Azure CLI リリース ノートAzure CLI release notes

2020 年 7 月 16 日July 16, 2020

バージョン 2.9.1Version 2.9.1

AKSAKS

  • VMSS が既定になったため、Windows のコマンド例からこの明示的な設定を削除しますRemove explicit setting of VMSS in Windows example command since it is now default

IoTIoT

  • [破壊的変更] az iot pnp:コア CLI から IoT PNP プレビューのコマンドを削除します[BREAKING CHANGE] az iot pnp: Remove IoT PNP preview commands from core CLI

RESTREST

  • #14152 の修正: az rest:サブスクリプション ID なしで ARM URL を受け入れますFix #14152: az rest: Accept ARM URLs without subscription ID

ストレージStorage

  • #14138 の修正:いくつかのアクセス許可を省略可能にしますFix #14138: Make some permissions optional

2020 年 7 月 14 日July 14, 2020

バージョン 2.9.0Version 2.9.0

ACRACR

  • レジストリからストリームログへのログ成果物リンクを処理するHandle log artifact link from Registry to stream logs
  • helm2 コマンドの廃止Deprecate helm2 commands

AKSAKS

  • az aks create: --enable-aad 引数を追加az aks create: add --enable-aad argument
  • az aks update: --enable-aad 引数を追加az aks update: add --enable-aad argument

APIMAPIM

  • 一般的な az apim api コマンドを追加しましたAdded general az apim api commands

AppConfigAppConfig

  • appconfig revision の --fields を使用する例を追加しますAdd example for using --fields in appconfig revision

AppServiceAppService

  • az functionapp create:Java 11 と Powershell 7 のサポートが追加されました。az functionapp create: Added support for Java 11 and Powershell 7. スタック API のサポートを追加しました。Added Stacks API Support.
  • 複数コンテナーアプリの作成が失敗する #14208 を修正しますFix #14208 multi-container app creation fails
  • az webapp create の修正 - ハードコーディングしたランタイム スタックの使用Fix az webapp create - use hardcoded runtime stacks

ARMARM

  • az resource tag:リソースの種類 Microsoft.ContainerInstance/containerGroups を使用したリソースへのタグ付けの問題を修正しますaz resource tag: Fix the problem of tagging resources with resource type Microsoft.ContainerInstance/containerGroups

ComputeCompute

  • ディスク 2020-05-01、コンピューティング 2020-06-01 にバージョンアップしますBump version disks 2020-05-01, compute 2020-06-01
  • ディスク暗号化セットのダブル暗号化Double encryption of disk encryption set
  • az vmss update: クロステナント イメージの指定をサポートします。az vmss update: support specify cross tenant image.
  • az sig image-version create: クロステナント イメージの指定をサポートします。az sig image-version create: support specify cross tenant image.
  • vm/vmss create: OS/データ ディスクと VM および VMSS の一時ディスクのキャッシュおよびデータの送信中の暗号化vm/vmss create: Encryption of cache & data-in-transit for OS/Data disks and temp disks for VM & VMSS
  • VM と VMSS の simulate-eviction 操作の追加Add simulate-eviction operation for VM and VMSS

Cosmos DBCosmosDB

  • 最近の機能:Autoscale、IpRules、EnableFreeTier および EnableAnalyticalStorageRecent features: Autoscale, IpRules, EnableFreeTier and EnableAnalyticalStorage

EventGridEventGrid

  • 2020-04-01-preview の CLI サポートの追加およびプレビュー機能への is_Preview=True のマーキングAdd CLI support for 2020-04-01-preview and mark preview features with is_Preview=True

FindFind

  • #14094 az find の修正。ログインしておらず、テレメトリが無効になっている場合にクエリが失敗する問題を修正します。Fix #14094 az find Fix Queries failing when not logged in and when telemetry is disabled

HDInsightHDInsight

  • hdinsight ノードの再起動機能をサポートする 2 つのコマンドを追加しますAdd two commands to support hdinsight node reboot feature

モニターMonitor

  • Log Analytics ワークスペースのコマンドのプレビュー フラグを削除しますRemove preview flag for commands under Log Analytics workspace
  • az monitor diagnostic-settings subscription:サブスクリプションの診断設定をサポートしますaz monitor diagnostic-settings subscription: Support diagnositc settings for subscription
  • az monitor metrics: メトリック名の ',' と '|' をサポートしますaz monitor metrics: support ',' and '|' in metric name
  • az monitor log-analytics workspace data-export: ログ分析データのエクスポートをサポートしますaz monitor log-analytics workspace data-export: support log analytics data export

ネットワークNetwork

  • az network application-gateway frontend-ip update:--public-ip-address パラメーターを非推奨にしますaz network application-gateway frontend-ip update: Deprecating the --public-ip-address parameter
  • azure-mgmt-network を 11.0.0 にバージョンアップBump azure-mgmt-network to 11.0.0
  • az network express-route gateway connection: ルーティングの構成をサポートしますaz network express-route gateway connection: support routing configuration
  • az network virtual-appliance:Azure ネットワーク仮想アプライアンスをサポートしますaz network virtual-appliance: Support Azure network virtual appliance.
  • App Gateway でプライベート リンク機能をサポートしますApplication Gateway support private link feature

PolicyInsightsPolicyInsights

  • az policy state: ポリシーの準拠評価をトリガーする trigger-scan コマンドを追加しますaz policy state: add trigger-scan command to trigger policy compliance evaluations
  • az policy state list: 各コンプライアンス レコードでポリシー エンティティのバージョンを公開しますaz policy state list: expose versions of policy entities in each compliance record

プロファイルProfile

  • az account get-access-token:マネージド ID の expiresOn を表示しますaz account get-access-token: Show expiresOn for Managed Identity

RDBMSRDBMS

  • TLS の最小バージョンをサポートしますSupport Minimum TLS version
  • Azure Postgres および MySQL のインフラストラクチャ暗号化を追加しますAdd Infrastructure Encryption for Azure Postgres and MySQL

セキュリティSecurity

  • allowed_connections コマンドを追加しますAdd allowed_connections commands
  • アダプティブ ネットワークの hardeningss コマンドを追加しますAdd Adaptive network hardeningss commands
  • adaptive_application_controls コマンドを追加しますAdd adaptive_application_controls commands
  • az security iot-solution/iot-alerts/iot-recommendations/iot-analytics REST を Azure CLI に追加Addition of az security iot-solution/ iot-alerts/iot-recommendations/iot-analytics REST to Azure CLI
  • 規制コンプライアンス CLI を追加しますAdd regulatory compliance CLI

SignalRSignalR

  • プライベート エンドポイント接続、ネットワーク ルール、アップストリームの管理などの機能を追加しますAdd features including managing private endpoint connections, network rules and upstream

SQLSQL

  • az sql mi createaz sql mi update:リソースのタグ付けをサポートするためにパラメーター --tags を追加しますaz sql mi create, az sql mi update: Add --tags parameter to support resource tagging
  • az sql mi failover:プライマリまたはセカンダリ ポイントからのフェールオーバーをサポートしますaz sql mi failover: Support failover from primary or secondary point

ストレージStorage

  • az storage account create/update:BLOB とコンテナーのパブリック アクセスを許可または禁止する --allow-blob-public-access を追加します。az storage account create/update: Add --allow-blob-public-access to allow or disallow public access for blob and containers
  • az storage account create/update:ストレージへの要求で許可される最小 TLS バージョンの設定をサポートするように --min-tls-version を追加します。az storage account create/update: Add --min-tls-version to support setting the minimum TLS version to be permitted on requests to storage.
  • チェックイン トークン資格情報を削除しますRemove check in token credential
  • 例のストレージ アカウント名を修正しますFix the storage account name in examples

WebappWebapp

  • バグ修正: az webapp log deployment show - ログ メタデータではなくデプロイ ログを返しますBugfix: az webapp log deployment show - return deployment logs instead of log metadata
  • バグ修正: az webapp vnet-integration add - VNET 名が正しくない場合のエラー処理を修正します。VNET リソース ID をサポートしますBugfix: az webapp vnet-integration add - fix error handling if bad vnet name, support vnet resource ID

2020 年 6 月 23 日June 23, 2020

バージョン 2.8.0Version 2.8.0

ACRACR

  • リージョン エンドポイントの無効化/ルーティングの無効化のサポートを追加Add support for region endpoint disable / routing disable
  • [破壊的変更] az acr login --expose-token にはユーザー名とパスワードを使用できません[BREAKING CHANGE] az acr login --expose-token does not accept username and password

ACSACS

  • プライベート クラスターおよび 2019-10-27-preview API を削除しますRemove private cluster and 2019-10-27-preview API

AKSAKS

  • az aks upgrade で --yes をサポートしますSupport --yes for az aks upgrade
  • 「既定の vm sku の Standard_D2s_v3 への変更 (#13541)」を元に戻しますRevert "change default vm sku to Standard_D2s_v3 (#13541)"
  • "az aks update --uptime-sla" を追加しますAdd "az aks update --uptime-sla"
  • az aks update コマンドでのスペルミスの修正Fix typo in az aks update command
  • 0 ノード エージェント プールをサポートするように変更し、CAS が有効になっているプールの手動スケールをブロックしますChange to support 0 node agent pool and block manual scale for CAS enabled pool
  • VirtualMachineScaleSets のスペルミスを修正し、Kubernetes バージョンへの参照を更新しますFix typo on VirtualMachineScaleSets and update references to Kubernetes versions

AMSAMS

  • "--expiry" パラメーターのヘルプ テキストを変更します。CHANGE help text for "--expiry" parameter.

AppServiceAppService

  • az webapp log deployment show:最新のデプロイ ログ、または deployment-id が指定されている場合は特定の展開のデプロイ ログを表示しますaz webapp log deployment show: Show the latest deployment log, or the deployment logs of a specific deployment if deployment-id is specified
  • az webapp log deployment list:使用可能なデプロイ ログの一覧az webapp log deployment list: List of deployment logs available
  • 解決策:無効な webapp 名が指定されたときにエラーを表示しますFix: Surface error when invalid webapp name provided
  • 修正 #13261: 新しいスタック API が使用可能になるまで、az webapp list-runtime で静的リストを使用しますFix #13261 az webapp list-runtimes use static list until new Available Stacks API is available
  • az appservice ase create:作成の問題 #13361 を修正しますaz appservice ase create: Fix create issue #13361
  • az appservice ase list-addresses:SDK の変更 #13140 を修正します。az appservice ase list-addresses: Fix change of SDK #13140.
  • Windows コンテナーの webapp/スロットの作成を修正しますFix webapp/slot creation for Windows Containers
  • az webapp auth update:runtime-version を更新するための省略可能なパラメーターを追加しますaz webapp auth update: Add optional parameter to update runtime-version
  • CLI での webapp のプライベート エンドポイント接続の一覧表示、削除、承認、拒否をサポートしますSupport list, delete, approve and reject private endpoint connection for webapp in CLI
  • #13888 の修正:静的 WebApps の get、list、create コマンドのサポートを追加しますFix #13888 : Add support for Static WebApps: get, list, create commands
  • SSH トンネル接続のエラー メッセージを改善しましたImproved error messages for SSH Tunnel Connection

ARMARM

  • az tag:-h の例を追加しますaz tag: Add examples for -h
  • az deployment group/sub what-if:--exclude-change-types/-x パラメーターを追加します。az deployment group/sub what-if: Add --exclude-change-types/-x parameter.
  • az deployment group/sub/mg/tenant create:--what-if-exclude-change-types/-x パラメーターを追加します。az deployment group/sub/mg/tenant create: Add --what-if-exclude-change-types/-x parameter.
  • az deployment group/sub/mg/tenant validate:エラー メッセージをより適切な形式で表示します。az deployment group/sub/mg/tenant validate: Show error messages in a better format.
  • az group export:新しいパラメーター --skip-resource-name-params--skip-all-params を追加してスキップのパラメーター化をサポートしますaz group export: Add new parameters --skip-resource-name-params and --skip-all-params to support skip parameterization
  • az feature unregister API を追加しますAdd az feature unregister api

AROARO

  • イングレス/apiserver の可視性を高めるために、Public、Private をパラメーターに追加します。Add Public, Private to params for help with ingress/apiserver visibility

BatchBatch

  • az batch account create:新しいパラメーター --public-network-access を追加しますaz batch account create: Add new parameter --public-network-access
  • az batch account create:新しいパラメーター --identity-type を追加しますaz batch account create: Add new parameter --identity-type
  • az batch account set:新しいパラメーター --identity-type を追加しますaz batch account set: Add new parameter --identity-type
  • [破壊的変更] az batch pool create:カスタム イメージを使用してプールを作成する場合、--image プロパティは、Shared Image Gallery イメージのみを参照できるようになりました。[BREAKING CHANGE] az batch pool create: When creating a pool using a custom image, the --image property of can now only refer to a Shared Image Gallery image.
  • [破壊的変更] az batch pool create:--json-file オプションを使用してプールを作成し、networkConfiguration を指定するときの publicIPs プロパティは、新しいプロパティ publicIPAddressConfiguration に移動しました。[BREAKING CHANGE] az batch pool create: When creating a pool with --json-file option and specifying a networkConfiguration, the publicIPs property has moved in to a new property publicIPAddressConfiguration. この新しいプロパティでは、新しい ipAddressProvisioningType プロパティもサポートしています。これは、プールが IP を割り当てる方法と publicIPs プロパティを指定します。これにより、ipAddressProvisioningType が UserManaged に設定されている場合に使用する PublicIP リソースのリストを構成できます。This new property also supports a new ipAddressProvisioningType property which specifies how the pool should allocate IP's and a publicIPs property which allows for configuration of a list of PublicIP resources to use in the case ipAddressProvisioningType is set to UserManaged
  • az network private-link-resource:Microsoft.Batch batchAccount リソースのサポートを追加しますaz network private-link-resource: Add support for the Microsoft.Batch batchAccount resource
  • az network private-endpoint-connection:Microsoft.Batch batchAccount リソースのサポートを追加しますaz network private-endpoint-connection: Add support for the Microsoft.Batch batchAccount resource

CDNCDN

  • az cdn custom-domain enable-https:BYOC サポートを追加します。az cdn custom-domain enable-https: Add BYOC support.
  • az cdn custom-domain enable-https:Standard_Verizon および Standard_Microsoft SKU に対して CDN で管理されている証明書を使用したカスタム HTTPS の有効化を修正します。az cdn custom-domain enable-https: Fix enabling custom HTTPS with CDN managed certificates for Standard_Verizon and Standard_Microsoft SKUs.

Cognitive ServicesCognitive Services

  • [破壊的変更] az cognitiveservices account の構造が、すべてのコマンドに対して統一されました。[BREAKING CHANGE] az cognitiveservices account now have a unified structure for all commands.
  • az cognitiveservices account identity:Cognitive Services の ID 管理を追加します。az cognitiveservices account identity: Add identity management for Cognitive Services.

ComputeCompute

  • az image builder:API バージョンを 2020-02-14 にアップグレードしますaz image builder: Upgrade API version to 2020-02-14
  • az image builder create:ID 構成をサポートするための --identity を追加しますaz image builder create: Add --identity to support identity configuration
  • az image builder customizer add:Windows Update カスタマイザーをサポートしますaz image builder customizer add: Support Windows update customizer
  • 新しいコマンド az image builder cancelNew command az image builder cancel
  • ユーザーが最新ではなく特定のイメージ バージョンに固定された VMSS をデプロイしたときに警告を表示しますShow a warning when a user deploys a VMSS pinned to a specific image version rather than latest

Cosmos DBCosmos DB

  • az cosmosdb:exists コマンドをデータベースおよびコンテナー グループに追加しますaz cosmosdb: Add exists command to database and container groups
  • 固定コレクションの作成を許可しますAllow creating fixed collections

EventHubEventHub

  • az eventhubs namespace create:マネージド ID パラメーターを追加しますaz eventhubs namespace create : Add managed identity parameters

拡張機能Extension

  • --version を追加して、特定のバージョンからのインストールをサポートしますAdd --version to support to install from a specific version
  • 'azure' 名前空間のパッケージを含めるように CLI 拡張機能を有効にしますEnable CLI extensions to include packages in the 'azure' namespace

Iot ハブIot Hub

  • [破壊的変更] az iot hub job:非推奨の job コマンドを削除します[BREAKING CHANGE] az iot hub job: Remove deprecated job commands

KeyVaultKeyVault

  • az keyvault key import:2 つの新しいパラメーターを使用した文字列からのインポートをサポートします。az keyvault key import: Supports importing from strings via two new parameters.
  • 格納されているキーを使用した文字列/バイトの暗号化と復号化をサポートしますSupport string/bytes encryption and decryption with stored keys

モニターMonitor

  • クラスター作成の no wait をサポートしますSupport no wait for cluster creation
  • az monitor log-analytics workspace saved-search:保存された検索用の新しいコマンドをサポートしますaz monitor log-analytics workspace saved-search: Support new commands for saved search

ネットワークNetwork

  • az network application-gateway address-pool update:ヘルプ メッセージを改善し、例を追加します。az network application-gateway address-pool update: Refine help message and add examples.
  • az network vnet create:--nsg 引数をサポートしますaz network vnet create: Support --nsg argument
  • az network lb address-pool:バックエンド アドレスを使用した create lb backend pool をサポートします。az network lb address-pool: Support create lb backend pool with backend address.
  • az network application-gateway address-pool:--add 引数を修正しますaz network application-gateway address-pool: Fix for --add argument

RBACRBAC

  • az ad sp create-for-rabc:スペース、スラッシュ、および円記号を含む名前をサポートしますaz ad sp create-for-rabc: Support name with space, slash and back slash
  • az ad sp create-for-rbac:ユーザーが無効なスコープを指定した場合のエラー メッセージを改善しますaz ad sp create-for-rbac: Refine error message when user specify an invalid scope

セキュリティSecurity

  • セキュリティ評価のコマンドを追加しますAdd security assessment commands

SQLSQL

  • az sql db ltr-policy/ltr-backup: 長期保持ポリシーを更新/表示し、長期保持バックアップを表示/削除し、長期保持バックアップを復元しますaz sql db ltr-policy/ltr-backup: update/show long term retention policy, show/delete long term retention backups, restore long term retention backup

ストレージStorage

  • --subscription の get トークンをサポートするための認証の問題を修正しますFix authentication issue to support get token for --subscription
  • az storage remove:操作エラーの例外を発生させるように #13459 問題を修正しましたaz storage remove: Fix issue #13459 to raise exception for operation failure
  • 問題 #13012、#13632 および #13657 を修正し、generate-sas 関連コマンドの使用されていない引数を削除しましたFix issues #13012, #13632 and #13657 to remove unused arguments for generate-sas related commands
  • az storage logging update:ログ バージョンのチェックを追加しましたaz storage logging update: Add check for logging version
  • az storage blob show:track 2 SDK を使用する BLOB 用のプロパティを追加しましたaz storage blob show: Add more properties for blob with track 2 SDK
  • #13708 の修正:資格情報の警告メッセージを改善しますFix #13708: Refine warning message for credential
  • az storage share-rm create/update:NFS プロトコルとルート スカッシュのサポートを追加しますaz storage share-rm create/update: Add NFS protocol and root squash support
  • az storage account create:ダブル暗号化のサポートを追加しますaz storage account create: Add support for double encryption
  • [破壊的変更] az storage blob/container/file/share/table/queue generate-sas: --expiry と --permissions を必須にします[BREAKING CHANGE] az storage blob/container/file/share/table/queue generate-sas: make --expiry and --permissions required
  • az storage blob set-tier:リハイドレートの優先度の設定をサポートするには、Track 2 に移行してくださいaz storage blob set-tier: Migrate to Track 2 to support setting rehydrate priority

2020 年 6 月 2 日June 02, 2020

バージョン 2.7.0Version 2.7.0

ACRACR

  • トークン作成のエラー メッセージのタイポを修正しますFix a typo in an error message of token creation

AKSAKS

  • 既定の vm sku を Standard_D2s_v3 に変更しますChange default vm sku to Standard_D2s_v3
  • MSI クラスターとカスタム サブネットに対するロールの割り当て作成を修正しますFix creating role assignment for MSI clsuter plus custom subnet

AppServiceAppService

  • az appservice list-locations が無効な場所を返す #12739 を修正しますFix #12739 az appservice list-locations returns some invalid locations

ARMARM

  • az deployment:コメントを削除して圧縮した後の JSON の不適切なメッセージの問題 #13159 を修正しますaz deployment: Fix issue #13159 of incorrect message of JSON after removing comments and compressing
  • az resource tag:リソースの種類 Microsoft.ContainerRegistry/registries/webhooks を使用したリソースへのタグ付けの問題 #13255 を修正しますaz resource tag: Fix issue #13255 of tagging resources with resource type Microsoft.ContainerRegistry/registries/webhooks
  • リソース モジュールの例を改善しますImprove the examples for the resource module

AROARO

  • CLIError を変更して--worker-vm-disk-size-gb のフラグを修正しますChange CLIError to correct flag for --worker-vm-disk-size-gb

EventHubEventHub

  • 引数 --capture-interval で "intervalInSeconds" が更新されない問題 #12406 を修正しますFix for issue #12406 Argument --capture-interval does not update the "intervalInSeconds"

HDInsightHDInsight

  • get_json_object を shell_safe_json_parse に変更しますChange get_json_object to shell_safe_json_parse

モニターMonitor

  • az monitor metrics alert: 複数のヘルプ メッセージを修正しますaz monitor metrics alert: refine several help messages
  • az monitor diagnostic-settings create: --export-to-resource-specific 引数をサポートしますaz monitor diagnostic-settings create: support --export-to-resource-specific argument
  • LA ワークスペースの復旧をサポートしますSupport LA workspace recover

ネットワークNetwork

  • az network dns zone: - 文字をサポートしますaz network dns zone: support - character
  • az network vpn-connection ipsec-policy:--sa-lifetime と --sa-max-size を、例では大きい値に変更しますaz network vpn-connection ipsec-policy: change the --sa-lifetime and --sa-max-size to larger values in example
  • ネットワークを 2020-04-01 に上げますBump network to 2020-04-01
  • az network private-endpoint-connection: イベント グリッドをサポートしますaz network private-endpoint-connection: support event grid
  • az network express-route list-route-tables: ルートをテーブルとして表示できないバグを修正しますaz network express-route list-route-tables: fix bug that cannot list routes as table

梱包Packaging

  • Ubuntu Focal パッケージを追加しますAdd Ubuntu Focal Package

RBACRBAC

  • az ad sp credential reset: 問題のある特殊文字を避けるために、資格情報の生成を変更しますaz ad sp credential reset: modify credential generation to avoid troublesome special characters

RedisRedis

  • #13529 の修正:パラメーター enable_non_ssl_port のドキュメントを変更しますFix #13529: Change documentation of parameter enable_non_ssl_port

ストレージStorage

  • az storage copy:シンボリック リンクをサポートするためにパラメーター --follow-symlinks を追加しますaz storage copy: Add parameter --follow-symlinks to support symlinks
  • ストレージ アカウントのローカル コンテキストを有効にしますEnable local context for storage account
  • az storage logging:エラー メッセージを改善するために問題 #11969 を修正しますaz storage logging: Fix issue #11969 to refine error message

2020 年 5 月 19 日May 19, 2020

バージョン 2.6.0Version 2.6.0

ACRACR

  • ACR に対するすべての要求に対して既定のタイムアウト 5 分を追加しますAdd default timeout of 5 minutes for any requests to ACR
  • パブリック ネットワーク アクセスの無効化をサポートしますSupport disable public network access
  • az acr token create: --days 引数を公開しますaz acr token create: expose --days argument
  • az acr import: ログイン サーバー名を含む --source 引数をクライアント側の修正で受け入れいますaz acr import: accept --source argument values which contain login in server name through client end correction

ACSACS

  • バグの修正: 存在しなくなったフィールドに対するフィールドのクリーンアップを削除しますBug fix: remove fields cleanup for fields that no longer exist

AKSAKS

  • uptime-sla コマンドのヘルプ テキストを更新しますUpdate uptime-sla command help context
  • オートスケーラーの最小カウント更新に対する範囲チェックを削除しますRemove range check for updating min count for autoscaler
  • ユーザーが Windows パスワードのみを指定した場合に cli が失敗しないように修正しますFix that cli doe not fail when user only specifies Windows password

AMSAMS

  • az ams transform create:FaceDetector プリセットを使用して変換を作成する機能を追加しますaz ams transform create: Add ability to create a transform with a FaceDetector preset
  • az ams content-key-policy create:オフライン レンタル構成で FairPlay コンテンツ キー ポリシーを作成する機能を追加しますaz ams content-key-policy create : Add ability to create a FairPlay content key policy with an offline rental configuration

AppConfigAppConfig

  • リスト キー値とフィールドのバグの修正Bug fix for list key values with fields

AppServiceAppService

  • az functionapp create:AzureWebJobsDashboard は、AppInsights が無効になっている場合にのみ設定されますaz functionapp create: AzureWebJobsDashboard will only be set if AppInsights is disabled
  • 修正 #10664 - VNet 統合 - 場所チェックの問題および修正 #13257 - RG を作成する必要がある場合に az webapp up が失敗するFix #10664- VNet Integration - Location Check Issue & fix #13257- az webapp up failing when RG needs to be created
  • az webapp|functionapp config ssl import:サブスクリプション内のリソース グループ全体でのキー コンテナーの検索およびヘルプと例の改善。az webapp|functionapp config ssl import: Lookup key vault across resources groups in subscription and improve help and examples.
  • アプリ サービスのローカル コンテキストのオンボードOnboard local context for app service

ARMARM

  • az deployment:template-uri をデプロイまたは検証するときに、templateLink が返されない問題を修正しますaz deployment: Fix the problem that the templateLink will not be returned when deploying or validating template-uri
  • az deployment:デプロイ/検証で特別にエンコードされた文字がサポートされない問題を修正しますaz deployment: Fix the problem that deployment/validate does not support specially encoded character
  • az deployment sub/group what-if:配列の配置とエラー処理を修正しますaz deployment sub/group what-if: Fix array alignment and error handling
  • az deployment operation:非推奨情報を変更しますaz deployment operation: Modify the deprecate information

AROARO

  • az aro create、list、list-credentials、show、delete に例を追加しますAdd examples to az aro create, list, list-credentials, show, delete
  • generate_random_id 関数を追加しますAdd generate_random_id function

バックアップBackup

  • AzureFileShare コマンドの enable protection で FriendlyName を許可しますAllow FriendlyName in enable protection for AzureFileShare command
  • IaasVM restore-disks コマンドの修正Fix in IaasVM restore-disks Command
  • "MAB" BackupManagementType を item list コマンドに追加しますAdd "MAB" BackupManagementType to item list command
  • 失敗した項目の再試行ポリシー更新のサポートを追加しますAdd support for retrying policy update for failed items.
  • Azure 仮想マシンの再開防止機能を追加しますAdd Resume Protection functionality for Azure Virtual Machine
  • ポリシーの作成時または変更時に instantRP を格納するための ResourceGroup を指定するためのサポートを追加しますAdd support to specify ResourceGroup for storing instantRP during Create or Modify Policy

CICI

  • flake8 3.8.0 のサポートSupport flake8 3.8.0

ComputeCompute

  • 新しいコマンド az vm auto-shutdownNew command az vm auto-shutdown
  • az vm list-skus:更新 - ゾーンの動作、すべての種類の sku を今すぐ返すaz vm list-skus: Update --zone behavior, return all type skus now

コアCore

  • ローカル コンテキストのオン/オフの状態をグローバル ユーザー レベルに更新しますUpdate local context on/off status to global user level

拡張機能Extension

  • az extension add:システム パスへの拡張機能のインストールを有効にする --system を追加しますaz extension add: Add --system to enable installing extensions in a system path
  • ホイールの種類の拡張メタデータを格納するための .egg-info をサポートしますSupport .egg-info to store wheel type extension metadata

IoTIoT

  • az iot:IoT コマンド モジュールの最初の実行拡張機能の認識メッセージを、非推奨ではない最新の ID azure-iot に更新します。az iot: Update the IoT command module first run extension awareness message to the accurate, non-deprecated modern Id azure-iot.

IoT HubIoT Hub

  • 2020-03-01 API とネットワークの分離コマンドのサポートSupport for 2020-03-01 API and Network Isolation commands

NetAppFilesNetAppFiles

  • az volume create:ボリュームを作成するためのパラメーターとして snapshot-id を追加します。これにより、ユーザーは既存のスナップショットからボリュームを作成できるようになります。az volume create: Adds snapshot-id as a parameter to create volume this will allow users to create a volume from existing snapshot.

ネットワークNetwork

  • dns add-record に対する予期しない ttl 値の変更を修正しますFix ttl value changed unintended for dns add-record
  • az network public-ip create:今後の破壊的変更についてユーザーに通知しますaz network public-ip create: Inform customers of a coming breaking change
  • プライベート リンクのシナリオで一般的なコマンドをサポートしますSupport generic commands for private link scenario
  • az network private-endpoint-connection:mysql、postgre、および mariadb 型をサポートしますaz network private-endpoint-connection: Support mysql, postgre and mariadb types
  • az network private-endpoint-connection:cosmosdb 型をサポートしますaz network private-endpoint-connection: Support cosmosdb types
  • az network private-endpoint:--group-ids を非推奨にし、--group-id にリダイレクトしますaz network private-endpoint: deprecate --group-ids and redirect to --group-id

出力Output

  • 検索、フィードバック、および --help で更新の説明を表示しますShow update instruction in find, feedback and --help

梱包Packaging

  • requirements.txt で解決された依存関係を含む MSI/Homebrew パッケージをビルドしますBuild MSI/Homebrew packages with dependecies resolved from requirements.txt

RBACRBAC

  • az ad sp credential reset: 脆弱な資格情報の生成を修正しますaz ad sp credential reset: fix weak credential generation

ストレージStorage

  • az storage account file-service-properties update/show:ストレージ アカウントのファイル プロパティ サポートを追加しますaz storage account file-service-properties update/show: Add File Properties Support for Storage Account
  • az storage container create:パブリック アクセスのバリデーターを追加して #13373 を修正しますaz storage container create: Fix #13373 by adding validator for public access
  • ADLS Gen2 track2 のサポートを追加しますAdd ADLS Gen2 track2 support
  • az storage blob sync:--connection-string をサポートしますaz storage blob sync: Support --connection-string
  • az storage blob sync:azcopy がインストール場所を見つけられない場合の正しくないエラー メッセージを修正しますaz storage blob sync: Fix the incorrect error message when azcopy cannot find the installation location

2020 年 4 月 30 日April 30, 2020

バージョン 2.5.1Version 2.5.1

ACRACR

  • az acr check-health:Windows の "DOCKER_PULL_ERROR" を修正しますaz acr check-health: Fix "DOCKER_PULL_ERROR" on Windows

ComputeCompute

  • az vm list-ip-addresses:エラー処理az vm list-ip-addresses: Error handling
  • クラウドプロファイルに endpoint_vm_image_alias_doc が設定されていない場合の vm create のバグを修正しますFix a bug of vm create if endpoint_vm_image_alias_doc is not set in cloud profile
  • az vmss create:--os-disk-size-gb を追加しますaz vmss create: Add --os-disk-size-gb

Cosmos DBCosmos DB

  • az cosmosdb create/update: --enable-public-network サポートを追加しますaz cosmosdb create/update: add --enable-public-network support

拡張機能Extension

  • ホイールの種類の拡張機能に対する間違ったメタデータの読み込みを修正しますFix loading wrong metadata for wheel type extension

梱包Packaging

  • Windows 上の Git Bash/Cygwin 用の az スクリプトを追加しますAdd az script for Git Bash/Cygwin on Windows

SQLSQL

  • az sql instance-pool:インスタンス プールのコマンド グループを追加しますaz sql instance-pool: Add instance pools command group

ストレージStorage

  • パッケージ azure-multiapi-storage を 0.3.0 にアップグレードしますUpgrade package azure-multiapi-storage to 0.3.0
  • ストレージ アカウントの作成と更新で GZRS をサポートしますSupport GZRS for storage account creation and update
  • az storage account failover:grs/gzrs ストレージ アカウントのフェールオーバーのサポートを追加しますaz storage account failover: Add support for grs/gzrs storage account failover
  • az storage blob upload:-encryption-scope パラメーターを追加し、暗号化スコープ情報の指定をサポートします。az storage blob upload: Add --encryption-scope parameter to support specifying encryption scope information

2020 年 4 月 28 日April 28, 2020

バージョン 2.5.0Version 2.5.0

ACSACS

  • [破壊的変更] az openshift create: --vnet-peer パラメーターを削除します。[BREAKING CHANGE] az openshift create: remove --vnet-peer parameter.
  • az openshift create: プライベート クラスターをサポートするフラグを追加します。az openshift create: add flags to support private cluster.
  • az openshift: 2019-10-27-preview API バージョンにアップグレードします。az openshift: upgrade to 2019-10-27-preview API version.
  • az openshift: update コマンドを追加します。az openshift: add update command.

AKSAKS

  • az aks create:Windows のサポートを追加しますaz aks create: Add support for Windows

AppServiceAppService

  • az webapp deployment source config-zip: request.get() の後のスリープを削除しますaz webapp deployment source config-zip: remove sleep after request.get()

ARMARM

  • テンプレート デプロイの What-If コマンドを追加しますAdd template deployment What-If commands

AROARO

  • az aro:テーブル出力を修正しますaz aro: Fix table output

CICI

  • オートメーション テスト用に pytest をオンボードし、nose を非推奨にしますOnboard pytest and deprecate nose for Automation Test

ComputeCompute

  • az vmss disk detach: データ ディスク NoneType の問題を修正しますaz vmss disk detach: fix data disk NoneType issue
  • az vm availability-set list:VM リストの表示をサポートしますaz vm availability-set list: Support showing VM list
  • az vm list-skus:テーブル形式の表示の問題を修正しますaz vm list-skus: Fix display problem of table format

KeyVaultKeyVault

  • 作成時または更新時の新しいパラメーター --enable-rbac-authorization を追加しますAdd new parameter --enable-rbac-authorization during creating or updating

モニターMonitor

  • LA クラスターの CMK 機能をサポートしますSupport LA cluster CMK features
  • az monitor log-analytics workspace linked-storage: BYOS 機能をサポートしますaz monitor log-analytics workspace linked-storage: supports BYOS features

ネットワークNetwork

  • az network security-partner: セキュリティ パートナー プロバイダーをサポートしますaz network security-partner: support security partner provider

PrivatednsPrivatedns

  • プライベート DNS ゾーンの機能を追加してエクスポート ゾーン ファイルをインポートしますAdd feature in private DNS zone to import export zone file

2020 年 4 月 21 日April 21, 2020

バージョン 2.4.0Version 2.4.0

ACRACR

  • az acr run --cmd: 作業ディレクトリのオーバーライドを無効にしますaz acr run --cmd: disable working directory override
  • 専用データ エンドポイントをサポートしますSupport dedicated data endpoint

AKSAKS

  • プライベート クラスターの場合、az aks list -o table は privateFqdn を fqdn として表示しますaz aks list -o table should show privateFqdn as fqdn for private clusters
  • --uptime-sla を追加しますAdd --uptime-sla
  • containerservice パッケージを更新しますUpdate containerservice package
  • ノードのパブリック IP サポートを追加しますAdd node public IP support
  • help コマンドの入力ミスを修正しますFix typo in the help command

AppConfigAppConfig

  • Kv list および export コマンドのキー コンテナー参照を解決しますResolve key vault reference for kv list and export commands
  • リスト キー値のバグの修正Bug fix for list key values

AppServiceAppService

  • az functionapp create:dotnet の Linux 関数アプリに対する linuxFxVersion の設定方法を変更しました。az functionapp create: Changed the way linuxFxVersion was being set for dotnet linux function apps. これにより、dotnet の Linux 使用アプリが作成されない原因となったバグが修正されますThis should fix a bug that was preventing dotnet linux consumption apps from being created
  • [破壊的変更] az webapp create: 既存の AppSettings を az webapp create で保持するように修正します[BREAKING CHANGE] az webapp create: fix to keep existing AppSettings with az webapp create
  • [破壊的変更] az webapp up: -g フラグを使用する場合に az webapp up コマンドの RG を作成するように修正します[BREAKING CHANGE] az webapp up: fix to create RG for az webapp up command when using -g flag
  • [破壊的変更] az webapp config: az webapp config connection-string list で JSON 以外の出力の値を表示するように修正します[BREAKING CHANGE] az webapp config: fix to show values for non-JSON output with az webapp config connection-string list

ARMARM

  • az deployment create/validate:ARM テンプレートの欠落したパラメーターのプロンプトをスキップすることをサポートするパラメーター --no-prompt を追加しますaz deployment create/validate: Add parameter --no-prompt to support skipping the prompt of missing parameters for ARM template
  • az deployment group/mg/sub/tenant validate:デプロイ パラメーター ファイルのコメントをサポートしますaz deployment group/mg/sub/tenant validate: Support comments in deployment parameter file
  • az deployment:パラメーター --handle-extended-json-formatis_preview を削除しますaz deployment: Remove is_preview for parameter --handle-extended-json-format
  • az deployment group/mg/sub/tenant cancel:ARM テンプレートのデプロイのキャンセルをサポートしますaz deployment group/mg/sub/tenant cancel: Support cancel deployment for ARM template
  • az deployment group/mg/sub/tenant validate:デプロイの検証が失敗したときのエラー メッセージを改善しますaz deployment group/mg/sub/tenant validate: Improve the error message when deployment verification fails
  • az deployment-scripts:DeploymentScripts の新しいコマンドを追加しますaz deployment-scripts: Add new commands for DeploymentScripts
  • az resource tag:リソースへのタグの増分追加をサポートするパラメーター --is-incremental を追加しますaz resource tag: Add parameter --is-incremental to support adding tags to resource incrementally

AROARO

  • az aro:Azure RedHat OpenShift V4 aro コマンド モジュールを追加しますaz aro: Add Azure RedHat OpenShift V4 aro command module

BatchBatch

  • Batch API を更新しますUpdate Batch API

ComputeCompute

  • az sig image-version create:ストレージ アカウントの種類 Premium_LRS を追加しますaz sig image-version create: Add storage account type Premium_LRS
  • az vmss update:終了通知の更新の問題を修正しますaz vmss update: Fix terminate notification update issue
  • az vm/vmss create:特殊なイメージ バージョンのサポートを追加しますaz vm/vmss create: Add support for specialized image version
  • SIG API バージョン2019-12-01SIG API Version 2019-12-01
  • az sig image-version create:--target-region-encryption を追加しますaz sig image-version create: Add --target-region-encryption
  • keyvault 名がグローバル メモリ内キャッシュに複製されるため、シリアルで実行するとテストが失敗する問題を修正しましたFix tests fail when running in serial due to keyvault name is duplicated in global in-momery cache

Cosmos DBCosmosDB

  • az cosmosdb private-link-resource/private-endpoint-connection をサポートしますSupport az cosmosdb private-link-resource/private-endpoint-connection

IoT CentralIoT Central

  • az iotcentral が非推奨になりましたDeprecate az iotcentral
  • az iot central コマンド モジュールを追加しますAdd az iot central command module

モニターMonitor

  • モニターのプライベート リンクのシナリオをサポートしますSupport private link scenario for monitor
  • test_monitor_general_operations.py の間違ったモック方法を修正しますFix wrong mocking way in test_monitor_general_operations.py

ネットワークNetwork

  • public ip update コマンドの sku が非推奨になりましたDeprecate sku for public ip update command
  • az network private-endpoint:プライベート dns ゾーン グループをサポートしますaz network private-endpoint: Support private dns zone group
  • vnet/subnet パラメーターのローカル コンテキスト機能を有効にしますEnable local context feature for vnet/subnet parameter
  • test_nw_flow_log_delete の間違った使用例を修正しますFix wrong usage example in test_nw_flow_log_delete

梱包Packaging

  • Ubuntu/Disco パッケージのサポートを終了しますDrop support for Ubuntu/Disco package

RBACRBAC

  • az ad app create/update: パラメーターとして --optional-claims をサポートしますaz ad app create/update: support --optional-claims as a parameter

RDBMSRDBMS

  • PostgreSQL および MySQL 用の Azure Active Directory 管理者コマンドを追加しますAdd Azure active directory administrator commands for PostgreSQL and MySQL

Service FabricService Fabric

  • #12891 の修正: az sf application update --application-parameters は、要求に含まれていない古いパラメーターを削除しますFix #12891: az sf application update --application-parameters removes old parameters that are not in the request
  • #12470 az sf create cluster の修正。更新の持続性と信頼性に関するバグを修正し、ノード型名が指定されたコードを使用して vmss を正しく検出しますFix #12470 az sf create cluster, fix bugs in update durability and reliability and find vmss correctly through the code given a node type name

SQLSQL

  • az sql mi op listaz sql mi op getaz sql mi op cancel を追加しますAdd az sql mi op list, az sql mi op get, az sql mi op cancel
  • az sql midb: 長期保持ポリシーを更新/表示し、長期保持バックアップを表示/削除し、長期保持バックアップを復元しますaz sql midb: update/show long term retention policy, show/delete long term retention backups, restore long term retention backup

ストレージStorage

  • azure-mgmt-storage を 9.0.0 にアップグレードしますUpgrade azure-mgmt-storage to 9.0.0
  • az storage logging off:ストレージ アカウントのログ記録の無効化をサポートしますaz storage logging off: Support turning off logging for a storage account
  • az storage account update:CMK のキーの自動ローテーションを有効にしますaz storage account update: Enable key auto-rotated for CMK
  • az storage account encryption-scope create/update/list/show:暗号化スコープをカスタマイズするためのサポートを追加しますaz storage account encryption-scope create/update/list/show: Add support to customize encryption scope
  • az storage container create:コンテナー レベルの暗号化スコープを設定するための --default-encryption-scope および --deny-encryption-scope-override を追加しますaz storage container create: Add --default-encryption-scope and --deny-encryption-scope-override to set encryption scope for container level

アンケートSurvey

  • アンケート リンクをオフにするスイッチを追加しますAdd switch to turn off survey link

2020 年 4 月 1 日April 01, 2020

バージョン 2.3.1Version 2.3.1

ACRACR

  • Linux の azure-mgmt-containerregistry の間違ったバージョンを修正しますFix wrong version of azure-mgmt-containerregistry for Linux

プロファイルProfile

  • az login:latest 以外のクラウド プロファイルでのログイン エラーを修正しますaz login: Fix login failure with cloud profiles other than latest

2020 年 3 月 31 日March 31, 2020

バージョン 2.3.0Version 2.3.0

ACRACR

  • 'az acr task update': null ポインター例外'az acr task update': null pointer exception
  • az acr import:--source と --registry の使用法を明確にするために、ヘルプとエラー メッセージを修正しますaz acr import: Modify help and error message to clarify the usage of --source and --registry
  • 引数 'registry_name' の検証コントロールを追加しますAdd a validator for argument 'registry_name'
  • az acr login: '--expose-token' のプレビュー フラグを削除しますaz acr login:Remove the preview flag on '--expose-token'
  • [破壊的変更] 'az acr task create/update' の Branch パラメーターは削除されています[BREAKING CHANGE] 'az acr task create/update' Branch parameter is removed
  • 'az acr task update' ではコンテキスト、git-token、トリガーを個別に更新できるようになりました'az acr task update' Customer now can update context, git-token, and or triggers individually
  • 'az acr agentpool': 新機能'az acr agentpool': new feature

AKSAKS

  • --api-server-authorized-ip-ranges の更新時の apiServerAccessProfile を修正しますFix apiServerAccessProfile when updating --api-server-authorized-ip-ranges
  • aks update:更新時に送信 IP を入力値でオーバーライドしますaks update: Override outbound IPs with input values when update
  • MSI クラスターに SPN を作成しないようにし、MSI クラスターへの ACR のアタッチをサポートしてくださいDo not create SPN for MSI clusters and support attach acr to MSI clusters

AMSAMS

  • #12469 の修正: 'ask' パラメーターの問題が原因で、Fairplay content-key-policy の追加が失敗しますFix #12469: adding Fairplay content-key-policy fails due to problems with 'ask' parameter

AppConfigAppConfig

  • kv export に --skip-keyvault を追加しますAdd --skip-keyvault for kv export

AppServiceAppService

  • #12509 の修正:az webapp up へのタグを既定で削除しますFix #12509: Remove the tag to az webapp up by default
  • az functionapp create:--runtime-version ヘルプ メニューを更新し、ユーザーが dotnet に --runtime-version を指定した場合の警告を追加しましたaz functionapp create: Updated --runtime-version help menu and added warning when user specifies --runtime-version for dotnet
  • az functionapp create:javaVersion が Windows 関数アプリに設定される方法を更新しましたaz functionapp create: Updated the way javaVersion was being set for Windows function apps

ARMARM

  • az deployment create/validate:既定で --handle-extended-json-format を使用しますaz deployment create/validate: Use --handle-extended-json-format by default
  • az lock create:ヘルプ ドキュメントにサブリソースの作成例を追加しますaz lock create: Add examples of creating subresource in the help documentation
  • az deployment {group/mg/sub/tenant} list:provisioningState フィルターをサポートしますaz deployment {group/mg/sub/tenant} list: Support provisioningState filtering
  • az deployment:最後の引数の後に書かれたコメントの解析バグを修正しますaz deployment: Fix the parse bug for comment under the last argument

バックアップBackup

  • 複数ファイルの復元機能を追加しましたAdded multiple files restore capabilities
  • OS ディスクのみのバックアップのサポートを追加しましたAdded support for Backing up OS Disks only
  • アンマネージドとしての復元を指定するための restore-as-unmanaged-disk パラメーターを追加しましたAdded restore-as-unmanaged-disk parameter to specify unmanaged restore

ComputeCompute

  • az vm create:--nsg-rule の NONE オプションを追加しますaz vm create: Add NONE option of --nsg-rule
  • az vmss create/update: VMSS 自動修復のプレビュー タグを削除しますaz vmss create/update: remove vmss automatic repairs preview tag
  • az vm update:--workspace をサポートしますaz vm update: Support --workspace
  • VirtualMachineScaleSetExtension 初期化コードのバグを修正しますFix a bug in VirtualMachineScaleSetExtension initialization code
  • VMAccessAgent のバージョンを 2.4 にアップグレードしますUpgrade VMAccessAgent version to 2.4
  • az vmss set-orchestration-service-state: VMSS オーケストレーション サービス状態の設定をサポートしますaz vmss set-orchestration-service-state: support vmss set orchestration service state
  • ディスク API のバージョンを 2019-11-01 にアップグレードしますUpgrade disk API version to 2019-11-01
  • az disk create: --disk-iops-read-only、--disk-mbps-read-only、--max-shares、--image-reference、--image-reference-lun、--gallery-image-reference、--gallery-image-reference-lun を追加しますaz disk create: add --disk-iops-read-only, --disk-mbps-read-only, --max-shares, --image-reference, --image-reference-lun, --gallery-image-reference, --gallery-image-reference-lun

Cosmos DBCosmos DB

  • 非推奨リダイレクトの --type オプションの欠落を修正しますFix missing --type option for deprecation redirections

DockerDocker

  • Alpine 3.11 および Python 3.6.10 へ更新しますUpdate to Alpine 3.11 and Python 3.6.10

拡張機能Extension

  • パッケージを使用してシステム パスに拡張機能を読み込むことを許可しますAllow to load extensions in the system path via packages

HDInsightHDInsight

  • (az hdinsight create:)パラメーター --minimal-tls-versionを使用した、最低限サポートされている tls バージョンの指定をサポートします。(az hdinsight create:) Support customers specify minimal supported tls version by using parameter --minimal-tls-version. 使用可能な値は、1.0、1.1、1.2 ですThe allowed value is 1.0,1.1,1.2

IoTIoT

  • codeowner を追加しますAdd codeowner
  • az iot hub create:既定の SKU を F1 から S1 に変更しますaz iot hub create : Change default sku to S1 from F1
  • iot hub:2019-03-01-hybrid のプロファイルで IotHub をサポートしますiot hub: Support IotHub in the profile of 2019-03-01-hybrid

IoTCentralIoTCentral

  • エラーの詳細を更新し、既定のアプリケーション テンプレートと確認メッセージを更新しますUpdate error details, update default application template and prompt message

KeyVaultKeyVault

  • 証明書のバックアップ/復元をサポートしますSupport certificate backup/restore
  • keyvault create/update:--retention-days をサポートしますkeyvault create/update: Support --retention-days
  • 一覧表示中にマネージド キー/シークレットは表示されなくなりますNo longer display managed keys/secrets while listing
  • az keyvault create: コンテナーの作成中にネットワーク ルールを指定するための --network-acls--network-acls-ips--network-acls-vnetsをサポートしますaz keyvault create: support --network-acls, --network-acls-ips and --network-acls-vnets for specifying network rules while creating vault

ロックLock

  • az lock delete のバグの修正: az lock delete は Microsoft.DocumentDB では機能しませんaz lock delete fix bug: az lock delete does not work on Microsoft.DocumentDB

モニターMonitor

  • az monitor clone: あるリソースから別のリソースへのメトリック ルールの複製をサポートしますaz monitor clone: support clone metric rules from one resource to another
  • IcM179210086 の修正: Application Insights メトリックのカスタム メトリック アラートを作成できませんFix IcM179210086: unable to create custom metric alert for their Application Insights metric

NetAppFilesNetAppFiles

  • az volume create:レプリケーション操作 (許可、保留、再開、状態、削除) を追加して、データ保護ボリュームを許可しますaz volume create: Allow data protection volumes adding replication operations: approve, suspend, resume, status, remove

ネットワークNetwork

  • az network application-gateway waf-policy managed-rule rule-set add: Microsoft_BotManagerRuleSet をサポートしますaz network application-gateway waf-policy managed-rule rule-set add: support Microsoft_BotManagerRuleSet
  • network watcher flow-log show:network watcher flow-log show: fix wrong deprecating info
  • Application Gateway リスナーでホスト名をサポートしますsupport host names in application gateway listener
  • az network nat gateway: パブリック IP またはパブリック IP プレフィックスなしの空のリソースの作成をサポートしますaz network nat gateway: support create empty resource without public ip or public ip prefix
  • VPN ゲートウェイの世代をサポートしますSupport vpn gateway generation
  • az network dns record-set {} add-record--if-none-match をサポートしますSupport --if-none-match in az network dns record-set {} add-record

