BizTalk Server 2016 の新機能新機能What's New in BizTalk Server 2016

最新情報についてBizTalk Server 2016BizTalk Server 2016します。Read about what's new in BizTalk Server 2016BizTalk Server 2016.

BizTalk Server 2016 の新機能New in BizTalk Server 2016

機能Feature 説明Description
新しいプラットフォームのサポートSupport for newer platforms BizTalk Server 2016BizTalk Server 2016 次の Microsoft プラットフォームのサポートを追加します。adds support for the following Microsoft platforms:

- Visual Studio 2015- Visual Studio 2015
- Windows Server 2016- Windows Server 2016
- SQL Server 2016SQL Server 2016
Office 2016- Office 2016

BizTalk Server 2016 のハードウェア/ソフトウェア要件Hardware and Software Requirements for BizTalk Server 2016
3 用 feature PackFeature Pack 3 電子メール、予定表、連絡先を使用する Office 365 のアダプターが含まれています。Includes Office 365 adapters to work with Email, Calendar and Contacts.

Feature pack をインストールします。Install the feature pack
含まれているし、その機能の構成を参照してください。See what's included, and configure its features
Feature Pack 2Feature Pack 2 機能強化には、Azure Event Hubs アダプターを Azure blob ストレージ アカウント、Service Bus のパーティションをサポートするバックアップを API Management では、との統合が含まれます。Improvements include closer integration with API Management, an Azure Event Hubs adapter, backup to Azure blob storage account, support for Service Bus partitions, and more.

Feature pack をインストールします。Install the feature pack
含まれているし、その機能の構成を参照してください。See what's included, and configure its features
Feature Pack 1Feature Pack 1 VSTS、Azure Application Insights を Power BI では、追跡データの送信を使用して自動展開のスケジュール設定を高度なサポートが含まれていますのオプションを受信場所、および詳細。Includes support for automatic deployment using VSTS, send tracking data to Azure Application Insights and Power BI, advanced scheduling options on receive locations, and more.

Feature pack をインストールします。Install the feature pack
含まれているし、その機能の構成を参照してください。See what's included, and configure its features
SQL Server 2016SQL Server 2016 AlwaysOn 可用性グループAlwaysOn Availability Groups サポートが含まれます。Support includes:

-オンプレミスを使用し、 Microsoft AzureMicrosoft Azure IaaS 仮想マシン- Using on-premises and in Microsoft AzureMicrosoft Azure IaaS virtual machines
-運用環境のワークロードを使用します。- Using for production workloads
-での高可用性 (HA) ソリューションを提供します。 Microsoft AzureMicrosoft Azure- Provides a high available (HA) solution in Microsoft AzureMicrosoft Azure

SQL Server AlwaysOn を使用して高可用性High Availability using SQL Server AlwaysOn

参照してくださいalways On AG での分散トランザクションは、SQL に固有の要件と機能します。See distributed transactions for Always On AG for any SQL-specific requirements and features.
BizTalk ServerBizTalk Server 運用環境での azure VmAzure VMs in production BizTalk ServerBizTalk Server Azure の仮想マシンが運用環境では完全にサポートされています。Azure virtual machines are now fully supported for production environments. 使用してSQL Server 2016SQL Server 2016AlwaysOn 高可用性ソリューションが可能になりました。Using SQL Server 2016SQL Server 2016 AlwaysOn, a highly available solution is now possible.

SQL Server AlwaysOn を使用して高可用性High Availability using SQL Server AlwaysOn
ロジック アプリのアダプターLogic App adapter Azure でホストされているロジック アプリに接続し、Salesforce、SharePoint、CRM Online、および詳細を含むすべてのコネクタにアクセスできます。Connect to your Logic Apps hosted in Azure, and get access to all the connectors including Salesforce, SharePoint, CRM Online, and more. たとえば、BizTalk Server で注文を受信、ロジック アプリへの接続、および Salesforce を更新します。For example, you can receive an order in BizTalk Server, connect to your Logic App, and update Salesforce.

ロジック アプリのアダプターLogic App adapter
ファイル アダプターFile adapter Azure storage のファイル共有に接続します。Connect to an Azure storage file share. Azure ファイル共有からファイルを受信でき、Azure ファイル共有にメッセージを送信できます。You can receive files from the Azure file share, and send messages to an Azure file share.

