2019 年 4 月版リリース ノート

2019 年 4 月リリース ノート PDF のダウンロード (最終更新日 2019 年 8 月 27 日)

2019 年 4 月版リリース ノートでは、2019 年 4 月から 2019 年 9 月中にリリースされる Dynamics 365 および Power Platform に関するすべての新機能について説明します。 一部の機能のプレビューは 2019 年 2 月に開始されます。 このリリース ノートは、オンラインで参照することも、PDF ファイルのドキュメントとしてダウンロードすることもできます。

2019 年 4 月リリースの概要

Dynamics 365 および Power Platform のリリースの 2019 年 4 月ウェーブでは、ビジネスを変革するための重要な機能が提供されています。

リリース ノートで説明されている機能は、まだリリースされていない場合があります。 提供タイムラインおよび予定されている機能は、変更される可能性、または出荷されない可能性があります (Microsoft ポリシーを参照)。

Dynamics 365

2019 年 4 月リリースでの Dynamics 365 アプリケーションの機能強化には数百もの新機能が含まれており、その対象範囲としては、Sales、Marketing、Customer Service、Portal、Field Service、Project Service Automation、Finance and Operations、Talent、Retail、および Business Central がカバーされています。 今リリースでは、Microsoft レイアウトと Microsoft リモート アシストを使用して、新しい複合現実エクスペリエンスが追加されています。

Microsoft Forms Pro は、Microsoft Forms の上に構築され、Dynamics 365 および Common Data Service for Apps と統合された、まったく新しい企業調査アプリです。

2019 年 4 月リリースでは引き続き、Microsoft AI の調査、ツール、データ、Power Platform の能力を活用して、組織が顧客サービス、営業、マーケティングの各部門を変革することを支援する人工知能機能が提供されます。 Dynamics 365 Sales Insights では、パーソナライズされたエンゲージメントと先を見越した意思決定を推進するためのインサイトが提供されます。 Dynamics 365 Market Insights を使用すると、ビジネス ユーザーは、消費者が自社のブランドや製品について話したり、探したり、感じたりしていることに基づいて、アクションにつながる分析情報を収集できます。 Dynamics 365 Customer Service Insights では、AI の高度な分析によりカスタマー エクスペリエンスが最適化されます。

2019 年 4 月のリリースでは、3 つの新しい AI アプリが導入されました。

  • Dynamics 365 Virtual Agent for Customer Service では、AI で強化されたチャット ボットが提供されて、カスタマーエクスペリエンスが最適化されます。
  • Dynamics 365 Customer Insights では、すべての組織が顧客データを統合して理解し、インテリジェントなインサイトとアクションに利用できます。
  • Dynamics 365 Fraud Protection では、e コマース業者は詐欺損失を減らし、銀行の受入率を上げて、より高い収益を生み出し、オンライン ショッピングの利便性を向上させることができます。

2019 年 4 月リリースは、Dynamics 365 の重要なマイルストーンを意味します。 初めてのメジャー アップデートであり、Dynamics 365 全体のすべてのお客様に最新バージョンと一貫したアップデート スケジュールが適用されます。 また、毎年 4 月と 10 月に行われるメジャー アップデートのテンプレートでもあります。

2019 年 4 月リリースの重要な日付はこちらをご覧ください。

マイルストーン 日付 説明
リリース ノート入手可能 2019 年 1 月 21 日 Dynamics 365 と Power Platform の新機能について確認してください。
プレビューが使用可能 2019 年 2 月 1 日 運用環境に展開する前に 2019 年 4 月更新の新機能を試してみましょう。 詳細情報
リリース ノートの更新 2019 年 2 月 21 日 追加のアプリや機能を含むリリース ノートの更新情報です。
仮想起動イベント 2019 年 4 月 2 日 James Phillips、Alysa Taylor、および製品のリーダーが新機能のプレビューについてお話しします。 今すぐ登録
一般提供 2019 年 4 月 5 日 運用環境への展開に 2019 年 4 月の更新を利用できます。 詳細情報

Power Platform

新しい Power Platform 機能では、Power BI、PowerApps、Microsoft Flow、および Common Data Service for Apps が比類ないツールのパレットに統合されており、Dynamics 365 と Office 365 を環境に拡張、カスタマイズ、統合することができます。 2019 年 4 月リリースでは、ビジネス アナリストや開発者が、より高度なエンタープライズおよび管理者の要件をサポートしながら、より高品質のレポート、アプリ、およびワークフローをより簡単に作成できるように、大幅な改善が行われています。

データ統合

データ統合は、Power Platform やその他のプラットフォームへの組み込み接続を提供し、数百ものビジネス システムのデータを使用して、充実したインテリジェントなエクスペリエンスを実現します。 Common Data Model は、Dynamics 365 と Common Data Service for Apps に正規のビジネス エンティティに関するセマンティックの一貫性を提供し、アプリケーション開発者、ISV パートナー、インテグレーターにとっての価値を高め、時間を短縮します。

これらの機能強化により、お客様、パートナー、およびユーザーは、それぞれの条件下でデジタル変革を効果的に促進することができます。 Microsoft では、これらの新しいサービスや機能をスムーズに導入していただけるよう積極的に取り組むと共に、2019 年 4 月リリースに関する皆様からのフィードバックをお待ちしています。

日本の年号の改元

2019 年 5 月 1 日に日本の新しい年号および関連するカレンダーの使用が始まります。 Microsoft では、ビジネス アプリケーションの 2019 年 4 月ウェーブで、5 月からの日本の新しい年号に対応する準備をしています。 この作業は、Dynamics 365 のアプリケーション、ソリューション、Power Platform コンポーネントのほか、これらの製品およびサービスに含まれる日本市場向けの規制機能が対象です。 新しい年号をサポートするための更新プログラムは、他の重要な Dynamics 365 更新プログラムと同様の方法で展開されます。

フィードバック

ぜひご意見をお寄せください。 Dynamics 365 または Power Platform (Power BI、PowerApps、Microsoft Flow) のコミュニティ フォーラムでフィードバックを共有してください。 皆様からのフィードバックは改善に役立てられます。