az cosmosdb

Azure Cosmos DB データベースアカウントを管理します。

コマンド

az cosmosdb cassandra

アカウントの Cassandra リソースAzure Cosmos DB管理します。

az cosmosdb cassandra keyspace

Azure Cosmos DB の Cassandra キースペースを管理します。

az cosmosdb cassandra keyspace create

アカウントの下に Cassandra キースペースAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb cassandra keyspace delete

アカウント内の Cassandra キースペースをAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb cassandra keyspace exists

Cassandra キースペースAzure Cosmos DB存在するかどうかを確認します。

az cosmosdb cassandra keyspace list

アカウントの下に Cassandra キースペースAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb cassandra keyspace show

Azure Cosmos DB アカウントの下にある Cassandra キースペースの詳細を表示します。

az cosmosdb cassandra keyspace throughput

ストレージ アカウントで Cassandra キースペースのスループットAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb cassandra keyspace throughput migrate

自動スケーリングと手動プロビジョニングの間で Cassandra キースペースのスループットを移行します。

az cosmosdb cassandra keyspace throughput show

ストレージ アカウントで Cassandra キースペースのスループットAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb cassandra keyspace throughput update

アカウント内の Cassandra キースペースのスループットをAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb cassandra table

Azure Cosmos DB の Cassandra テーブルを管理します。

az cosmosdb cassandra table create

Azure Cosmos DB Cassandra キースペースの下に Cassandra テーブルを作成します。

az cosmosdb cassandra table delete

Azure Cosmos DB Cassandra キースペースの下の Cassandra テーブルを削除します。

az cosmosdb cassandra table exists

Cassandra テーブルAzure Cosmos DB存在するかどうかを確認します。

az cosmosdb cassandra table list

Cassandra キースペースの下の Cassandra Azure Cosmos DBを一覧表示します。

az cosmosdb cassandra table show

Cassandra キースペースの下に Cassandra Azure Cosmos DBを表示します。

az cosmosdb cassandra table throughput

Azure Cosmos DB アカウントの下にある Cassandra テーブルのスループットを管理します。

az cosmosdb cassandra table throughput migrate

自動スケールと手動でプロビジョニングされる Cassandra テーブルのスループットを移行します。

az cosmosdb cassandra table throughput show

Azure Cosmos DB Cassandra キースペースの下の Cassandra テーブルのスループットを取得します。

az cosmosdb cassandra table throughput update

Azure Cosmos DB Cassandra キースペースの下にある Cassandra テーブルのスループットを更新します。

az cosmosdb cassandra table update

Azure Cosmos DB Cassandra キースペースの下の Cassandra テーブルを更新します。

az cosmosdb check-name-exists

Azure Cosmos DB アカウント名が存在するかどうかを確認します。

az cosmosdb collection

コレクションAzure Cosmos DB管理します。

az cosmosdb collection create

コレクションをAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb collection delete

コレクションのAzure Cosmos DB削除します。

az cosmosdb collection exists

コレクションが存在するかどうかを示すブール値を返します。

az cosmosdb collection list

すべての Azure Cosmos DB コレクションを一覧表示します。

az cosmosdb collection show

コレクションとそのAzure Cosmos DBを表示します。

az cosmosdb collection update

Azure Cosmos DB コレクションを更新します。

az cosmosdb create

新しい Azure Cosmos DB データベースアカウントを作成します。

az cosmosdb database

データベースAzure Cosmos DB管理します。

az cosmosdb database create

Azure Cosmos DB データベースを作成します。

az cosmosdb database delete

データベースのAzure Cosmos DB削除します。

az cosmosdb database exists

データベースが存在するかどうかを示すブール値を返します。

az cosmosdb database list

すべての Azure Cosmos DB データベースを一覧表示します。

az cosmosdb database show

Azure Cosmos DB データベースを表示します。

az cosmosdb delete

Azure Cosmos DB データベースアカウントを削除します。

az cosmosdb failover-priority-change

Azure Cosmos DB データベースアカウントのフェールオーバー優先度を変更します。

az cosmosdb gremlin

アカウントの Gremlin リソースAzure Cosmos DB管理します。

az cosmosdb gremlin database

Azure Cosmos DB の Gremlin データベースを管理します。

az cosmosdb gremlin database create

アカウントの下に Gremlin データベースAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb gremlin database delete

アカウント内の Gremlin データベースをAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb gremlin database exists

Gremlin データベースAzure Cosmos DB存在するかどうかを確認します。

az cosmosdb gremlin database list

アカウントの下に Gremlin データベースAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb gremlin database show

Azure Cosmos DB アカウントの下にある、グリーンデータベースの詳細を表示します。

az cosmosdb gremlin database throughput

アカウントを使用して Gremlin データベースのスループットAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb gremlin database throughput migrate

自動スケーリングと手動プロビジョニングの間で Gremlin データベースのスループットを移行します。

az cosmosdb gremlin database throughput show

アカウント内の Gremlin データベースのスループットをAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb gremlin database throughput update

