Microsoft PowerApps 2018 年 10 月リリースの概要

PowerApps は、アプリケーションを迅速に開発したり、ビジネス ニーズに合ったカスタム アプリを構築したりするための環境を提供する、アプリ、サービス、コネクタ、およびデータ プラットフォームのスイートです。 PowerApps を使用すると、基盤のデータ プラットフォーム (Common Data Service) またはさまざまなオンラインおよびオンプレミスのデータ ソース (SharePoint、Excel、Office 365、Dynamics 365、SQL Server など) に格納されているビジネス データに接続するカスタム ビジネス アプリをすばやく構築できます。 PowerApps のドキュメントでは、PowerApps のさまざまな使用ニーズに対応した、専門的な情報や回答が提供されています。

2018 年 10 月リリースでは、アプリ作成者が、より高度なエンタープライズおよび管理者の要件をサポートしながら、より高品質のアプリをより簡単に作成できるように、次の一覧のテーマについて大幅な改善が行われています。 PowerApps の機能強化では、機能の導入だけでなく、既存の概念を単純化して作成者の生産性を向上させることにも焦点が当てられています。

迅速で一貫性のあるユーザー エクスペリエンスを提供する PowerApps プラットフォーム

PowerApps は、迅速性、信頼性、および一貫性に優れたユーザー エクスペリエンスを Web やモバイル デバイスのエンド ユーザーに提供する、クラス最高のエンタープライズ対応のプラットフォームです。

Dynamics 365 for Sales、Customer Service、Field Service、Project Service のお客様や、IT アプリや ISV アプリを使用するお客様は、統一インターフェイスを使用し、ユーザーが必要とする機能において、適応性、パフォーマンス、および応答性に優れたエクスペリエンスを実現することができます。 また、統一モバイル プレーヤーを使用すれば、Microsoft、ISV、および IT 部門が作成したモデル駆動型アプリおよびキャンバス アプリを 1 つの場所から検索し、起動することができます。

管理者のためのエンタープライズ レベルのプラットフォーム

PowerApps では、組織内のアプリをかつてないほど簡単に保守および管理できます。 Power Platform 管理センターは、ストレージ容量、環境、および展開を管理するための、信頼性と統合性に優れたエクスペリエンスを管理者やパートナーに提供するものです。 強力な分析機能により、管理者は展開に関する問題を調査および診断できます。また、統合されたヘルプとサポートのエクスペリエンスにより、管理者は必要なヘルプを見つけて、必要に応じてマイクロソフトのサポートに問い合わせることができます。

アプリの作成者向けの機能

2018 年 4 月リリースでは、モデル/キャンバス アプリの作成エクスペリエンスや、Common Data Service が大幅に更新されました。 これらの更新により、Office 365 を使用した生産性アプリのユースケースが幅広くサポートされたほか、Dynamics 365 を使用したビジネス アプリの高度なカスタマイズや作成が可能になりました。