az functionapp

関数アプリを管理します。 Azure Functions コアツールをインストールするには、「」を参照してください https://github.com/Azure/azure-functions-core-tools

コマンド

az functionapp app

アプリを管理Azure Functionsコマンド。

az functionapp app up

アクションを使用Azure FunctionsにGitHubします。

az functionapp config

関数アプリを構成します。

az functionapp config access-restriction

Functionapp のアクセス制限を表示、設定、追加、および削除するメソッド。

az functionapp config access-restriction add

Functionapp にアクセス制限を追加します。

az functionapp config access-restriction remove

Functionapp からアクセス制限を削除します。

az functionapp config access-restriction set

SCM サイトがメインサイトと同じ制限を使用しているかどうかを設定します。

az functionapp config access-restriction show

Functionapp のアクセス制限の設定を表示します。

az functionapp config appsettings

Function app の設定を構成します。

az functionapp config appsettings delete

関数アプリの設定を削除します。

az functionapp config appsettings list

関数アプリの設定を表示します。

az functionapp config appsettings set

関数アプリの設定を更新します。

az functionapp config container

関数アプリコンテナーの設定を管理します。

az functionapp config container delete

Function app コンテナーの設定を削除します。

az functionapp config container set

関数アプリコンテナーの設定を設定します。

az functionapp config container show

関数アプリコンテナーの設定の詳細を取得します。

az functionapp config hostname

関数アプリのホスト名を構成します。

az functionapp config hostname add

ホスト名を関数アプリにバインドします。

az functionapp config hostname delete

関数アプリからホスト名のバインドを解除します。

az functionapp config hostname get-external-ip

関数アプリの外部に接続する IP アドレスを取得します。

az functionapp config hostname list

関数アプリのすべてのホスト名バインドを一覧表示します。

az functionapp config set

関数アプリの構成を設定します。

az functionapp config show

関数アプリの構成の詳細を取得します。

az functionapp config ssl

SSL 証明書を構成します。

az functionapp config ssl bind

関数アプリに SSL 証明書をバインドします。

az functionapp config ssl create

関数アプリでホスト名のマネージド証明書を作成します。

az functionapp config ssl delete

関数アプリから SSL 証明書を削除します。

az functionapp config ssl import

アプリケーションから関数アプリに SSL 証明書をインポートKey Vault。

az functionapp config ssl list

関数アプリの SSL 証明書を一覧表示します。

az functionapp config ssl show

関数アプリの SSL 証明書の詳細を表示します。

az functionapp config ssl unbind

関数アプリから SSL 証明書のバインドを解除します。

az functionapp config ssl upload

アップロードアプリに SSL 証明書を送信します。

az functionapp cors

クロスオリジン リソース共有 (CORS) を管理します。

az functionapp cors add

許可されたオリジンを追加します。

az functionapp cors remove

許可されているオリジンを削除します。

az functionapp cors show

許可されたオリジンを表示します。

az functionapp create

関数アプリを作成します。

az functionapp delete

関数アプリを削除します。

az functionapp deploy

指定された成果物を Azure functionapp にデプロイします。

az functionapp deployment

関数アプリのデプロイを管理します。

az functionapp deployment container

コンテナーベースの継続的デプロイを管理します。

az functionapp deployment container config

コンテナーを使用した継続的なデプロイを構成します。

az functionapp deployment container show-cd-url

継続的配置のための webhook の構成に使用できる URL を取得します。

az functionapp deployment list-publishing-credentials

使用可能な関数アプリの発行資格情報の詳細を取得します。

az functionapp deployment list-publishing-profiles

使用可能な関数アプリデプロイ プロファイルの詳細を取得します。