新しいアカウントで Gremlin データベースのスループットAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb gremlin graph

Azure Cosmos DB の Gremlin グラフを管理します。

az cosmosdb gremlin graph create

Gremlin データベースの下に Gremlin Azure Cosmos DB作成します。

az cosmosdb gremlin graph delete

Gremlin データベースの下の Gremlin Azure Cosmos DB削除します。

az cosmosdb gremlin graph exists

グラフが Azure Cosmos DB であるかどうかを確認します。

az cosmosdb gremlin graph list

Azure Cosmos DB の空のデータベースの下にある、グリーンのグラフを一覧表示します。

az cosmosdb gremlin graph show

Azure Cosmos DB のデータベースにある、グリーン化グラフの詳細を表示します。

az cosmosdb gremlin graph throughput

1 つのアカウントで Gremlin グラフのスループットAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb gremlin graph throughput migrate

Gremlin Graph のスループットを自動スケーリングと手動プロビジョニングの間で移行します。

az cosmosdb gremlin graph throughput show

Gremlin データベースの下にある Gremlin グラフAzure Cosmos DB取得します。

az cosmosdb gremlin graph throughput update

Gremlin データベース内の Gremlin グラフのスループットAzure Cosmos DB更新します。

az cosmosdb gremlin graph update

Azure Cosmos DB の空のデータベースの下にある、グリーン化グラフを更新します。

az cosmosdb identity

マネージド Azure Cosmos DB ID を管理します。

az cosmosdb identity assign

データベース アカウントに SystemAssigned ID Azure Cosmos DB割り当てる。

az cosmosdb identity remove

データベース アカウントの SystemAssigned id Azure Cosmos DB削除します。

az cosmosdb identity show

データベース アカウントの id をAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb keys

Azure Cosmos DB のキーを管理します。

az cosmosdb keys list

データベース アカウントのアクセス キーまたは接続文字列をAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb keys regenerate

データベース アカウントのアクセス キー Azure Cosmos DB再生成します。

az cosmosdb list

データベース アカウントAzure Cosmos DB一覧表示します。

az cosmosdb list-connection-strings

データベース アカウントの接続文字列をAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb list-keys

データベース アカウントのアクセス キー Azure Cosmos DB一覧表示します。

az cosmosdb list-read-only-keys

Azure Cosmos DB データベースアカウントの読み取り専用アクセスキーを一覧表示します。

az cosmosdb mongodb

Azure Cosmos DB アカウントの MongoDB リソースを管理します。

az cosmosdb mongodb collection

Azure Cosmos DB の MongoDB コレクションを管理します。

az cosmosdb mongodb collection create

MongoDB データベースの下に MongoDB Azure Cosmos DB作成します。

az cosmosdb mongodb collection delete

MongoDB データベース内の MongoDB Azure Cosmos DB削除します。

az cosmosdb mongodb collection exists

MongoDB コレクションAzure Cosmos DB存在するかどうかを確認します。

az cosmosdb mongodb collection list

Mongodb データベース Azure Cosmos DB の下に MongoDB コレクションを一覧表示します。

az cosmosdb mongodb collection show

Mongodb コレクションの詳細を Azure Cosmos DB MongoDB データベースに表示します。

az cosmosdb mongodb collection throughput

Azure Cosmos DB アカウントで MongoDB コレクションのスループットを管理します。

az cosmosdb mongodb collection throughput migrate

自動スケールと手動でプロビジョニングされた MongoDB コレクションのスループットを移行します。

az cosmosdb mongodb collection throughput show

Mongodb コレクションの Azure Cosmos DB MongoDB データベースのスループットを取得します。

az cosmosdb mongodb collection throughput update

Mongodb の Azure Cosmos DB データベースで、MongoDB コレクションのスループットを更新します。

az cosmosdb mongodb collection update

Mongodb データベース Azure Cosmos DB で MongoDB コレクションを更新します。

az cosmosdb mongodb database

Azure Cosmos DB の MongoDB データベースを管理します。

az cosmosdb mongodb database create

新しいアカウントで MongoDB データベースをAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb mongodb database delete

アカウント内の MongoDB データベースAzure Cosmos DB削除します。

az cosmosdb mongodb database exists

MongoDB データベースAzure Cosmos DB存在するかどうかを確認します。

az cosmosdb mongodb database list

MongoDB データベースを、新しいアカウントの下Azure Cosmos DBします。

az cosmosdb mongodb database show

Azure Cosmos DB アカウントの MongoDB データベースの詳細を表示します。

az cosmosdb mongodb database throughput

1 つのアカウントで MongoDB データベースのAzure Cosmos DB管理します。

az cosmosdb mongodb database throughput migrate

自動スケーリングと手動プロビジョニングの間で MongoDB データベースのスループットを移行します。

az cosmosdb mongodb database throughput show

データベース アカウントで MongoDB データベースのスループットAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb mongodb database throughput update

新しいアカウントで MongoDB データベースのスループットAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb mongodb restorable-collection

