ラインから Storage Explorer を起動し、--disable-gpu スイッチを追加して、GPU アクセラレータを無効にしてみてください: If Storage Explorer is displaying a blank (empty) main window, you can try launching Storage Explorer from the command line and disabling GPU acceleration by adding the --disable-gpu switch:

    ./StorageExplorer.exe --disable-gpu
    
  • Linux ユーザーは、.NET Core 2.0 をインストールする必要があります。For Linux users, you will need to install .NET Core 2.0.

  • Ubuntu 14.04 のユーザーの場合、GCC が最新版であることを確認する必要があります。これは、次のコマンドを実行し、コンピューターを再起動して行います。For users on Ubuntu 14.04, you will need to ensure GCC is up-to-date - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get dist-upgrade
    
  • Ubuntu 17.04 のユーザーの場合、GConf をインストールする必要があります。次のコマンドを実行し、マシンを再起動して、この操作を行うことができます。For users on Ubuntu 17.04, you will need to install GConf - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo apt-get install libgconf-2-4
    

バージョン 1.4.2Version 1.4.2

09/24/201809/24/2018

修正プログラムHotfixes

  • Azure Resource Management の API バージョンを 2018-07-01 に更新して、新しい Azure Storage アカウントの種類に対するサポートを追加します。Update Azure Resource Management API Version to 2018-07-01 to add support for new Azure Storage Account kinds. #652#652

新規New

  • SAS 接続やエミュレーターなどの外部リソースのアタッチが大幅に改善されました。External resource attachments, such as for SAS connections and emulators, has been significantly improved. ここでは、次の操作を実行できます。Now you can:
    • アタッチしているリソースの表示名をカスタマイズします。Customize the display name of the resource you are attaching. #31#31
    • 異なるポートを使用して複数のローカル エミュレーターにアタッチします。Attach to multiple local emulators using different ports. #193#193
    • クイック アクセスにアタッチされているリソースを追加します。Add attached resources to Quick Access. #392#392
  • Storage Explorer は論理的な削除をサポートするようになりました。Storage Explorer now supports Soft Delete. 次のようにすることができます。You can:
    • ストレージ アカウントの BLOB コンテナー ノードを右クリックして、論理的な削除のポリシーを構成します。Configure a Soft Delete policy by right-clicking on the Blob Containers node for your Storage account.
    • ナビゲーション バーの横にあるドロップダウン リストで "アクティブな BLOB と削除された BLOB" を選択して、BLOB エディターで論理的に削除された BLOB を表示します。View soft deleted blobs in the Blob Editor by selecting "Active and deleted blobs" in the dropdown next to the navigation bar.
    • 論理的に削除された BLOB の削除を取り消します。Undelete soft deleted blobs.

修正Fixes

  • Premium Storage アカウントでは CORS をサポートしていないため、"CORS 設定の構成" アクションを Premium Storage アカウントで使用できなくなりました。The "Configure CORS Settings" action is no longer available on Premium Storage accounts because Premium Storage accounts do not support CORS. #142#142
  • SAS のアタッチされたサービスに Shared Access Signature プロパティが追加されました。There is now a Shared Access Signature property for SAS Attached Services. #184#184
  • クイック アクセスにピン留めされた BLOB および GPV2 ストレージ アカウントで、"既定のアクセス層の設定" アクションを使用できるようになりました。The "Set Default Access Tier" action is now available For Blob and GPV2 Storage accounts that have been pinned to Quick Access. #229#229
  • 場合によっては、Storage Explorer は Classic Storage アカウントを表示するのに失敗します。Sometimes, Storage Explorer would fail to show Classic Storage accounts. #323#323

既知の問題Known Issues

  • Azure Storage エミュレーターや Azurite などのエミュレーターを使用している場合、エミュレーターに既定のポートでの接続をリッスンさせる必要があります。When using emulators, such as Azure Storage Emulator or Azurite, you will need to have them listen for connections on their default ports. そうしないと、Storage Explorer がそれらに接続できません。Otherwise, Storage Explorer will not be able to connect to them.

  • VS for Mac を使用しており、カスタム AAD 構成を作成したことがある場合、サインインできないことがあります。If you use VS for Mac and have ever created a custom AAD configuration, you may be unable to sign-in. この問題を回避するには、~/.IdentityService/AadConfigurations の内容を削除します。To work around the issue, delete the contents of ~/.IdentityService/AadConfigurations. これを行ってもブロックが解除されない場合は、この問題についてコメントをお寄せください。If doing so does not unblock you, please comment on this issue.

  • Azurite は、すべての Storage API を完全に実装しているわけではありません。Azurite has not yet fully implemented all Storage APIs. そのため、開発ストレージに Azurite を使用すると、予期しないエラーや動作が発生する可能性があります。Because of this, there may be unexpected errors or behavior when using Azurite for development storage.

  • まれに、ツリーのフォーカスがクイック アクセスから移動しなくなることがあります。In rare cases, the tree focus may get stuck on Quick Access. フォーカスを移動できるようにするには、[すべて更新] をクリックします。To unstick the focus, you can Refresh All.

  • NodeJS のバグが原因で、OneDrive フォルダーからのアップロードが機能しません。Uploading from your OneDrive folder does not work because of a bug in NodeJS. バグは修正されましたが、Electron にまだ統合されていません。The bug has been fixed, but not yet integrated into Electron.

  • Azure Stack を対象にしている場合、一部のファイルについては、追加 BLOB としてアップロードできない可能性があります。When targeting Azure Stack, uploading certain files as append blobs may fail.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、こちらで説明したフィルターのキャンセル回避策を使用しているためです。This is because we are using the cancel filter work around described here.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • 現在、Azure Stack ではファイル共有をサポートしていませんが、ファイル共有ノードがアタッチされた Azure Stack ストレージ アカウントの下に表示され続けます。Although Azure Stack doesn't currently support Files Shares, a File Shares node still appears under an attached Azure Stack storage account.

  • Storage Explorer で使用されている Electron シェルには、一部の GPU (グラフィックス処理装置) ハードウェア アクセラレータで問題が発生します。The Electron shell used by Storage Explorer has trouble with some GPU (graphics processing unit) hardware acceleration. Storage Explorer に空白 (空) のメイン ウィンドウが表示される場合は、コマンド ラインから Storage Explorer を起動し、--disable-gpu スイッチを追加して、GPU アクセラレータを無効にしてみてください: If Storage Explorer is displaying a blank (empty) main window, you can try launching Storage Explorer from the command line and disabling GPU acceleration by adding the --disable-gpu switch:

    ./StorageExplorer.exe --disable-gpu
    
  • Linux ユーザーは、.NET Core 2.0 をインストールする必要があります。For Linux users, you will need to install .NET Core 2.0.

  • Ubuntu 14.04 のユーザーの場合、GCC が最新版であることを確認する必要があります。これは、次のコマンドを実行し、コンピューターを再起動して行います。For users on Ubuntu 14.04, you will need to ensure GCC is up-to-date - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get dist-upgrade
    
  • Ubuntu 17.04 のユーザーの場合、GConf をインストールする必要があります。次のコマンドを実行し、マシンを再起動して、この操作を行うことができます。For users on Ubuntu 17.04, you will need to install GConf - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo apt-get install libgconf-2-4
    

バージョン 1.4.1Version 1.4.1

2018/08/2808/28/2018

修正プログラムHotfixes

  • 最初の起動時に、Storage Explorer は機密データの暗号化に使用されるキーを生成できませんでした。On first launch, Storage Explorer was unable to generate the key used to encrypt sensitive data. これにより、クイック アクセスおよびリソースのアタッチのときに問題が発生しました。This would cause issues when using Quick Access and attaching resources. #535#535
  • ホーム テナント用には MFA が必要なくても、他のテナントには必要なアカウントの場合、Storage Explorer ではサブスクリプションを一覧表示できませんでした。If your account did not require MFA for its home tenant, but did for some other tenants, Storage Explorer would be unable to list subscriptions. 現在は、そのようなアカウントでサインインした後、Storage Explorer は資格情報を再入力して MFA を実行するように要求します。Now, after signing in with such an account, Storage Explorer will ask you to reenter your credentials and perform MFA. #74#74
  • Storage Explorer は、Azure Germany および Azure 米国政府機関からのリソースをアタッチできませんでした。Storage Explorer was unable to attach resources from Azure Germany and Azure US Government. #572#572
  • メール アドレスが同じ 2 つのアカウントにサインインした場合、Storage Explorer はリソースをツリー ビューで表示できないことがありました。If you signed in to two accounts that had the same email address, Storage Explorer would sometimes fail to show your resources in the tree view. #580#580
  • 低速の Windows コンピューターでは、スプラッシュ スクリーンの表示に長い時間がかかる場合がありました。On slower Windows machines, the splash screen would sometimes take a significant amount of time to appear. #586#586
  • アタッチされたアカウントまたはサービスの場合でも、接続ダイアログが表示されました。The connect dialog would appear even if there were attached accounts or services. #588#588

新規New

  • SAS 接続やエミュレーターなどの外部リソースのアタッチが大幅に改善されました。External resource attachments, such as for SAS connections and emulators, has been significantly improved. ここでは、次の操作を実行できます。Now you can:
    • アタッチしているリソースの表示名をカスタマイズします。Customize the display name of the resource you are attaching. #31#31
    • 異なるポートを使用して複数のローカル エミュレーターにアタッチします。Attach to multiple local emulators using different ports. #193#193
    • クイック アクセスにアタッチされているリソースを追加します。Add attached resources to Quick Access. #392#392
  • Storage Explorer は論理的な削除をサポートするようになりました。Storage Explorer now supports Soft Delete. 次のようにすることができます。You can:
    • ストレージ アカウントの BLOB コンテナー ノードを右クリックして、論理的な削除のポリシーを構成します。Configure a Soft Delete policy by right-clicking on the Blob Containers node for your Storage account.
    • ナビゲーション バーの横にあるドロップダウン リストで "アクティブな BLOB と削除された BLOB" を選択して、BLOB エディターで論理的に削除された BLOB を表示します。View soft deleted blobs in the Blob Editor by selecting "Active and deleted blobs" in the dropdown next to the navigation bar.
    • 論理的に削除された BLOB の削除を取り消します。Undelete soft deleted blobs.

修正Fixes

  • Premium Storage アカウントでは CORS をサポートしていないため、"CORS 設定の構成" アクションを Premium Storage アカウントで使用できなくなりました。The "Configure CORS Settings" action is no longer available on Premium Storage accounts because Premium Storage accounts do not support CORS. #142#142
  • SAS のアタッチされたサービスに Shared Access Signature プロパティが追加されました。There is now a Shared Access Signature property for SAS Attached Services. #184#184
  • クイック アクセスにピン留めされた BLOB および GPV2 ストレージ アカウントで、"既定のアクセス層の設定" アクションを使用できるようになりました。The "Set Default Access Tier" action is now available For Blob and GPV2 Storage accounts that have been pinned to Quick Access. #229#229
  • 場合によっては、Storage Explorer は Classic Storage アカウントを表示するのに失敗します。Sometimes, Storage Explorer would fail to show Classic Storage accounts. #323#323

既知の問題Known Issues

  • Azure Storage エミュレーターや Azurite などのエミュレーターを使用している場合、エミュレーターに既定のポートでの接続をリッスンさせる必要があります。When using emulators, such as Azure Storage Emulator or Azurite, you will need to have them listen for connections on their default ports. そうしないと、Storage Explorer がそれらに接続できません。Otherwise, Storage Explorer will not be able to connect to them.

  • VS for Mac を使用しており、カスタム AAD 構成を作成したことがある場合、サインインできないことがあります。If you use VS for Mac and have ever created a custom AAD configuration, you may be unable to sign-in. この問題を回避するには、~/.IdentityService/AadConfigurations の内容を削除します。To work around the issue, delete the contents of ~/.IdentityService/AadConfigurations. これを行ってもブロックが解除されない場合は、この問題についてコメントをお寄せください。If doing so does not unblock you, please comment on this issue.

  • Azurite は、すべての Storage API を完全に実装しているわけではありません。Azurite has not yet fully implemented all Storage APIs. そのため、開発ストレージに Azurite を使用すると、予期しないエラーや動作が発生する可能性があります。Because of this, there may be unexpected errors or behavior when using Azurite for development storage.

  • まれに、ツリーのフォーカスがクイック アクセスから移動しなくなることがあります。In rare cases, the tree focus may get stuck on Quick Access. フォーカスを移動できるようにするには、[すべて更新] をクリックします。To unstick the focus, you can Refresh All.

  • NodeJS のバグが原因で、OneDrive フォルダーからのアップロードが機能しません。Uploading from your OneDrive folder does not work because of a bug in NodeJS. バグは修正されましたが、Electron にまだ統合されていません。The bug has been fixed, but not yet integrated into Electron.

  • Azure Stack を対象にしている場合、一部のファイルについては、追加 BLOB としてアップロードできない可能性があります。When targeting Azure Stack, uploading certain files as append blobs may fail.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、こちらで説明したフィルターのキャンセル回避策を使用しているためです。This is because we are using the cancel filter work around described here.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • 現在、Azure Stack ではファイル共有をサポートしていませんが、ファイル共有ノードがアタッチされた Azure Stack ストレージ アカウントの下に表示され続けます。Although Azure Stack doesn't currently support Files Shares, a File Shares node still appears under an attached Azure Stack storage account.

  • Storage Explorer で使用されている Electron シェルには、一部の GPU (グラフィックス処理装置) ハードウェア アクセラレータで問題が発生します。The Electron shell used by Storage Explorer has trouble with some GPU (graphics processing unit) hardware acceleration. Storage Explorer に空白 (空) のメイン ウィンドウが表示される場合は、コマンド ラインから Storage Explorer を起動し、--disable-gpu スイッチを追加して、GPU アクセラレータを無効にしてみてください: If Storage Explorer is displaying a blank (empty) main window, you can try launching Storage Explorer from the command line and disabling GPU acceleration by adding the --disable-gpu switch:

    ./StorageExplorer.exe --disable-gpu
    
  • Linux ユーザーは、.NET Core 2.0 をインストールする必要があります。For Linux users, you will need to install .NET Core 2.0.