az functionapp deployment slot

関数アプリのデプロイ スロットを管理します。

az functionapp deployment slot auto-swap

デプロイ スロットの自動スワップを構成します。

az functionapp deployment slot create

デプロイ スロットを作成します。

az functionapp deployment slot delete

デプロイ スロットを削除します。

az functionapp deployment slot list

すべてのデプロイ スロットを一覧表示します。

az functionapp deployment slot swap

関数アプリのデプロイ スロットを変更する。

az functionapp deployment source

ソース管理を使用して function app のデプロイを管理します。

az functionapp deployment source config

Git または Mercurial リポジトリからのデプロイを管理します。

az functionapp deployment source config-local-git

複製して関数アプリのデプロイのためにプッシュする git リポジトリエンドポイントの URL を取得します。

az functionapp deployment source config-zip

関数アプリの kudu zip プッシュデプロイを使用してデプロイを実行します。

az functionapp deployment source delete

ソース管理のデプロイ構成を削除します。

az functionapp deployment source show

ソース管理のデプロイ構成の詳細を取得します。

az functionapp deployment source sync

リポジトリから同期します。 手動統合モードでのみ必要です。

az functionapp deployment source update-token

Azure app service でキャッシュされたソース管理トークンを更新します。

az functionapp deployment user

デプロイのユーザー資格情報を管理します。

az functionapp deployment user set

デプロイ資格情報を更新します。

az functionapp deployment user show

発行ユーザーを取得します。

az functionapp devops-pipeline

Azure 関数固有の Azure DevOps。 詳細については、 https://aka.ms/functions-azure-devops にアクセスしてください。

az functionapp devops-pipeline create

関数アプリAzure DevOpsパイプラインを作成します。

az functionapp function

関数アプリ関数を管理します。

az functionapp function delete

関数を削除します。

az functionapp function keys

関数キーを管理します。

az functionapp function keys delete

関数キーを削除します。

az functionapp function keys list

すべての関数キーを一覧表示します。

az functionapp function keys set

関数キーを作成または更新します。

az functionapp function show

関数の詳細を取得します。

az functionapp hybrid-connection

Functionapp からのハイブリッド接続の一覧表示、追加、および削除を行うメソッド。

az functionapp hybrid-connection add

既存のハイブリッド接続を functionapp に追加します。

az functionapp hybrid-connection list

Functionapp でのハイブリッド接続の一覧を表示します。

az functionapp hybrid-connection remove

Functionapp からハイブリッド接続を削除します。

az functionapp identity

Web アプリの管理対象サービス id を管理します。

az functionapp identity assign

管理対象サービス id を web アプリに割り当てます。

az functionapp identity remove

Web アプリの管理対象サービス id を無効にします。

az functionapp identity show

Web アプリの管理対象サービス id を表示します。

az functionapp keys

関数アプリキーを管理します。

az functionapp keys delete

関数アプリキーを削除します。

az functionapp keys list

すべての関数アプリキーを一覧表示します。

az functionapp keys set

関数アプリキーを作成または更新します。

az functionapp list

関数アプリを一覧表示します。

az functionapp list-consumption-locations

関数アプリを実行するために使用できる場所を一覧表示します。

az functionapp log

関数アプリのログを管理します。

az functionapp log deployment

Manage function app deployment logs.

az functionapp log deployment list

List deployment logs of the deployments associated with function app.

az functionapp log deployment show

Show deployment logs of the latest deployment, or a specific deployment if deployment-id is specified.