Azure Cosmos DB アカウントのデータベースで復元可能なさまざまなバージョンの mongodb コレクションを管理します。

az cosmosdb mongodb restorable-collection list

指定されたデータベースおよび復元可能なアカウントで作成、変更、または削除されたすべての mongodb コレクションのすべてのバージョンを一覧表示します。

az cosmosdb mongodb restorable-database

Azure Cosmos DB アカウントで復元可能なさまざまなバージョンの mongodb データベースを管理します。

az cosmosdb mongodb restorable-database list

指定された復元可能なアカウントで作成、変更、または削除されたすべての mongodb データベースのすべてのバージョンを一覧表示します。

az cosmosdb mongodb restorable-resource

指定されたタイムスタンプとリージョンで、指定されたアカウントで復元できるデータベースとそのコレクションを管理します。

az cosmosdb mongodb restorable-resource list

指定されたタイムスタンプとリージョンで、特定のアカウントで復元できるすべてのデータベースとそのコレクションを一覧表示します。

az cosmosdb network-rule

Azure Cosmos DB のネットワーク ルールを管理します。

az cosmosdb network-rule add

既存の Cosmos DB データベースアカウントに仮想ネットワークルールを追加します。

az cosmosdb network-rule list

Cosmos DB アカウントに関連付けられている仮想ネットワークアカウントの一覧を表示します。

az cosmosdb network-rule remove

既存の Cosmos DB データベースアカウントに仮想ネットワークルールを追加します。

az cosmosdb private-endpoint-connection

Azure Cosmos DB のプライベート エンドポイント接続を管理します。

az cosmosdb private-endpoint-connection approve

Azure Cosmos DB に関連付けられている、指定されたプライベートエンドポイント接続を承認します。

az cosmosdb private-endpoint-connection delete

Azure Cosmos DB に関連付けられている、指定されたプライベートエンドポイント接続を削除します。

az cosmosdb private-endpoint-connection reject

Azure Cosmos DB に関連付けられている、指定されたプライベートエンドポイント接続を拒否します。

az cosmosdb private-endpoint-connection show

プライベート エンドポイント接続に関連付けられているプライベート エンドポイント接続の詳細を表示Azure Cosmos DB。

az cosmosdb private-link-resource

Azure Cosmos DB のプライベート リンク リソースを管理します。

az cosmosdb private-link-resource list

プライベート リンク でサポートされているプライベート リンク リソースを一覧表示Azure Cosmos DB。

az cosmosdb regenerate-key

Azure Cosmos DB データベースアカウントのアクセスキーを再生成します。

az cosmosdb restorable-database-account

復元可能 Azure Cosmos DB アカウントを管理します。

az cosmosdb restorable-database-account list

復元できるすべてのデータベースアカウントを一覧表示します。

az cosmosdb restorable-database-account show

復元可能なデータベースアカウントの詳細を表示します。

az cosmosdb restore

既存のデータベース Azure Cosmos DB復元して、新しいデータベース アカウントを作成します。

az cosmosdb show

データベース アカウントの詳細Azure Cosmos DB取得します。

az cosmosdb sql

アカウントの SQL リソースAzure Cosmos DB管理します。

az cosmosdb sql container

Azure Cosmos DB の SQL コンテナーを管理します。

az cosmosdb sql container create

Azure Cosmos DB SQL database の下に SQL コンテナーを作成します。

az cosmosdb sql container delete

Azure Cosmos DB SQL データベースの下にある SQL コンテナーを削除します。

az cosmosdb sql container exists

SQL コンテナーがAzure Cosmos DBするかどうかを確認します。

az cosmosdb sql container list

SQL データベースの下の SQL コンテナー Azure Cosmos DB一覧表示します。

az cosmosdb sql container show

SQL データベース内の SQL コンテナーの詳細Azure Cosmos DB表示します。

az cosmosdb sql container throughput

Azure Cosmos DB アカウントで SQL コンテナーのスループットを管理します。

az cosmosdb sql container throughput migrate

自動スケールと手動でプロビジョニングされる SQL コンテナーのスループットを移行します。

az cosmosdb sql container throughput show

Azure Cosmos DB SQL database の下にある SQL コンテナーのスループットを取得します。

az cosmosdb sql container throughput update

Azure Cosmos DB SQL database の SQL コンテナーのスループットを更新します。

az cosmosdb sql container update

SQL データベース内の SQL コンテナー Azure Cosmos DB更新します。

az cosmosdb sql database

Azure Cosmos DB の SQL データベースを管理します。

az cosmosdb sql database create

Azure Cosmos DB アカウントで SQL データベースを作成します。

az cosmosdb sql database delete

Azure Cosmos DB アカウントで SQL データベースを削除します。

az cosmosdb sql database exists

Azure Cosmos DB SQL データベースが存在するかどうかを確認します。

az cosmosdb sql database list

Azure Cosmos DB アカウントで SQL データベースを一覧表示します。

az cosmosdb sql database show

SQL データベースの詳細をアカウントの下にAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb sql database throughput

