2018 年 10 月リリースの概要

背景イメージ 1

2018 年 10 月リリース ノート PDF のダウンロード (最終更新日 2019 年 3 月 29 日)

Microsoft のビジネス アプリケーション リリース 2018 年 10 月ウェーブでは、ビジネスを変革するための重要な機能が提供されています。 これらの新しいサービスや機能は、2018 年 10 月から提供開始となります。 (リリース ノートで説明されている機能は、まだリリースされていない場合があります。 提供タイムラインおよび予定されている機能は、変更される可能性、または出荷されない可能性があります (Microsoft ポリシーを参照)。

  • Dynamics 365 アプリケーションの機能強化には数百もの新機能が含まれており、その対象範囲としては、Sales、Marketing、Customer Service、ポータル、Omni-channel Engagement Hub、Field Service、Project Service、Social Engagement、Finance and Operations、Talent、Retail、および Business Central がカバーされています。 今リリースでは、Microsoft レイアウトと Microsoft Remote Assist を使用して、新しい複合現実エクスペリエンスが導入されています。

  • 新しいインテリジェンス アプリケーションでは、Microsoft Research が数十年にわたって開発してきた AI 技術によって、Dynamics 365 のインテリジェンス機能がさらに強化されています。 お客様は、新しい Dynamics 365 AI for Sales アプリケーションを使用して、営業のパフォーマンスとプランニングを強化することができます。

  • 新しい Power Platform 機能では、Power BI、PowerApps、Microsoft Flow、アプリ用 Common Data Service、および Power BI のデータフローを充実したツール内に統合して、Dynamics 365 と Office 365 を拡張、カスタマイズ、統合することができます。

  • データ統合は、Power Platform やその他のプラットフォームへの組み込み接続を提供し、数百ものビジネス システムのデータを使用して、充実したインテリジェントなエクスペリエンスを実現します。 Common Data Model は、Dynamics 365、アプリ用 Common Data Service、および Power BI データフローの間に正規ビジネス エンティティのセマンティック面での一貫性を提供し、アプリケーション開発者、ISV パートナー、インテグレーターにとっての価値を高め、時間を短縮します。

  • 他の Microsoft 製品との統合もより緊密化され、Dynamics 365 や Microsoft Outlook、Teams、SharePoint、Stream、Azure、および LinkedIn と連携したシームレスなエクスペリエンスが実現しています。 Dynamics 365 は、Office 365 や Bing から送られたデータや信号との連携性においても機能強化されています。

  • パフォーマンス、使いやすさ、およびサポート性に関する機能強化では、アプリケーションとその基盤のプラットフォームが改善され、ビジネス運営上のエクスペリエンスがさらに向上しています。

これらの機能強化により、お客様、パートナー、およびユーザーは、それぞれの条件下でデジタル変革を効果的に促進することができます。

Microsoft では、これらの新しいサービスや機能をスムーズに導入していただけるよう積極的に取り組むと共に、2018 年 10 月リリースに関する皆様からのフィードバックをお待ちしています。

ぜひご意見をお寄せください。 Dynamics 365 または "Power" 製品スイート (Power BI、PowerApps、Flow、Stream) のユーザーのコミュニティ フォーラムで、フィードバックを共有してください。 お客様のフィードバックは改善に役立てられます。