MSDTC を使用した問題のトラブルシューティングTroubleshooting Problems with MSDTC

多くの BizTalk Server ランタイム操作では、トランザクション上でランタイム操作の一貫性を維持するために、Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (MSDTC) のサポートが必要です。Most BizTalk Server runtime operations require Microsoft Distributed Transaction Coordinator (MSDTC) support to ensure that the operations are transactionally consistent. MSDTC のトランザクション サポートを使用できないと、それに関連付けられた BizTalk Server ランタイム操作を続行できません。If MSDTC transaction support is not available, then the associated BizTalk Server runtime operations cannot proceed. MSDTC トランザクション サポートが正しく構成されていない場合に一般的に影響を受ける BizTalk のコンポーネントには、シングル サインオン サービス、BizTalk ホスト インスタンス、および BizTalk Server に接続されているすべての SQL Server のインスタンスが含まれますが、これに限定されません。The components of BizTalk that are commonly affected when MSDTC transaction support is not configured correctly include (but are not limited to) the Single Sign-On Service, BizTalk host instances, and any SQL Server instances that are connected to by BizTalk Server. このセクションには、MSDTC に関連するエラーと、MSDTC の問題を診断および解決するために従う手順について説明する情報が含まれています。This section contains information that describes MSDTC related errors and steps that can be followed to diagnose and resolve problems with MSDTC.

MSDTC トランザクション サポートが正しく構成されていない場合に発生する可能性があるエラーErrors that can occur if MSDTC transaction support is not configured correctly

BizTalk 環境のコンピューターで MSDTC トランザクション サポートが正しく構成されていない場合、BizTalk Server で次のようなエラーが発生する可能性があります。Errors similar to the following may occur on BizTalk Server when MSDTC transaction support is not configured correctly on the computers in a BizTalk environment:

  • "A Microsoft Distributed Transaction Coordinator problem prevented connection to the Configuration database."A Microsoft Distributed Transaction Coordinator problem prevented connection to the Configuration database. The transaction manager has disabled its support for remote/network transactions."The transaction manager has disabled its support for remote/network transactions".

  • "A Microsoft Distributed Transaction Coordinator problem prevented connection to the Configuration database."A Microsoft Distributed Transaction Coordinator problem prevented connection to the Configuration database. The transaction has already been implicitly or explicitly committed or aborted".The transaction has already been implicitly or explicitly committed or aborted".

  • "エラー コード。0x8004d00a、新しいトランザクションに参加できません the specified transaction coordinator"。"Error Code: 0x8004d00a, New transaction cannot enlist in the specified transaction coordinator".

  • "構成ストアからの受信場所 'MySample ReceiveLocation' に対して、トランスポートの種類のデータを取得できませんでした。"Could not retrieve transport type data for Receive Location 'MySample ReceiveLocation' from config store. プライマリ SSO サーバー 'MyServer' が失敗しました。Primary SSO Server 'MyServer' failed. The RPC server is unavailable."The RPC server is unavailable".

  • "エラー コード。0x8004d025, the partner transaction manager が無効になっているリモート/ネットワーク トランザクションのサポート"。"Error Code: 0x8004d025, The partner transaction manager has disabled its support for remote/network transactions".

  • "エラー コード。0xc0002a24、DTC トランザクションをインポートできませんでした。"Error Code: 0xc0002a24, Could not import a DTC transaction. Please check that MSDTC is configured correctly for remote operation."Please check that MSDTC is configured correctly for remote operation".

  • "0x8004d01c"0x8004d01c

    [0x1705] 内部作業項目の作成時にエラーが発生しました。[0x1705] There was a failure creating the internal work item.

    SQL Server が実行されているか確認してください。"Make sure that SQL Server is running."

    MSDTC の構成エラーを解決するには、次の手順に従います。To resolve MSDTC configuration errors, follow the steps below.