ファイル アダプターを構成します。Configure the File adapter
FTP アダプターFTP adapter SYST コマンドは必要なくなりました。SYST command is no longer required. という名前のプロパティがある場合、受信場所で FTP アダプターを構成する場合、または送信ポートは、 FTP サーバーの種類します。When you configure the FTP adapter on a receive location or send port, there is a property called FTP Server Type. 。 FTP サーバーを選択するためにこのプロパティを使用します。これは、SYST が必要なかどうかを決定します。Using this property, you choose the FTP server you want; which determines if SYST is required.

この変更の結果は、その他の「サポートされる」FTP サーバーがあります。As a result of this change, there are more "supported" FTP servers.

FTP アダプターの構成Configuring the FTP adapter
SFTP アダプターSFTP adapter SFTP アダプターは、WinSCP を使用して、SFTP; に接続するように再設計多くの SFTP サーバーをサポートをできます。SFTP adapter is re-engineered to use WinSCP to connect to SFTP; which allows support for more SFTP servers. クライアント側のログ記録と追加の暗号化の暗号も新しくなっています。Client-side logging and additional encryption ciphers are also new.

SFTP アダプターSFTP adapter
追跡設定のインポートを許可します。Allow import of tracking settings バインドをインポートするときにファイルをすることができます、オーケストレーションでの選択を有効になっている追跡プロパティをインポート (またはインポートしない)、送信ポート、および具合です。When importing a binding a file, you can choose to import (or not import) the tracking properties enabled on your orchestrations, send ports, and so on. これは、ため、この機能を設定するには、さまざまな環境でのグローバル設定 (グループ レベル設定) です。This is a global setting (set at the Group level) so you can set this feature in your different environments. たとえば、既存の追跡、開発環境のプロパティをインポートし、追跡のプロパティを運用環境のインポートは行いません。For example, you can import the existing tracking properties for your Development environments, and don't import the tracking properties for your Production environments.

参照してくださいBizTalk 設定ダッシュ ボード、グループのページUI ガイダンスと開発者 API 名前空間のリファレンスin the UI guidance and developers API namespace referenceします。See BizTalk Settings Dashboard, Group Page UI ガイダンスと開発者 API 名前空間のリファレンスin the UI guidance and developers API namespace reference.
Shared Access Signature (SAS)Shared Access Signature (SAS) SAS 認証を使用するには、Service Bus 接続用のBasicHttpRelayNetTcpRelayBasicHttp、およびWebHttpアダプター。You can use SAS authentication for the Service Bus connection with the BasicHttpRelay, NetTcpRelay, BasicHttp, and WebHttp adapters.

Wcf-basichttprelay アダプターWCF-BasicHttpRelay adapter
Wcf-nettcprelay アダプターWCF-NetTcpRelay adapter
Wcf-basichttp アダプターWCF-BasicHttp adapter
Wcf-webhttp アダプターWCF-WebHTTP adapter

SB Messaging アダプター PowerShell を使用して Access Control (ACS) の値を取得する手順が含まれています。SB-Messaging adapter now includes the steps to get Access Control (ACS) values using PowerShell.
順次配送が動的ポートでOrdered delivery on dynamic ports 静的送信ポートで順次配送をサポートするアダプターに適用されます。Applies to the adapters that support ordered delivery on static send ports. BizTalk 管理コンソールで順次配送オプションを有効にすることができます。You can enable the ordered delivery option in the BizTalk Administration console.

送信ポートに対してトランスポートの詳細オプションを構成する方法How to Configure Transport Advanced Options for a Send Port
メッセージの配信を順序付けOrdered Delivery of Messages
Sha-2 ハッシュ関数SHA-2 hash functions Sha-2 は完全にサポートを含みます。SHA-2 is fully supported, including:

  • BizTalk は、すべてのコンポーネントは、SSL、HTTPS、FTPS、POP3、および WCF アダプターのメッセージングを含む SHA2 署名証明書を利用できます。BizTalk can consume SHA2-signed certificates across all of its components, including SSL messaging in the HTTPS, FTPS, POP3, and the WCF adapters
  • AS2、RosettaNet、および MIME/SMIME エンコーダーの署名キーは、次の Advanced Encryption Standard (AES) exchange システムをサポートしています。Supports the following Advanced Encryption Standard (AES) exchange system for signature keys in AS2, RosettaNet, and the MIME/SMIME encoder:
    • AES128 (既定値)AES128 (default)
    • AES192AES192
    • AES256AES256