  • Ubuntu 14.04 のユーザーの場合、GCC が最新版であることを確認する必要があります。これは、次のコマンドを実行し、コンピューターを再起動して行います。For users on Ubuntu 14.04, you will need to ensure GCC is up-to-date - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get dist-upgrade
    
  • Ubuntu 17.04 のユーザーの場合、GConf をインストールする必要があります。次のコマンドを実行し、マシンを再起動して、この操作を行うことができます。For users on Ubuntu 17.04, you will need to install GConf - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo apt-get install libgconf-2-4
    

バージョン 1.3.0Version 1.3.0

2018/07/0907/09/2018

新規New

  • 静的な Web サイトで使用される $web コンテナーへのアクセスがサポートされるようになりました。Accessing the $web containers used by Static Websites is now supported. これにより、Web サイトで使用されるファイルとフォルダーのアップロードと管理を容易に実行できます。This allows you to easily upload and manage files and folders used by your website. #223#223
  • macOS のアプリ バーが再構成されています。The app bar on macOS has been reorganized. 変更には、[ファイル] メニュー、いくつかのショートカット キーの変更、およびアプリ メニューのさまざまな新しいコマンドが含まれています。Changes include a File menu, some shortcut key changes, and several new commands under the app menu. #99#99
  • Azure US Government にサインインするための証明機関のエンドポイントが https://login.microsoftonline.us/ に変更されています。The authority endpoint for signing in to Azure US Government has been changed to https://login.microsoftonline.us/
  • アクセシビリティ: スクリーン リーダーがアクティブであるとき、キーボード ナビゲーションが、項目を右側に表示するために使用されるテーブルでも機能するようになりました。Accessibility: When a screen reader is active, keyboard navigation now works with the tables used for displaying items on the right-hand side. 方向キーを使用して行と列を移動し、Enter キーで既定のアクションを呼び出し、コンテキスト メニュー キーで項目のコンテキスト メニューを開き、Shift または Control キーで複数選択を行うことができます。You can use the arrow keys to navigate rows and columns, Enter to invoke default actions, the context menu key to open up the context menu for an item, and Shift or Control to multiselect. #103#103

修正Fixes

  • 一部のコンピュータで、子プロセスの起動に時間がかかっていました。On some machines, child processes were taking a long time to start. これが発生すると、"子プロセスを適切なタイミングで開始できませんでした" エラーが表示されました。When this would happen, a "child process failed to start in a timely manner" error would appear. 現在、子プロセスに割り当てられる開始時間が、20 秒から90 秒に引き上げられています。The time allotted for a child process to start has now been increased from 20 to 90 seconds. この問題による影響がまだある場合は、リンクされた GitHub 問題でコメントしてください。If you are still affected by this issue, please comment on the linked GitHub issue. #281#281
  • 読み取りアクセス許可がない SAS を使用した場合、大きな BLOB をアップロードすることはできませんでした。When using a SAS that did not have read permissions, it was not possible to upload a large blob. このシナリオでも機能するように、アップロードのロジックが変更されています。The logic for upload has been modified to work in this scenario. #305#305
  • コンテナーのパブリック アクセス レベルを設定すると、すべてのアクセス ポリシーが削除されました (逆の場合も同様です)。Setting the public access level for a container would remove all access policies, and vice versa. パブリック アクセス レベルとアクセス ポリシーのどちらを設定した場合でも、両方が保持されるようになりました。Now, public access level and access policies are preserved when setting either of the two. #197#197
  • [プロパティ] ダイアログで "AccessTierChangeTime" が切り捨てられていました。"AccessTierChangeTime" was truncated in the Properties dialog. この問題は修正されています。This has been fixed. #145#145
  • [新しいディレクトリの作成] ダイアログで "Microsoft Azure Storage Explorer -" プレフィックスが欠落していました。The "Microsoft Azure Storage Explorer -" prefix was missing from the Create New Directory dialog. この問題は修正されています。This has been fixed. #299#299
  • アクセシビリティ: ボイス オーバーを使用したときに [エンティティの追加] ダイアログに簡単に移動できませんでした。Accessibility: The Add Entity dialog was difficult to navigate when using VoiceOver. 改良が加えられています。Improvements have been made. #206#206
  • アクセシビリティ: [アクション] ウィンドウと [プロパティ] ウィンドウの折りたたみ/展開ボタンの背景色が、ハイコントラスト黒テーマ表示での類似する UI コントロールと一貫性がありませんでした。Accessibility: The background color of the collapse/expand button for the Actions and Properties pane was inconsistent with similar UI controls in High Contrast Black theme. 色が変更されています。The color has been changed. #123#123
  • アクセシビリティ: ハイコントラスト黒テーマ表示で、[プロパティ] ダイアログの [X] ボタンのフォーカス スタイルが見えませんでした。Accessibility: In High Contrast Black theme, the focus styling for the 'X' button in the Properties dialog was not visible. この問題は修正されています。This has been fixed. #243#243
  • アクセシビリティ: [アクション] タブと [プロパティ] タブで、複数の aria 値が欠落していたため、スクリーン リーダーの質が低下していました。Accessibility: The Actions and Properties tabs were missing several aria values which resulted in a subpar screen reader experience. 欠落していた aria 値が追加されています。The missing aria values have now been added. #316#316
  • Accessibility: 左側の折り畳まれたツリー ノードに、aria 拡張値 false が指定されませんでした。Accessibility: Collapsed tree nodes on the left hand side were not being given an aria-expanded value of false. この問題は修正されています。This has been fixed. #352#352

既知の問題Known Issues

  • BLOB コンテナーなど、SAS URI を使用してアタッチされているリソースからデタッチすると、他のアタッチが正しく表示されないエラーが発生することがあります。Detaching from a resource attached via SAS URI, such as a blob container, may cause an error that prevents other attachments from showing up correctly. この問題は、グループ ノードを更新するだけで回避できます。To work around this issue, just refresh the group node. 詳しくは、この問題をご覧ください。See this issue for more information.

  • VS for Mac を使用しており、カスタム AAD 構成を作成したことがある場合、サインインできないことがあります。If you use VS for Mac and have ever created a custom AAD configuration, you may be unable to sign-in. この問題を回避するには、~/.IdentityService/AadConfigurations の内容を削除します。To work around the issue, delete the contents of ~/.IdentityService/AadConfigurations. これを行ってもブロックが解除されない場合は、この問題についてコメントをお寄せください。If doing so does not unblock you, please comment on this issue.

  • Azurite は、すべての Storage API を完全に実装しているわけではありません。Azurite has not yet fully implemented all Storage APIs. そのため、開発ストレージに Azurite を使用すると、予期しないエラーや動作が発生する可能性があります。Because of this, there may be unexpected errors or behavior when using Azurite for development storage.

  • まれに、ツリーのフォーカスがクイック アクセスから移動しなくなることがあります。In rare cases, the tree focus may get stuck on Quick Access. フォーカスを移動できるようにするには、[すべて更新] をクリックします。To unstick the focus, you can Refresh All.

  • NodeJS のバグが原因で、OneDrive フォルダーからのアップロードが機能しません。Uploading from your OneDrive folder does not work because of a bug in NodeJS. バグは修正されましたが、Electron にまだ統合されていません。The bug has been fixed, but not yet integrated into Electron.

  • Azure Stack を対象にしている場合、一部のファイルについては、追加 BLOB としてアップロードできない可能性があります。When targeting Azure Stack, uploading certain files as append blobs may fail.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、こちらで説明したフィルターのキャンセル回避策を使用しているためです。This is because we are using the cancel filter work around described here.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • Azure Stack は次の機能をサポートしておらず、Azure Stack の使用中にそれらの機能を使用しようとすると予期しないエラーが発生することがあります。Azure Stack does not support the following features, and attempting to use them while working with Azure Stack may result in unexpected errors:

    • ファイル共有File shares
    • アクセス層Access tiers
    • 論理的な削除Soft Delete
  • Storage Explorer で使用されている Electron シェルには、一部の GPU (グラフィックス処理装置) ハードウェア アクセラレータで問題が発生します。The Electron shell used by Storage Explorer has trouble with some GPU (graphics processing unit) hardware acceleration. Storage Explorer に空白 (空) のメイン ウィンドウが表示される場合は、コマンド ラインから Storage Explorer を起動し、--disable-gpu スイッチを追加して、GPU アクセラレータを無効にしてみてください: If Storage Explorer is displaying a blank (empty) main window, you can try launching Storage Explorer from the command line and disabling GPU acceleration by adding the --disable-gpu switch:

    ./StorageExplorer.exe --disable-gpu
    
  • Linux ユーザーは、.NET Core 2.0 をインストールする必要があります。For Linux users, you will need to install .NET Core 2.0.

  • Ubuntu 14.04 のユーザーの場合、GCC が最新版であることを確認する必要があります。これは、次のコマンドを実行し、コンピューターを再起動して行います。For users on Ubuntu 14.04, you will need to ensure GCC is up-to-date - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get dist-upgrade
    
  • Ubuntu 17.04 のユーザーの場合、GConf をインストールする必要があります。次のコマンドを実行し、マシンを再起動して、この操作を行うことができます。For users on Ubuntu 17.04, you will need to install GConf - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo apt-get install libgconf-2-4
    

バージョン 1.2.0Version 1.2.0

2018/06/1206/12/2018

新規New

  • Storage Explorer がテナントのサブセットについてのみ、サブスクリプションの読み込みに失敗した場合は、正常に読み込まれたサブスクリプションと、失敗したテナントに関するエラー メッセージが表示されます。If Storage Explorer fails to load subscriptions from only a subset of your tenants, then any successfully loaded subscriptions will be shown along with an error message specifically for the tenants that failed. #159#159
  • Windows では、更新プログラムが提供された際に、[Update on Close](終了時に更新) を選択できるようになりました。On Windows, when an update is available, you can now choose to "Update on Close". このオプションを選択した場合、更新プログラムのインストーラーは Storage Explorer を終了した後に実行されます。When this option is picked, the installer for the update will run after you close Storage Explorer. #21#21
  • ファイル共有スナップショットを表示しているときに、ファイル共有エディターのコンテキスト メニューに [スナップショットの復元] が表示されるようになりました。#131Restore Snapshot has been added to the context menu of the file share editor when viewing a file share snapshot.#131
  • [キューのクリア] ボタンが常に有効化されるようになりました。#135The Clear Queue button is now always enabled.#135
  • ADFS Azure Stack へのサインインのサポートが再度有効化されました。Support for signing in to ADFS Azure Stack has been re-enabled. Azure Stack バージョン 1804 以上が必要です。Azure Stack version 1804 or greater is required. #150#150

修正Fixes

  • 同じストレージ アカウント内の別のファイル共有のプレフィックスを名前に持つファイル共有のスナップショットを表示すると、もう一方のファイル共有のスナップショットも一覧に表示されていました。If you viewed snapshots for a file share whose name was a prefix of another file share in the same storage account, then the snapshots for the other file share would also be listed. この問題は修正されています。This issue has been fixed. #255#255
  • SAS を介してアタッチされている場合、ファイル共有スナップショットからファイルを復元すると、エラーが発生していました。When attached via SAS, restoring a file from a file share snapshot would result in an error. この問題は修正されています。This issue has been fixed. #211#211
  • BLOB のスナップショットを表示しているときに、ベース BLOB と 1 つのスナップショットが選択されると、スナップショットの昇格アクションが有効化されていました。When viewing snapshots for a blob, the Promote Snapshot action was enabled when the base blob and a single snapshot were selected. このアクションは、1 つのスナップショットが選択された場合にのみ、有効化されるようになりました。The action is now only enabled if a single snapshot is selected. #230#230
  • 1 つのジョブ (BLOB のダウンロードなど) が開始され、その後失敗しても、同じ種類の別のジョブが開始されるまで、ジョブは自動的に再試行されませんでした。If a single job (such as downloading a blob) was started and later failed, it would not automatically retry until you started another job of the same type. 現在は、キュー内のジョブの数に関係なく、すべてのジョブが自動的に再試行されるようになりました。All jobs should now auto retry, regardless of how many jobs you have queued.
  • GPV2 および Blob Storage アカウントで新規作成された BLOB コンテナーに対して開かれるエディターに、アクセス レベル列が表示されませんでした。Editors opened for newly created blob containers in GPV2 and Blob Storage accounts did not have an Access Tier column. この問題は修正されています。This issue has been fixed. #109#109
  • Storage アカウントまたは BLOB コンテナーが SAS を介してアタッチされている場合に、アクセス レベル列が表示されないことがありました。An Access Tier column would sometimes not appear when a Storage account or blob container was attached via SAS. 現在、この列は常に表示されるようになりました (ただし、アクセス レベルが設定されていない場合は、空の値が使用されます)。The column will now always be shown, but with an empty value if there is no Access Tier set. #160#160
  • 新たにアップロードされたブロック BLOB のアクセス レベルの設定が無効化されていました。Setting the Access Tier of a newly uploaded block blob was disabled. この問題は修正されています。This issue has been fixed. #171#171
  • [タブを開いたままにする] ボタンがキーボードを使って呼び出された場合に、キーボードのフォーカスが失われていました。If the "Keep Tab Open" button was invoked using keyboard, then keyboard focus would be lost. 現在は、開いたままにされたタブへとフォーカスが移動するようになりました。Now, the focus will move onto the tab that was kept open. #163#163
  • クエリ ビルダーのクエリについて、VoiceOver で現在の演算子のわかりやすい説明が提供されませんでした。For a query in the Query Builder, VoiceOver was not giving a usable description of the current operator. 現在では、説明が分かりやすくなっています。It is now more descriptive. #207#207
  • 各種エディターの改ページ リンクがわかりやすくありませんでした。The pagination links for the various editors were not descriptive. これは、わかりやすいように変更されました。They have been changed to be more descriptive. #205#205
  • [エンティティの追加] ダイアログ ボックスで、入力要素がどの列に属しているのかが VoiceOver によって伝えられませんでした。In the Add Entity dialog, VoiceOver was not announcing what column an input element was part of. 今リリースでは、要素の説明に現在の列の名前が含まれるようになりました。The name of the current column is now included in the description of the element. #206#206
  • オプション ボタンとチェック ボックスに、フォーカス時に表示される枠線がありませんでした。Radio buttons and checkboxes did not have a visible border when focused. この問題は修正されています。This issue has been fixed. #237#237

既知の問題Known Issues

  • Azure Storage エミュレーターや Azurite などのエミュレーターを使用している場合、エミュレーターに既定のポートでの接続をリッスンさせる必要があります。When using emulators, such as Azure Storage Emulator or Azurite, you will need to have them listen for connections on their default ports. そうしないと、Storage Explorer がそれらに接続できません。Otherwise, Storage Explorer will not be able to connect to them.