梱包Packaging

  • Python 3.5 のサポートは終了しますDrop support for python 3.5

プロファイルProfile

  • az login:MFA エラーの警告を表示しますaz login: Show warning for MFA error

RDBMSRDBMS

  • PostgreSQL および MySQL 用のサーバー データ暗号化キー管理コマンドを追加しますAdd server data encryption key management commands for PostgreSQL and MySQL

2020 年 3 月 10 日March 10, 2020

バージョン 2.2.0Version 2.2.0

ACRACR

  • 修正: az acr login で誤ってエラーが発生するFix: az acr login wrongly raise error
  • 新しいコマンド az acr helm install-cli を追加Add new command az acr helm install-cli
  • プライベート リンクと CMK のサポートの追加Add private link and CMK support
  • 'private-link-resource list' コマンドの追加add 'private-link-resource list' command

AKSAKS

  • クラウド シェルでの aks browse の修正fix the aks browse in cloud shell
  • az aks:addon および agentpool NoneType エラーの監視を修正az aks: Fix monitoring addon and agentpool NoneType errors
  • Azure Kubernetes クラスターの作成時にノード プールに --nodepool-tags を追加Add --nodepool-tags to node pool when creating azure kubernetes cluster
  • クラスターへの nodepool の追加または更新時に --tags を追加Add --tags when adding or updating a nodepool to cluster
  • aks create: --enable-private-cluster の追加aks create: add --enable-private-cluster
  • Azure Kubernetes クラスターの作成時に --nodepool-labels を追加add --nodepool-labels when creating azure kubernetes cluster
  • Azure Kubernetes クラスターへの新しい nodepool 追加時に --labels を追加add --labels when adding a new nodepool to azure kubernetes cluster
  • ダッシュボード URL に欠落していた / を追加add missing / in the dashboard url
  • マネージド ID を有効にする aks クラスターの作成のサポートSupport create aks clusters enabling managed identity
  • az aks:ネットワーク プラグインが "azure" または "kubernet" のいずれかであることを検証az aks: Validate network plugin to be either "azure" or "kubenet"
  • az aks:aad セッション キーのサポートの追加az aks: Add aad session key support
  • [破壊的変更] az aks: omsagent での GF と BF に対する msi 変更のサポート (コンテナー監視)(#1)[BREAKING CHANGE] az aks: support msi changes for GF and BF for omsagent (Container monitoring)(#1)
  • az aks use-dev-spaces:Azure Dev Spaces コントローラー上に作成されたエンドポイントをカスタマイズするために、use-dev-spaces コマンドにエンドポイントの種類オプションを追加az aks use-dev-spaces: Adding endpoint type option to the use-dev-spaces command to customize the endpoint created on an Azure Dev Spaces controller

AppConfigAppConfig

  • keyvault 参照および機能の追加のための "kv set" を使用したブロック解除Unblock using "kv set" to add keyvault reference and feature …

AppServiceAppService

  • az webapp create:--runtime を指定したコマンドの実行時の問題を修正az webapp create : Fix issue when running the command with --runtime
  • az functionapp deployment source config-zip:リソース グループまたは関数名が無効であるか存在しない場合のエラー メッセージの追加az functionapp deployment source config-zip: Add an error message if resource group or function name are invalid/don't exist
  • functionapp create:functionapp create で表示される警告メッセージの修正 (現在、これは--functions_version フラグを示しますが、誤ってフラグ名の - ではなく _ を使用します)functionapp create: Fix the warning message that appears with functionapp create today which cites a --functions_version flag but erroneously uses a _ instead of a - in the flag name
  • az functionapp create:Linux 関数アプリに linuxFxVersion とコンテナー イメージ名が設定されていた方法を更新az functionapp create: Updated the way linuxFxVersion and container image name were being set for linux function apps
  • az functionapp deployment source config-zip:zip デプロイ中にアプリ設定の変更の競合状態によって発生する問題 (デプロイ時に 5xx エラーが表示される) を修正az functionapp deployment source config-zip: Fix an issue caused by app settings change racing condition during zip deploy, giving 5xx errors during deployment
  • #5720946 の修正: az webapp backup で名前の設定に失敗するFix #5720946: az webapp backup fails to set name

ARMARM

  • az resource:リソース モジュールの例の改善az resource: Improve the examples of the resource module
  • az policy assignment list:管理グループ スコープでのポリシー割り当ての一覧表示をサポートaz policy assignment list: Support listing policy assignments at Management Group scope
  • リソース グループでのテンプレートのデプロイ用に az deployment groupaz deployment operation group を追加。Add az deployment group and az deployment operation group for template deployment at resource groups. これは az group deploymentaz group deployment operation の複製ですThis is a duplicate of az group deployment and az group deployment operation
  • サブスクリプション スコープでのテンプレートのデプロイ用に az deployment subaz deployment operation sub を追加。Add az deployment sub and az deployment operation sub for template deployment at subscription scope. これは az deploymentaz deployment operation の複製ですThis is a duplicate of az deployment and az deployment operation
  • 管理グループでのテンプレートのデプロイ用に az deployment mgaz deployment operation mg を追加Add az deployment mg and az deployment operation mg for template deployment at management groups
  • テナント スコープでのテンプレートのデプロイ用に az deployment tenantaz deployment operation tenant を追加Add az deployment tenant and az deployment operation tenant for template deployment at tenant scope
  • az policy assignment create:--location パラメーターに対する説明の追加az policy assignment create: Add a description to the --location parameter
  • az group deployment create:クロス テナントをサポートするためにパラメーター --aux-tenants を追加az group deployment create: Add parameter --aux-tenants to support cross tenants

CDNCDN

  • CDN WAF コマンドの追加Add CDN WAF commands

ComputeCompute

  • az sig image-version: --data-snapshot-luns の追加az sig image-version: add --data-snapshot-luns
  • az ppg show: 近接配置グループ内のすべてのリソースのコロケーションの状態をフェッチできるように、--colocation-status を追加az ppg show: add --colocation-status to enable fetching the colocation status of all the resources in the proximity placement group
  • az vmss create/update: 自動修復のサポートaz vmss create/update: support automatic repairs
  • [破壊的変更] az image template: テンプレートの名前を builder に変更[BREAKING CHANGE] az image template: rename template to builder
  • az image builder create: --image-template の追加az image builder create: add --image-template

Cosmos DBCosmos DB

  • SQL ストアド プロシージャ、udf およびトリガーのコマンドレットの追加Add Sql stored procedure, udf and trigger cmdlets
  • az cosmosdb create: キー コンテナーの暗号化情報の追加をサポートするために、--key-uri を追加az cosmosdb create: add --key-uri to support adding key vault encryption information

KeyVaultKeyVault

  • keyvault create: 論理的な削除を既定で有効化keyvault create: enable soft-delete by default

モニターMonitor

  • az monitor metrics alert create: --condition での ~ のサポートaz monitor metrics alert create: support ~ in --condition

ネットワークNetwork

  • az network application-gateway rewrite-rule create: URL の構成のサポートaz network application-gateway rewrite-rule create: support url configuration
  • az network dns zone import: 今後、--zone-name は大文字と小文字を区別するaz network dns zone import: --zone-name will be case insensitive in the future
  • az network private-endpoint/private-link-service: プレビュー ラベルの削除az network private-endpoint/private-link-service: remove preview label
  • az network bastion: Bastion のサポートaz network bastion: support bastion
  • az network vnet list-available-ips: VNet 内で使用可能な IP の一覧のサポートaz network vnet list-available-ips: support list available ips in a vnet
  • az network watcher flow-log create/list/delete/update: Watcher フロー ログを管理するために新しいコマンドを追加し、Watcher を明示的に識別するために --location を公開az network watcher flow-log create/list/delete/update: add new commands to manage watcher flow log and exposing --location to identify watcher explicitly
  • az network watcher flow-log configure: 非推奨az network watcher flow-log configure: deprecated
  • az network watcher flow-log show: ARM 形式の結果 (非推奨の古い形式の出力) を取得するために --location および--name をサポートaz network watcher flow-log show: support --location and --name to get ARM-formatted result, deprecated old formatted output

ポリシーPolicy

  • az policy assignment create:ポリシー割り当ての自動生成された名前が制限を超えるというバグの修正az policy assignment create: Fix the bug that automatically generated name of policy assignment exceeds the limit

RBACRBAC

  • az ad group show: RegEx の問題として扱われる --group 値の修正az ad group show: fix --group value treated as regex problem

RDBMSRDBMS

  • azure-mgmt-rdbms SDK のバージョンを 2.0.0 にバージョンアップBump the azure-mgmt-rdbms SDK version to 2.0.0
  • az postgres private-endpoint-connection: Postgres プライベート エンドポイント接続の管理az postgres private-endpoint-connection: manage postgres private endpoint connections
  • az postgres private-link-resource: Postgres プライベート リンク リソースの管理az postgres private-link-resource: manage postgres private link resources
  • az mysql private-endpoint-connection: MySQL プライベート エンドポイント接続の管理az mysql private-endpoint-connection: manage mysql private endpoint connections
  • az mysql private-link-resource: MySQL プライベート リンク リソースの管理az mysql private-link-resource: manage mysql private link resources
  • az mariadb private-endpoint-connection: MariaDB プライベート エンドポイント接続の管理az mariadb private-endpoint-connection: manage mariadb private endpoint connections
  • az mariadb private-link-resource: MariaDB プライベート リンク リソースの管理az mariadb private-link-resource: manage mariadb private link resources
  • RDBMS プライベート エンドポイント テストを更新中Updating RDBMS Private Endpoint Tests

SQLSQL

  • Sql midb Add: list-deleted、show-deleted、update-retention、show-retentionSql midb Add: list-deleted, show-deleted, update-retention, show-retention
  • (sql server create:)オプションの public-network-access 'Enable'/'Disable' フラグを sql server create に追加(sql server create:) Add optional public-network-access 'Enable'/'Disable' flag to sql server create
  • (sql server update:) 顧客向けの変更の実施(sql server update:) make some customer-facing change
  • MI および SQL DB 用の minimal_tls_version プロパティの追加Add minimal_tls_version property for MI and SQL DB

ストレージStorage

  • az storage blob delete-batch:--dryrun フラグの誤動作az storage blob delete-batch: Misbehaving --dryrun flag
  • az storage account network-rule add (バグ修正): 追加操作は、べき等にする必要があるaz storage account network-rule add (bug fix): add operation should be idempotent
  • az storage account create/update:ルーティングの優先順位のサポートを追加az storage account create/update: Add Routing Preference support
  • azure-mgmt-storage のバージョンを 8.0.0 にアップグレードUpgrade azure-mgmt-storage version to 8.0.0
  • az storage container immutability create: --allow-protected-append-write パラメーターの追加az storage container immutability create: add --allow-protected-append-write parameter
  • az storage account private-link-resource list:ストレージ アカウントのプライベート リンク リソースを一覧表示するためのサポートを追加az storage account private-link-resource list: Add support to list private link resources for storage account
  • az storage account private-endpoint-connection approve/reject/show/delete:プライベート エンドポイント接続の管理のサポートaz storage account private-endpoint-connection approve/reject/show/delete: Support to manage private endpoint connections
  • az storage account blob-service-properties update: --enable-restore-policy と --restore-days の追加az storage account blob-service-properties update: add --enable-restore-policy and --restore-days
  • az storage blob restore:BLOB 範囲を復元するためのサポートを追加az storage blob restore: Add support to restore blob ranges

2020 年 2 月 18 日February 18, 2020

バージョン 2.1.0Version 2.1.0

ACRACR

  • az acr login の新しい引数 --expose-token を追加Add a new argument --expose-token for az acr login
  • az acr task identity show -n Name -r Registry -o table の正しくない出力を修正Fix the incorrect output of az acr task identity show -n Name -r Registry -o table
  • az acr login:Docker コマンドによって返されたエラーが返された場合は CLIError をスローaz acr login: Throw a CLIError if there are errors returned by docker command

ACSACS

  • aks create/update: --vnet-subnet-id の検証を追加aks create/update: add --vnet-subnet-id validation

AladdinAladdin

  • 生成された例をコマンドの _help.py として解析Parse generated examples into commands' _help.py

AMSAMS

  • az ams の一般提供を開始az ams is GA now

AppConfigAppConfig

  • サポートされていないキー/ラベル フィルターを除外するようにヘルプ メッセージを変更Revise help message to exclude unsupported key/label filter
  • マネージド ID と機能フラグを除くほとんどのコマンドのプレビュー タグを削除Remove preview tag for most commands excluding managed identity and feature flags
  • ストアの更新時にカスタマー マネージド キーを追加Add customer managed key when updating stores

AppServiceAppService

  • az webapp list-runtimes:list-runtimes のバグを修正az webapp list-runtimes: Fix the bug for list-runtimes
  • az webapp | functionapp config ssl create を追加Add az webapp|functionapp config ssl create
  • v3 関数アプリおよびノード 12 のサポートを追加Add support for v3 function apps and node 12

ARMARM

  • az policy assignment create:--policy パラメーターが無効な場合のエラー メッセージを修正az policy assignment create: Fix the error message when the --policy parameter is invalid
  • az group deployment create:サイズの大きな parameters.json ファイルの使用時の "stat: path too long for Windows" エラーを修正az group deployment create: Fix "stat: path too long for Windows" error when using large parameters.json file

バックアップBackup

  • OLR のアイテム レベルの回復フローを修正Fix for item level recovery flow in OLR
  • SQL Database および SAP Database のファイルとしての復元のサポートを追加Add restore as files support for SQL and SAP Databases

ComputeCompute

  • vm/vmss/availability-set update: ProximityPlacementGroup を更新できるように --ppg を追加vm/vmss/availability-set update: add --ppg to allowing updating ProximityPlacementGroup
  • vmss create: --data-disk-iops および --data-disk-mbps を追加vmss create: add --data-disk-iops and --data-disk-mbps
  • az vm host: vm host および vm host group のプレビュー タグを削除az vm host: remove preview tag for vm host and vm host group
  • [破壊的変更] #10728 を修正: az vm create: vnet が指定されている場合、サブネットが存在しなければサブネットが自動的に作成される[BREAKING CHANGE] Fix #10728: az vm create: create subnet automatically if vnet is specified and subnet not exists
  • vm イメージ リストの信頼性を向上Increase robustness of vm image list

EventhubEventhub

  • 2019-03-01-hybrid プロファイルに対する Azure Stack のサポートAzure Stack support for 2019-03-01-hybrid profile

KeyVaultKeyVault

  • az keyvault key create: パラメーター --ops の新しい値 import を追加az keyvault key create: add a new value import for parameter --ops
  • az keyvault key list-versions: キー指定のためのパラメーター --id をサポートaz keyvault key list-versions: support parameter --id for specifying keys
  • プライベート エンドポイントの接続をサポートSupport private endpoint connections

ネットワークNetwork

  • azure-mgmt-network 9.0.0 にバージョンアップBump to azure-mgmt-network 9.0.0
  • az network private-link-service update/create: support --enable-proxy-protocolaz network private-link-service update/create: support --enable-proxy-protocol
  • 接続モニター V2 の機能を追加Add connection Monitor V2 feature

梱包Packaging

  • [破壊的変更] Python 2.7 のサポートを終了[BREAKING CHANGE] Drop support for Python 2.7

プロファイルProfile

  • プレビュー:サブスクリプション アカウントに新しい属性 homeTenantId および managedByTenants を追加。Preview: Add new attributes homeTenantId and managedByTenants to subscription accounts. 変更を有効にするには、az login を再実行してくださいPlease re-run az login for the changes to take effect
  • az login:1 つのサブスクリプションが複数のテナントからリストされる場合は警告を表示して最初のものに既定で設定。az login: Show a warning when a subscription is listed from more than one tenants and default to the first one. このサブスクリプションにアクセスする際の特定のテナントを選択するには、az login--tenant を含めてくださいTo select a specific tenant when accessing this subscription, please include --tenant in az login

RoleRole

  • az role assignment create:表示名でサービス プリンシパルにロールを割り当てた場合に HTTP 400 が発生するエラーを修正az role assignment create: Fix the error that assigning a role to a service principal by display name yields a HTTP 400

SQLSQL

  • Update SQL Managed Instance のコマンドレット az sql mi update に 2 つのパラメーター tier および family を追加して更新Update SQL Managed Instance cmdlet az sql mi update with two new parameters: tier and family

ストレージStorage

  • [破壊的変更] az storage account create:既定のストレージ アカウントの種類を StorageV2 に変更[BREAKING CHANGE] az storage account create: Change default storage account kind to StorageV2

2020 年 2 月 4 日February 04, 2020

バージョン 2.0.81Version 2.0.81

ACSACS

  • Standard Load Balancer でアウトバウンド割当てポートとアイドル タイムアウトを設定するためのサポートを追加しますAdd support to set outbound allocated ports and idle timeouts on standard load balancer
  • API バージョン 2019-11-01 への更新を行いますUpdate to API Version 2019-11-01

ACRACR

  • [破壊的変更] az acr delete でプロンプトが表示されます[BREAKING CHANGE] az acr delete will prompt
  • [破壊的変更] 'az acr task delete' でプロンプトが表示されます[BREAKING CHANGE] 'az acr task delete' will prompt
  • taskrun 管理用の新しいコマンド グループ 'az acr taskrun show/list/delete' を追加しますAdd a new command group 'az acr taskrun show/list/delete' for taskrun management

AKSAKS

  • 各クラスターは、分離を向上させるために、個別のサービス プリンシパルを取得しますEach cluster gets a separate service principal to improve isolation

AppConfigAppConfig

  • appservice との間での keyvault 参照のインポート/エクスポートをサポートしますSupport import/export of keyvault references from/to appservice
  • appconfig から appconfig へのすべてのラベルのインポート/エクスポートをサポートしますSupport import/export of all labels from appconfig to appconfig
  • 設定とインポートの前にキーと機能の名前を検証しますValidate key and feature names before setting and importing
  • 構成ストアの SKU 変更を公開します。Expose sku modification for configuration store.
  • マネージド ID のコマンド グループを追加します。Add command group for managed identity.

AppServiceAppService

  • Azure Stack: 2019-03-01-hybrid のプロファイルの下の surface コマンドAzure Stack: surface commands under the profile of 2019-03-01-hybrid
  • functionapp:Linux で Java 関数アプリを作成する機能を追加しますfunctionapp: Add ability to create Java function apps in Linux

ARMARM

  • 問題 #10246 を修正: 渡されたパラメーター --ids がリソース グループ ID の場合、az resource tag がクラッシュしますFix issue #10246: az resource tag crashes when the parameter --ids passed in is resource group ID
  • 問題 #11658 を修正: az group export コマンド が --query--output パラメーターをサポートしませんFix issue #11658: az group export command does not support --query and --output parameters
  • 問題 #10279 を修正:検証が失敗した場合、az group deployment validate の終了コードは 0 になりますFix issue #10279: The exit code of az group deployment validate is 0 when the verification fails
  • 問題 #9916 を修正:az resource list コマンドのタグとその他のフィルター条件間の競合に関するエラー メッセージを改善しますFix issue #9916: Improve the error message of the conflict between tag and other filter conditions for az resource list command
  • コマンド az group create の managedBy 情報の追加をサポートする新しいパラメーター --managed-by を追加しますAdd new parameter --managed-by to support adding managedBy information for command az group create

Azure Red Hat OpenShiftAzure Red Hat OpenShift

  • Azure Red Hat OpensShift クラスターで Log Analytics 監視を管理するための monitor サブグループを追加しますAdd monitor subgroup to manage Log Analytics monitoring in Azure Red Hat OpensShift cluster

BotServiceBotService

  • 問題 #11697 を修正: az bot create がべき等ではありませんFix issue #11697: az bot create is not idempotent
  • 名前修正テストをライブ モードでのみ実行するように変更しますChange name-correcting tests to run in Live-mode only

CDNCDN

  • rulesEngine 機能のサポートを追加しますAdd support for rulesEngine feature
  • 規則を管理するための新しいコマンド グループ 'cdn endpoint rule' を追加しますAdd new commands group 'cdn endpoint rule' to manage rules
  • API バージョン 2019-04-15 を使用するように azure-mgmt-cdn バージョンを 4.0.0 に更新しますUpdate azure-mgmt-cdn version to 4.0.0 to use api version 2019-04-15

Deployment ManagerDeployment Manager

  • すべてのリソースのリスト操作を追加します。Add list operation for all resources.
  • 新しい手順の種類に対する手順リソースを強化します。Enhance step resource for new step type.
  • バージョン 0.2.0 を使用するように azure-mgmt-deploymentmanager パッケージを更新します。Update azure-mgmt-deploymentmanager package to use version 0.2.0.

IoTIoT

  • 'IoT hub Job' コマンドを廃止します。Deprecate 'IoT hub Job' commands.

IoT CentralIoT Central

  • 新しい SKU 名 ST0、ST1、ST2 でのアプリの作成/更新をサポートします。Support app creation/update with the new sku name ST0, ST1, ST2.

Key VaultKey Vault

  • キーをダウンロードするための新しいコマンド az keyvault key download を追加します。Add a new command az keyvault key download for downloading keys.

その他Misc

  • #6371 を修正:Bash でのファイル名と環境変数の補完をサポートしますFix #6371: Support filename and environment variable completion in Bash

ネットワークNetwork

  • #2092 を修正: az network dns record-add/remove: レコード セットが見つからない場合に警告を追加します。Fix #2092: az network dns record-set add/remove: add warning when record-set is not found. 今後、この自動作成を確認するための追加の引数がサポートされる予定です。In the future, an extra argument will be supported to confirm this auto creation.

ポリシーPolicy

  • 豊富なポリシー メタデータ リソースを取得するための新しいコマンド az policy metadata を追加しますAdd new command az policy metadata to retrieve rich policy metadata resources
  • az policy remediation create:--resource-discovery-mode パラメーターを使用して、修復前にコンプライアンスを再評価する必要があるかどうかを指定しますaz policy remediation create: Specify whether compliance should be re-evaluated prior to remediation with the --resource-discovery-mode parameter

プロファイルProfile

  • az account get-access-token:サブスクリプションを指定することなく、テナントのトークンを直接取得するための --tenant パラメーターを追加しますaz account get-access-token: Add --tenant parameter to acquire token for the tenant directly, needless to specify a subscription

RBACRBAC

  • [破壊的変更] #11883 を修正: az role assignment create: 空のスコープの場合にエラーが表示されます[BREAKING CHANGE] Fix #11883: az role assignment create: empty scope will prompt error

セキュリティSecurity

  • ストレージ アカウントの高度な脅威保護設定を表示および管理するための新しいコマンド az atp showaz atp update を追加します。Add new commands az atp show and az atp update to view and manage advanced threat protection settings for storage accounts.

SQLSQL

  • sql dw create: --zone-redundant--read-replica-count パラメーターを廃止します。sql dw create: deprecate --zone-redundant and --read-replica-count parameters. これらのパラメーターは、DataWarehouse には適用されません。These parameters do not apply to DataWarehouse.
  • [破壊的変更] az sql db create:"az sql db create --sample-name" に対して使用可能な値としてドキュメントに記載されている "WideWorldImportersStd" と "WideWorldImportersFull" を削除します。[BREAKING CHANGE] az sql db create: Remove "WideWorldImportersStd" and "WideWorldImportersFull" as documented allowed values for "az sql db create --sample-name". これらのサンプル データベースを使用すると、常に作成が失敗します。These sample databases would always cause creation to fail.
  • SQL データベースの機密性分類を管理するための新しいコマンド sql db classification show/list/update/deletesql db classification recommendation list/enable/disable を追加します。Add New commands sql db classification show/list/update/delete and sql db classification recommendation list/enable/disable to manage sensitivity classifications for SQL databases.
  • az sql db audit-policy:空の監査アクションとグループの修正az sql db audit-policy: Fix for empty audit actions and groups

ストレージStorage

  • Azure ファイル共有の管理操作に Microsoft.Storage リソース プロバイダーを使用するための新しいコマンド グループ az storage share-rm を追加します。Add a new command group az storage share-rm to use the Microsoft.Storage resource provider for Azure file share management operations.
  • 問題 #11415 を修正: az storage blob update のアクセス許可エラーFix issue #11415: permission error for az storage blob update
  • Azcopy 10.3.3 を統合し、Win32 をサポートします。Integrate Azcopy 10.3.3 and support Win32.
  • az storage copy:--include-path--include-pattern--exclude-path、および --exclude-pattern パラメーターを追加しますaz storage copy: Add --include-path, --include-pattern, --exclude-path and--exclude-pattern parameters
  • az storage remove:--inlcude および --exclude パラメーターを --include-path--include-pattern--exclude-path、および --exclude-pattern パラメーターに変更しますaz storage remove: Change --inlcude and --exclude parameters to --include-path, --include-pattern, --exclude-path and--exclude-pattern parameters
  • az storage sync:--include-pattern--exclude-path、および --exclude-pattern パラメーターを追加しますaz storage sync: Add --include-pattern, --exclude-path and--exclude-pattern parameters

ServiceFabricServiceFabric

  • アプリケーションとサービスを管理するための新しいコマンドを追加します。Add new commands to manage appliaction and services.

2020 年 1 月 13 日January 13, 2020

バージョン 2.0.80Version 2.0.80

ComputeCompute

  • disk update:--disk-encryption-set と --encryption-type を追加しますdisk update: Add --disk-encryption-set and --encryption-type
  • snapshot create/update:--disk-encryption-set と --encryption-type を追加しますsnapshot create/update: Add --disk-encryption-set and --encryption-type

ストレージStorage

  • azure-mgmt-storage のバージョンを 7.1.0 にアップグレードしますUpgrade azure-mgmt-storage version to 7.1.0
  • az storage account create:テーブルとキューの暗号化サービスをサポートするための --encryption-key-type-for-table--encryption-key-type-for-queue を追加しますaz storage account create: Add --encryption-key-type-for-table and --encryption-key-type-for-queue to support Table and Queue Encryption Service

2020 年 1 月 7 日January 07, 2020

バージョン 2.0.79Version 2.0.79

ACRACR

  • [破壊的変更] 'acr build'、'acr task create/update'、'acr run'、および 'acr pack' の '--os' パラメーターを削除します。[BREAKING CHANGE] Remove '--os' parameter for 'acr build', 'acr task create/update', 'acr run', and 'acr pack'. 代わりに、'--platform' を使用してください。Use '--platform' instead.

AppConfigAppConfig

  • 機能フラグのインポート/エクスポートのサポートを追加しますAdd support for importing/exporting feature flags
  • keyvault 参照を作成するための新しいコマンド 'az appconfig kv set-keyvault' を追加しますAdd new command 'az appconfig kv set-keyvault' for creating keyvault reference
  • 機能フラグをファイルにエクスポートするときに、さまざまな名前付け規則をサポートしますSupport various naming conventions when exporting feature flags to file

AppServiceAppService

  • 問題 #7154 を修正:単一引用符ではなく、アクサン グラーブを使用するように、コマンド < > のドキュメントを更新していますFix issue #7154: Updating documentation for command <> to use back ticks instead of single quotes
  • 問題 #11287 を修正: webapp up:既定で、up を使用して作成されたアプリを 'SSL 有効' にする必要があるFix issue #11287: webapp up: By default make the app created using up 'should be 'SSL enabled'
  • 問題 #11592 を修正:HTML 静的サイトに az webapp up フラグを追加しますFix issue #11592: Add az webapp up flag for html static sites

ARMARM

  • az resource tag を修正:Recovery Services コンテナー タグを更新できないFix az resource tag: Recovery Services Vault tags cannot be updated

バックアップBackup

  • IaasVM ワークロードの論理的な削除機能を有効にするための新しいコマンド 'backup protection undelete' を追加しましたAdded new command 'backup protection undelete' to enable soft-delete feature for IaasVM workload
  • backup-properties コマンドを設定するための新しいパラメーター '--soft-delete-feature-state' を追加しましたAdded new parameter '--soft-delete-feature-state' to set backup-properties command
  • IaasVM ワークロードのディスク除外のサポートを追加しましたAdded disk exclusion support for IaasVM workload

ComputeCompute

  • Azure Stack プロファイルの vm create エラーを修正します。Fix vm create failure in Azure Stack profile.
  • vm monitor metrics tail/list-definitions: VM のクエリ メトリックとリスト定義をサポートします。vm monitor metrics tail/list-definitions: support query metric and list definitions for a vm.
  • az vm の新しい再適用コマンド アクションを追加しますAdd new reapply command action for az vm

HDInsightHDInsight

  • Kafka REST プロキシを使用する Kafka クラスターの作成のサポートSupport for creating a Kafka cluster with Kafka Rest Proxy
  • azure-mgmt-hdinsight を 1.3.0 にアップグレードUpgrade azure-mgmt-hdinsight to 1.3.0

その他Misc.

  • 既定の JSON 形式 または --output によって構成された形式で Azure CLI モジュールと拡張機能のバージョンを表示するプレビュー コマンド az version show を追加しますAdd preview command az version show to show the versions of Azure CLI modules and extensions in JSON format by default or format configured by --output

Event HubsEvent Hubs

  • [破壊的変更] コマンド 'az eventhubs eventhub update' と 'az eventhubs eventhub create' から 'ReceiveDisabled' status オプションを削除します。[BREAKING CHANGE] Remove 'ReceiveDisabled' status option from command 'az eventhubs eventhub update' and 'az eventhubs eventhub create'. このオプションは、イベント ハブ エンティティに対しては無効です。This option is not valid for Event Hub entities.

Service BusService Bus

  • [破壊的変更] コマンド 'az servicebus topic create'、'az servicebus topic update'、'az servicebus queue create'、および 'az servicebus queue update' から 'ReceiveDisabled' status オプションを削除します。[BREAKING CHANGE] Remove 'ReceiveDisabled' status option from command 'az servicebus topic create', 'az servicebus topic update', 'az servicebus queue create', and 'az servicebus queue update'. このオプションは、Service Bus のトピックとキューに対しては無効です。This option is not valid for Service Bus topics and queues.

RBACRBAC

  • #11712 を修正: アプリケーションまたはサービス プリンシパルが存在しない場合に az ad app/sp show で終了コード 3 が返されないFix #11712: az ad app/sp show does not return exit code 3 when the application or service principal does not exist

ストレージStorage

  • az storage account create:--enable-hierarchical-namespace パラメーターのプレビュー フラグを削除しますaz storage account create: Remove preview flag for --enable-hierarchical-namespace parameter
  • API バージョン 2019-06-01 を使用するために azure-mgmt-storage バージョンを 7.0.0 に更新しますUpdate azure-mgmt-storage version to 7.0.0 to use api version 2019-06-01
  • ストレージ アカウント blob-service-properties の削除の保持ポリシーの管理をサポートするために、新しいパラメーター --enable-delete-retention--delete-retention-days を追加します。Add new parameters --enable-delete-retention and --delete-retention-days to support managing delete retention policy for storage account blob-service-properties.

2019 年 12 月 17 日December 17, 2019

2.0.782.0.78

ACRACR

  • acr task run でのローカル コンテキストのサポートを追加しましたAdded support Local context in acr task run

ACSACS

  • [破壊的変更] az openshift create: --workspace-resource-id の名前を --workspace-id に変更します。[BREAKING CHANGE]az openshift create: rename --workspace-resource-id to --workspace-id.

AMSAMS

  • リソースが見つからない場合に 3 を返すように表示コマンドを更新しましたUpdated show commands to return 3 when resource not found

AppConfigAppConfig

  • 要求 URL に api-version を追加するときのバグを修正しました。Fixed bug when appending api-version to request url. 既存のソリューションは、改ページ位置の自動修正で機能しません。The existing solution doesn't work with pagination.
  • 英語以外の言語を表示するためのサポートを追加しました。これは、Microsoft のバックエンド サービスがグローバリゼーション向けに unicode をサポートするためです。Added support for showing languages besides English as our backend service support unicode for globalization.

AppServiceAppService

  • 問題 #11217 を修正: webapp: az webapp config ssl upload はスロット パラメーターをサポートする必要があるFixed issue #11217: webapp: az webapp config ssl upload should support slot parameter
  • 問題 #10965 を修正:エラー:名前を空にすることはできません。Fixed issue #10965: Error: Name cannot be empty. ip_address とサブネットによる削除を許可しますAllow remove by ip_address and subnet
  • Key Vault az webapp config ssl import からの証明書のインポートのサポートを追加しましたAdded support for importing certificates from Key Vault az webapp config ssl import

ARMARM

  • 6.0.0 を使用するように azure-mgmt-resource パッケージを更新しましたUpdated azure-mgmt-resource package to use 6.0.0
  • 新しいパラメーター --aux-subs の追加による az group deployment create コマンドのクロス テナントのサポートCross Tenant Support for az group deployment create command by adding new parameter --aux-subs
  • ポリシー セット定義へのメタデータ情報の追加をサポートするために、新しいパラメーター --metadata を追加しました。Added new parameter --metadata to support adding metadata information for policy set definitions.

バックアップBackup

  • SQL および SAP Hana ワークロードのバックアップ サポートを追加しました。Added Backup support for SQL and SAP Hana workload.

BotServiceBotService

  • [破壊的変更] プレビューコマンド 'az bot create' から '--version' フラグを削除します。[Breaking change] Remove '--version' flag from preview command 'az bot create'. v4 SDK ボットのみがサポートされます。Only v4 SDK bots are supported.
  • 名前を使用できるかどうかのチェックを 'sz bot create' に追加しました。Added name availability check for 'az bot create'.
  • 'az bot update' を使用してボットのアイコン URL を更新するためのサポートを追加しました。Added support for updating the icon URL for a bot via 'az bot update'.
  • 'az bot directline update' を使用して Direct Line チャネルを更新するためのサポートを追加しました。Added support for updating a Direct Line channel via 'az bot directline update'.
  • 'az bot directline create' に '--enable-enhanced-auth' フラグのサポートを追加しました。Added '--enable-enhanced-auth' flag support to 'az bot directline create'.
  • コマンド グループ 'az bot authsetting' は、プレビュー段階ではなく、GA です。The following command groups are GA and not in preview: 'az bot authsetting'.
  • 'az bot' の次のコマンドは、プレビュー段階ではなく、GA です: 'create'、'prepare-deploy'、'show'、'delete'、'update'。The following commands in 'az bot' are GA and not in preview: 'create', 'prepare-deploy', 'show', 'delete', 'update'.
  • 'az bot prepare-deploy' が修正され、 '--proj-file-path' 値が小文字に変更されます (例:"Test.csproj" が "test.csproj" に)。Fixed 'az bot prepare-deploy' changing '--proj-file-path' value to lower case (e.g. "Test.csproj" to "test.csproj").

ComputeCompute

  • vmss create/update:--scale-in-policy を追加しました。これは、VMSS がスケールインされるときに削除対象として選択される仮想マシンを決定します。vmss create/update: Added --scale-in-policy, which decides which virtual machines are chosen for removal when a VMSS is scaled-in.
  • vm/vmss update:--priority を追加しました。vm/vmss update: Added --priority.
  • vm/vmss update:--max-price を追加しました。vm/vmss update: Added --max-price.
  • disk-encryption-set コマンド グループ (create、show、update、delete、list) を追加しました。Added disk-encryption-set command group (create, show, update, delete, list).
  • disk create:--encryption-type と --disk-encryption-set を追加しました。disk create: Added --encryption-type and --disk-encryption-set.
  • vm/vmss create: --os-disk-encryption-set と --data-disk-encryption-sets を追加しました。vm/vmss create: Added --os-disk-encryption-set and --data-disk-encryption-sets.

コアCore

  • Python 3.4 のサポートを削除しましたRemoved support for Python 3.4
  • 複数のコマンドでの HaTS 調査のプラグインPlug in HaTS survey in multiple commands

DLSDLS

  • ADLS SDK バージョンを更新しました (0.0.48)。Updated ADLS sdk version (0.0.48).

インストールInstall

  • インストール スクリプトで python 3.8 がサポートされますInstall script support python 3.8

IoTIOT

  • [破壊的変更] manual-failover から --failover-region パラメーターを削除しました。[BREAKING CHANGE] Removed --failover-region parameter from manual-failover. これで、割り当てられた geo ペアのセカンダリ リージョンにフェールオーバーします。Now it will failover to assigned geo-paired secondary region.

Key VaultKey Vault

  • #8095 を修正: az keyvault storage remove: ヘルプ メッセージを改善しますFixed #8095: az keyvault storage remove: improve the help message
  • #8921 を修正: az keyvault key/secret/certificate list/list-deleted/list-versions: パラメーター --maxresults の検証のバグを修正しますFixed #8921: az keyvault key/secret/certificate list/list-deleted/list-versions: fix the validation bug on parameter --maxresults
  • #10512 を修正: az keyvault set-policy: --object-id--spn--upn のいずれも指定されていない場合のエラー メッセージを改善しますFixed #10512: az keyvault set-policy: improve the error message when none of --object-id, --spn or --upn is specified
  • #10846 を修正: az keyvault secret show-deleted: --id を指定した場合、--name/-n は必要ありませんFixed #10846: az keyvault secret show-deleted: when --id is specified, --name/-n is not required
  • #11084 を修正: az keyvault secret download: パラメーター --encoding のヘルプ メッセージを改善しますFixed #11084: az keyvault secret download: improve the help message of parameter --encoding

ネットワークNetwork

  • az network application-gateway probe:作成および更新時にバックエンド サーバーをプローブするためのポートを指定する --port オプションのサポートを追加しましたaz network application-gateway probe: Added support --port option to specify a port for probing backend servers when create and update
  • az network application-gateway url-path-map create/update: --waf-policy のバグ修正az network application-gateway url-path-map create/update: bug fix for --waf-policy
  • az network application-gateway:--rewrite-rule-set のサポートを追加しましたaz network application-gateway: Added support --rewrite-rule-set
  • az network list-service-aliases:サービス エンドポイント ポリシーに使用できるサービス別名を一覧表示するためのサポートを追加しましたaz network list-service-aliases: Added support list service aliases which can be used for Service Endpoint Policies
  • az network dns zone import:レコード名での .@ のサポートを追加しましたaz network dns zone import: Added support .@ in record name

梱包Packaging

  • pip インストール用のバック エッジ ビルドを追加しましたAdded back edge builds for pip install
  • Ubuntu eoan パッケージを追加しましたAdded Ubuntu eoan package

ポリシーPolicy

  • ポリシー API バージョン 2019-09-01 のサポートを追加しました。Added support for Policy API version 2019-09-01.
  • az policy set-definition:--definition-groups パラメーターを使用したポリシー セット定義内のグループ化のサポートを追加しましたaz policy set-definition: Added support grouping within policy set definitions with --definition-groups parameter

RedisRedis

  • az redis create コマンドにプレビュー パラメーター --replicas-per-master を追加しましたAdded preview param --replicas-per-master to az redis create command
  • azure-mgmt-redis を 6.0.0 から 7.0.0rc1 に更新しましたUpdated azure-mgmt-redis from 6.0.0 to 7.0.0rc1

ServiceFabricServiceFabric

  • #10963 を含む node-type 追加ロジックを修正:持続性レベル Gold で新しいノード タイプを追加すると、常に CLI エラーがスローされるFixed in node-type add logic including #10963: Adding new node type with durability level Gold will always throw CLI error
  • 作成テンプレートの ServiceFabricNodeVmExt バージョンを 1.1 に更新しましたUpdated ServiceFabricNodeVmExt version to 1.1 in creation template

SQLSQL

  • 読み取りスケール管理をサポートするために、sql db create および update コマンドに "--read-scale" と "--read-replicas" パラメーターを追加しました。Added "--read-scale" and "--read-replicas" parameters to sql db create and update commands, to support read scale management.

ストレージStorage

  • GA リリースでの storage account create および update コマンド用の大きいファイルの共有プロパティGA Release Large File Shares property for storage account create and update command
  • GA リリースでのユーザー委任 SAS トークンのサポートGA Release User Delegation SAS token Support
  • ストレージ アカウントの Blob service のプロパティを管理するための新しいコマンド az storage account blob-service-properties showaz storage account blob-service-properties update --enable-change-feed が追加されました。Added new commands az storage account blob-service-properties show and az storage account blob-service-properties update --enable-change-feed to manage blob service properties for storage account.
  • [今後の破壊的変更] az storage copy: * 文字は URL 内のワイルドカードとしてサポートされなくなりましたが、新しいパラメーターの --include-pattern と --exclude-pattern が * ワイルドカードをサポートして追加されます。[COMING BREAKING CHANGE] az storage copy: * character is no longer supported as a wildcard in URL, but new parameters --include-pattern and --exclude-pattern will be added with * wildcard support.
  • 問題 #11043 を修正:az storage remove コマンドでコンテナー/共有全体を削除するためのサポートを追加しましたFixed issue #11043: Added support to remove whole container/share in az storage remove command

2019 年 11 月 26 日November 26, 2019

バージョン 2.0.77Version 2.0.77

ACRACR

  • acr task create/update からパラメーター --branch が非推奨になりましたDeprecated parameter --branch from acr task create/update

Azure Red Hat OpenShiftAzure Red Hat OpenShift

  • 監視を使用して Azure Red Hat Openshift クラスターを作成できるように、--workspace-resource-id フラグを追加しましたAdded --workspace-resource-id flag to allow creation of Azure Red Hat Openshift cluster with monitoring
  • 監視を使用して Azure Red Hat OpenShift クラスターを作成するために monitor_profile を追加しましたAdded monitor_profile to create Azure Red Hat OpenShift cluster with monitoring

AKSAKS

  • "az aks rotate-certs" を使用したクラスター証明書ローテーション操作のサポートを追加しました。Added support cluster certificate rotation operation using "az aks rotate-certs".

AppConfigAppConfig

  • as az appconfig kv import の区切り文字に ":" を使用するためのサポートを追加しましたAdded support for using ":" for as az appconfig kv import separator
  • null ラベルを含む複数のラベルを持つキー値の一覧表示に関する問題を修正しました。Fixed issue for listing key values with multiple labels including null label.
  • 管理プレーン SKD である azure-mgmt-appconfiguration を バージョン 0.3.0 に更新しました。Updated management plane sdk, azure-mgmt-appconfiguration, to version 0.3.0.

AppServiceAppService

  • 問題 #11100 を修正:サービス プランの作成時の az webapp up の AttributeErrorFixed issue #11100: AttributeError for az webapp up when create service plan
  • az webapp up:サポートされている言語のサイトに作成またはデプロイを強制します。既定値は使用されません。az webapp up: Forcing the creation or deployment to a site for supported languages, no defaults used.
  • App Service Environment のサポートを追加しました: az appservice ase show | list | list-addresses | list-plans | create | update | deleteAdded support for App Service Environment: az appservice ase show | list | list-addresses | list-plans | create | update | delete

バックアップBackup

  • az backup policy list-associated-items の問題を修正しました。Fixed issue in az backup policy list-associated-items. 省略可能な BackupManagementType パラメーターを追加しました。Added optional BackupManagementType parameter.

ComputeCompute

  • コンピューティング、ディスク、スナップショットの API バージョンを 2019-07-01 にアップグレードしましたUpgraded API version of compute, disks, snapshots to 2019-07-01
  • vmss create: --orchestration-mode の改善vmss create: Improvement for --orchestration-mode
  • sig image-definition create: --os-state を追加して、このイメージの下に作成された仮想マシンを "一般化" するか、または "特殊化" するかを指定できるようにしましたsig image-definition create: Added --os-state to allow specifying whether the virtual machines created under this image are 'Generalized' or 'Specialized'
  • sig image-definition create: --hyper-v-generation を追加して、ハイパーバイザーの生成を指定できるようにしましたsig image-definition create: Added --hyper-v-generation to allow specifying the hypervisor generation
  • sig image-version create: --os-snapshot と --data-snapshots のサポートを追加しましたsig image-version create: Added support --os-snapshot and --data-snapshots
  • image create: --data-disk-caching を追加して、データ ディスクのキャッシュ設定を指定できるようにしましたimage create: Added --data-disk-caching to allow specifying caching setting of data disks
  • Python Compute SDK を 10.0.0 にアップグレードしましたUpgraded Python Compute SDK to 10.0.0
  • vm/vmss create: 'Priority' 列挙型プロパティに 'Spot' を追加しましたvm/vmss create: Added 'Spot' to 'Priority' enum property
  • [破壊的変更] Swagger と Powershell のコマンドレットとの一貫性を維持するために、VM と VMSS の両方で '--max-billing' パラメーターを '--max-price' に変更しました[Breaking change] Renamed '--max-billing' parameter to '--max-price', for both VM and VMSS, to be consistent with Swagger and Powershell cmdlets
  • vm monitor log show: リンクされた Log Analytics ワークスペースに対してログのクエリを実行するためのサポートを追加しました。vm monitor log show: Added support for querying log over linked log analytics workspace.

IoTIOT

  • #2531 の修正: ハブの更新に便利な引数を追加しました。Fix #2531: Added convenience arguments for hub update.
  • #8323 の修正: ストレージ カスタム エンドポイントを作成するために不足しているパラメーターを追加しました。Fix #8323: Added missing parameters to create storage custom endpoint.
  • 回帰バグの修正: 既定のストレージ エンドポイントをオーバーライドする変更を元に戻しました。Fix regression bug: Reverted the changes which overrides the default storage endpoint.

Key VaultKey Vault

  • #11121 を修正しました: az keyvault certificate list を使用する場合、--include-pending を渡すときに true または false の値が必須ではなくなりました。Fixed #11121: When using az keyvault certificate list, passing --include-pending now doesn't require a value of true or false

NetAppFilesNetAppFiles

  • azure-mgmt-netapp を 0.7.0 にアップグレードしました。これには、今後のレプリケーション操作に関連した追加のボリューム プロパティが含まれています。Upgraded azure-mgmt-netapp to 0.7.0 which includes some additional volume properties associated with upcoming replication operations

ネットワークNetwork

  • application-gateway waf-config: 非推奨になりましたapplication-gateway waf-config: deprecated
  • application-gateway waf-policy: 管理されているルール セットと除外ルールを管理するために、サブグループ managed-rules を追加しましたapplication-gateway waf-policy: Added subgroup managed-rules to manage managed rule sets and exclusion rules
  • application-gateway waf-policy: waf-policy のグローバル構成を管理するために、サブグループ policy-setting を追加しましたapplication-gateway waf-policy: Added subgroup policy-setting to manage global configuration of a waf-policy
  • [破壊的変更] application-gateway waf-policy: subgroup rule を custom-rule に名前変更しました[BREAKING CHANGE] application-gateway waf-policy: Renamed subgroup rule to custom-rule
  • application-gateway http-listener: 作成時の --firewall-policy を追加しましたapplication-gateway http-listener: Added --firewall-policy when create
  • application-gateway url-path-map rule: 作成時の --firewall-policy を追加しましたapplication-gateway url-path-map rule: Added --firewall-policy when create

梱包Packaging

  • az ラッパーを Python で書き直しましたRewrote the az wrapper in Python
  • Python 3.8 のサポートを追加しましたAdded support for Python 3.8
  • RPM パッケージで Python 3 に変更しましたChanged to Python 3 for RPM package

プロファイルProfile

  • Microsoft アカウントで az login -u {} -p {} を実行するときのエラーを改善しましたPolished error when running az login -u {} -p {} with Microsoft account
  • 自己署名ルート証明書使用してプロキシの背後で az login を実行するときの SSLError を改善しましたPolished SSLError when running az login behind a proxy with self-signed root certificate
  • #10578 を修正: Windows または WSL で同時に複数のインスタンスを起動すると az login がハングするFixed #10578: az login hangs when more than one instances are launched at the same time on Windows or WSL
  • #11059 を修正: テナントにサブスクリプションがあると az login --allow-no-subscriptions が失敗するFixed #11059: az login --allow-no-subscriptions fails if there are subscriptions in the tenant
  • #11238 を修正: サブスクリプションの名前を変更した後、MSI を使用してログインすると、同じサブスクリプションが 2 回表示されるFixed #11238: After renaming a subscription, logging in with MSI will result in the same subscription appearing twice

RBACRBAC

  • #10996 を修正: --password が指定されていないときの az ad user update での --force-change-password-next-login のエラーを改善Fixed #10996: Polish error for --force-change-password-next-login in az ad user update when --password is not specified

RedisRedis

  • #2902 を修正: Basic SKU キャッシュの更新中、メモリ構成を設定しないFixed #2902: Avoid setting memory configs while updating Basic SKU cache

ReservationsReservations

  • SDK バージョンを 0.6.0 にアップグレードしましたUpgraded SDK Version to 0.6.0
  • Gat-Gatalogs を呼び出した後の billingplan の詳細情報を追加しましたAdded billingplan details info after calling Get-Gatalogs
  • 予約の価格を計算するための新しいコマンド az reservations reservation-order calculate を追加しましたAdded new command az reservations reservation-order calculate to calculate the price for a reservation
  • 新しい予約を購入するための新しいコマンド az reservations reservation-order purchase を追加しましたAdded new command az reservations reservation-order purchase to purchase a new reservation

RESTRest

  • az rest を GA に変更しましたChanged az rest to GA

SQLSQL

  • azure-mgmt-sql をバージョン 0.15.0 に更新しました。Updated azure-mgmt-sql to version 0.15.0.

ストレージStorage

  • storage account create: Blob service でのファイルシステムのセマンティクスをサポートするために、--enable-hierarchical-namespace を追加しました。storage account create: Added --enable-hierarchical-namespace to support filesystem semantics in blob service.
  • エラー メッセージから関連性のない例外を削除しましたRemoved unrelated exception from error message
  • "この操作を実行するのに必要なアクセス許可がありません" という誤ったエラー メッセージがFixed issues with incorrect error message "You do not have the required permissions needed to perform this operation." ネットワーク ルールまたは AuthenticationFailed によってブロックされた場合に表示される問題を修正しました。when blocked by network rules or AuthenticationFailed.