az functionapp plan

Azure 関数の App Service プランを管理します。

az functionapp plan create

Azure 関数の App Service プランを作成します。

az functionapp plan delete

App Service プランを削除します。

az functionapp plan list

App Service プランを一覧表示します。

az functionapp plan show

リソースグループまたはリソースグループのセットの App Service プランを取得します。

az functionapp plan update

Azure 関数の App Service プランを更新します。

az functionapp restart

Function app を再起動します。

az functionapp show

関数アプリの詳細を取得します。

az functionapp start

関数アプリを起動します。

az functionapp stop

関数アプリを停止します。

az functionapp update

関数アプリを更新します。

az functionapp vnet-integration

functionapp から仮想ネットワークの統合を一覧表示、追加、削除するメソッド。

az functionapp vnet-integration add

functionapp にリージョン仮想ネットワーク統合を追加します。

az functionapp vnet-integration list

functionapp 上の仮想ネットワーク統合を一覧表示します。

az functionapp vnet-integration remove

functionapp からリージョン仮想ネットワーク統合を削除します。

az functionapp create

関数アプリを作成します。

関数アプリの名前は、一意の FQDN を AppName.azurewebsites.net として生成できる必要があります。

az functionapp create --name
                      --resource-group
                      --storage-account
                      [--app-insights]
                      [--app-insights-key]
                      [--assign-identity]
                      [--consumption-plan-location]
                      [--deployment-container-image-name]
                      [--deployment-local-git]
                      [--deployment-source-branch]
                      [--deployment-source-url]
                      [--disable-app-insights {false, true}]
                      [--docker-registry-server-password]
                      [--docker-registry-server-user]
                      [--functions-version {2, 3}]
                      [--os-type {Linux, Windows}]
                      [--plan]
                      [--role]
                      [--runtime {custom, dotnet, dotnet-isolated, java, node, powershell, python}]
                      [--runtime-version]
                      [--scope]
                      [--subscription]
                      [--tags]

基本的な関数アプリを作成します。

az functionapp create -g MyResourceGroup  -p MyPlan -n MyUniqueAppName -s MyStorageAccount

関数アプリを作成します。 自動

az functionapp create --consumption-plan-location westus --name MyUniqueAppName --os-type Windows --resource-group MyResourceGroup --runtime dotnet --storage-account MyStorageAccount

プライベート ACR イメージを使用して関数アプリを作成します。

az functionapp create -g MyResourceGroup -p MyPlan -n MyUniqueAppName --runtime node --storage-account MyStorageAccount --deployment-container-image-name myacr.azurecr.io/myimage:tag --docker-registry-server-password passw0rd --docker-registry-server-user MyUser

必須のパラメーター

--name -n

新しい関数アプリの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--storage-account -s

指定されたリソースグループの Storage アカウントの文字列値を指定します。 または、別のリソースグループ内の Storage アカウントのリソース ID。

省略可能のパラメーター

--app-insights

Function app に追加する既存のアプリインサイトプロジェクトの名前。 は、同じリソースグループに存在する必要があります。

--app-insights-key

追加するアプリインサイトのインストルメンテーションキー。

--assign-identity

スペースで区切られたシステム id またはユーザー割り当て id を受け入れます。 システムによって割り当てられた id を参照するには ' [system] ' を使用し、ユーザー割り当て id を参照するにはリソース id を使用します。 その他の例については、ヘルプを参照してください。

--consumption-plan-location -c

Function App がホストされる地理的な場所。 使用 az functionapp list-consumption-locations 可能な場所を表示するには、を使用します。

--deployment-container-image-name -i

Linux のみ。 Docker Hub からのコンテナーイメージの名前 (例: publisher/image-name: タグ)。

--deployment-local-git -l

ローカル git を有効にします。

--deployment-source-branch -b

配置する分岐。

既定値: master
--deployment-source-url -u

手動統合とリンクする Git リポジトリの URL。

--disable-app-insights

Functionapp の作成時に application insights リソースの作成を無効にします。 ログは使用できません。

承認された値: false, true
--docker-registry-server-password

コンテナーレジストリサーバーのパスワードです。 プライベートレジストリに必要です。

--docker-registry-server-user

コンテナーレジストリサーバーのユーザー名。

--functions-version

Functions アプリのバージョン。

承認された値: 2, 3
--os-type

作成するアプリの OS の種類を設定します。

承認された値: Linux, Windows
--plan -p

Function app service プランの名前またはリソース id。 1つを取得するには、' appservice plan create ' を使用します。 別のリソースグループの App Service プランを使用する場合は、プラン名ではなく、完全なリソース id を使用する必要があります。

--role

割り当てられたシステム id のロール名または id。

既定値: Contributor
--runtime

Functions ランタイムスタック。

承認された値: custom, dotnet, dotnet-isolated, java, node, powershell, python
--runtime-version

Functions ランタイムスタックのバージョン。 各--runtime に使用できる値は、> dotnet [5.0 (プレビュー)]、ノード > [12, 14]、java > [8、11]、powershell-> []、python-> [3.6、3.7、3.8、3.9] です。

--scope

システムが割り当てた id がアクセスできるスコープ。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 既定のサブスクリプションは、を使用して構成でき az account set -s NAME_OR_ID ます。