  • VS for Mac を使用しており、カスタム AAD 構成を作成したことがある場合、サインインできないことがあります。If you use VS for Mac and have ever created a custom AAD configuration, you may be unable to sign-in. この問題を回避するには、~/.IdentityService/AadConfigurations の内容を削除します。To work around the issue, delete the contents of ~/.IdentityService/AadConfigurations. これを行ってもブロックが解除されない場合は、この問題についてコメントをお寄せください。If doing so does not unblock you, please comment on this issue.

  • Azurite は、すべての Storage API を完全に実装しているわけではありません。Azurite has not yet fully implemented all Storage APIs. そのため、開発ストレージに Azurite を使用すると、予期しないエラーや動作が発生する可能性があります。Because of this, there may be unexpected errors or behavior when using Azurite for development storage.

  • まれに、ツリーのフォーカスがクイック アクセスから移動しなくなることがあります。In rare cases, the tree focus may get stuck on Quick Access. フォーカスを移動できるようにするには、[すべて更新] をクリックします。To unstick the focus, you can Refresh All.

  • NodeJS のバグが原因で、OneDrive フォルダーからのアップロードが機能しません。Uploading from your OneDrive folder does not work because of a bug in NodeJS. バグは修正されましたが、Electron にまだ統合されていません。The bug has been fixed, but not yet integrated into Electron.

  • Azure Stack を対象にしている場合、一部のファイルについては、追加 BLOB としてアップロードできない可能性があります。When targeting Azure Stack, uploading certain files as append blobs may fail.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、こちらで説明したフィルターのキャンセル回避策を使用しているためです。This is because we are using the cancel filter work around described here.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • 現在、Azure Stack ではファイル共有をサポートしていませんが、ファイル共有ノードがアタッチされた Azure Stack ストレージ アカウントの下に表示され続けます。Although Azure Stack doesn't currently support Files Shares, a File Shares node still appears under an attached Azure Stack storage account.

  • Storage Explorer で使用されている Electron シェルには、一部の GPU (グラフィックス処理装置) ハードウェア アクセラレータで問題が発生します。The Electron shell used by Storage Explorer has trouble with some GPU (graphics processing unit) hardware acceleration. Storage Explorer に空白 (空) のメイン ウィンドウが表示される場合は、コマンド ラインから Storage Explorer を起動し、--disable-gpu スイッチを追加して、GPU アクセラレータを無効にしてみてください: If Storage Explorer is displaying a blank (empty) main window, you can try launching Storage Explorer from the command line and disabling GPU acceleration by adding the --disable-gpu switch:

    ./StorageExplorer.exe --disable-gpu
    
  • Linux ユーザーは、.NET Core 2.0 をインストールする必要があります。For Linux users, you will need to install .NET Core 2.0.

  • Ubuntu 14.04 のユーザーの場合、GCC が最新版であることを確認する必要があります。これは、次のコマンドを実行し、コンピューターを再起動して行います。For users on Ubuntu 14.04, you will need to ensure GCC is up-to-date - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get dist-upgrade
    
  • Ubuntu 17.04 のユーザーの場合、GConf をインストールする必要があります。次のコマンドを実行し、マシンを再起動して、この操作を行うことができます。For users on Ubuntu 17.04, you will need to install GConf - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo apt-get install libgconf-2-4
    

バージョン 1.1.0Version 1.1.0

2018/05/0905/09/2018

新規New

  • Storage Explorer で Azurite を使用できるようになりました。Storage Explorer now supports the use of Azurite. 注: Azurite への接続は、既定の開発エンドポイントにハードコードされています。Note: the connection to Azurite is hardcoded to the default development endpoints.
  • Storage Explorer で、BLOB 専用のストレージ アカウントと GPV2 ストレージ アカウントのアクセス レベルがサポートされるようになりました。Storage Explorer now supports Access Tiers for Blob Only and GPV2 Storage Accounts. アクセス レベルの詳細については、こちらをご覧ください。Learn more about Access Tiers here.
  • SAS を生成するときに、開始時刻が不要になりました。A start time is no longer required when generating a SAS.

修正Fixes

  • 米国政府機関のアカウントのサブスクリプションを取得できませんでした。Retrieving of subscriptions for US Government accounts was broken. この問題は修正されています。This issue has been fixed. #61#61
  • アクセス ポリシーの有効期限が正しく保存されていませんでした。The expiry time for access policies was not correctly being saved. この問題は修正されています。This issue has been fixed. #50#50
  • コンテナー内の項目の SAS URL を生成したときに、項目の名前が URL に追加されていませんでした。When generating a SAS URL for an item in a container, the name of the item was not being appended to the URL. この問題は修正されています。This issue has been fixed. #44#44
  • SAS の作成時に、過去の有効期限が既定値になることがありました。When creating a SAS, expiry times that are in the past would sometimes be the default value. これは、Storage Explorer で、前回使用された開始時刻と有効期限が既定値として使用されていたことが原因です。This was due to Storage Explorer using the last used start and expiry time as default values. 現在は、SAS ダイアログを開くたびに、一連の新しい既定値が生成されます。Now, every time you open the SAS dialog, a new set of default values is generated. #35#35
  • ストレージ アカウント間でコピーを実行すると、24 時間の SAS が生成されます。When copying between Storage Accounts, a 24-hour SAS is generated. コピーが 24 時間以上続いた場合、コピーは失敗します。If the copy lasted more than 24 hours, then the copy would fail. 期限切れの SAS が原因でコピーが失敗する可能性を低減するために、SAS の期間を 1 週間に延長しました。We've increased the SAS's to last 1 week to reduce the chance of a copy failing due to an expired SAS. #62#62
  • 一部のアクティビティで、[キャンセル] のクリックが機能しないことがありました。For some activities clicking on "Cancel" would not always work. この問題は修正されています。This issue has been fixed. #125#125
  • 一部のアクティビティで、転送速度が間違っていました。For some activities the transfer speed was wrong. この問題は修正されています。This issue has been fixed. #124#124
  • [View] メニューの [Previous] のスペルが間違っていました。The spelling of "Previous" in the View menu was wrong. 現在は正しいスペルになっています。It is now properly spelled. #71#71
  • Windows インストーラーの最後のページに [次へ] ボタンがありました。The final page of the Windows installer had a "Next" button. これが [完了] ボタンに変更されました。It has been changed to a "Finish" button. #70#70
  • HC Black テーマの使用時に、ダイアログのボタンのタブ フォーカスが表示されませんでした。Tab focus was not visible for buttons in dialogs when using the HC Black theme. 現在は表示されます。#64It is now visible.#64
  • アクティビティ ログでアクションの "Auto-Resolve" の大文字小文字の表記が間違っていました。The casing of "Auto-Resolve" for actions in the activity log was wrong. 現在は正しい表記になっています。It is now correct. #51#51
  • テーブルからエンティティを削除するときに、確認を求めるダイアログにエラー アイコンが表示されていました。When deleting an entity from a table, the dialog asking you for confirmation displayed an error icon. このダイアログで警告アイコンが使用されるようになりました。The dialog now uses a warning icon. #148#148

既知の問題Known Issues

  • VS for Mac を使用しており、カスタム AAD 構成を作成したことがある場合、サインインできないことがあります。If you use VS for Mac and have ever created a custom AAD configuration, you may be unable to sign-in. この問題を回避するには、~/.IdentityService/AadConfigurations の内容を削除します。To work around the issue, delete the contents of ~/.IdentityService/AadConfigurations. これを行ってもブロックが解除されない場合は、この問題についてコメントをお寄せください。If doing so does not unblock you, please comment on this issue.

  • Azurite は、すべての Storage API を完全に実装しているわけではありません。Azurite has not yet fully implemented all Storage APIs. そのため、開発ストレージに Azurite を使用すると、予期しないエラーや動作が発生する可能性があります。Because of this, there may be unexpected errors or behavior when using Azurite for development storage.

  • まれに、ツリーのフォーカスがクイック アクセスから移動しなくなることがあります。In rare cases, the tree focus may get stuck on Quick Access. フォーカスを移動できるようにするには、[すべて更新] をクリックします。To unstick the focus, you can Refresh All.

  • NodeJS のバグが原因で、OneDrive フォルダーからのアップロードが機能しません。Uploading from your OneDrive folder does not work because of a bug in NodeJS. バグは修正されましたが、Electron にまだ統合されていません。The bug has been fixed, but not yet integrated into Electron.

  • Azure Stack を対象にしている場合、一部のファイルについては、追加 BLOB としてアップロードできない可能性があります。When targeting Azure Stack, uploading certain files as append blobs may fail.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、こちらで説明したフィルターのキャンセル回避策を使用しているためです。This is because we are using the cancel filter work around described here.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • 現在、Azure Stack ではファイル共有をサポートしていませんが、ファイル共有ノードがアタッチされた Azure Stack ストレージ アカウントの下に表示され続けます。Although Azure Stack doesn't currently support Files Shares, a File Shares node still appears under an attached Azure Stack storage account.

  • Storage Explorer で使用されている Electron シェルには、一部の GPU (グラフィックス処理装置) ハードウェア アクセラレータで問題が発生します。The Electron shell used by Storage Explorer has trouble with some GPU (graphics processing unit) hardware acceleration. Storage Explorer に空白 (空) のメイン ウィンドウが表示される場合は、コマンド ラインから Storage Explorer を起動し、--disable-gpu スイッチを追加して、GPU アクセラレータを無効にしてみてください: If Storage Explorer is displaying a blank (empty) main window, you can try launching Storage Explorer from the command line and disabling GPU acceleration by adding the --disable-gpu switch:

    ./StorageExplorer.exe --disable-gpu
    
  • Linux ユーザーは、.NET Core 2.0 をインストールする必要があります。For Linux users, you will need to install .NET Core 2.0.

  • Ubuntu 14.04 のユーザーの場合、GCC が最新版であることを確認する必要があります。これは、次のコマンドを実行し、コンピューターを再起動して行います。For users on Ubuntu 14.04, you will need to ensure GCC is up-to-date - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get dist-upgrade
    
  • Ubuntu 17.04 のユーザーの場合、GConf をインストールする必要があります。次のコマンドを実行し、マシンを再起動して、この操作を行うことができます。For users on Ubuntu 17.04, you will need to install GConf - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo apt-get install libgconf-2-4
    

バージョン 1.0.0Version 1.0.0

2018/04/1604/16/2018

新規New

  • 認証が強化され、Storage Explorer で Visual Studio 2017 と同じアカウント ストアを使用できるようになりました。Enhanced authentication that allows Storage Explorer to use the same account store as Visual Studio 2017. この機能を使用するには、アカウントに再ログインし、フィルター処理されたサブスクリプションを再設定する必要があります。To use this feature, you will need to re-login to your accounts and re-set your filtered subscriptions.
  • AAD に対応した Azure Stack アカウントの場合、[Target Azure Stack](対象となる Azure Stack) が有効になっていると、Storage Explorer が Azure Stack サブスクリプションを取得するようになりました。For Azure Stack accounts backed by AAD, Storage Explorer will now retrieve Azure Stack subscriptions when 'Target Azure Stack' is enabled. カスタム ログイン環境を作成する必要がなくなりました。You no longer need to create a custom login environment.
  • より迅速に操作できるように、ショートカットがいくつか追加されました。Several shortcuts were added to enable faster navigation. これには、さまざまなパネルの切り替えやエディター間の移動などがあります。These include toggling various panels and moving between editors. 詳細については、[表示] メニューを参照してください。See the View menu for more details.
  • Storage Explorer のフィードバックが GitHub で公開されるようになりました。Storage Explorer feedback now lives on GitHub. 左下にあるフィードバック ボタンをクリックするか、https://github.com/Microsoft/AzureStorageExplorer/issues にアクセスすると、問題に関するページに移動できます。You can reach our issues page by clicking the Feedback button in the bottom left or by going to https://github.com/Microsoft/AzureStorageExplorer/issues. 自由に、提案、問題の報告、質問を行ったり、その他の形式のフィードバックを提供したりしてください。Feel free to make suggestions, report issues, ask questions, or leave any other form of feedback.
  • TLS/SSL 証明書の問題が発生していて、問題となっている証明書が見つからない場合に、コマンド ラインから --ignore-certificate-errors フラグを指定して Storage Explorer を起動できるようになりました。If you are running into TLS/SSL Certificate issues and are unable to find the offending certificate, you can now launch Storage Explorer from the command line with the --ignore-certificate-errors flag. このフラグを指定して起動すると、Storage Explorer では TLS/SSL 証明書のエラーが無視されます。When launched with this flag, Storage Explorer will ignore TLS/SSL certificate errors.
  • BLOB とファイル項目のコンテキスト メニューに「ダウンロード」オプションが追加されました。There is now a 'Download' option in the context menu for blob and file items.
  • アクセシビリティとスクリーン リーダーのサポートが強化されました。Improved accessibility and screen reader support. ユーザー補助機能を使用する場合、詳細については、アクセシビリティのドキュメントを参照してください。If you rely on accessibility features, see our accessibility documentation for more information.
  • Storage Explorer で Electron 1.8.3 を使用するようになりました。Storage Explorer now uses Electron 1.8.3

重大な変更Breaking Changes

  • Storage Explorer が新しい認証ライブラリに切り替わりました。Storage Explorer has switched to a new authentication library. ライブラリの切り替えの一環として、アカウントに再ログインし、フィルター処理されたサブスクリプションを再設定する必要があります。As part of the switch to the library, you will need to re-login to your accounts and re-set your filtered subscriptions
  • 機密データを暗号化する方法が変更されました。The method used to encrypt sensitive data has changed. これにより、クイック アクセス項目を再度追加したり、接続したリソースを再接続したりすることが必要になる場合があります。This may result in some of your Quick Access items needing to be re-added and/or some of you attached resources needing to be reattached.