BizTalk Server とリモート サーバーの間で NetBIOS 名前解決が正常に行われたことを確認するEnsure NetBIOS name resolution between the BizTalk Server and remote servers is successful

コンピューター間で MSDTC トランザクションを正常に実行するには、クライアント コンピューターでサーバー コンピューターの NetBIOS 名を正しい IP アドレスに解決できること、およびサーバー コンピューターでクライアント コンピューターの NetBIOS 名を正しい IP アドレスに解決できることが必要です。Successful MSDTC transactions between computers require that the client computer is able to resolve the NetBIOS name of the server computer to the correct IP address and the server computer is able to resolve the NetBIOS name of the client computer to the correct IP address. 双方向 (クライアントからサーバーに対して、およびサーバーからクライアントに対して) で NetBIOS 名前解決が機能することを確認するには、次の手順を実行します。To verify that NetBIOS name resolution works in both directions (client to server and server to client) follow these steps:

注意

NetBIOS 名と呼ばれることもよく、ネットワーク名。The NetBIOS name is also commonly referred to as the Network name.

  1. 各コンピューターの NetBIOS 名を特定します。Determine the NetBIOS name of each computer:

    1. 右クリックマイ コンピューターを表示する、システム プロパティダイアログをクリックして、コンピューター名 タブを表示する、フル コンピューター名、コンピューターに割り当てられます。Right-click My Computer to display the System Properties dialog and click the Computer Name tab to view the Full computer name assigned to the computer.

    2. NetBIOS 名として指定した名前の最初の部分、フル コンピューター名たとえば場合、フル コンピューター名が myserver.company.domain.com、しの NetBIOS 名として表示されて、コンピューターがmyserverします。The NetBIOS name is the first portion of the name designated as the Full computer name so for example if the Full computer name is listed as myserver.company.domain.com, then the NetBIOS name of the computer is myserver.

  2. 次のようにして、IP アドレスまたは各コンピューターに関連付けられたアドレスを特定します。Determine the IP Address or addresses that are associated with each computer:

    1. クライアント コンピューターでコマンド プロンプトを起動して次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。Launch a command prompt on the client computer, type the following command, and then press ENTER:

      ipconfig /all  
      
    2. IP アドレスまたはコンピューターに関連付けられたアドレスがコマンド プロンプト ウィンドウに表示されます。The IP address or addresses associated with the client computer are listed in the command prompt window.

    3. サーバー コンピューターでコマンド プロンプトを起動して次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。Launch a command prompt on the server computer, type the following command, and then press ENTER:

      ipconfig /all  
      
    4. IP アドレスまたはサーバー コンピューターに関連付けられたアドレスがコマンド プロンプト ウィンドウに表示されます。The IP address or addresses associated with the server computer are listed in the command prompt window.

  3. 各コンピューターの NetBIOS 名が、コンピューターに関連付けられている IP アドレスのいずれかに解決されることを確認します。Verify that the NetBIOS name of each computer is resolved to one of the IP addresses associated with the computer:

    1. クライアント コンピューターでコマンド プロンプトを起動して次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。Launch a command prompt on the client computer, type the following command, and then press ENTER:

      ping <NetBIOS name of server computer>  
      

      ping コマンドの結果として、サーバー コンピューターに関連付けられた IP アドレスが返されます。The results of the ping command should return an IP address associated with the server computer.

    2. サーバー コンピューターでコマンド プロンプトを起動して次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。Launch a command prompt on the server computer, type the following command, and then press ENTER:

      ping <NetBIOS name of client computer>  
      

      ping コマンドの結果として、クライアント コンピューターに関連付けられた IP アドレスが返されます。The results of the ping command should return an IP address associated with the client computer.

  4. 各コンピューターの NetBIOS 名に関連付けられている IP アドレスの逆引き名前参照が正しいコンピューター名に解決されることを確認します。Verify that reverse name lookup of the IP address associated with the NetBIOS name on each computer resolves to the correct computer name.

    1. クライアント コンピューターでコマンド プロンプトを起動して次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。Launch a command prompt on the client computer, type the following command, and then press ENTER:

      ping -a <IP Address associated with client computer NetBIOS name>  
      

      ping コマンドの結果として、NetBIOS 名または手順 3a. で使用した NetBIOS 名に対応する完全修飾ドメイン名が返されます。The results of the ping command should return a NetBIOS name or fully qualified domain name that corresponds to the NetBIOS name that was used in step 3a. 返された名前が手順 3a. で使用した NetBIOS 名に一致しないか対応しない場合は、IP アドレスの逆引き参照は失敗し、その結果、MSDTC トランザクションがエラーになります。If the name returned does not match or correspond to the NetBIOS name used in step 3a then IP address reverse lookup will fail which can cause MSDTC transactions to fail.