  • As2 は、次の SHA2 ベース MIC 計算をサポートしています。Supports the following SHA2-based MIC calculations for AS2:
    • SHA256 (既定値)SHA256 (default)
    • SHA384SHA384
    • SHA512SHA512

  • RosettaNet では、次の SHA2 ベースのダイジェスト メソッドをサポートしています。Supports the following SHA2-based digest methods in RosettaNet:
    • SHA256 (既定値)SHA256 (default)
    • SHA384SHA384
    • SHA512SHA512

  • SHA1 証明書は、旧バージョンとの互換性のための作業を続けるSHA1 certificates continue to work for backward compatibility

検証の構成 (AS2)Configuring Validation (AS2)
受信確認 (MDN) の構成 (AS2)Configuring Acknowledgements (MDNs) (AS2)
MIME-SMIME エンコーダー パイプライン コンポーネントを構成する方法How to Configure the MIME-SMIME Encoder Pipeline Component
マップをコンパイルします。Compile your maps XslTransform または XslCompiledTransform を使用して、マップをコンパイルします。Choose to compile your maps using XslTransform or XslCompiledTransform

マップのコンパイルの設定し、出力の設定Set map compilation and output settings
スキーマ ウィンドウSchema window BizTalk マッパーを追加/置換送信元スキーマと送信先スキーマです。In the BizTalk mapper, you add/replace a source schema and a destination schema. これを行う、型の選択 ウィンドウはサイズ変更可能なようになりました。When you do this, the Type Picker window is now resizable. この変更では、ウィンドウを展開し、スキーマの完全名を参照できます。This change allows you to expand the window, and see the full name of your schema.

スキーマの選択のサイズを変更しを展開し、スキーマ ツリーを折りたたむ方法How to resize the schema picker, and expand and collapse the schema trees
アダプターとアクセラレータAdapters and Accelerators 機能強化と変更は、次のとおりです。Improvements and changes include:
  • SAP アダプターは、SAP バインドのプロパティで、クラシックの RFC SDK、および .NET Connector をサポートしています。The SAP adapter supports classic RFC SDK, and the .NET Connector in the SAP binding properties.

    インストール、 SAP Connector for .NET、これは、SAP Service Marketplace (service.sap.com/connectors) で使用できます。Install the SAP Connector for .NET, which is available at the SAP Service Marketplace (service.sap.com/connectors). インストール中に、必ず選択してアセンブリを GAC にインストールします。During the install, be sure to select Install Assemblies to GAC.

    SAP .NET コネクタの WCF-SAP アダプターのサポート詳細に説明します。WCF-SAP adapter support for the SAP .NET Connector provides additional details.

  • BizTalk Accelerator 用 HL7:受信場所の MLLP アダプターでは、リモート LOB リスナーへの送信接続を開始するには、オプションできるようになりました。BizTalk Accelerator for HL7: The MLLP adapter on a receive location now supports the option to initiate an outbound connection to a remote LOB listener.
パーティのインポート/エクスポートImport/export parties 変更は次のとおりです。Changes include:

-インポートおよびエクスポート オプションは、アプリケーションから区切られます。- The import and export option is separated from the Application. たとえば、アプリケーションをエクスポートすることがなく、パーティをエクスポートできます。For example, you can export a party without exporting the application. アプリケーションをインポートせず、パーティをインポートできます。You can import a party without importing the application.
-どのパーティ、ビジネス プロファイル、およびインポートまたはエクスポートする契約を選択できます。- Can choose which parties, business profiles, and agreements you want to import or export
-同様に、企業間取引の成果物をインポート/エクスポートを引き続きできますBizTalk Server 2013 R2BizTalk Server 2013 R2BizTalk ServerBizTalk Server 2013、およびBizTalk ServerBizTalk Server2010。- Can continue to import/export the business-to-business artifacts as you do in BizTalk Server 2013 R2BizTalk Server 2013 R2, BizTalk ServerBizTalk Server 2013, and BizTalk ServerBizTalk Server 2010.