修正Fixes

  • ユーザーがプロキシの背後にいる場合、グループの BLOB のアップロードやダウンロードが中断され、「解決できません」というエラー メッセージが表示されることがありました。Some users behind proxies would have group blob uploads or downloads interrupted by an 'Unable to resolve' error message. この問題は修正されています。This issue has been fixed.
  • ダイレクト リンクを使用する際にサインインが必要な場合に、[サインイン] プロンプトをクリックすると空白のダイアログが表示されていました。If sign-in was needed while using a direct link, clicking on the 'Sign-In' prompt would pop up a blank dialog. この問題は修正されています。This issue has been fixed.
  • Linux では、GPU プロセスのクラッシュが原因で Storage Explorer が起動できない場合に、そのクラッシュについて通知され、"--disable-gpu" スイッチを使用するよう指示されるようになりました。その後、Storage Explorer はそのスイッチを有効にして自動的に再起動します。On Linux, if Storage Explorer is unable to launch because of a GPU process crash, you will now be informed of the crash, told to use the '--disable-gpu' switch, and Storage Explorer will then automatically restart with the switch enabled.
  • [アクセス ポリシー] ダイアログでは、無効なアクセス ポリシーを特定するのが困難でした。Invalid access policies were hard to identity in the Access Policies dialog. 見つけやすくするために、無効なアクセス ポリシーの ID が赤枠で囲まれるようになりました。Invalid access policy IDs are now outlined in red for more visibility.
  • アクティビティ ログには、アクティビティのさまざまな部分の間に大きな空白領域がある場合がありました。The activity log would sometimes have large areas of whitespace between the different parts of an activity. この問題は修正されています。This issue has been fixed.
  • テーブル クエリ エディターで、タイムスタンプ句が無効な状態のまま、他の句を変更しようとすると、エディターがフリーズしていました。In the table query editor, if you left a timestamp clause in an invalid state and then attempted to modify another clause, the editor would freeze. 他の句の変更が検出されると、タイムスタンプ句が前回の有効な状態に復元されるようになりました。The editor will now restore the timestamp clause to its last valid state when a change in another clause is detected.
  • ツリー ビューで検索クエリの入力を一時停止すると、検索が開始され、テキスト ボックスからフォーカスが移動していました。If you paused while typing in your search query in the tree view, the search would begin and focus would be stolen from the text box. Enter キーを押すか、検索開始ボタンをクリックして、明示的に検索を開始する必要があるようになりました。Now, you must explicitly start searching by pressing the 'Enter' key, or by clicking on the start search button.
  • ファイル共有内のファイルを右クリックしたときに、[Get Shared Access Signature](Shared Access Signature の取得) コマンドが無効になることがありました。The 'Get Shared Access Signature' command would sometimes be disabled when right clicking on a file in a File Share. この問題は修正されています。This issue has been fixed.
  • 検索時にフォーカスのあるリソース ツリー ノードがフィルターで除外されると、Tab キーでリソース ツリーに移動することや、方向キーを使用してリソース ツリー内を移動することができませんでした。If the resource tree node with focus was filtered out during search, you could not tab into the resource tree and use the arrow keys to navigate the resource tree. フォーカスのあるリソース ツリー ノードが非表示になると、リソース ツリーの最初のノードに自動的にフォーカスが移動するようになりました。Now, if the focused resource tree node is hidden, the first node in the resource tree will be automatically focused.
  • 編集ツール バーに余分な区切り文字が表示されることがありました。An extra separator would sometimes be visible in the editor toolbar. この問題は修正されています。This issue has been fixed.
  • 階層リンク テキスト ボックスがオーバーフローすることがありました。The breadcrumb text box would sometimes overflow. この問題は修正されています。This issue has been fixed.
  • 一度に多数のファイルをアップロードすると、BLOB およびファイル共有エディターが繰り返し最新の情報に更新されることがありました。The Blob and File Share editors would sometimes constantly refresh when uploading many files at once. この問題は修正されています。This issue has been fixed.
  • "フォルダーの統計" 機能は、ファイル共有スナップショット管理ビューでは使い道がありませんでした。The 'Folder Statistics' feature had no purpose in the File Share Snapshots Management view. そのため、無効になりました。It has now been disabled.
  • Linux では、[ファイル] メニューが表示されませんでした。On Linux, the File menu did not appear. この問題は修正されています。This issue has been fixed.
  • ファイル共有にフォルダーをアップロードすると、既定ではフォルダーの内容のみがアップロードされていました。When uploading a folder to a File Share, by default, only the contents of the folder were uploaded. 既定の動作では、フォルダーの内容がファイル共有内の一致するフォルダーにアップロードされるようになりました。Now, the default behavior is to upload the contents of the folder into a matching folder in the File Share.
  • いくつかのダイアログでボタンの順序が逆になっていました。The ordering of buttons in several dialogs had been reversed. この問題は修正されています。This issue has been fixed.
  • セキュリティ関連のさまざまな修正が行われました。Various security related fixes.

既知の問題Known Issues

  • まれに、ツリーのフォーカスがクイック アクセスから移動しなくなることがあります。In rare cases, the tree focus may get stuck on Quick Access. フォーカスを移動できるようにするには、[すべて更新] をクリックします。To unstick the focus, you can Refresh All.

  • Azure Stack を対象にしている場合、一部のファイルについては、追加 BLOB としてアップロードできない可能性があります。When targeting Azure Stack, uploading certain files as append blobs may fail.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、こちらで説明したフィルターのキャンセル回避策を使用しているためです。This is because we are using the cancel filter work around described here.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • 現在、Azure Stack ではファイル共有をサポートしていませんが、ファイル共有ノードがアタッチされた Azure Stack ストレージ アカウントの下に表示され続けます。Although Azure Stack doesn't currently support Files Shares, a File Shares node still appears under an attached Azure Stack storage account.

  • Storage Explorer で使用されている Electron シェルには、一部の GPU (グラフィックス処理装置) ハードウェア アクセラレータで問題が発生します。The Electron shell used by Storage Explorer has trouble with some GPU (graphics processing unit) hardware acceleration. Storage Explorer に空白 (空) のメイン ウィンドウが表示される場合は、コマンド ラインから Storage Explorer を起動し、--disable-gpu スイッチを追加して、GPU アクセラレータを無効にしてみてください: If Storage Explorer is displaying a blank (empty) main window, you can try launching Storage Explorer from the command line and disabling GPU acceleration by adding the --disable-gpu switch:

    ./StorageExplorer.exe --disable-gpu
    
  • Linux ユーザーは、.NET Core 2.0 をインストールする必要があります。For Linux users, you will need to install .NET Core 2.0.

  • Ubuntu 14.04 のユーザーの場合、GCC が最新版であることを確認する必要があります。これは、次のコマンドを実行し、コンピューターを再起動して行います。For users on Ubuntu 14.04, you will need to ensure GCC is up-to-date - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get dist-upgrade
    
  • Ubuntu 17.04 のユーザーの場合、GConf をインストールする必要があります。次のコマンドを実行し、マシンを再起動して、この操作を行うことができます。For users on Ubuntu 17.04, you will need to install GConf - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo apt-get install libgconf-2-4
    

バージョン 0.9.6Version 0.9.6

2018/02/2802/28/2018

修正Fixes

  • 予期される BLOB/ファイルがエディターに表示されない問題がありました。An issue prevented expected blobs/files from being listed in the editor. この問題は修正されています。This issue has been fixed.
  • スナップショット ビューを切り替えた際に、項目が正しく表示されない問題がありました。An issue caused switching between snapshot views to display items incorrectly. この問題は修正されています。This issue has been fixed.

既知の問題Known Issues

  • Storage Explorer では ADFS アカウントがサポートされません。Storage Explorer does not support ADFS accounts.

  • Azure Stack を対象にしている場合、一部のファイルについては、追加 BLOB としてアップロードできない可能性があります。When targeting Azure Stack, uploading certain files as append blobs may fail.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、こちらで説明したフィルターのキャンセル回避策を使用しているためです。This is because we are using the cancel filter work around described here.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • サブスクリプションをフィルターするために資格情報の再入力が必要であると、アカウント設定パネルに表示されることがあります。The account settings panel may show that you need to reenter credentials to filter subscriptions.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • 現在、Azure Stack ではファイル共有をサポートしていませんが、ファイル共有ノードがアタッチされた Azure Stack ストレージ アカウントの下に表示され続けます。Although Azure Stack doesn't currently support Files Shares, a File Shares node still appears under an attached Azure Stack storage account.

  • Storage Explorer で使用されている Electron シェルには、一部の GPU (グラフィックス処理装置) ハードウェア アクセラレータで問題が発生します。The Electron shell used by Storage Explorer has trouble with some GPU (graphics processing unit) hardware acceleration. Storage Explorer に空白 (空) のメイン ウィンドウが表示される場合は、コマンド ラインから Storage Explorer を起動し、--disable-gpu スイッチを追加して、GPU アクセラレータを無効にしてみてください: If Storage Explorer is displaying a blank (empty) main window, you can try launching Storage Explorer from the command line and disabling GPU acceleration by adding the --disable-gpu switch:

    ./StorageExplorer.exe --disable-gpu
    
  • Ubuntu 14.04 のユーザーの場合、GCC が最新版であることを確認する必要があります。これは、次のコマンドを実行し、コンピューターを再起動して行います。For users on Ubuntu 14.04, you will need to ensure GCC is up-to-date - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get dist-upgrade
    
  • Ubuntu 17.04 のユーザーの場合、GConf をインストールする必要があります。次のコマンドを実行し、マシンを再起動して、この操作を行うことができます。For users on Ubuntu 17.04, you will need to install GConf - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo apt-get install libgconf-2-4
    

バージョン 0.9.5Version 0.9.5

2018/02/0602/06/2018

新規New

  • ファイル共有のスナップショットのサポート:Support for File Shares snapshots:
    • ファイル共有のスナップショットを作成、管理できます。Create and manage snapshots for your File Shares.
    • ファイル共有のスナップショット間でビューを簡単に切り替えながら、内容を参照できます。Easily switch views between snapshots of your File Shares as you explore.
    • 以前のバージョンのファイルを復元できます。Restore previous versions of your files.
  • Azure Data Lake Store のプレビュー サポート:Preview support for Azure Data Lake Store:
    • 複数のアカウントで ADLS リソースに接続できます。Connect to your ADLS resources across multiple accounts.
    • ADL URI を使用して ADLS リソースに接続し、リソースを共有できます。Connect to and share ADLS resources using ADL URIs.
    • 基本的なファイル/フォルダー操作を再帰的を実行できます。Perform basic file/folder operations recursively.
    • 個々のフォルダーをクイック アクセスにピン留めできます。Pin individual folders to Quick Access.
    • フォルダーの統計を表示できます。Display folder statistics.

修正Fixes

  • 起動パフォーマンスの改善。Startup performance improvements.
  • さまざまなバグを修正しました。Various bug fixes.

既知の問題Known Issues

  • Storage Explorer では ADFS アカウントがサポートされません。Storage Explorer does not support ADFS accounts.

  • Azure Stack を対象にしている場合、一部のファイルについては、追加 BLOB としてアップロードできない可能性があります。When targeting Azure Stack, uploading certain files as append blobs may fail.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、こちらで説明したフィルターのキャンセル回避策を使用しているためです。This is because we are using the cancel filter work around described here.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • サブスクリプションをフィルターするために資格情報の再入力が必要であると、アカウント設定パネルに表示されることがあります。The account settings panel may show that you need to reenter credentials to filter subscriptions.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • 現在、Azure Stack ではファイル共有をサポートしていませんが、ファイル共有ノードがアタッチされた Azure Stack ストレージ アカウントの下に表示され続けます。Although Azure Stack doesn't currently support Files Shares, a File Shares node still appears under an attached Azure Stack storage account.

  • Storage Explorer で使用されている Electron シェルには、一部の GPU (グラフィックス処理装置) ハードウェア アクセラレータで問題が発生します。The Electron shell used by Storage Explorer has trouble with some GPU (graphics processing unit) hardware acceleration. Storage Explorer に空白 (空) のメイン ウィンドウが表示される場合は、コマンド ラインから Storage Explorer を起動し、--disable-gpu スイッチを追加して、GPU アクセラレータを無効にしてみてください: If Storage Explorer is displaying a blank (empty) main window, you can try launching Storage Explorer from the command line and disabling GPU acceleration by adding the --disable-gpu switch:

    ./StorageExplorer.exe --disable-gpu
    
  • Ubuntu 14.04 のユーザーの場合、GCC が最新版であることを確認する必要があります。これは、次のコマンドを実行し、コンピューターを再起動して行います。For users on Ubuntu 14.04, you will need to ensure GCC is up-to-date - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get dist-upgrade
    
  • Ubuntu 17.04 のユーザーの場合、GConf をインストールする必要があります。次のコマンドを実行し、マシンを再起動して、この操作を行うことができます。For users on Ubuntu 17.04, you will need to install GConf - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo apt-get install libgconf-2-4
    

バージョン 0.9.4 および 0.9.3Version 0.9.4 and 0.9.3

2018/01/2101/21/2018

新規New

  • 既存の Storage Explorer ウィンドウは以下の場合に再利用されます。Your existing Storage Explorer window will be re-used when:
    • Storage Explorer で生成された直接リンクを開く。Opening direct links generated in Storage Explorer.
    • Storage Explorer をポータルから開く。Opening Storage Explorer from portal.
    • Storage Explorer を Azure Storage VS Code 拡張機能 (近日公開予定) から開く。Opening Storage Explorer from Azure Storage VS Code extension (coming soon).
  • Storage Explorer 内から新しい Storage Explorer ウィンドウを開く機能が追加されました。Added ability to open a new Storage Explorer window from within Storage Explorer.
    • Windows の場合は、[ファイル] メニューとタスク バーのコンテキスト メニューに [新しいウィンドウ] オプションがあります。For Windows, there is a 'New Window' option under File Menu and in the context menu of the task bar.
    • Mac の場合は、アプリケーション メニューに [新規ウィンドウ] オプションがあります。For Mac, there is a 'New Window' option under App Menu.

修正Fixes

  • セキュリティの問題を修正しました。Fixed a security issue. できるだけ早く 0.9.4 にアップグレードしてください。Please upgrade to 0.9.4 at your earliest convenience.
  • 古いアクティビティが適切にクリーンアップされませんでした。Old activities were not appropriately being cleaned up. これは長時間実行ジョブのパフォーマンスに影響していました。This affected the performance of long running jobs. 現在は適切にクリーンアップされるようになっています。They are now being cleaned up correctly.
  • 大量のファイルとディレクトリに関連するアクションによって、Storage Explorer がフリーズすることがありました。Actions involving large numbers of files and directories would occasionally cause Storage Explorer to freeze. Azure へのファイル共有の要求は、システム リソースの使用を制限するように調節されるようになりました。Requests to Azure for File Shares are now throttled to limit system resource use.