2019 年 11 月 4 日November 4, 2019

バージョン 2.0.76Version 2.0.76

ACRACR

  • コマンド az acr pack build にプレビュー パラメーター --pack-image-tag を追加しました。Added a preview parameter --pack-image-tag to command az acr pack build.
  • レジストリ作成時の監査を有効にするためのサポートを追加しましたAdded support for enabling auditing on creating a registry
  • レジストリ スコープが設定された RBAC のサポートを追加しましたAdded support for Repository-scoped RBAC

AKSAKS

  • az aks create コマンドに --enable-cluster-autoscaler--min-count、および --max-count を追加しました。これにより、ノード プールのクラスター オートスケーラーが有効になります。Added --enable-cluster-autoscaler, --min-count and --max-count to the az aks create command, which enables cluster autoscaler for the node pool.
  • 上記のフラグに加えて、--update-cluster-autoscaler および --disable-cluster-autoscaleraz aks update コマンドに追加し、クラスター オートスケーラーを更新できるようにしました。Added the above flags as well as --update-cluster-autoscaler and --disable-cluster-autoscaler to the az aks update command, allowing updates to cluster autoscaler.

AppConfigAppConfig

  • App Configuration に格納される機能フラグを管理するために、appconfig feature コマンド グループを追加しました。Added appconfig feature command group to manage feature flags stored in an App Configuration.
  • ファイルに対する appconfig kv export コマンドの軽微なバグを修正しました。Fixed minor bug for appconfig kv export to file command. エクスポート中に宛先ファイルの内容を読み取らないようにしました。Stop reading dest file contents during export.

AppServiceAppService

  • az appservice plan create:appservice plan create に "persitescaling" を設定するためのサポートを追加しました。az appservice plan create: Added support to set 'persitescaling' on appservice plan create.
  • webapp config ssl bind 操作がリソースから既存のタグを削除する問題を修正しましたFixed an issue where webapp config ssl bind operation was removing existing tags from the resource
  • 関数アプリのデプロイ時にリモート ビルド アクションをサポートするために、az functionapp deployment source config-zip--build-remote フラグを追加しました。Added --build-remote flag for az functionapp deployment source config-zip to support remote build action during function app deployment.
  • Windows 向けの関数アプリの既定のノードバージョンを 10 に変更しましたChanged default node version on function apps to ~10 for Windows
  • az functionapp create--runtime-version プロパティを追加しましたAdded --runtime-version property to az functionapp create

ARMARM

  • az deployment/group deployment validate:デプロイ時に、json テンプレートで複数行とコメントをサポートするために --handle-extended-json-format パラメーターを追加しました。az deployment/group deployment validate: Added --handle-extended-json-format parameter to support multiline and comments in json template when deployment.
  • azure-mgmt-resource を 2019-07-01 に引き上げましたBumped azure-mgmt-resource to 2019-07-01

バックアップBackup

  • AzureFiles のバックアップ サポートを追加しましたAdded AzureFiles backup support

ComputeCompute

  • az vm create:高速ネットワークと既存の NIC を一緒に指定した場合の警告を追加しました。az vm create: Added warning when specifying accelerated networking and an existing NIC together.
  • az vm create:仮想マシンを割り当てる必要がある既存の仮想マシン スケール セットを指定するための --vmss を追加しました。az vm create: Added --vmss to specify an existing virtual machine scale set that the virtual machine should be assigned to.
  • az vm/vmss create:イメージ エイリアス ファイルのローカル コピーを追加し、制限付きネットワーク環境でそれにアクセスできるようにしました。az vm/vmss create: Added a local copy of image alias file so that it can be accessed in a restricted network environment.
  • az vmss create:スケール セットによる仮想マシンの管理方法を指定するための --orchestration-mode を追加しました。az vmss create: Added --orchestration-mode to specify how virtual machines are managed by the scale set.
  • az vm/vmss update:Ultra SSD 設定を更新できるように --ultra-ssd-enabled を追加しました。az vm/vmss update: Added --ultra-ssd-enabled to allow updating ultra SSD setting.
  • [破壊的変更] az vm extension set:ユーザーが --ids を使用して、VM に拡張機能を設定できないバグを修正しました。[BREAKING CHANGE] az vm extension set: Fixed bug where users could not set an extension on a VM with --ids.
  • Azure Marketplace イメージの使用条件を管理するための新しいコマンド az vm image terms accept/cancel/show を追加しました。Added new commands az vm image terms accept/cancel/show to manage Azure Marketplace image terms.
  • VMAccessForLinux をバージョン 1.5 に更新しましたUpdated VMAccessForLinux to version 1.5

Cosmos DBCosmosDB

  • [破壊的変更] az sql container create:--partition-key-path を必須パラメーターに変更しました[BREAKING CHANGE] az sql container create: Changed --partition-key-path to required parameter
  • [破壊的変更] az gremlin graph create:--partition-key-path を必須パラメーターに変更しました[BREAKING CHANGE] az gremlin graph create: Changed --partition-key-path to required parameter
  • az sql container create:--unique-key-policy および --conflict-resolution-policy を追加しましたaz sql container create: Added --unique-key-policy and --conflict-resolution-policy
  • az sql container create/update:既定のスキーマ --idx を更新しましたaz sql container create/update: Updated the --idx default schema
  • gremlin graph create:--conflict-resolution-policy を追加しましたgremlin graph create: Added --conflict-resolution-policy
  • gremlin graph create/update:既定のスキーマ --idx を更新しましたgremlin graph create/update: Updated the --idx default schema
  • ヘルプ メッセージの誤りを修正しましたFixed typo in help message
  • データベース:非推奨の情報を追加しましたdatabase: Added deprecation information
  • コレクション:非推奨の情報を追加しましたcollection: Added deprecation information

IoTIoT

  • 新しいルーティング ソースの種類を追加しました: DigitalTwinChangeEventsAdded new routing source type: DigitalTwinChangeEvents
  • az iot hub create の不十分な機能を修正しましたFixed missing features in az iot hub create

Key VaultKey Vault

  • 証明書ファイルが存在しない場合の予期しないエラーを修正しましたFixed an unexpected error when certificate file does not exist
  • az keyvault recover/purge が機能しない問題を修正しましたFixed az keyvault recover/purge not working

NetAppFilesNetAppFiles

  • API バージョン 2019-07-01 を使用するために azure-mgmt-netapp を 0.6.0 にアップグレードしました。Upgraded azure-mgmt-netapp to 0.6.0 to use API version 2019-07-01. この新しい API バージョンには以下の変更内容が含まれます。This new API version includes:

    • ボリューム作成の --protocol-types が "NFSv4" ではなく "NFSv 4.1" を受け入れるようになりましたVolume creation --protocol-types accepts now "NFSv4.1" not "NFSv4"
    • ボリューム エクスポート ポリシー プロパティの名前が "nfsv4" ではなく "nfsv41" に変更されましたVolume export policy property now named 'nfsv41' not 'nfsv4'
    • ボリュームの --creation-token の名前が --file-path に変更されましたVolume --creation-token renamed to --file-path
    • スナップショット作成日の名前が単に "created" に変更されましたSnapshot creation date now named just 'created'

ネットワークNetwork

  • az network private-dns link vnet create/update:テナント間の仮想ネットワーク リンクがサポートされています。az network private-dns link vnet create/update: Support cross-tenant virtual network linking.
  • [破壊的変更] az network vnet subnet list:--resource-group--vnet-name を必須に変更しました。[BREAKING CHANGE] az network vnet subnet list: Changed --resource-group and --vnet-name to be required now.
  • az network public-ip prefix create:作成時に IP アドレスのバージョン (IPv4、IPv6) を指定するためのサポートを追加しましたaz network public-ip prefix create: Added support to specify IP address version (IPv4, IPv6) when creation
  • azure-mgmt-network を 7.0.0 に、api-version を 2019-09-01 に引き上げましたBumped azure-mgmt-network to 7.0.0 and api-version to 2019-09-01
  • az network vrouter:新しいサービスの仮想ルーターと仮想ルーター ピアリングのサポートを追加しましたaz network vrouter: Added support for new service virtual router and virtual router peering
  • az network express-route gateway connection:--internet-security のサポートを追加しましたaz network express-route gateway connection: Added support for --internet-security

プロファイルProfile

  • az account get-access-token --resource-type ms-graph が機能しない問題を修正しましたFixed az account get-access-token --resource-type ms-graph not working
  • az login からの警告を削除しましたRemoved warning from az login

RBACRBAC

  • az ad app update --id {} --display-name {} が機能しない問題を修正しましたFixed az ad app update --id {} --display-name {} doesn't work

ServiceFabricServiceFabric

  • az sf cluster create:Service Fabric の Linux と Windows の template.json コンピューティング vmss を標準からマネージド ディスクに変更することによって問題を修正しましたaz sf cluster create: Fixed an issue by modifying service fabric linux and windows template.json compute vmss from standard to managed disks

SQLSQL

  • 次の新しい SQL Database オファリングの CRUD 操作をサポートするために、--compute-model--auto-pause-delay、および --min-capacity パラメーターを追加しました:サーバーレス コンピューティング モデル。Added --compute-model, --auto-pause-delay, and --min-capacity parameters to support CRUD operations for new SQL Database offering: Serverless compute model.

ストレージStorage

  • az storage account create/update:Azure Files Active Directory Domain Services 認証をサポートするために、--enable-files-adds パラメーターと Azure Active Directory プロパティ引数グループを追加しましたaz storage account create/update: Added --enable-files-adds parameter and Azure Active Directory Properties Argument group to support Azure Files Active Directory Domain Service Authentication
  • ストレージ アカウントの Kerberos キーの一覧表示または再生成をサポートするために、az storage account keys list/renew を拡張しました。Expanded az storage account keys list/renew to support listing or regenerating Kerberos keys of storage account.

2019 年 10 月 15 日October 15, 2019

バージョン 2.0.75Version 2.0.75

AKSAKS

  • Kubernetes のバージョンでサポートされている場合、--load-balancer-sku の既定値を standard に変更しましたChanged --load-balancer-sku default value to standard if supported by the kubernetes version
  • Kubernetes のバージョンでサポートされている場合、--vm-set-type の既定値を virtualmachinescalesets に変更しましたChanged --vm-set-type default value to virtualmachinescalesets if supported by the kubernetes version

AMSAMS

  • [破壊的変更]job start の名前を job create に変更しました[BREAKING CHANGE] Changed the name of job start to job create
  • [破壊的変更]content-key-policy create--ask パラメーターが UTF8 ではなく 32 文字の 16 進文字列を使用するように変更しました[BREAKING CHANGE] Changed the --ask parameter of content-key-policy create to use a 32-character hex string instead of UTF8

AppServiceAppService

  • コマンド webapp config access-restriction show|set|add|remove を追加しましたAdded commands webapp config access-restriction show|set|add|remove
  • より優れたエラー処理を webapp up に追加しましたAdded better error handling to webapp up
  • Isolated SKU のサポートを appservice plan update に追加しましたAdded support for Isolated SKU to appservice plan update

ARMARM

  • JSON テンプレートで複数行とコメントをサポートするための --handle-extended-json-format パラメーターを deployment create に追加しましたAdded --handle-extended-json-format parameter deployment create to support multiline and comments in json template

ComputeCompute

  • --enable-agent パラメーターを vm create に追加しましたAdded --enable-agent parameter to vm create
  • ゾーンを使用するときに標準のパブリック IP SKU を自動的に使用するように vm create を変更しましたChanged vm create to use standard public IP SKU automatically when using zones
  • VM の有効なコンピューター名が指定されていない場合に自動的に作成されるように vm create を変更しましたChanged vm create to automatically create a valid computer name for a VM if none is provided
  • VMSS 内の仮想マシンのカスタム コンピューター名プレフィックスをサポートするために --computer-name-prefix パラメーターを vmss create に追加しましたAdded --computer-name-prefix parameter to vmss create to support custom computer name prefix of virtual machines in the VMSS
  • ログ分析ワークスペースを自動的に有効にする --workspace パラメーターを vm create に追加しますAdd --workspace parameter to vm create to enable log analytics workspace automatically
  • ギャラリーの API バージョンが 2019-07-01 に更新されましたUpdated galleries API version to 2019-07-01

コアCore

  • 汎用の update コマンドで --set パラメーターの構文チェックを追加しましたAdded syntax check for --set parameter in generic update command

IoTIoT

  • iot hub show で "リソースが見つかりません" のエラーが誤って発生する問題を修正しましたFixed an issue where iot hub show would incorrectly error with "resource not found"

モニターMonitor

  • CRUD のサポートを monitor log-analytics workspace に追加しましたAdded support for CRUD to monitor log-analytics workspace

ネットワークNetwork

  • クロステナントの仮想リンクのサポートを network private-dns link vnet [create|update] に追加しましたAdded support for cross-tenant virtual linking to network private-dns link vnet [create|update]
  • [破壊的変更]network vnet subnet list--resource-group および --vnet-name パラメーターが必須に変更になりました[BREAKING CHANGE] Changed network vnet subnet list to require --resource-group and --vnet-name parameters

SQLSQL

  • マネージ インスタンスの AAD 管理者の設定をサポートするコマンドを sql mi ad-admin に追加しましたAdded commands to sql mi ad-admin that support setting an AAD administrator on managed instances

ストレージStorage

  • サービス間のコピー中にアクセス層を保持する --preserve-s2s-access-tier パラメーターを storage copy に追加しましたAdded --preserve-s2s-access-tier parameter storage copy to preserve access tier during service to service copy
  • ストレージ アカウントで大容量ファイルの共有をサポートするために --enable-large-file-share パラメーターを storage account [create|update] に追加しましたAdded --enable-large-file-share parameter to storage account [create|update] to support large file shares for storage account

2019 年 9 月 24 日September 24, 2019

バージョン 2.0.74Version 2.0.74

ACRACR

  • 必須の --type パラメーターを acr config retention update に追加しましたAdded a required --type parameter to acr config retention update
  • [破壊的変更] acr config コマンド グループでパラメーター --name -n の名前が --registry -r に変更されました[BREAKING CHANGE] Renamed parameter --name -n changed to --registry -r for acr config command group

AKSAKS

  • --load-balancer-sku パラメーターを aks create コマンドに追加しました。これにより、SLB を使用する AKS クラスターを作成できますAdded --load-balancer-sku parameter to aks create command, which allows for creating AKS cluster with SLB
  • --load-balancer-managed-outbound-ip-count--load-balancer-outbound-ips--load-balancer-outbound-ip-prefixes パラメーターを aks [create|update] コマンドに追加しました。これにより、SLB を使用する AKS クラスターのロード バランサー プロファイルを更新できますAdded --load-balancer-managed-outbound-ip-count, --load-balancer-outbound-ips and --load-balancer-outbound-ip-prefixes parameters to aks [create|update] commands, which allow for updating load balancer profile of an AKS cluster with SLB
  • --vm-set-type パラメーターを aks create コマンドに追加しました。これにより、AKS クラスターの VM の種類 (vmas または vmss) を指定できますAdded --vm-set-type parameter to aks create command, which allows to specify vm types of an AKS Cluster (vmas or vmss)

ARMARM

  • JSON テンプレートで複数行とコメントをサポートするための --handle-extended-json-format パラメーターを group deployment create コマンドに追加しましたAdded --handle-extended-json-format parameter to group deployment create command to support multiline and comments in json template

ComputeCompute

  • 終了のスケジュール化されたイベントを構成しやすくするために --terminate-notification-time パラメーターを vmss [create|update] コマンドに追加しましたAdded --terminate-notification-time parameter to vmss [create|update] commands to support terminate scheduled event configurability
  • 終了のスケジュール化されたイベントを構成しやすくするために --enable-terminate-notification パラメーターを vmss update コマンドに追加しましたAdded --enable-terminate-notification parameter to vmss update command to support terminate scheduled event configurability
  • --priority, --eviction-policy, --max-billing パラメーターを [vm|vmss] create コマンドに追加しましたAdded --priority, --eviction-policy, --max-billing parameters to [vm|vmss] create commands
  • disk create を変更し、ディスク アップロードの正確なサイズを指定できるようにしましたChanged disk create to allow specifying the exact size of the disk upload
  • マネージド ディスクの増分スナップショットのサポートを snapshot create に追加しましたAdded support for incremental snapshots for managed disks to snapshot create

Cosmos DBCosmos DB

  • キー、読み取り専用キー、または接続文字列を表示する --type <key-type> パラメーターを cosmosdb keys list コマンドに追加しましたAdded --type <key-type> parameter to cosmosdb keys list command to show key, read only keys or connection strings
  • cosmosdb keys regenerate コマンドを追加しましたAdded cosmosdb keys regenerate command
  • [非推奨]cosmosdb list-connection-stringscosmosdb regenerate-keycosmosdb list-read-only-keys コマンドを非推奨にしました[DEPRECATED] Deprecated cosmosdb list-connection-strings, cosmosdb regenerate-key and cosmosdb list-read-only-keys commands

EventGridEventGrid

  • 正しいパラメーターを参照するようにエンドポイントのヘルプ テキストを修正しましたFixed the endpoint help text to refer to the right parameter

Key VaultKey Vault

  • テナントを使用してログインすると (login -t)、keyvault create が失敗する問題を修正しましたFixed issue where logging in with a tenant (login -t) could cause keyvault create to fail

モニターMonitor

  • monitor metrics alert create--condition 引数で : 文字を使用できないという問題を修正しましたFixed issue where : character was not allowed in --condition argument to monitor metrics alert create

ポリシーPolicy

  • Policy API バージョン 2019-06-01 のサポートを追加しましたAdded support for Policy API version 2019-06-01
  • policy assignment create コマンドに --enforcement-mode パラメーターを追加しましたAdded --enforcement-mode parameter to policy assignment create command

ストレージStorage

  • az storage copy コマンドに --blob-type パラメーターを追加しましたAdded --blob-type parameter to az storage copy command

2019 年 9 月 10 日September 10, 2019

ACRACR

  • アイテム保持ポリシーを構成するためのコマンド グループ acr config retention を追加しましたAdded command group acr config retention to configure retention policy

AKSAKS

  • 次のコマンドを使用した ACR 統合のサポートが追加されました。Added support for ACR integration with the following commands:
    • AKS クラスターに ACR をアタッチするための --attach-acr パラメーターを aks [create|update] に追加しましたAdded --attach-acr parameter to aks [create|update] to attach an ACR to an AKS cluster
    • AKS クラスターから ACR をデタッチするための --detach-acr パラメーターを aks update に追加しましたAdded --detach-acr parameter to aks update to detach the ACR from an AKS cluster

ARMARM

  • API バージョン 2019-05-10 を使用するように更新しましたUpdated to use API version 2019-05-10

BatchBatch

  • batch pool create--json-file に新しい JSON 構成設定を追加しました。Added new JSON configuration settings to --json-file for batch pool create:
  • 共有イメージ ギャラリーのサポートを --image に追加しましたAdded support for shared image galleries to --image
  • [破壊的変更]batch pool create--start-task-wait-for-success の既定値を true に変更しました[BREAKING CHANGE] Changed default value of --start-task-wait-for-success on batch pool create to be true
  • [破壊的変更]AutoUserSpecificationScope の既定値が常に Pool になるように変更しました (以前は Windows ノードでは Task、Linux ノードでは Pool でした)[BREAKING CHANGE] Changed default value for Scope on AutoUserSpecification to always be Pool (was Task on Windows nodes, Pool on Linux nodes)
    • この引数は、--json-file を使用して JSON 構成からのみ設定できます。This argument can only be set from a JSON configuration with --json-file

HDInsightHDInsight

  • GA リリースGA release
  • [破壊的変更]az hdinsight resize のパラメーター --workernode-count/-c が必須に変更されました。[BREAKING CHANGE] Changed parameter --workernode-count/-c of az hdinsight resize to be required.

Key VaultKey Vault

  • ネットワーク ルールからサブネットを削除できなかった問題を修正しましたFixed issue where subnets couldn't be deleted from network rules
  • 重複したサブネットと IP アドレスをネットワーク ルールに追加できる問題を修正しましたFixed issue where duplicated subnets and IP addresses could be added to network rules

ネットワークNetwork

  • トラフィック分析間隔の値を設定する --interval パラメーターを network watcher flow-log に追加しましたAdded --interval parameter to network watcher flow-log to set traffic analysis interval value
  • ゲートウェイ ID を管理するための network application-gateway identity を追加しましたAdded network application-gateway identity to manage gateway identity
  • Key Vault ID を設定するためのサポートを network application-gateway ssl-cert に追加しましたAdded support for setting Key Vault ID to network application-gateway ssl-cert
  • network express-route peering peer-connection [show|list] を追加しましたAdded network express-route peering peer-connection [show|list]

ポリシーPolicy

  • API バージョン 2019-01-01 を使用するように更新しましたUpdated to use API version 2019-01-01

2019 年 8 月 27 日August 27, 2019

バージョン 2.0.72Version 2.0.72

ACRACR

  • [破壊的変更]classic SKU のサポートを削除しました[BREAKING CHANGE] Removed support for the classic SKU

API ManagementAPI Management

  • [プレビュー] apim コマンド グループを追加しました[PREVIEW] Added apim command group

AppServiceAppService

  • スロットを指定したときの webapp webjob continuous start コマンドに関する問題を修正しましたFixed issue with webapp webjob continuous start command when specifying a slot
  • env フォルダーを検出してデプロイに使用されているファイルから削除するように webapp up を変更しましたChanged webapp up to detect env folder and remove it from the file used for deployment

KeyVaultKeyvault

  • --expires 引数を無視する keyvault secret set のバグを修正しましたFixed a bug in keyvault secret set that igored the --expires argument

ネットワークNetwork

  • --private-ip-address-version 引数に IPv6 アドレスのサポートを追加しましたAdded support for IPv6 addresses to --private-ip-address-version arguments
  • プライベート エンドポイントの管理用に新しいコマンド network private-endpoint [create|update|list-types] を追加しましたAdded new commands network private-endpoint [create|update|list-types] for private endpoint management
  • コマンド グループ network private-link-service を追加しましたAdded command group network private-link-service
  • --private-endpoint-network-policies 引数と --private-link-service-network-policies 引数を network vnet subnet update に追加しましたAdded --private-endpoint-network-policies and --private-link-service-network-policies arguments to network vnet subnet update

RBACRBAC

  • ホームページが更新されない ad app update --homepage に関する問題を修正しましたFixed issue with ad app update --homepage where homepage would not be updated

ServiceFabricServiceFabric

  • キー コンテナーの大文字と小文字が混在する名前のサポートを追加しましたAdded support for mixed-case Key Vault names
  • Key Vault で証明書を使用したときの問題を修正しましたFixed issue when using certificates in Key Vault
  • PFX 証明書ファイルの使用に関する問題を修正しましたFixed issue with using PFX certificate files
  • Key Vault リソースグループが指定されていなかったときの sf cluster certificate add に関する問題を修正しましたFixed issue with sf cluster certificate add when Key Vault resource group wasn't specified
  • sf cluster set が動作しない問題を修正しましたFixed issue with sf cluster set not working

SignalRSignalR

  • 次の新しいコマンドを追加しましたAdded new commands:
    • signalr cors:SignalR CORS の管理signalr cors: Manage SignalR CORS
    • signalr restart:SignalR Service の再起動signalr restart: Restart a SignalR service
    • signalr update:SignalR Service の更新signalr update: Update a SignalR service
  • --service-mode 引数を signalr create に追加しましたAdded --service-mode argument to signalr create

ストレージStorage

  • storage account revoke-delegation-keys コマンドを追加しましたAdded storage account revoke-delegation-keys command

2019 年 8 月 13 日August 13, 2019

バージョン 2.0.71Version 2.0.71

AppServiceAppService

  • webapp webjob continuous コマンドがスロットで失敗する問題を修正しましたFixed issue where webapp webjob continuous commands were failing for slots

BotServiceBotService

  • [破壊的変更] v3 SDK ボットの作成のサポートを削除しました[BREAKING CHANGE] Removed support for creating v3 SDK bots

CognitiveServicesCognitiveServices

  • cognitiveservices account network-rule コマンドを追加しましたAdded cognitiveservices account network-rule commands

Cosmos DBCosmos DB

  • 複数の書き込み場所を更新するときの警告を削除しましたRemoved warning when updating multiple write locations
  • CosmosDB SQL、MongoDB、Cassandra、Gremlin、およびテーブル リソースとリソースのスループットのための CRUD コマンドを追加しましたAdded CRUD commands for CosmosDB SQL, MongoDB, Cassandra, Gremlin and Table resources and resource's throughput

HDInsightHDInsight

このリリースには、多数の破壊的変更が含まれています。This release contains a large number of breaking changes.

  • [破壊的変更]hdinsight create のパラメーターの名前を変更しました。[BREAKING CHANGE] Renamed parameters for hdinsight create:
    • --storage-default-container から --storage-container への名称変更Renamed --storage-default-container to --storage-container
    • --storage-default-filesystem から --storage-filesystem への名称変更Renamed --storage-default-filesystem to --storage-filesystem
  • [破壊的変更]application create--name 引数が、クラスター名の代わりにアプリケーション名を表すように変更されました[BREAKING CHANGE] Changed the --name argument of application create to represent the application name instead of the cluster name
  • --cluster-name 引数が application create に追加され、以前の --name の機能に置き換わりましたAdded --cluster-name argument to application create to replace old --name functionality
  • [破壊的変更]application create のパラメーターの名前を変更しました。[BREAKING CHANGE] Renamed parameters for application create:
    • --application-type から --type への名称変更Renamed --application-type to --type
    • --marketplace-identifier から --marketplace-id への名称変更Renamed --marketplace-identifier to --marketplace-id
    • --https-endpoint-access-mode から --access-mode への名称変更Renamed --https-endpoint-access-mode to --access-mode
    • --https-endpoint-destination-port の名前を --destination-port に変更しましたRenamed --https-endpoint-destination-port to --destination-port
  • [破壊的変更]application create のパラメーターを削除しました。[BREAKING CHANGE] Removed parameters for application create:
    • --https-endpoint-location
    • --https-endpoint-public-port
    • --ssh-endpoint-destination-port
    • --ssh-endpoint-location
    • --ssh-endpoint-public-port
  • [破壊的変更] hdinsight resize--target-instance-count の名前を --workernode-count に変更しました[BREAKING CHNAGE] Renamed --target-instance-count to --workernode-count for hdinsight resize
  • [破壊的変更]hdinsight script-action グループのすべてのコマンドが、スクリプト アクションの名前として --name パラメーターを使用するように変更されました。[BREAKING CHANGE] Changed all commands in the hdinsight script-action group to use the --name parameter as the name of the script action.
  • --cluster-name 引数がすべての hdinsight script-action コマンドに追加され、以前の --name の機能に置き換わりましたAdded --cluster-name argument to all hdinsight script-action commands to replace old --name functionality
  • [破壊的変更] すべての hdinsight script-action コマンドで --script-execution-id の名前を --execution-id に変更しました[BREAKING CHANGE] Renamed --script-execution-id to --execution-id for all hdinsight script-action commands
  • [破壊的変更] 名前を hdinsight script-action show から hdinsight script-action show-execution-details に変更しました[BREAKING CHANGE] Renamed hdinsight script-action show to hdinsight script-action show-execution-details
  • [破壊的変更] hdinsight script-action execute --roles に対するパラメーターを、コンマ区切りではなくスペース区切りにしました[BREAKING CHNAGE] Changed parameters to hdinsight script-action execute --roles to be space-separated instead of comma-separated
  • [破壊的変更]hdinsight script-action list--persisted パラメーターを削除しました[BREAKING CHANGE] Removed the --persisted parameter of hdinsight script-action list
  • ローカル JSON ファイルへのパスまたは JSON 文字列を受け入れるように hdinsight create --cluster-configurations パラメーターを変更しましたChanged the hdinsight create --cluster-configurations parameter to accept a path to a local JSON file or a JSON string
  • hdinsight script-action list-execution-history コマンドを追加しましたAdded command hdinsight script-action list-execution-history
  • Log Analytics ワークスペース ID またはワークスペース名を受け入れるように hdinsight monitor enable --workspace を変更しましたChanged hdinsight monitor enable --workspace to accept a Log Analytics workspace ID or workspace name
  • hdinsight monitor enable --primary-key 引数を追加しました。これは、ワークスペース ID がパラメーターとして指定されている場合に必要ですAdded the hdinsight monitor enable --primary-key argument, which is needed if a workspace ID is provided as the parameter
  • 例をさらに追加し、ヘルプ メッセージの説明を更新しましたAdded more examples and updated descriptions for help messages

InteractiveInteractive

  • 読み込みエラーを修正しましたFixed a loading error

KubernetesKubernetes

  • ダッシュボードのコンテナー ポートで https が使用されている場合に https を使用するように変更しましたChanged to use https if dashboard container port is using https

ネットワークNetwork

  • --yes 引数を network dns record-set cname delete に追加しましたAdded --yes argument network dns record-set cname delete

プロファイルProfile

  • リソースのアクセス トークンを取得するための account get-access-token--resource-type 引数を追加しましたAdded --resource-type argument to account get-access-token to get resource access tokens

ServiceFabricServiceFabric

  • sf cluster create でサポートされているすべての OS バージョンを追加しましたAdded all supported os version for sf cluster create
  • プライマリ証明書の検証のバグを修正しましたFixed primary certificate validation bug

ストレージStorage

  • storage copy コマンドを追加しましたAdded command storage copy

2019 年 7 月 30 日July 30, 2019

バージョン 2.0.70Version 2.0.70

ACRACR

  • 問題 #9952 (acr pack build コマンドでの回帰) を修正しましたFixed issue #9952 (a regression in the acr pack build command)
  • acr pack build の既定のビルダー イメージ名を削除しましたRemoved the default builder image name in acr pack build

AppserviceAppservice

  • リソースが見つからない場合にメッセージ表示するように webapp config ssl を変更しましたChanged webapp config ssl to show a message if a resource is not found
  • functionapp create がストレージ アカウントの種類 Standard_RAGRS を受け入れない問題を修正しましたFixed issue where functionapp create does not accept Standard_RAGRS storage account type
  • 古いバージョンの python を使用して webapp up を実行すると失敗する問題を修正しましたFixed an issue where webapp up would fail if run using older versions of python

ネットワークNetwork

  • network nic ip-config add から無効なパラメーター --ids を削除しました (#9861 の修正)Removed invalid parameter --ids from network nic ip-config add (fixes #9861)
  • #9604 を修正しました。Fixes #9604. 信頼されたルート証明書へのユーザーの関連付けをサポートするために、network application-gateway http-settings [create|update]--root-certs パラメーターを追加しました。Added --root-certs parameter to network application-gateway http-settings [create|update] to support user associate trusted root certificates.
  • network dns record-set ns create の引数 --subscription を修正しました (#9965)Fixed arguent --subscription for network dns record-set ns create (#9965)

RBACRBAC

  • user update コマンドを追加しましたAdded user update command
  • [非推奨] ユーザー関連コマンドで --upn-or-object-id を非推奨にしました[DEPRECATED] Deprecated --upn-or-object-id from user-related commands
    • 代替引数の --id を使用してくださいUse replacement argument --id
  • ユーザー関連コマンドに --id 引数を追加しましたAdded --id argument to user-related commands

SQLSQL

  • マネージド インスタンス キーおよび TDE 保護機能の管理コマンドを追加しましたAdded management commands for managed instance keys and TDE protector

ストレージStorage

  • storage remove コマンドを追加しましたAdded storage remove command
  • storage blob update での問題を修正しましたFixed an issue with storage blob update

VMVM

  • ゾーンの詳細を出力するための新しい API バージョンを使用するように list-skus を変更しましたChanged list-skus to use newer api-version to output zone details
  • vmss create--single-placement-group の既定値をfalse に変更しましたChanged default of --single-placement-group to false for vmss create
  • [snapshot|disk] create において ZRS ストレージ SKU を選択する機能を追加しましたAdded ability to select ZRS storage SKUs for [snapshot|disk] create
  • 専用ホストをサポートするために、新しいコマンド グループ vm host を追加しましたAdded new command group vm host to support dedicated hosts
  • VM 専用ホストを設定するためのパラメーター --host--host-groupvm create に追加しましたAdded parameters --host and --host-group on vm create to set VM dedicated host

2019 年 7 月 16 日July 16, 2019

バージョン 2.0.69Version 2.0.69

AppserviceAppservice

  • ResourceGroupName または App の名前が無効な場合に適切なエラー メッセージを返すように webapp identity コマンドが変更されましたChanged webapp identity commands to return a proper error message if ResourceGroupName or App name are invalid
  • ResourceGroup が指定されなかった場合に numberOfSites の正しい値を返すように webapp list が修正されましたFixed webapp list to return the correct value for numberOfSites if no ResourceGroup was provided
  • appservice plan createwebapp create の副作用が修正されましたFixed side-effects of appservice plan create and webapp create

コアCore

  • --subscription が適用不可にもかかわらず表示される問題が修正されましたFixed issue where --subscription would appear despite being not applicable

BatchBatch

  • [破壊的変更]batch pool node-agent-skus listbatch pool supported-images list に置き換えられました[BREAKING CHANGE] Replaced batch pool node-agent-skus list with batch pool supported-images list
  • batch pool create network--json-file オプションを使用するときに、トラフィックのソース ポートに基づいてプールへのネットワーク アクセスをブロックするセキュリティ規則のサポートが追加されましたAdded support for security rules blocking network access to a pool based on the source port of the traffic when using the --json-file option of batch pool create network
  • batch task create--json-file オプションを使用するときに、コンテナーの作業ディレクトリまたは Batch タスクの作業ディレクトリでタスクを実行するためのサポートが追加されましたAdded support for executing the task in the container working directory or in the Batch task working directory when using the --json-file option of batch task create
  • batch pool create--application-package-references オプションが、既定値でのみ動作するというエラーが修正されましたFixed error in --application-package-references option of batch pool create where it would only work with defaults

イベント ハブEventhubs

  • authorizationruleコマンドのパラメーター --rights の検証が追加されましたAdded validation for parameter --rights of authorizationrule commands

RDBMSRDBMS

  • レプリカ作成コマンドでレプリカ SKU を指定するためのオプション パラメーターが追加されましたAdded optional parameter to specify replica SKU for create replica command
  • MySQL レプリカの作成で CI テストが失敗する問題が修正されましたFixed the issue with CI test failure with creating MySQL replica

リレーRelay

  • クライアント承認が無効になっているときのハイブリッド接続の問題が修正されました (#8775)Fixed issue with hybrid connection when client authroization disabled #8775
  • パラメーター --requires-transport-securityrelay wcfrelay create に追加しましたAdded parameter --requires-transport-security to relay wcfrelay create

ServiceBusServicebus

  • authorizationruleコマンドのパラメーター --rights の検証が追加されましたAdded validation for parameter --rights of authorizationrule commands

ストレージStorage

  • ストレージ アカウントの更新で Files AADDS を有効にしますEnable Files AADDS for storage account update
  • 修正された問題 storage blob service-properties update --setFixed issue storage blob service-properties update --set

2019 年 7 月 2 日July 2, 2019

バージョン 2.0.68Version 2.0.68

コアCore

  • コマンド モジュールが再頒布可能な 1 つの Python コードに統合されました。Command modules are now consolidated into a single Python distributable. これにより、PyPI での多くの azure-cli- パッケージの直接使用が廃止されます。This deprecates direct use of many azure-cli- packages on PyPI. またこれにより、インストール サイズが削減され、pip 経由で直接インストールしたユーザーにのみ影響が出ます。This should reduce install size and only affect users who have directly installed via pip.

ACRACR

  • タスクへのタイマー トリガーのサポートが追加されましたAdded support for Timer Triggers to Task

AppserviceAppservice

  • 既定でアプリケーション インサイトを有効にするように functionapp create を変更しましたChanged functionapp create to enable application insights by default
  • [破壊的変更] 非推奨の functionapp devops-build コマンドを削除しました。[BREAKING CHANGE] Removed deprecated functionapp devops-build command.
    • 代わりに新しいコマンド az functionapp devops-pipeline を使用Use the new command az functionapp devops-pipeline instead
  • Linux 従量課金プランの関数アプリのプラン サポートを functionapp deployment config-zip に追加しましたAdded Linux Consumption function app plan support to functionapp deployment config-zip

Cosmos DBCosmos DB

  • ID の無効化に対応するようになりましたAdded support for disabling TTL

DLSDLS

  • ADLS バージョンを更新しました (0.0.45)Updated ADLS version (0.0.45)

フィードバックFeedback

  • 失敗した拡張機能コマンドを報告するときに、az feedback はインデックスからの拡張機能のプロジェクト/リポジトリの url にブラウザーを開こうとするようになりましたWhen reporting a failed extension command, az feedback now attempts to open the browser to the project/repo url of the extension from the index

HDInsightHDInsight

  • [破壊的変更]oms コマンド グループ名を monitor に変更しました[BREAKING CHANGE] Changed oms command group name to monitor
  • [破壊的変更]--http-password/-p が必須パラメーターになりました[BREAKING CHANGE] Made --http-password/-p a required parameter
  • --cluster-admin-account および cluster-users-group-dns パラメーター入力候補の入力候補を追加しましたAdded completers for --cluster-admin-account and cluster-users-group-dns parameters completer
  • cluster-users-group-dns パラメーターを —esp が存在するときに必要となるように変更しましたChanged cluster-users-group-dns parameter to be required when —esp is present
  • 既存の引数自動オートコンプリートすべてにタイムアウトを追加しましたAdded a timeout for all existing argument auto-completers
  • リソース名をリソース id に変換する際のタイムアウトを追加しましたAdded a timeout for transforming resource name to resource id
  • 任意のリソース グループからリソースを選択するようにオートコンプリートを変更しました。Changed Auto-completers to select resources from any resource group. -g で指定されるリソース グループとは別のものにすることができます。It can be a different resource group than the one specified with -g
  • hdinsight application create コマンドで --sub-domain-suffix および --disable_gateway_auth パラメーターのサポートを追加しましたAdded support for --sub-domain-suffix and --disable_gateway_auth parameters in the hdinsight application create command

マネージド サービスManaged Services

  • プレビューにマネージド サービス コマンド モジュールを導入Introducing managed service command module in preview

プロファイルProfile

  • ログアウト コマンドの --subscription 引数を抑制Suppress --subscription argument for logout command

RBACRBAC

  • [破壊的変更]create-for-rbac--password 引数を削除しました[BREAKING CHANGE] Removed --password argument for create-for-rbac
  • AAD グラフ サーバー レプリケーションの待機時間によって発生する断続的なエラーを回避するために --assignee-principal-type パラメーターを create コマンドに追加しましたAdded --assignee-principal-type parameter to create command to avoid intermittent failures caused by AAD graph server replication latency
  • 所有オブジェクトの一覧表示時の ad signed-in-user のクラッシュの問題を修正しましたFixed a crash in ad signed-in-user when listing owned objects
  • ad sp によってサービス プリンシパルから適切なアプリケーションが検出されない問題を修正しましたFixed issue where ad sp would not find the right application from a service principal

RDBMSRDBMS

  • MariaDB のレプリケーション サポートを追加しましたAdded support for replication for MariaDB

SQLSQL

  • sql db create --sample-name に使用できる値を文書化しましたDocumented allowed values for sql db create --sample-name

ストレージStorage

  • --as-user を使用した storage blob generate-sas に対するユーザーの委任 SAS トークンのサポートを追加しましたAdded user delegation SAS token support with --as-user to storage blob generate-sas
  • --as-user を使用した storage container generate-sas に対するユーザーの委任 SAS トークンのサポートを追加しましたAdded user delegation SAS token support with --as-user to storage container generate-sas

VMVM

  • --no-wait による実行時に vmss create によってエラー メッセージが返されるバグを修正しましたFixed bug where vmss create returns an error message when run with --no-wait
  • vmss create --single-placement-group のクライアント側の検証を削除しました。Removed client-side validation for vmss create --single-placement-group. --single-placement-grouptrue に設定され、--instance-count が 100 より大きいか、可用性ゾーンが指定されていても失敗にはならず、この検証はコンピューティング サービスに任されますDoes not fail if --single-placement-group is set to true and--instance-count is greater than 100 or availability zones are specified, but leaves this validation to the compute service
  • --latest と共に使用したときに [vm|vmss] extension image list が失敗するバグを修正しましたFixed bug where [vm|vmss] extension image list fails when used with --latest

2019 年 6 月 18 日June 18, 2019

バージョン 2.0.67Version 2.0.67

コアCore

このリリースでは、新しい [プレビュー] タグが導入され、コマンド グループ、コマンド、または引数がプレビュー状態である場合に、お客様により明確に通知できるようになりました。This release introduces a new [Preview] tag to more clearly communicate to customers when a command group, command or argument is in preview status. 以前は、これはヘルプ テキストで通知されていたか、コマンド モジュールのバージョン番号によって暗黙的に通知されていました。This was previously called out in help text or communicated implicitly by the command module version number. CLI では、将来、個々のパッケージのバージョン番号が削除される予定です。The CLI will be removing version numbers for individual packages in the future. コマンドがプレビュー状態の場合は、そのすべての引数もプレビュー状態です。If a command is in preview, all of its arguments are as well. コマンド グループにプレビュー状態のラベルが付いている場合、すべてのコマンドと引数もプレビュー状態と見なされます。If a command group is labeled as being in preview, then all commands and arguments are considered to be in preview as well.

この変更の結果、このリリースでは、一部のコマンド グループが "突然" プレビュー状態になったように見える場合があります。As a result of this change, several command groups may seem to "suddenly" appear to be in a preview status with this release. ほとんどのパッケージがプレビュー状態にあったのですが、このリリースでは一般提供と見なされていることがその真相ですWhat actually happened is that most packages were in a preview status, but are being deemed GA with this release

ACRACR

  • 'acr check-health' コマンドを追加しましたAdded 'acr check-health' command
  • AAD トークンおよび外部コマンドの取得に関するエラー処理を改善しましたImproved error handling for AAD tokens and for retrieving external commands

ACSACS

  • 非推奨の ACS コマンドがヘルプ ビューで非表示になりましたDeprecated ACS commands are now hidden from help view

AMSAMS

  • [破壊的変更] archive-window-length および key-frame-interval-duration の ISO 8601 時間文字列を返すように変更しました[BREAKING CHANGE] Changed to return ISO 8601 time strings for archive-window-length and key-frame-interval-duration

AppServiceAppService

  • webapp deleted list および webapp deleted restore に対してロケーション ベースのルーティングを追加しましたAdded location based routing for webapp deleted list and webapp deleted restore
  • Azure Cloud Shell で Web アプリのログに記録されたターゲット URL ("You can launch the app at...") がクリックできない問題を修正しましたFixed issue where webapp up logged target URL ("You can launch the app at...") was not clickable in Azure Cloud Shell
  • 一部の SKU でのアプリ作成が AlwaysOn エラーで失敗するという問題を修正しましたFixed an issue where creating apps with the some SKUs was failing with an AlwaysOn error
  • [appservice|webapp] create に事前検証を追加しましたAdded pre-validation to [appservice|webapp] create
  • 正しい actionHostName を使用するように [webapp|functionapp] traffic-routing を修正しましたFixed [webapp|functionapp] traffic-routing to use the correct actionHostName
  • functionapp コマンドにスロット サポートを追加しましたAdded slot support to functionapp commands

BatchBatch

  • 共有キー認証の過度のエラー報告による AAD 認証の回帰を修正しましたFixed AAD auth regression caused by over-aggressive error reporting for Shared Key Auth

BatchAIBatchAI

  • BatchAI コマンドが非推奨となり、非表示になりましたBatchAI commands are now deprecated and hidden

BotServiceBotService

  • v3 SDK をサポートするコマンドに "廃止されたサポート"/"保守モード" 警告メッセージを追加しましたAdded "discontinued support"/"maintenance mode" warning messages for commands that support the v3 SDK

Cosmos DBCosmosDB

  • [非推奨]cosmosdb list-keys コマンドを非推奨にしました[DEPRECATED] Deprecated the cosmosdb list-keys command
  • cosmosdb keys list コマンドを追加しました。cosmosdb list-keys に置き換わるものですAdded the cosmosdb keys list command - replaces cosmosdb list-keys
  • cosmsodb create/update:"isZoneRedundant" プロパティを設定できるように --location の新しいフォーマットを追加しましたcosmsodb create/update: Added new format for --location to allow setting "isZoneRedundant" property. 古いフォーマットを非推奨にしましたDeprecated old format

EventGridEventGrid

  • ドメイン CRUD 操作のための eventgrid domain コマンドを追加しましたAdded eventgrid domain commands for domain CRUD operations
  • ドメイン トピック CRUD 操作のための eventgrid domain topic コマンドを追加しましたAdded eventgrid domain topic commands for domain topics CRUD operations
  • OData 構文を使用して結果をフィルタリングするための --odata-query 引数を eventgrid [topic|event-subscription] list に追加しましたAdded --odata-query argument to eventgrid [topic|event-subscription] list for filtering results using OData syntax
  • event-subscription create/update:--endpoint-type パラメーターの新しい値として servicebusqueue を追加しましたevent-subscription create/update: Added servicebusqueue as new values for the --endpoint-type parameter
  • [破壊的変更]eventgrid event-subscription [create|update] での --included-event-types All のサポートを削除しました[BREAKING CHANGE] Removed support for --included-event-types All with eventgrid event-subscription [create|update]

HDInsightHDInsight

  • hdinsight create コマンドでの --ssh-public-key パラメーターのサポートを追加しましたAdded support for --ssh-public-key parameter in hdinsight create command

IoTIoT

  • 承認ポリシー キーの再生成のサポートを追加しましたAdded support to regenerate authorization policy keys
  • DigitalTwin リポジトリ プロビジョニング サービスの SDK およびサポートを追加しましたAdded SDK and support for DigitalTwin Repository Provisioning Service

ネットワークNetwork

  • Nat Gateway に対するゾーン サポートを追加しましたAdded Zone support for Nat Gateway
  • network list-service-tags コマンドを追加しましたAdded command network list-service-tags
  • ユーザーがワイルドカード A レコードをインポートできない dns zone import の問題を修正しましたFixed issue with dns zone import where users could not import wildcard A records
  • 特定のリージョンでフロー ロギングを有効にできない watcher flow-log configure の問題を修正しましたFixed issue with watcher flow-log configure where flow logging could not be enabled in certain regions

リソースResource

  • REST 呼び出しを行うための az rest コマンドを追加しましたAdded az rest command for making REST calls
  • リソース グループまたはサブスクリプション レベル--scopepolicy assignment list を使用する場合のエラーを修正しましたFixed error when using policy assignment list with a resource group or subscription level --scope

ServiceBusServiceBus

  • servicebus topic create --max-size での問題 #9319 を修正しましたFixed issue with servicebus topic create --max-size #9319

SQLSQL

  • --locationsql [server|mi] create のオプションに変更しました - 指定されていない場合、リソース グループの場所を使用しますChanged --location to be optional for sql [server|mi] create - uses resource group location if not specified
  • sql db list-editions --available の "'NoneType' object is not iterable" エラーを修正しましたFixed "'NoneType' object is not iterable" error for sql db list-editions --available

SQLVmSQLVm

  • [破壊的変更] --license-type パラメーターを必要とするように sql vm create を変更しました[BREAKING CHNAGE] Changed sql vm create to require --license-type parameter
  • sql vm の作成または更新時に SQL イメージ SKU を設定できるように変更しましたChanged to allow setting SQL image SKU when creating or updating a sql vm

ストレージStorage

  • storage container generate-sas のアカウント キーが見つからない問題を修正しましたFixed issue with missing account key for storage container generate-sas
  • Linux での storage blob sync に関する問題を修正しましたFixed issue with storage blob sync on Linux

VMVM

  • [プレビュー] VM イメージを構築するための vm image template コマンドを追加しました[PREVIEW] Added vm image template commands to build VM images

2019 年 6 月 4 日June 4, 2019

バージョン 2.0.66Version 2.0.66

コアCore

  • --output yaml--query と共に使用された場合、コマンドが正常に実行されないバグを修正しましたFixed bug where commands fail if --output yaml is used with --query

ACRACR

  • Buildpack を使用して簡単なビルド タスクを作成するための 'acr pack' コマンド グループを追加しました。Added 'acr pack' command group for creating quick build Tasks using Buildpacks.

ACSACS

  • AKS kube-dashboard アドオンを有効化/無効化できるようになりましたAllow enabling/disabling AKS kube-dashboard addon
  • サブスクリプションが Azure Red Hat OpenShift を使用するようにホワイトリストに登録されていない場合、わかりやすいメッセージが出力されますPrint a friendly message when the subscription is not whitelisted to use Azure Red Hat OpenShift

BatchBatch

  • アカウント [#9165][#8978] にログインしていないときのエラー処理を改善しましたImproved error handling when not logged in to an account [#9165][#8978]

IoTIoT

  • 手動フェールオーバーのサポートを追加しましたAdded support for manual failover

ネットワークNetwork

  • カスタム WAF 規則をサポートするように network application-gateway waf-policy コマンドを追加しました。Added network application-gateway waf-policy commands to support custom WAF rules.
  • --waf-policy 引数と --max-capacity 引数を network application-gateway [create|update] に追加しましたAdded --waf-policy and --max-capacity arguments to network application-gateway [create|update]

リソースResource

  • 使用できる TTY がない場合の deployment create からのエラー メッセージを改善しましたImproved error message from deployment create when there is no TTY available

RoleRole

  • ヘルプ テキストを更新しました。Updated help text.

