Microsoft PowerApps 2019 年 4 月リリースの概要

Note

リリース ノートで説明されている機能は、まだリリースされていない場合があります。 この機能のリリース予定については、「Microsoft PowerApps の新機能と予定されている機能」をご覧ください。 提供タイムラインおよび予定されている機能は、変更される可能性、または出荷されない可能性があります (Microsoft ポリシーを参照)。

PowerApps は、アプリケーションを迅速に開発したり、ビジネス ニーズに合ったカスタム アプリを構築したりするための環境を提供する、アプリ、サービス、コネクタ、およびデータ プラットフォームのスイートです。 PowerApps を使用すると、基盤のデータ プラットフォーム (Common Data Service) またはさまざまなオンラインおよびオンプレミスのデータ ソース (SharePoint、Excel、Office 365、Dynamics 365、SQL Server など) に格納されているビジネス データに接続するカスタム ビジネス アプリをすばやく構築できます。 PowerApps ドキュメントでは、PowerApps のさまざまな使用ニーズに対応した、専門的な情報や回答が提供されています。

2019 年 4 月リリースでは、アプリ作成者が、より高度なエンタープライズおよび管理者の要件をサポートしながら、より高品質のアプリをより簡単に作成できるように、次の一覧のテーマについて大幅な改善が行われています。 PowerApps の機能強化では、機能の導入だけでなく、既存の概念を単純化して作成者の生産性を向上させることにも焦点が当てられています。 以下のような改善が行われています。

  • アプリ作成者向けの新機能と改善された機能
  • 管理者向けプラットフォームの向上
  • すべてのユーザーに対応する統一インターフェイス
  • 強化されたプラットフォーム機能
  • どこにでもアプリを埋め込み
  • ISV/プロ開発者向けツールで大規模なアプリを構築する