既知の問題Known Issues

  • Storage Explorer では ADFS アカウントがサポートされません。Storage Explorer does not support ADFS accounts.

  • "Explorer の表示" と "アカウント管理の表示" のショートカット キーはそれぞれ、Ctrl/Cmd + Shift + E キーと Ctrl/Cmd + Shift + A キーです。Shortcut keys for "View Explorer" and "View Account Management" should be Ctrl/Cmd+Shift+E and Ctrl/Cmd+Shift+A respectively.

  • Azure Stack を対象にしている場合、一部のファイルについては、追加 BLOB としてアップロードできない可能性があります。When targeting Azure Stack, uploading certain files as append blobs may fail.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、こちらで説明したフィルターのキャンセル回避策を使用しているためです。This is because we are using the cancel filter work around described here.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • サブスクリプションをフィルターするために資格情報の再入力が必要であると、アカウント設定パネルに表示されることがあります。The account settings panel may show that you need to reenter credentials to filter subscriptions.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • 現在、Azure Stack ではファイル共有をサポートしていませんが、ファイル共有ノードがアタッチされた Azure Stack ストレージ アカウントの下に表示され続けます。Although Azure Stack doesn't currently support Files Shares, a File Shares node still appears under an attached Azure Stack storage account.

  • Storage Explorer で使用されている Electron シェルには、一部の GPU (グラフィックス処理装置) ハードウェア アクセラレータで問題が発生します。The Electron shell used by Storage Explorer has trouble with some GPU (graphics processing unit) hardware acceleration. Storage Explorer に空白 (空) のメイン ウィンドウが表示される場合は、コマンド ラインから Storage Explorer を起動し、--disable-gpu スイッチを追加して、GPU アクセラレータを無効にしてみてください: If Storage Explorer is displaying a blank (empty) main window, you can try launching Storage Explorer from the command line and disabling GPU acceleration by adding the --disable-gpu switch:

    ./StorageExplorer --disable-gpu
    
  • Ubuntu 14.04 のユーザーの場合、GCC が最新版であることを確認する必要があります。これは、次のコマンドを実行し、コンピューターを再起動して行います。For users on Ubuntu 14.04, you will need to ensure GCC is up-to-date - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get dist-upgrade
    
  • Ubuntu 17.04 のユーザーの場合、GConf をインストールする必要があります。次のコマンドを実行し、マシンを再起動して、この操作を行うことができます。For users on Ubuntu 17.04, you will need to install GConf - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo apt-get install libgconf-2-4
    

バージョン 0.9.2Version 0.9.2

11/01/201711/01/2017

修正プログラムHotfixes

  • ローカル タイム ゾーンによっては、テーブル エンティティの Edm.DateTime 値を編集する時に、予期しないデータの変更が発生する可能性がありました。Unexpected data changes were possible when editing Edm.DateTime values for table entities depending on the local time zone. エディターは現在プレーンテキスト ボックスを使用しており、Edm.DateTime 値の制御は正確で一貫性があります。The editor now uses a plain text box, giving precise, consistent control over Edm.DateTime values.
  • 名前とキーを付けると BLOB のグループのアップロード/ダウンロードが起動しませんでした。Uploading/downloading a group of blobs when attached with name and key would not start. この問題は修正されています。This issue has been fixed.
  • これまで Storage Explorer では、1 つまたは複数のアカウントのサブスクリプションが選択された場合に、古いアカウントの再認証のダイアログを表示するだけでした。Previously Storage Explorer would only prompt you to reauthenticate a stale account if one or more of the account's subscriptions was selected. 現在では Storage Explorer は、アカウントが完全に除外された場合でもダイアログを表示します。Now Storage Explorer will prompt you even if the account is fully filtered out.
  • Azure US Government のエンドポイントのドメインに誤りがありました。The endpoints domain for Azure US Government was wrong. この問題は修正されています。It has been fixed.
  • アカウントの管理パネルの適用ボタンをクリックしにくい場合がありました。The apply button on the Manage Accounts panel was sometimes hard to click. この問題はもう発生しません。This should no longer happen.

新規New

  • Azure Cosmos DB のプレビューのサポート:Preview support for Azure Cosmos DB:
    • オンライン ドキュメントOnline Documentation
    • データベースとコレクションの作成Create databases and collections
    • データを操作するManipulate data
    • ドキュメントの照会、作成、または削除Query, create, or delete documents
    • ストアド プロシージャ、ユーザー定義関数、またはトリガーの更新Update stored procedures, user-defined functions, or triggers
    • 接続文字列を使用したデータベース接続と管理Use connection strings to connect to and manage your databases
  • 多数の小さな BLOB をアップロード/ダウンロードするときのパフォーマンスが向上しました。Improved the performance of uploading/downloading many small blobs.
  • "すべて再試行" アクションが追加されました (BLOB アップロード グループまたは BLOB ダウンロード グループでのエラー発生時)。Added a "Retry All" action if there are failures in a blob upload group or blob download group.
  • Storage Explorer で BLOB をアップロード/ダウンロード中、ネットワーク接続が失われたことが検出されると、イテレーションが一時停止します。Storage Explorer will now pause iteration during blob upload/download if it detects your network connection has been lost. ネットワーク接続が再確立された時点で、イテレーションを再開できます。You can then resume iteration once the network connection has been re-established.
  • コンテキスト メニューから、タブに対して "すべて閉じる"、"その他を閉じる"、"閉じる" 操作を行うことができるようになりました。Added the ability to "Close All", "Close Others", and "Close" tabs via context menu.
  • Storage Explorer で、ネイティブ ダイアログとネイティブ コンテキスト メニューを利用できます。Storage Explorer now uses native dialogs and native context menus.
  • Storage Explorer が、さらにアクセスしやすくなりました。Storage Explorer is now more accessible. 機能強化は次のとおりです。Improvements include:
    • スクリーン リーダー (Windows の NVDA、Mac の VoiceOver) のサポートの強化Improved screen reader support, for NVDA on Windows, and for VoiceOver on Mac
    • ハイ コントラスト テーマの向上Improved high contrast theming
    • キーボードの Tab キーを使った移動とキーボード フォーカスの修正Keyboard tabbing and keyboard focus fixes

修正Fixes

  • 無効な Windows ファイル名の BLOB を開こうとしたとき、またはダウンロードしようとしたときに、操作が失敗しました。If you tried to open or download a blob with an invalid Windows file name, the operation would fail. Storage Explorer によって BLOB 名が無効かどうかが検出され、エンコードするか、BLOB をスキップするかが尋ねられます。Storage Explorer will now detect if a blob name is invalid and ask if you would like to either encode it or skip the blob. また、Storage Explorer によって、ファイル名がエンコードされている可能性があるかどうかも検出され、アップロードの前にデコードするかどうかを尋ねられます。Storage Explorer will also detect if a file name appears to be encoded and ask you if want to decode it before uploading.
  • BLOB アップロード中、ターゲット BLOB コンテナーのエディターが正しく更新されないことがありました。During blob upload, the editor for the target blob container would sometimes not properly refresh. この問題は修正されています。This issue has been fixed.
  • 接続文字列と SAS URI の形式のいくつかについて、サポートが後退していました。The support for several forms of connection strings and SAS URIs regressed. 既知の問題はすべて解決されていますが、さらに問題が発生した場合は、フィードバックをお送りください。We have addressed all known issues, but please send feedback if you encounter further issues.
  • 更新の通知が、0.9.0 の一部のユーザーに送信されませんでした。The update notification was broken for some users in 0.9.0. この問題は修正されました。バグの影響を受けた方は、Storage Explorer の最新バージョンをこちらからダウンロードしてください。This issue has been fixed, and for those affected by the bug, you can manually download the latest version of Storage Explorer here.

既知の問題Known Issues

  • Storage Explorer では ADFS アカウントがサポートされません。Storage Explorer does not support ADFS accounts.

  • "Explorer の表示" と "アカウント管理の表示" のショートカット キーはそれぞれ、Ctrl/Cmd + Shift + E キーと Ctrl/Cmd + Shift + A キーです。Shortcut keys for "View Explorer" and "View Account Management" should be Ctrl/Cmd+Shift+E and Ctrl/Cmd+Shift+A respectively.

  • Azure Stack を対象にしている場合、一部のファイルについては、追加 BLOB としてアップロードできない可能性があります。When targeting Azure Stack, uploading certain files as append blobs may fail.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、こちらで説明したフィルターのキャンセル回避策を使用しているためです。This is because we are using the cancel filter work around described here.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • サブスクリプションをフィルターするために資格情報の再入力が必要であると、アカウント設定パネルに表示されることがあります。The account settings panel may show that you need to reenter credentials to filter subscriptions.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • 現在、Azure Stack ではファイル共有をサポートしていませんが、ファイル共有ノードがアタッチされた Azure Stack ストレージ アカウントの下に表示され続けます。Although Azure Stack doesn't currently support Files Shares, a File Shares node still appears under an attached Azure Stack storage account.

  • Storage Explorer で使用されている Electron シェルには、一部の GPU (グラフィックス処理装置) ハードウェア アクセラレータで問題が発生します。The Electron shell used by Storage Explorer has trouble with some GPU (graphics processing unit) hardware acceleration. Storage Explorer に空白 (空) のメイン ウィンドウが表示される場合は、コマンド ラインから Storage Explorer を起動し、--disable-gpu スイッチを追加して、GPU アクセラレータを無効にしてみてください: If Storage Explorer is displaying a blank (empty) main window, you can try launching Storage Explorer from the command line and disabling GPU acceleration by adding the --disable-gpu switch:

    ./StorageExplorer --disable-gpu
    
  • Ubuntu 14.04 のユーザーの場合、GCC が最新版であることを確認する必要があります。これは、次のコマンドを実行し、コンピューターを再起動して行います。For users on Ubuntu 14.04, you will need to ensure GCC is up-to-date - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get dist-upgrade
    
  • Ubuntu 17.04 のユーザーの場合、GConf をインストールする必要があります。次のコマンドを実行し、マシンを再起動して、この操作を行うことができます。For users on Ubuntu 17.04, you will need to install GConf - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo apt-get install libgconf-2-4
    

バージョン 0.9.1 および 0.9.0Version 0.9.1 and 0.9.0

10/20/201710/20/2017

新規New

  • Azure Cosmos DB のプレビューのサポート:Preview support for Azure Cosmos DB:
    • オンライン ドキュメントOnline Documentation
    • データベースとコレクションの作成Create databases and collections
    • データを操作するManipulate data
    • ドキュメントの照会、作成、または削除Query, create, or delete documents
    • ストアド プロシージャ、ユーザー定義関数、またはトリガーの更新Update stored procedures, user-defined functions, or triggers
    • 接続文字列を使用したデータベース接続と管理Use connection strings to connect to and manage your databases
  • 多数の小さな BLOB をアップロード/ダウンロードするときのパフォーマンスが向上しました。Improved the performance of uploading/downloading many small blobs.
  • "すべて再試行" アクションが追加されました (BLOB アップロード グループまたは BLOB ダウンロード グループでのエラー発生時)。Added a "Retry All" action if there are failures in a blob upload group or blob download group.
  • Storage Explorer で BLOB をアップロード/ダウンロード中、ネットワーク接続が失われたことが検出されると、イテレーションが一時停止します。Storage Explorer will now pause iteration during blob upload/download if it detects your network connection has been lost. ネットワーク接続が再確立された時点で、イテレーションを再開できます。You can then resume iteration once the network connection has been re-established.
  • コンテキスト メニューから、タブに対して "すべて閉じる"、"その他を閉じる"、"閉じる" 操作を行うことができるようになりました。Added the ability to "Close All", "Close Others", and "Close" tabs via context menu.
  • Storage Explorer で、ネイティブ ダイアログとネイティブ コンテキスト メニューを利用できます。Storage Explorer now uses native dialogs and native context menus.
  • Storage Explorer が、さらにアクセスしやすくなりました。Storage Explorer is now more accessible. 機能強化は次のとおりです。Improvements include:
    • スクリーン リーダー (Windows の NVDA、Mac の VoiceOver) のサポートの強化Improved screen reader support, for NVDA on Windows, and for VoiceOver on Mac
    • ハイ コントラスト テーマの向上Improved high contrast theming
    • キーボードの Tab キーを使った移動とキーボード フォーカスの修正Keyboard tabbing and keyboard focus fixes

修正Fixes

  • 無効な Windows ファイル名の BLOB を開こうとしたとき、またはダウンロードしようとしたときに、操作が失敗しました。If you tried to open or download a blob with an invalid Windows file name, the operation would fail. Storage Explorer によって BLOB 名が無効かどうかが検出され、エンコードするか、BLOB をスキップするかが尋ねられます。Storage Explorer will now detect if a blob name is invalid and ask if you would like to either encode it or skip the blob. また、Storage Explorer によって、ファイル名がエンコードされている可能性があるかどうかも検出され、アップロードの前にデコードするかどうかを尋ねられます。Storage Explorer will also detect if a file name appears to be encoded and ask you if want to decode it before uploading.
  • BLOB アップロード中、ターゲット BLOB コンテナーのエディターが正しく更新されないことがありました。During blob upload, the editor for the target blob container would sometimes not properly refresh. この問題は修正されています。This issue has been fixed.
  • 接続文字列と SAS URI の形式のいくつかについて、サポートが後退していました。The support for several forms of connection strings and SAS URIs regressed. 既知の問題はすべて解決されていますが、さらに問題が発生した場合は、フィードバックをお送りください。We have addressed all known issues, but please send feedback if you encounter further issues.
  • 更新の通知が、0.9.0 の一部のユーザーに送信されませんでした。The update notification was broken for some users in 0.9.0. この問題は修正されました。バグの影響を受けた方は、Storage Explorer の最新バージョンをこちらからダウンロードしてくださいThis issue has been fixed, and for those affected by the bug, you can manually download the latest version of Storage Explorer here

既知の問題Known Issues

  • Storage Explorer では ADFS アカウントがサポートされません。Storage Explorer does not support ADFS accounts.

