ネットワーク パフォーマンスを向上させる変更可能な設定Settings that can be Modified to Improve Network Performance

このトピックでは、ネットワーク パフォーマンスに影響する推奨値の説明を提供します。This topic provides a description of recommended values that impact network performance.

重要

このガイドを完了したパフォーマンスのテスト中には、既定でチューニングする Windows Server 2008 が表示されることがわかりました。During performance testing completed for this guide it was observed that Windows Server 2008 appears to be tuned by default. レジストリ設定の変更は、システムへの影響を慎重に分析した後にのみ実行する必要があります。Modification of registry settings should only be done after a careful analysis of the effects on the system.

MaxUserPort と TcpTimedWaitDelay 設定を調整します。Adjust the MaxUserPort and TcpTimedWaitDelay settings

MaxUserPort値アプリケーションは、システムから利用可能なユーザーの任意のポートを要求するときに使用される最大ポート数を制御します。The MaxUserPort value controls the maximum port number used when an application requests any available user port from the system. 通常、有効期間が短いポートは、1025 65535 までからの範囲で割り当てられます。Normally, short-lived ports are allocated in the range from 1025 through 65535. ポートの範囲は、本当に範囲の開始点と、エンドポイントではようになりました。The port range is now truly a range with a starting point and with an endpoint. 新しい既定の開始ポートは 49152、および既定の終了ポートは 65535 です。The new default start port is 49152, and the default end port is 65535. この範囲は、アプリケーションとサービスによって使用される既知のポートだけでなく、します。This range is in addition to well-known ports that are used by services and by applications. 各サーバーでは、サーバーで使用するポートの範囲を変更できます。The port range that is used by the servers can be modified on each server. 次のように、netsh コマンドを使用して、この範囲を調整します。You adjust this range by using the netsh command, as follows:

netsh int <ipv4|ipv6> set dynamicport <tcp|udp> start=number num=rangenetsh int <ipv4|ipv6> set dynamicport <tcp|udp> start=number num=range

このコマンドは、tcp 動的ポートの範囲を設定します。This command sets the dynamic port range for TCP. 開始ポート アドレスが、ポートの合計数は範囲します。The start port is number, and the total number of ports is range. サンプル コマンドは、次のように。動的ポートの範囲を表示するには、次の netsh コマンドを使用します。The following are sample commands: You can view the dynamic port range by using the following netsh commands:

  • netsh int ipv4 では、動的 tcp を表示します。netsh int ipv4 show dynamicport tcp. Tcp v4 の最大許容値の範囲を向上させるのには、次のコマンドを使用します。To increase the range to the maximum allowed value for tcp v4, use the following command:

    netsh int ipv4 set dynamicport tcp start=1025 num=64511netsh int ipv4 set dynamicport tcp start=1025 num=64511

  • netsh int ipv4 動的 udp を表示します。netsh int ipv4 show dynamicport udp

  • netsh int ipv6 が動的 tcp を表示します。netsh int ipv6 show dynamicport tcp

  • netsh int ipv6 動的 udp を表示します。netsh int ipv6 show dynamicport udp

    TcpTimedWaitDelay値が閉じられるときに、接続が TIME_WAIT 状態で保持される時間の長さを決定します。The TcpTimedWaitDelay value determines the length of time that a connection stays in the TIME_WAIT state when being closed. 接続が TIME_WAIT 状態にある間は、ソケット ペアを再利用することはできません。While a connection is in the TIME_WAIT state, the socket pair cannot be reused. これは、値が、ネットワークのセグメントの最大有効期間 2 倍にする必要があります 2 msl 状態とも呼ばれます。This is also known as the 2MSL state because the value should be twice the maximum segment lifetime on the network. 詳細については、次を参照してください。インターネット RFC 793 (HYPERLINK"http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=113719" http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=113719)。For more information, see Internet RFC 793 ( HYPERLINK "http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=113719" http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=113719). TcpTimedWaitDelay 設定を調整するには、次に示すように、レジストリ設定を変更する必要があります。To adjust the TcpTimedWaitDelay settings, you have to modify the registry settings as listed below:

キー:Key: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\ParametersHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters
値: Value: TcpTimedWaitDelayTcpTimedWaitDelay
データの種類:Data Type: REG_DWORDREG_DWORD
範囲:Range: 30 ~ 300 (10 進数)30-300 (decimal)
既定値:Default value: 0x78 (120 10 進数)0x78 (120 decimal)
推奨値:Recommended value: 3030
既定では、値が存在するでしょうか。Value exists by default? いいえ、追加する必要があります。No, needs to be added.

参照See Also

ネットワークのパフォーマンスを向上するための一般的なガイドラインGeneral Guidelines for Improving Network Performance