Azure Web アプリケーション ファイアウォールとは

Web アプリケーション ファイアウォール (WAF) では、一般的な悪用や脆弱性から Web アプリケーションを一元的に保護します。 Web アプリケーションが、一般的な既知の脆弱性を悪用した悪意のある攻撃の標的になるケースが増えています。 よくある攻撃の例として、SQL インジェクションやクロスサイト スクリプティングが挙げられます。

WAF overview

アプリケーション コードでのこのような攻撃の阻止は困難です。 アプリケーション トポロジの複数の層で厳格な保守、パッチ適用、監視が必要になる場合があります。 Web アプリケーション ファイアウォールを一元化することで、セキュリティの管理がはるかに簡単になります。 また、WAF を使用すると、アプリケーション管理者にとっては脅威や侵入に対する保護がより確実になります。

WAF のソリューションでは、個々の Web アプリケーションをセキュリティで保護するのではなく、一元的に既知の脆弱性の修正プログラムを適用することで、さらに迅速にセキュリティの脅威に対応できます。

サポートされるサービス

WAF は Microsoft の Azure Application Gateway、Azure Front Door、Azure Content Delivery Network (CDN) サービスでデプロイすることができます。 Azure CDN の WAF は現在、パブリック プレビューの段階にあります。 WAF には、特定のサービスごとにカスタマイズされた機能があります。 各サービスの WAF 機能の詳細については、各サービスの概要に関するトピックを参照してください。

次の手順