  • "Explorer の表示" と "アカウント管理の表示" のショートカット キーはそれぞれ、Ctrl/Cmd + Shift + E キーと Ctrl/Cmd + Shift + A キーです。Shortcut keys for "View Explorer" and "View Account Management" should be Ctrl/Cmd+Shift+E and Ctrl/Cmd+Shift+A respectively.

  • Azure Stack を対象にしている場合、一部のファイルについては、追加 BLOB としてアップロードできない可能性があります。When targeting Azure Stack, uploading certain files as append blobs may fail.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、こちらで説明したフィルターのキャンセル回避策を使用しているためです。This is because we are using the cancel filter work around described here.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • サブスクリプションをフィルターするために資格情報の再入力が必要であると、アカウント設定パネルに表示されることがあります。The account settings panel may show that you need to reenter credentials to filter subscriptions.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • 現在、Azure Stack ではファイル共有をサポートしていませんが、ファイル共有ノードがアタッチされた Azure Stack ストレージ アカウントの下に表示され続けます。Although Azure Stack doesn't currently support Files Shares, a File Shares node still appears under an attached Azure Stack storage account.

  • Storage Explorer で使用されている Electron シェルには、一部の GPU (グラフィックス処理装置) ハードウェア アクセラレータで問題が発生します。The Electron shell used by Storage Explorer has trouble with some GPU (graphics processing unit) hardware acceleration. Storage Explorer に空白 (空) のメイン ウィンドウが表示される場合は、コマンド ラインから Storage Explorer を起動し、--disable-gpu スイッチを追加して、GPU アクセラレータを無効にしてみてください: If Storage Explorer is displaying a blank (empty) main window, you can try launching Storage Explorer from the command line and disabling GPU acceleration by adding the --disable-gpu switch:

    ./StorageExplorer --disable-gpu
    
  • Ubuntu 14.04 のユーザーの場合、GCC が最新版であることを確認する必要があります。これは、次のコマンドを実行し、コンピューターを再起動して行います。For users on Ubuntu 14.04, you will need to ensure GCC is up-to-date - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get dist-upgrade
    
  • Ubuntu 17.04 のユーザーの場合、GConf をインストールする必要があります。次のコマンドを実行し、マシンを再起動して、この操作を行うことができます。For users on Ubuntu 17.04, you will need to install GConf - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo apt-get install libgconf-2-4
    

バージョン 0.8.16Version 0.8.16

8/21/20178/21/2017

新規New

  • 変更が検出された場合は、BLOB を開いたときに、ダウンロードしたファイルをアップロードするようストレージ エクスプ ローラーから求められます。When you open a blob, Storage Explorer will prompt you to upload the downloaded file if a change is detected
  • 改善された Azure Stack サインイン エクスペリエンスEnhanced Azure Stack sign-in experience
  • 同時に多数の小さなファイルをアップロード/ダウンロードしたときのパフォーマンスの向上Improved the performance of uploading/downloading many small files at the same time

修正Fixes

  • BLOB の種類によっては、アップロード競合中に "置換" を選択すると、アップロードが再開されることがあります。For some blob types, choosing to "replace" during an upload conflict would sometimes result in the upload being restarted.
  • バージョン 0.8.15 では、アップロードが 99% 完了した時点で停止する場合があります。In version 0.8.15, uploads would sometimes stall at 99%.
  • ファイル共有にファイルをアップロードする場合、まだ存在しないディレクトリへのアップロードを選択すると、アップロードは失敗します。When uploading files to a file share, if you chose to upload to a directory which did not yet exist, your upload would fail.
  • ストレージ エクスプ ローラーで共有アクセス署名とテーブル クエリに対するタイムスタンプが正しく生成されませんでした。Storage Explorer was incorrectly generating time stamps for shared access signatures and table queries.

既知の問題Known Issues

  • 名前とキー接続文字列は現在使用できません。Using a name and key connection string does not currently work. この問題は次のリリースで修正される予定です。It will be fixed in the next release. それまでは、名前とキーの添付を使用できます。Until then you can use attach with name and key.

  • 無効な Windows ファイル名のファイルを開こうとすると、ダウンロード中にファイルが見つからないというエラーが発生します。If you try to open a file with an invalid Windows file name, the download will result in a file not found error.

  • タスクの [キャンセル] をクリックすると、そのタスクのキャンセルに少し時間がかかる場合があります。After clicking "Cancel" on a task, it may take a while for that task to cancel. これは、Azure Storage ノード ライブラリの制限事項です。This is a limitation of the Azure Storage Node library.

  • BLOB のアップロードが完了したら、アップロードを開始するタブが更新されます。After completing a blob upload, the tab which initiated the upload is refreshed. これは以前の動作から変更されており、選択しているコンテナーのルートに戻ることになります。This is a change from previous behavior, and will also cause you to be taken back to the root of the container you are in.

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、その記録をストレージ エクスプローラーから消すためには、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate, then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget that decision.

  • サブスクリプションをフィルターするために資格情報の再入力が必要であると、アカウント設定パネルに表示されることがあります。The account settings panel may show that you need to reenter credentials to filter subscriptions.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • 現在、Azure Stack ではファイル共有をサポートしていませんが、ファイル共有ノードがアタッチされた Azure Stack ストレージ アカウントの下に表示され続けます。Although Azure Stack doesn't currently support Files Shares, a File Shares node still appears under an attached Azure Stack storage account.

  • Ubuntu 14.04 のユーザーの場合、GCC が最新版であることを確認する必要があります。これは、次のコマンドを実行し、コンピューターを再起動して行います。For users on Ubuntu 14.04, you will need to ensure GCC is up-to-date - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get dist-upgrade
    
  • Ubuntu 17.04 のユーザーの場合、GConf をインストールする必要があります。次のコマンドを実行し、マシンを再起動して、この操作を行うことができます。For users on Ubuntu 17.04, you will need to install GConf - this can be done by running the following commands, and then restarting your machine:

    sudo apt-get install libgconf-2-4
    

Version 0.8.14Version 0.8.14

06/22/201706/22/2017

新規New

  • いくつかの重要なセキュリティ アップデートを利用するために、Electron バージョンを 1.7.2 に更新しましたUpdated Electron version to 1.7.2 in order to take advantage of several critical security updates
  • ヘルプ メニューからオンラインのトラブルシューティング ガイドにすばやくアクセスできるようになりましたYou can now quickly access the online troubleshooting guide from the help menu
  • ストレージ エクスプローラーのトラブルシューティング ガイドStorage Explorer Troubleshooting Guide
  • Azure Stack サブスクリプションへの接続に関する指示Instructions on connecting to an Azure Stack subscription

既知の問題Known Issues

  • フォルダーの削除の確認ダイアログ上のボタンは、Linux のマウス クリックに登録されません。Buttons on the delete folder confirmation dialog don't register with the mouse clicks on Linux. Enter キーを使用して回避することができますwork around is to use the Enter key

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、ストレージ エクスプローラーがその決定を忘れるように、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget the decision

  • BLOB またはファイルのグループを 3 つ以上同時にアップロードすると、エラーが発生する場合がありますHaving more than 3 groups of blobs or files uploading at the same time may cause errors

  • サブスクリプションをフィルターするために、資格情報の再入力が必要であることがアカウント設定パネルに表示されることがありますThe account settings panel may show that you need to reenter credentials in order to filter subscriptions

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • 現在、Azure Stack ではファイル共有をサポートしていませんが、ファイル共有ノードがアタッチされた Azure Stack ストレージ アカウントの下に表示され続けます。Although Azure Stack doesn't currently support File Shares, a File Shares node still appears under an attached Azure Stack storage account.

  • Ubuntu 14.04 のインストールには、更新またはアップグレードされた gcc バージョンが必要です。アップグレードの手順は次のとおりです。Ubuntu 14.04 install needs gcc version updated or upgraded – steps to upgrade are below:

    sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get dist-upgrade
    

バージョン 0.8.13Version 0.8.13

05/12/201705/12/2017

新規New

  • ストレージ エクスプローラーのトラブルシューティング ガイドStorage Explorer Troubleshooting Guide
  • Azure Stack サブスクリプションへの接続に関する指示Instructions on connecting to an Azure Stack subscription

修正Fixes

  • 修正: ファイルのアップロードは、メモリ不足エラーを発生させる高い可能性がありましたFixed: File upload had a high chance of causing an out of memory error
  • 修正: PIN/スマートカードでサインインできるようになりましたFixed: You can now sign-in with PIN/Smartcard
  • 固定:[ポータルで開く] が、Azure China 21Vianet、Azure Germany、Azure US Government、Azure Stack で機能するようになりましたFixed: Open in Portal now works with Azure China 21Vianet, Azure Germany, Azure US Government, and Azure Stack
  • 修正: フォルダーを BLOB コンテナーにアップロードしているときに、"無効な操作" エラーが発生する場合がありますFixed: While uploading a folder to a blob container, an "Illegal operation" error would sometimes occur
  • 修正: スナップショットを管理しているときに、[すべて選択] が無効になっていましたFixed: Select all was disabled while managing snapshots
  • 修正: ベース BLOB のメタデータは、そのスナップショットのプロパティを表示した後に上書きされる可能性がありますFixed: The metadata of the base blob might get overwritten after viewing the properties of its snapshots

既知の問題Known Issues

  • 誤った PIN/スマートカードの証明書を選択した場合、ストレージ エクスプローラーがその決定を忘れるように、再起動する必要がありますIf you choose the wrong PIN/Smartcard certificate then you will need to restart in order to have Storage Explorer forget the decision

  • 拡大縮小を行っているときに、ズーム レベルが既定のレベルにすぐにリセットされる可能性がありますWhile zoomed in or out, the zoom level may momentarily reset to the default level

  • BLOB またはファイルのグループを 3 つ以上同時にアップロードすると、エラーが発生する場合がありますHaving more than 3 groups of blobs or files uploading at the same time may cause errors

  • サブスクリプションをフィルターするために、資格情報の再入力が必要であることがアカウント設定パネルに表示されることがありますThe account settings panel may show that you need to reenter credentials in order to filter subscriptions

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • 現在、Azure Stack ではファイル共有をサポートしていませんが、ファイル共有ノードがアタッチされた Azure Stack ストレージ アカウントの下に表示され続けます。Although Azure Stack doesn't currently support Files Shares, a File Shares node still appears under an attached Azure Stack storage account.

  • Ubuntu 14.04 のインストールには、更新またはアップグレードされた gcc バージョンが必要です。アップグレードの手順は次のとおりです。Ubuntu 14.04 install needs gcc version updated or upgraded – steps to upgrade are below:

    sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get dist-upgrade
    

バージョン 0.8.12 および 0.8.11 および 0.8.10Version 0.8.12 and 0.8.11 and 0.8.10

04/07/201704/07/2017

新規New

  • 更新通知から更新プログラムをインストールすると、ストレージ エクスプローラーは自動的に閉じますStorage Explorer will now automatically close when you install an update from the update notification
  • インプレース クイック アクセスでは、頻繁にアクセスされるリソースを操作するために、拡張されたエクスペリエンスを提供しますIn-place quick access provides an enhanced experience for working with your frequently accessed resources
  • BLOB コンテナー エディターで、リース BLOB が属している仮想マシンを確認できるようになりましたIn the Blob Container editor, you can now see which virtual machine a leased blob belongs to
  • 左側のパネルを折りたためるようになりましたYou can now collapse the left side panel
  • 検出がダウンロードと同時に実行されるようになりましたDiscovery now runs at the same time as download
  • BLOB コンテナー、ファイル共有、およびテーブル エディターの統計情報を使用して、リソースまたは選択範囲のサイズを確認しますUse Statistics in the Blob Container, File Share, and Table editors to see the size of your resource or selection
  • Azure Active Directory (AAD) を基にした Azure Stack アカウントにサインインできるようになりました。You can now sign-in to Azure Active Directory (AAD) based Azure Stack accounts.
  • 32MB を超えるアーカイブ ファイルを Premium ストレージ アカウントにアップロードできるようになりましたYou can now upload archive files over 32MB to Premium storage accounts
  • アクセシビリティ サポートの向上Improved accessibility support
  • [編集] > [SSL 証明書] > [証明書のインポート] に移動して、信頼できる Base 64 encoded X.509 TLS/SSL 証明書を追加できるようになりましたYou can now add trusted Base-64 encoded X.509 TLS/SSL certificates by going to Edit -> SSL Certificates -> Import Certificates

修正Fixes

  • 修正: アカウントの資格情報を更新した後に、ツリー ビューが自動的に更新されないことがありましたFixed: after refreshing an account's credentials, the tree view would sometimes not automatically refresh
  • 修正: エミュレーター キューとテーブルに SAS を生成すると、無効な URL になる場合がありましたFixed: generating a SAS for emulator queues and tables would result in an invalid URL
  • 修正: プロキシが有効なときに、Premium Storage アカウントを展開できるようになりましたFixed: premium storage accounts can now be expanded while a proxy is enabled
  • 修正: 選択したアカウントが 1 または 0 個の場合、アカウント管理ページの適用ボタンが機能しませんでしたFixed: the apply button on the accounts management page would not work if you had 1 or 0 accounts selected
  • 修正: 競合の解決を必要とする BLOB のアップロードに失敗する場合があります - 0.8.11 で修正済みFixed: uploading blobs that require conflict resolutions may fail - fixed in 0.8.11
  • 修正: 0.8.11 でフィードバックの送信が中断されました - 0.8.12 で修正済みFixed: sending feedback was broken in 0.8.11 - fixed in 0.8.12

既知の問題Known Issues

  • 0.8.10 にアップグレードした後に、すべての資格情報を更新する必要があります。After upgrading to 0.8.10, you will need to refresh all of your credentials.

  • 拡大縮小を行っているときに、ズーム レベルが既定のレベルにすぐにリセットされる可能性があります。While zoomed in or out, the zoom level may momentarily reset to the default level.

  • BLOB またはファイルのグループを 3 つ以上同時にアップロードすると、エラーが発生する場合があります。Having more than 3 groups of blobs or files uploading at the same time may cause errors.

  • サブスクリプションをフィルターするために、資格情報の再入力が必要であることがアカウント設定パネルに表示されることがあります。The account settings panel may show that you need to reenter credentials in order to filter subscriptions.

  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename.

