Azure CLI 対話モードAzure CLI interactive mode

Azure CLI を対話モードで使用するには、az interactive コマンドを実行します。You can use Azure CLI in interactive mode by running the az interactive command. このモードにより対話型シェルに移動することで、オートコンプリート、コマンドの説明、および例にアクセスできるようになります。This mode places you in an interactive shell with auto-completion, command descriptions, and examples.

対話モード

注意

黒の背景でも読みやすさは変わらないため、ここでは既定のスタイルを使用していません。We're not using the default style here, which doesn't read as well on a black background.

まだアカウントにサインインしていない場合は、login コマンドを使用します。If you're not already signed in to your account, use the login command.

構成Configure

対話モードでは、必要に応じて、コマンドの説明、パラメーターの説明、およびコマンドの例が表示されます。Interactive mode optionally displays command descriptions, parameter descriptions, and command examples. 説明と例のオン/オフを切り替えるには、F1 を使用します。Turn descriptions and examples on or off using F1.

説明と例

パラメーターの既定値の表示のオン/オフを切り替えるには、F2 を使用します。You can turn the display of parameter defaults on or off using F2.

既定値

F3 では、一部のキー ジェスチャの表示を切り替えることができます。F3 toggles the display of some key gestures.

ジェスチャ

Scope (スコープ)Scope

対話モードのスコープを、vmvm image などの特定のコマンド グループに指定することができます。You can scope your interactive mode to a specific command group like vm or vm image. これを行うと、すべてのコマンドがそのスコープ内で解釈されます。When you do, all commands are interpreted in that scope. そのコマンド グループですべての作業を行う場合は、これを使って簡略化できます。It's a great shorthand if you're doing all your work in that command group.

次のコマンドを入力する代わりに、Instead of typing these commands:

az>> vm create -n myVM -g myRG --image UbuntuLTS
az>> vm list -o table

次のように、vm コマンド グループにスコープを指定して、対象のコマンドを入力します。You can scope to the vm command group and type these commands:

az>> %%vm
az vm>> create -n myVM -g myRG --image UbuntuLTS
az vm>>list -o table

下位レベルのコマンド グループにもスコープを指定できます。You can scope to lower-level command groups as well. vm image にスコープを指定するには、%%vm image を使用します。You could scope to vm image using %%vm image. この場合、既に vm にスコープを指定しているため、%%image を使用します。In this case, since we're already scoped to vm, we would use %%image.

az vm>> %%image
az vm image>>

この時点で、%%.. を使用すると、スコープを vm に戻すことができます。また、%% だけを指定すると、スコープをルートに指定できます。At that point, we can pop the scope back up to vm using %%.., or we can scope to the root with just %%.

az vm image>> %%
az>>

QueryQuery

?? と、その後に JMESPath クエリを指定して、最後に実行したコマンドの結果に対して、JMESPath クエリを実行することができます。You can execute a JMESPath query on the results of the last command that you executed by using ??followed by a JMESPath query. たとえば、グループの作成後に、その新しいグループの ID を取得することができます。For example, after you created a group, you can retrieve the id of the new group.

az>> group create -n myRG -l westEurope
az>> "?? id"

この構文では前に実行したコマンドの結果を引数として使用することもできます。* たとえば、すべてのグループを一覧表示した後に、最初のグループ内で西ヨーロッパにある virtualMachine の種類のリソースをすべて一覧表示することができます。You can also use this syntax to use the result of the previous command as an argument for your next command.* For instance after having listed all groups, list all the resources of type virtualMachineon the first group whose location is westeurope.

az>> vm create --name myVM --resource-group myRG --image UbuntuLTS --no-wait -o json
az>> group list -o json
az>> resource list -g "?? [?location=='westeurope'].name | [0]" --query "[?type=='Microsoft.Compute/virtualMachines'].name

コマンドの結果に対してクエリを実行する方法の詳細については、Azure CLI でのコマンド結果に対するクエリの実行に関するページをご覧ください。To learn more about querying the results of your commands, see Query command results with the Azure CLI.

Bash コマンドBash commands

#[cmd] を使用して、対話モードのままシェル コマンドを実行できます。You can run shell commands without leaving interactive mode using #[cmd].

az>> #dir

Examples

一部のコマンドには例が多数あります。Some commands have lots of examples. 次の例のページにスクロールするには、CTRL-N を使用します。前のページに戻るには、CTRL-Y を使用します。You can scroll to the next page of examples using CTRL-N and the previous page using CTRL-Y.

例

::# を使用して、特定の例を確認することもできます。You can also look at a specific example using ::#.

az>> vm create ::8