ComputeCompute

  • データディスク LUN が 0 から始まらないまたは番号をスキップするマネージド イメージの VM 用の vm create のサポートを追加しましたAdded support to vm create for VMs from a managed image with data-disk luns that do not start from 0 or that skip numbers

2019 年 5 月 21 日May 21, 2019

バージョン 2.0.65Version 2.0.65

コアCore

  • 認証エラーのより有意義なフィードバックを追加しましたAdded better feedback for authentication errors
  • CLI でそのコア バージョンと互換性がない拡張機能が読み込まれる問題を修正しましたFixed issue where the CLI would load extensions that were not compatible with its core version
  • clouds.config が破損したときの起動時の問題を修正しましたFixed issue with launching when clouds.config is corrupted

ACRACR

  • タスクに対するマネージド ID のサポートを追加しましたAdded support for Managed Identities to Tasks

ACSACS

  • お客様の AAD クライアントでの使用時の openshift create コマンドを修正しましたFixed openshift create command when used with customer AAD client

AppServiceAppService

  • [非推奨]functionapp devops-build コマンドを非推奨にしました - 次のリリースから削除されます[DEPRECATED] Deprecated functionapp devops-build command - will be removed in next release
  • 詳細モードで Azure DevOps からビルド ログをフェッチするように functionapp devops-pipeline を変更しましたChanged functionapp devops-pipeline to fetch build log from Azure DevOps in verbose mode
  • [破壊的変更]--use_local_settings フラグを functionapp devops-pipeline コマンドから削除しました (操作なし)[BREAKING CHANGE] Removed --use_local_settings flag from functionapp devops-pipeline command - was a no-op
  • --logs が使用されていないときに、JSON 出力を返すように webapp up を変更しましたChanged webapp up to return JSON output if --logs is not used
  • webapp up 用のローカル構成に既定のリソースを書き込むためのサポートを追加しましたAdded support for writing default resources to local config for webapp up
  • --location 引数を使用しないでアプリを再デプロイするために webapp up にサポートを追加しましたAdded support to webapp up for redeploying an app without using the --location argument
  • SKU 値が機能しないため Linux Free SKU ASP 作成が無料で使用される問題を修正しましたFixed an issue where for Linux Free SKU ASP creation use Free as SKU value was not working

BotServiceBotService

  • コマンドの --lang パラメーターに大文字小文字のすべてが許可されるように変更しましたChanged to allow all casing for --lang parameters for commands
  • コマンド モジュールの説明を更新しましたUpdated description for command module

従量課金Consumption

  • consumption usage list --billing-period-name の実行時に存在しない必須パラメーターを追加しましたAdded missing required parameter when running consumption usage list --billing-period-name

IoTIoT

  • すべてのキーを一覧表示するようサポートを追加しましたAdded support to list all keys

ネットワークNetwork

  • [破壊的変更]: Removed network interface-endpoints command group - use network private-endpoints [BREAKING CHANGE]: Removed network interface-endpoints command group - use network private-endpoints
  • NAT ゲートウェイへのアタッチ用に --nat-gateway 引数を network vnet subnet [create|update] に追加しましたAdded --nat-gateway argument to network vnet subnet [create|update] for attaching to a NAT gateway
  • レコード名がレコードの種類と一致しない dns zone import の問題を修正しましたFixed issue with dns zone import where record names could not match a record type

RDBMSRDBMS

  • geo レプリケーション用の postgres と mysql のサポートを追加しましたAdded postgres and mysql support for geo replication

RBACRBAC

  • 管理グループ スコープのサポートを role assignment に追加しましたAdded support for management group scope to role assignment

ストレージStorage

  • storage blob sync: ストレージ BLOB 用の同期コマンドを追加storage blob sync: add sync command for storage blob

ComputeCompute

  • VM のコンピューター名設定用に --computer-namevm create に追加しましたAdded --computer-name to vm create for setting a VM's computer name
  • [vm|vmss] create について --ssh-key-value--ssh-key-values に変更しました。複数の ssh 公開キーの値またはパスが受け入れられるようになりましたRenamed --ssh-key-value renamed to --ssh-key-values for [vm|vmss] create - can now accept multiple ssh public key values or paths
    • :これは、破壊的変更 "ではありません" - --ssh-key-values にのみ一致するため --ssh-key-value は 適切に解析されますNote: This is not a breaking change - --ssh-key-value will be parsed correctly as it matches only --ssh-key-values
  • ppg create--type 引数をオプションに変更しましたChanged the --type argument of ppg create to be optional

2019 年 5 月 6 日May 6, 2019

バージョン 2.0.64Version 2.0.64

ACSACS

  • [破壊的変更]--fqdn フラグを openshift コマンドから削除しました[BREAKING CHANGE] Removed --fqdn flag on openshift commands
  • Azure Red Hat Openshift GA API Version を使用するように変更しましたChanged to use Azure Red Hat Openshift GA API Version
  • customer-admin-group-id フラグを openshift create に追加しましたAdded customer-admin-group-id flag to openshift create
  • [GA] aks create オプション --network-policy から (PREVIEW) を削除しました[GA] Removed (PREVIEW) from aks create option --network-policy

AppserviceAppservice

  • [非推奨]functionapp devops-build コマンドを非推奨にしました[DEPRECATED] Deprecated functionapp devops-build command
    • 名前を functionapp devops-pipeline に変更しましたRenamed to functionapp devops-pipeline
  • webapp up が失敗する原因となっていた問題を修正し、CloudShell の正しいユーザー名が取得されるようにしましたFixed getting the correct username for cloudshell which was causing webapp up to fail
  • サポートされる appserviceplans を反映するために appservice plan --sku のドキュメントを更新しましたUpdated appservice plan --sku documentation updated to reflect the supported appserviceplans
  • リソース グループとプランの省略可能な引数を webapp up に追加しましたAdded optional arguments for resource group and plan to webapp up
  • AZURE_CLI_DISABLE_CONNECTION_VERIFICATION 環境変数を尊重するために、webapp ssh に対するサポートを追加しましたAdded support to webapp ssh to respect AZURE_CLI_DISABLE_CONNECTION_VERIFICATION environment variable
  • Linux の無料 SKU に appserviceplan create のサポートを追加しましたAdded appserviceplan create support for Linux Free SKU
  • kudu コールド スタートを処理するように SCM_DO_BUILD_DURING_DEPLOYMENT=true appsetting を設定した後に、webapp up が 30 秒間スリープ状態になるように変更しましたChanged webapp up to have a 30s sleep after setting SCM_DO_BUILD_DURING_DEPLOYMENT=true appsetting to handle kudu cold start
  • Windows 上で functionapp create を実行するために powershell ランタイムに対するサポートを追加しましたAdded support for powershell runtime to functionapp create on Windows
  • create-remote-connection コマンドを追加しましたAdded create-remote-connection command

BatchBatch

  • --application-package-references オプションの検証コントロールのバグを修正しましたFixed bug in validator for --application-package-references options

BotserviceBotservice

  • [破壊的変更] 空の Web アプリ ボットを既定で作成するように bot create -v v4 -k webapp を変更しました (つまり、アプリ サービスにデプロイされるボットはありません)[BREAKING CHANGE] Changed bot create -v v4 -k webapp to create an empty Web App Bot by default (i.e. no bot is deployed to the App Service)
  • -v v4 により以前の動作を使用するように --echo フラグを bot create に追加しましたAdded --echo flag to bot create to use the old behavior with -v v4
  • [破壊的変更]--version の既定値を v4 に変更しました[BREAKING CHANGE] Changed the default value of --version to v4
    • 注: bot prepare-publish ではその以前の既定値を引き続き使用しますNOTE: bot prepare-publish still uses the its old default
  • [破壊的変更] 既定値が Csharp にならないように --lang を変更しました。[BREAKING CHANGE] Changed --lang to no longer default to Csharp. コマンドで --lang が必要で、これが指定されないと、コマンドでエラーが出力されますIf the command requires --lang and it is not provided, the command will now error out
  • [破壊的変更]bot create が必要になるように、および ad app create を通じて作成されるように --appid--password 引数を変更しました[BREAKING CHANGE] Changed the --appid and --password args for bot create to be required and can now be created via ad app create
  • --appid および --password 検証を追加しましたAdded --appid and --password validation
  • [破壊的変更] ストレージ アカウントまたは Application Insights を作成または使用しないように bot create -v v4 を変更しました[BREAKING CHANGE] Changed bot create -v v4 to not create or use a Storage Account or Application Insights
  • [破壊的変更] Application Insights を使用できるリージョンを必要とするように bot create -v v3 を変更しました[BREAKING CHANGE] Changed bot create -v v3 to require a region where Application Insights is available
  • [破壊的変更] ボットの特定のプロパティのみに影響するように bot update を変更しました[BREAKING CHANGE] Changed bot update to now affect only specific properties of a bot
  • [破壊的変更]Node の代わりに Javascript を受け入れるように --lang フラグを変更しました[BREAKING CHANGE] Changed --lang flags to accept Javascript instead of Node
  • [破壊的変更] 許可された --lang 値としての Node を削除しました[BREAKING CHANGE] Removed Node as an allowed --lang value
  • [破壊的変更]SCM_DO_BUILD_DURING_DEPLOYMENT が true に設定されないように bot create -v v4 -k webapp を変更しました。[BREAKING CHANGE] Changed bot create -v v4 -k webapp to no longer set SCM_DO_BUILD_DURING_DEPLOYMENT to true. Kudu を通じたすべてのデプロイがその既定の動作に従って動作しますAll deployments through Kudu will act according to their default behavior
  • .bot ファイルのないボットで言語固有の構成ファイルが、ボット用のアプリケーション設定からの値により作成されるように bot download を変更しましたChanged bot download for bots without .bot files to create the language-specific configuration file with values from the Application Settings for the bot
  • bot prepare-deployTypescript のサポートを追加しましたAdded Typescript support to bot prepare-deploy
  • --code-dirpackage.json が含まれない場合に備えて Javascript および Typescript ボット用に bot prepare-deploy に警告メッセージを追加しましたAdded warning message to bot prepare-deploy for Javascript and Typescript bots for when --code-dir does not contain package.json
  • 成功した場合に true を返すように bot prepare-deploy を変更しましたChanged bot prepare-deploy to return true if successful
  • 詳細ログ記録を bot prepare-deploy に追加しましたAdded verbose logging to bot prepare-deploy
  • さらに多くの使用可能な Application Insights リージョンを az bot create -v v3 に追加しましたAdded more available Application Insights regions to az bot create -v v3

構成Configure

  • フォルダー ベースの引数の既定値の構成のサポートを追加しましたAdded support for folder based argument default value configurations

イベント ハブEventhubs

  • namespace network-rule コマンドを追加しましたAdded namespace network-rule commands
  • ネットワーク ルールの --default-action 引数を namespace [create|update] に追加しましたAdded --default-action argument for network rules to namespace [create|update]

ネットワークNetwork

  • [破壊的変更]vnet [create|update] 用に --cache 引数を --defer に置き換えました[BREAKING CHANGE] Replaced --cache arugment with --defer for vnet [create|update]

ポリシーの分析情報Policy Insights

  • リソースに関するポリシー評価の詳細にクエリを実行するために --expand PolicyEvaluationDetails のサポートを追加しましたAdded support for --expand PolicyEvaluationDetails to query policy evaluation details on the resource

RoleRole

  • [非推奨]create-for-rbac '--password' 引数を非表示にするように変更しました。サポートは 2019 年 5 月に削除されます[DEPRECATED] Changed create-for-rbac hide '--password' argument - support will be removed in May 2019

Service BusService Bus

  • namespace network-rule コマンドを追加しましたAdded namespace network-rule commands
  • ネットワーク ルールの --default-action 引数を namespace [create|update] に追加しましたAdded --default-action argument for network rules to namespace [create|update]
  • Premium SKU で値 10、20、40、および 80 GB の --max-size サポートを許可するように topic [create|update] を修正しましたFixed topic [create|update] to allow --max-size support for 10, 20, 40 and 80GB values with premium SKU

SQLSQL

  • sql virtual-cluster [list|show|delete] コマンドを追加しましたAdded sql virtual-cluster [list|show|delete] commands

VMVM

  • VMSS VM インスタンスの保護ポリシーへの更新を有効にするように --protect-from-scale-in および --protect-from-scale-set-actionsvmss update に追加しましたAdded --protect-from-scale-in and --protect-from-scale-set-actions to vmss update to enable updates to the protection policy of VMSS VM instances
  • VMSS VM インスタンスの汎用的な更新を有効にするように --instance-idvmss update に追加しましたAdded --instance-id to vmss update to enable generic update of VMSS VM instances
  • --instance-idvmss wait に追加しましたAdded --instance-id to vmss wait
  • 近接通信配置グループの管理用に新しい ppg コマンド グループを追加しましたAdded new ppg command group for managing Proximity Placement Groups
  • PPG の管理用に --ppg[vm|vmss] create および vm availability-set create に追加しましたAdded --ppg to [vm|vmss] create and vm availability-set create for managing PPGs
  • --hyper-v-generation パラメーターを image create に追加しましたAdded --hyper-v-generation parameter to image create

2019 年 4 月 23 日April 23, 2019

バージョン 2.0.63Version 2.0.63

ACSACS

  • 重複する値の上書きを求めるように aks get-credentials を変更しましたChanged aks get-credentials to prompt to overwrite duplicated values
  • Dev Spaces コマンド "aks use-dev-spaces" および "aks remove-dev-spaces" から (PREVIEW) を削除しましたRemoved (PREVIEW) from Dev Spaces commands "aks use-dev-spaces" and "aks remove-dev-spaces"

AMSAMS

  • 資産およびアカウント フィルターの更新プログラムによりバグを修正しましたFixed bug with asset and account filters update

AppServiceAppService

  • ASE のサポートと webapp ssh へのタイムアウトを追加しましたAdded support for ASE and timeout to webapp ssh
  • Github リポジトリから関数アプリへ CI CD を確立するためのサポートを Azure DevOps パイプラインに追加しましたAdded support for establishing CI CD to an Azure DevOps pipeline from a Github repository to Function apps
  • Github 個人用アクセス トークンを受け入れるために、functionapp devops-build create--github-pat 引数を追加しましたAdded --github-pat argument to functionapp devops-build create to accept Github personal access token
  • functionapp ソース コード を含む Github リポジトリを受け入れるために、functionapp devops-build create--github-repository 引数を追加しましたAdded --github-repository argument to functionapp devops-build create to accept Github repository that contains a functionapp source code
  • az webapp up --logs がエラーで失敗し、既定の .NETCORE バージョンを 2.1 に更新する問題を修正しましたFixed issue where az webapp up --logs was failing with a error and updating default .NETCORE version to 2.1
  • 従量課金プランでの関数アプリ作成時の不要な functionapp 設定を削除しましたRemoved unnecessary functionapp settings when creating a function app with consumption plan
  • SKU オプションに基づいて新しい ASP を作成するために、既定の ASP 文字列の末尾に数字を追加するように webapp up を変更しましたChanged webapp up so the default asp string now appends number at the end to create a new ASP based on SKU options
  • ブラウザーでアプリを起動するためのオプションとして、webapp up-b を追加しましたAdded -b as an option to webapp up to launch the app in the browser
  • AZURE_CLI_DISABLE_CONNECTION_VERIFICATION 環境変数を処理するように webapp deployment source config zip を変更しましたChanged webapp deployment source config zip to handle AZURE_CLI_DISABLE_CONNECTION_VERIFICATION environment variable

Deployment ManagerDeployment Manager

  • [プレビュー] 展開をサポートする成果物を作成して管理します[PREVIEW] Create and manage artifacts that support rollouts

ラボLab

  • 早期終了の原因となっていたバグを修正しましたFixed bug which would cause an early exit

ネットワークNetwork

  • 子ゾーン作成時のネーム サーバーの自動委任を親の dns zone create に追加しましたAdded auto name server delegation to dns zone create in parent during child zone creation

リソースResource

  • [非推奨]resource link の引数 --link-id--target-id--filter-string を廃止しました[DEPRECATED] Deprecated --link-id, --target-id and --filter-string arguments of resource link
    • 代わりに、引数 --link--target、および --filter を使用しますUse the arguments --link, --target, and --filter instead
  • resource link [create|update] コマンドが機能しない問題を修正しましたFixed issue where resource link [create|update] commands would not work
  • リソース ID を使用した削除がエラーでクラッシュする問題を修正しましたFixed an issue where deleting using a resource ID could crash on error

SQLSQL

  • マネージド インスタンスでのカスタム タイム ゾーンのサポートを追加しましたAdded support for custom time zone on managed instances
  • sql db update でのエラスティック プール名の使用を許可するように変更しましたChanged to allow elastic pool name to be used with sql db update
  • sql server [create|update]--no-wait のサポートを追加しましたAdded --no-wait support to sql server [create|update]
  • sql server wait コマンドを追加しましたAdded command sql server wait

ストレージStorage

  • storage blob generate-sas での二重エンコードされた SAS トークンの問題を修正しましたFixed issue with double-encoded SAS tokens in storage blob generate-sas

VMVM

  • シャットダウンせずに VM の電源をオフにするために、--skip-shutdownフラグを vm|vmss stop に追加しましたAdded --skip-shutdown flag to vm|vmss stop to power-off VMs without shutdown
  • 発行プロファイルのアカウントの種類を設定するために、sig image-version create--storage-account-type 引数を追加しましたAdded --storage-account-type argument to sig image-version create to set the publishing profile's account type
  • リージョン固有のストレージ アカウントの種類を設定できるようにするために、sig image-version create--target-regions 引数を追加しましたAdded --target-regions argument to sig image-version create to allow setting region-specific storage account types

2019 年 4 月 9 日April 9, 2019

コアCore

  • 一部の拡張機能のバージョンが Unknown と表示され、更新できなかった問題を修正しましたFixed issue where some extensions showed a version of Unknown and could not be updated

ACRACR

  • コンテキストと無関係なイメージ実行のサポートが追加されましたAdded support running an image contextlessly

AMSAMS

  • [非推奨]: Deprecated the --bitrate parameter of account-filter and asset-filter [DEPRECATED]: Deprecated the --bitrate parameter of account-filter and asset-filter
  • [破壊的変更]: Renamed the --bitrate parameter to --first-quality [BREAKING CHANGE]: Renamed the --bitrate parameter to --first-quality
  • ams streaming-policy create に新しい暗号化パラメーターのサポートを追加しましたAdded new encryption parameters support in ams streaming-policy create
  • ams streaming-locator create に新しいパラメーター --filters を追加しましたAdded new paramter --filters to ams streaming-locator create

AppServiceAppService

  • webapp up--logs のサポートを追加しましたAdded --logs support to webapp up
  • functionapp devops-build create コマンドでの azure-pipelines.yml の生成に関する問題を修正しましたFixed functionapp devops-build create command azure-pipelines.yml generation issues
  • unctionapp devops-build create のエラー処理とインジケーターを改善しましたImproved unctionapp devops-build create error handling and indicators
  • [破壊的変更]devops-build コマンドの --local-git フラグが削除され、Azure DevOps パイプラインを作成する際のローカル Git の検出と処理は強制となりました[BREAKING CHANGE] Removed the --local-git flag for devops-build command, local git detection and handling are compulsory for creating Azure DevOps pipelines
  • Linux 関数プラン作成のサポートを追加しましたAdded support for Linux functions plan creation
  • functionapp update --plan を使用して、関数アプリの基盤になっているプランを切り替える機能を追加しましたAdded ability to switch a plan underneath a function app using functionapp update --plan
  • Azure Functions Premium プランのスケールアウト設定のサポートを追加しましたAdded support for Azure Functions premium plan scale out settings

CDNCDN

  • Microsoft_StandardStandard_ChinaCdn のサポートを追加しましたAdded support for Microsoft_Standard and Standard_ChinaCdn

フィードバックFeedback

  • 最近実行されたコマンドのメタデータを表示するように feedback を変更しましたChanged feedback to show metadata on recently run commands
  • ブラウザーを開き、問題テンプレートを使用して、問題作成プロセスの支援をユーザーに促すよう feedback を変更しましたChanged feedback to prompt user to assist in issue creation process by opening a brower and using an issue template
  • "--verbose" を指定して実行すると、問題の本文が出力されるように feedback を変更しましたChanged feedback to print out issue body when run with '--verbose'

モニターMonitor

  • metrics alert [create|update] で "Count" が許容値ではなかった問題を修正しましたFixed issue where "count" was not a permitted value with metrics alert [create|update]

ネットワークNetwork

  • vnet-gateway list-bgp-peer-status で表形式が表示されない問題を修正しましたFixed table format not displaying with vnet-gateway list-bgp-peer-status
  • application-gateway rewrite-rulelist-request-headers コマンドと list-response-headers コマンドを追加しましたAdded list-request-headers and list-response-headers commands to application-gateway rewrite-rule
  • application-gateway rewrite-rule conditionlist-server-variables コマンドを追加しましたAdded list-server-variables command to application-gateway rewrite-rule condition
  • ExpressRoute Port のリンク状態を更新すると、属性不明例外 express-route port update がスローされる問題を修正しましたFixed an issue where updating link state on an express-route port would throw an unknown attribute exception express-route port update

プライベート DNSPrivateDNS

  • プライベート DNS ゾーンに network private-dns を追加しましたAdded network private-dns for Private DNS zones

リソースResource

  • 問題を修正しました空のパラメーター セットが含まれるパラメーター ファイルが機能しない、deployment creategroup deployment create に関する問題を修正しましたFixed issue with deployment create and group deployment create where a parameters file with an empty set of parameters would not work

RoleRole

  • create-for-rbac--years が正しく処理されるように修正しましたFixed create-for-rbac to handle --years correctly
  • [破壊的変更] サブスクリプションのすべての割り当てを無条件に削除する場合、プロンプトを表示するように role assignment delete を修正しました[BREAKING CHANGE] Changed role assignment delete to prompt when deleting all assignments under the subscription unconditionally

SQLSQL

  • sql mi [create|update] を proxyOverride プロパティと publicDataEndpointEnabled プロパティで更新しましたUpdated sql mi [create|update] with the properties proxyOverride and publicDataEndpointEnabled

ストレージStorage

  • [破壊的変更]storage blob delete の結果を削除しました[BREAKING CHANGE] Removed result of storage blob delete
  • SAS を使用して BLOB の完全な URI を作成できるように storage blob generate-sas--full-uri を追加しましたAdded --full-uri to storage blob generate-sas to create the full uri for the blob with sas
  • スナップショットからファイルをコピーできるように storage file copy start--file-snapshot を追加しましたAdded --file-snapshot to storage file copy start to copy file from snapshot
  • NoPendingCopyOperation の例外ではなくエラーのみを表示するように storage blob copy cancel を変更しましたChanged storage blob copy cancel to only show the error instead of exception for NoPendingCopyOperation

2019 年 3 月 26 日March 26, 2019

コアCore

  • dev 拡張機能の非互換性の問題を修正しましたFixed issues with dev extension incompatibility
  • エラー処理でお客様が問題のページに誘導されるようになりましたError handling now points customers to issues page

クラウドCloud

  • cloud set の 'サブスクリプションが見つかりません' エラーを修正しましたFixed a 'subscription not found' error in cloud set

ACRACR

  • イメージ インポートの冗長なソースを修正しましたFixed redundant sources in image import
  • --auth-modeacr buildacr runacr task create、および acr task update コマンドに追加しましたAdded --auth-mode to acr build, acr run, acr task create, and acr task update commands
  • タスク用の資格情報を管理するための 'acr task credential' コマンド グループを追加しましたAdded 'acr task credential' command group for managing credentials for a Task
  • '--no-wait' を acr build コマンドに追加しましたAdded '--no-wait' to acr build command

AppServiceAppService

  • webapp up が空のディレクトリから、または不明なコード シナリオでの実行を正しく処理しないバグを修正しましたFixed bug where webapp up was not handling running from empty directory or unknown code scenario correctly
  • スロットが [webapp|functionapp] config ssl bind に機能しないバグを修正しましたFixed bug where slots didn't work for [webapp|functionapp] config ssl bind

ボット サービスBOT Service

  • webapp を介したボットのデプロイに備えるため bot prepare-deploy を追加しましたAdded bot prepare-deploy to prepare for deploying bots via webapp
  • パスワードが指定されていないときにパスワードを表示するように bot create --kind registration を変更しましたChanged bot create --kind registration to show password if the password is not provided
  • [破壊的変更] 要求されるのではなく、既定で空の文字列になるように bot create --kind registration--endpoint を変更しました[BREAKING CHANGE] Changed --endpoint in bot create --kind registration to default to an empty string instead of being required
  • v4 Web アプリ ボット用の ARM テンプレートのアプリケーション設定に SCM_DO_BUILD_DURING_DEPLOYMENT を追加しましたAdded SCM_DO_BUILD_DURING_DEPLOYMENT to ARM template's Application Settings for v4 Web App Bots

CDNCDN

  • --no-wait のサポートを cdn endpoint [create|update|start|stop|delete|load|purge] に追加しましたAdded support for --no-wait to cdn endpoint [create|update|start|stop|delete|load|purge]
  • [破壊的変更]:cdn endpoint create のクエリ文字列の既定のキャッシュ動作を変更しました [BREAKING CHANGE]: Changed cdn endpoint create default query string caching behaviour. "IgnoreQueryString" は既定値ではなくなりました。No longer defaults to "IgnoreQueryString". これはサービスによって設定されるようになりましたIt is now set by the service

CosmosdbCosmosdb

  • アカウントの更新で --enable-multiple-write-locations のサポートを追加しましたAdded support for --enable-multiple-write-locations on account update
  • Cosmos DB アカウントの VNET ルールを管理するために、addremove、および list コマンドに network-rule サブグループを追加しましたAdded network-rule subgroup with commands add, remove, and list for managing VNET rules of a Cosmos DB account

InteractiveInteractive

  • azdev を通じてインストールされたインタラクティブ拡張機能の非互換性の問題を修正しましたFixed incompatibility with Interactive extension installed through azdev

モニターMonitor

  • ディメンション値 * を許可するように monitor metrics alert [create|update] を変更しましたChanged to allow dimension value * for monitor metrics alert [create|update]

ネットワークNetwork

  • rewrite-rule コマンド グループを application-gateway に追加しましたAdded rewrite-rule command group to application-gateway

プロファイルProfile

  • マネージド サービス ID に対応するテナント レベル アカウントのサポートを login に追加しましたAdded tenant level account support for managed service identity to login

PostgresPostgres

  • postgresqlreplica コマンドと restart server コマンドを追加しましたAdded postgresql replica commands and restart server command
  • サーバーの作成用に提供されていない場合にリソース グループから規定の場所を取得し、リテンション期間の日数の検証を追加するための変更を行いましたChanged to get default location from resource group when not provided for creating servers and add validation for retention days

リソースResource

  • deployment [create|list|show] のテーブル出力を強化しましたImproved table output for deployment [create|list|show]
  • 型 secureObject が認識されない deployment [create|validate] の問題を修正しましたFixed issue with deployment [create|validate] where type secureObject was not recognized

グラフGraph

  • --end-date のサポートを ad [app|sp] credential reset に追加しましたAdded support for --end-date to ad [app|sp] credential reset
  • ad app permission add にアクセス許可の追加サポートを追加しましたAdded support to add permissions with ad app permission add
  • アクセス許可がない ad app permission list のバグを修正しましたFixed a bug with ad app permission list when there were no permissions
  • 現在のアカウントにサブスクリプションがない場合にロール割り当ての削除をスキップするように ad sp delete を変更しましたChanged ad sp delete to skip role assignment delete if the current account has no subscription
  • 指定されていない場合、--identifier-uris が既定で空のリストを指定するように ad app create を変更しましたChanged ad app create to have --identifier-uris default to empty list if not provided

storagestorage

  • 共有スナップショットからダウンロードするように --snapshotstorage file download-batch に追加しましたAdded --snapshot to storage file download-batch to download from a share snapshot
  • より簡潔に、現在の BLOB を示すように storage blob [download-batch|upload-batch] 進行状況バーを変更しましたChanged storage blob [download-batch|upload-batch] progress bar to be less verbose and indicate current blob
  • 暗号化パラメーターの更新時の storage account update の問題を修正しましたFixed issue with storage account update when updating encryption parameters
  • OAuth (--auth-mode=login) の使用時に storage blob show が失敗する問題を修正しましたFixed issue where storage blob show would fail when using oauth (--auth-mode=login)

VMVM

  • image update コマンドを追加しましたAdded image update command

2019 年 3 月 12 日March 12, 2019

バージョン 2.0.60Version 2.0.60

コアCore

  • サブスクリプションが見つからないという cloud set の正しくないエラーを修正しましたFixed an incorrect error in cloud set about subscription not found

ACRACR

  • イメージ インポートの冗長なソースを修正しましたFixed redundant sources in image import

ACSACS

  • kubectl でサポートされていない場合、aks browse--listen-addressパラメーターを無視するように変更しましたChanged to ignore the --listen-address parameter for aks browse if it is not supported by kubectl

AppServiceAppService

  • Kudu の公開 URL とその資格情報を取得するための [webapp|functionapp] deployment list-publishing-credentials を追加しましたAdded [webapp|functionapp] deployment list-publishing-credentials to get the Kudu publishing url and its credentials
  • webapp auth update の誤った print ステートメントを削除しましたRemoved erroneous print statement for webapp auth update
  • Linux App Service プランのランタイム用に正しいイメージを設定するように functionapp を修正しましたFixed functionapp to set the correct image for runtime in Linux App Service plans
  • webapp up のプレビュー タグを削除し、コマンドを改善しましたRemoved preview tag for webapp up and added improvements to the command

BotserviceBotservice

  • v4 Web アプリ ボット用の ARM テンプレートのアプリケーション設定に SCM_DO_BUILD_DURING_DEPLOYMENT を追加しましたAdded SCM_DO_BUILD_DURING_DEPLOYMENT to ARM template's Application Settings for v4 Web App Bots
  • v4 Web アプリ ボット用の ARM テンプレートのアプリケーション設定に Microsoft-BotFramework-AppIdMicrosoft-BotFramework-AppPassword を追加しましたAdded Microsoft-BotFramework-AppId and Microsoft-BotFramework-AppPassword to ARM template's Application Settings for v4 Web App Bots
  • bot create の最後で bot publish コマンドの出力から一重引用符を削除しましたRemoved single quotes from bot publish command output at end of bot create
  • bot publish を非同期に変更しましたChanged bot publish to be asynchronous

コンテナーContainer

  • --no-wait 引数を container [start|restart] に追加しましたAdded --no-wait argument to container [start|restart]

EventHubEventHub

  • キャプチャで空のアーカイブをサポートするために、--skip-empty-archives フラグを eventhub create|update に追加しましたAdded --skip-empty-archives flag to eventhub create|update to support empty archives in capture

FindFind

  • 主要な機能更新Major functionality update

HDInsightHDInsight

  • ADLS Gen2 MSI をサポートするために、--storage-account-managed-identity パラメーターを hdinsight create に追加しましたAdded the --storage-account-managed-identity parameter to hdinsight create to support ADLS Gen2 MSI

ネットワークNetwork

  • 異なるサブスクリプションのゲートウェイ間の VPN 接続を更新できない vpn-connection update の問題を修正しましたFixed issue with vpn-connection update where updating a VPN connection between gateways in different subscriptions would fail

RdbmsRdbms

  • サーバーの作成用に提供されていない場合にリソース グループから規定の場所を取得し、リテンション期間の日数の検証を追加するための軽微な修正を行いましたMinor fixes to get default location from resource group when not provided for creating servers and add validation for retention days

RoleRole

  • 定義を正しく解決するために ID を使用するように role definition update を修正しましたFixed role definition update to use ID to resolve definition correctly
  • アプリのサービス プリンシパルが常に存在するという前提を除去するように ad app credential reset を変更しましたChanged ad app credential reset to remove the assumption that app's service principal always exists

Service FabricService Fabric

  • sf cluster list が反復可能ではないことに関する問題を修正しましたFixed issue with sf cluster list was not iterable

2019 年 2 月 26 日February 26, 2019

バージョン 2.0.59Version 2.0.59

コアCore

  • 一部のインスタンスで --subscription NAME を使用すると例外がスローされる問題を修正しましたFixed issue where in some instances using --subscription NAME would throw an exception

ACRACR

  • acr buildacr task createacr task update コマンドに --target パラメーターを追加しましたAdded --target parameter for acr build, acr task create and acr task update commands
  • Azure にログインしていない場合の、ランタイム コマンドのエラー処理を改善しましたImproved error handling for runtime commands when not logged into Azure

ACSACS

  • --listen-address オプションを aks port-forward に追加しましたAdded --listen-address option to aks port-forward

AppServiceAppService

  • functionapp devops-build コマンドを追加しましたAdded functionapp devops-build command

BatchBatch

  • [破壊的変更]batch pool upgrade os コマンドを削除しました[BREAKING CHANGE] Removed the batch pool upgrade os command
  • [破壊的変更]Application の応答から Pacakges プロパティを削除しました[BREAKING CHANGE] Removed the Pacakges property from Application responses
  • アプリケーションのパッケージを一覧表示する batch application package list コマンドを追加しましたAdded the batch application package list command to list packages of an application
  • [破壊的変更] すべての batch application コマンドで --application-id--application-name に変更しました[BREAKING CHANGE] Changed --application-id to --application-name in all batch application commands,
  • 生の API 応答を要求するためのコマンドに --json-file 引数を追加しましたAdded the --json-file argument to commands for requesting the raw API response
  • すべてのエンドポイントに自動的に https:// を含めるように検証を更新しました (抜けている場合)Updated validation to automatically include https:// in all endpoints if missing

Cosmos DBCosmosDB

  • Cosmos DB アカウントの VNET ルールを管理するために、addremove、および list コマンドに network-rule サブグループを追加しましたAdded network-rule subgroup with commands add, remove, and list for managing VNET rules of a Cosmos DB account

KustoKusto

  • [破壊的変更] データベースの hot_cache_period および soft_delete_period 型を ISO8601 の期間形式に変更しました[BREAKING CHANGE] Changed hot_cache_period and soft_delete_period types for database to ISO8601 duration format

ネットワークNetwork

  • --express-route-gateway-bypass 引数を vpn-connection [create|update] に追加しましたAdded --express-route-gateway-bypass argument to vpn-connection [create|update]
  • express-route 拡張機能のコマンド グループを追加しましたAdded command groups from express-route extensions
  • express-route gateway および express-route port コマンド グループを追加しましたAdded express-route gateway and express-route port command groups
  • --legacy-mode 引数を express-route peering [create|update] に追加しましたAdded argument --legacy-mode to express-route peering [create|update]
  • --allow-classic-operations 引数を --express-route-port および express-route [create|update] に追加しましたAdded arguments --allow-classic-operations and --express-route-port to express-route [create|update]
  • --gateway-default-site 引数を vnet-gateway [create|update] に追加しましたAdded --gateway-default-site argument to vnet-gateway [create|update]
  • ipsec-policy コマンドを vnet-gateway に追加しましたAdded ipsec-policy commands to vnet-gateway

リソースResource

  • 型フィールドで大文字と小文字が区別されていた deployment create の問題を修正しましたFixed issue with deployment create where type field was case-sensitive
  • policy assignment create に URI ベースのパラメーター ファイルのサポートを追加しましたAdded support for URI-based parameters file to policy assignment create
  • policy set-definition update に URI ベースのパラメーターおよび定義のサポートを追加しましたAdded support for URI-based parameters and definitions to policy set-definition update
  • policy definition update のパラメーターと規則の処理を修正しましたFixed handling of parameters and rules for policy definition update
  • クロス サブスクリプション ID でサブスクリプション ID が正しく優先されなかった resource show/update/delete/tag/invoke-action の問題を修正しましたFixed issue with resource show/update/delete/tag/invoke-action where cross-subscription IDs did not properly honor the subscription ID

RoleRole

  • アプリ ロールのサポートを ad app [create|update] に追加しましたAdded support for app roles to ad app [create|update]

VMVM

  • Ubuntu 18.0 で --accelerated-networking が既定で有効になっていなかった vm create where の問題を修正しましたFixed issue with vm create where --accelerated-networking` was not enabled by default for Ubuntu 18.0

2019 年 2 月 12 日February 12, 2019

バージョン 2.0.58Version 2.0.58

コアCore

  • 更新可能なパッケージがある場合、az --version で通知が表示されるようになりましたaz --version now displays a notification if you have packages that can be updated
  • JSON 出力で --ids を使用できなくなる回帰を修正しましたFixed regression where --ids could no longer be used with JSON output

ACRACR

  • [破壊的変更]acr build-task コマンド グループを削除しました[BREAKING CHANGE] Removed acr build-task command group
  • [破壊的変更]acr repository delete から --tag オプションおよび --manifest オプションを削除しました[BREAKING CHANGE] Removed --tag and --manifest options from from acr repository delete

ACSACS

  • aks [enable-addons|disable-addons] に、大文字と小文字を区別しない名前のサポ―トを追加しましたAdded support for case-insensitive names to aks [enable-addons|disable-addons]
  • aks update-credentials --reset-aad を使用した Azure Active Directory 更新操作のサポートを追加しましたAdded support for Azure Active Directory updating operation using aks update-credentials --reset-aad
  • aks get-credentials のために --output が無視されることの説明を追加しましたAdded clarification that --output is ignored for aks get-credentials

AMSAMS

  • ams streaming-endpoint [start | stop | create | update] wait コマンドを追加しましたAdded ams streaming-endpoint [start | stop | create | update] wait commands
  • ams live-event [create | start | stop | reset] wait コマンドを追加しましたAdded ams live-event [create | start | stop | reset] wait commands

AppserviceAppservice

  • ACR のコンテナーを使用して関数を作成および構成する機能を追加しましたAdded ability to create and configure functions using ACR containers
  • JSON 経由で Web アプリの構成を更新するためのサポートが追加されましたAdded support for updating webapp configurations through json
  • appservice-plan-update のヘルプを強化しましたImproved help for appservice-plan-update
  • functionapp create に対する App Insights のサポートを追加しましたAdded support for app insights on functionapp create
  • Web アプリの SSH の問題を修正しましたFixed issues with webapp SSH

BotserviceBotservice

  • bot publish の UX を強化しましたImproved UX for bot publish
  • az bot publish の間に npm install を実行した場合のタイムアウトの警告を追加しましたAdded warning for timeouts when running npm install during az bot publish
  • az bot create--name から無効な文字 . を削除しましたRemoved invalid char . from --name in az bot create
  • Azure Storage、App Service プラン、関数または Web アプリ、Application Insights を作成するときに、リソース名のランダム化を停止するように変更しましたChanged to stop randomizing resource names when creating Azure Storage, App Service Plan, Function/Web App and Application Insights
  • [非推奨]--proj-file-pathを優先して、--proj-name を非推奨にしました[DEPRECATED] Deprecated --proj-name argument in favor of --proj-file-path
  • 存在しなかった場合にフェッチされた IIS Node.js デプロイ ファイルを削除するように、az bot publish を変更しましたChanged az bot publish to remove fetched IIS Node.js deployment files if they did not already exist
  • App Service で node_modules フォルダーを削除しないように、az bot publish--keep-node-modules 引数を追加しましたAdded --keep-node-modules argument to az bot publish to not delete node_modules folder on App Service
  • Azure Functions ボットまたは Web アプリ ボットの作成時の、az bot create からの出力に "publishCommand" キーと値のペアを追加しましたAdded "publishCommand" key-value pair to output from az bot create when creating an Azure Function or Web App bot
    • "publishCommand" の値は、新しく作成したボットを発行するために必要なパラメーターが入力された az bot publish コマンドですThe value of "publishCommand" is an az bot publish command prepopulated with the required parameters to publish the newly created bot
  • 8.9.4 ではなく 10.14.1 を使用するように、v4 SDK ボット用の ARM テンプレートで "WEBSITE_NODE_DEFAULT_VERSION" を更新しましたUpdated "WEBSITE_NODE_DEFAULT_VERSION" in ARM template for v4 SDK bots to use 10.14.1 instead of 8.9.4

Key VaultKey Vault

  • --id の使用時に一部のユーザーに unexpected_keyword エラーが発生する keyvault secret backup の問題を修正しましたFixed issue with keyvault secret backup where some users received an unexpected_keyword error when using --id

モニターMonitor

  • ディメンション値 * を許可するように monitor metrics alert [create|update] を変更しましたChanged monitor metrics alert [create|update] to allow dimension value *

ネットワークNetwork

  • エクスポートされた CNAME が必ず FQDN になるように dns zone export を変更しましたChanged dns zone export to ensure exported CNAMEs are FQDNs
  • アプリケーション ゲートウェイのバックエンド アドレス プールをサポートするように、--gateway-name パラメーターを nic ip-config address-pool [add|remove] に追加しましたAdded --gateway-name parameter to nic ip-config address-pool [add|remove] to support application gateway backend address pools
  • Log Analytics ワークスペースによるトラフィック分析をサポートするために、--traffic-analytics 引数と --workspace 引数を network watcher flow-log configure に追加しましたAdded --traffic-analytics and --workspace arguments to network watcher flow-log configure to support traffic analytics through a Log Analytics workspace
  • --idle-timeout--floating-iplb inbound-nat-pool [create|update] に追加しましたAdded --idle-timeout and --floating-ip to lb inbound-nat-pool [create|update]

ポリシーの分析情報Policy Insights

  • リソース ポリシーの修復機能をサポートするために、policy remediation コマンドを追加しましたAdded policy remediation commands to support resource policy remediation features

RDBMSRDBMS

  • ヘルプ メッセージとコマンド パラメーターを強化しましたImproved help message and command parameters

RedisRedis

  • ファイアウォール規則を管理 (作成、更新、削除、表示、一覧表示) するためのコマンドを追加しましたAdded commands for managing firewall-rules (create, update, delete, show, list)
  • サーバーのリンクを管理 (作成、削除、表示、一覧表示) するためのコマンドを追加しましたAdded commands for managing server-link (create, delete, show, list)
  • パッチ スケジュールを管理 (作成、更新、削除、表示) するためのコマンドを追加しましたAdded commands for managing patch-schedule (create, update, delete, show)
  • redis create に、Availability Zones と TLS 最小バージョンのサポートを追加しましたAdded support for Availability Zones and Minimum TLS Version to `redis create
  • [破壊的変更]redis update-settings コマンドおよび redis list-all コマンドを削除しました[BREAKING CHANGE] Removed redis update-settings and redis list-all commands
  • [破壊的変更]redis create のパラメーター 'tenant settings' は、key[=value] 形式では使用できなくなりました[BREAKING CHANGE] Parameter for redis create: 'tenant settings' is not accepted in key[=value] format
  • [非推奨]redis import-method コマンドが非推奨であることを示す警告メッセージを追加しました[DEPRECATED] Added warning message for deprecating redis import-method command

RoleRole

  • [破壊的変更]az identity コマンドを vm のコマンドからここに移動しました[BREAKING CHANGE] Moved az identity command here from vm commands

SQL VMSQL VM

  • [非推奨] 誤りがあったため、--boostrap-acc-pwd 引数を非推奨にしました[DEPRECATED] Deprecated --boostrap-acc-pwd argument due to typo

VMVM

  • --all true の代わりに --all を使用できるように vm list-skus を変更しましたChanged vm list-skus to allow use of --all in place of --all true
  • vmss run-command [invoke | list | show] を追加しましたAdded vmss run-command [invoke | list | show]
  • 以前に実行していた場合に vmss encryption enable が失敗するバグを修正しましたFixed bug where vmss encryption enable would fail if run previously
  • [破壊的変更]az identity コマンドを role のコマンドに移動しました[BREAKING CHANGE] Moved az identity command to role commands

2019 年 1 月 31 日January 31, 2019

バージョン 2.0.57Version 2.0.57

コアCore

2019 年 1 月 28 日January 28, 2019

バージョン 2.0.56Version 2.0.56

ACRACR

  • VNet ルールまたは IP 規則のサポートを追加しましたAdded support for VNet/IP rules

ACSACS

  • 仮想ノードのプレビューを追加しましたAdded Virtual Nodes Preview
  • マネージド OpenShift コマンドを追加しましたAdded Managed OpenShift commands
  • aks update-credentials -reset-service-principal を使用したサービス プリンシパル更新操作に対するサポートを追加しましたAdded support for service principal updates operation with aks update-credentials -reset-service-principal

AMSAMS

  • [破壊的変更] 名前を ams asset get-streaming-locators から ams asset list-streaming-locators に変更しました[BREAKING CHANGE] Renamed ams asset get-streaming-locators to ams asset list-streaming-locators
  • [破壊的変更] 名前を ams streaming-locator get-content-keys から ams streaming-locator list-content-keys に変更しました[BREAKING CHANGE] Renamed ams streaming-locator get-content-keys to ams streaming-locator list-content-keys

AppserviceAppservice

  • functionapp create での App Insights のサポートを追加しましたAdded support for app insights on functionapp create
  • Function App に、App Service プラン作成 (エラスティック Premium を含む) のサポートを追加しましたAdded support for app service plan creation (including Elastic Premium) to Function Apps
  • エラスティック Premium プランのアプリ設定に関する問題を修正しましたFixed app setting issues with Elastic Premium plans

コンテナーContainer

  • container start コマンドを追加しましたAdded container start command
  • コンテナーの作成時に CPU に 10 進数値を使用できるように変更しましたChanged to allow using decimal values for CPU during container creation

EventGridEventGrid

  • --deadletter-endpoint パラメーターを event-subscription [create|update] に追加しましたAdded --deadletter-endpoint parameter to event-subscription [create|update]
  • "event-subscription [create|update] --endpoint-type" の新しい値として、storagequeue と hybridconnection を追加しましたAdded storagequeue and hybridconnection as new values for 'event-subscription [create|update] --endpoint-type`
  • イベントの再試行ポリシーを指定するために、--max-delivery-attempts パラメーターと --event-ttl パラメーターを event-subscription create に追加しましたAdded --max-delivery-attempts and --event-ttl parameters to event-subscription create to specify the retry policy for events
  • イベント サブスクリプションの保存先として Webhook が使用されている場合、event-subscription [create|update] に警告メッセージを追加しましたAdded a warning message to event-subscription [create|update] when webhook as destination is used for an event subscription
  • すべてのイベント サブスクリプションに関連するコマンドに source-resource-id パラメーターを追加し、その他のすべてのソース リソース関連パラメーターを非推奨としてマークしましたAdded source-resource-id parameter for all event subscription related commands and mark all other source resource related parameters as deprecated

HDInsightHDInsight

  • [破壊的変更]hdinsight [application] create から --virtual-network パラメーターと --subnet-name パラメーターを削除しました[BREAKING CHANGE] Removed the --virtual-network and --subnet-name parameters from hdinsight [application] create
  • [破壊的変更] BLOB エンドポイントではなく、ストレージ アカウントの名前または ID を受け入れるように、hdinsight create --storage-account を変更しました[BREAKING CHANGE] Changed hdinsight create --storage-account to accept name or id of storage account instead of blob endpoints
  • --vnet-name および --subnet-name パラメーターを hdinsight create に追加しましたAdded --vnet-name and --subnet-name parameters to hdinsight create
  • Enterprise セキュリティ パッケージとディスク暗号化のサポートが hdinsight create に追加されましたAdded support for Enterprise Security Package and disk encryption to hdinsight create
  • hdinsight rotate-disk-encryption-key コマンドを追加しましたAdded hdinsight rotate-disk-encryption-key command
  • hdinsight update コマンドを追加しましたAdded hdinsight update command

IoTIoT

  • routing-endpoint コマンドにエンコード形式を追加しましたAdded encoding format to routing-endpoint command

KustoKusto

  • プレビュー リリースPreview release

モニターMonitor

  • 大文字と小文字が区別されないように、ID 比較を変更しましたChanged ID comparison to be case insensitive

プロファイルProfile

  • login でマネージド サービス ID に対応するテナント レベル アカウントを有効にしましたEnable tenant level account for managed service identity for login

ネットワークNetwork

  • --bandwidth 引数が無視される express-route update の問題を修正しましたFixed issue with express-route update: where --bandwidth argument was ignored
  • set comprehension によってスタック トレースが引き起こされる ddos-protection update の問題を修正しましたFixed issue with ddos-protection update where set comprehension caused stack trace

リソースResource

  • group deployment create に URI パラメーター ファイルのサポートを追加しましたAdded support for URI parameters file to group deployment create
  • policy assignment [create|list|show] にマネージド ID のサポートを追加しましたAdded support for managed identity to policy assignment [create|list|show]

SQL 仮想マシンSQL Virtual Machine

  • プレビュー リリースPreview release

ストレージStorage

  • 同じオブジェクトで変更されるプロパティのみを更新するように修正プログラムを変更しましたChanged fix to update only properties that are changed on the same object
  • #8021 を修正しました。バイナリ データが返されるとき、base 64 でエンコードされますFixed #8021, binary data is encoded in base 64 when returned

VMVM

  • ディスク暗号化 keyvault と、キー暗号化 keyvault が存在することを検証するように vm encryption enable を変更しましたChanged vm encryption enable to validate disk encryption keyvault and that key encryption keyvault exists
  • --force フラグを vm encryption enable に追加しましたAdded --force flag to vm encryption enable

2019 年 1 月 15 日January 15, 2019

バージョン 2.0.55Version 2.0.55

ACRACR

  • 存在しない Helm チャートを強制プッシュできるように変更しましたChanged to allow force push a helm chart that doesn't exist
  • ARM 要求なしでランタイム操作できるように変更しましたchanged to allow runtime operations without ARM requests
  • [非推奨] 次のコマンドの --resource-group パラメーターを非推奨にしました[DEPRECATED] Deprecated --resource-group parameter in the commands:
    • acr login
    • acr repository
    • acr helm

ACSACS

  • 新しい ACI リージョンのサポートを追加しましたAdded support for new ACI regions

AppserviceAppservice

  • ASE RG とアプリ RG の異なる ASE でホストされているアプリの証明書のアップロードに関する問題を修正しましたFixed issue with uploading certificates for apps that are hosted on an ASE, where the ASE RG & App RG are different
  • Linux 用の既定値として SKU P1V1 を使用するように webapp up を変更しましたChanged webapp up to use SKU P1V1 as default for Linux
  • デプロイが失敗したときに、適切なエラー メッセージが表示されるように [webapp|functionapp] deployment source config-zip を修正しましたFixed [webapp|functionapp] deployment source config-zip to show the right error message when a deployment fails
  • webapp ssh コマンドを追加しましたAdded webapp ssh command

BotserviceBotservice

  • デプロイ状態の更新プログラムを bot create に追加しましたAdded deployment status updates to bot create