Azure Cosmos DB アカウントで SQL database のスループットを管理します。

az cosmosdb sql database throughput migrate

自動スケールと手動でプロビジョニングされた SQL データベースのスループットを移行します。

az cosmosdb sql database throughput show

Azure Cosmos DB アカウントで SQL データベースのスループットを取得します。

az cosmosdb sql database throughput update

Azure Cosmos DB アカウントで SQL データベースのスループットを更新します。

az cosmosdb sql restorable-container

Azure Cosmos DB アカウントのデータベースで復元可能なさまざまなバージョンの sql コンテナーを管理します。

az cosmosdb sql restorable-container list

指定されたデータベースと復元可能なアカウントで作成、変更、または削除されたすべての sql コンテナーのバージョンを一覧表示します。

az cosmosdb sql restorable-database

Azure Cosmos DB アカウントで復元可能な異なるバージョンの sql データベースを管理します。

az cosmosdb sql restorable-database list

指定された復元可能なアカウントで作成、変更、または削除されたすべての sql データベースのバージョンを一覧表示します。

az cosmosdb sql restorable-resource

指定されたタイムスタンプとリージョンで、指定されたアカウントで復元可能なデータベースとコンテナーを管理します。

az cosmosdb sql restorable-resource list

指定されたタイムスタンプとリージョンの特定のアカウントで復元できるすべてのデータベースとそのコンテナーを一覧表示します。

az cosmosdb sql role

SQL ロールリソースの Azure Cosmos DB を管理します。

az cosmosdb sql role assignment

Azure Cosmos DB SQL ロールの割り当てを管理します。

az cosmosdb sql role assignment create

Azure Cosmos DB アカウントで SQL ロールの割り当てを作成します。

az cosmosdb sql role assignment delete

Azure Cosmos DB アカウントで SQL ロールの割り当てを削除します。

az cosmosdb sql role assignment exists

ロールの割り当Azure Cosmos DB存在するかどうかを確認します。

az cosmosdb sql role assignment list

すべての SQL ロールの割り当てを 1 つのアカウントAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb sql role assignment show

SQL ロールの割り当てのプロパティを、新しいアカウントAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb sql role assignment update

新しいアカウントで SQL ロールの割り当Azure Cosmos DBします。

az cosmosdb sql role assignment wait

特定の条件が満たされるまで、SQL ロールの割り当てをポーリングします。

az cosmosdb sql role definition

Azure Cosmos DB SQL ロールの定義を管理します。

az cosmosdb sql role definition create

Azure Cosmos DB アカウントで SQL ロール定義を作成します。

az cosmosdb sql role definition delete

Azure Cosmos DB アカウントで SQL ロールの定義を削除します。

az cosmosdb sql role definition exists

Azure Cosmos DB ロールの定義が存在するかどうかを確認します。

az cosmosdb sql role definition list

Azure Cosmos DB アカウントのすべての SQL ロールの定義を一覧表示します。

az cosmosdb sql role definition show

SQL ロール定義のプロパティを、新しいアカウントAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb sql role definition update

新しいアカウントで SQL ロール定義Azure Cosmos DBします。

az cosmosdb sql role definition wait

特定の条件が満たされるまで SQL ロール定義をポーリングします。

az cosmosdb sql stored-procedure

Azure Cosmos DB の SQL ストアドプロシージャを管理します。

az cosmosdb sql stored-procedure create

Sql ストアドプロシージャを Azure Cosmos DB SQL コンテナーの下に作成します。

az cosmosdb sql stored-procedure delete

Sql ストアドプロシージャを Azure Cosmos DB SQL コンテナーから削除します。

az cosmosdb sql stored-procedure list

Sql ストアドプロシージャを Azure Cosmos DB SQL コンテナーの下に一覧表示します。

az cosmosdb sql stored-procedure show

SQL ストアドプロシージャの詳細を Azure Cosmos DB SQL コンテナーの下に表示します。

az cosmosdb sql stored-procedure update

Azure Cosmos DB SQL ストアドプロシージャを作成または更新します。

az cosmosdb sql trigger

Azure Cosmos DB の SQL トリガーを管理します。

az cosmosdb sql trigger create

SQL コンテナーの下に SQL Azure Cosmos DB作成します。

az cosmosdb sql trigger delete

SQL コンテナーの下の SQL Azure Cosmos DB削除します。

az cosmosdb sql trigger list

SQL コンテナーの下の SQL トリガー Azure Cosmos DB一覧表示します。

az cosmosdb sql trigger show

SQL コンテナーの下に SQL トリガーのAzure Cosmos DB表示します。

az cosmosdb sql trigger update

Azure Cosmos DB SQL トリガーを更新します。

az cosmosdb sql user-defined-function

SQL ユーザー定義関数 Azure Cosmos DB を管理します。

az cosmosdb sql user-defined-function create

Sql ユーザー定義関数を Azure Cosmos DB SQL コンテナーの下に作成します。

az cosmosdb sql user-defined-function delete

Sql ユーザー定義関数を Azure Cosmos DB SQL コンテナーの下に削除します。

az cosmosdb sql user-defined-function list

Sql ユーザー定義関数を Azure Cosmos DB SQL コンテナーの下に一覧表示します。

az cosmosdb sql user-defined-function show

SQL ユーザー定義関数の詳細を Azure Cosmos DB SQL コンテナーの下に表示します。

az cosmosdb sql user-defined-function update

SQL ユーザー定義関数Azure Cosmos DB作成または更新します。

az cosmosdb table

テーブル アカウントのテーブル リソースAzure Cosmos DB管理します。

az cosmosdb table create

テーブルアカウントの下にテーブルAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb table delete