  • 現在、Azure Stack ではファイル共有をサポートしていませんが、ファイル共有ノードがアタッチされた Azure Stack ストレージ アカウントの下に表示され続けます。Although Azure Stack doesn't currently support Files Shares, a File Shares node still appears under an attached Azure Stack storage account.

  • Ubuntu 14.04 のインストールには、更新またはアップグレードされた gcc バージョンが必要です。アップグレードの手順は次のとおりです。Ubuntu 14.04 install needs gcc version updated or upgraded – steps to upgrade are below:

    sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get dist-upgrade
    

バージョン 0.8.9 および 0.8.8Version 0.8.9 and 0.8.8

02/23/201702/23/2017

新規New

  • ストレージ エクスプローラー 0.8.9 では、更新プログラムの最新バージョンを自動的にダウンロードします。Storage Explorer 0.8.9 will automatically download the latest version for updates.
  • 修正プログラム: ポータルで生成された SAS URL を使用して、ストレージ アカウントをアタッチすると、エラーになります。Hotfix: using a portal generated SAS URI to attach a storage account would result in an error.
  • BLOB スナップショットの作成、管理、および昇格を行えるようになりました。You can now create, manage, and promote blob snapshots.
  • Azure China 21Vianet、Azure Germany、Azure US Government のアカウントにサインインできるようになりました。You can now sign-in to Azure China 21Vianet, Azure Germany, and Azure US Government accounts.
  • ズーム レベルを変更できるようになりました。You can now change the zoom level. [表示] メニューのオプションを使用して、拡大、縮小、およびズームのリセットを行います。Use the options in the View menu to Zoom In, Zoom Out, and Reset Zoom.
  • Unicode 文字が、BLOB とファイルのユーザー メタデータでサポートされるようになりました。Unicode characters are now supported in user metadata for blobs and files.
  • アクセシビリティが改善されました。Accessibility improvements.
  • 次のバージョンのリリース ノートは、更新通知から表示できます。The next version's release notes can be viewed from the update notification. [ヘルプ] メニューから最新のリリース ノートを表示することもできます。You can also view the current release notes from the Help menu.

修正Fixes

  • 修正: バージョン番号が、Windows のコントロール パネルで正しく表示されるようになりましたFixed: the version number is now correctly displayed in Control Panel on Windows
  • 修正: 検索の 50,000 ノードまでの制限がなくなりましたFixed: search is no longer limited to 50,000 nodes
  • 修正: 対象になるディレクトリが存在しない場合に、ファイル共有へのアップロードが回転し続けますFixed: upload to a file share spun forever if the destination directory did not already exist
  • 修正: 長時間のアップロードとダウンロードの安定性が向上しましたFixed: improved stability for long uploads and downloads

既知の問題Known Issues

  • 拡大縮小を行っているときに、ズーム レベルが既定のレベルにすぐにリセットされる可能性があります。While zoomed in or out, the zoom level may momentarily reset to the default level.
  • クイック アクセスは、サブスクリプション ベースのアイテムでのみ動作します。Quick Access only works with subscription based items. このリリースでは、ローカル リソースと、キーまたは SAS トークンによってアタッチされたリソースは、サポートされていません。Local resources or resources attached via key or SAS token are not supported in this release.
  • リソースの数によっては、クイック アクセスで対象リソースに移動するまでに数秒かかる場合があります。It may take Quick Access a few seconds to navigate to the target resource, depending on how many resources you have.
  • BLOB またはファイルのグループを 3 つ以上同時にアップロードすると、エラーが発生する場合があります。Having more than 3 groups of blobs or files uploading at the same time may cause errors.

12/16/201612/16/2016

バージョン 0.8.7Version 0.8.7

新規New

  • [アクティビティ] ウィンドウで更新、ダウンロード、またはコピー セッションの開始時に競合を解決する方法を選ぶことができますYou can choose how to resolve conflicts at the beginning of an update, download or copy session in the Activities window
  • タブをポイントすると、ストレージ リソースの完全なパスが表示されますHover over a tab to see the full path of the storage resource
  • タブをクリックすると、左側のナビゲーション ウィンドウ内の場所と同期されますWhen you click on a tab, it synchronizes with its location in the left side navigation pane

修正Fixes

  • 修正: ストレージ エクスプローラーは、Mac の信頼できるアプリになりましたFixed: Storage Explorer is now a trusted app on Mac
  • 修正: Ubuntu 14.04 が再びサポートされるようになりましたFixed: Ubuntu 14.04 is again supported
  • 修正: サブスクリプションを読み込むときに [アカウントの追加] UI が点滅することがありましたFixed: Sometimes the add account UI flashes when loading subscriptions
  • 修正: 左側のナビゲーション ウィンドウにすべてのストレージ リソースが一覧表示されないことがありましたFixed: Sometimes not all storage resources were listed in the left side navigation pane
  • 修正: 操作ウィンドウに空の操作が表示されることがありましたFixed: The action pane sometimes displayed empty actions
  • 修正: 前回終了したセッションからウィンドウ サイズが維持されるようになりましたFixed: The window size from the last closed session is now retained
  • 修正: コンテキスト メニューを使って同じリソースに対して複数のタブを開くことができるようになりましたFixed: You can open multiple tabs for the same resource using the context menu

既知の問題Known Issues

  • クイック アクセスは、サブスクリプション ベースのアイテムでのみ動作します。Quick Access only works with subscription based items. このリリースでは、ローカル リソースと、キーまたは SAS トークンによってアタッチされたリソースは、サポートされていませんLocal resources or resources attached via key or SAS token are not supported in this release
  • リソースの数によっては、クイック アクセスで対象リソースに移動するまでに数秒かかる場合がありますIt may take Quick Access a few seconds to navigate to the target resource, depending on how many resources you have
  • BLOB またはファイルのグループを 3 つ以上同時にアップロードすると、エラーが発生する場合がありますHaving more than 3 groups of blobs or files uploading at the same time may cause errors
  • 検索によって処理されたノードが約 50,000 を超えると、パフォーマンスが低下するか、またはハンドルされない例外が発生する可能性がありますSearch handles searching across roughly 50,000 nodes - after this, performance may be impacted or may cause unhandled exception
  • macOS でストレージ エクスプローラーを初めて使うとき、キーチェーンにアクセスするためのユーザーのアクセス許可を確認する複数のプロンプトが表示される可能性があります。For the first time using the Storage Explorer on macOS, you might see multiple prompts asking for user's permission to access keychain. プロンプトが繰り返し表示されないように、[常に許可] を選ぶことをお勧めしますWe suggest you select Always Allow so the prompt won't show up again

11/18/201611/18/2016

バージョン 0.8.6Version 0.8.6

新規New

  • 最もよく使うサービスを簡単にアクセスできるようにクイック アクセスにピン留めできますYou can now pin most frequently used services to the Quick Access for easy navigation
  • 複数のエディターを別のタブで開けるようになりました。You can now open multiple editors in different tabs. シングルクリックで一時的なタブが開き、ダブルクリックで永続的なタブが開きます。一時的なタブをクリックして永続的なタブにすることもできますSingle click to open a temporary tab; double click to open a permanent tab. You can also click on the temporary tab to make it a permanent tab
  • アップロードとダウンロードでのパフォーマンスと安定性を大幅に向上させました (特に高速コンピューターでの大きいファイルの場合)We have made noticeable performance and stability improvements for uploads and downloads, especially for large files on fast machines
  • 空の "仮想" フォルダーを BLOB コンテナーに作成できますEmpty "virtual" folders can now be created in blob containers
  • 新しく拡張されたサブ文字列の検索で範囲指定の検索を再導入したため、検索には次の 2 つのオプションがあります。We have re-introduced scoped search with our new enhanced substring search, so you now have two options for searching:
    • グローバル検索 - 検索用語を検索テキストボックスに入力するだけですGlobal search - just enter a search term into the search textbox
    • 範囲指定の検索 - ノードの横にある虫眼鏡アイコンをクリックして、パスの末尾に検索用語を追加するか、右クリックして [ここから検索] を選択しますScoped search - click the magnifying glass icon next to a node, then add a search term to the end of the path, or right-click and select "Search from Here"
  • さまざまなテーマを追加しました。明るい (既定値)、暗い、ハイコントラスト黒、ハイ コントラスト白。We have added various themes: Light (default), Dark, High Contrast Black, and High Contrast White. [編集] > [テーマ] を選んで、テーマの設定を変更しますGo to Edit -> Themes to change your theming preference
  • BLOB とファイルのプロパティを変更できますYou can modify Blob and file properties
  • エンコードされた (Base64) キュー メッセージとエンコードされていないキュー メッセージをサポートするようになりましたWe now support encoded (base64) and unencoded queue messages
  • Linux では、64 ビット OS が必要になりました。On Linux, a 64-bit OS is now required. このリリースでは、 64 ビット Ubuntu 16.04.1 LTS のみをサポートしますFor this release we only support 64-bit Ubuntu 16.04.1 LTS
  • ロゴを更新しました。We have updated our logo!

修正Fixes

  • 修正: 画面がフリーズする問題Fixed: Screen freezing problems
  • 修正: セキュリティの強化Fixed: Enhanced security
  • 修正: アタッチされたアカウントが重複して表示されることがありますFixed: Sometimes duplicate attached accounts could appear
  • 修正: 定義されていないコンテンツ タイプを持つ BLOB は、例外を生成する場合がありますFixed: A blob with an undefined content type could generate an exception
  • 修正: 空のテーブルでクエリ パネルを開くことができませんでしたFixed: Opening the Query Panel on an empty table was not possible
  • 修正: 検索でのさまざまなバグFixed: Varies bugs in Search
  • 修正: [Load More](さらに読み込む) をクリックするときに読み込むリソース数が、50 から 100 に増えましたFixed: Increased the number of resources loaded from 50 to 100 when clicking "Load More"
  • 修正: 最初の実行で、アカウントがサインインされた場合、既定でアカウントにすべてのサブスクリプションを選択するようになりましたFixed: On first run, if an account is signed into, we now select all subscriptions for that account by default

既知の問題Known Issues

  • ストレージ エクスプローラーのこのリリースは、Ubuntu 14.04 で実行されませんThis release of the Storage Explorer does not run on Ubuntu 14.04
  • 同じリソースに対して複数のタブを開くために、同じリソースを連続してクリックしないでください。To open multiple tabs for the same resource, do not continuously click on the same resource. 別のリソースをクリックし、元のリソースに戻ってクリックし、別のタブでもう一度開きますClick on another resource and then go back and then click on the original resource to open it again in another tab
  • クイック アクセスは、サブスクリプション ベースのアイテムでのみ動作します。Quick Access only works with subscription based items. このリリースでは、ローカル リソースと、キーまたは SAS トークンによってアタッチされたリソースは、サポートされていませんLocal resources or resources attached via key or SAS token are not supported in this release
  • リソースの数によっては、クイック アクセスで対象リソースに移動するまでに数秒かかる場合がありますIt may take Quick Access a few seconds to navigate to the target resource, depending on how many resources you have
  • BLOB またはファイルのグループを 3 つ以上同時にアップロードすると、エラーが発生する場合がありますHaving more than 3 groups of blobs or files uploading at the same time may cause errors
  • 検索によって処理されたノードが約 50,000 を超えると、パフォーマンスが低下するか、またはハンドルされない例外が発生する可能性がありますSearch handles searching across roughly 50,000 nodes - after this, performance may be impacted or may cause unhandled exception

2016 年 10 月 3 日10/03/2016

バージョン 0.8.5Version 0.8.5

新規New

  • ポータルで生成された SAS キーを使用して、ストレージ アカウントやリソースにアタッチできるようになりましたCan now use Portal-generated SAS keys to attach to Storage Accounts and resources

修正Fixes

  • 修正: 検索中の競合状態は、ノードが展開不可能になることがありますFixed: race condition during search sometimes caused nodes to become non-expandable
  • 修正: アカウント名とキーでストレージ アカウントに接続している場合、"HTTP の使用" は動作しませんFixed: "Use HTTP" doesn't work when connecting to Storage Accounts with account name and key
  • 修正: SAS キー (特にポータルで生成されたキー) は、"末尾のスラッシュ" エラーを返しますFixed: SAS keys (specially Portal-generated ones) return a "trailing slash" error
  • 修正: テーブルのインポートの問題Fixed: table import issues
    • パーティション キーと行キーが逆順になる場合がありましたSometimes partition key and row key were reversed
    • "null" のパーティション キーを読み取ることができませんUnable to read "null" Partition Keys

既知の問題Known Issues

  • 検索によって処理されたノードが約 50,000 を超えると、パフォーマンスが低下する可能性がありますSearch handles searching across roughly 50,000 nodes - after this, performance may be impacted
  • Azure Stack は現在ファイルをサポートしないので、[ファイル] を展開しようとするとエラーが表示されますAzure Stack doesn't currently support Files, so trying to expand Files will show an error

09/12/201609/12/2016

バージョン 0.8.4Version 0.8.4

新規New

  • リソースの共有と簡単なアクセスのため、ストレージ アカウントまたはコンテナー、キュー、テーブル、ファイル共有に直接リンクします (Windows と Mac OS でサポート)Generate direct links to storage accounts, containers, queues, tables, or file shares for sharing and easy access to your resources - Windows and Mac OS support
  • 検索ボックスから BLOB コンテナー、テーブル、キュー、ファイル共有、またはストレージ アカウントを検索しますSearch for your blob containers, tables, queues, file shares, or storage accounts from the search box
  • テーブル キュー ビルダーで句をグループ化できまるようになりましたYou can now group clauses in the table query builder
  • BLOB コンテナー、ファイル共有、テーブル、BLOB、BLOB フォルダー、ファイルおよびディレクトリの名前を変更したり、SAS がアタッチされたアカウントとコンテナー内からコピーまたは貼り付けを行いますRename and copy/paste blob containers, file shares, tables, blobs, blob folders, files and directories from within SAS-attached accounts and containers
  • BLOB コンテナーとファイル共有の名前を変更してコピーすると、プロパティとメタデータを保持するようになりましたRenaming and copying blob containers and file shares now preserve properties and metadata

修正Fixes

  • 修正: ブール値またはバイナリ プロパティが含まれる場合は、テーブル エンティティを編集できませんFixed: cannot edit table entities if they contain boolean or binary properties