構成Configure

  • 構成可能な出力形式として none を追加しましたAdded none as a configurable output format

Cosmos DBCosmosDB

  • 共有スループットを使用したデータベース作成のサポートを追加しましたAdded support for creating database with shared throughput

HDInsightHDInsight

  • アプリケーションを管理するためのコマンドを追加しましたAdded commands for managing applications
  • スクリプト アクションを管理するためのコマンドを追加しましたAdded commands for managing script actions
  • Operations Management Suite (OMS) を管理するためのコマンドを追加しましたAdded commands for managing Operations Management Suite (OMS)
  • リージョンの使用状況を一覧表するためのサポートを hdinsight list-usage に追加しましたAdded support to list regional usage to hdinsight list-usage
  • [破壊的変更] 既定のクラスターの種類を hdinsight create から削除しました[BREAKING CHANGE] Removed default cluster type from hdinsight create

ネットワークNetwork

  • --custom-headers 引数と --status-code-ranges 引数を traffic-manager profile [create|update] に追加しましたAdded --custom-headers and --status-code-ranges arguments to traffic-manager profile [create|update]
  • 新しいルーティングの種類として、サブネットと複数値を追加しましたAdded new routing types: Subnet and Multivalue
  • --custom-headers 引数と --subnets 引数を traffic-manager endpoint [create|update] に追加しましたAdded --custom-headers and --subnets arguments to traffic-manager endpoint [create|update]
  • ddos-protection update--vnets "" を指定するとエラーが発生する問題を修正しましたFixed issue where supplying --vnets "" to ddos-protection update caused an error

RoleRole

  • [非推奨]create-for-rbac--password 引数を非推奨にしました。[DEPRECATED] Deprecated --password argument for create-for-rbac. 代わりに、CLI によって生成された安全なパスワードを使用してくださいUse secure passwords generated by the CLI instead

セキュリティSecurity

  • 最初のリリースInitial Release

ストレージStorage

  • [破壊的変更] 既定の結果数が 5,000 になるように storage [blob|file|container|share] list を変更しました。[BREAKING CHANGE] Changed storage [blob|file|container|share] list default number of results to be 5,000. すべての結果を返す元の動作が必要な場合は --num-results * を使用してくださいUse --num-results * for original behavior of returning all results
  • --marker パラメーターを storage [blob|file|container|share] list に追加しましたAdded --marker parameter to storage [blob|file|container|share] list
  • 次のページを表すログ マーカーを storage [blob|file|container|share] list の STDERR に追加しましたAdded log marker for next page to STDERR for storage [blob|file|container|share] list
  • 静的 Web サイトをサポートする storage blob service-properties update コマンドを追加しましたAdded storage blob service-properties update command with support for static websites

VMVM

  • より一貫性のあるパラメーターが指定されるように vm [disk|unmanaged-disk]vmss disk を変更しましたChanged vm [disk|unmanaged-disk] and vmss disk to have more consistent parameters
  • テナント イメージ相互参照のサポートを [vm|vmss] create に追加しましたAdded support for cross tenant image referencing to [vm|vmss] create
  • vm diagnostics get-default-config --windows-os の既定の構成に関するバグを修正しましたFixed bug with default configuration in vm diagnostics get-default-config --windows-os
  • 拡張機能を設定する前に拡張機能をプロビジョニングしておく必要があるかを定義するために、--provision-after-extensions 引数を vmss extension set に追加しましたAdded argument --provision-after-extensions to vmss extension set to define what extensions must be provisioned before the extension being set
  • 既定のレプリケーション数を設定できるように、--replica-count 引数を sig image-version update に追加しましたAdded argument --replica-count to sig image-version update for setting the default replication count
  • 完全なリソース ID を指定しているにもかかわらず、ソース OS ディスクが同じ名前の VM と取り違えられる image create --source のバグを修正しましたFixed bug with image create --source where source os disk is mistaken for a VM with the same name, even if the full resource ID is provided

2018 年 12 月 20 日December 20, 2018

バージョン 2.0.54Version 2.0.54

AppserviceAppservice

  • webapp up で再デプロイが失敗する問題を修正しましたFixed issue where webapp up would fail to redeploy
  • Web アプリのスナップショットの一覧表示および復元のサポートを追加しましたAdded support for listing and restoring webapp snapshots
  • --runtime フラグのサポートを Windows 関数アプリに追加しましたAdded support for --runtime flag to Windows function apps

IoTCentralIoTCentral

  • 更新コマンドの API 呼び出しを修正しましたFixed update command API call

RoleRole

  • [破壊的変更] 既定では最初の 100 個のオブジェクトのみを一覧表示するように、ad [app|sp] list を変更しました[BREAKING CHANGE] Changed ad [app|sp] list to only list the first 100 objects by default

SQLSQL

  • マネージド インスタンスでカスタム照合順序のサポートを追加しましたAdded support for custom collation on managed instances

VMVM

  • ---os-type パラメーターを disk create に追加しましたAdded ---os-type parameter to disk create

2018 年 12 月 18 日December 18, 2018

バージョン 2.0.53Version 2.0.53

ACRACR

  • 外部のコンテナー レジストリからのイメージのインポートのサポートを追加しましたAdded support for image import from external Container Registries
  • タスク一覧のテーブルのレイアウトを縮小しましたCondensed the table layout for task list
  • Azure DevOps の URL のサポートを追加しましたAdded support for Azure DevOps URLs

ACSACS

  • 仮想ノードのプレビューを追加しましたAdded Virtual Nodes Preview
  • aks create の AAD 引数から "(プレビュー)" を削除しましたRemoved "(PREVIEW)" from AAD arguments to aks create
  • [非推奨]az acs コマンドを非推奨にしました。[DEPRECATED] Deprecated az acs commands. ACS サービスは 2020 年 1 月 31 日に廃止予定The ACS service will retire on January 31, 2020
  • 新しい AKS クラスターの作成時のネットワーク ポリシーのサポートを追加しましたAdded support of Network Policy when creating new AKS clusters
  • nodepool が 1 つのみの場合に aks scale に求められる --nodepool-name 引数の要件を削除しましたRemoved requirement of --nodepool-name argument for aks scale if there's only one nodepool

AppserviceAppservice

  • webapp config container--slot パラメーターが許可されない問題を修正しましたFixed issue where webapp config container did not honor --slot parameter

BotserviceBotservice

  • bot show の呼び出し時に .bot ファイルの解析のサポートを追加しましたAdded support for .bot file parsing when calling bot show
  • AppInsights のプロビジョニングのバグを修正しましたFixed AppInsights provisioning bug
  • ファイル パスを処理するときの空白文字のバグを修正しましたFixed whitespace bug when dealing with file paths
  • Kudu ネットワーク呼び出しを削減しましたReduced Kudu network calls
  • 一般的なコマンド UX を改善しましたGeneral command UX improvements

従量課金Consumption

  • 予算 API での通知の表示のバグを修正しましたFixed bugs for budget API to show notifications

Cosmos DBCosmosDB

  • マルチマスターからシングルマスターへのアカウントの更新のサポートを追加しましたAdded support for updating account from multi-master to single-master

マップMaps

  • S1 SKU のサポートを maps account [create|update] に追加しましたAdded support for the S1 SKU to maps account [create|update]

ネットワークNetwork

  • --format--log-version のサポートを watcher flow-log configure に追加しましたAdded support for --format and --log-version to watcher flow-log configure
  • 解決仮想ネットワークと登録仮想ネットワークをクリアするために "" を使用しても機能しないときの dns zone update に関する問題を修正しましたFixed issue with dns zone update where using "" to clear resolution and registration VNets didn't work

リソースResource

  • policy assignment [create|list|delete|show|update] の管理グループのスコープ パラメーターの処理を修正しましたFixed handling of scope parameter for management groups in policy assignment [create|list|delete|show|update]
  • 新しいコマンド resource wait を追加しましたAdded new command resource wait

ストレージStorage

  • storage logging update でストレージ サービスのログ スキーマのバージョンを更新する機能を追加しましたAdded ability to update log schema version for storage services in storage logging update

VMVM

  • 指定された VM に割り当てられているマネージド サービス ID がない場合の vm identity remove でのクラッシュを修正しましたFixed crash in vm identity remove when the specified vm has no assigned managed service identities

2018 年 12 月 4 日December 4, 2018

バージョン 2.0.52Version 2.0.52

コアCore

  • マルチテナント サービス プリンシパルのクロス テナント リソース プロビジョニングのサポートを追加しましたAdded support for cross tenant resource provisioning for multi-tenant service principal
  • tsv 出力するコマンドからパイプ処理された ID が適切に解析されないバグを修正しましたFixed bug where ids piped from a command with tsv output was improperly parsed

AppserviceAppservice

  • [プレビュー] コンテンツを作成してアプリに展開する際に役立つ webapp up コマンドを追加しました[PREVIEW] Added webapp up command that helps in creating & deploying contents to app
  • バックエンドの変更に起因するコンテナー ベースの Windows アプリのバグを修正しましたFixed a bug on container based windows app due to backend change

ネットワークNetwork

  • WAF 除外をサポートするために、application-gateway waf-config set--exclusion 引数を追加しましたAdded --exclusion argument to application-gateway waf-config set to support WAF exclusions

RoleRole

  • パスワード資格情報のカスタム識別子のサポートを追加しましたAdded support for custom identifiers for password credential

VMVM

  • [非推奨]vm extension [show|wait] --expand パラメーターを非推奨にしました[DEPRECATED] Deprecated vm extension [show|wait] --expand parameter
  • 応答しない VM を再デプロイするために、vm restart--force パラメーターを追加しましたAdded --force parameter to vm restart to redeploy unresponsive VMs
  • パスワードと SSH 認証の両方を使用して VM を作成するために、"all" を受け入れるように [vm|vmss] create --authentication-type を変更しましたChanged [vm|vmss] create --authentication-type to accept "all" to create a VM with both password and ssh authentication
  • イメージの OS ディスク キャッシュを設定するための image create --os-disk-caching パラメーターを追加しましたAdded image create --os-disk-caching parameter to set os disk caching for an image

2018 年 11 月 20 日November 20, 2018

バージョン 2.0.51Version 2.0.51

コアCore

  • ID のサブスクリプション名を再利用しないように MSI ログインを変更しましたChanged MSI login to not reuse subscription name in identity

ACRACR

  • タスク ステップにコンテキスト トークンを追加しましたAdded context token to task step
  • ACR タスクをミラーリングするために、ACR 実行でシークレットを設定するためのサポートを追加しましたAdded support for setting secrets in acr run to mirror acr task
  • show-tags および show-manifests コマンドの --top--orderby のサポートを改善しましたImproved support for --top and --orderby for show-tags and show-manifests commands

AppserviceAppservice

  • ZIP デプロイの既定のタイムアウトを変更し、状態のポーリングを 5 分に増やしました。また、この値をカスタマイズするためのタイムアウト プロパティを追加しましたChanged zip deployment default timeout to poll for the status increased to 5 mins, also adding a timeout property to customize this value
  • 既定の node_version を更新しました。Updated the default node_version. 2 フェーズのスワップ時にスロット スワップ アクションをリセットしても、appsettings と接続文字列はすべて保持されますResetting slot swap action, during a two phase swap preserves all the appsettings & connection strings
  • Linux App Service プラン作成時のクライアント側の SKU チェックを削除しましたRemoved client-side SKU check for Linux app service plan create
  • zipdeploy の状態を取得しようとしたときのエラーを修正しましたFixed error when trying to get zipdeploy status

IotCentralIotCentral

  • IoT Central アプリケーションの作成時にサブドメインの可用性チェックを追加しましたAdded subdomain availability check when creating an IoT Central application

KeyVaultKeyVault

  • エラーが無視される場合があるバグを修正しましたFixed bug where errors may have been ignored

ネットワークNetwork

  • 信頼されたルート証明書を処理するために、application-gatewayroot-cert サブコマンドを追加しましたAdded root-cert subcommands to application-gateway to handle trusted root certifcates
  • application-gateway [create|update] に、--min-capacity および --custom-error-pages オプションを追加しましたAdded --min-capacity and --custom-error-pages options to application-gateway [create|update]:
  • application-gateway create に、可用性ゾーンをサポートするための --zones を追加しましたAdded --zones for availability zone support to application-gateway create
  • application-gateway waf-config set に、引数 --file-upload-limit--max-request-body-size--request-body-check を追加しましたAdded arguments --file-upload-limit, --max-request-body-size and --request-body-check to application-gateway waf-config set

RdbmsRdbms

  • mariadb vnet コマンドを追加しましたAdded mariadb vnet commands

RbacRbac

  • ad app update で変更できない資格情報を更新しようとする問題を修正しましたFixed an issue with attempting to update immutable credentials in ad app update
  • 近い将来の ad [app|sp] list の破壊的変更を伝えるための出力に関する警告を追加しましたAdded output warnings to communicate breaking changes in the near future for ad [app|sp] list

ストレージStorage

  • ストレージ コピー コマンドのまれに発生するケースの処理を改善しましたImproved handling of corner cases for storage copy commands
  • コピー先アカウントとコピー元アカウントが同じである場合にログイン資格情報を使用しない、storage blob copy start-batch に関する問題を修正しましたFixed issue with storage blob copy start-batch not using login credentials when the destination and source accounts are the same
  • sas_token が URL に組み込まれない storage [blob|file] url のバグを修正しましたFixed bug withstorage [blob|file] url where sas_token wasn't incorporated into URL
  • [blob|container] list に破壊的変更に関する警告を追加しました。既定で最初の 5000 個の結果のみがすぐに出力されますAdded breaking change warning to [blob|container] list: will soon output only first 5000 results by default

VMVM

  • [vm|vmss] create --storage-sku に、マネージド OS ディスクとデータ ディスクのストレージ アカウント SKU を個別に指定するためのサポートを追加しましたAdded support to [vm|vmss] create --storage-sku to specify the storage account SKU for managed OS and data disks separately
  • sig image-version のバージョン名パラメーターを --image-version -e に変更しましたChanged version name parameters to sig image-version to be --image-version -e
  • sig image-version の引数 --image-version-name が非推奨になり、--image-version に置き換えられましたDeprecated sig image-version argument --image-version-name, replaced by --image-version
  • [vm|vmss] create --ephemeral-os-disk に、ローカル OS ディスクを使用するためのサポートを追加しましたAdded support to use local OS disk to [vm|vmss] create --ephemeral-os-disk
  • --no-wait のサポートを snapshot create/update に追加しましたAdded support for --no-wait to snapshot create/update
  • snapshot wait コマンドを追加しましたAdded snapshot wait command
  • [vm|vmss] extension set --extension-instance-name でインスタンス名を使用するためのサポートを追加しましたAdded support for using instance name with [vm|vmss] extension set --extension-instance-name

2018 年 11 月 6 日November 6, 2018

バージョン 2.0.50Version 2.0.50

コアCore

  • サービス プリンシパル インスタンスと発行者による認証に対するサポートを追加しましたAdded support for service principal sn+issuer auth

ACRACR

  • タスク ソース トリガーのコミットおよび pull request の Git イベントに対するサポートを追加しましたAdded support for commit and pull request git events for Task source trigger
  • ビルド コマンドで指定されていない場合、既定の Dockerfile を使用するように変更しましたChanged to use default Dockerfile if it's not specified in build command

ACSACS

  • [破壊的変更] 既定で 'az aks browse' が有効になるように、enable_cloud_console_aks_browse を削除しました[BREAKING CHANGE] Removed enable_cloud_console_aks_browse to enable 'az aks browse' by default

AdvisorAdvisor

  • GA リリースGA release

AMSAMS

  • 次の新しいコマンド グループを追加しましたAdded new command groups:
    • ams account-filter
    • ams asset-filter
    • ams content-key-policy
    • ams live-event
    • ams live-output
    • ams streaming-endpoint
    • ams mru
  • 次の新しいコマンドを追加しましたAdded new commands:
    • ams account check-name
    • ams job update
    • ams asset get-encryption-key
    • ams asset get-streaming-locators
    • ams streaming-locator get-content-keys
  • 暗号化パラメーターのサポートを ams streaming-policy create に追加しましたAdded encryption parameters support to ams streaming-policy create
  • ams transform output remove にサポートを追加しました。削除する出力インデックスを渡すことで実行できるようになりましたAdded support to ams transform output remove now can be performed by passing the output index to remove
  • --correlation-data--label の各引数を ams job コマンド グループに追加しましたAdded --correlation-data and --label arguments to ams job command group
  • --storage-account--container の各引数を ams asset コマンド グループに追加しましたAdded --storage-account and --container arguments to ams asset command group
  • ams asset get-sas-url コマンドに有効期限 (現在 + 23 時間) とアクセス許可 (読み取り) の既定値を追加しましたAdded default values for expiry time (Now+23h) and permissions (Read) in ams asset get-sas-url command
  • [破壊的変更]ams streaming locator コマンドを ams streaming-locator で置き換えました[BREAKING CHANGE] Replaced ams streaming locator command with ams streaming-locator
  • [破壊的変更]ams streaming locator--content-keys 引数を更新しました[BREAKING CHANGE] Updated --content-keys argument of ams streaming locator
  • [破壊的変更]ams streaming locator コマンドの --content-policy-name の名前を --content-key-policy-name に変更しました[BREAKING CHANGE] Renamed --content-policy-name to --content-key-policy-name in ams streaming locator command
  • [破壊的変更]ams streaming policy コマンドを ams streaming-policy で置き換えました[BREAKING CHANGE] Replaced ams streaming policy command with ams streaming-policy
  • [破壊的変更]ams transform コマンド グループの --preset-names 引数を --preset で置き換えました。[BREAKING CHANGE] Replaced --preset-names argument with --preset in ams transform command group. 現在同時に設定できるのは、1 つの出力/プリセットのみです (さらに追加するには ams transform output add を実行する必要があります)。Now you can only set 1 output/preset at a time (to add more you have to run ams transform output add). また、カスタムの JSON にパスを渡すことで、カスタム StandardEncoderPreset を設定することもできますAlso, you can set custom StandardEncoderPreset by passing the path to your custom JSON
  • [破壊的変更]ams job start コマンドの --output-asset-names の名前を --output-assets に変更しました。[BREAKING CHANGE] Renamed --output-asset-names to --output-assets in ams job start command. "assetName=label" 形式の、スペース区切りのアセットのリストを受け入れるようになりました。Now it accepts a space-separated list of assets in 'assetName=label' format. "assetName=" のようなラベルのないアセットを送信できますAn asset without label can be sent like this: 'assetName='

AppServiceAppService

  • バックアップ スケジュールがまだ設定されていない場合はバックアップ スケジュールを設定できないという az webapp config backup update のバグを修正しましたFixed a bug in az webapp config backup update that prevents setting a backup schedule if one is not already set

構成Configure

  • YAML を出力形式のオプションに追加しましたAdded YAML to output format options

コンテナーContainer

  • YAML にコンテナー グループをエクスポートするときに、ID を表示するように変更しましたChanged to show identity when exporting a container group to yaml

EventHubEventHub

  • eventhub namespace [create|update] で、Kafka をサポートするように --enable-kafka フラグを追加しましたAdded --enable-kafka flag to support Kafka in eventhub namespace [create|update]

InteractiveInteractive

  • 対話型で interactive 拡張機能をインストールするようになりました。これにより、迅速な更新とサポートが可能になりますInteractive now installs the interactive extension, which will allow for faster updates and support

モニターMonitor

  • monitor metrics alert [create|update]--condition で、フォワードスラッシュ (/) とピリオド (.) の文字を含むメトリック名がサポートされるようになりましたAdded support for metric names which include characters forward-slash (/) and period (.) to --condition in monitor metrics alert [create|update]

ネットワークNetwork

  • network private-endpoint を優先して、network interface-endpoint コマンド名を非推奨にしましたDeprecated network interface-endpoint command names in favor of network private-endpoint
  • express-route peering connection create--peer-circuit 引数が ID を受け入れない問題を修正しましたFixed issue with where --peer-circuit argument in express-route peering connection createwould not accept an ID
  • public-ip create--ip-tags が正しく機能しない問題を修正しましたFixed issue where --ip-tags did not work correctly with public-ip create

プロファイルProfile

  • 証明書の自動ロールでサービス プリンシパルのログインが可能になるように --use-cert-sn-issueraz login に追加しましたAdded --use-cert-sn-issuer to az login for service principal login with cert auto-rolls

RDBMSRDBMS

  • mysql replica コマンドを追加しましたAdded mysql replica commands

リソースResource

  • 管理グループとサブスクリプションのサポートを policy definition|set-definition コマンドに追加しましたAdded support for management groups and subscriptions to policy definition|set-definition commands

RoleRole

  • API アクセス許可の管理、サインインしているユーザー、およびアプリケーションのパスワードと証明書の資格情報管理のサポートが追加されましたAdded support for API permission management, signed-in-user, and application password & certificate credential management
  • displayName とサービス プリンシパル名を取り違えないように、ad sp create-for-rbac を変更しましたChanged ad sp create-for-rbac to clarify the confusion between displayName and service principal name
  • AAD アプリにアクセス許可を付与するサポートを追加しましたAdded support to grant permissions to AAD apps

ストレージStorage

  • アカウント名またはキーなしで、SAS とエンドポイントのみを使用してストレージ サービスに接続するサポートを追加しました (Configure Azure Storage connection strings <https://docs.microsoft.com/azure/storage/common/storage-configure-connection-string> を参照してください)Added support to connect to storage services only with SAS and endpoints (without an account name or a key) as described in Configure Azure Storage connection strings <https://docs.microsoft.com/azure/storage/common/storage-configure-connection-string>

VMVM

  • イメージの既定のストレージ アカウントの種類を設定できるように、storage-sku 引数を image create に追加しましたAdded storage-sku argument to image create for setting the image's default storage account type
  • --no-wait オプションでコマンドがクラッシュする vm resize のバグを修正しましたFixed bug with vm resize where --no-wait option causes command to crash
  • 状態が表示されるように vm encryption show のテーブル出力形式を変更しましたChanged vm encryption show table output format to show status
  • json/jsonc 出力を要求するように vm secret format を変更しました。Changed vm secret format to require json/jsonc output. 望ましくない出力形式が選択された場合、ユーザーに警告し、既定値が json 出力になりますWarns user and defaults to json output if an undesired output format is selected
  • vm create --image の引数検証を改善しましたImproved argument validation for vm create --image

2018 年 10 月 23 日October 23, 2018

バージョン 2.0.49Version 2.0.49

コアCore

  • --subscription--ids のサブスクリプションよりも優先される場合の --ids に関する問題を修正しましたFixed issue with --ids where --subscription would take precedence over the subscription in --ids
  • --ids を使用してパラメーターを無視するときの明示的な警告を追加しましたAdded explicit warnings when parameters would be ignored by use of --ids

ACRACR

  • Python2 の ACR ビルドのエンコードの問題を修正しましたFixed an ACR Build encoding issue in Python2

CDNCDN

  • [破壊的変更]cdn endpoint create のクエリ文字列の既定のキャッシュ動作が変更され、"IgnoreQueryString" が既定値ではなくなりました。[BREAKING CHANGE] Changed cdn endpoint create's default query string caching behaviour to no longer defaults to "IgnoreQueryString". これはサービスによって設定されるようになりましたIt is now set by the service

コンテナーContainer

  • "--ip-address" に渡す有効な型として、Private を追加しましたAdded Private as a valid type to pass to '--ip-address'
  • サブネット ID のみを使用して、コンテナー グループの仮想ネットワークを設定できるように変更しましたChanged to allow using only subnet ID to setup a virtual network for the container group
  • VNet 名またはリソース ID を使用して、さまざまなリソース グループの VNet を使用できるように変更しましたChanged to allow using vnet name or resource id to enable using vnets from different resource groups
  • コンテナー グループに MSI ID を追加するための --assign-identity を追加しましたAdded --assign-identity for adding a MSI identity to a container group
  • システム割り当て MSI ID のロールの割り当てを作成するために、--scope を追加しましたAdded --scope to create a role assignment for the system assigned MSI identity
  • イメージを使用して、長時間実行プロセスなしでコンテナー グループを作成するときの警告を追加しましたAdded a warning when creating a container group with an image without a long running process
  • list コマンドと show コマンドのテーブル出力の問題を修正しましたFixed table output issues for list and show commands

Cosmos DBCosmosDB

  • cosmosdb create--enable-multiple-write-locations のサポートを追加しましたAdded --enable-multiple-write-locations support to cosmosdb create

InteractiveInteractive

  • パラメーターにグローバル サブスクリプション パラメーターが確実に表示されるように変更しましたChanged to ensure global subscription parameter appears in parameters

IoT CentralIoT Central

  • IoT Central アプリケーションを作成するためのテンプレートと表示名のオプションを追加しましたAdded template and display name options for IoT Central Application creation
  • [破壊的変更] F1 SKU のサポートを削除しました。代わりに S1 SKU を使用します[BREAKING CHANGE] Removed support for the F1 SKU; Use S1 SKU instead

モニターMonitor

  • monitor activity-log list の変更点:Changes to monitor activity-log list:
    • すべてのイベントをサブスクリプション レベルで一覧表示するサポートを追加しましたAdded support for listing all events at the subscription level
    • 時間クエリをより簡単に作成できるように、--offset パラメーターを追加しましたAdded --offset parameter to more easily create time queries
    • 幅広い ISO8601 形式とユーザー フレンドリな datetime 形式を使用するために、--start-time--end-time の検証を改善しましたImproved validation for --start-time and --end-time to use wider range of ISO8601 formats and more user-friendly datetime formats
    • 非推奨の --resource-provider オプションのエイリアスとして、--namespace を追加しましたAdded --namespace as alias for deprecated option --resource-provider
    • 厳密に型指定されたオプションを使用する値以外はサービスでサポートされていないため、--filters を非推奨にしましたDeprecated --filters because no values other than those with strongly-typed options are supported by the service
  • monitor metrics list の変更点:Changes to monitor metrics list:
    • 時間クエリをより簡単に作成できるように、--offset パラメーターを追加しましたAdded --offset parameter to more easily create time queries
    • 幅広い ISO8601 形式とユーザー フレンドリな datetime 形式を使用するために、--start-time--end-time の検証を改善しましたImproved validation for --start-time and --end-time to use wider range of ISO8601 formats and more user-friendly datetime formats
  • monitor diagnostic-settings create の引数 --event-hub--event-hub-rule の検証を改善しましたImproved validation for --event-hub and --event-hub-rule arguments to monitor diagnostic-settings create

ネットワークNetwork

  • NIC へのアプリケーション ゲートウェイ バックエンド アドレス プールの追加をサポートするために、nic create に引数 --app-gateway-address-pools--gateway-name を追加しましたAdded --app-gateway-address-pools and --gateway-name arguments to nic create, to support adding application gateway backend address pools to a NIC
  • NIC へのアプリケーション ゲートウェイ バックエンド アドレス プールの追加をサポートするために、nic ip-config create/update に引数 --app-gateway-address-pools--gateway-name を追加しましたAdded --app-gateway-address-pools and --gateway-name arguments to nic ip-config create/update, to support adding application gateway backend address pools to a NIC

ServiceBusServiceBus

  • Service Bus Standard から Premium 名前空間への移行の現在の状態を表示するために、MigrationConfigProperties に読み取り専用の migration_state を追加しましたAdded Read-Only migration_state to MigrationConfigProperties to show current Service Bus Standard to Premium namespace migration state

SQLSQL

  • 手動フェールオーバー ポリシーで機能するように、sql failover-group createsql failover-group update を修正しましたFixed sql failover-group create and sql failover-group update to work with Manual failover policy

ストレージStorage

  • すべての項目に正しい "サービス" キーが表示されるように、az storage cors list の出力書式設定を修正しましたFixed az storage cors list output formatting, all items show correct "Service" key
  • 不変ポリシーによってブロックされたコンテナーの削除を可能にする --bypass-immutability-policy パラメーターを追加しましたAdded --bypass-immutability-policy parameter for immutability-policy blocked container deletion

VMVM

  • [vm|vmss] create で、Lv/Lv2 シリーズのマシンに対して、ディスク キャッシュ モードが強制的に None に設定されますEnforce disk caching mode be None for Lv/Lv2 series of machines in [vm|vmss] create
  • vm create でネットワーク アクセラレータをサポートすることにより、サポートされているサイズのリストを更新しましたUpdated supported size list supporting networking accelerator for vm create
  • disk create の ultrassd iops と mbps configs に、厳密に型指定された引数を追加しましたAdded strong typed arguments for ultrassd iops and mbps configs for disk create

2018 年 10 月 16 日October 16, 2018

バージョン 2.0.48Version 2.0.48

VMVM

  • Homebrew のインストールが失敗する原因となっていた SDK の問題を修正しましたFixed SDK issue that caused Homebrew instllation to fail

2018 年 10 月 9 日October 9, 2018

バージョン 2.0.47Version 2.0.47

コアCore

  • "無効な要求" エラーのエラー処理を改善しましたImproved error handling for "Bad Request" errors

ACRACR

  • Helm クライアントと似たテーブル形式のサポートを追加しましたAdded support for similar table format as helm client

ACSACS

  • nodepool 名を構成するために aks [create|scale] --nodepool-name を追加しました。12 文字に切り詰められており、既定値は nodepool1 ですAdded aks [create|scale] --nodepool-name to configure nodepool name, truncated to 12 characters, default - nodepool1
  • Parimiko が失敗したときに "scp" にフォールバックするように修正しましたFixed to fall back to 'scp' when Parimiko fails
  • --aad-tenant-id が省略可能になるように aks create を変更しましたChanged aks create to no longer require --aad-tenant-id
  • 重複するエントリが存在するときの Kubernetes 資格情報のマージを改善しましたImproved merging of Kubernetes credentials when duplicate entries are present

コンテナーContainer

  • 特定のランタイムでの Linux 従量課金プランの種類の作成をサポートするように functionapp create を変更しましたChanged functionapp create to support creating a Linux consumption plan type with a specific runtime
  • [プレビュー] Windows コンテナーでの Web アプリのホストのサポートを追加しました[PREVIEW] Added support for hosting webapps on Windows containers

イベント ハブEvent Hub

  • eventhub update コマンドを修正しましたFixed eventhub update command
  • [破壊的変更] 空のリストを表示するのではなく、一般的な方法でリソースのエラー NotFound(404) を処理するように list コマンドを変更しました[BREAKING CHANGE] Changed list commands to handle errors for resource(s) NotFound(404) in the typical way instead of showing empty list

拡張機能Extensions

  • 既にインストールされている拡張機能を追加しようとする問題を修正しましたFixed issue with attempting to add an extension that is already installed

HDInsightHDInsight

  • 最初のリリースInitial release

IoTIoT

  • 拡張機能のインストール コマンドを初回実行時のバナーに追加しましたAdded extension installation comand to first-run banner

KeyVaultKeyVault

  • keyvault storage コマンドが最新の API プロファイルに制限されるように変更しましたChanged to restrict keyvault storage commmands to the latest API profile

ネットワークNetwork

  • network dns zone create を修正しました:ユーザーが既定の場所を構成している場合でも、コマンドは成功します。Fixed network dns zone create: Command succeeds even if the user has configured a default location. #6052 を参照してくださいSee #6052
  • network vnet peering create を使用できるため --remote-vnet-id を非推奨にしましたDeprecated --remote-vnet-id for network vnet peering create
  • --remote-vnetnetwork vnet peering create に追加しました。これは名前または ID を指定できますAdded --remote-vnet to network vnet peering create which accepts a name or ID
  • --subnet-prefixesnetwork vnet create への複数のサブネット プレフィックスのサポートを追加しましたAdded support for multiple subnet prefixes to network vnet create with --subnet-prefixes
  • --address-prefixesnetwork vnet subnet [create|update] への複数のサブネット プレフィックスのサポートを追加しましたAdded support for multiple subnet prefixes to network vnet subnet [create|update] with --address-prefixes
  • WAF_v2 または Standard_v2 SKU でのゲートウェイの作成を妨げていた network application-gateway create の問題を修正しましたFixed issue with network application-gateway create that prevented creating gateways with WAF_v2 or Standard_v2 SKU
  • --service-endpoint-policy の利便性の引数を network vnet subnet update に追加しましたAdded --service-endpoint-policy convenience argument to network vnet subnet update

RoleRole

  • Azure AD アプリ所有者を一覧表示するためのサポートを ad app owner に追加しましたAdded support for listing Azure AD app owners to ad app owner
  • Azure AD サービス プリンシパル所有者を一覧表示するためのサポートを ad sp owner に追加しましたAdded support for listing Azure AD service principal owners to ad sp owner
  • ロール定義の作成および更新コマンドが複数のアクセス許可構成を確実に受け入れるように変更しましたChanged to ensure role definition create & update commands accept multiple permission configurations
  • ホーム ページの URI が確実かつ常に "https" になるように ad sp create-for-rbac を変更しましたChanged ad sp create-for-rbac to ensure home page URI is always "https"

Service BusService Bus

  • [破壊的変更] 空のリストを表示するのではなく、一般的な方法でリソースのエラー NotFound(404) を処理するように list コマンドを変更しました[BREAKING CHANGE] Changed list commands to handle errors for resource(s) NotFound(404) in the typical way instead of showing empty list

VMVM

  • disk grant-access の空の accessSas フィールドを修正しましたFixed empty accessSas field in disk grant-access
  • オーバープロビジョニングを処理するのに十分なフロントエンド ポート範囲が予約されるように vmss create を変更しましたChanged vmss create to reserve large enough frontend port range to handle overprovisioning
  • sig の更新コマンドを修正しましたFixed update commands for sig
  • sig のイメージ バージョンを管理するための --no-wait のサポートを追加しましたAdded --no-wait support for managing image versions in sig
  • パブリック IP アドレスの可用性ゾーンが表示されるように vm list-ip-addresses を変更しましたChanged vm list-ip-addresses to show availability zone of public IP addresses
  • ディスクの既定の LUN が最初の使用可能なスポットに設定されるように [vm|vmss] disk attach を変更しましたChanged [vm|vmss] disk attach to set disk's default lun to the first available spot

2018 年 9 月 21 日September 21, 2018

バージョン 2.0.46Version 2.0.46

ACRACR

  • ACR タスクのコマンドを追加しましたAdded ACR Task commands
  • クイック実行コマンドを追加しましたAdded quick run command
  • build-task コマンド グループを非推奨にしましたDeprecated build-task command group
  • ACR での Helm チャートの管理をサポートするように helm コマンド グループを追加しましたAdded helm command group to support managing helm charts with ACR
  • マネージド レジストリについて、べき等作成のサポートを追加しましたAdded support for idempotent create for managed registry
  • ビルド ログを表示するために形式のないフラグを追加しましたAdded a no-format flag for displaying build logs

ACSACS

  • AKS マスター FQDN を設定するように install-connector コマンドを変更しましたChanged the install-connector command to set the AKS Master FQDN
  • サービス プリンシパルと skip-role-assignemnt を指定しない場合の vnet-subnet-id に対するロールの割り当て作成を修正しましたFixed creating role assignment for vnet-subnet-id when not specifying service principal and skip-role-assignemnt

AppServiceAppService

  • Web ジョブの (継続的およびトリガーされた) 運用管理のサポートを追加しましたAdded support for webjobs (continuous and triggered) operations management
  • az webapp config set で --fts-state プロパティがサポートされました。また、az functionapp config set および az functionapp config show のサポートを追加しましたaz webapp config set supports --fts-state propertyAlso added support fot az functionapp config set & show
  • Web アプリについて Bring Your Own Storage のサポートを追加しましたAdded support for bring your own storage for webapps
  • 削除された Web アプリの一覧表示および復元のサポートを追加しましたAdded support for listing and restoring deleted webapps

BatchBatch

  • AddTaskCollectionParameter 構文をサポートするように --json-file を使用したタスク追加を変更しましたChanged adding tasks through --json-file to support AddTaskCollectionParameter syntax
  • 承認済み --json-file 形式のドキュメントを更新しましたUpdated documentation of accepted --json-file formats
  • --max-tasks-per-node-optionbatch pool create に追加しましたAdded --max-tasks-per-node-option to batch pool create
  • オプションが指定されていない場合に、現在ログインしているアカウントを表示するように batch account の動作を変更しましたChanged behavior of batch account to show currently logged in account if no options are specified

Batch AIBatch AI

  • batchai cluster create コマンドの自動ストレージ アカウント作成エラーを修正しましたFixed auto storage account creation failure in batchai cluster create command

Cognitive ServicesCognitive Services

  • --sku--kind--location 引数の入力候補を追加しましたAdded completer for --sku, --kind, --location arguments
  • cognitiveservices account list-usage コマンドを追加しましたAdded command cognitiveservices account list-usage
  • cognitiveservices account list-kinds コマンドを追加しましたAdded command cognitiveservices account list-kinds
  • cognitiveservices account list コマンドを追加しましたAdded command cognitiveservices account list
  • cognitiveservices list を非推奨にしましたDeprecated cognitiveservices list
  • cognitiveservices account list-skus について --name を省略可能に変更しましたChanged --name to be optional for cognitiveservices account list-skus

コンテナーContainer

  • 実行中のコンテナー グループを再起動および停止する機能を追加しましたAdded ability to restart and stop a running container group
  • ネットワーク プロファイルに渡すための --network-profile を追加しましたAdded --network-profile for passing in a network profile
  • VNet でのコンテナー グループの作成できるように --subnet--vnet_name を追加しましたAdded --subnet, --vnet_name, to allow creating container groups in a VNET
  • コンテナー グループの状態を表示するようにテーブル出力を変更しましたChanged table output to show the status of the container group

DataLakeDatalake

  • 仮想ネットワーク規則用のコマンドを追加しましたAdded commands for virtual network rules

対話型シェルInteractive Shell

  • Windows でコマンドが正常に実行されないというエラーを修正しましたFixed error on Windows where commands fail to run properly
  • 非推奨のオブジェクトによって発生した、対話形式でのコマンド読み込みの問題を修正しましたFixed command loading problem in interactive that was caused by deprecated objects

IoTIoT

  • IoT ハブのルーティングのサポートを追加しましたAdded support for routing IoT Hubs

Key VaultKey Vault

  • RSA キーの Key Vault のキー インポートを修正しましたFixed Key Vault key import for RSA keys

ネットワークNetwork

  • パブリック IP プレフィックス機能をサポートするように network public-ip prefix コマンドを追加しましたAdd network public-ip prefix commands to support public IP prefixes features
  • サービス エンドポイント ポリシー機能をサポートするように network service-endpoint コマンドを追加しましたAdd network service-endpoint commands to support service endpoint policy features
  • Standard Load Balancer 送信規則の作成をサポートするように network lb outbound-rule コマンドを追加しましたAdd network lb outbound-rule commands to support creation of Standard Load Balancer outbound rules
  • パブリック IP プレフィックスを使用したフロントエンド IP 構成をサポートするように --public-ip-prefixnetwork lb frontend-ip create/update に追加しましたAdd --public-ip-prefix to network lb frontend-ip create/update to support frontend IP configurations using public IP prefixes
  • --enable-tcp-resetnetwork lb rule/inbound-nat-rule/inbound-nat-pool create/update に追加しましたAdd --enable-tcp-reset to network lb rule/inbound-nat-rule/inbound-nat-pool create/update
  • --disable-outbound-snatnetwork lb rule create/update に追加しましたAdd --disable-outbound-snat to network lb rule create/update
  • network watcher flow-log show/configure をクラシック NSG で使用できるようにしましたAllow network watcher flow-log show/configure to be used with classic NSGs
  • network watcher run-configuration-diagnostic コマンドが追加されましたAdd network watcher run-configuration-diagnostic command
  • network watcher test-connectivity コマンドを修正し、--method--valid-status-codes、および --headers プロパティを追加しましたFix network watcher test-connectivity command and add --method, --valid-status-codes and --headers properties
  • network express-route create/update:--allow-global-reach フラグを追加しましたnetwork express-route create/update: Add --allow-global-reach flag
  • network vnet subnet create/update:--delegation のサポートを追加しましたnetwork vnet subnet create/update: Add support for --delegation
  • network vnet subnet list-available-delegations コマンドを追加しましたAdded network vnet subnet list-available-delegations command
  • network traffic-manager profile create/update:監視の構成について --interval--timeout、および --max-failures のサポートを追加しました。オプション --path--port--protocol を優先し、--monitor-path--monitor-port、および --monitor-protocol を非推奨にしましたnetwork traffic-manager profile create/update: Added support for --interval, --timeout and --max-failures for Monitor configuration Deprecated options --monitor-path, --monitor-port and --monitor-protocol in favor of --path, --port, --protocol
  • network lb frontend-ip create/update:プライベート IP 割り当て方法の設定ロジックを修正しました。プライベート IP アドレスが指定されている場合、割り当ては静的になります。プライベート IP アドレスが指定されていない場合、またはプライベート IP アドレスに対して空の文字列が指定されている場合、割り当ては動的です。network lb frontend-ip create/update: Fixed the logic for setting private IP allocation methodIf a private IP address is provided, the allocation will be staticIf no private IP address is provided, or empty string is provided for private IP address, allocation is dynamic.
  • dns record-set * create/update:--target-resource のサポートを追加しましたdns record-set * create/update: Add support for --target-resource
  • インターフェイス エンドポイント オブジェクトにクエリを実行する network interface-endpoint コマンドを追加しましたAdd network interface-endpoint commands to query interface endpoint objects
  • ネットワーク プロファイルの部分的な管理用に network profile show/list/delete を追加しましたAdd network profile show/list/delete for partial management of network profiles
  • ExpressRoute 間のピアリング接続を管理する network express-route peering connection コマンドを追加しましたAdd network express-route peering connection commands to manage peering connections between ExpressRoutes

RDBMSRDBMS

  • MariaDB サービスのサポートを追加しましたAdded support for MariaDB service

予約Reservation

  • 予約されたリソース列挙型に CosmosDB を追加しましたAdded CosmosDb in the reserved resource enum type
  • Patch モデルに name プロパティを追加しましたAdded name property in Patch model

アプリの管理Manage App

  • Marketplace マネージド アプリのインスタンス作成がクラッシュする原因となっている managedapp create --kind MarketPlace のバグを修正しましたFixed bug in managedapp create --kind MarketPlace causing instance creation of a Marketplace managed app to crash
  • サポートされているプロファイルに制限されるように feature コマンドを変更しましたChanged feature commands to be restricted to supported profiles

RoleRole

  • ユーザーのグループ メンバーシップ表示のサポートを追加しましたAdded support for listing user's group memberships

SignalRSignalR

  • 最初のリリースFirst release

ストレージStorage

  • BLOB およびキュー承認用のユーザー ログイン資格情報に使用する --auth-mode login パラメーターを追加しましたAdded --auth-mode login parameter for use of user's login credentials for blob and queue authorization
  • 不変ストレージを管理するための storage container immutability-policy/legal-hold を追加しましたAdded storage container immutability-policy/legal-hold to manage immutable storage

VMVM

  • 公開キー ファイルが見つからない場合に vm create --generate-ssh-keys によって秘密キー ファイルが上書きされる問題を修正しました (#4725、#6780)Fixed issue where vm create --generate-ssh-keys overwrites private key file if public key file is missing (#4725, #6780)
  • az sig によって共有イメージ ギャラリーのサポートを追加しましたAdded support for shared image gallery through az sig

2018 年 8 月 28 日August 28, 2018

バージョン 2.0.45Version 2.0.45

コアCore

  • 空の構成ファイルの読み込みに関する問題を修正しましたFixed issue of loading empty configuration file
  • Azure Stack におけるプロファイル 2018-03-01-hybrid のサポートを追加しましたAdded support for profile 2018-03-01-hybrid for Azure Stack

ACRACR

  • ARM 要求がないランタイム操作に対する回避策を追加しましたAdded a workaround for runtime operations without ARM requests
  • build コマンドで、アップロードされた tar からバージョン コントロール ファイル (git、gitignore など) が既定で除外されるように変更しましたChanged to exclude version control files (eg, .git, .gitignore) from uploaded tar by default in build command

ACSACS

  • Standard_DS2_v2 VM が既定で設定されるように aks create を変更しましたChanged aks create to defaults to Standard_DS2_v2 VMs
  • 新しい API を呼び出して、クラスター資格情報を取得するように aks get-credentials を変更しましたChanged aks get-credentials to now call new apis to get cluster credential

AppServiceAppService

  • 関数アプリおよび Web アプリで CORS のサポートを追加しましたAdded support for CORS on functionapp & webapp
  • 作成コマンドに ARM タグのサポートを追加しましたAdded ARM tag support on create commands
  • リソースが見つからないときにコード 3 で終了するように [webapp|functionapp] identity show を変更しましたChanged [webapp|functionapp] identity show to exit with code 3 upon a missing resource

バックアップBackup

  • リソースが見つからないときにコード 3 で終了するように backup vault backup-properties show を変更しましたChanged backup vault backup-properties show to exit with code 3 upon a missing resource

ボット サービスBot Service

  • 初期ボット サービス CLI リリースInitial Bot Service CLI Release

Cognitive ServicesCognitive Services

  • 一部のサービスの作成に必要な新しいパラメーター --api-properties, を追加しましたAdded new parameter --api-properties, which is required for creating some of the services

IoTIoT

  • リンクされたハブの関連付けに関する問題を修正しましたFixed issue with associating linked hubs

モニターMonitor

  • ほぼリアルタイムのメトリック アラートのための monitor metrics alert コマンドを追加しましたAdded monitor metrics alert commands for near-realtime metric alerts
  • monitor alert コマンドを非推奨にしましたDeprecated monitor alert commands

ネットワークNetwork

  • リソースが見つからないときにコード 3 で終了するように network application-gateway ssl-policy predefined show を変更しましたChanged network application-gateway ssl-policy predefined show to exit with code 3 upon a missing resource

リソースResource

  • リソースが見つからないときにコード 3 で終了するように provider operation show を変更しましたChanged provider operation show to exit with code 3 upon a missing resource

ストレージStorage

  • リソースが見つからないときにコード 3 で終了するように storage share policy show を変更しましたChanged storage share policy show to exit with code 3 upon a missing resource

VMVM

  • リソースが見つからないときにコード 3 で終了するように vm/vmss identity show を変更しましたChanged vm/vmss identity show to exit with code 3 upon a missing resource
  • vm create を使用できるため --storage-caching を非推奨にしましたDeprecated --storage-caching for vm create

2018 年 8 月 14 日Auguest 14, 2018

バージョン 2.0.44Version 2.0.44

コアCore

  • table 出力の数値表示を修正しましたFixed numeric display in table output
  • YAML 出力形式を追加しましたAdded YAML output format

テレメトリTelemetry

  • テレメトリ レポートを改善しましたImproved telemetry reporting

ACRACR

  • content-trust policy コマンドを追加しましたAdded content-trust policy commands
  • .dockerignore が適切に処理されない問題を修正しましたFixed issue where .dockerignore was not handled properly

ACSACS

  • Windows で %USERPROFILE%\.azure-kubectl にインストールされるように az acs/aks install-cli を変更しましたChanged az acs/aks install-cli to install under %USERPROFILE%\.azure-kubectl on Windows
  • クラスターに RBAC が含まれるかどうかを検出し、ACI コネクタを適切に構成するように az aks install-connector を変更しましたChanged az aks install-connector to detect if the cluster has RBAC and configure ACI Connector appropriately
  • サブネットが指定されている場合、そのサブネットにロールが割り当てられるように変更しましたChanged to role assignment to the subnet when it's provided
  • サブネットが指定されている場合、そのサブネットについて "ロールの割り当てをスキップ" する新しいオプションを追加しましたAdded new option to "skip role assignment" for subnet when it's provided
  • サブネットへのロールの割り当てが既に存在する場合、その割り当てをスキップするように変更しましたChanged to skip role assignment to subnet when assignment already exists

AppServiceAppService

  • 外部のリソース グループのストレージ アカウントを使用した関数アプリの作成を妨げるバグを修正しましたFixed a bug that prevent from creating a function-app using storage accounts in external resource groups
  • zip デプロイ上のクラッシュを修正しましたFixed a crash on zip deployment

BatchAIBatchAI

  • "resource group" が指定されるように、自動ストレージ アカウント作成のロガー出力を変更しました。Changed logger output for auto-storage account creation to specifies "resource group".

