ベータ試験

ベータ試験について

Microsoft は、試験が技術的に正確で、実際の職場の状況に関連したものであるようにすることに努力しており、ベータ試験はその開発プロセスの重要な部分です。 ベータ形式の試験を受けると、試験およびその問題の品質を評価するための有益な情報が結果から提供されます。

参加する方法

成功に必要な知識とスキルの有効で信頼性の高い評価を得るには、約 400 人のベータ テスト受験者が必要です。 十分な資格を持つ人にできる限り早く試験を受けていただけるよう、3 から 4 週間の期間で限られた数の割引シートを提供します。 Microsoft Learn ブログに、今後のベータ試験に関するお知らせと 80% の割引コードを投稿します。 このコードの利用は先着順であり、ベータ試験に利用できる割引シートはすぐに満員になることがよくあります。 割引を利用したい場合は、Microsoft Learn ブログを注視して、できるだけ速やかに登録してください。

注: 割引の機会を逃した場合でも、正規料金でベータ試験を受けることができます。

割引の仕組み

80% 割引コードを使用して試験に登録し、かつ受験した受験者は、再採点が完了した後 (試験が実施されてから約 2 週間後)、試験プロバイダーから、次回の試験で 25% の割引を受け取ります。 25% の割引券は、試験の登録時に使用したメール アドレスに送信されます。 試験提供開始日から 6 週間以内に 25% 割引券が届かない場合は、試験提供プロバイダーのカスタマー サポートにお問い合わせください。

注: 他の方法を使用してベータ試験の受験料を支払った (たとえば、受験料を自費で支払った、割引券を使用した) 場合は、25% 割引券の対象にはなりません。 これは、ベータ試験を受けただけでは得られない特典です。

割引ベータ試験を受けるチャンスを増やす

ベータ試験の割引シートを確保する確率を高めるには、SME プロファイル データベースに登録することをご検討ください。 資格のある参加者は、ブログに掲載されるコードとは別のコードが記載された電子メールを受け取ります。 このコードにも人数制限がありますが、こちらの方がアクセスできる人数が少ないため、Microsoft Learn ブログで見つかるコードより、参加できる確率が高くなります。

試験によっては、SME プロファイル データベースの有資格者は、利用できるシートよりかなり多くなります。 そのような場合は、適切な数の有資格者が無作為に選択されて、招待状が送られます。 選ばれなかった場合でも、シートを利用できれば、Microsoft Learn ブログのコードを使って参加できます。

割引を受けていないがベータ版に参加したい場合

受験者によっては、求職条件や昇進のニーズを満たすために、または対象テクノロジーの早期採用者であることを実証するために、試験を早めに受けたいと思う人もいます。 ベータ試験を受けたくても、割引シートを確保できなかっら場合は、登録して通常料金を払うことで、試験を受けることができます。

次の点に留意してください。

  • ベータ試験には、テクノロジーの経験がある受験者のみが参加する必要があります。
  • このコードは、その 3 から 4 週間の期間中に提供される試験にのみ使用できます。 その期間外の試験をスケジュールしようとすると、コードは機能しません。
  • 中国、インド、パキスタン、またはトルコにいる受験者は、セキュリティ上の理由からベータ試験に参加する資格がありませんのでご了承ください。

ベータ試験に合格して認定資格を取得

認定資格パスにおけるベータ試験の合格は、受験者の認定資格に反映されます。 最終版の試験を再受験する必要はありません。 1 年以内に別の試験を受けるようにしてください。そうすれば、割引プログラムを使用してベータ試験を受けることで獲得した 25% 割引を利用できます (該当する場合)。

ベータ試験に合格しなかった場合は、試験が開始されるまで待って再度受ける要があります。 その試験の合格が必須である認定の取得に関心がある場合は、通常料金で試験を再受験できるようになるまで待つか、割引プログラムを使用してベータ試験を受けることで受け取った 25% 割引を適用する必要があります (該当する場合)。

ベータ スコアを利用できると信じられる場合は (試験が実施されてから少なくとも 10 日後であるため)、Learn プロファイルにアクセスし、プロファイル メニューから [認定] を選択します。 それが表示されない場合は、試験提供プロバイダーにお問い合わせください 試験が実施されるようになってから 2 週間以上経っても、スコアが Learn プロファイルに表示されない場合は、認定サポートにご連絡ください。

ベータ試験の準備 - 準備資料なし

試験の詳細ページには、その試験で評価されるスキルの一覧があります。 ベータ試験を開始する前にいくつかのトレーニング資料を提供することが目標ですが、常に可能であるとは限りません。 ベータ試験を受ける資格がある方は、その職務の経験をお持ちか、他のリソースにアクセスできるか、またはそのテクノロジーの早期リリースにアクセスすることができます。 準備資料については、同業者、コミュニティ リソース、早期導入者の記事を参考にすることをお勧めします。

準備資料なしでベータ試験を準備する方法に関するその他の提案やアイデアについては、「準備資料なしでベータ試験を準備する方法?!?」をご覧ください。

ベータ試験の採点と結果

ベータ試験を完了しても、試験の採点モデルがまだ完成していないため、すぐにはスコアを受け取ることができません。

ベータ試験を受けた場合、試験を全世界で利用にできるようになったとき ("運用開始"、ベータ期間の開始後約 10 - 12 週間) から約 10 日後に、スコアが届きます。 この時間は、結果とデータの統計分析、各問題の成績の評価、ベータ試験中に提供されたすべてのコメントの閲覧と評価などの包括的なプロセスを反映しています。 その結果、試験を受けたベータ プロセスの時期によっては、14 週間経ってもスコアを受け取らない場合があります。 ベータ試験のプロセスと、結果を受け取るまでの時間は、同じではない場合があることに注意してください。