既知の問題Known Issues

  • 検索によって処理されたノードが約 50,000 を超えると、パフォーマンスが低下する可能性がありますSearch handles searching across roughly 50,000 nodes - after this, performance may be impacted

08/03/201608/03/2016

バージョン 0.8.3Version 0.8.3

新規New

  • コンテナー、テーブル、ファイル共有の名前を変更しますRename containers, tables, file shares
  • クエリ ビルダーのエクスペリエンスが向上しましたImproved Query builder experience
  • クエリの保存および読み込み機能Ability to save and load queries
  • リソースの共有と簡単なアクセスのため、ストレージ アカウントまたはコンテナー、キュー、テーブル、ファイル共有に直接リンクします (Windows のみ、macOS のサポートは近日公開予定です)Direct links to storage accounts or containers, queues, tables, or file shares for sharing and easily accessing your resources (Windows-only - macOS support coming soon!)
  • CORS ルールを管理および構成する機能Ability to manage and configure CORS rules

修正Fixes

  • 修正: Microsoft アカウントは、8 ~ 12 時間ごとに再認証が必要ですFixed: Microsoft Accounts require re-authentication every 8-12 hours

既知の問題Known Issues

  • UI がフリーズして表示されることがあります。ウィンドウを最大化すると、この問題を解決することができますSometimes the UI might appear frozen - maximizing the window helps resolve this issue
  • macOS のインストールには管理者アクセス許可が必要な場合がありますmacOS install may require elevated permissions
  • サブスクリプションをフィルターするために、資格情報の再入力が必要であることがアカウント設定パネルに表示されることがありますAccount settings panel may show that you need to reenter credentials in order to filter subscriptions
  • ファイル共有、BLOB コンテナー、およびテーブルの名前を変更しても、ファイル共有のクォータ、パブリック アクセス レベル、またはアクセス ポリシーなど、コンテナーのメタデータやその他のプロパティを保持することはありませんRenaming file shares, blob containers, and tables does not preserve metadata or other properties on the container, such as file share quota, public access level or access policies
  • BLOB の名前の変更で (個別または名前を変更する BLOB コンテナーの内部)、スナップショットが保持されません。Renaming blobs (individually or inside a renamed blob container) does not preserve snapshots. BLOB、ファイル、エンティティの他のすべてのプロパティとメタデータは、名前変更の間に保持されます。All other properties and metadata for blobs, files, and entities are preserved during a rename
  • リソースのコピーまたは名前の変更は、SAS がアタッチされたアカウントで機能しませんCopying or renaming resources does not work within SAS-attached accounts

07/07/201607/07/2016

バージョン 0.8.2Version 0.8.2

新規New

  • ストレージ アカウントはサブスクリプションごとにグループ化されます。キーまたは SAS によってアタッチされた開発ストレージとリソースは、(ローカルと接続されている) ノードに表示されますStorage Accounts are grouped by subscriptions; development storage and resources attached via key or SAS are shown under (Local and Attached) node
  • [Azure アカウントの設定] パネルのアカウントからサインアウトしますSign out from accounts in "Azure Account Settings" panel
  • サインインを有効にして管理するように、プロキシ設定を構成しますConfigure proxy settings to enable and manage sign-in
  • BLOB リースの作成と中断Create and break blob leases
  • シングルクリックで、BLOB コンテナー、キュー、テーブル、およびファイルを開きますOpen blob containers, queues, tables, and files with single-click

修正Fixes

  • 修正: .NET または Java ライブラリで挿入されたキュー メッセージは、Base64 から適切にデコードされませんFixed: queue messages inserted with .NET or Java libraries are not properly decoded from base64
  • 修正: $metrics テーブルは、Blob Storage アカウントに表示されませんFixed: $metrics tables are not shown for Blob Storage accounts
  • 修正: テーブル ノードはローカル (開発) ストレージで機能しませんFixed: tables node does not work for local (Development) storage

既知の問題Known Issues

  • macOS のインストールには管理者アクセス許可が必要な場合がありますmacOS install may require elevated permissions

06/15/201606/15/2016

バージョン 0.8.0Version 0.8.0

新規New

  • ファイル共有のサポート: ファイルとディレクトリ、SAS URI (作成および接続) の表示、アップロード、ダウンロード、コピーFile share support: viewing, uploading, downloading, copying files and directories, SAS URIs (create and connect)
  • SAS URI またはアカウント キーでストレージに接続するためのユーザー エクスペリエンスが向上しましたImproved user experience for connecting to Storage with SAS URIs or account keys
  • テーブル クエリの結果をエクスポートしますExport table query results
  • テーブルの列の並べ替えとカスタマイズTable column reordering and customization
  • メトリックスを有効にしたストレージ アカウントの $logs BLOB コンテナーと $metrics テーブルの表示Viewing $logs blob containers and $metrics tables for Storage Accounts with enabled metrics
  • 改善されたエクスポートとインポートの動作にプロパティの値の種類が含まれるようになりましたImproved export and import behavior, now includes property value type

修正Fixes

  • 修正: 大きい BLOB のアップロードまたはダウンロードは、不完全なアップロードまたはダウンロードになりますFixed: uploading or downloading large blobs can result in incomplete uploads/downloads
  • 修正: 数値文字列 ("1") を含むエンティティの編集、追加、またはインポートは、double に変換されますFixed: editing, adding, or importing an entity with a numeric string value ("1") will convert it to double
  • 修正: ローカル開発環境のテーブル ノードを展開できませんFixed: Unable to expand the table node in the local development environment

既知の問題Known Issues

  • $metrics テーブルが、Blob Storage アカウントに表示されません$metrics tables are not visible for Blob Storage accounts
  • Base64 エンコーディングを使用してメッセージがエンコードされている場合、プログラムを使用して追加されたキュー メッセージが正しく表示されない可能性がありますQueue messages added programmatically may not be displayed correctly if the messages are encoded using Base64 encoding

05/17/201605/17/2016

バージョン 0.7.20160509.0Version 0.7.20160509.0

新規New

  • アプリ クラッシュのエラー処理が改善されましたBetter error handling for app crashes

修正Fixes

  • サインインの資格情報が必要なときに、情報バーのメッセージが表示されないバグが修正されましたFixed bug where InfoBar messages sometimes don't show up when sign-in credentials were required

既知の問題Known Issues

  • テーブル: あいまいな数値 ("1"、"1.0" など) を含むプロパティがあるエンティティを追加、編集、またはインポートしている場合、ユーザーは Edm.String としてエンティティを送信しようとし、値は Edm.Double としてクライアント API によって戻されますTables: Adding, editing, or importing an entity that has a property with an ambiguously numeric value, such as "1" or "1.0", and the user tries to send it as an Edm.String, the value will come back through the client API as an Edm.Double

03/31/201603/31/2016

バージョン 0.7.20160325.0Version 0.7.20160325.0

新規New

  • テーブルのサポート: エンティティの表示、クエリ、エクスポート、インポート、および CRUD 操作Table support: viewing, querying, export, import, and CRUD operations for entities
  • キューのサポート: メッセージの表示、追加、デキューQueue support: viewing, adding, dequeueing messages
  • ストレージ アカウントの SAS URI の生成Generating SAS URIs for Storage Accounts
  • SAS URI でストレージ アカウントに接続Connecting to Storage Accounts with SAS URIs
  • ストレージ エクスプローラーへの今後の更新プログラムの通知を更新しますUpdate notifications for future updates to Storage Explorer
  • 外観を更新しましたUpdated look and feel

修正Fixes

  • パフォーマンスと信頼性の向上Performance and reliability improvements

既知の問題 & 軽減策Known Issues & Mitigations

  • 大きい BLOB ファイルのダウンロードは、現在機能しません - Microsoft がこの問題に対処している間は、AzCopy を使用することをお勧めしますDownload of large blob files does not work correctly - we recommend using AzCopy while we address this issue
  • ホーム フォルダーが見つからない、または書き込めない場合に、アカウントの資格情報が取得またはキャッシュされることはありませんAccount credentials will not be retrieved nor cached if the home folder cannot be found or cannot be written to
  • あいまいな数値 ("1"、"1.0" など) を含むプロパティがあるエンティティを追加、編集、またはインポートしている場合は、ユーザーは Edm.String としてエンティティを送信しようとし、値は Edm.Double としてクライアント API によって戻されますIf we are adding, editing, or importing an entity that has a property with an ambiguously numeric value, such as "1" or "1.0", and the user tries to send it as an Edm.String, the value will come back through the client API as an Edm.Double
  • 複数行のレコードを含む CSV ファイルをインポートしていると、データはチョップされたり、スクランブルをかけられる場合がありますWhen importing CSV files with multiline records, the data may get chopped or scrambled

02/03/201602/03/2016

バージョン 0.7.20160129.1Version 0.7.20160129.1

修正Fixes

  • BLOB をアップロード、ダウンロード、コピーするときの全体的なパフォーマンスが改善されましたImproved overall performance when uploading, downloading and copying blobs

01/14/201601/14/2016

バージョン 0.7.20160105.0Version 0.7.20160105.0

新規New

  • Linux Support (OSX へのパリティ機能)Linux support (parity features to OSX)
  • Shared Access Signatures (SAS) キーを持つ BLOB コンテナーを追加しますAdd blob containers with Shared Access Signatures (SAS) key
  • Azure China 21Vianet 用にストレージ アカウントを追加しますAdd Storage Accounts for Azure China 21Vianet
  • カスタム エンドポイントを持つストレージ アカウントを追加しますAdd Storage Accounts with custom endpoints
  • コンテンツ テキストと画像 BLOB を開いて表示しますOpen and view the contents text and picture blobs
  • BLOB のプロパティとメタデータを表示および編集しますView and edit blob properties and metadata

修正Fixes

  • 修正: 大量の BLOB (500 以上) をアップロードまたはダウンロードすると、アプリの画面が白くなることがありますFixed: uploading or download a large number of blobs (500+) may sometimes cause the app to have a white screen
  • 修正: BLOB コンテナーをパブリック アクセス レベルに設定すると、コンテナーのフォーカスをリセットするまで新しい値は更新されません。Fixed: when setting blob container public access level, the new value is not updated until you re-set the focus on the container. また、ダイアログは常に既定の "パブリック アクセスはありません" に設定され、実際の現在の値にはなりません。Also, the dialog always defaults to "No public access", and not the actual current value.
  • キーボードまたはアクセシビリティと UI のサポートが全体的に改善されましたBetter overall keyboard/accessibility and UI support
  • 階層リンクの履歴テキストが空白で長い場合は、折り返されますBreadcrumbs history text wraps when it's long with white space
  • SAS ダイアログでは、入力の検証をサポートしますSAS dialog supports input validation
  • ユーザーの資格情報の期限が切れた場合でも、ローカル ストレージがそのまま有効になりますLocal storage continues to be available even if user credentials have expired
  • 開かれている BLOB コンテナーを削除すると、右側の BLOB エクスプローラーが閉じられますWhen an opened blob container is deleted, the blob explorer on the right side is closed

既知の問題Known Issues

  • Linux のインストールには、更新またはアップグレードされた gcc バージョンが必要です。アップグレードの手順は次のとおりです。Linux install needs gcc version updated or upgraded – steps to upgrade are below:
    • sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
    • sudo apt-get update
    • sudo apt-get upgrade
    • sudo apt-get dist-upgrade

11/18/201511/18/2015

バージョン 0.7.20151116.0Version 0.7.20151116.0

新規New

  • macOS、Windows バージョンmacOS, and Windows versions
  • サインインしてストレージ アカウントを表示します。組織のアカウント、Microsoft アカウント、2FA などを使用します。Sign-in to view your Storage Accounts – use your Org Account, Microsoft Account, 2FA, etc.
  • ローカル開発ストレージ (ストレージ エミュレーターを使用、Windows のみ)Local development storage (use storage emulator, Windows-only)
  • Azure Resource Manager およびクラシック リソースのサポートAzure Resource Manager and Classic resource support
  • BLOB、キュー、またはテーブルを作成および削除しますCreate and delete blobs, queues, or tables
  • 特定の BLOB、キュー、またはテーブルを検索しますSearch for specific blobs, queues, or tables
  • BLOB コンテナーの内容を探索しますExplore the contents of blob containers
  • ディレクトリ内を表示して移動しますView and navigate through directories
  • BLOB とフォルダーをアップロード、ダウンロード、削除しますUpload, download, and delete blobs and folders
  • BLOB のプロパティとメタデータを表示および編集しますView and edit blob properties and metadata
  • SAS キーを生成しますGenerate SAS keys
  • 保存されているアクセス ポリシー (SAP) を管理および作成しますManage and create Stored Access Policies (SAP)
  • プレフィックスで BLOB を検索しますSearch for blobs by prefix
  • ドラッグ アンド ドロップでファイルをアップロードまたはダウンロードしますDrag 'n drop files to upload or download

既知の問題Known Issues

  • BLOB コンテナーをパブリック アクセス レベルに設定すると、コンテナーのフォーカスをリセットするまで新しい値は更新されませんWhen setting blob container public access level, the new value is not updated until you re-set the focus on the container
  • ダイアログを開いてパブリック アクセス レベルを設定した場合、常に既定の "パブリック アクセスはありません" と表示され、実際の現在の値ではありませんWhen you open the dialog to set the public access level, it always shows "No public access" as the default, and not the actual current value
  • ダウンロードされた BLOB の名前を変更できませんCannot rename downloaded blobs
  • エラーが発生したときに、アクティビティ ログ エントリで進行中の状態に "スタック" を受け取ることがあり、そのエラーは表示されませんActivity log entries will sometimes get "stuck" in an in progress state when an error occurs, and the error is not displayed
  • 大量の BLOB をアップロードまたはダウンロードしようとすると、クラッシュしたり、完全に白くなったりする場合がありますSometimes crashes or turns completely white when trying to upload or download a large number of blobs
  • コピー操作のキャンセルが機能しない場合がありますSometimes canceling a copy operation does not work
  • コンテナー (BLOB、キュー、テーブル) の作成中に、無効な名前を入力して、別のコンテナーの種類でもう 1 つ作成を続行した場合は、新しい種類にフォーカスを設定することはできませんDuring creating a container (blob/queue/table), if you input an invalid name and proceed to create another under a different container type you cannot set focus on the new type
  • 新しいフォルダーの作成またはフォルダーの名前の変更を行うことができませんCan't create new folder or rename folder