コンテナーContainer

  • セキュリティで保護された環境変数をコンテナーに渡すための --secure-environment-variables を追加しましたAdded --secure-environment-variables for passing secure environment variables to a container

IoTIoT

  • [破壊的変更] iot 拡張機能に移動された非推奨のコマンドを削除しました[BREAKING CHANGE] Removed deprecated commands which have moved to the iot extension
  • azure-devices.net ドメインを想定しないように要素を更新しましたUpdated elements to not assume azure-devices.net domain

Iot CentralIot Central

  • IoT Central モジュールの最初のリリースInitial release of IoT Central module

KeyVaultKeyVault

  • ストレージ アカウントと SAS 定義を管理するためのコマンドを追加しましたAdded commands for managing storage accounts and sas-definitions
  • network-rules 用のコマンドを追加しましたAdded commands for network-rules
  • --id パラメーターをシークレット、キー、および証明書の操作に追加しましたAdded --id parameter to secret, key, and certificate operations
  • KV 管理マルチ API バージョンのサポートを追加しましたAdded support for KV mgmt multi-api version
  • KV データ プレーン マルチ API バージョンのサポートを追加しましたAdded support for KV data plane multi-api version

リレーRelay

  • 最初のリリースInitial release

SqlSql

  • sql failover-group コマンドを追加しましたAdded sql failover-group commands

ストレージStorage

  • [破壊的変更]--location パラメーターを必要とするように storage account show-usage を変更しました。リージョンごとに表示されます[BREAKING CHANGE] Changed storage account show-usage to require --location parameter and will list by region
  • storage account コマンドで省略できるように --resource-group パラメーターを変更しましたChanged --resource-group parameter to be optional for storage account commands
  • バッチ コマンドの個々のエラーを表す "前提条件が満たされていない" という警告を削除し、1 つのメッセージに集約しましたRemoved 'Failed precondition' warnings for individual failures in batch commands for single aggregated message
  • null の配列が出力されないように [blob|file] delete-batch コマンドを変更しましたChanged [blob|file] delete-batch commands to no longer output array of nulls
  • コンテナー URL から SAS トークンが読み取られるように blob [download|upload|delete-batch] コマンドを変更しましたChanged blob [download|upload|delete-batch] commands to read sas-token from container url

VMVM

  • 使いやすくするために、共通フィルターを vm list-skus に追加しましたAdded common filters to vm list-skus for ease of use

2018 年 7 月 31日July 31, 2018

バージョン 2.0.43Version 2.0.43

ACRACR

  • --with-secure-properties フラグを acr build-task show コマンドに追加しましたAdded --with-secure-properties flag to acr build-task show command
  • acr build-task update-build コマンドを追加しましたAdded acr build-task update-build command

ACSACS

  • Ctrl + C キーを押して az aks browse を終了すると、戻り値 0 (成功) が返されるように変更しましたChanged to return return 0 (success) when ending az aks browse by pressing [Ctrl+C]

BatchBatch

  • CloudShell で AAD トークンを表示する際のバグを修正しましたFixed bug when showing AAD token in cloudshell

コンテナーContainer

  • サブスクリプションの設定時に、名または ID が求められる --log-analytics-workspace-key の要件を削除しましたRemoved requirement for --log-analytics-workspace-key for name or ID when in set subscription

ネットワークNetwork

  • Azure Stack の 2017-03-09-profile に DNS のサポートを追加しましたAdded dns support to 2017-03-09-profile for Azure Stack

リソースResource

  • エラー時に既知の正常なデプロイが実行されるように、group deployment create--rollback-on-error を追加しましたAdded --rollback-on-error to group deployment create to execute a known-good deployment on error
  • group deployment create を指定した --parameters {} がエラーになる問題を修正しましたFixed issue where --parameters {} with group deployment create resulted in an error

RoleRole

  • Stack プロファイル 2017-03-09-profile のサポートを追加しましたAdded support for stack profile 2017-03-09-profile
  • app update に対する汎用更新パラメーターが正しく機能しない問題を修正しましたFixed issue where generic update parameters to app update would not work correctly
  • Azure Search サービスのコマンドを追加しましたAdded commands for Azure Search service

Service BusService Bus

  • Service Bus Standard から Premium に名前空間を移行する移行コマンド グループを追加しましたAdded migration command group to migrate a namespace from Service Bus Standard to Premium
  • Service Bus キューおよびサブスクリプションに、新しい省略可能なプロパティを追加しましたAdded new optional properties to Service Bus queue and Subscription
    • queue--enable-batched-operations および --enable-dead-lettering-on-message-expiration--enable-batched-operations and --enable-dead-lettering-on-message-expiration in queue
    • subscriptions--dead-letter-on-filter-exceptions--dead-letter-on-filter-exceptions in subscriptions

ストレージStorage

  • 1 つの接続を使用した大きなファイルのダウンロードがサポートされるようになりましたAdded support for download of large files using a single connection
  • リソースが見つからないときに終了コード 3 で失敗しそこなっていた show コマンドを変換しましたConverted show commands that were missed from failing with exit code 3 upon a missing resource

VMVM

  • サブスクリプションごとに可用性セットを一覧表示できるようになりましたAdded support to list availability sets by subscription
  • StandardSSD_LRS のサポートを追加しましたAdded support for StandardSSD_LRS
  • VM スケール セットの作成でアプリケーション セキュリティ グループのサポートを追加しましたAdded support for application security group on creating VM scale set
  • [破壊的変更] ディクショナリ形式でユーザー割り当て ID を出力するように、[vm|vmss] create[vm|vmss] identity assign、および [vm|vmss] identity remove を変更しました[BREAKING CHANGE] Changed [vm|vmss] create, [vm|vmss] identity assign, and [vm|vmss] identity remove to output user assigned identities in dictionary format

2018 年 7 月 18 日July 18, 2018

バージョン 2.0.42Version 2.0.42

コアCore

  • WSL bash ウィンドウでのブラウザー ベースのログインのサポートを追加しましたAdded support for browser-based login in WSL bash window
  • すべての汎用更新コマンドに --force-string フラグを追加しましたAdded --force-string flag to all generic update commands
  • [破壊的変更] リソースが見つからないときに、エラー メッセージを記録し、終了コード 3 で失敗するように "show" コマンドを変更しました[BREAKING CHANGE] Changed 'show' commands to log error message and fail with exit code of 3 upon a missing resource

ACRACR

  • [破壊的変更] "acr build" コマンドの "--no-push" を純粋なフラグに更新しました[BREAKING CHANGE] Updated '--no-push' to a pure flag in 'acr build' command
  • acr repository グループに、show コマンドと update コマンドを追加しましたAdded show and update commands under acr repository group
  • show-manifests および show-tags に、詳細情報を表示する --detail フラグを追加しましたAdded --detail flag for show-manifests and show-tags to show more detailed information
  • ビルドの詳細またはログのイメージによる取得をサポートするために、--image パラメーターを追加しましたAdded --image parameter to support get build details or logs by an image

ACSACS

  • --max-pods が 5 未満の場合にエラーが出力されるように az aks create を変更しましたChanged az aks create to error out if --max-pods is less than 5

AppServiceAppService

  • PremiumV2 SKU のサポートを追加しましたAdded support for PremiumV2 skus

BatchBatch

  • Cloud Shell モードでトークン資格情報を使用する際のバグを修正しましたFixed bug on using token credential on cloud shell mode
  • 大文字と小文字が区別されないように JSON 入力を変更しましたChanged JSON input to be case-insensitive

Batch AIBatch AI

  • az batchai job exec コマンドを修正しましたFixed az batchai job exec command

コンテナーContainer

  • DockerHub 以外のレジストリのユーザー名とパスワードの要件を削除しましたRemoved the requirement for username and password for non dockerhub registries
  • yaml ファイルからコンテナー グループを作成するときのエラーを修正しましたFixed error when creating container groups from yaml file

ネットワークNetwork

  • network nic [create|update|delete]--no-wait のサポートを追加しましたAdded --no-wait support to network nic [create|update|delete]
  • network nic wait を追加しましたAdded network nic wait
  • network vnet [subnet|peering] list--ids 引数を非推奨にしましたDeprecated --ids argument for network vnet [subnet|peering] list
  • network nsg rule list の出力に既定のセキュリティ規則を含める --include-default フラグを追加しましたAdded --include-default flag to include default security rules in the output of network nsg rule list

リソースResource

  • group deployment delete--no-wait のサポートを追加しましたAdded --no-wait support to group deployment delete
  • deployment delete--no-wait のサポートを追加しましたAdded --no-wait support to deployment delete
  • deployment wait コマンドを追加しましたAdded deployment wait command
  • 2017-03-09-profile プロファイルにサブスクリプション レベルの az deployment コマンドが誤って表示される問題を修正しましたFixed issue where the subscription-level az deployment commands erroneously appeared for profile 2017-03-09-profile

SQLSQL

  • sql db copy コマンドおよび sql db replica create コマンドにエラスティック プール名を指定したときの、"The provided resource group name ... did not match the name in the Url"(指定されたリソース グループ名 ... が URL 内の名前と一致しませんでした) というエラーを修正しましたFixed 'The provided resource group name ... did not match the name in the Url' error when specifying elastic pool name for sql db copy and sql db replica create commands
  • az configure --defaults sql-server=<name> を実行して、既定の SQL Server を構成できるようになりましたAllow configuring default sql server by executing az configure --defaults sql-server=<name>
  • sql serversql server firewall-rulesql list-usagessql show-usage の各コマンドのテーブル フォーマッタを実装しましたImplemented table formatters for sql server, sql server firewall-rule, sql list-usages, and sql show-usage commands

ストレージStorage

  • storage blob show の出力に、ページ BLOB 用に設定される pageRanges プロパティを追加しましたAdded pageRanges property to storage blob show output that will be populated for page blobs

VMVM

  • [破壊的変更] 既定のインスタンス サイズとして Standard_DS1_v2 を使用するように vmss create を変更しました[BREAKING CHANGE] Changed vmss create to use Standard_DS1_v2 as the default instance size
  • --no-wait のサポートを vm extension [set|delete] および vmss extension [set|delete] に追加しましたAdded --no-wait support to vm extension [set|delete] and vmss extension [set|delete]
  • vm extension wait を追加しましたAdded vm extension wait

2018 年 7 月 3 日July 3, 2018

バージョン 2.0.41Version 2.0.41

AKSAKS

  • サブスクリプション ID を使用するように監視を変更しましたChanged monitoring to use subscription ID

2018 年 7 月 3 日July 3, 2018

バージョン 2.0.40Version 2.0.40

コアCore

  • 対話型ログインの新しい承認コード フローを追加しましたAdded a new authorization code flow for interactive login

ACRACR

  • ビルド状態のポーリングを追加しましたAdded polling build status
  • 大文字と小文字が区別されない列挙型の値のサポ―トを追加しましたAdded support for case-insensitive enum values
  • show-manifests--top および --orderby パラメーターを追加しましたAdded --top and --orderby parameters for show-manifests

ACSACS

  • [破壊的変更] Kubernetes のロールベースのアクセス制御を既定で有効にしました[BREAKING CHANGE] Enable Kubernetes role-based access control by default
  • --disable-rbac 引数を追加しました。また、--enable-rbac は現在の既定値なので非推奨にしましたAdded --disable-rbac argument and deprecated --enable-rbac since it's the default now
  • aks browse コマンドのオプションを更新しました。Updated options for aks browse command. --listen-port のサポートを追加しましたAdded --listen-port support
  • aks install-connector コマンドの既定の Helm チャート パッケージを更新しました。Updated the default helm chart package for aks install-connector command. virtual-kubelet-for-aks-latest.tgz を使用しますUse virtual-kubelet-for-aks-latest.tgz
  • 既存のクラスターを更新するための aks enable-addons コマンドと aks disable-addons コマンドを追加しましたAdded aks enable-addons and aks disable-addons commands to update an existing cluster

AppServiceAppService

  • webapp identity remove による ID の無効化に対応するようになりましたAdded support for disabling identity via webapp identity remove
  • ID 機能の preview タグを削除しましたRemoved preview tag for Identity feature

バックアップBackup

  • モジュール定義を更新しましたUpdated module definition

BatchAIBatchAI

  • batchai cluster node list コマンドと batchai job node list コマンドのテーブル出力を修正しましたFixed table output for batchai cluster node list and batchai job node list commands

クラウドCloud

  • acr login サーバー サフィックスをクラウド構成に追加しましたAdded acr login server suffix to cloud config

コンテナーContainer

  • container create の既定値が実行時間の長い操作に設定されるように変更しましたChanged container create to default to long running operation
  • Log Analytics の --log-analytics-workspace パラメーターと --log-analytics-workspace-key パラメーターを追加しましたAdded Log Analytics parameters --log-analytics-workspace and --log-analytics-workspace-key
  • 使用するネットワーク プロトコルを指定する --protocol パラメーターを追加しましたAdded --protocol parameter to specify which network protocol to use

拡張機能Extension

  • CLI バージョンと互換性のある拡張機能のみが表示されるように extension list-available を変更しましたChanged extension list-available to only show extensions compatible with CLI version

ネットワークNetwork

  • レコードの種類で大文字と小文字が区別される問題 (#6602) を修正しましたFixed issue where record types were case-sensitive (#6602)

RdbmsRdbms

  • [postgres|myql] server vnet-rule コマンドを追加しましたAdded [postgres|myql] server vnet-rule commands

リソースResource

  • 新しい操作グループ deployment を追加しましたAdded new operation group deployment

VMVM

  • システム割り当て ID の削除に対応するようになりましたAdded support for removing system assigned identity

2018 年 6 月 25 日June 25, 2018

バージョン 2.0.39Version 2.0.39

CLICLI

  • 拡張機能のインストールの問題を解決するために MSI インストーラーのファイルのトリミングを更新しましたUpdated file trimming in MSI installer to fix extension installation issue

2018 年 6 月 19 日June 19, 2018

バージョン 2.0.38Version 2.0.38

コアCore

  • --subscription のグローバル サポートをほとんどのコマンドに追加しましたAdded global support for --subscription to most commands

ACRACR

  • azure-storage-blob を依存関係として追加しましたAdded azure-storage-blob as dependency
  • 2 コアが使用されるように acr build-task create での既定の CPU 構成を変更しましたChanged default CPU configuration with acr build-task create to use 2 cores

ACSACS

  • aks use-dev-spaces コマンドのオプションを更新しました。Updated options of aks use-dev-spaces command. --update のサポートを追加しましたAdded --update support
  • $HOME/.kube/config のユーザー コンテキストが置き換えられないように aks get-credentials --admin を変更しましたChanged aks get-credentials --admin to not eplace the user context in $HOME/.kube/config
  • マネージド クラスターで読み取り専用の nodeResourceGroup プロパティを公開しましたExposed read-only nodeResourceGroup property on managed clusters
  • acs browse コマンド エラーを修正しましたFixed acs browse command error
  • aks install-connectoraks upgrade-connector、および aks remove-connector について、--connector-name を省略可能にしましたMade --connector-name optional for aks install-connector, aks upgrade-connector and aks remove-connector
  • aks install-connector の新しい Azure コンテナー インスタンス リージョンを追加しましたAdded new Azure Container Instance regions for aks install-connector
  • Helm のリリース名とノード名への正規化された場所を aks install-connector に追加しましたAdded the normalized location into the helm release name and node name to aks install-connector

AppServiceAppService

  • urllib の新しいバージョンのサポートを追加しましたAdded support for newer versions of urllib
  • 外部リソース グループから appservice プランが使用されるようにサポートを functionapp create に追加しましたAdded support to functionapp create to use appservice plan from external resource groups

BatchBatch

  • azure-batch-extensions 依存関係を削除しましたRemoved azure-batch-extensions dependency

Batch AIBatch AI

  • ワークスペースのサポートを追加しました。Added support for workspaces. ワークスペースを使用すると、クラスター、ファイル サーバー、および実験をグループ化できるため、作成できるリソースの数に対する制限がなくなりますWorkspaces allow to group clusters, file-servers and experiments in groups removing limitation on number of resources can be created
  • 実験のサポートを追加しました。Added support for experiments. 実験を使用すると、ジョブをグループ化できるため、作成されたジョブの数に対する制限がなくなりますExperiments allow to group jobs in collections removing limitation on number of created jobs
  • Docker コンテナーで実行されているジョブに対して /dev/shm を構成するためのサポートを追加しましたAdded support to configure /dev/shm for jobs running in a docker container
  • batchai cluster node exec コマンドと batchai job node exec コマンドを追加しました。Added batchai cluster node exec and batchai job node exec commands. これらのコマンドを使用すると、すべてのコマンドをノードで直接実行して、ポート フォワーディングの機能を提供できます。These commands allow to execute any commands directly on nodes and provide functionality for port forwarding.
  • --ids のサポートを batchai コマンドに追加しましたAdded support for --ids to batchai commands
  • [破壊的変更] すべてのクラスターおよびファイルサーバーをワークスペースに作成する必要があります[BREAKING CHANGE] All clusters and fileservers must be created under workspaces
  • [破壊的変更] ジョブを実験に作成する必要があります[BREAKING CHANGE] Jobs must be created under experiments
  • [破壊的変更]--nfs-resource-groupcluster create コマンドおよび job create コマンドから削除しました。[BREAKING CHANGE] Removed --nfs-resource-group from cluster create and job create commands. 別のワークスペース/リソース グループに属している NFS をマウントするには、--nfs オプションによってファイル サーバーの ARM ID を指定しますTo mount an NFS belonging to a different workspace/resource group provide file server's ARM ID via --nfs option
  • [破壊的変更]--cluster-resource-groupjob create コマンドから削除しました。[BREAKING CHANGE] Removed --cluster-resource-group from job create command. 別のワークスペース/リソース グループに属しているクラスターでジョブを送信するには、--cluster オプションによってクラスターの ARM ID を指定しますTo submit a job on a cluster belonging to a different workspace/resource group provide cluster's ARM ID via --cluster option
  • [破壊的変更]location 属性をジョブ、クラスター、およびファイル サーバーから削除しました。[BREAKING CHANGE] Removed location attribute from jobs, cluster and file servers. 現在の場所はワークスペースの属性です。Location now is an attribute of a workspace.
  • [破壊的変更]--locationjob create コマンド、cluster create コマンド、および file-server create コマンドから削除しました[BREAKING CHANGE] Removed --location from job create, cluster create and file-server create commands
  • [破壊的変更] インターフェイスの一貫性を向上させるために短いオプションの名前を変更しました。[BREAKING CHANGE] Changed names of short options to make interface more consistent:
    • [--config, -c] の名前を [--config-file, -f] に変更しましたRenamed [--config, -c] to [--config-file, -f]
    • [--cluster, -r] の名前を [--cluster, -c] に変更しましたRenamed [--cluster, -r] to [--cluster, -c]
    • [--cluster, -n] の名前を [--cluster, -c] に変更しましたRenamed [--cluster, -n] to [--cluster, -c]
    • [--job, -n] の名前を [--job, -j] に変更しましたRenamed [--job, -n] to [--job, -j]

マップMaps

  • [破壊的変更] 対話形式のプロンプトまたは --accept-tos フラグによるサービス利用規約への同意を必要とするように maps account create を変更しました[BREAKING CHANGE] Changed maps account create to require accepting Terms of Service either by interactive prompt or --accept-tos flag

ネットワークNetwork

  • https のサポートを network lb probe create に追加しました (#6571)Added support for https to network lb probe create #6571
  • --endpoint-status で大文字と小文字が区別されていた問題を修正しました。Fixed issue where --endpoint-status was case sensitive. #6502#6502

ReservationsReservations

  • [破壊的変更] 必要なパラメーター ReservedResourceTypereservations catalog show に追加しました[BREAKING CHANGE] Added required parameter ReservedResourceType to reservations catalog show
  • パラメーター Locationreservations catalog show に追加しましたAdded parameter Locationto reservations catalog show
  • [破壊的変更]kindReservationProperties から削除しました[BREAKING CHANGE] Removed kind from ReservationProperties
  • [破壊的変更]Catalogcapabilities の名前を sku_properties に変更しました[BREAKING CHANGE] Renamed capabilities to sku_properties in Catalog
  • [破壊的変更]Catalog から size プロパティおよび tier プロパティを削除しました[BREAKING CHANGE] Removed size and tier properties from Catalog
  • パラメーター InstanceFlexibilityreservations reservation update に追加しましたAdded parameter InstanceFlexibility to reservations reservation update

RoleRole

  • エラー処理を改善しましたImproved error handling

SQLSQL

  • ご自身のサブスクリプションで利用できない場所で az sql db list-editions 実行しているときに発生するわかりにくいエラーを修正しましたFixed confusing error when running az sql db list-editions for a location that is not available to your subscription

ストレージStorage

  • storage blob download のテーブル出力を読みやすくしましたChanged table output for storage blob download to be more readable

VMVM

  • vm create で高速化されたネットワークをサポートするために、VM サイズの絞り込みチェックを改善しましたImproved refine vm size check for accelerated networking support in vm create
  • 既定の VM サイズが Standard_D1_v2 から Standard_DS1_v2 に切り替わるこという vmss create に対する警告を追加しましたAdded warning for vmss create that the default vm size will be switched from Standard_D1_v2 to Standard_DS1_v2
  • 構成が変更されていない場合でも拡張機能が更新されるように --force-update[vm|vmss] extension set に追加しましたAdded --force-update to [vm|vmss] extension set to update the extension even when the configuration has not changed

2018 年 6 月 13 日June 13, 2018

バージョン 2.0.37Version 2.0.37

コアCore

  • 対話形式の利用統計情報を改善しましたImproved interactive telemetry

2018 年 6 月 13 日June 13, 2018

バージョン 2.0.36Version 2.0.36

AKSAKS

  • 高度なネットワーク オプションを aks create に追加しましたAdded advanced networking options to aks create
  • 引数を aks create に追加して、監視と HTTP ルーティングを有効にしましたAdded arguments to aks create to enable monitoring and HTTP routing
  • --no-ssh-key 引数を aks create に追加しましたAdded --no-ssh-key argument to aks create
  • --enable-rbac 引数を aks create に追加しましたAdded --enable-rbac argument to aks create
  • [プレビュー] Azure Active Directory 認証のサポートを aks create に追加しました[PREVIEW] Added support for Azure Active Directory authentication to aks create

AppServiceAppService

  • 互換性のない urllib バージョンに関する問題を修正しましたFixed an issue with incompatible urllib versions

2018 年 6 月 5 日June 5, 2018

バージョン 2.0.35Version 2.0.35

InteractiveInteractive

  • 対話モードの依存関係に対する制限を追加しましたAdded limits to the dependencies of interactive mode

2018 年 6 月 5 日June 5, 2018

バージョン 2.0.34Version 2.0.34

コアCore

  • テナント リソース相互参照のサポートを追加しましたAdded support for cross tenant resource referencing
  • 製品利用統計情報のアップロードの信頼性を強化しましたImproved telemetry upload reliability

ACRACR

  • リモート ソースの場所として VSTS のサポートを追加しましたAdded support for VSTS as a remote source location
  • acr import コマンドを追加しましたAdded acr import command

AKSAKS

  • より安全なファイルシステム アクセス許可を使用して kube 構成ファイルが作成されるように aks get-credentials を変更しましたChanged aks get-credentials to create the kube config file with more secure filesystem permissions

BatchBatch

  • プール リスト テーブルのフォーマットのバグ [Issue #4378] を修正しましたFixed bug in Pool list table formatting [Issue #4378]

IoTIOT

  • Basic レベルの IoT ハブを作成するためのサポートを追加しましたAdded support for creating Basic Tier IoT Hubs

ネットワークNetwork

  • network vnet peering を強化しましたImproved network vnet peering

ポリシーの分析情報Policy Insights

  • 最初のリリースInitial Release

ARMARM

  • account management-group コマンドを追加しました。Added account management-group commands.

SQLSQL

  • 新しいマネージド インスタンス コマンドを追加しました。Added new managed instance commands:
    • sql mi create
    • sql mi show
    • sql mi list
    • sql mi update
    • sql mi delete
  • 新しいマネージド データベース コマンドを追加しました。Added new managed database commands:
    • sql midb create
    • sql midb show
    • sql midb list
    • sql midb restore
    • sql midb delete

ストレージStorage

  • ファイル名拡張子から JSON および JavaScript が推論されるように、mimetype を追加しましたAdded extra mimetypes for json and javascript to be inferred from file extensions

VMVM

  • 固定列が使用されるように vm list-skus を変更し、TierSize が削除されることを知らせる警告を追加しましたChanged vm list-skus to use fixed columns and add warning that Tier and Size will be removed
  • --accelerated-networking オプションを vm create に追加しましたAdded --accelerated-networking option to vm create
  • --tagsidentity create に追加しましたAdded --tags to identity create

2018 年 5 月 22 日May 22, 2018

バージョン 2.0.33Version 2.0.33

コアCore

  • ファイル名で @ を展開するためのサポートを追加しましたAdded support for expanding @ in file names

ACSACS

  • 新しい Dev Space コマンド aks use-dev-spacesaks remove-dev-spaces を追加しましたAdded new Dev-Spaces commands aks use-dev-spaces and aks remove-dev-spaces
  • ヘルプ メッセージの誤りを修正しましたFixed typo in help message

AppServiceAppService

  • 汎用的な更新コマンドを強化しましたImproved generic update commands
  • webapp deployment source config-zip の非同期サポートを追加しましたAdded async support for webapp deployment source config-zip

コンテナーContainer

  • YAML 形式のコンテナー グループをエクスポートするためのサポートを追加しましたAdded support for exporting a container group in yaml format
  • YAML ファイルを使用してコンテナー グループを作成/更新するためのサポートを追加しましたAdded support for using a yaml file to create / update a container group

拡張機能Extension

  • 拡張機能の削除機能を強化しましたImproved removal of extensions

InteractiveInteractive

  • ミュート パーサーへの完了のログ記録を変更しましたChanged logging to mute parser for completions
  • 正しくないヘルプ キャッシュの処理を強化しましたImproved handling of bad help caches

KeyVaultKeyVault

  • ID を持つ VM またはクラウド シェルで動作するように KeyVault コマンドを修正しましたFixed keyvault commands to work in cloud shell or VMs with identity

ネットワークNetwork

  • network watcher show-topology が VNet またはサブネット名で動作しない問題 (#6326) を修正しましたFix issue where network watcher show-topology would not work with vnet and/or subnet name #6326
  • 実際は有効になっているリージョンについて Network Watcher が、一部の network watcher コマンドによって、有効になっていないと通知される問題 (#6264) を修正しましたFix issue where some network watcher commands would claim Network Watcher is not enabled for regions when it actually is #6264

SQLSQL

  • [破壊的変更]db コマンドおよび dw コマンドから返される応答オブジェクトを変更しました。[BREAKING CHANGE] Changed response objects returned from db and dw commands:
    • serviceLevelObjective プロパティの名前を currentServiceObjectiveName に変更しましたRenamed serviceLevelObjective property to currentServiceObjectiveName
    • currentServiceObjectiveId プロパティと requestedServiceObjectiveId プロパティを削除しましたRemoved currentServiceObjectiveId and requestedServiceObjectiveId properties
    • maxSizeBytes プロパティを、文字列ではなく整数値に変更しましたChanged maxSizeBytes property to be an integer value instead of a string
  • [破壊的変更] 次の db プロパティと dw プロパティを読み取り専用に変更しました。[BREAKING CHANGE] Changed the following db and dw properties to be read-only:
    • requestedServiceObjectiveName.requestedServiceObjectiveName. 更新するには、--service-objective パラメーターを使用するか、sku.name プロパティを設定しますTo update, use the --service-objective parameter or set the sku.name property
    • edition.edition. 更新するには、--edition パラメーターを使用するか、sku.tier プロパティを設定しますTo update, use the --edition parameter or set the sku.tier property
    • elasticPoolName.elasticPoolName. 更新するには、--elastic-pool パラメーターを使用するか、elasticPoolId プロパティを設定しますTo update, use the --elastic-pool parameter or set the elasticPoolId property
  • [破壊的変更] 次の elastic-pool プロパティを読み取り専用に変更しました。[BREAKING CHANGE] Changed the following elastic-pool properties to be read-only:
    • edition.edition. 更新するには、--edition パラメーターを使用しますTo update, use the --edition parameter
    • dtu.dtu. 更新するには、--capacity パラメーターを使用しますTo update, use the --capacity parameter
    • databaseDtuMin.databaseDtuMin. 更新するには、--db-min-capacity パラメーターを使用しますTo update, use the --db-min-capacity parameter
    • databaseDtuMax.databaseDtuMax. 更新するには、--db-max-capacity パラメーターを使用しますTo update, use the --db-max-capacity parameter
  • --family パラメーターと --capacity パラメーターを、dbdwelastic-pool の各コマンドに追加しました。Added --family and --capacity parameters to db, dw, and elastic-pool commands.
  • テーブル フォーマッタを、dbdwelastic-pool の各コマンドに追加しました。Added table formatters to db, dw, and elastic-pool commands.

ストレージStorage

  • --account-name 引数の入力候補を追加しましたAdded completer for --account-name argument
  • storage entity query の問題を修正しましたFixed problem with storage entity query

VMVM

  • [破壊的変更]--write-acceleratorvm create から削除しました。[BREAKING CHANGE] Removed --write-accelerator from vm create. 同じサポートに、vm update または vm disk attach を使用してアクセスできますThe same support can be accessed through vm update or vm disk attach
  • [vm|vmss] extension で一致する拡張機能イメージを修正しましたFixed extension image matching in [vm|vmss] extension
  • ブート ログがキャプチャされるように --boot-diagnostics-storagevm create に追加しましたAdded --boot-diagnostics-storage to vm create to capture boot log
  • --license-type[vm|vmss] update に追加しましたAdded --license-type to [vm|vmss] update

2018 年 5 月 7 日May 7, 2018

バージョン 2.0.32Version 2.0.32

コアCore

  • 証明書を使用してサービス プリンシパル アカウントからシークレットを取得する際のハンドルされない例外を修正しましたFixed an unhandled exception when retrieving secrets from a service principal account with cert
  • 位置引数の制限付きサポートを追加しましたAdded limited support for positional arguments
  • --ids--query を使用できない問題を修正しました。Fix issue where --query could not be used with --ids. #5591#5591
  • --ids を使用するときのコマンドのパイプ処理シナリオを改善しました。Improved piping scenarios from commands when using --ids. -o tsv (クエリが指定されている場合) と -o json (クエリが指定されていない場合) がサポートされますSupports -o tsv with a query specified or -o json without specifying a query
  • ユーザーが入力したコマンドに誤りがある場合のエラーにコマンドの候補を追加しましたAdded command suggestions on error if users have typo in their commands
  • ユーザーが「az ''」と入力したときのエラーを改善しましたImproved error when users type az ''
  • コマンド モジュールとコマンド拡張機能でのカスタム リソースの種類のサポートを追加しましたAdded support custom resource types for command modules and extensions

ACRACR

  • ACR ビルドのコマンドを追加しましたAdded ACR Build commands
  • リソースが見つからないというエラー メッセージを改善しましたImproved resource not found error messages
  • リソース作成のパフォーマンスとエラー処理を改善しましたImproved resource creation performance and error handling
  • 非標準コンソールと WSL での ACR ログインを改善しましたImproved acr login in non-standard consoles and WSL
  • リポジトリ コマンドのエラー メッセージを改善しましたImproved repository commands error messages
  • テーブルの列と順序付けを更新しましたUpdated table columns and ordering

ACSACS

  • az aks がプレビュー サービスであることを示す警告を追加しましたAdded warning that az aks is a preview service
  • --aci-resource-group が指定されていないときの aks install-connector でのアクセス許可の問題を修正しましたFixed the permission issue in aks install-connector when --aci-resource-group is not specified

AMSAMS

  • 最初のリリース - Azure Media Services リソースの管理Initial release - Manage Azure Media Services resources

AppserviceAppservice

  • --slot を指定したときの webapp delete のバグを修正しましたFixed a bug in webapp delete when --slot is provided
  • webapp auth update から --runtime-version を削除しましたRemoved --runtime-version from webapp auth update
  • min_tls_version と https2.0 のサポートを追加しましたAdded support for min_tls_version & https2.0
  • 複数コンテナーのサポートを追加しましたAdded support for multicontainers

Batch AIBatch AI

  • クラスターの構成ファイルで構成されている VM 優先度を優先するように batchai create cluster を変更しましたChanged batchai create cluster to respect vm priority configured in the cluster's configuration file

Cognitive ServicesCognitive Services

  • cognitiveservices account create の例の誤りを修正しました (#5603)Fixed typo in example for cognitiveservices account create #5603

従量課金Consumption

  • budget API の新しいコマンドを追加しましたAdded new commands for budget API

コンテナーContainer

  • イメージ名にレジストリ サーバーが含まれている場合の container create での --registry-server の要件を削除しましたRemoved requirement for --registry-server for container create when a registry server is included in the image name

Cosmos DBCosmos DB

  • Azure CLI (Cosmos DB) での VNET サポートを導入しましたIntroducing VNET support for Azure CLI - Cosmos DB

DMSDMS

  • 最初のリリース - SQL から Azure SQL への移行シナリオのサポートを追加しましたInitial release - Adds support for the SQL to Azure SQL migration scenario

拡張機能Extension

  • 拡張機能メタデータが表示されなくなるバグを修正しましたFixed bug where extension metadata stopped being shown

InteractiveInteractive

  • 対話型の入力候補が位置引数で機能するようになりましたAllow interactive completers to function with positional arguments
  • ユーザーが「'」と入力したときの出力をわかりやすくしましたMore user-friendly output when users type ''
  • ヘルプのないパラメーターの入力候補を修正しましたFixed completions for parameters with no help
  • コマンド グループの説明を修正しましたFixed descriptions for command-groups

ラボLab

  • knack 変換からの回帰を修正しましたFixed regressions from knack conversion

ネットワークNetwork

  • [破壊的変更] 次の要素の --ids パラメーターを削除しました[BREAKING CHANGE] Removed the --ids parameter for:
    • express-route auth list
    • express-route peering list
    • nic ip-config list
    • nsg rule list
    • route-filter rule list
    • route-table route list
    • traffic-manager endpoint list

プロファイルProfile

  • disk create のソース検出を修正しましたFixed disk create source detection
  • [破壊的変更]--msi-port--identity-port は使用されなくなったため削除しました[BREAKING CHANGE] Removed --msi-port and --identity-port as they are no longer used
  • account get-access-token の概要の誤りを修正しましたFixed typo in account get-access-token short summary

RedisRedis

  • redis patch-schedule show を優先して、redis patch-schedule patch-schedule show を非推奨にしましたDeprecated redis patch-schedule patch-schedule show in favor of redis patch-schedule show
  • redis list-all を非推奨にしました。Deprecated redis list-all. この機能は redis list に組み込まれましたThis functionality has been folded into redis list
  • redis import を優先して、redis import-method を非推奨にしましたDeprecated redis import-method in favor of redis import
  • さまざまなコマンドに --ids のサポートを追加しましたAdded support for --ids to various commands

RoleRole

  • [破壊的変更] 非推奨の ad sp reset-credentials を削除しました[BREAKING CHANGE] Removed deprecated ad sp reset-credentials

ストレージStorage

  • ソース SAS とアカウント キーが指定されていない場合、コピー先の SAS トークンを BLOB コピーのソースに適用できますAllow destination sas-token to apply to source for blob copy if source sas and account key are unspecified
  • BLOB のアップロードとダウンロードのための --socket-timeout を公開しましたExposed --socket-timeout for blob uploads and downloads
  • パスの区切り記号で始まる BLOB 名は相対パスとして扱いますTreat blob names that start with path separators as relative paths
  • 先頭の文字が "?" のクエリで storage blob copy --source-sas を使用できますAllow storage blob copy --source-sas with starting query char, '?'
  • key=values のリストを受け入れるように storage entity query --marker を修正しましたFixed storage entity query --marker to accept list of key=values

VMVM

  • 非管理対象の BLOB URI の無効な検出ロジックを修正しましたFixed an invalid detection logic on unmanaged blob uri
  • ユーザーが指定したサービス プリンシパルを使用しないディスク暗号化のサポートを追加しましたAdded support disk encryption w/o user provided service principals
  • [破壊的変更] MSI をサポートするために VM の "ManagedIdentityExtension" を使用しないでください[BREAKING CHANGE] Do not use VM 'ManagedIdentityExtension' for MSI support
  • vmss に削除ポリシーのサポートを追加しましたAdded support for eviction policy to vmss
  • [破壊的変更] 次の要素から --ids を削除しました[BREAKING CHANGE] Removed --ids from:
    • vm extension list
    • vm secret list
    • vm unmanaged-disk list
    • vmss nic list
  • 書き込みアクセラレータのサポートを追加しましたAdded write accelerator support
  • vmss perform-maintenance を追加しましたAdded vmss perform-maintenance
  • VM の OS の種類が確実に検出されるように vm diagnostics set を修正しましたFixed vm diagnostics set to detect VM's OS type reliably
  • 要求されたサイズが現在設定されているサイズと異なるかどうかをチェックし、変更時にのみ更新するように vm resize を変更しましたChanged vm resize to check if the requested size is different than currently set and update only on change

2018 年 4 月 10 日April 10, 2018

バージョン 2.0.31Version 2.0.31

ACRACR

  • wincred フォールバックのエラー処理を改善しましたImproved error handling of wincred fallback

ACSACS

  • AKS で作成した SPN を変更して 5 年間有効にしましたChanged aks created SPNs to be valid for 5 years

AppserviceAppservice

  • [破壊的変更]: Removed assign-identity [BREAKING CHANGE]: Removed assign-identity
  • 存在しない webapp プランのキャッチされない例外を修正しましたFixed uncaught exception for nonexistant webapp plans

BatchAIBatchAI

  • 2018-03-01 API のサポートを追加しましたAdded support for 2018-03-01 API

    • ジョブ レベルのマウントJob level mounting
    • シークレット値を含む環境変数Environment variables with secret values
    • パフォーマンス カウンターの設定Performance counters settings
    • ジョブ固有のパス セグメントのレポートReporting of job specific path segment
    • ファイルを一覧表示する API のサブフォルダーのサポートSupport for subfolders in list files api
    • 使用状況と制限のレポートUsage and limits reporting
    • NFS サーバーのキャッシュの種類が指定可能Allow to specify caching type for NFS servers
    • カスタム イメージのサポートSupport for custom images
    • pyTorch ツールキットのサポートを追加しましたAdded pyTorch toolkit support
  • job wait コマンドを追加しました。このコマンドは、ジョブ完了を待機できるようにして、ジョブ終了コードをレポートしますAdded job wait command which allows to wait for the job completion and reports job exit code

  • usage show コマンドを追加しました。このコマンドは、さまざまなリージョンにおける現在の Batch AI リソースの使用状況と制限を一覧表示しますAdded usage show command to list current Batch AI resources usage and limits for different regions

  • National Clouds がサポートされていますNational clouds are supported

  • 構成ファイルに加え、ジョブ レベルでファイルシステムをマウントするジョブ コマンド ライン引数を追加しましたAdded job command line arguments to mount filesystems on the job level in addition to config files

  • VM 優先順位、サブネット、自動スケール クラスターの初期ノード数、カスタム イメージの指定など、クラスターのカスタマイズ オプションを追加しましたAdded more options to customize clusters - vm priority, subnet, initial nodes count for auto-scale clusters, specifying custom image

  • Batch AI マネージド NFS のキャッシュの種類を指定するコマンド ライン オプションを追加しましたAdded command line option to specify caching type for Batch AI managed NFS

  • 構成ファイルでのファイルシステム マウントの指定を簡素化しました。Simplified specifying mount filesystem in config files. Azure ファイル共有および Azure BLOB コンテナーの資格情報を省略できます。不足している資格情報は、CLI によって、コマンド ライン パラメーターを介して提供された、または環境変数によって指定されたストレージ アカウント キーを使用して設定されるか、Azure Storage からキーが照会されます (ストレージ アカウントが現在のサブスクリプションに属している場合)Now you can omit credentials for Azure File Share and Azure Blob Containers - CLI will populate missing credentials using storage account key provided via command line parameters or specified via environment variable or will query the key from Azure Storage (if the storage account belongs to the current subscription)

  • ジョブ ファイル ストリーム コマンドがオートコンプリートされるようになりました (成功、失敗、終了、または削除)Job file stream command now auto-completes when the job is completed (succeeded, failed, terminated or deleted)

  • show 操作の table 出力を改善しましたImproved table output for show operations

  • クラスター作成の --use-auto-storage オプションを追加しました。Added --use-auto-storage option for cluster creation. このオプションによって、ストレージ アカウントの管理と、クラスターへの Azure ファイル共有および Azure BLOB コンテナーのマウントがシンプルになりますThis option make it simpler to manage storage accounts and mount Azure File Share and Azure Blob Containers to clusters

  • --generate-ssh-keys オプションを cluster createfile-server create に追加しましたAdded --generate-ssh-keys option to cluster create and file-server create

  • コマンド ラインでノードのセットアップ タスクを提供できるようにしましたAdded ability to provide node setup task via command line

  • [破壊的変更]job file グループで job stream-file および job list-files コマンドを移行しました[BREAKING CHANGE] Moved job stream-file and job list-files commands under job file group

  • [破壊的変更]cluster create コマンドに合わせて、file-server create コマンドの --admin-user-name の名前を --user-name に変更しました[BREAKING CHANGE] Renamed --admin-user-name to --user-name in file-server create command to be consistent with cluster create command

課金Billing

  • 登録アカウント コマンドを追加しましたAdded enrollment account commands

従量課金Consumption

  • marketplace コマンドを追加しましたAdded marketplace commands
  • [破壊的変更] 名前を reservations summaries から reservation summary に変更しました[BREAKING CHANGE] Renamed reservations summaries to reservation summary
  • [破壊的変更] 名前を reservations details から reservation detail に変更しました[BREAKING CHANGE] Renamed reservations details to reservation detail
  • [破壊的変更]reservation コマンドの --reservation-order-id および --reservation-id の短いオプションを削除しました[BREAKING CHANGE] Removed --reservation-order-id and --reservation-id short options for reservation commands
  • [破壊的変更]reservation summary コマンドの --grain の短いオプションを削除しました[BREAKING CHANGE] Removed --grain short options for reservation summary commands
  • [破壊的変更]pricesheet コマンドの --include-meter-details の短いオプションを削除しました[BREAKING CHANGE] Removed --include-meter-details short options for pricesheet commands

コンテナーContainer

  • Git リポジトリのボリューム マウント パラメーター --gitrepo-url--gitrepo-dir--gitrepo-revision、および --gitrepo-mount-path を追加しましたAdded git repo volume mount parameters --gitrepo-url --gitrepo-dir --gitrepo-revision and --gitrepo-mount-path
  • #5926 (--container-name が指定されたときに az container exec が失敗する) を修正しましたFixed #5926: az container exec failing when --container-name specified

拡張機能Extension

  • ディストリビューション チェック メッセージをデバッグ レベルに変更しましたChanged distribution check message to be debug-level

InteractiveInteractive

  • 認識できないコマンドが入力されたときに入力候補が停止するように変更しましたChanged to stop completions upon unrecognized commands
  • コマンド サブツリーの作成前および作成後にイベント フックを追加しましたAdded event hooks before and after command subtree is created
  • --ids パラメーターの入力候補を追加しましたAdded completion for --ids parameters

ネットワークNetwork

  • #5936 (application-gateway create タグを設定できない) を修正しましたFixed #5936: application-gateway create tags could not bet set
  • application-gateway http-settings [create|update] の認証証明書をアタッチする引数 --auth-certs を追加しました。Added argument --auth-certs to attach authentication certificates for application-gateway http-settings [create|update]. #4910#4910
  • DDoS 保護プランを作成する ddos-protection コマンドを追加しましたAdded ddos-protection commands to create DDoS protection plans
  • --ddos-protection-plan のサポートを vnet [create|update] に追加して、VNet を DDoS 保護プランに関連付けましたAdded support for --ddos-protection-plan to vnet [create|update] to associate a VNet to a DDoS protection plan
  • network route-table [create|update]--disable-bgp-route-propagation フラグに関する問題を修正しましたFixed issue with --disable-bgp-route-propagation flag in network route-table [create|update]
  • network lb [create|update] のダミー引数 --public-ip-address-type および --subnet-type を削除しましたRemoved dummy arguments --public-ip-address-type and --subnet-type for network lb [create|update]
  • RFC 1035 エスケープ シーケンスを含む TXT レコードのサポートを network dns zone [import|export] および network dns record-set txt add-record に追加しましたAdded support for TXT records with RFC 1035 escape sequences to network dns zone [import|export] and network dns record-set txt add-record

プロファイルProfile

  • account list に Azure クラシック アカウントのサポートを追加しましたAdded support for Azure Classic accounts in account list
  • [破壊的変更]--msi & --msi-port 引数を削除しました[BREAKING CHANGE] Removed --msi & --msi-port arguments

RDBMSRDBMS

  • georestore コマンドを追加しましたAdded georestore command
  • ストレージ サイズの制限を create コマンドから削除しましたRemoved storage size restriction from create command

リソースResource

  • --metadata のサポートを policy definition create に追加しましたAdded support for --metadata to policy definition create
  • --metadata--set--add--remove のサポートを policy definition update に追加しましたAdded support for --metadata, --set, --add, --remove to policy definition update

SQLSQL

  • sql elastic-pool op list および sql elastic-pool op cancel を追加しましたAdded sql elastic-pool op list and sql elastic-pool op cancel

ストレージStorage

  • 無効な形式の接続文字列のエラー メッセージを改善しましたImproved error messages for malformed connection strings

VMVM

  • プラットフォーム障害ドメイン数の構成サポートを vmss create に追加しましたAdded support to configure platform fault domain count to vmss create
  • ゾーンベースの大規模な、または single-placement-group が無効なスケールセットについて、vmss create の既定値が Standard LB になるように変更しましたChanged vmss create to default to Standard LB for zonal, large or single-placement-group disabled scale-set
  • [破壊的変更]: Removed vm assign-identity, vm remove-identity and vm format-secret` [BREAKING CHANGE]: Removed vm assign-identity, vm remove-identity and vm format-secret`
  • Public-IP SKU のサポートを vm create に追加しましたAdded support for Public-IP SKU to vm create
  • コマンドでコンテナー ID を解決できないシナリオをサポートするように、--keyvault 引数と --resource-group 引数を vm secret format に追加しました。Added --keyvault and --resource-group arguments to vm secret format to support scenarios where the command is unable to resolve the vault ID. #5718#5718
  • リソース グループの場所でゾーンがサポートされていない場合の、[vm|vmss create] のエラーを改善しましたBetter errors for [vm|vmss create] when a resource group's location has no zone support

2018 年 3 月 27 日March 27, 2018

バージョン 2.0.30Version 2.0.30

コアCore

  • ヘルプでプレビュー版としてマークされている拡張機能に関するメッセージを表示しますShow message for extensions marked as preview in help

ACSACS

  • Cloud Shell の aks install-cli での SSL 証明書の検証エラーを修正しましたFix SSL certificate verification error for aks install-cli in Cloud Shell

AppserviceAppservice

  • webapp update に HTTPS 専用サポートを追加しましたAdded HTTPS-only support to webapp update
  • az webapp identity [assign|show]az functionapp identity [assign|show] にスロットのサポートを追加しましたAdded support for slots to az webapp identity [assign|show] and az functionapp identity [assign|show]

バックアップBackup

  • 新しいコマンド az backup protection isenabled-for-vm を追加しました。Added new command az backup protection isenabled-for-vm. このコマンドは、VM がサブスクリプション内の任意のコンテナーによってバックアップされるかどうかを確認するときに使用できますThis command can be used to check if a VM is backed up by any vault in the subscription
  • 次のコマンドの --resource-group パラメーターと --vault-name パラメーターに対して Azure のオブジェクト ID を有効にしましたEnabled Azure object IDs for --resource-group and --vault-name parameters for the following commands:
    • backup container show
    • backup item set-policy
    • backup item show
    • backup job show
    • backup job stop
    • backup job wait
    • backup policy delete
    • backup policy get-default-for-vm
    • backup policy list-associated-items
    • backup policy set
    • backup policy show
    • backup protection backup-now
    • backup protection disable
    • backup protection enable-for-vm
    • backup recoverypoint show
    • backup restore files mount-rp
    • backup restore files unmount-rp
    • backup restore restore-disks
    • backup vault delete
    • backup vault show
  • backup ... show コマンドからの出力形式を受け入れるように、--name パラメーターを変更しましたChanged --name parameters to accept the output format from backup ... show commands

コンテナーContainer

  • container exec コマンドを追加しました。Added container exec command. 実行中のコンテナー グループのコンテナーでコマンドを実行しますExecutes commands in a container for a running container group
  • コンテナー グループの作成および更新のために、テーブル出力が許可されますAllow table output for creating and updating a container group

拡張機能Extension

  • 拡張機能がプレビュー段階である場合に、extension add のメッセージを追加しましたAdded message for extension add if extension is in preview
  • --show-details を使用して完全な拡張機能データを表示できるように、extension list-available を変更しましたChanged extension list-available to show full extension data with --show-details
  • [破壊的変更] 簡略化された拡張機能データを既定で表示するように、extension list-available を変更しました[BREAKING CHANGE] Changed extension list-available to show simplified extension data by default

InteractiveInteractive

  • コマンド テーブルの読み込みが完了するとすぐに入力候補がアクティブになるように変更しましたChanged completions to activate as soon as command table loading is done
  • --style パラメーター使用時のバグを修正しましたFixed bug with using --style parameter
  • 存在しない場合、コマンド テーブルのダンプ後に対話型レクサーがインスタンス化されましたInteractive lexer instantiated after command table dump if missing
  • 入力候補のサポートを強化しましたImproved completer support

ラボLab

  • create environment コマンドに関するバグを修正しましたFixed bugs with create environment command

モニターMonitor

  • --top--orderby、および --namespace のサポートを metrics list に追加しました (#5785)Added support for --top, --orderby and --namespace to metrics list #5785
  • #4529 を修正しました:metrics list は、取得するメトリックのスペース区切りリストを受け入れますFixed #4529: metrics list Accepts a space-separated list of metrics to retrieve
  • --namespace のサポートを metrics list-definitions に追加しました (#5785)Added support for --namespace to metrics list-definitions #5785

ネットワークNetwork

  • プライベート DNS ゾーンのサポートを追加しましたAdded support for Private DNS zones

プロファイルProfile

  • --identity-port--msi-port の警告を login に追加しましたAdded warning for --identity-port and --msi-port to login

RDBMSRDBMS

  • ビジネス モデル GA API バージョン 2017-12-01 を追加しましたAdded business model GA API version 2017-12-01

リソースResource

  • [破壊的変更]: Changed provider operation [list|show] to not require --api-version [BREAKING CHANGE]: Changed provider operation [list|show] to not require --api-version

RoleRole

  • 必要なアクセス権の構成とネイティブ クライアントのサポートを az ad app create に追加しましたAdded support for required access configurations and native clients to az ad app create
  • オブジェクトの解決時に 1000 未満の ID を返すように、rbac コマンドを変更しましたChanged rbac commands to return less than 1000 IDs on object resolution
  • 資格情報管理コマンド ad sp credential [reset|list|delete] を追加しましたAdded credential management commands ad sp credential [reset|list|delete]
  • [破壊的変更]az role assignment [list|show] の出力から 'properties' を削除しました[BREAKING CHANGE] Removed 'properties' from az role assignment [list|show] output
  • dataActions アクセス許可と notDataActions アクセス許可のサポートを role definition に追加しましたAdded support for dataActions and notDataActions permissions to role definition

ストレージStorage

  • サイズが 195 ~ 200 GB のファイルをアップロードするときの問題を修正しましたFixed issue when uploading file with size between 195GB and 200GB
  • #4049 を修正しました:追加 BLOB のアップロードで条件のパラメーターが無視される問題Fixed #4049: Problems with append blob uploads ignoring condition parameters