テーブルアカウントの下にあるテーブルAzure Cosmos DB削除します。

az cosmosdb table exists

テーブルが存在Azure Cosmos DBチェックします。

az cosmosdb table list

[テーブル] を [テーブル] アカウントAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb table show

Azure Cosmos DB アカウントの下にあるテーブルの詳細を表示します。

az cosmosdb table throughput

テーブルアカウントで Table のスループットをAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb table throughput migrate

自動スケーリングと手動プロビジョニングの間でテーブルのスループットを移行します。

az cosmosdb table throughput show

テーブルのスループットは、テーブル アカウントAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb table throughput update

テーブルアカウントでテーブルのスループットAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb update

Azure Cosmos DB データベースアカウントを更新します。

az cosmosdb check-name-exists

Azure Cosmos DB アカウント名が存在するかどうかを確認します。

az cosmosdb check-name-exists [--ids]
                              [--name]
                              [--subscription]

Azure Cosmos DB アカウント名が存在するかどうかを確認します。 自動

az cosmosdb check-name-exists --name MyCosmosDBDatabaseAccount

省略可能のパラメーター

--ids

1つまたは複数のリソース Id (スペース区切り)。 これは、' Resource Id ' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --Id またはその他の ' Resource Id ' 引数のいずれかを指定してください。

--name -n

Cosmos DB データベースアカウントの名前。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 既定のサブスクリプションは、を使用して構成でき az account set -s NAME_OR_ID ます。

az cosmosdb create

新しい Azure Cosmos DB データベースアカウントを作成します。

az cosmosdb create --name
                   --resource-group
                   [--assign-identity]
                   [--backup-interval]
                   [--backup-retention]
                   [--capabilities]
                   [--default-consistency-level {BoundedStaleness, ConsistentPrefix, Eventual, Session, Strong}]
                   [--default-identity]
                   [--disable-key-based-metadata-write-access {false, true}]
                   [--enable-analytical-storage {false, true}]
                   [--enable-automatic-failover {false, true}]
                   [--enable-free-tier {false, true}]
                   [--enable-multiple-write-locations {false, true}]
                   [--enable-public-network {false, true}]
                   [--enable-virtual-network {false, true}]
                   [--ip-range-filter]
                   [--key-uri]
                   [--kind {GlobalDocumentDB, MongoDB, Parse}]
                   [--locations]
                   [--max-interval]
                   [--max-staleness-prefix]
                   [--network-acl-bypass {AzureServices, None}]
                   [--network-acl-bypass-resource-ids]
                   [--server-version {3.2, 3.6, 4.0}]
                   [--subscription]
                   [--tags]
                   [--virtual-network-rules]

新しい Azure Cosmos DB データベースアカウントを作成します。 自動

az cosmosdb create --name MyCosmosDBDatabaseAccount --resource-group MyResourceGroup --subscription MySubscription

2つのリージョンを持つ新しい Azure Cosmos DB データベースアカウントを作成します。 英国南部がゾーン冗長です。

az cosmosdb create -n myaccount -g mygroup --locations regionName=eastus failoverPriority=0 isZoneRedundant=False --locations regionName=uksouth failoverPriority=1 isZoneRedundant=True --enable-multiple-write-locations --network-acl-bypass AzureServices --network-acl-bypass-resource-ids /subscriptions/subId/resourceGroups/rgName/providers/Microsoft.Synapse/workspaces/wsName

必須のパラメーター

--name -n

Cosmos DB データベースアカウントの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

省略可能のパラメーター

--assign-identity

スペースで区切られたシステム id またはユーザー割り当て id を受け入れます。 システムによって割り当てられた id を参照するには、' [system] ' を使用します。 現在、システム割り当て id のみがサポートされています。

--backup-interval

バックアップが実行される頻度 (分単位) (周期的モードのバックアップが含まれているアカウントのみ)。

--backup-retention

各バックアップが保持される時間 (時間単位) です (周期的モードのバックアップが含まれているアカウントのみ)。

--capabilities

データベース アカウントでカスタム機能Cosmos DB設定します。

--default-consistency-level

データベース アカウントの既定のCosmos DBレベル。

承認された値: BoundedStaleness, ConsistentPrefix, Eventual, Session, Strong
--default-identity

CMK 関連の機能でキー コンテナーにアクセスするプライマリ ID。 例: 'FirstPartyIdentity'、'SystemAssignedIdentity' など。