    2. サーバー コンピューターでコマンド プロンプトを起動して次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。Launch a command prompt on the server computer, type the following command, and then press ENTER:

      ping -a <IP Address associated with server computer NetBIOS name>  
      

      ping コマンドの結果として、NetBIOS 名または手順 3b. で使用した NetBIOS 名に対応する完全修飾ドメイン名が返されます。The results of the ping command should return a NetBIOS name or fully qualified domain name that corresponds to the NetBIOS name that was used in step 3b. 返された名前が手順 3b. で使用した NetBIOS 名に一致しないか対応しない場合は、IP アドレスの逆引き参照は失敗し、その結果、MSDTC トランザクションがエラーになります。If the name returned does not match or correspond to the NetBIOS name used in step 3b then IP address reverse lookup will fail which can cause MSDTC transactions to fail.

    NetBIOS 名前解決がいずれかの方向で失敗するか、逆引き名前参照が失敗する場合、DNS サーバー、NetBIOS ネーム サーバー、HOSTS ファイル、または LMHOSTS ファイルに適切なエントリを作成して問題を解決します。If NetBIOS name resolution is not successful in either direction or if reverse name lookup fails then make the appropriate entries in the DNS server, NetBIOS name server, HOSTS file, or LMHOSTS file to correct the problem.

注意

コンピューターで使用される名前解決の方法は、コンピューターの NetBIOS ノードの型によって異なります。The method of name resolution used by the computer varies depending on the NetBIOS node type of the computer. NetBIOS ノードの種類の詳細については、次を参照してください。 NetBIOS 名前解決します。For more information about NetBIOS node types, see NetBIOS Name Resolution.

BizTalk Server とリモート サーバー間のファイアウォールによって、RPC 動的ポート割り当てに必要なポートがブロックされていないことを確認するEnsure that a firewall between the BizTalk Server and remote servers is not blocking ports required for RPC dynamic port allocation

ネットワーク経由の MSDTC 機能は、ネットワーク経由の RPC 機能に依存します。MSDTC functionality over the network depends upon RPC functionality over the network. ファイアウォールを介した RPC 機能では、RPC の動的ポート割り当てに対応するために特定のポートが開かれていることが必要です。RPC functionality through a firewall requires that specific ports are open to accommodate RPC dynamic port allocation. ファイアウォールが BizTalk Server とリモート サーバーの間にある場合は、次の手順では、ファイアウォールで動作する RPC 動的ポート割り当てを構成する方法RPC 動的ポート割り当てに対応するためにします。If a firewall is in place between the BizTalk Server and remote servers, follow the steps in How to configure RPC dynamic port allocation to work with firewalls to accommodate RPC dynamic port allocation.

適切な MSDTC セキュリティ構成オプションの設定Set the appropriate MSDTC Security Configuration options

Windows のセキュリティ強化により、ネットワーク経由での MSDTC へのアクセス方法を制御できるようになりました。Windows provides security enhancements that govern how MSDTC is accessed over a network. MSDTC のセキュリティ設定を変更することにより、MSDTC とリモート コンピューター間のネットワーク経由の通信を制御できます。By modifying the MSDTC security settings, you control how MSDTC communicates with remote computers over the network. 次の表に、MSDTC のセキュリティ設定の構成時に使用できるオプションの推奨値を示します。This table lists the recommended values for the options that are available when configuring MSDTC security settings:

構成オプションConfiguration Option 既定値Default Value 推奨値Recommended Value
ネットワーク DTC アクセスNetwork DTC Access DisabledDisabled 有効Enabled
クライアントと管理Client and Administration
リモート クライアントを許可するAllow Remote Clients DisabledDisabled DisabledDisabled
リモート管理を許可するAllow Remote Administration DisabledDisabled DisabledDisabled
トランザクション マネージャー通信Transaction Manager Communication
受信を許可するAllow Inbound DisabledDisabled 有効Enabled
送信を許可するAllow Outbound DisabledDisabled 有効Enabled
相互認証を必要とするMutual Authentication Required 有効Enabled すべてのリモート コンピューターで Windows Server 2003 SP1 または Windows XP SP2 以降が実行され、"相互認証を必要とする" を指定して構成されている場合は有効Enabled if all remote machines are running Windows Server 2003 SP1 or Windows XP SP2 or higher, and are configured with “Mutual Authentication Required”.
着信呼び出し側には認証を必要とするIncoming Caller Authentication Required DisabledDisabled クラスター上で MSDTC を実行している場合は、有効Enabled if running MSDTC on cluster.
認証を必要としないNo Authentication Required DisabledDisabled リモート コンピューターで Windows Server 2003 SP1 または XP SP2 より前の OS を実行している場合は、有効Enabled if remote machines are pre-Windows Server 2003 SP1 or pre- Windows XP SP2.
トランザクション インターネット プロトコル (TIP) を有効にするEnable TIP DisabledDisabled BAM ポータルを実行している場合に有効になります。Enabled if running the BAM Portal.
XA トランザクションを有効にするEnable XA Transactions DisabledDisabled MQSeries アダプターを使用して IBM WebSphere MQ と通信する場合など、XA ベースのトランザクション システムと通信する場合に有効になります。Enabled if communicating with an XA based transactional system such as when communicating with IBM WebSphere MQ using the MQSeries adapter.

これらの変更を適用した後で、MSDTC サービスが再起動されます。After applying these changes, the MSDTC service will be restarted.

MSDTC セキュリティ構成オプションにアクセスするには、次の手順を実行します。To access the MSDTC security configuration options follow these steps:

  1. をクリックして開始、 をクリックして実行、および種類dcomcnfgを起動する、コンポーネント サービス管理コンソール。Click Start, click Run, and type dcomcnfg to launch the Component ServicesManagement console.

  2. クリックして展開コンポーネント サービスをクリックして展開コンピューターします。Click to expand Component Services and click to expand Computers.

  3. クリックして展開マイ コンピューターをクリックして展開分散トランザクション コーディネーター、右クリックしてローカル DTC、 をクリックプロパティ.Click to expand My Computer, click to expand Distributed Transaction Coordinator, right-click Local DTC, and click Properties.

  4. をクリックして、セキュリティのタブ、ローカル DTC のプロパティダイアログ。Click the Security tab of the Local DTC Properties dialog.

注意

変更内容によっては、変更を反映するためにコンピューターの再起動が必要となる場合があります。Depending on the changes that were made, you may need to reboot the computer to enact the changes. 変更を適用して MSDTC サービスを再起動しても問題が解消しない場合は、変更を行ったコンピューターを再起動して、確実に変更が有効になるようにします。If you are still encountering problems after applying changes and restarting the MSDTC service, reboot the computer on which the changes were made to ensure that the changes take effect.

どちらの場合、相互認証を必要または着信呼び出し側の認証の必要構成オプションが有効にし、クライアント コンピューターのアカウントを付与する必要があります、 ネットワークからこのコンピューターにアクセスユーザー権限。If either the Mutual Authentication Required or the Incoming Caller Authentication Required configuration options are enabled then the client(s) computer account must be granted the Access this computer from the network user right. クライアント コンピューターのコンピューター アカウントが付与されていないかどうか、ネットワークからこのコンピューターにアクセスユーザー権利に含まれているか、ネットワークからこのコンピューターへのアクセスを拒否ユーザー権利を DTCクライアントとサーバーのコンピューター間の通信は失敗します。If the computer account for a client computer is not granted the Access this computer from the network user right, or is included in the Deny access to this computer from the network user right, then DTC communication between the client and server computer will fail.