VMVM

  • インスタンス数が 100 を超えるセットに対する今後の破壊的変更に向けて、vmss create に警告を追加しましたAdded warning to vmss create for upcoming breaking changes for sets with 100+ instances
  • ゾーン回復性のサポートを vm [snapshot|image] に追加しましたAdded zone resilient support to vm [snapshot|image]
  • より適切に暗号化状態がレポートされるように、ディスクのインスタンス ビューを変更しましたChanged disk instance view to report better encryption status
  • [破壊的変更] 出力を返さないように vm extension delete を変更しました[BREAKING CHANGE] Changed vm extension delete to no longer return output

2018 年 3 月 13 日March 13, 2018

バージョン 2.0.29Version 2.0.29

ACRACR

  • --image パラメーターのサポートを repository delete に追加しましたAdded support for --image parameter to repository delete
  • repository delete コマンドの --manifest および --tag パラメーターを非推奨にしましたDeprecated --manifest and --tag parameters of the repository delete command
  • データを削除せずに、タグを削除する repository untag コマンドを追加しましたAdded repository untag command to remove a tag without deleting data

ACSACS

  • 既存のコネクタをアップグレードする aks upgrade-connector コマンドを追加しましたAdded aks upgrade-connector command to upgrade an existing connector
  • より読み取りやすいブロック スタイルの YAML を使用するように kubectl 構成ファイルを変更しましたChanged kubectl config files to use a more readable block-style YAML

AdvisorAdvisor

  • [破壊的変更] 名前を advisor configuration get から advisor configuration list に変更しました[BREAKING CHANGE] Renamed advisor configuration get to advisor configuration list
  • [破壊的変更] 名前を advisor configuration set から advisor configuration update に変更しました[BREAKING CHANGE] Renamed advisor configuration set to advisor configuration update
  • [破壊的変更]advisor recommendation generate を削除しました[BREAKING CHANGE] Removed advisor recommendation generate
  • --refresh パラメーターを advisor recommendation list に追加しましたAdded --refresh parameter to advisor recommendation list
  • advisor recommendation show コマンドを追加しましたAdded advisor recommendation show command

AppserviceAppservice

  • [webapp|functionapp] assign-identity を非推奨にしましたDeprecated [webapp|functionapp] assign-identity
  • 管理対象 ID コマンド webapp identity [assign|show] および functionapp identity [assign|show] を追加しましたAdded managed identity commands webapp identity [assign|show] and functionapp identity [assign|show]

イベント ハブEventhubs

  • 最初のリリースInitial release

拡張機能Extension

  • 使用しているディストリビューションがパッケージ ソース ファイルに格納されているものと異なる場合は、エラーが発生する可能性があるため、ユーザーに警告するチェックを追加しましたAdded check to warn user if used distro is different then the one stored in package source file, as this may lead into errors

InteractiveInteractive

  • #5625 を修正しました:異なるセッション間で履歴が保持されますFixed #5625: Persist history across different sessions
  • #3016 を修正しました:スコープ内にある間は履歴が記録されませんでしたFixed #3016: History not recorded while in scope
  • #5688 を修正しました:コマンド テーブルの読み込み中に例外が発生した場合、入力候補が表示されませんでしたFixed #5688: Completions did not appear if command table loading encountered an exception
  • 実行時間の長い操作の進行状況インジケーターを修正しましたFixed progress meter for long running operations

モニターMonitor

  • monitor autoscale-settings コマンドを非推奨にしましたDeprecated the monitor autoscale-settings commands
  • monitor autoscale コマンドを追加しましたAdded monitor autoscale commands
  • monitor autoscale profile コマンドを追加しましたAdded monitor autoscale profile commands
  • monitor autoscale rule コマンドを追加しましたAdded monitor autoscale rule commands

ネットワークNetwork

  • [破壊的変更]route-filter rule create から --tags パラメーターを削除しました[BREAKING CHANGE] Removed --tags parameter from route-filter rule create
  • 次のコマンドの不適切な既定値を削除しました。Removed some erroneous default values for the following commands:
    • network express-route update
    • network nsg rule update
    • network public-ip update
    • traffic-manager profile update
    • network vnet-gateway update
  • network watcher connection-monitor コマンドを追加しましたAdded network watcher connection-monitor commands`
  • --vnet および --subnet パラメーターを network watcher show-topology に追加しましたAdded --vnet and --subnet parameters to network watcher show-topology

プロファイルProfile

  • az login--msi パラメーターを非推奨にしましたDeprecated --msi parameter for az login
  • az login--msi パラメーターの代わりに --identity パラメーターを追加しましたAdded --identity parameter for az login to replace --msi

RDBMSRDBMS

  • [プレビュー] API 2017-12-01-preview を使用するように変更しました[PREVIEW] Changed to use the API 2017-12-01-preview

Service BusService Bus

  • 最初のリリースInitial release

ストレージStorage

  • #4971 を修正しました: storage blob copy では他の Azure クラウドをサポートするようになりましたFixed #4971: storage blob copy now supports other Azure clouds
  • #5286 を修正しました:Batch コマンド storage blob [delete-batch|download-batch|upload-batch] の前提条件が満たされていなくても、エラーがスローされなくなりましたFixed #5286: Batch commands storage blob [delete-batch|download-batch|upload-batch] no longer throw an error upon precondition failures

VMVM

  • 被管理対象データ ディスクを接続し、キャッシュを構成できるように [vm|vmss] create へのサポートを追加しましたAdded support to [vm|vmss] create to attach unmanaged data disks and configure caching
  • [vm|vmss] assign-identity および [vm|vmss] remove-identity を非推奨にしましたDeprecated [vm|vmss] assign-identity and [vm|vmss] remove-identity
  • 非推奨のコマンドの代わりに vm identity [assign|remove|show] および vmss identity [assign|remove|show] コマンドを追加しましたAdded vm identity [assign|remove|show] and vmss identity [assign|remove|show] commands to replace deprecated commands
  • vmss create での既定の優先順位を None に変更しましたChanged default priority in vmss create to None

2018 年 2 月 27 日February 27, 2018

バージョン 2.0.28Version 2.0.28

コアCore

  • #5184 を修正しました:Homebrew のインストールの問題Fixed #5184: Homebrew install issue
  • カスタム キーを使用した拡張機能のテレメトリのサポートを追加しましたAdded support for extension telemetry with custom keys
  • HTTP ログを --debug に追加しましたAdded HTTP logging to --debug

ACSACS

  • 既定で aks install-connectorvirtual-kubelet-for-aks Helm チャートを使用するように変更しましたChanged to use the the virtual-kubelet-for-aks Helm chart for aks install-connector by default
  • 修正された問題:ACI コンテナー グループを作成するためのアクセス許可がサービス プリンシパルに不足している問題Fixed issue: Insuffient permission for service principals to create ACI container group issue
  • --aci-container-group--location、および --image-tag の各パラメーターを aks install-connector に追加しましたAdded --aci-container-group, --location, and --image-tag parameters to aks install-connector
  • 非推奨に関する通知を aks get-versions から削除しましたRemoved deprecation notice from aks get-versions

AppserviceAppservice

  • 新しい SDK バージョン (azure-mgmt-web 0.35.0) の更新Updates for new SDK version (azure-mgmt-web 0.35.0)
  • #5538 を修正: 無効な SKU として報告された FreeFixed #5538: Free reported as invalid SKU

Cognitive ServicesCognitive Services

  • 新しい Cognitive Services アカウントを作成するときの "通知" を更新しましたUpdated the 'notice' when creating a new Cognitive Services account

従量課金Consumption

  • pricesheet API の新しいコマンドを追加しましたAdded new commands for pricesheet API
  • 既存の使用方法の詳細と予約の詳細の形式を更新しましたUpdated the existing Usage Details and Reservation Details formats

コンテナーContainer

  • ACI でシークレットを使用するために --secrets--secrets-mount-path の各引数を container create に追加しましたAdded --secrets and --secrets-mount-path arguments to container create to use secrets in ACI

ネットワークNetwork

  • #5559 を修正:network vnet-gateway vpn-client generate でクライアントが見つからないFixed #5559: Missing client in network vnet-gateway vpn-client generate

リソースResource

  • エラー発生時にテンプレートとエラーの一部が表示されるように group deployment export を変更しましたChanged group deployment export to display a partial template and errors on failure

RoleRole

  • サービス プリンシパル ロールの監査を許可するために role assignment list-changelogs を追加しましたAdded role assignment list-changelogs to allow auditing of service principal roles

SQLSQL

  • 作成および更新時のデータベースとエラスティック プールのゾーン冗長性に対するサポートを追加しましたAdded zone redundancy support for databases and elastic pools on creation and update

ストレージStorage

  • storage blob [upload-batch|download-batch] のターゲット パス/プレフィックスの指定を有効にしましたEnabled specifying destination-path/prefix for storage blob [upload-batch|download-batch]

VMVM

  • 1 つの VMSS インスタンス上でのディスクの接続/デタッチのサポートを追加しましたAdded suport for attaching/detatching disks on a single VMSS instance

2018 年 2 月 13 日February 13, 2018

バージョン 2.0.27Version 2.0.27

コアCore

  • MSI ログインのサブスクリプション ID と名前の両方で認証をキーに変更しましたChanged authentication to key on both subscription ID and name on MSI login

ACSACS

  • [破壊的変更] 精度のために名前を aks get-versions から aks get-upgrades に変更しました[BREAKING CHANGE] Renamed aks get-versions to aks get-upgrades in the interest of accuracy
  • aks create で使用可能な Kubernetes バージョンが表示されるように aks get-versions を変更しましたChanged aks get-versions to show Kubernetes versions available for aks create
  • サーバーで Kubernetes のバージョンを選択できるように aks create 既定値を変更しましたChanged aks create defaults to letting the server choose the version of Kubernetes
  • AKS によって生成されたサービス プリンシパルを参照するヘルプ メッセージを更新しましたUpdated help messages referring to the service principal generated by AKS
  • aks create の既定のノード サイズを "Standard_D1_v2" から "Standard_DS1_v2" に変更しましたChanged default node sizes for aks create from "Standard_D1_v2" to "Standard_DS1_v2"
  • az aks browse のダッシュボード ポッドを特定するときの信頼性が向上しましたImproved reliability when locating the dashboard pod for az aks browse
  • Kubernetes 構成ファイルを読み込むときの Unicode エラーを処理するように aks get-credentials を修正しましたFixed aks get-credentials to handle Unicode errors when loading Kubernetes configuration files
  • メッセージを az aks install-cli に追加しました。これは $PATH での kubectl の取得に役立ちますAdded a message to az aks install-cli to help get kubectl in $PATH

AppserviceAppservice

  • null 参照のために webapp [backup|restore] が失敗する問題を修正しましたFixed issue where webapp [backup|restore] failed because of a null reference
  • az configure --defaults appserviceplan=my-asp による既定のアプリ サービス プランのサポートを追加しましたAdded support for default app service plans through az configure --defaults appserviceplan=my-asp

CDNCDN

  • cdn custom-domain [enable-https|disable-https] コマンドを追加しましたAdded cdn custom-domain [enable-https|disable-https] commands

コンテナーContainer

  • ログ ストリーミングのために --follow オプションを az container logs に追加しましたAdded --follow option to az container logs for streaming logs
  • ローカル標準出力とエラー ストリームをコンテナー グループのコンテナーにアタッチする container attach コマンドを追加しましたAdded container attach command that attaches local standard output and error streams to a container in a container group

Cosmos DBCosmosDB

  • 機能の設定のサポートを追加しましたAdded support for setting capabilities

拡張機能Extension

  • --pip-proxy パラメーターのサポートを az extension [add|update] コマンドに追加しましたAdded support for --pip-proxy parameter to az extension [add|update] commands
  • --pip-extra-index-urls 引数のサポートを az extension [add|update] コマンドに追加しましたAdded support for --pip-extra-index-urls argument to az extension [add|update] commands

フィードバックFeedback

  • 拡張機能の情報を利用統計情報に追加しましたAdded extension information to telemetry data

InteractiveInteractive

  • Cloud Shell で対話モードを使用するときにユーザーのログインが求められる問題を修正しましたFixed issue where user is prompted to login when using interactive mode in Cloud Shell
  • パラメーター不足での完了による回帰を修正しましたFixed regression with missing parameter completions

IoTIoT

  • 成功時に iot dps access policy [create|update] が "検出不可" エラーを返す問題を修正しましたFixed issue where iot dps access policy [create|update] would return a 'not found' error on success
  • 成功時に iot dps linked-hub [create|update] が "検出不可" エラーを返す問題を修正しましたFixed issue where iot dps linked-hub [create|update] would return a 'not found' error on success
  • --no-wait のサポートを iot dps access policy [create|update] および iot dps linked-hub [create|update] に追加しましたAdded --no-wait support to iot dps access policy [create|update] and iot dps linked-hub [create|update]
  • パーティション数の指定を許可するように iot hub create を変更しましたChanged iot hub create to allow specifying the number of partitions

モニターMonitor

  • az monitor log-profiles create コマンドを修正しましたFixed az monitor log-profiles create command

ネットワークNetwork

  • 次のコマンドの --tags オプションを修正しました。Fixed the --tags option for the following commands:
    • network public-ip create
    • network lb create
    • network local-gateway create
    • network nic create
    • network vnet-gateway create
    • network vpn-connection create

プロファイルProfile

  • 対話モードで az login を有効にしましたEnabled az login in from interactive mode

リソースResource

  • feature show を再び追加しましたAdded back feature show

RoleRole

  • --available-to-other-tenants 引数を ad app update に追加しましたAdded --available-to-other-tenants argument to ad app update

SQLSQL

  • sql server dns-alias コマンドを追加しましたAdded sql server dns-alias commands
  • sql db rename を追加しましたAdded sql db rename
  • --ids 引数のサポートをすべての SQL コマンドに追加しましたAdded support for the --ids argument to all sql commands

ストレージStorage

  • 論理的な削除を有効にする storage blob service-properties delete-policy コマンドと storage blob undelete コマンドを追加しましたAdded storage blob service-properties delete-policy and storage blob undelete commands to enable soft-delete

VMVM

  • VM 暗号化の一部を初期化できないときのクラッシュを修正しましたFixed a crash when VM encryption may not be fully initialized
  • MSI を有効にするときのプリンシパル ID 出力を追加しましたAdded principal ID output on enabling MSI
  • vm boot-diagnostics get-boot-log (固定)Fixed vm boot-diagnostics get-boot-log

2018 年 1 月 31 日January 31, 2018

バージョン 2.0.26Version 2.0.26

コアCore

  • MSI コンテキストでの未処理トークン取得のサポートを追加しましたAdded support raw token retrival in MSI context
  • Windows cmd.exe での LRO 終了後のインジケーター文字列ポーリングを削除しましたRemoved polling indicator string after finishing LRO on Windows cmd.exe
  • 構成された既定値の使用が情報レベル エントリに変更されたときに表示される警告を追加しました。Added a warning that appears when using a configured default has been changed to an INFO level entry. 確認するには --verbose を使用しますUse --verbose to see
  • 待機コマンドの進行状況のインジケーターを追加しますAdd a progress indicator for wait commands

ACSACS

  • --disable-browser 引数を明確化しましたClarified --disable-browser argument
  • --vm-size 引数のタブ補完を強化しましたImproved tab completion for --vm-size arguments

AppserviceAppservice

  • webapp log [tail|download] (固定)Fixed webapp log [tail|download]
  • WebApps と機能で kind チェックを削除しましたRemoved the kind check on webapps and functions

CDNCDN

  • cdn custom-domain create のクライアントが見つからない問題を修正しましたFixed missing client issue with cdn custom-domain create

Cosmos DBCosmosDB

  • フェールオーバー ポリシーのパラメーターの説明を修正しましたFixed parameter description for failover policies

InteractiveInteractive

  • コマンド オプションの完了が表示されなくなった問題を修正しましたFixed issue where command option completions no longer appeared

ネットワークNetwork

  • --cert-password の保護を application-gateway create に追加しましたAdded protection for --cert-password to application-gateway create
  • --sku が誤って既定値を適用する application-gateway update の問題を修正しましたFixed issue with application-gateway update where --sku erroneously applied a default value
  • --shared-key の保護を --authorization-key および vpn-connection create に追加しましたAdded protection for --shared-key and --authorization-key to vpn-connection create
  • asg create のクライアントが見つからない問題を修正しましたFixed missing client issue with asg create
  • エクスポートされた名前の --file-name / -f パラメーターを dns zone export に追加しましたAdded --file-name / -f parameter for exported names to dns zone export
  • dns zone export の次の問題を修正しました。Fixed the following issues with dns zone export:
    • 長い TXT レコードが誤ってエクスポートされる問題を修正しましたFixed issue where long TXT records were incorrectly exported
    • 引用符で囲まれた TXT レコードが、エスケープされた引用符なしで誤ってエクスポートされる問題を修正しましたFixed issue where quoted TXT records were incorrectly exported without escaped quotes
  • 特定のレコードが dns zone import で 2 回インポートされる問題を修正しましたFixed issue where certain records were imported twice with dns zone import
  • vnet-gateway root-cert コマンドと vnet-gateway revoked-cert コマンドを復元しましたRestored vnet-gateway root-cert and vnet-gateway revoked-cert commands

プロファイルProfile

  • ID を使用して VM 内で動作するように get-access-token を修正しましたFixed get-access-token to work inside a VM with identity

リソースResource

  • テンプレートの "type" フィールドに大文字の値が含まれているときに警告が誤って表示される deployment [create|validate] のバグを修正しましたFixed bug with deployment [create|validate] where warning was incorrectly displayed when a template 'type' field contained uppercase values

ストレージStorage

  • ストレージ V1 からストレージ V2 へのアカウント移行の問題を修正しましたFixed issue with migrating Storage V1 accounts to Storage V2
  • すべてのアップロード/ダウンロード コマンドについて、進行状況レポートを追加しましたAdded progress reporting for all upload/download commands
  • storage account check-name で "-n" 引数オプションが妨げられるバグを修正しましたFixed bug preventing "-n" arg option with storage account check-name
  • "snapshot" 列を blob [list|show] のテーブル出力に追加しましたAdded 'snapshot' column to table output for blob [list|show]
  • 整数として解析する必要があるさまざまなパラメーターのバグを修正しましたFixed bugs with various parameters that needed to be parsed as ints

VMVM

  • 追加料金でイメージからの VM 作成を許可する vm image accept-terms コマンドを追加しましたAdded vm image accept-terms command to allow creating VMs from images with additional charges
  • 署名されていない証明書を使用して、コマンドをプロキシで確実に実行できるように [vm|vmss create] を修正しましたFixed [vm|vmss create] to ensure commands can run under proxy with unsigned certificates
  • [プレビュー] "低" 優先度のサポートを VMSS に追加しました[PREVIEW] Added support for "low" priority to VMSS
  • --admin-password の保護を [vm|vmss] create に追加しましたAdded protection for --admin-password to [vm|vmss] create

2018 年 1 月 17 日January 17, 2018

バージョン 2.0.25Version 2.0.25

ACRACR

  • Windows 資格情報エラーの acr ログイン フォールバックを追加しましたAdded acr login fallback on Windows credential errors
  • レジストリ ログを有効にしましたEnabled registry logs

ACSACS

  • get-credentials コマンドを修正しましたFixed get-credentials command
  • SPN のロール要件を削除しましたRemoved SPN role requirement

AppserviceAppservice

  • hosting_environment_profile が null になる config ssl upload のバグを修正しましたFixed bug with config ssl upload where hosting_environment_profile was null
  • browse にカスタム URL のサポートを追加しましたAdded support for custom URLs to browse
  • log tail のスロットのサポートを修正しましたFixed slot support for log tail

バックアップBackup

  • backup item list--container-name オプションを省略可能に変更しましたChanged --container-name option of backup item list to be optional
  • backup restore restore-disks にストレージ アカウント オプションを追加しましたAdded storage account options to backup restore restore-disks
  • backup protection enable-for-vm での場所のチェックを、大文字と小文字が区別されないように修正しましたFixed location check in backup protection enable-for-vm to be case insensitive
  • 無効なコンテナー名でコマンドが失敗する問題を修正しましたFixed issue where commands failed with an invalid container name
  • 既定で "正常性状態" が含まれるように backup item list を変更しましたChanged backup item list to include 'Health Status' by default

BatchBatch

  • 認証の詳細を返すように batch login を変更しましたChanged batch login to return authentication details

クラウドCloud

  • クラウドで --profile を設定するときに、エンドポイントを不要にするように変更しましたChanged to not require endpoints when setting --profile on a cloud

従量課金Consumption

  • 予約の新しいコマンドとして、consumption reservations summariesconsumption reservations details を追加しましたAdded new commands for reservations: consumption reservations summaries and consumption reservations details

Event GridEvent Grid

  • [破壊的変更]az eventgrid topic event-subscription コマンドを eventgrid event-subscription に移行しました[BREAKING CHANGE] Moved the az eventgrid topic event-subscription commands to eventgrid event-subscription
  • [破壊的変更]az eventgrid resource event-subscription コマンドを eventgrid event-subscription に移行しました[BREAKING CHANGE] Moved the az eventgrid resource event-subscription commands to eventgrid event-subscription
  • [破壊的変更]eventgrid event-subscription show-endpoint-url コマンドを削除しました[BREAKING CHANGE] Removed the eventgrid event-subscription show-endpoint-url command. 代わりに eventgrid event-subscription show --include-full-endpoint-url を使用してくださいUse eventgrid event-subscription show --include-full-endpoint-url instead
  • eventgrid topic update コマンドを追加しましたAdded command eventgrid topic update
  • eventgrid event-subscription update コマンドを追加しましたAdded command eventgrid event-subscription update
  • eventgrid topic コマンドの --ids パラメーターを追加しましたAdded --ids parameter for eventgrid topic commands
  • トピック名のタブ補完のサポートを追加しましたAdded tab completion support for topic names

InteractiveInteractive

  • Python 2.x で対話モードが機能しない問題を解決しましたFixed issue where interactive mode did not work with Python 2.x
  • 起動時のエラーを修正しましたFixed errors on startup
  • 対話モードで実行されない一部のコマンドの問題を修正しましたFixed issue with some commands not running in interactive mode

IoTIoT

  • デバイス プロビジョニング サービスのサポートを追加しましたAdded support for device provisioning service
  • コマンドとコマンドのヘルプに非推奨を示すメッセージを追加しましたAdded deprecation messages in commands and command help
  • ユーザーに IoT 拡張機能を通知する IoT チェックを追加しましたAdded IoT check to inform users of the IoT Extension

モニターMonitor

  • 複数診断設定のサポートを追加しましたAdded multi-diagnostic setting support. az monitor diagnostic-settings create--name パラメーターが必須になりましたThe --name parameter is now required for az monitor diagnostic-settings create
  • 診断設定カテゴリを取得する monitor diagnostic-settings categories コマンドを追加しましたAdded command monitor diagnostic-settings categories to get diagnostic settings category

ネットワークNetwork

  • vnet-gateway update でのアクティブ/スタンバイ モードの切り替え時の問題を修正しましたFixed issue when trying to change to/from active-standby mode with vnet-gateway update
  • application-gateway [create|update] に HTTP2 のサポートを追加しましたAdded support for HTTP2 to application-gateway [create|update]

プロファイルProfile

  • ユーザーが割り当てた ID でのログインのサポートを追加しましたAdded support for login with user assigned identities

RoleRole

  • グラフ クエリをバイパスするために、role assignment create--assignee-object-id 引数を追加しましたAdded --assignee-object-id argument to role assignment create to bypass graph query

Service FabricService Fabric

  • クラスターの作成時の検証応答に詳細なエラーを追加しましたAdded detailed errors to validation response when creating cluster
  • 一部のコマンドでのクライアントが見つからない問題を修正しましたFixed missing client issue with several commands

VMVM

  • [プレビュー] vmss のクロス ゾーンのサポート[PREVIEW] Cross-zone support for vmss
  • [破壊的変更] 単一ゾーン vmss の既定値を "Standard" ロード バランサーに変更しました[BREAKING CHANGE] Changed single-zone vmss default to "Standard" load balancer
  • [破壊的変更] EMSI の externalIdentitiesuserAssignedIdentities に変更しました[BREAKING CHANGE] Changed externalIdentities to userAssignedIdentities for EMSI
  • [プレビュー] OS ディスク スワップのサポートを追加しました[PREVIEW] Added support for OS disk swap
  • 他のサブスクリプションの VM イメージの使用のサポートを追加しましたAdded support for using VM images from other subscriptions
  • --plan-name--plan-product--plan-promotion-code--plan-publisher の各引数を [vm|vmss] create に追加しましたAdded --plan-name, --plan-product, --plan-promotion-code and --plan-publisher arguments to [vm|vmss] create
  • [vm|vmss] create でのエラーの問題を修正しましたFixed error issues with [vm|vmss] create
  • vm image list --all に起因するリソースの過剰使用を修正しましたFixed excessive resource usage caused by vm image list --all

2017 年 12 月 19 日December 19, 2017

バージョン 2.0.23Version 2.0.23

  • ユーザーが割り当てた ID でのログインのサポートを追加しましたAdded support for login with user assigned identities

コンテナーContainer

  • コンテナー ログのパラメーターのパラメーターの不適切な順序を修正しましたFixed incorrect order of parameters for container logs

ネットワークNetwork

  • --disable-bgp-route-propagation 引数を route-table [create|update] に追加しましたAdded --disable-bgp-route-propagation argument to route-table [create|update]
  • --ip-tags 引数を public-ip [create|update] に追加しましたAdded --ip-tags argument to public-ip [create|update]

ストレージStorage

  • ストレージ V2 のサポートを追加しましたAdded support for storage V2

VMVM

  • [プレビュー] VM と VMSS のユーザーが割り当てた ID のサポートを追加しました[PREVIEW] Added support for user-assigned identities for VMs and VMSSes

2017 年 12 月 5 日December 5, 2017

バージョン 2.0.22Version 2.0.22

  • az component コマンドを削除しました。Removed az component commands. 代わりに az extension を使用してくださいUse az extension instead

コアCore

  • AZURE_US_GOV_CLOUD AAD 機関エンドポイントを、login.microsoftonline.com から login.microsoftonline.us に変更しましたModified the AZURE_US_GOV_CLOUD AAD authority endpoint from login.microsoftonline.com to login.microsoftonline.us
  • テレメトリが連続的に再送信される問題を修正しましたFixed issue where telemetry would continuously resend

ACSACS

  • aks install-connector コマンドと aks remove-connector コマンドを追加しましたAdded aks install-connector and aks remove-connector commands
  • acs create のエラー報告を改善しましたImproved error reporting for acs create
  • 完全修飾パスなしでの aks get-credentials -f の使用方法を修正しましたFixed usage of aks get-credentials -f without fully-qualified path

AdvisorAdvisor

  • 最初のリリースInitial release

AppserviceAppservice

  • webapp config ssl upload による証明書名の生成を修正しましたFixed cert name generation with webapp config ssl upload
  • 正しいアプリを表示するように、webapp [list|show]functionapp [list|show] を修正しましたFixed webapp [list|show] and functionapp [list|show] to display correct apps
  • WEBSITE_NODE_DEFAULT_VERSION の既定値を追加しましたAdded default value for WEBSITE_NODE_DEFAULT_VERSION

従量課金Consumption

  • API バージョン 2017-11-30 のサポートを追加しましたAded support for API version 2017-11-30

コンテナーContainer

  • 既定のポート回帰を修正しましたFixed default ports regression

モニターMonitor

  • メトリック コマンドに多次元のサポートを追加しましたAdded multi-dimension support to metrics command

リソースResource

  • --include-response-body 引数を resource show に追加しましたAdded --include-response-body argument to resource show

RoleRole

  • role assignment list に、"従来の" 管理者の既定の割り当ての表示を追加しましたAdded display of default assignments for "classic" administraors to role assignment list
  • ad sp reset-credentials で、上書きではなく、資格情報を追加できるようにしましたAdded suport to ad sp reset-credentials for adding credentials instead of overwriting
  • ad sp create-for-rbac のエラー報告を改善しましたImproved error reporting for ad sp create-for-rbac

SQLSQL

  • sql db list-usages コマンドと sql db show-usage コマンドを追加しましたAdded sql db list-usages and sql db show-usage commands
  • sql server conn-policy show コマンドと sql server conn-policy update コマンドを追加しましたAdded sql server conn-policy show and sql server conn-policy update commands

VMVM

  • az vm list-skus にゾーン情報を追加しましたAdded zone information to az vm list-skus

2017 年 11 月 14 日November 14, 2017

バージョン 2.0.21Version 2.0.21

ACRACR

  • レプリケーション リージョンで webhook を作成するためのサポートを追加しましたAdded support for creating webhooks in replication regions

ACSACS

  • AKS の "エージェント" という用語をすべて "ノード" に変更しましたChanged all wording of "agent" to "node" in AKS
  • acs create--orchestrator-release オプションを非推奨にしましたDeprecated --orchestrator-release option for acs create
  • Standard_D1_v2 に対する AKS の既定 VM サイズを変更しましたChanged default VM size for AKS to Standard_D1_v2
  • Windows での az aks browse を修正しましたFixed az aks browse on Windows
  • Windows での az aks get-credentials を修正しましたFixed az aks get-credentials on Windows

AppserviceAppservice

  • Web アプリおよび関数アプリ用のデプロイ ソース config-zip を追加しましたAdded deployment source config-zip for webapps and function apps
  • --docker-container-logging オプションを az webapp log config に追加しましたAdded --docker-container-logging option to az webapp log config
  • storage オプションを az webapp log config のパラメーター --web-server-logging から削除しましたRemoved the storage option from the parameter --web-server-logging of az webapp log config
  • deployment user set のエラー メッセージを改善しましたImproved error messages for deployment user set
  • Linux 関数アプリを作成するためのサポートを追加しましたAdded support for creating Linux function apps
  • list-locations (固定)Fixed list-locations

BatchBatch

  • --image を指定してリソース ID を使用した場合のプール作成コマンドのバグを修正しましたFixed bug in pool create command when a resource ID was used with the --image flag

BatchaiBatchai

  • file-server create コマンドで VM サイズを指定する場合の --vm-size の短いオプション -s を追加しましたAdded short option, -s, for --vm-size when providing VM size in file-server create command
  • ストレージ アカウント名とキー引数を cluster create パラメーターに追加しましたAdded storage account name and key arguments to cluster create parameters
  • job list-files および job stream-file のドキュメントを修正しましたFixed documentation for job list-files and job stream-file
  • job create コマンドでクラスター名を指定する場合の --cluster-name の短いオプション -r を追加しましたAdded short option, -r, for --cluster-name when providing cluster name in job create command

クラウドCloud

  • 必要なエンドポイントのないクラウドの登録を防ぐために cloud [register|update] を変更しましたChanged cloud [register|update] to prevent registering clouds that have missing required endpoints

コンテナーContainer

  • 複数のポートを開くためのサポートを追加しましたAdded support to open multiple ports
  • コンテナー グループ再起動ポリシーを追加しましたAdded container group restart policy
  • Azure ファイル共有をボリュームとしてマウントするためのサポートを追加しましたAdded support to mount Azure File share as a volume
  • ヘルパー ドキュメントを更新しましたUpdated helper docs

Data Lake AnalyticsData Lake Analytics

  • より簡潔な情報を返すように [job|account] list を変更しましたChanged [job|account] list to return more concise information

Data Lake StoreData Lake Store

  • より簡潔な情報を返すように account list を変更しましたChanged account list to return more concise information

拡張機能Extension

  • 公式の Microsoft 拡張機能を一覧表示できるようにするための extension list-available を追加しましたAdded extension list-available to allow listing official Microsoft extensions
  • 拡張機能を名前別にインストールできるように、--nameextension [add|update] に追加しましたAdded --name to extension [add|update] to allow installing extensions by name

IoTIoT

  • 証明機関 (CA) および証明書チェーンのサポートを追加しましたAdded support for certificate authorities (CA) and certificate chains

モニターMonitor

  • activity-log alert コマンドを追加しましたAdded activity-log alert commands

ネットワークNetwork

  • CAA DNS レコードのサポートを追加しましたAdded support for CAA DNS records
  • エンドポイントを traffic-manager profile update で更新できない問題を修正しましたFixed issue where endpoints could not be updated with traffic-manager profile update
  • VNET の作成方法によっては vnet update --dns-servers が機能しない問題を修正しましたFixed issue where vnet update --dns-servers didn't work depending on how the VNET was created
  • 相対 DNS 名が dns zone import によって正しくインポートされない問題を修正しましたFixed issue where relative DNS names were incorrectly imported by dns zone import

ReservationsReservations

  • 初期プレビュー リリースInitial preview release

リソースResource

  • リソース ID のサポートを --resource パラメーターとリソースレベル ロックに追加しましたAdded support for resource IDs to --resource parameter and resource-level locks

SQLSQL

  • --ignore-missing-vnet-service-endpoint パラメーターを sql server vnet-rule [create|update] に追加しましたAdded --ignore-missing-vnet-service-endpoint parameter to sql server vnet-rule [create|update]

ストレージStorage

  • SKU Standard_RAGRS を既定値として使用するように storage account create を変更しましたChanged storage account create to use SKU Standard_RAGRS as default
  • 非 ASCII 文字を含むファイル/BLOB 名を処理する場合のバグを修正しましたFixed bugs when dealing with file/blob names that include non-ascii chars
  • storage [blob|file] copy start-batch での --source-uri の使用を妨げるバグを修正しましたFixed bug that prevented using --source-uri with storage [blob|file] copy start-batch
  • storage [blob|file] delete-batch で複数のオブジェクトを glob および削除するコマンドを追加しましたAdded commands to glob and delete multiple objects with storage [blob|file] delete-batch
  • storage metrics update でメトリックを有効にする場合の問題を修正しましたFixed issue when enabling metrics with storage metrics update
  • storage blob upload-batch の使用時に 200 GB を超えるファイルにおける問題を修正しましたFixed issue with files over 200GB when using storage blob upload-batch
  • --bypass--default-actionstorage account [create|update] によって無視される問題を修正しましたFixed issue where --bypass and --default-action were ignored by storage account [create|update]

VMVM

  • Basic サイズ レベルの使用を妨げていり vmss create のバグを修正しましたFixed a bug with vmss create that prevented using the Basic size tier
  • 課金情報を含むカスタム イメージ用に --plan 引数を [vm|vmss] create に追加しましたAdded --plan arguments to [vm|vmss] create for custom images with billing information
  • vm secret [add|remove|list]` コマンドを追加しましたAdded vm secret [add|remove|list]` commands
  • vm format-secret から vm secret format への名称変更Renamed vm format-secret to vm secret format
  • --encrypt format 引数を vm encryption enable に追加しましたAdded --encrypt format argument to vm encryption enable

2017 年 10 月 24 日October 24, 2017

バージョン 2.0.20Version 2.0.20

コアCore

  • MGMT_STORAGE API バージョン 2016-01-01 を使用するように 2017-03-09-profile を更新しましたUpdated 2017-03-09-profile to consume MGMT_STORAGE API version 2016-01-01

ACRACR

  • 2017-10-01 API バージョンを指すようにリソース管理を更新しましたUpdated resource management to point to 2017-10-01 API version
  • "Bring Your Own Storage" SKU をクラシックに変更しましたChanged 'bring your own storage' SKU to Classic
  • レジストリの SKU の名前を Basic、Standard、Premium に変更しましたRenamed registry SKUs to Basic, Standard, and Premium

ACSACS

  • [プレビュー] az aks コマンドを追加しました[PREVIEW] Added az aks commands
  • Kubernetes の get-credentials を修正しましたFixed kubernetes get-credentials

AppserviceAppservice

  • ダウンロードした webapp ログが無効である可能性のある問題を修正しましたFixed issue where downloaded webapp logs may be invalid

コンポーネントComponent

  • すべてのインストーラー向けのより明確な非推奨メッセージと、確認プロンプトを追加しましたAdded clearer deprecation message for all installers and confirmation prompt

モニターMonitor

  • action-group コマンドを追加しましたAdded action-group commands

リソースResource

  • group export における msrest の依存関係の最新バージョンとの非互換性を修正しましたFixed incompatibility with most recent version of msrest dependency in group export
  • 組み込みのポリシー定義とポリシーセットの定義を使用するように policy assignment create を修正しましたFixed policy assignment create to work with built in policy definitions and policy set definitions

VMVM

  • --accelerated-networking 引数を vmss create に追加しましたAdded --accelerated-networking argument to vmss create

2017 年 10 月 9 日October 9, 2017

バージョン 2.0.19Version 2.0.19

コアCore

  • 末尾にスラッシュが付いている ADFS 権限 URL の処理を Azure Stack に追加しましたAdded handling of ADFS authority URLs with a trailing slash to Azure Stack

AppserviceAppservice

  • 新しいコマンド webapp update による全体的な更新を追加しましたAdded generic update with new command webapp update

BatchBatch

  • Batch SDK 4.0.0 に更新しましたUpdated to Batch SDK 4.0.0
  • publish:offer:sku:version に加えて ARM イメージ参照をサポートするように VirtualMachineConfiguration の --image オプションを更新しましたUpdated --image option of VirtualMachineConfiguration to support ARM image references in addition to publish:offer:sku:version
  • Batch 拡張機能のコマンドの新しい CLI 拡張モデルのサポートを追加しましたAdded support for the new CLI extension model for Batch Extensions commands
  • コンポーネント モデルから Batch のサポートを削除しましたRemoved Batch support from the component model

BatchaiBatchai

  • Batch AI モジュールの最初のリリースInitial release of Batch AI module

KeyVaultKeyvault

  • Azure Stack で ADFS を使用したときの Key Vault の認証の問題を修正しました。Fixed Key Vault authentication issue when using ADFS on Azure Stack. (#4448)(#4448)

ネットワークNetwork

  • アドレス プールを空にできるように application-gateway address-pool create--server 引数を省略可能に変更しましたChanged --server argument of application-gateway address-pool create to be optional, allowing for empty address pools
  • 最新機能をサポートするように traffic-manager を更新しましたUpdated traffic-manager to support latest features

リソースResource

  • リソース グループ名に関する --resource-group/-g オプションのサポートを group に追加しましたAdded support for --resource-group/-g options for resource group name to group
  • サブスクリプション レベルのロックを処理するための account lock 用のコマンドを追加しましたAdded commands for account lock to work with subscription-level locks
  • グループ レベルのロックを処理するための group lock 用のコマンドを追加しましたAdded commands for group lock to work with group-level locks
  • リソース レベルのロックを処理するための resource lock 用のコマンドを追加しましたAdded commands for resource lock to work with resource-level locks

SqlSql

  • SQL Transparent Data Encryption (TDE) および Bring Your Own Key による TDE のサポートを追加しましたAdded support for SQL Transparent Data Encryption (TDE) and TDE with Bring Your Own Key
  • db list-deleted コマンドと db restore --deleted-time パラメーターを追加し、削除したデータベースを検索して復元できるようにしました。Added db list-deleted command and db restore --deleted-time parameter, allowing the ability to find and restore deleted databases
  • db op listdb op cancel を追加し、データベースに対して実行中の操作を一覧表示およびキャンセルできるようにしました。Added db op list and db op cancel, allowing the ability to list and cancel in-progress operations on database

ストレージStorage

  • ファイル共有スナップショットのサポートを追加しましたAdded support for file share snapshot

VMVm

  • -d を使用すると存在しないプライベート IP アドレスでクラッシュする vm show のバグを修正しましたFixed a bug in vm show where using -d caused a crash on missing private ip addresses
  • [プレビュー] ローリング アップグレードのサポートを vmss create に追加しました[PREVIEW] Added support for rolling upgrade to vmss create
  • vm encryption enable による暗号化設定の更新のサポートを追加しましたAdded support for updating encryption settings with vm encryption enable
  • --os-disk-size-gb パラメーターを vm create に追加しましたAdded --os-disk-size-gb parameter to vm create
  • Windows 用の --license-type パラメーターを vmss create に追加しましたAdded --license-type parameter for Windows to vmss create

2017 年 9 月 22 日September 22, 2017

バージョン 2.0.18Version 2.0.18

リソースResource

  • 組み込みのポリシー定義を表示するためのサポートを追加しましたAdded support for showing built-in policy definitions
  • ポリシー定義を作成するためのサポート モード パラメーターを追加しましたAdded support mode parameter for creating policy definitions
  • UI の定義とテンプレートのサポートを managedapp definition create に追加しましたAdded support for UI definitions and templates to managedapp definition create
  • [破壊的変更]managedapp のリソースの種類を appliances から applicationsapplianceDefinitions から applicationDefinitions に変更しました[BREAKING CHANGE] Changed managedapp resource type from appliances to applications and applianceDefinitions to applicationDefinitions

ネットワークNetwork

  • 可用性ゾーンのサポートを network lb および network public-ip サブコマンドに追加しましたAdded support for availability zone to network lb and network public-ip subcommands
  • IPv6 Microsoft ピアリングのサポートを express-route に追加しましたAdded support for IPv6 Microsoft Peering to express-route
  • asg アプリケーション セキュリティ グループのコマンドを追加しましたAdded asg application security group commands
  • --application-security-groups 引数を nic [create|ip-config create|ip-config update] に追加しましたAdded --application-security-groups argument to nic [create|ip-config create|ip-config update]
  • --source-asgs 引数と --destination-asgs 引数を nsg rule [create|update] に追加しましたAdded --source-asgs and --destination-asgs arguments to nsg rule [create|update]
  • --ddos-protection 引数と --vm-protection 引数を vnet [create|update] に追加しましたAdded --ddos-protection and --vm-protection arguments to vnet [create|update]
  • network [vnet-gateway|vpn-client|show-url] コマンドを追加しましたAdded network [vnet-gateway|vpn-client|show-url] commands

ストレージStorage

  • SDK の更新後に storage account network-rule コマンドが失敗する可能性がある問題を修正しましたFixed issue where storage account network-rule commands may fail after updating the SDK

EventgridEventgrid

  • 新しい API バージョン "2017-09-15-preview" を使用するように Azure Event Grid Python SDK を更新しましたUpdated Azure Event Grid Python SDK to use newer API version "2017-09-15-preview"

SQLSQL

  • sql server list の引数 --resource-group を省略可能に変更しました。Changed sql server list argument --resource-group to be optional. 指定しなかった場合は、サブスクリプション内のすべての SQL Server が返されますIf not specified, all sql servers in the subscription will be returned
  • --no-wait パラメーターを db [create|copy|restore|update|replica create|create|update]dw [create|update] に追加しましたAdded --no-wait param to db [create|copy|restore|update|replica create|create|update] and dw [create|update]

KeyVaultKeyvault

  • プロキシの内側からの KeyVault コマンドのサポートを追加しましたAdded support for Keyvault commands from behind a proxy

VMVM

  • 可用性ゾーンに対するサポートを [vm|vmss|disk] create に追加しましたAdded for support to availability zone to [vm|vmss|disk] create
  • vmss create--app-gateway ID を使用するとエラーになる問題を修正しましたFixed issue where using--app-gateway ID with vmss create would cause a failure
  • --asgs 引数を vm create に追加しましたAdded --asgs argument to vm create
  • vm run-command を使用して VM でコマンドを実行するためのサポートを追加しましたAdded support for running commands on VMs with vm run-command
  • [プレビュー] vmss encryption による VMSS ディスク暗号化のサポートを追加しました[PREVIEW] Added support for VMSS disk encryption with vmss encryption
  • vm perform-maintenance を使用して VM のメンテナンスを行うためのサポートを追加しましたAdded support for performing maintenance on VMs with vm perform-maintenance

ACSACS

  • ACS プレビューのリージョン用に --orchestrator-release 引数を acs create に追加しました[PREVIEW] Added --orchestrator-release argument to acs create for ACS preview regions

AppserviceAppservice

  • webapp auth [update|show] で認証設定を更新および表示する機能を追加しましたAdded ability to update and show authentication settings with webapp auth [update|show]

バックアップBackup

  • プレビュー リリースPreview release

2017 年 9 月 11 日September 11, 2017

バージョン 2.0.17Version 2.0.17

コアCore

  • テレメトリで独自の関連付け ID を設定するコマンド モジュールを有効にしましたEnabled command module to set its own correlation ID in telemetry
  • テレメトリが診断モードに設定された際に発生する JSON ダンプの問題を修正しましたFixed JSON dump issue when telemetry is set to diagnostics mode

ACSAcs

  • acs list-locations コマンドを追加しましたAdded acs list-locations command
  • ssh-key-file を予想される既定値と共に使用されるようにしましたMade ssh-key-file come with expected default value

AppserviceAppservice

  • アクティブなサービス プラン以外のリソース グループで Web アプリを作成する機能を追加しましたAdded ability to create a webapp in a resource group other than the active service plan's

CDNCDN

  • cdn custom-domain create の "CustomDomain is not interable" バグを修正しましたFixed 'CustomDomain is not interable' bug for cdn custom-domain create

拡張機能Extension

  • 最初のリリースInitial Release

KeyVaultKeyvault

  • keyvault set-policy について、アクセス許可の大文字と小文字が区別される問題を修正しましたFixed issue where permissions were case sensitive for keyvault set-policy

ネットワークNetwork

  • vnet list-private-access-services から vnet list-endpoint-services への名称変更Renamed vnet list-private-access-services to vnet list-endpoint-services
  • vnet subnet create/update--private-access-services 引数の名前を --service-endpoints に変更しましたRenamed --private-access-services argument to --service-endpoints for vnet subnet create/update
  • nsg rule create/update に対する複数の IP 範囲およびポート範囲のサポートを追加しましたAdded support for multiple IP ranges and port ranges to nsg rule create/update
  • lb create に対する SKU のサポートを追加しましたAdded support for SKU to lb create
  • public-ip create に対する SKU のサポートを追加しましたAdded support for SKU to public-ip create

リソースResource

  • policy definition createpolicy definition update でリソース ポリシーのパラメーター定義を渡せるようにしますAllow passing in resource policy parameter definitions in policy definition create, and policy definition update
  • policy assignment create でパラメーター値を渡せるようにしますAllow passing in parameter values for policy assignment create
  • すべてのパラメーターについて JSON またはファイルを渡せるようにしますAllow for passing JSON or file for all params
  • API バージョンを増やしましたIncremented API version

SQLSQL

  • sql server vnet-rule コマンドを追加しましたAdded sql server vnet-rule commands

VMVM

  • 固定:--scope が指定されないとアクセス権が割り当てられないFixed: Don't assign access unless --scope is provided
  • 固定:ポータルと同じ拡張機能の名前付けが行われるFixed: Use the same extension naming as portal does
  • [vm|vmss] create 出力から subscription を削除しましたRemoved subscription from the [vm|vmss] create output
  • 修正済み: [vm|vmss] create ストレージ SKU がイメージ付きのデータ ディスクに適用されないFixed: [vm|vmss] create storage SKU is not applied on data disks with an image
  • 修正済み: vm format-secret --secrets で、改行によって分かれた ID を使用できないFixed: vm format-secret --secrets would not accept newline separated IDs

2017 年 8 月 31 日August 31, 2017

バージョン 2.0.16Version 2.0.16

KeyVaultKeyvault

  • secret download でシークレット エンコードを自動的に解決しようとする際に発生するバグを修正しましたFixed bug when trying to automatically resolve secret encoding with secret download

SFSf

  • すべてのコマンドが非推奨とされ、Service Fabric CLI (sfctl) が優先されますDeprecating all commands in favor of Service Fabric CLI (sfctl)

ストレージStorage

  • ネットワーク ACL 機能がサポートされていないリージョンでストレージ アカウントを作成できない問題を修正しましたFixed issue where storage accounts could not be created in regions that don't support the NetworkACLs feature
  • コンテンツの種類とエンコードがどちらも指定されていない場合、BLOB とファイルのアップロード中にコンテンツの種類とエンコードを決定しますDetermine content type and content encoding during blob and file upload if neither content type and content encoding are specified

2017 年 8 月 28 日August 28, 2017

バージョン 2.0.15Version 2.0.15

CLICLI

  • --version に法的事項を追加しましたAdded legal note to --version

ACSACS

  • プレビュー リージョンを修正しましたCorrected preview regions
  • 既定の dns_name_prefix を正しい形式にしましたFormatted default dns_name_prefix properly
  • ACS コマンド出力を最適化しましたOptimized acs command output

AppserviceAppservice

  • [破壊的変更]az webapp config appsettings [delete|set] の出力の不整合を修正しました[BREAKING CHANGE] Fixed inconsistencies in the output of az webapp config appsettings [delete|set]
  • az webapp config container set --docker-custom-image-name-i の新しいエイリアスを追加しましたAdded a new alias of -i for az webapp config container set --docker-custom-image-name
  • az webapp log show を公開しましたExposed az webapp log show
  • App Service プラン、メトリック、または DNS 登録を保持するために、az webapp delete の新しい引数を公開しましたExposed new arguments from az webapp delete to retain app service plan, metrics or dns registration
  • 固定:スロット設定の正常な検出Fixed: Detect slot settings correctly

IoTIoT

  • #3934 を修正しました:ポリシーの作成で既存のポリシーが消去されなくなりましたFixed #3934: Policy creation no longer clears existing policies

ネットワークNetwork

  • [破壊的変更] 名前を vnet list-private-access-services から vnet list-endpoint-services に変更しました[BREAKING CHANGE] Renamed vnet list-private-access-services to vnet list-endpoint-services
  • [破壊的変更]vnet subnet [create|update] のオプション --private-access-services の名前を --service-endpoints に変更しました[BREAKING CHANGE] Renamed option --private-access-services to --service-endpoints for vnet subnet [create|update]
  • nsg rule [create|update] に対する複数 IP およびポート範囲のサポートを追加しましたAdded support for multiple IP and port ranges to nsg rule [create|update]
  • lb create に対する SKU のサポートを追加しましたAdded support for SKU to lb create
  • public-ip create に対する SKU のサポートを追加しましたAdded support for SKU to public-ip create

プロファイルProfile

  • 仮想マシンの ID を使用してログインするために、--msi--msi-port を公開しましたExposed --msi and --msi-port to login using a virtual machine's identity