--disable-key-based-metadata-write-access

アカウント キーを使用してメタデータ リソース (データベース、コンテナー、スループット) に対する書き込み操作を無効にします。

承認された値: false, true
--enable-analytical-storage

アカウントでログ ストレージを有効にするフラグを設定します。

承認された値: false, true
--enable-automatic-failover

障害が原因でリージョンが使用できないまれな場合に、書き込みリージョンの自動フェールオーバーを有効にします。 自動フェールオーバーでは、アカウントの新しい書き込みリージョンが作成され、アカウントに構成されているフェールオーバーの優先順位に基づいて選択されます。

承認された値: false, true
--enable-free-tier

有効になっている場合、アカウントは Free レベルです。

承認された値: false, true
--enable-multiple-write-locations

複数の書き込み場所を有効にする。

承認された値: false, true
--enable-public-network -e

サーバーへのパブリック ネットワーク アクセスを有効または無効にします。

承認された値: false, true
--enable-virtual-network

データベース アカウントで仮想Cosmos DBを有効にする。

承認された値: false, true
--ip-range-filter

ファイアウォールのサポート。 特定のデータベース アカウントのクライアント IP の許可リストとして追加する一連の IP アドレスまたは IP アドレス範囲を CIDR 形式で指定する必要があります。 IP アドレス/範囲はコンマで区切る必要があります。また、スペースを含めることはできません。

--key-uri

キー コンテナーの URI。

--kind

作成するCosmos DBの種類。

承認された値: GlobalDocumentDB, MongoDB, Parse
既定値: GlobalDocumentDB
--locations

データベース アカウントの場所Cosmos DB追加します。

--max-interval

有界整合性制約の一貫性と併用すると、この値は許容される古さの期間を秒単位で示します。 この値の許容範囲は、1 ~ 100 です。

既定値: 5
--max-staleness-prefix

有界整合性制約の一貫性と併用すると、この値は許容される古い要求の数を示します。 この値の許容範囲は 1 ~ 2147483647 です。

既定値: 100
--network-acl-bypass

ネットワーク Acl のバイパスを有効または無効にするフラグ。

承認された値: AzureServices, None
--network-acl-bypass-resource-ids -i

ネットワーク Acl バイパスを許可するリソース Id の一覧。

--server-version

MongoDB アカウントに対してのみ有効です。

承認された値: 3.2, 3.6, 4.0
--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 既定のサブスクリプションは、を使用して構成でき az account set -s NAME_OR_ID ます。

--tags

スペースで区切られたタグ: キー [= 値] [キー [= 値]...].既存のタグを消去するには、"" を使用します。

--virtual-network-rules

仮想ネットワーク用の ACL。

az cosmosdb delete

Azure Cosmos DB データベースアカウントを削除します。

az cosmosdb delete [--ids]
                   [--name]
                   [--resource-group]
                   [--subscription]
                   [--yes]

Azure Cosmos DB データベースアカウントを削除します。 自動

az cosmosdb delete --name MyCosmosDBDatabaseAccount --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--ids

1つまたは複数のリソース Id (スペース区切り)。 これは、' Resource Id ' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --Id またはその他の ' Resource Id ' 引数のいずれかを指定してください。

--name -n

Cosmos DB データベースアカウントの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 既定のサブスクリプションは、を使用して構成でき az account set -s NAME_OR_ID ます。

--yes -y

確認のダイアログを表示しません。

az cosmosdb failover-priority-change

Azure Cosmos DB データベースアカウントのフェールオーバー優先度を変更します。

az cosmosdb failover-priority-change --failover-policies
                                     [--ids]
                                     [--name]
                                     [--resource-group]
                                     [--subscription]

Azure Cosmos DB データベースアカウントのフェールオーバー優先度を変更します。 自動

az cosmosdb failover-priority-change --failover-policies regionName=failoverPriority --name MyCosmosDBDatabaseAccount --resource-group MyResourceGroup

必須のパラメーター

--failover-policies

' RegionName = failoverPriority ' 形式のスペース区切りのフェールオーバーポリシー。 例: eastus=0 westus=1。

省略可能のパラメーター

--ids

1 つ以上のリソース ID (スペース区切り)。 'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

データベース アカウントCosmos DB名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます az account set -s NAME_OR_ID

az cosmosdb list

データベース アカウントAzure Cosmos DB一覧表示します。

az cosmosdb list [--query-examples]
                 [--resource-group]
                 [--subscription]

省略可能のパラメーター

--query-examples

JMESPath 文字列をお勧めします。 クエリの 1 つをコピーし、--query パラメーターの後に二重引用符で囲んで貼り付け、結果を表示できます。 これらのキーワードに基づいて候補を指定できるよう、1 つ以上の位置指定キーワードを追加できます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます az account set -s NAME_OR_ID

az cosmosdb list-connection-strings

データベース アカウントの接続文字列をAzure Cosmos DBします。

az cosmosdb list-connection-strings [--ids]
                                    [--name]
                                    [--resource-group]
                                    [--subscription]