既定の設定は、Everyone グループに与えるには、ネットワークからこのコンピューターにアクセスユーザー権限。The default setting is to grant the Everyone group the Access this computer from the network user right. したがって、既定の設定が変更されていない限り、このユーザー権限を変更する必要はありません。Therefore this user right will not need to be changed unless the default setting has been modified. 場合、認証を必要としない構成オプションが有効になっている、ネットワークからこのコンピューターにアクセスユーザー権利は、クライアント コンピューターのアカウントには適用されません。If the No Authentication Required configuration option is enabled then the Access this computer from the network user right does not apply to the client(s) computer account.

"ネットワーク経由でコンピューターへアクセス" ユーザー権限を付与されるユーザーまたはグループを変更するには、次の手順を実行します。To change the users or groups that are granted the "Access this computer from the network" user right, follow these steps:

  1. をクリックして開始、 をクリックして実行、型Gpedit.msc、順にクリックしますOKClick Start, click Run, type Gpedit.msc, and then click OK.

  2. ローカル コンピューターのポリシー一覧で次の項目を展開します。Expand the following items in the Local Computer Policy list:

    • コンピューターの構成Computer Configuration

    • Windows の設定Windows Settings

    • セキュリティ設定Security Settings

    • ローカル ポリシーLocal Policies

  3. クリックしてユーザー権利の割り当てします。Click User Rights Assignment.

  4. ダブルクリックネットワークからこのコンピューターにアクセス、順にクリックします追加のユーザーまたはグループします。Double-click Access this computer from the network, and then click Add User or Group.

  5. をクリックしてオブジェクトの種類を選択しますコンピューター をクリックOKします。Click Object Types, select Computers and click OK.

  6. コンピューター名またはグループ名の追加、を選択するオブジェクト名の入力領域。Add the computer name or the group name in the Enter the object names to select area.

  7. クリックして名前の確認をエントリを確認します。Click Check Names to verify the entry.

  8. [OK] を 2 回クリックします。Click OK twice.

    ユーザーまたはグループに含まれている変更をネットワークからこのコンピューターへのアクセスを拒否ユーザー権利をこれらの手順に従います。To change the users or groups that are included in the Deny access to this computer from the network user right, follow these steps:

  9. ローカル コンピューターのポリシー一覧で次の項目を展開します。Expand the following items in the Local Computer Policy list:

    • コンピューターの構成Computer Configuration

    • Windows の設定Windows Settings

    • セキュリティ設定Security Settings

    • ローカル ポリシーLocal Policies

  10. クリックしてユーザー権利の割り当てします。Click User Rights Assignment.

  11. ダブルクリックこのコンピューターをネットワークからのアクセスを拒否コンピューター名またはこのユーザー権限から削除するグループを選択する順にクリックします。Double-click Deny access this computer from the network, and then click to select the computer name or group that you want to remove from this user right.

  12. クリックして削除順にクリックしますOKします。Click Remove and then click OK.

EnableAuthEpResolution オプションと RestrictRemoteClients オプションに、適切な値を設定します。Set the appropriate values for the EnableAuthEpResolution and RestrictRemoteClients options

Windows のセキュリティ強化により、RPC インターフェイスへは必ず認証された呼び出しを行う必要があります。Windows enhances security by requiring authenticated calls to the RPC interface. この機能を使用して構成できますが、 EnableAuthEpResolutionRestrictRemoteClientsレジストリ キー。This functionality is configurable through the EnableAuthEpResolution and RestrictRemoteClients registry keys. リモート コンピューターが RPC インターフェイスにアクセスできるように、次の手順を実行します。To ensure that remote computers are able to access the RPC interface, follow these steps:

警告

レジストリ エディターの不適切な使用により問題が発生し、オペレーティング システムの再インストールが必要となることがあります。Incorrect use of Registry Editor may cause problems requiring you to reinstall your operating system. レジストリ エディターは、ご自身の責任で使用してください。Use Registry Editor at your own risk. バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細についてで、マイクロソフト サポート技術情報記事「Microsoft Windows レジストリの説明」を参照してMicrosoft Windows レジストリの説明します。For more information about how to back up, restore, and modify the registry, see the Microsoft Knowledge Base article "Description of the Microsoft Windows registry" at Description of the Microsoft Windows registry.

  1. をクリックして開始、 をクリックして実行、型regedit.exe、順にクリックしますokレジストリ エディターを起動します。Click Start, click Run, type regedit.exe, and then click OK to start Registry Editor.

    移動します**\software\policies\microsoft\windows NT**Navigate to HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows NT

  2. で、 RPCキーの値を持つ、次の DWORD エントリを作成します。Under the RPC key, create the following DWORD entries with the indicated values. 場合、 RPCキーが存在しないし、作成する必要があります。If the RPC key does not exist then it must be created.

    DWORD エントリDWORD entry 既定値Default value 推奨値Recommended value
    EnableAuthEpResolutionEnableAuthEpResolution 0 (無効)0 (disabled) 11
    RestrictRemoteClientsRestrictRemoteClients 1 (有効)1 (enabled) 00
  3. レジストリ エディターを閉じます。Close Registry Editor.

  4. MSDTC サービスを再起動します。Restart the MSDTC Service.

注意

変更内容によっては、変更を反映するためにコンピューターの再起動が必要となる場合があります。Depending on the changes that were made, you may need to reboot the computer to enact the changes. 変更を適用して MSDTC サービスを再起動しても問題が解消しない場合は、変更を行ったコンピューターを再起動して、確実に変更が有効になるようにします。If you are still encountering problems after applying changes and restarting the MSDTC service, reboot the computer on which the changes were made to ensure that the changes take effect.

Windows ファイアウォールが実行中の場合は、MSDTC サービスの例外を追加します。If Windows Firewall is running, add an exception for the MSDTC service

Windows ファイアウォール サービスが、コンピューター間の MSDTC 通信をブロックする場合があります。The Windows Firewall service may block MSDTC communications between computers. Windows ファイアウォールが稼働している場合にコンピューター間で MSDTC 通信がブロックされないようにするには、Windows ファイアウォールの例外リストに msdtc.exe を追加します。To ensure that MSDTC communications are not blocked between computers, add msdtc.exe to the Windows Firewall exception list if the Windows Firewall service is running.

  1. をクリックして開始、 をクリックして実行、型firewall.cpl、順にクリックしますOKを表示する、 Windows ファイアウォール ダイアログ ボックス。Click Start, click Run, type firewall.cpl, and then click OK to display the Windows Firewall dialog box.

  2. クリックしてWindows ファイアウォールによるプログラムの許可を表示する、 Windows ファイアウォールの設定 ダイアログ ボックス。Click Allow a program through the Windows Firewall to display the Windows Firewall Settings dialog box.

  3. をクリックして、例外のタブ、 Windows ファイアウォールの設定 ダイアログ ボックス。Click the Exceptions tab of the Windows Firewall Settings dialog box.

  4. クリックしてプログラムの追加を表示する、プログラムの追加 ダイアログ ボックス。Click Add Program to display the Add a Program dialog box.

  5. クリックして参照に移動します %system32\msdtc.exe します。Click Browse and navigate to %system32% \msdtc.exe.

    注意

    コマンド プロンプト ウィンドウで「を起動echo system32% キーを押しますEnterこのコンピューター上の \System32 ディレクトリの場所を特定します。Launch a command prompt, type echo %system32% and press Enter to determine the location of the \System32 directory on this computer.

  6. クリックして選択msdtc.exeクリックオープンClick to select msdtc.exe and click Open.

  7. をクリックしてスコープを変更するmsdtc 通信を許可し、をクリックして、コンピューターのセットを指定するOKします。Click Change scope to specify the set of computers for which MSDTC communications should be allowed and click OK.

  8. をクリックしてOKで、プログラムの追加 ダイアログ ボックスをクリックしますokで、 Windows ファイアウォールの設定 ダイアログ ボックス。Click OK in the Add a Program dialog box and click OK in the Windows Firewall Settings dialog box.

  9. 閉じる、 Windows ファイアウォール ダイアログ ボックス。Close the Windows Firewall dialog box.

  10. 分散トランザクション コーディネーター サービスを停止して再起動します。Stop and restart the Distributed Transaction Coordinator service.

    • コマンド プロンプト ウィンドウで「を起動net stop msdtcキーを押しますEnterします。Launch a command prompt, type net stop msdtc and press Enter.

    • 分散トランザクション コーディネーター サービスが停止後に「 msdtc を開始する netキーを押します 」と入力します。After the Distributed Transaction Coordinator service has stopped, type net start msdtc and press Enter.

DTCTester または DTCPing を使用して、ネットワーク上で MSDTC 機能を確認するUse DTCTester or DTCPing to verify MSDTC functionality over the network

2 台のコンピューターのうちの 1 台に SQL Server がインストールされている場合は、DTCTester ユーティリティを使用してそれらのコンピューター間のトランザクション サポートを確認します。Use the DTCTester utility to verify transaction support between two computers if SQL Server is installed on one of the computers. DTCTester ユーティリティでは、ODBC を使用して SQL Server データベースのトランザクション サポートを確認します。The DTCTester utility uses ODBC to verify transaction support against a SQL Server database. DTCTester の詳細については、次を参照してください。 DTCTester ツールの使用方法します。For more information about DTCTester see How to Use DTCTester Tool.

2 台のコンピューターのどちらにも SQL Server がインストールされていない場合は、DTCPing を使用してそれらのコンピューター間のトランザクション サポートを確認します。Use DTCPing to verify transaction support between two computers if SQL Server is not installed on either computer. DTCPing ツールは、クライアント コンピューターとサーバー コンピューターの両方で実行する必要があります。いずれのコンピューターにも SQL Server がインストールされていない場合は、DTCTester ユーティリティの適切な代替手段になります。The DTCPing tool must be run on both the client and server computer and is a good alternative to the DTCTester utility when SQL Server is not installed on either computer. DTCPing の詳細については、次を参照してください。 MS DTC ファイアウォールの問題のトラブルシューティングを行う方法します。For more information about DTCPing, see How to troubleshoot MS DTC firewall issues.

重要

DTCPing には、警告が返された場合を"警告: テストの両方のコンピューターの CID 値が同じ"し、セクションの手順に従いますMSDTC に一意の CID 値が割り当てられていることを確認対応の間で MSDTC が正しく機能するためにテスト マシン。If DTCPing returns the warning that “WARNING:the CID values for both test machines are the same” then follow the steps in the section Ensure that MSDTC is assigned a unique CID value to accommodate proper MSDTC functionality between the test machines.

MSDTC に一意の CID 値が割り当てられていることを確認するEnsure that MSDTC is assigned a unique CID value

Windows オペレーティング システムの MSDTC 機能がコンピューター間で正しく動作するには、一意の CID 値が必要です。The MSDTC feature of the Windows operating system requires unique CID values to ensure that MSDTC functionality between computers works correctly. Windows インストールのディスクの重複イメージには一意の CID 値が必要です。この値がないと、MSDTC 機能が損なわれる可能性があります。Disk duplicate images of Windows installations must have unique CID values or MSDTC functionality may be impaired. この状況は、仮想ハード ディスクを使用して仮想マシンにオペレーティング システムを配置した場合に発生します。This can occur when using virtual hard disks to deploy an operating system to a virtual machine.

Windows オペレーティング システムを実行しているコンピューターの MSDTC CID 値が一意かどうかを判定するには、両方のコンピューター上で、HKEY_CLASSES_ROOT\CID レジストリ キーの下のエントリの値を調べます。To determine if MSDTC CID values for computers that are running the Windows operating system are unique, check the values for the entries under the HKEY_CLASSES_ROOT\CID registry key on both computers. これらの値が各コンピューターに対して一意でない場合、セクションの手順に従ってください他のトラブルシューティングの手順に失敗した場合は、分散トランザクション コーディネーター サービスを再インストールを検討してくださいを 1 つで MSDTC を再インストールするには。でコンピューターがそのコンピューターの一意の MSDTC CID 値を生成し、適切な MSDTC 操作に対応します。If these values are not unique for each computer then follow the steps in the section Consider reinstalling the Distributed Transaction Coordinator service if other troubleshooting steps are not successful to reinstall MSDTC on one of the computers, which will then generate unique MSDTC CID values for that computer and accommodate proper MSDTC operations.

"New transaction cannot enlist in the specified transaction coordinator (0x8004d00a)" というエラーの発生 (クライアント コンピューターとサーバー コンピューターの間の MSDTC 接続が閉じられた場合)Error “New transaction cannot enlist in the specified transaction coordinator (0x8004d00a)” occurs if the MSDTC connection between a client computer and a server computer is closed

特定のシナリオでは、クライアントとサーバー間の既存の MSDTC 接続が閉じられると、後続のこの接続を使用すると、次のエラー メッセージ。In certain scenarios, it is possible that an existing MSDTC connection between a client and server is closed and subsequent attempts to use this connection will result in the following error message:
新しいトランザクションが、指定されたトランザクション コーディネーター (0x8004d00a) に参加できませんでした。New transaction cannot enlist in the specified transaction coordinator (0x8004d00a)
詳細については、次を参照してください。 MS DTC でトランザクションを開始しようとすると、エラー メッセージ。"新しい transaction cannot enlist in the specified transaction coordinator"します。For more information, see Error message when you try to start a transaction in MS DTC: "New transaction cannot enlist in the specified transaction coordinator".

その他のトラブルシューティングの手順が正常に実行されない場合は、分散トランザクション コーディネーター サービスの再インストールを検討してください。Consider reinstalling the Distributed Transaction Coordinator service if other troubleshooting steps are not successful

MSDTC を使用したトラブルシューティングで問題が解決されなかった場合は、MSDTC のアンインストールおよび再インストールを検討してください。If other attempts at troubleshooting problems with MSDTC are not successful consider uninstalling and reinstalling MSDTC. MSDTC のアンインストールおよび再インストールを行うには、次の手順に従います。Follow these steps to uninstall and reinstall MSDTC:

  1. 管理者としてコマンド プロンプトを開きます。Open a command prompt as Administrator.

  2. コマンド プロンプトで、分散トランザクション コーディネーター サービスをアンインストールするには、次を入力します。At the command prompt, type the following to uninstall the Distributed Transaction Coordinator service:
    msdtc -uninstall

  3. コマンド プロンプトで、分散トランザクション コーディネーター サービスをインストールするのには、次を入力します。At the command prompt, type the following to install the Distributed Transaction Coordinator service:
    msdtc –install

重要

MSDTC を再インストールすると、分散トランザクション コーディネーター サービスの既定の動作が変更する可能性があります。Reinstalling MSDTC may change the default behavior of the Distributed Transaction Coordinator service. MSDTC の再インストール後に、以下の手順に従って、分散トランザクション コーディネーター サービスが正しく動作することを確認してください。Follow these steps after reinstalling MSDTC to ensure that the Distributed Transaction Coordinator service works correctly:

  • MSDTC を再インストールすると、MSDTC セキュリティ構成オプションが既定値にリセットされることがあります。Reinstalling MSDTC may reset MSDTC Security Configuration options back to default values. MSDTC の再インストール後に、MSDTC セキュリティ構成オプションが適切な値に設定されていることを確認してください。Verify that the MSDTC Security Configuration options are set to the appropriate values after reinstalling MSDTC.
    • MSDTC の再インストールを変更することがあります、スタートアップの種類分散トランザクション コーディネーター サービスの値。Reinstalling MSDTC may change the Startup Type value for the Distributed Transaction Coordinator service. いることを確認、スタートアップの種類値に設定されている分散トランザクション コーディネーター サービスの自動MSDTC を再インストール後にします。Verify that the Startup Type value for the Distributed Transaction Coordinator service is set to Automatic after reinstalling MSDTC.
    • MSDTC を再インストールするには、コンピューターを再起動する必要がある場合があります。Reinstalling MSDTC may require a reboot of the computer. 分散トランザクション コーディネーター サービスを正しく動作させるには、MSDTC の再インストール後にコンピューターを再起動してください。To ensure that the Distributed Transaction Coordinator service works correctly, reboot the computer after reinstalling MSDTC.

参照See Also

トラブルシューティングで使用するツールとユーティリティ Tools and Utilities to Use for Troubleshooting
Windows Server クラスターのトラブルシューティングTroubleshooting a Windows Server Cluster