--tags

スペースで区切られたタグ: キー [= 値] [キー [= 値]...].既存のタグを消去するには、"" を使用します。

az functionapp delete

関数アプリを削除します。

az functionapp delete [--ids]
                      [--name]
                      [--resource-group]
                      [--slot]
                      [--subscription]

関数アプリを削除します。 自動

az functionapp delete --name MyFunctionApp --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--ids

1つまたは複数のリソース Id (スペース区切り)。 これは、' Resource Id ' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --Id またはその他の ' Resource Id ' 引数のいずれかを指定してください。

--name -n

関数アプリの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で生産スロットに設定されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 既定のサブスクリプションは、を使用して構成でき az account set -s NAME_OR_ID ます。

az functionapp deploy

指定された成果物を Azure functionapp にデプロイします。

az functionapp deploy [--async {false, true}]
                      [--clean {false, true}]
                      [--ids]
                      [--ignore-stack {false, true}]
                      [--name]
                      [--resource-group]
                      [--restart {false, true}]
                      [--slot]
                      [--src-path]
                      [--src-url]
                      [--subscription]
                      [--target-path]
                      [--timeout]
                      [--type {ear, jar, lib, startup, static, war, zip}]

War ファイルを非同期的にデプロイします。

az functionapp deploy --resource-group ResouceGroup --name AppName --src-path SourcePath --type war --async true

Wwwroot/staticfiles/test.txt に静的テキストファイルを配置する

az functionapp deploy --resource-group ResouceGroup --name AppName --src-path SourcePath --type static --target-path staticfiles/test.txt

省略可能のパラメーター

--async

非同期配置。

承認された値: false, true
--clean

True の場合、ファイルを展開する前にターゲットディレクトリをクリーンアップします。 既定値は、成果物の種類に基づいて決定されます。

承認された値: false, true
--ids

1つまたは複数のリソース Id (スペース区切り)。 これは、' Resource Id ' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --Id またはその他の ' Resource Id ' 引数のいずれかを指定してください。

--ignore-stack

True の場合、スタック固有の既定値はすべて無視されます。

承認された値: false, true
--name -n

配置先の関数アプリの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--restart

True の場合、デプロイ後に web アプリが再起動され、既定値は true になります。 複数のアイテムを展開していて、以前の展開でサイトを再起動したくない場合は、false に設定します。

承認された値: false, true
--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で生産スロットに設定されます。

--src-path

配置する成果物のパス。 例: "myapp.zip" または "/myworkspace/apps/myapp.war"。

--src-url

成果物の URL。 Webapp は、この URL から成果物をプルします。 例: " http://mysite.com/files/myapp.war?key=123 "。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 既定のサブスクリプションは、を使用して構成でき az account set -s NAME_OR_ID ます。

--target-path

成果物を配置する絶対パス。 既定値は "home/site/wwwroot/" です。 例: "/home/site/deployments/tools/"、"/home/site/scripts/startup-script.sh"。

--timeout

デプロイ操作のタイムアウト (ミリ秒単位)。

--type

配置される成果物の種類をオーバーライドするために使用されます。

承認された値: ear, jar, lib, startup, static, war, zip

az functionapp list

関数アプリを一覧表示します。

az functionapp list [--query-examples]
                    [--resource-group]
                    [--subscription]

すべての関数アプリの既定のホスト名と状態を一覧表示します。

az functionapp list --query "[].{hostName: defaultHostName, state: state}"

実行中のすべての関数アプリを一覧表示します。

az functionapp list --query "[?state=='Running']"

省略可能のパラメーター

--query-examples

Jのパス文字列をお勧めします。 クエリの1つをコピーして、--query パラメーターの後に二重引用符で囲んで、結果を確認することができます。 これらのキーワードに基づいて提案を行うことができるように、1つまたは複数の位置指定キーワードを追加することができます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 既定のサブスクリプションは、を使用して構成でき az account set -s NAME_OR_ID ます。

az functionapp list-consumption-locations

関数アプリを実行するために使用できる場所を一覧表示します。

az functionapp list-consumption-locations [--subscription]

省略可能のパラメーター

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 既定のサブスクリプションは、を使用して構成でき az account set -s NAME_OR_ID ます。

az functionapp restart

Function app を再起動します。

az functionapp restart [--ids]
                       [--name]
                       [--resource-group]
                       [--slot]
                       [--subscription]

Function app を再起動します。 自動

az functionapp restart --name MyFunctionApp --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--ids

1つまたは複数のリソース Id (スペース区切り)。 これは、' Resource Id ' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --Id またはその他の ' Resource Id ' 引数のいずれかを指定してください。

--name -n

関数アプリの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で生産スロットに設定されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 既定のサブスクリプションは、を使用して構成でき az account set -s NAME_OR_ID ます。

az functionapp show

関数アプリの詳細を取得します。

az functionapp show [--ids]
                    [--name]
                    [--query-examples]
                    [--resource-group]
                    [--slot]
                    [--subscription]

関数アプリの詳細を取得します。 自動

az functionapp show --name MyFunctionApp --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--ids

1つまたは複数のリソース Id (スペース区切り)。 これは、' Resource Id ' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --Id またはその他の ' Resource Id ' 引数のいずれかを指定してください。

--name -n

関数アプリの名前。

--query-examples

Jのパス文字列をお勧めします。 クエリの1つをコピーして、--query パラメーターの後に二重引用符で囲んで、結果を確認することができます。 これらのキーワードに基づいて提案を行うことができるように、1つまたは複数の位置指定キーワードを追加することができます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で生産スロットに設定されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 既定のサブスクリプションは、を使用して構成でき az account set -s NAME_OR_ID ます。

az functionapp start

関数アプリを起動します。

az functionapp start [--ids]
                     [--name]
                     [--resource-group]
                     [--slot]
                     [--subscription]

関数アプリを起動します。 自動

az functionapp start --name MyFunctionApp --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--ids

1つまたは複数のリソース Id (スペース区切り)。 これは、' Resource Id ' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --Id またはその他の ' Resource Id ' 引数のいずれかを指定してください。

--name -n

関数アプリの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で生産スロットに設定されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 既定のサブスクリプションは、を使用して構成でき az account set -s NAME_OR_ID ます。

az functionapp stop

関数アプリを停止します。

az functionapp stop [--ids]
                    [--name]
                    [--resource-group]
                    [--slot]
                    [--subscription]

関数アプリを停止します。 自動

az functionapp stop --name MyFunctionApp --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--ids

1つまたは複数のリソース Id (スペース区切り)。 これは、' Resource Id ' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --Id またはその他の ' Resource Id ' 引数のいずれかを指定してください。

--name -n

関数アプリの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で生産スロットに設定されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 既定のサブスクリプションは、を使用して構成でき az account set -s NAME_OR_ID ます。

az functionapp update

関数アプリを更新します。

az functionapp update [--add]
                      [--force]
                      [--force-string]
                      [--ids]
                      [--name]
                      [--plan]
                      [--remove]
                      [--resource-group]
                      [--set]
                      [--subscription]

関数アプリを更新します。 自動

az functionapp update --name MyFunctionApp --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--add

パスとキーと値のペアを指定して、オブジェクトのリストにオブジェクトを追加します。 例:--add property. listProperty <key = value、string、または JSON string>。

--force

functionapp をプレミアムから従量課金プランに移行しようとする場合に必要です。

--force-string

' Set ' または ' add ' を使用する場合は、JSON への変換を試みる代わりに文字列リテラルを保持します。

--ids

1つまたは複数のリソース Id (スペース区切り)。 これは、' Resource Id ' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --Id またはその他の ' Resource Id ' 引数のいずれかを指定してください。

--name -n

関数アプリの名前。

--plan

Functionapp を更新するプランの名前またはリソース id。

--remove

プロパティまたは要素をリストから削除します。 例:--プロパティを削除します。リスト または--propertyToRemove を削除します。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--set

設定するプロパティのパスと値を指定して、オブジェクトを更新します。 例:--set property1. property2 =.

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 既定のサブスクリプションは、を使用して構成でき az account set -s NAME_OR_ID ます。