データベース アカウントの接続文字列をAzure Cosmos DBします。 (自動生成)

az cosmosdb list-connection-strings --name MyCosmosDBDatabaseAccount --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--ids

1 つ以上のリソース ID (スペース区切り)。 'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

データベース アカウントCosmos DB名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます az account set -s NAME_OR_ID

az cosmosdb list-keys

データベース アカウントのアクセス キー Azure Cosmos DB一覧表示します。

az cosmosdb list-keys [--ids]
                      [--name]
                      [--resource-group]
                      [--subscription]

Azure Cosmos DB データベースアカウントのアクセスキーを一覧表示します。 自動

az cosmosdb list-keys --name MyCosmosDBDatabaseAccount --resource-group MyResourceGroup --subscription MySubscription

省略可能のパラメーター

--ids

1つまたは複数のリソース Id (スペース区切り)。 これは、' Resource Id ' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --Id またはその他の ' Resource Id ' 引数のいずれかを指定してください。

--name -n

Cosmos DB データベースアカウントの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 既定のサブスクリプションは、を使用して構成でき az account set -s NAME_OR_ID ます。

az cosmosdb list-read-only-keys

Azure Cosmos DB データベースアカウントの読み取り専用アクセスキーを一覧表示します。

az cosmosdb list-read-only-keys [--ids]
                                [--name]
                                [--resource-group]
                                [--subscription]

Azure Cosmos DB データベースアカウントの読み取り専用アクセスキーを一覧表示します。 自動

az cosmosdb list-read-only-keys --name MyCosmosDBDatabaseAccount --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--ids

1つまたは複数のリソース Id (スペース区切り)。 これは、' Resource Id ' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --Id またはその他の ' Resource Id ' 引数のいずれかを指定してください。

--name -n

Cosmos DB データベースアカウントの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 既定のサブスクリプションは、を使用して構成でき az account set -s NAME_OR_ID ます。

az cosmosdb regenerate-key

Azure Cosmos DB データベースアカウントのアクセスキーを再生成します。

az cosmosdb regenerate-key --key-kind {primary, primaryReadonly, secondary, secondaryReadonly}
                           [--ids]
                           [--name]
                           [--resource-group]
                           [--subscription]

Azure Cosmos DB データベースアカウントのアクセスキーを再生成します。 自動

az cosmosdb regenerate-key --key-kind primary --name MyCosmosDBDatabaseAccount --resource-group MyResourceGroup

必須のパラメーター

--key-kind

再生成するアクセスキー。

承認された値: primary, primaryReadonly, secondary, secondaryReadonly

省略可能のパラメーター

--ids

1つまたは複数のリソース Id (スペース区切り)。 'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

データベース アカウントCosmos DB名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます az account set -s NAME_OR_ID

az cosmosdb restore

既存のデータベース Azure Cosmos DB復元して、新しいデータベース アカウントを作成します。

az cosmosdb restore --account-name
                    --location
                    --resource-group
                    --restore-timestamp
                    --target-database-account-name
                    [--databases-to-restore]

既存のデータベース Azure Cosmos DB復元して、新しいデータベース アカウントを作成します。

az cosmosdb restore --target-database-account-name MyRestoredCosmosDBDatabaseAccount --account-name MySourceAccount --restore-timestamp 2020-07-13T16:03:41+0000 -g MyResourceGroup --location westus

選択したデータベースAzure Cosmos DBコレクションのみを既存のデータベース アカウントから復元して、新しいデータベース アカウントを作成します。

az cosmosdb restore -g MyResourceGroup --target-database-account-name MyRestoredCosmosDBDatabaseAccount --account-name MySourceAccount --restore-timestamp 2020-07-13T16:03:41+0000 --location westus --databases-to-restore name=MyDB1 collections=collection1 collection2 --databases-to-restore name=MyDB2 collections=collection3 collection4

必須のパラメーター

--account-name -a

復元に使用するCosmos DBソース アカウントの名前。

--location -l

復元がトリガーされるソース アカウントの場所。 これは、復元されたアカウントの書き込みリージョンにもなります。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--restore-timestamp -t

アカウントを復元する必要があるタイムスタンプ。

--target-database-account-name -n

復元後にデータベース アカウントCosmos DB新しいターゲット アカウントの名前。

省略可能のパラメーター

--databases-to-restore

復元するデータベースとそのコレクション名を追加します。

az cosmosdb show

データベース アカウントの詳細Azure Cosmos DB取得します。

az cosmosdb show [--ids]
                 [--name]
                 [--query-examples]
                 [--resource-group]
                 [--subscription]

データベース アカウントの詳細Azure Cosmos DB取得します。 (自動生成)

az cosmosdb show --name MyCosmosDBDatabaseAccount --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--ids

1 つ以上のリソース ID (スペース区切り)。 'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

Cosmos DB データベースアカウントの名前。

--query-examples

Jのパス文字列をお勧めします。 クエリの1つをコピーして、--query パラメーターの後に二重引用符で囲んで、結果を確認することができます。 これらのキーワードに基づいて提案を行うことができるように、1つまたは複数の位置指定キーワードを追加することができます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 既定のサブスクリプションは、を使用して構成でき az account set -s NAME_OR_ID ます。

az cosmosdb update

Azure Cosmos DB データベースアカウントを更新します。

az cosmosdb update [--backup-interval]
                   [--backup-retention]
                   [--capabilities]
                   [--default-consistency-level {BoundedStaleness, ConsistentPrefix, Eventual, Session, Strong}]
                   [--default-identity]
                   [--disable-key-based-metadata-write-access {false, true}]
                   [--enable-analytical-storage {false, true}]
                   [--enable-automatic-failover {false, true}]
                   [--enable-multiple-write-locations {false, true}]
                   [--enable-public-network {false, true}]
                   [--enable-virtual-network {false, true}]
                   [--ids]
                   [--ip-range-filter]
                   [--locations]
                   [--max-interval]
                   [--max-staleness-prefix]
                   [--name]
                   [--network-acl-bypass {AzureServices, None}]
                   [--network-acl-bypass-resource-ids]
                   [--resource-group]
                   [--server-version {3.2, 3.6, 4.0}]
                   [--subscription]
                   [--tags]
                   [--virtual-network-rules]

Azure Cosmos DB データベースアカウントを更新します。 自動

az cosmosdb update --capabilities EnableGremlin --name MyCosmosDBDatabaseAccount --resource-group MyResourceGroup

2つのリージョンを持つ新しい Azure Cosmos DB データベースアカウントを作成します。 英国南部がゾーン冗長です。

az cosmosdb update -n myaccount -g mygroup --locations regionName=eastus failoverPriority=0 isZoneRedundant=False --locations regionName=uksouth failoverPriority=1 isZoneRedundant=True --enable-multiple-write-locations --network-acl-bypass AzureServices --network-acl-bypass-resource-ids /subscriptions/subId/resourceGroups/rgName/providers/Microsoft.Synapse/workspaces/wsName

省略可能のパラメーター

--backup-interval

バックアップが実行される頻度 (分単位) (周期的モードのバックアップが含まれているアカウントのみ)。

--backup-retention

各バックアップが保持される時間 (時間単位) です (周期的モードのバックアップが含まれているアカウントのみ)。

--capabilities

Cosmos DB データベースアカウントのカスタム機能を設定します。

--default-consistency-level

Cosmos DB データベースアカウントの既定の一貫性レベル。

承認された値: BoundedStaleness, ConsistentPrefix, Eventual, Session, Strong
--default-identity

CMK 関連機能の key vault にアクセスするためのプライマリ id。 例: ' FirstPartyIdentity '、' SystemAssignedIdentity ' など。

--disable-key-based-metadata-write-access

アカウントキーを使用して、メタデータリソース (データベース、コンテナー、スループット) に対する書き込み操作を無効にします。

承認された値: false, true
--enable-analytical-storage

アカウントのログストレージを有効にするフラグ。

承認された値: false, true
--enable-automatic-failover

まれに、障害のためにリージョンが使用できない場合に、書き込みリージョンの自動フェールオーバーを有効にします。 自動フェールオーバーでは、アカウントに新しい書き込みリージョンが作成され、アカウントに構成されているフェールオーバー優先度に基づいて選択されます。

承認された値: false, true
--enable-multiple-write-locations

複数の書き込み場所を有効にする。

承認された値: false, true
--enable-public-network -e

サーバーへのパブリック ネットワーク アクセスを有効または無効にします。

承認された値: false, true
--enable-virtual-network

データベース アカウントで仮想Cosmos DBを有効にする。

承認された値: false, true
--ids

1 つ以上のリソース ID (スペース区切り)。 'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--ip-range-filter

ファイアウォールのサポート。 特定のデータベース アカウントのクライアント IP の許可リストとして追加する一連の IP アドレスまたは IP アドレス範囲を CIDR 形式で指定する必要があります。 IP アドレス/範囲はコンマで区切る必要があります。また、スペースを含めることはできません。

--locations

データベース アカウントの場所Cosmos DB追加します。

--max-interval

有界整合性制約の一貫性と併用すると、この値は許容される古さの期間を秒単位で示します。 この値の許容範囲は、1 ~ 100 です。

--max-staleness-prefix

有界整合性制約の一貫性と併用すると、この値は許容される古い要求の数を示します。 この値の許容範囲は 1 から 2,147,483,647 です。

--name -n

データベース アカウントCosmos DB名前。

--network-acl-bypass

ネットワーク ACL バイパスを有効または無効にするフラグ。

承認された値: AzureServices, None
--network-acl-bypass-resource-ids -i

ネットワーク ACL バイパスを許可するリソース ID の一覧。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--server-version

MongoDB アカウントでのみ有効です。

承認された値: 3.2, 3.6, 4.0
--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます az account set -s NAME_OR_ID

--tags

スペースで区切られたタグ: key[=value] [key[=value] ...]。既存のタグをクリアするには、"" を使用します。

--virtual-network-rules

仮想ネットワーク用の ACL。