バインド ファイルを使用して、インポートまたはエクスポートするにはUse binding files to import or export
BizTalk 管理コンソールBizTalk Administration 最新のルック アンド フィールに加えていくつか追加の変更は次のとおりです。In addition to a more modern look and feel, some additional changes include:

-同時に複数のホスト/ホスト インスタンスの設定を構成します。- Configure the settings for multiple hosts/host instances simultaneously. たとえば、複数のホスト インスタンスの .NET CLR 設定を同時に設定できます。For example, you can set the .NET CLR settings for multiple host instances simultaneously.
-をフィルター処理、スキーマ、リソースなど、アプリケーションでの成果物を検索し、新しい検索機能を使用します。- Use the new Search feature to filter and find artifacts in your application, such as schemas, resources, and more.
-保留中のメッセージをトラブルシューティングするとき、ファイルに同時に複数の保留メッセージを保存できます。- When troubleshooting suspended messages, you can save multiple suspended messages simultaneously to a file.

BizTalk Server 管理コンソールを使用します。Using the BizTalk Server Administration console
追加の更新プログラムAdditional updates
  • BizTalk Accelerator 用 HL7 (BTAHL7)BizTalk Accelerator for HL7 (BTAHL7)基幹業務 (LOB) サーバーへの接続を開始し、接続経由でメッセージをプッシュします。The BizTalk Accelerator 用 HL7 (BTAHL7)BizTalk Accelerator for HL7 (BTAHL7) starts the connection to a Line of Business server (LOB), and pushes messages over the connection. LOB では、接続の待機し、メッセージを送信します。The LOB waits for the connection, and then sends the messages.

    以前BizTalk ServerBizTalk Serverバージョンでは、HL7 MLLP 受信アダプター、HL7 に接続する LOB サーバーの間、待機、およびメッセージを送信します。In previous BizTalk ServerBizTalk Server versions, the HL7 MLLP receive adapter waits for the LOB server to connect to HL7, and then send messages. LOB は HL7 に接続し、し、メッセージを送信します。The LOB connects to HL7, and then sends messages.

  • Office web コンポーネント (OWC) が、インストールでは省略可能になりプログラムで個別に一覧表示されています。Office web components (OWC) is now optional in the installation, and listed separately in Programs

  • オーケストレーション インスタンス ID が XLANG FireEvent トレース出力に追加されます。The orchestration instance ID is added to the XLANG FireEvent trace output

非推奨と削除の一覧Deprecated & Removed List

プログラムProgram 状態Status 代替Replacement
RFID MobileRFID Mobile 削除Removed なしNone
RFID サーバーRFID Server 削除Removed なしNone
SharePoint SSOM/Web サービス アダプターSharePoint SSOM/Web Service adapter 削除Removed クライアント側オブジェクト モデル (CSOM) オプションを使用します。Use the CSOM (Client Side Object Model) option.

Windows SharePoint Services アダプターWindows SharePoint Services Adapter

付録 b:Microsoft SharePoint アダプターをインストールします。Appendix B: Install the Microsoft SharePoint Adapter
SOAP アダプターSOAP adapter 非推奨Deprecated WCF-BasicHttp アダプターWCF-BasicHttp Adapter
以前の SQL アダプターOld SQL adapter 非推奨Deprecated BizTalk アダプター パックBizTalk Adapter Pack の WCF ベースの SQL アダプターWCF-based SQL adapter in the BizTalk アダプター パックBizTalk Adapter Pack
UDDIUDDI 削除Removed なしNone

重要

これらの非推奨の機能の一部は、新しいバージョンの BizTalk に搭載されている場合があります。Some of these deprecated features may be found in newer versions of BizTalk. そのような場合、次の点を考慮してください。In these scenarios, consider the following:

  • 機能は、BizTalk 内で内部的に使用可能性があり、顧客のソリューションで使用するものではありません。The feature may be used internally within BizTalk, and is not meant to be used by customer solutions. その場合、顧客のソリューションではサポートされません。It is not supported in customer solutions.
  • インターフェイスは、Microsoft によって変更されている可能性があり、公開されていることができない可能性があります。The interfaces may have been modified by Microsoft, and may not be publicly available.

次のステップNext steps

ハードウェアおよびソフトウェア要件Hardware & software requirements
セットアップおよびインストールの前提条件Setup & install prerequisites
BizTalk をインストールします。Install BizTalk