Service FabricService Fabric

  • プレビュー リリースPreview release
  • コマンドに対するレジストリのユーザー/パスワード規則を簡略化しましたSimplified registry user/password rules for command
  • パラメーターを渡した後でもユーザーにパスワードの入力が求められる問題を修正しましたFixed password prompt for user even after passing in the param
  • 空の registry_cred のサポートを追加しましたAdded support for empty registry_cred

ストレージStorage

  • BLOB 層の設定を有効にしましたEnabled setting blob tier
  • サービス トンネリングをサポートするために、--bypass 引数と --default-action 引数を storage account [create|update] に追加しましたAdded --bypass and --default-action arguments to storage account [create|update] to support service tunneling
  • VNET ルールと IP ベースのルールを storage account network-rule に追加するためのコマンドを追加しましたAdded commands to add VNET rules and IP based rules to storage account network-rule
  • 顧客管理キーによるサービスの暗号化を有効にしましたEnabled service encryption by customer managed key
  • [破壊的変更]az storage account create and az storage account update コマンドの --encryption オプションの名前を --encryption-services に変更しました[BREAKING CHANGE] Renamed --encryption option to --encryption-services for az storage account create and az storage account update command
  • 修正済み #4220: az storage account update encryption - 構文の不一致Fixed #4220: az storage account update encryption - syntax mismatch

VMVM

  • vmss get-instance-view--instance-id * を使用した場合に、余分な間違えた情報が表示される問題を修正しましたFixed issue where extra, erroneous information was displayed for vmss get-instance-view when using --instance-id *
  • vmss create--lb-sku のサポートを追加しました。Added support for --lb-sku to vmss create:
  • [vm|vmss] create の管理者名ブラックリストから人物名を削除しましたRemoved human names from the admin name blacklist for [vm|vmss] create
  • イメージからプラン情報を抽出できない場合に [vm|vmss] create がエラーをスローする問題を修正しましたFixed issue where [vm|vmss] create would throw an error if unable to extract plan information from an image
  • 内部 LB で vmms scaleset を作成するときのクラッシュを修正しましたFixed a crash when creating a vmms scaleset with an internal LB
  • vm availability-set create--no-wait 引数が機能しない問題を修正しましたFixed issue where --no-wait argument did not work wth vm availability-set create

2017 年 8 月 15 日August 15, 2017

バージョン 2.0.14Version 2.0.14

ACSACS

  • kubernetes の sshMaster0 ポート番号を修正しましたCorrected sshMaster0 port number for kubernetes

AppserviceAppservice

  • 新しい Git ベースの Linux Web アプリを作成するときの例外を修正しましたFixed an exception when creatng a new git based Linux webapp

Event GridEvent Grid

  • SDK 依存関係を追加しましたAdded SDK dependencies

2017 年 8 月 11 日August 11, 2017

バージョン 2.0.13Version 2.0.13

ACSACS

  • プレビュー リージョンを追加しましたAdded more preview regions

BatchBatch

  • Batch SDK 3.1.0 と Batch Management SDK 4.1.0 に更新しましたUpdated to Batch SDK 3.1.0 and Batch Management SDK 4.1.0
  • ジョブのタスク数を表示する新しいコマンドを追加しましたAdded a new command show the task counts of a job
  • リソース ファイルの SAS URL 処理のバグを修正しましたFixed bug in resource file SAS URL processing
  • Batch アカウントのエンドポイントで、オプションの "https://" プレフィックスがサポートされるようになりましたBatch account endpoint now supports optional 'https://' prefix
  • ジョブに対する 100 を超えるタスクのリストの追加をサポートしますSupport for adding lists of more than 100 tasks to a job
  • 拡張機能コマンド モジュールの読み込みのデバッグ ログを追加しましたAdded debug logging for loading Extensions command module

コンポーネントComponent

  • "az component" コマンドに非推奨警告を追加しましたAdded deprecation warning to 'az component' commands

コンテナーContainer

  • create:環境変数内で等号を使用できない問題を修正しましたcreate: Fixed issue where equals sign was not allowed inside an environment variable

Data Lake StoreData Lake Store

  • プログレス コントロールを有効にしましたEnabled progress control

Event GridEvent Grid

  • 最初のリリースInitial release

ネットワークNetwork

  • lb:特定の子リソース名が省略された場合に正しく解決されない問題を修正しましたlb: Fixed issue where the certain child resource names did not resolve correctly when omitted
  • application-gateway {subresource} delete:--no-wait が受け入れられない問題を修正しましたapplication-gateway {subresource} delete: Fixed issue where --no-wait was not honored
  • application-gateway http-settings update:--connection-draining-timeout を無効にできない問題を修正しましたapplication-gateway http-settings update: Fixed issue where --connection-draining-timeout could not be turned off
  • az network vpn-connection ipsec-policy add での予期しないキーワード引数 sa_data_size_kilobyes のエラーを修正しましたFixed error unexpected keyword argument sa_data_size_kilobyes with az network vpn-connection ipsec-policy add

プロファイルProfile

  • account list:サーバーの最新のサブスクリプションを同期する --refresh を追加しましたaccount list: Added --refresh to sync up the latest subscriptions from server

ストレージStorage

  • システムによって割り当てられた ID によるストレージ アカウントの更新を有効にしますEnable update storage account with system assigned identity

VMVM

  • availability-set:変換時の障害ドメイン数を公開しましたavailability-set: Exposed fault domain count on convert
  • list-skus コマンドを公開しましたExposed list-skus command
  • ロールの割り当てを作成しない ID の割り当てをサポートしますSupport to assign identity w/o creating role assignments
  • データ ディスクのアタッチ時にストレージ SKU を適用しますApply storage sku on attaching data disks
  • 管理ディスクを使用する場合の既定の os-disk 名とストレージ SKU を削除しましたRemoved default os-disk name and storage SKU when using managed disks

2017 年 7 月 28 日July 28, 2017

バージョン 2.0.12Version 2.0.12

  • コンテナー コマンドを追加しましたAdded container commands
  • 請求および使用量モジュールを追加しましたAdded billing and consumption modules
azure-cli (2.0.12)

acr (2.0.9)
acs (2.0.11)
appservice (0.1.11)
batch (3.0.3)
billing (0.1.3)
cdn (0.0.6)
cloud (2.0.7)
cognitiveservices (0.1.6)
command-modules-nspkg (2.0.1)
component (2.0.6)
configure (2.0.10)
consumption (0.1.3)
container (0.1.7)
core (2.0.12)
cosmosdb (0.1.11)
dla (0.0.10)
dls (0.0.11)
feedback (2.0.6)
find (0.2.6)
interactive (0.3.7)
iot (0.1.10)
keyvault (2.0.8)
lab (0.0.9)
monitor (0.0.8)
network (2.0.11)
nspkg (3.0.1)
profile (2.0.9)
rdbms (0.0.5)
redis (0.2.7)
resource (2.0.11)
role (2.0.9)
sf (1.0.5)
sql (2.0.8)
storage (2.0.11)
vm (2.0.11)

コアCore

  • サービス プリンシパルの SDK 認証情報と証明書を出力しますOutput sdk auth info for service principals with certificates
  • デプロイの進行状況の例外を修正しましたFixed deployment progress exceptions
  • サブスクリプション クライアントを作成するために、現在のクラウドの ARM エンドポイントを使用しますUse arm endpoint from the current cloud to create subscription client
  • clouds.config ファイルの同時処理機能が向上しました (#3636)Improved concurrent handling of clouds.config file (#3636)
  • コマンド実行のたびにクライアント要求 ID を更新しますRefresh client request id for each command execution
  • 正しい SDK プロファイルでサブスクリプション クライアントを作成します (#3635)Create subscription clients with right SDK profile (#3635)
  • テンプレート デプロイの進行状況レポート (#3510)Progress Reporting for template deployments (#3510)
  • jmespath クエリを通じてテーブル出力フィールドを選択するサポートを追加しました (#3581)Added support for picking table output fields through jmespath query (#3581)
  • 解析引数のミュートを改善し、ジェスチャによる履歴を追加しました (#3434)Improved the muting of parse args and append history with gestures (#3434)
  • 正しい SDK プロファイルでサブスクリプション クライアントを作成しますCreate subscription clients with right SDK profile
  • すべての既存のレコーディング ファイルを最新のフォルダーに移動しますMove all existing recording files to latest folder
  • VM/VMSS 作成のべき等を修正しました (#3586)Fixed idempotency for VM/VMSS create (#3586)
  • コマンド パスで大文字と小文字が区別されなくなりましたCommand paths are no longer case sensitive
  • 特定のブール型パラメーターで大文字と小文字が区別されなくなりましたCertain boolean-type parameters are no longer case sensitive
  • Azure Stack のような ADFS オンプレミス サーバーへのログインをサポートしますSupport login to ADFS on prem server like Azure Stack
  • clouds.config への同時書き込みを修正しました (#3255)Fixed concurrent writes to clouds.config (#3255)

ACRACR

  • 管理対象レジストリ用の show-usage コマンドを追加しましたAdded show-usage command for managed registries
  • 管理対象レジストリの SKU 更新をサポートしますSupport SKU update for managed registries
  • 管理対象レジストリと管理 SKU を追加しましたAdded managed registries with managed SKU
  • 管理対象レジストリの webhook と acr webhook コマンド モジュールを追加しましたAdded webhooks for managed registries with acr webhook command module
  • AAD 認証と acr login コマンドを追加しましたAdded AAD authentication with acr login command
  • Docker リポジトリ、マニフェスト、タグ用の delete コマンドを追加しましたAdded delete command for docker repositories, manifests, and tags

ACSACS

  • API バージョン 2017-07-01 をサポートしますSupport for API version 2017-07-01

AppserviceAppservice

  • Linux Web アプリの一覧表示で何も返されないバグを修正しましたFixed bug where listing Linux webapp would return nothing
  • acr からの資格情報の取得をサポートしますSupport to retrieve creds from acr
  • appservice web のすべてのコマンドを削除しますRemove all commands under appservice web
  • コマンド出力で Docker レジストリのパスワードをマスクします (#3656)Mask docker registry passwords from command output (#3656)
  • macOS でエラーにならずに既定のブラウザーが使用されます (#3623)Ensure default browser is used on macOS without errors (#3623)
  • webapp log tailwebapp log download のヘルプを改善します (#3624)Improve the help of webapp log tail and webapp log download (#3624)
  • 静的ルーティングを構成するための traffic-routing コマンドを公開しました (#3566)Exposed traffic-routing command to configure static routing (#3566)
  • ソース管理の構成で信頼性のための修正が追加されました (#3245)Added reliability fixes in configuring source control (#3245)
  • Windows Web アプリ用の webapp config update から、サポートされていない --node-version 引数を削除しました。Removed unsupported --node-version argument from webapp config update for Windows webapps. 代わりに webapp config appsettings set --settings WEBSITE_NODE_DEFAULT_VERSION=... を使用してくださいInstead use webapp config appsettings set --settings WEBSITE_NODE_DEFAULT_VERSION=...

BatchBatch

  • Batch SDK 3.0.0 に更新して、プール内の優先度が低い VM がサポートされるようにしましたUpdated to Batch SDK 3.0.0 with support for low-priority VMs in pools
  • pool create のオプション --target-dedicated の名前を --target-dedicated-nodes に変更しましたRenamed pool create option --target-dedicated to --target-dedicated-nodes
  • pool create のオプションの --target-low-priority-nodes--application-licenses を追加しましたAdded pool create options --target-low-priority-nodes and --application-licenses

CDNCDN

  • --profile-name によって指定されたプロファイルが存在しない場合に表示される cdn endpoint list のエラー メッセージを、より適切な内容に変更しましたProvided a better error message for cdn endpoint list when the profile specified by --profile-name does not exist

クラウドCloud

  • クラウド メタデータ エンドポイントの API バージョンを YYYY-MM-DD 形式に変更しましたChanged API version of cloud metadata endpoint to YYYY-MM-DD format
  • ギャラリー エンドポイントは必須ではありませんGallery endpoint isn't required
  • ARM リソース マネージャー エンドポイントだけでのクラウドの登録をサポートしますSupport for registering cloud just with ARM resource manager endpoint
  • cloud set で現在のクラウドを選択するときにプロファイルを選択できるオプションを提供しましたProvided an option for cloud set to choose the profile while selecting current cloud
  • endpoint_vm_image_alias_doc を公開しましたExposed endpoint_vm_image_alias_doc

Cosmos DBCosmosDB

  • カスタム パーティション キーでコレクションを作成できるように修正しましたFixed allowing creation of collection with custom partition key
  • 既定のコレクション TTL のサポートを追加しましたAdded support for collection default TTL

Data Lake AnalyticsData Lake Analytics

  • コンピューティング ポリシー管理用のコマンドを dla account compute-policy 見出しの下に追加しましたAdded commands for compute policy management under the dla account compute-policy heading
  • dla job pipeline show を追加しましたAdded dla job pipeline show
  • dla job recurrence list を追加しましたAdded dla job recurrence list

Data Lake StoreData Lake Store

  • ユーザー管理のキー コンテナーのキー ローテーションのサポートを dls account update に追加しましたAdded support for user managed key vault key rotation in dls account update
  • 基になる Data Lake Store ファイル システム SDK のバージョンを更新して、パフォーマンスの問題に対応しましたUpdated underlying Data Lake Store filesystem SDK version, addressing a performance issue
  • コマンド dls enable-key-vault を追加しました。Added command dls enable-key-vault. このコマンドでは、Data Lake Store アカウント内でデータの暗号化を使用するために、ユーザー指定のキー コンテナーの有効化が試行されますThis command attempts to enable a user provided Key Vault for use encrypting the data ina Data Lake Store account

InteractiveInteractive

  • キャッシュされたコマンドを使用することで、起動時間が向上しましたImproved the start up time by using cached commands
  • テスト カバレッジが増えましたIncreased test coverage
  • "?" ジェスチャが次のコマンドにも挿入されるよう強化しましたEnhanced the '?' gesture to also inject into the next command
  • プロファイル 2017-03-09-profile-preview との対話エラーを修正しました (#3587)Fixed interactive errors with the profile 2017-03-09-profile-preview (#3587)
  • --version を対話モードのパラメーターとして使用できるようにしました (#3645)Allowed --version as a parameter for interactive mode (#3645)
  • 対話モードで検証の完了時にエラーがスローされないようにします (#3570)Stop interactive mode throwing errors from validation completions (#3570)
  • テンプレート デプロイの進行状況レポート (#3510)Progress reporting for template deployments (#3510)
  • --progress フラグを追加しましたAdded --progress flag
  • 入力候補から --debug--verbose を削除しましたRemoved --debug and --verbose from completions
  • 入力候補から interactive を削除しました (#3324)Removed interactive from completions (#3324)

IoTIoT

  • ポリシーの作成で既存のポリシーが消去されないように修正しました。Fixed policy creation no longer clears existing policies. (#3934)(#3934)

Key VaultKey vault

  • キー コンテナーの回復機能のために、以下のコマンドを追加しました。Added commands for key vault recovery features:
    • keyvault サブコマンドの purgerecoverkeyvault list-deletedkeyvault subcommands purge, recover, keyvault list-deleted
    • keyvault secret サブコマンドの backuprestorepurgerecoverlist-deletedkeyvault secret subcommands backup, restore, purge, recover, list-deleted
    • keyvault certificate サブコマンドの purgerecoverlist-deletedkeyvault certificate subcommands purge, recover, list-deleted
    • keyvault key サブコマンドの purgerecoverlist-deletedkeyvault key subcommands purge, recover, list-deleted
  • サービス プリンシパルのキー コンテナーの統合を追加しました (#3133)Added service principal key vault integration (#3133)
  • キー コンテナー データプレーンを 0.3.2 に更新しました。Updated key vault dataplane to 0.3.2. (#3307)(#3307)

ラボLab

  • az lab vm claim を通じてラボ内の任意の VM を要求するためのサポートを追加しましたAdded support for claiming any vm in the lab through az lab vm claim
  • az lab vm listaz lab vm show のテーブル出力フォーマッタを追加しましたAdded table output formatter for az lab vm list and az lab vm show

モニターMonitor

  • monitor autoscale-settings get-parameters-template コマンドのテンプレート ファイルを修正しました (#3349)Fix for template file with monitor autoscale-settings get-parameters-template command (#3349)
  • monitor alert-rule-incidents list から monitor alert list-incidents への名称変更Renamed monitor alert-rule-incidents list to monitor alert list-incidents
  • monitor alert-rule-incidents show から monitor alert show-incident への名称変更Renamed monitor alert-rule-incidents show to monitor alert show-incident
  • monitor metric-defintions list から monitor metrics list-definitions への名称変更Renamed monitor metric-defintions list to monitor metrics list-definitions
  • monitor alert-rules から monitor alert への名称変更Renamed monitor alert-rules to monitor alert
  • monitor alert create を次のように変更しました。Changed monitor alert create:
    • condition および action サブコマンドが JSON を受け入れなくなりましたcondition and action subcommands no longer accept JSON
    • ルール作成プロセスを簡略化するために多数のパラメーターを追加しますAdd numerous parameters to simplify the rule creation process
    • location が必須ではなくなりましたlocation no longer required
    • ターゲットの名前と ID のサポートを追加しますAdd name and ID support for target
    • --alert-rule-resource-name を削除しますRemove --alert-rule-resource-name
    • is-enabled の名前を enabled に変更し、省略可能にしましたRename is-enabled to enabled, no longer required
    • description の既定値が、指定された条件に基づいて設定されるようになりましたdescription defaults now based on the supplied condition
    • 新しい形式をわかりやすく示すための例を追加しますAdd examples to help clarifiy the new format
  • monitor metric コマンドの名前または ID をサポートしますSupport names or IDs for monitor metric commands
  • monitor alert rule update に便利な引数と例を追加しましたAdded convenience arguments and examples to monitor alert rule update

ネットワークNetwork

  • list-private-access-services コマンドを追加しましたAdded list-private-access-services command
  • --private-access-services 引数を vnet subnet createvnet subnet update に追加しましたAdded --private-access-services argument to vnet subnet create and vnet subnet update
  • application-gateway redirect-config create が失敗する問題を修正しましたFixed issue where application-gateway redirect-config create would fail
  • application-gateway redirect-config update--no-wait を指定しても機能しない問題を修正しましたFixed issue where application-gateway redirect-config update with --no-wait would not work
  • application-gateway address-pool createapplication-gateway address-pool update--servers 引数を使用する場合のバグを修正しましたFixed bug when using --servers argument with application-gateway address-pool create and application-gateway address-pool update
  • application-gateway redirect-config コマンドを追加しましたAdded application-gateway redirect-config commands
  • list-optionspredefined listpredefined show の各コマンドを application-gateway ssl-policy に追加しましたAdded commands to application-gateway ssl-policy: list-options, predefined list, predefined show
  • --name--cipher-suites--min-protocol-version の各引数を application-gateway ssl-policy set に追加しましたAdded arguments to application-gateway ssl-policy set: --name, --cipher-suites, --min-protocol-version
  • --host-name-from-backend-pool--affinity-cookie-name--enable-probe--path の各引数を application-gateway http-settings createapplication-gateway http-settings update に追加しましたAdded arguments to application-gateway http-settings create and application-gateway http-settings update: --host-name-from-backend-pool, --affinity-cookie-name, --enable-probe, --path
  • --default-redirect-config 引数と --redirect-config 引数を application-gateway url-path-map createapplication-gateway url-path-map update に追加しましたAdded arguments to application-gateway url-path-map create and application-gateway url-path-map update: --default-redirect-config, --redirect-config
  • --redirect-config 引数を application-gateway url-path-map rule create に追加しましたAdded argument --redirect-config to application-gateway url-path-map rule create
  • --no-wait のサポートを application-gateway url-path-map rule delete に追加しましたAdded support for --no-wait to application-gateway url-path-map rule delete
  • --host-name-from-http-settings--min-servers--match-body--match-status-codes の各引数を application-gateway probe createapplication-gateway probe update に追加しましたAdded arguments to application-gateway probe create and application-gateway probe update: --host-name-from-http-settings, --min-servers, --match-body, --match-status-codes
  • --redirect-config 引数を application-gateway rule createapplication-gateway rule update に追加しましたAdded argument --redirect-config to application-gateway rule create and application-gateway rule update
  • --accelerated-networking のサポートを nic createnic update に追加しましたAdded support for --accelerated-networking to nic create and nic update
  • nic create から --internal-dns-name-suffix 引数を削除しましたRemoved --internal-dns-name-suffix argument from nic create
  • --dns-servers のサポートを nic updatenic create に追加しました:--dns-servers のサポートを追加しましたAdded support for --dns-servers to nic update and nic create: Add support for --dns-servers
  • local-gateway create--local-address-prefixes が無視されるバグを修正しましたFixed bug where local-gateway create ignored --local-address-prefixes
  • --dns-servers のサポートを vnet update に追加しましたAdded support for --dns-servers to vnet update
  • express-route peering create でルート フィルター処理をせずにピアリングを作成するときのバグを修正しましたFixed bug when creating a peering without route filtering with express-route peering create
  • express-route update--provider および --bandwidth 引数が機能しないバグを修正しましたFixed bug where --provider and --bandwidth arguments did not work with express-route update
  • network watcher show-topology の既定値設定ロジックのバグを修正しましたFixed bug with network watcher show-topology defaulting logic
  • network list-usages の出力書式設定を改善しましたImproved output formatting for network list-usages
  • application-gateway http-listener create に既定のフロントエンド IP を使用します (1 つしかない場合)Use default frontend IP for application-gateway http-listener create if only one exists
  • application-gateway rule create に既定のアドレス プール、HTTP 設定、および HTTP リスナーを使用します (1 つしかない場合)Use default address pool, HTTP settings, and HTTP listener for application-gateway rule create if only one exists
  • lb rule create に既定のフロントエンド IP およびバックエンド プールを使用します (1 つしかない場合)Use default frontend IP and backend pool for lb rule create if only one exists
  • lb inbound-nat-rule create に既定のフロントエンド IP を使用します (1 つしかない場合)Use default frontend IP for lb inbound-nat-rule create if only one exists

プロファイルProfile

  • 管理対象 ID での VM 内のログインをサポートしますSupport login inside a VM with a managed identity
  • account show で SDK 認証ファイル形式での出力をサポートしますSupport output for account show in SDK auth file format
  • "--expanded-view" を使用した場合に非推奨警告を表示しますShow deprecation warnings when using '--expanded-view'
  • 生の AAD トークンを提供するための get-access-token コマンドを追加しましたAdded get-access-token command to provide raw AAD token
  • サブスクリプションが関連付けられていないユーザー アカウントでのログインをサポートしますSupport login with a user account with no associated subscriptions

RDBMSRDBMS

  • サブスクリプション全体のサーバーの一覧表示をサポートします (#3417)Support listing servers across a subscription (#3417)
  • % server_type が見つからないために %s が処理されない問題を修正しました (#3393)Fixed %s not processed because of missing % server_type (#3393)
  • ドキュメント ソース マップを修正し、検証するための CI タスクを追加しました (#3361)Fixed doc source map and added CI task to verify (#3361)
  • MySQL および PostgreSQL のヘルプを修正しました (#3369)Fixed MySQL and PostgreSQL help (#3369)

リソースResource

  • group deployment create の不足しているパラメーターの指定を求めるメッセージを改善しましたImproved prompts for missing parameters for group deployment create
  • --parameters KEY=VALUE 構文の解析を改善しましたImproved parsing of --parameters KEY=VALUE syntax
  • group deployment create のパラメーター ファイルが @<file> 構文で認識されなくなった問題を修正しましたFixed issues where group deployment create parameter files were no longer recognized using @<file> syntax
  • resource および managedapp コマンドで --ids 引数をサポートしますSupport --ids argument for resource and managedapp commands
  • いくつかの解析およびエラー メッセージを修正しました (#3584)Fixed up some parsing and error messages (#3584)
  • <resource-namespace><resource-type> を受け入れるよう、lock コマンドの --resource-type の解析を修正しましたFixed --resource-type parsing for the lock command to accept <resource-namespace> and <resource-type>
  • テンプレート リンク テンプレートのパラメーター チェックを追加しました (#3629)Added parameter checking for template link templates (#3629)
  • KEY=VALUE 構文でデプロイ パラメーターを指定するためのサポートを追加しましたAdded support for specifying deployment parameters using KEY=VALUE syntax

RoleRole

  • create-for-rbac で SDK 認証ファイル形式での出力をサポートしますSupport output in SDK auth file format for create-for-rbac
  • サービス プリンシパルを削除するときに、ロールの割り当てと、関連する AAD アプリケーションがクリーンアップされるようになりました (#3610)Cleaned up role assignments and related AAD application when deleting a service principal (#3610)
  • app create の引数 --start-date および --end-date の説明に時刻形式を含めますInclude time format in app create args --start-date and --end-date descriptions
  • --expanded-view を使用した場合に非推奨警告を表示しますShow deprecation warnings when using --expanded-view
  • キー コンテナーの統合を create-for-rbac および reset-credentials コマンドに追加しましたAdded key vault integration to the create-for-rbac and reset-credentials commands

Service FabricService Fabric

  • アプリケーション内の大きなファイルがアップロード時に切り詰められる問題を修正しました (#3666)Fixed an issue with large files in applications being truncated on upload (#3666)
  • Service Fabric コマンドのテストを追加しました (#3424)Added tests for Service Fabric commands (#3424)
  • 多数の Service Fabric コマンドを修正しました (#3234)Fixed numerous Service Fabric commands (#3234)

SQLSQL

  • 壊れた sql server create --identity パラメーターを削除しましたRemoved broken sql server create --identity parameter
  • sql server create および sql server update コマンドの出力からパスワード値を削除しましたRemoved password values from sql server create and sql server update command output
  • sql db list-editions および sql elastic-pool list-editions コマンドを追加しましたAdded commands sql db list-editions and sql elastic-pool list-editions

ストレージStorage

  • storage blob liststorage container liststorage share list の各コマンドから --marker オプションを削除しました (#3745)Removed --marker option from storage blob list, storage container list, and storage share list commands (#3745)
  • https 専用ストレージ アカウントの作成を有効にしましたEnabled creating an https-only storage account
  • storage metrics、logging、cors の各コマンドを更新しました (#3495)Updated storage metrics, logging and cors commands (#3495)
  • CORS add からの例外メッセージを言い換えました (#3638) (#3362)Rephrased exception message from CORS add (#3638) (#3362)
  • ジェネレーターをドライ ラン モードのダウンロード バッチ コマンド内の一覧に変換しました (#3592)Converted generator to a list in download batch command dry run mode (#3592)
  • BLOB ダウンロード バッチのドライ ランの問題を修正しました (#3640) (#3592)Fixed blob download batch dryrun issue (#3640) (#3592)

VMVM

  • nsg の構成をサポートしますSupport configuring nsg
  • DNS サーバーが正しく構成されないバグを修正しましたFixed a bug where the DNS server would not be configured correctly
  • 管理対象のサービス ID をサポートしますSupport managed service identities
  • 既存のロード バランサーを使用する cmss create--backend-pool-name が必要だった問題を修正しましたFixed issue where cmss create with an existing load balancer required --backend-pool-name
  • vm image create で作成された datadisks の lun を 0 から開始しますMake datadisks created with vm image create lun start with 0

2017 年 5 月 10 日May 10, 2017

バージョン 2.0.6Version 2.0.6

  • documentdb から cosmosdb に名前が変更されましたdocumentdb renamed to cosmosdb
  • rdbms (mysql、postgres) が追加されましたAdd rdbms (mysql, postgres)
  • Data Lake Analytics モジュールと Data Lake Store モジュールが追加されましたInclude Data Lake Analytics and Data Lake Store modules
  • Cognitive Services モジュールが追加されましたInclude Cognitive Services module
  • Service Fabric モジュールが追加されましたInclude Service Fabric module
  • 対話型モジュールが追加されました (az-shell の名前変更)Include Interactive module (rename of az-shell)
  • CDN コマンドに対応するようになりましたAdd support for CDN commands
  • コンテナー モジュールが削除されましたRemove Container module
  • "az --version" のショートカットとして "az -v" が追加されました (#2926)Add 'az -v' as shortcut for 'az --version' (#2926)
  • パッケージ読み込みとコマンド実行のパフォーマンスが向上しています (#2819)Improve performance of package load and command execution (#2819)
azure-cli (2.0.6)

acr (2.0.4)
acs (2.0.6)
appservice (0.1.6)
batch (2.0.4)
cdn (0.0.2)
cloud (2.0.2)
cognitiveservices (0.1.2)
command-modules-nspkg (2.0.0)
component (2.0.4)
configure (2.0.6)
core (2.0.6)
cosmosdb (0.1.6)
dla (0.0.6)
dls (0.0.6)
feedback (2.0.2)
find (0.2.2)
interactive (0.3.1)
iot (0.1.5)
keyvault (2.0.4)
lab (0.0.4)
monitor (0.0.4)
network (2.0.6)
nspkg (3.0.0)
profile (2.0.4)
rdbms (0.0.1)
redis (0.2.3)
resource (2.0.6)
role (2.0.4)
sf (1.0.1)
sql (2.0.3)
storage (2.0.6)
vm (2.0.6)

コアCore

  • コア: 登録されていないプロバイダーによる例外がキャプチャされ、自動登録されますcore: capture exceptions caused by unregistered provider and auto-register it
  • パフォーマンス: プロセスが終了するまで ADAL トークン キャッシュがメモリに保持されます (#2603)perf: persist adal token cache in memory till process exits (#2603)
  • 16 進フィンガープリント -o tsv から返されるバイトが修正されました (#3053)Fix bytes returned from hex fingerprint -o tsv (#3053)
  • Key Vault 証明書ダウンロードの強化と AAD SP 統合 (#3003)Enhanced Key Vault Certificate Download and AAD SP Integration (#3003)
  • Python の場所が "az —version" に追加されました (#2986)Add Python location to ‘az —version’ (#2986)
  • ログイン: サブスクリプションがないときのログインに対応するようになりました (#2929)login: support login when there are no subscriptions (#2929)
  • コア: サービス プリンシパルを 2 回使用してログインするときのエラーが修正されました (#2800)core: fix a failure when login using a service principal twice (#2800)
  • コア:accessTokens.json のファイル パスを環境変数で構成できます (#2605)core: Allow file path of accessTokens.json to be configurable through an env var (#2605)
  • コア:構成済み既定値を省略可能な引数に適用できます (#2703)core: Allow configured defaults to apply on optional args (#2703)
  • コア:パフォーマンスの向上core: Improved performance
  • コア:カスタム CA 証明書 - REQUESTS_CA_BUNDLE 環境変数の設定を利用できますcore: Custom CA Certs - Support setting REQUESTS_CA_BUNDLE environment variable
  • コア:クラウド構成 - "管理" エンドポイントが設定されていない場合に、"リソース マネージャー" エンドポイントが使用されますcore: Cloud configuration - use 'resource manager' endpoint if 'management' endpoint not set

ACSACS

  • マスター数とエージェント数が文字列から整数に修正されましたfix the master and agent count to be integer instead of string
  • 非同期作成用に "az acs create --no-wait" と "az acs wait" が公開されましたexpose 'az acs create --no-wait' and 'az acs wait' for async creation
  • ドライラン検証用に "az acs create --validate" が公開されましたexpose 'az acs create --validate' for dry-run validations
  • スケール コマンドの PUT 呼び出しの前の Windows プロファイルが削除されます (#2755)remove windows profile before PUT call for scale command (#2755)

AppServiceAppService

  • 関数アプリ: 作成、表示、リスト、削除、ホスト名、SSL など、関数アプリに完全に対応するようになりましたfunctionapp: add full functionapp supports, including create, show, list, delete, hostname, ssl, etc
  • Team Services (VSTS) が継続的デリバリー オプションとして "appservice web source-control config" に追加されましたAdding Team Services (vsts) as a continuous delivery option to "appservice web source-control config"
  • "az webapp" が作成され "az app service web" が置き換えられています (下位互換性のために "az app service web" は 2 リリースだけ保持されます)Create "az webapp" to replace "az appservice web" (for backward compat, "az appservice web" will stay for 2 releases)
  • WebApp 作成時にデプロイと "ランタイム スタック" を構成するための引数が公開されましたExpose arguments to configure deployment and "runtime stacks" on webapp create
  • "webapp list-runtimes" が公開されましたExpose "webapp list-runtimes"
  • 接続文字列の構成がサポートされています (#2647)support configure connection strings (#2647)
  • プレビューでのスロット スワップがサポートされていますsupport slot swap with preview
  • appservice コマンドからのポーランド語のエラー (#2948)Polish errors from appservice commands (#2948)
  • 証明書の操作に App Service プランのリソース グループが使用されます (#2750)Use the app service plan's resource group for cert operations (#2750)

Cosmos DBCosmosDB

  • documentdb モジュールから cosmosdb に名前が変更されましたRename documentdb module to cosmosdb
  • DocumentDB データプレーン API: データベースとコレクション管理に対応するようになりましたAdded support for documentdb data-plane APIs: database and collection management
  • データベース アカウントにおける自動フェールオーバーの有効化に対応するようになりましたAdded support for enabling automatic failover on database accounts
  • 新しい一貫性ポリシー ConsistentPrefix に対応するようになりましたAdded support for new consistency policy ConsistentPrefix

Data Lake AnalyticsData Lake Analytics

  • ジョブ リストの結果と状態に対するフィルター処理でエラーがスローされるバグが修正されましたFix a bug where filtering on result and state for job lists would throw an error

  • 新しいカタログ項目の種類: パッケージに対応するようになりました。Add support for new catalog item type: package. az dla catalog package を介してアクセスされますaccessed through: az dla catalog package

  • 次のカタログ項目の一覧をデータベース内から表示できます (スキーマ仕様は不要です)。Made it possible to list the following catalog items from within a database (no schema specification required):

    • テーブルTable
    • テーブル値関数Table valued function
    • 表示View
    • テーブルの統計。Table Statistics. スキーマと一緒に表示することもできますが、テーブル名を指定する必要はありませんThis can also be listed with a schema, but without specifying a table name

Data Lake StoreData Lake Store

  • 基になるファイルシステム SDK のバージョンが更新され、サーバー側スロットル処理への対応が強化されましたUpdate the version of the underlying filesystem SDK, which gives better support for handling server side throttling scenarios
  • パッケージ読み込みとコマンド実行のパフォーマンスが向上しています (#2819)Improve performance of package load and command execution (#2819)
  • access show のヘルプがなかったため、missed help for access show. 追加しましたadding it. (#2743)(#2743)

FindFind

  • 検索結果を改善し、検索インデックスのバージョン管理を可能にしましたimprove search results and allow for versioning of the search index

KeyVaultKeyVault

  • BC: az keyvault certificate download によって -e が文字列またはバイナリから PEM または DER に変更され、オプションの表現が向上しましたBC:az keyvault certificate download change -e from string or binary to PEM or DER to better represent the options
  • BC:--expires パラメーターと --not-before パラメーターはサービスでサポートされていないため、keyvault certificate create から削除されましたBC: Remove --expires and --not-before from keyvault certificate create as these parameters are not supported by the service
  • --validity パラメーターが keyvault certificate create に追加され、--policy の値が選択的にオーバーライドされますAdds the --validity parameter to keyvault certificate create to selectively override the value in --policy
  • "expires" と "not_before" が公開され、"validity_in_months" が公開されなかった場合に keyvault certificate get-default-policy で発生する問題が修正されましたFixes issue in keyvault certificate get-default-policy where 'expires' and 'not_before' were exposed but 'validity_in_months' was not
  • KeyVault における pem と pfx のインポートが修正されました (#2754)keyvault fix for import of pem and pfx (#2754)

ラボLab

  • ラボ環境用の作成、表示、削除、およびリスト コマンドが追加されましたAdding create, show, delete & list commands for environment in the lab
  • ラボで ARM テンプレートを表示するための表示およびリスト コマンドが追加されましたAdding show & list commands to view ARM templates in the lab
  • ラボ環境で VM をフィルター処理するための --environment フラグが az lab vm list に追加されましたAdding --environment flag in az lab vm list to filter VMs by environment in the lab
  • ラボの数式内でアーティファクト スキャフォールディングをエクスポートするための便利なコマンド az lab formula export-artifacts が追加されましたAdd convenience command az lab formula export-artifacts to export artifact scaffold within a Lab's formula
  • ラボ内でシークレットを管理するためのコマンドが追加されましたAdd commands to manage secrets within a Lab

モニターMonitor

  • バグの修正: JSON 文字列を使用するため az alert-rules create--actions がモデル化されています (#3009)Bug Fix: Modeling --actions of az alert-rules create to consume JSON string (#3009)
  • バグの修正: diagnostic settings create が、表示コマンドからのログ/メトリックを受け付けません (#2913)Bug fix - diagnostic settings create does not accept logs/metrics from show commands (#2913)

ネットワークNetwork

  • network watcher test-connectivity コマンドが追加されましたAdd network watcher test-connectivity command
  • network watcher packet-capture create--filters パラメーターに対応するようになりましたAdd support for --filters parameter for network watcher packet-capture create
  • Application Gateway 接続のドレインに対応するようになりましたAdd support for Application Gateway connection draining
  • Application Gateway WAF 規則セットの構成に対応するようになりましたAdd support for Application Gateway WAF rule set configuration
  • ExpressRoute ルート フィルターとルールに対応するようになりましたAdd support for ExpressRoute route filters and rules
  • TrafficManager の地理的なルーティングに対応するようになりましたAdd support for TrafficManager geographic routing
  • VPN 接続ポリシー ベースのトラフィック セレクターに対応するようになりましたAdd support for VPN connection policy-based traffic selectors
  • VPN 接続 IPSec ポリシーに対応するようになりましたAdd support for VPN connection IPSec policies
  • --no-wait パラメーターまたは --validate パラメーターを使用するときの vpn-connection create のバグが修正されましたFix bug with vpn-connection create when using the --no-wait or --validate parameters
  • アクティブ/アクティブ VNet ゲートウェイに対応するようになりましたAdd support for active-active VNet gateways
  • network vpn-connection list/show コマンドの出力から null 値が削除されましたRemove nulls values from output of network vpn-connection list/show commands
  • BC:vpn-connection create の出力のバグが修正されましたBC: Fix bug in the output of vpn-connection create
  • "vpn-connection create" の "--key-length" 引数が適切に解析されないバグが修正されましたFix bug where '--key-length' argument of 'vpn-connection create' was not parsed correctly
  • dns zone import でレコードが適切にインポートされないバグが修正されましたFix bug in dns zone import where records were not imported correctly
  • traffic-manager endpoint update が動作しないバグを修正しましたFix bug where traffic-manager endpoint update did not work
  • "Network Watcher" プレビューのコマンドが追加されましたAdd 'network watcher' preview commands

プロファイルProfile

  • サブスクリプションが見つからないときのログインに対応するようになりました (#2560)Support login when there are no subscriptions found (#2560)
  • az account set --subscription で短いパラメーター名に対応するようになりました (#2980)Support short param name in az account set --subscription (#2980)

RedisRedis

  • Redis Cache のスケール機能も追加する更新コマンドが追加されましたAdding update command which also adds the ability to scale for redis cache
  • "update-settings" コマンドが廃止されましたDeprecates the 'update-settings' command

リソースResource

  • managedapp と managedapp の定義コマンドが追加されました (#2985)Add managedapp and managedapp definition commands (#2985)
  • "provider operation" コマンドに対応するようになりました (#2908)Support 'provider operation' commands (#2908)
  • 汎用リソースの作成に対応するようになりました (#2606)Support generic resource create (#2606)
  • リソース解析および API バージョンの検索が修正されましたFix resource parsing and api version lookup. (#2781)(#2781)
  • az lock update のドキュメントが追加されましたAdd docs for az lock update. (#2702)(#2702)
  • 存在しないグループのリソースの一覧を表示しようとするとエラーが出力されますError out if you try to list resources for a group that doesn't exist. (#2769)(#2769)
  • [コンピューティング] VMSS と VM の可用性セットの更新に関する問題が修正されました。[Compute] Fix issues with VMSS and VM availability set update. (#2773)(#2773)
  • parent-resource-path が None の場合のロックの作成と削除が修正されました (#2742)Fix lock create and delete if parent-resource-path is None (#2742)

RoleRole

  • create-for-rbac: SP の終了日が、確実に証明書の有効期限の前に設定されます (#2989)create-for-rbac: ensure SP's end date will not exceed certificate's expiration date (#2989)
  • RBAC: "ad group" が完全にサポートされるようになりました (#2016)RBAC: add full support for 'ad group' (#2016)
  • ロール: ロール定義の更新に関する問題が修正されました (#2745)role: fix issues on role definition update (#2745)
  • create-for-rbac: ユーザーによって指定されたパスワードが確実に取得されますcreate-for-rbac: ensure user provided password is picked up

SQLSQL

  • az sql server list-usages コマンドと az sql db list-usages コマンドが追加されましたAdded az sql server list-usages and az sql db list-usages commands
  • SQL - リソース プロバイダーに直接接続できます (#2832)SQL - ability to connect directly to resource provider (#2832)

ストレージStorage

  • storage account create のリソース グループの場所に対する既定の場所Default location to resource group location for storage account create
  • 増分 BLOB コピーに対応するようになりましたAdd support for incremental blob copy
  • 大きなブロック BLOB アップロードに対応するようになりましたAdd support for large block blob upload
  • アップロードするファイルが 200 GB を超える場合にブロック サイズが 100 MB に変更されますChange block size to 100MB when file to upload is larger than 200GB

VMVM

  • avail-set: UD&FD ドメイン数が省略可能になりましたavail-set: make UD&FD domain counts optional

    注:独立したクラウドの VM コマンド。次のマネージド ディスク関連機能は避けるようにしてください。note: VM commands in sovereign clouds Please avoid managed disk related features, including the following:

    1. az disk/snapshot/imageaz disk/snapshot/image
    2. az vm/vmss diskaz vm/vmss disk
    3. "az vm/vmss create" 内では、"—use-unmanaged-disk" を使用して管理対象ディスクを回避します。他のコマンドは機能しますInside "az vm/vmss create", use "—use-unmanaged-disk" to avoid managed disk Other commands should work
  • vm/vmss: SSH キー ペアを生成するときの警告テキストが向上しますvm/vmss: improve the warning text when generates ssh key pairs

  • vm/vmss: プラン情報を必要とするマーケットプレイス イメージからの作成をサポートします (#1209)vm/vmss: support create from a market place image which requires plan info (#1209)

2017 年 4 月 3 日April 3, 2017

バージョン 2.0.2Version 2.0.2

このリリースでは、ACR、Batch、KeyVault、SQL コンポーネントをリリースしましたWe released the ACR, Batch, KeyVault, and SQL components in this release

azure-cli (2.0.2)

acr (2.0.0)
acs (2.0.2)
appservice (0.1.2)
batch (2.0.0)
cloud (2.0.0)
component (2.0.0)
configure (2.0.2)
container (0.1.2)
core (2.0.2)
documentdb (0.1.2)
feedback (2.0.0)
find (0.0.1b1)
iot (0.1.2)
keyvault (2.0.0)
lab (0.0.1)
monitor (0.0.1)
network (2.0.2)
nspkg (2.0.0)
profile (2.0.2)
redis (0.1.1b3)
resource (2.0.2)
role (2.0.1)
sql (2.0.0)
storage (2.0.2)
vm (2.0.2)

コアCore

  • 既定の一覧に acr、lab、monitor、find モジュールを追加Add acr, lab, monitor, and find modules to default list
  • ログイン: 誤ったテナントをスキップ (#2634)Login: skip erroneous tenant (#2634)
  • ログイン: 既定のサブスクリプションを "Enabled" の状態のサブスクリプションに設定 (#2575)login: set default subscription to one with the state of "Enabled" (#2575)
  • wait コマンドと --no-wait のサポートをより多くのコマンドに追加 (#2524)Add wait commands and --no-wait support to more commands (#2524)
  • コア: 証明書を持つサービス プリンシパルを使用したログインをサポート (#2457)core: support login using service principal with a cert (#2457)
  • 不足しているテンプレート パラメーターの指定を求めるメッセージを追加Add prompting for missing template parameters. (#2364)(#2364)
  • 既定のリソース グループ、既定の Web、既定の VM など、一般的な引数の既定値の設定をサポートSupport setting default values for common arguments like default resource group, default web, default vm
  • 特定のテナントへのログインをサポートSupport login to specific tenant

ACSACS

  • [ACS] 既定の ACS クラスターを構成するためのサポートを追加 (#2554)[ACS] Adding support for configuring a default ACS cluster (#2554)
  • ssh キー パスワードの入力要求のサポートを追加Add support for ssh key password prompting. (#2044)(#2044)
  • Windows クラスターのためのサポートを追加Add support for windows clusters. (#2211)(#2211)
  • 所有者から共同作成者へのロールの切り替えSwitch from Owner to Contributor role. (#2321)(#2321)

AppServiceAppService

  • appservice: DNS A レコードで使用される外部 IP アドレスの取得をサポート (#2627)appservice: support to get external ip address used for DNS A records (#2627)
  • appservice: ワイルドカード証明書のバインドをサポート (#2625)appservice: support binding wildcard certificates (#2625)
  • appservice: 発行プロファイルの一覧表示をサポート (#2504)appservice: support list publishing profiles (#2504)
  • AppService - 構成後にソース管理の同期をトリガー (#2326)AppService - Trigger source control sync after config (#2326)

DataLakeDataLake

  • Data Lake Analytics モジュールの最初のリリースInitial release of Data Lake Analytics module
  • Data Lake Store モジュールの最初のリリースInitial release of Data Lake Store module

DocuemntDBDocuemntDB

  • DocumentDB:接続文字列を一覧表示するためのサポートを追加 (#2580)DocumentDB: Adding support for listing connection strings (#2580)

VMVM

  • [コンピューティング] 仮想マシン スケール セットを作成するための AppGateway サポートを追加 (#2570)[Compute] Add AppGateway support to virtual machine scale set create (#2570)
  • [VM/VMSS] ディスク キャッシュのサポートを改善しました (#2522)[VM/VMSS] Improved disk caching support (#2522)
  • VM/VMSS: ポータルで使用される資格情報検証ロジックを組み込む (#2537)VM/VMSS: incorporate credentials validation logic used by portal (#2537)
  • wait コマンドと --no-wait のサポートを追加 (#2524)Add wait commands and --no-wait support (#2524)
  • 仮想マシン スケール セット: VM 間にわたるインスタンス ビューの一覧表示をサポート * (#2467)Virtual machine scale set: support * to list instance view across vms (#2467)
  • VM と仮想マシン スケール セット用の --secrets を追加 (#2212)Add --secrets for VM and virtual machine scale set ([#2212}(https://github.com/Azure/azure-cli/pull/2212))
  • 特殊化した VHD による VM 作成を許可 (#2256)Allow VM creation with specialized VHD (#2256)

2017 年 2 月 27 日February 27, 2017

バージョン 2.0.0Version 2.0.0

Azure CLI 2.0 のこのリリースは、最初の "一般公開" リリースです。一般公開に該当するのは、以下のコマンド モジュールです。This release of Azure CLI 2.0 is the first "Generally Available" release General availability applies to these command modules:

  • コンテナー サービス (acs)Container Service (acs)
  • コンピューティング (Resource Manager、VM、仮想マシン スケール セット、Managed Disks など)Compute (including Resource Manager, VM, virtual machine scale sets, Managed Disks)
  • ネットワークNetworking
  • ストレージStorage

これらのコマンド モジュールは、運用環境で使用することができ、標準の Microsoft SLA でサポートされています。問題は、Microsoft サポートで直接開くことも、GitHub の問題一覧で開くこともできます。azure-cli タグを使用して StackOverflow で質問したり、製品チーム (azfeedback@microsoft.com) に問い合わせたりすることもできます。az feedback コマンドを使用すると、コマンド ラインからフィードバックを送ることができます。These command modules can be used in production and are supported by standard Microsoft SLA You can open issues directly with Microsoft support or on our github issues list You can ask questions on StackOverflow using the azure-cli tag, or contact the product team at azfeedback@microsoft.com You can provide feedback from the command line with the az feedback command

これらのモジュールのコマンドは安定しており、Azure CLI のこのバージョンの今後のリリースで構文が変更されることは想定されていませんThe commands in these modules are stable and the syntax is not expected to change in upcoming releases of this version of Azure CLI

CLI のバージョンを確認するには、az --version を使用します。出力では、CLI 自体のバージョン (このリリースでは 2.0.0)、個々のコマンド モジュール、および使用している Python と GCC のバージョンが示されます。To verify the version of the CLI, use az --version The output lists the version of the CLI itself (2.0.0 in this release), the individual command modules, and the versions of Python and GCC that you're using

azure-cli (2.0.0)

acs (2.0.0)
appservice (0.1.1b5)
batch (0.1.1b4)
cloud (2.0.0)
component (2.0.0)
configure (2.0.0)
container (0.1.1b4)
core (2.0.0)
documentdb (0.1.1b2)
feedback (2.0.0)
iot (0.1.1b3)
keyvault (0.1.1b5)
network (2.0.0)
nspkg (2.0.0)
profile (2.0.0)
redis (0.1.1b3)
resource (2.0.0)
role (2.0.0)
sql (0.1.1b5)
storage (2.0.0)
vm (2.0.0)

Python (Darwin) 2.7.10 (default, Jul 30 2016, 19:40:32)
[GCC 4.2.1 Compatible Apple LLVM 8.0.0 (clang-800.0.34)]

注意

コマンド モジュールには、"bn" または "rcn" という接尾辞が付いているものがあります。これらのコマンド モジュールはまだプレビュー段階であり、今後一般公開される予定ですSome of the command modules have a "bn" or "rcn" postfix These command modules are still in preview and will become generally available in the future

CLI のナイトリー プレビュー ビルドもあります。詳細については、ナイトリー ビルドの入手に関する手順と、開発者向けセットアップおよび共同作成コードに関する手順を参照してくださいWe also have nightly preview builds of the CLI For information, see these instructions on getting the nightly builds, and these instructions on developer setup and contributing code

ナイトリー プレビュー ビルドの問題は、次の方法で報告することができます。You can report issues with nightly preview builds in the following ways: