az storage container

BLOB ストレージ コンテナーを管理します。

コマンドに対して、--auth-mode、--account-key、--connection-string、--sas-token のいずれかの認証パラメーターを指定してください。 また、対応する環境変数を使用して、認証資格情報 (AZURE_STORAGE_KEY、AZURE_STORAGE_CONNECTION_STRING、AZURE_STORAGE_SAS_TOKENなど) を格納することもできます。

コマンド

az storage container create

ストレージ アカウントにコンテナーを作成します。

az storage container delete

指定したコンテナーに削除のマークを付けます。

az storage container exists

ストレージ コンテナーの存在を確認します。

az storage container generate-sas

ストレージ コンテナーの SAS トークンを生成します。

az storage container immutability-policy

コンテナーの不変性ポリシーを管理します。

az storage container immutability-policy create

ロック解除された不変ポリシーを作成または更新します。

az storage container immutability-policy delete

ロック解除された不変ポリシーを中止します。

az storage container immutability-policy extend

ロックされた不変ポリシーの immutabilityPeriodSinceCreationInDays を拡張します。

az storage container immutability-policy lock

ImmutabilityPolicy をロック状態に設定します。

az storage container immutability-policy show

応答ヘッダーと本文の対応する ETag と共に、既存の不変ポリシーを取得します。

az storage container lease

BLOB ストレージ コンテナーのリースを管理します。

az storage container lease acquire

新しいリースを要求します。

az storage container lease break

コンテナーにアクティブなリースがある場合は、リースを解除します。

az storage container lease change

アクティブなリースのリース ID を変更します。

az storage container lease release

リースを解放します。

az storage container lease renew

リースを更新します。

az storage container legal-hold

コンテナーの訴訟ホールドを管理します。

az storage container legal-hold clear

訴訟ホールド タグをクリアします。

az storage container legal-hold set

訴訟ホールド タグを設定します。

az storage container legal-hold show

コンテナーの訴訟ホールド プロパティを取得します。

az storage container list

ストレージ アカウント内のコンテナーを一覧表示します。

az storage container metadata

コンテナー メタデータを管理します。

az storage container metadata show

指定したコンテナーのすべてのユーザー定義メタデータを返します。

az storage container metadata update

指定したコンテナーに対して 1 つ以上のユーザー定義の名前と値のペアを設定します。

az storage container policy

コンテナーに格納されているアクセス ポリシーを管理します。

az storage container policy create

格納されているオブジェクトに格納されているアクセス ポリシーを作成します。

az storage container policy delete

格納されているオブジェクトに格納されているアクセス ポリシーを削除します。

az storage container policy list

格納されているオブジェクトに格納されているアクセス ポリシーを一覧表示します。

az storage container policy show

格納されているオブジェクトに格納されているアクセス ポリシーを表示します。

az storage container policy update

格納されているオブジェクトに格納されているアクセス ポリシーを設定します。

az storage container restore

論理的に削除されたコンテナーを復元します。

az storage container set-permission

指定したコンテナーのアクセス許可を設定します。

az storage container show

指定したコンテナーのすべてのユーザー定義メタデータとシステム プロパティを返します。

az storage container show-permission

指定したコンテナーのアクセス許可を取得します。

az storage container create

ストレージ アカウントにコンテナーを作成します。

既定では、コンテナー データはアカウント所有者に対してプライベート ("off") です。 BLOB のパブリック読み取りアクセスを許可するには、"BLOB" を使用します。 "container" を使用して、コンテナー全体へのパブリック読み取りと一覧表示のアクセスを許可します。 --public-access を使用して az storage container set-permission -n CONTAINER_NAME --public-access blob/container/off構成できます。

az storage container create --name
                            [--account-key]
                            [--account-name]
                            [--auth-mode {key, login}]
                            [--blob-endpoint]
                            [--connection-string]
                            [--default-encryption-scope]
                            [--fail-on-exist]
                            [--metadata]
                            [--prevent-encryption-scope-override {false, true}]
                            [--public-access {blob, container, off}]
                            [--resource-group]
                            [--sas-token]
                            [--timeout]

ストレージ アカウントにストレージ コンテナーを作成します。

az storage container create -n mystoragecontainer

ストレージ アカウントにストレージ コンテナーを作成し、コンテナーが既に存在する場合はエラーを返します。

az storage container create -n mystoragecontainer --fail-on-exist

ストレージ アカウントにストレージ コンテナーを作成し、BLOB のパブリック読み取りアクセスを許可します。

az storage container create -n mystoragecontainer --public-access blob

必須のパラメーター

--name -n

コンテナーの名前。

省略可能のパラメーター

--account-key

ストレージ アカウント キー。 ストレージ アカウント名またはサービス エンドポイントと組み合わせて使用する必要があります。 環境変数: AZURE_STORAGE_KEY。

--account-name

ストレージ アカウント名。 関連する環境変数: AZURE_STORAGE_ACCOUNT。

--auth-mode

コマンドを実行するモード。 "ログイン" モードでは、認証にログイン資格情報が直接使用されます。 従来の "キー" モードでは、アカウントの認証パラメーターが指定されていない場合、アカウント キーのクエリが試行されます。 環境変数: AZURE_STORAGE_AUTH_MODE。

承認された値: key, login
--blob-endpoint

ストレージ データ サービス エンドポイント。 ストレージ アカウント キーまたは SAS トークンと組み合わせて使用する必要があります。 各サービス プライマリ エンドポイントは、次を使用して az storage account show検索できます。 環境変数: AZURE_STORAGE_SERVICE_ENDPOINT。

--connection-string

ストレージ アカウントの接続文字列。 環境変数: AZURE_STORAGE_CONNECTION_STRING。

--default-encryption-scope -d

既定では、すべての書き込みに対して指定された暗号化スコープが使用されます。

--fail-on-exist

コンテナーが既に存在する場合は、例外をスローします。

--metadata

スペース区切りのキーと値のペアのメタデータ。 これにより、既存のメタデータが上書きされます。

--prevent-encryption-scope-override -p

コンテナーの既定値からの暗号化スコープのオーバーライドをブロックします。

承認された値: false, true
--public-access

コンテナー内のデータにパブリックにアクセスできるかどうかを指定します。

承認された値: blob, container, off
--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--sas-token

Shared Access Signature (SAS)。 ストレージ アカウント名またはサービス エンドポイントと組み合わせて使用する必要があります。 環境変数: AZURE_STORAGE_SAS_TOKEN。

--timeout

要求のタイムアウト (秒単位)。 サービスへの各呼び出しに適用されます。

az storage container delete

指定したコンテナーに削除のマークを付けます。

コンテナーとその中に含まれている BLOB は、後でガベージ コレクション中に削除されます。

az storage container delete --name
                            [--account-key]
                            [--account-name]
                            [--auth-mode {key, login}]
                            [--blob-endpoint]
                            [--bypass-immutability-policy]
                            [--connection-string]
                            [--fail-not-exist]
                            [--if-modified-since]
                            [--if-unmodified-since]
                            [--lease-id]
                            [--sas-token]
                            [--timeout]

指定したコンテナーを削除対象としてマークします。 (自動生成)

az storage container delete --account-key 00000000 --account-name MyAccount --name mycontainer

必須のパラメーター

--name -n

コンテナーの名前。

省略可能のパラメーター

--account-key

ストレージ アカウント キー。 ストレージ アカウント名またはサービス エンドポイントと組み合わせて使用する必要があります。 環境変数: AZURE_STORAGE_KEY。

--account-name

ストレージ アカウント名。 関連する環境変数: AZURE_STORAGE_ACCOUNT。 ストレージ アカウント キーまたは SAS トークンと組み合わせて使用する必要があります。 どちらも存在しない場合、コマンドは、認証された Azure アカウントを使用してストレージ アカウント キーのクエリを実行しようとします。 多数のストレージ コマンドが実行されると、API クォータに達する可能性があります。

--auth-mode

コマンドを実行するモード。 "ログイン" モードでは、認証にログイン資格情報が直接使用されます。 従来の "キー" モードでは、アカウントの認証パラメーターが指定されていない場合、アカウント キーのクエリが試行されます。 環境変数: AZURE_STORAGE_AUTH_MODE。

承認された値: key, login
--blob-endpoint

ストレージ データ サービス エンドポイント。 ストレージ アカウント キーまたは SAS トークンと組み合わせて使用する必要があります。 各サービス プライマリ エンドポイントは、次を使用して az storage account show検索できます。 環境変数: AZURE_STORAGE_SERVICE_ENDPOINT。

--bypass-immutability-policy

不変ポリシーがある場合にコンテナーの削除をブロックする、今後のサービス動作をバイパスします。 これを指定すると、コンテナーの識別に使用される引数 ("--name"、"--account-name") 以外の引数は無視されます。

--connection-string

ストレージ アカウントの接続文字列。 環境変数: AZURE_STORAGE_CONNECTION_STRING。

--fail-not-exist

コンテナーが存在しない場合は、例外をスローします。

--if-modified-since

指定された UTC 日時 (Y-m-d'T'H:M'Z') 以降に変更された場合にのみ開始します。

--if-unmodified-since

指定された UTC datetime (Y-m-d'T'H:M'Z') 以降に変更されていない場合にのみ開始します。

--lease-id

指定した場合、delete_containerはコンテナーのリースがアクティブで、この ID と一致する場合にのみ成功します。 コンテナーにアクティブなリースがある場合は必須です。

--sas-token

Shared Access Signature (SAS)。 ストレージ アカウント名またはサービス エンドポイントと組み合わせて使用する必要があります。 環境変数: AZURE_STORAGE_SAS_TOKEN。

--timeout

要求のタイムアウト (秒単位)。 サービスへの各呼び出しに適用されます。

az storage container exists

ストレージ コンテナーの存在を確認します。

az storage container exists --name
                            [--account-key]
                            [--account-name]
                            [--auth-mode {key, login}]
                            [--blob-endpoint]
                            [--connection-string]
                            [--sas-token]
                            [--timeout]

ストレージ コンテナーの存在を確認します。 (自動生成)

az storage container exists --account-name mystorageccount --account-key 00000000 --name mycontainer

必須のパラメーター

--name -n

コンテナーの名前。

省略可能のパラメーター

--account-key

ストレージ アカウント キー。 ストレージ アカウント名またはサービス エンドポイントと組み合わせて使用する必要があります。 環境変数: AZURE_STORAGE_KEY。

--account-name

ストレージ アカウント名。 関連する環境変数: AZURE_STORAGE_ACCOUNT。 ストレージ アカウント キーまたは SAS トークンと組み合わせて使用する必要があります。 どちらも存在しない場合、コマンドは、認証された Azure アカウントを使用してストレージ アカウント キーのクエリを実行しようとします。 多数のストレージ コマンドが実行されると、API クォータに達する可能性があります。

--auth-mode

コマンドを実行するモード。 "ログイン" モードでは、認証にログイン資格情報が直接使用されます。 従来の "キー" モードでは、アカウントの認証パラメーターが指定されていない場合、アカウント キーのクエリが試行されます。 環境変数: AZURE_STORAGE_AUTH_MODE。

承認された値: key, login
--blob-endpoint

ストレージ データ サービス エンドポイント。 ストレージ アカウント キーまたは SAS トークンと組み合わせて使用する必要があります。 各サービス プライマリ エンドポイントは、次を使用して az storage account show検索できます。 環境変数: AZURE_STORAGE_SERVICE_ENDPOINT。

--connection-string

ストレージ アカウントの接続文字列。 環境変数: AZURE_STORAGE_CONNECTION_STRING。

--sas-token

Shared Access Signature (SAS)。 ストレージ アカウント名またはサービス エンドポイントと組み合わせて使用する必要があります。 環境変数: AZURE_STORAGE_SAS_TOKEN。

--timeout

要求のタイムアウト (秒単位)。 サービスへの各呼び出しに適用されます。

az storage container generate-sas

ストレージ コンテナーの SAS トークンを生成します。

az storage container generate-sas --name
                                  [--account-key]
                                  [--account-name]
                                  [--as-user]
                                  [--auth-mode {key, login}]
                                  [--blob-endpoint]
                                  [--cache-control]
                                  [--connection-string]
                                  [--content-disposition]
                                  [--content-encoding]
                                  [--content-language]
                                  [--content-type]
                                  [--encryption-scope]
                                  [--expiry]
                                  [--https-only]
                                  [--ip]
                                  [--permissions]
                                  [--policy-name]
                                  [--start]

BLOB コンテナーの SAS トークンを生成し、それを使用して BLOB をアップロードします。

end=`date -u -d "30 minutes" '+%Y-%m-%dT%H:%MZ'`
sas=`az storage container generate-sas -n mycontainer --https-only --permissions dlrw --expiry $end -o tsv`
az storage blob upload -n MyBlob -c mycontainer -f file.txt --sas-token $sas

コンテナーの共有アクセス署名を生成する (自動生成)

az storage container generate-sas --account-key 00000000 --account-name mystorageaccount --expiry 2020-01-01 --name mycontainer --permissions dlrw

ストレージ コンテナーの SAS トークンを生成します。 (自動生成)

az storage container generate-sas --account-name mystorageaccount --as-user --auth-mode login --expiry 2020-01-01 --name container1 --permissions dlrw

必須のパラメーター

--name -n

コンテナーの名前。

省略可能のパラメーター

--account-key

ストレージ アカウント キー。 ストレージ アカウント名またはサービス エンドポイントと組み合わせて使用する必要があります。 環境変数: AZURE_STORAGE_KEY。

--account-name

ストレージ アカウント名。 関連する環境変数: AZURE_STORAGE_ACCOUNT。 ストレージ アカウント キーまたは SAS トークンと組み合わせて使用する必要があります。 どちらも存在しない場合、コマンドは、認証された Azure アカウントを使用してストレージ アカウント キーのクエリを実行しようとします。 多数のストレージ コマンドが実行されると、API クォータに達する可能性があります。

--as-user

このコマンドによって、ユーザー委任キーで署名された SAS が返されることを示します。 この引数を指定する場合は、expiry パラメーターと '--auth-mode login' が必要です。

--auth-mode

コマンドを実行するモード。 "ログイン" モードでは、認証にログイン資格情報が直接使用されます。 従来の "キー" モードでは、アカウントの認証パラメーターが指定されていない場合、アカウント キーのクエリが試行されます。 環境変数: AZURE_STORAGE_AUTH_MODE。

承認された値: key, login
--blob-endpoint

ストレージ データ サービス エンドポイント。 ストレージ アカウント キーまたは SAS トークンと組み合わせて使用する必要があります。 各サービス プライマリ エンドポイントは、次を使用して az storage account show検索できます。 環境変数: AZURE_STORAGE_SERVICE_ENDPOINT。

--cache-control

この共有アクセス署名を使用してリソースにアクセスするときのCache-Controlの応答ヘッダー値。

--connection-string

ストレージ アカウントの接続文字列。 環境変数: AZURE_STORAGE_CONNECTION_STRING。

--content-disposition

この共有アクセス署名を使用してリソースにアクセスするときの Content-Disposition の応答ヘッダー値。

--content-encoding

この共有アクセス署名を使用してリソースにアクセスするときの Content-Encoding の応答ヘッダー値。

--content-language

この共有アクセス署名を使用してリソースにアクセスするときの Content-Language の応答ヘッダー値。

--content-type

この Shared Access Signature を使用してリソースにアクセスするときの Content-Type の応答ヘッダー値。

--encryption-scope

サービス上のデータを暗号化するために使用される定義済みの暗号化スコープ。

--expiry

SAS が無効になる UTC 日時 (Y-m-d'T'H:M'Z') を指定します。 格納されているアクセス ポリシーが、この値を指定する --policy-name で参照されている場合は使用しないでください。

--https-only

HTTPS プロトコルで行われた要求のみを許可します。 省略すると、HTTP プロトコルと HTTPS プロトコルの両方からの要求が許可されます。

--ip

要求を受け入れる IP アドレスまたは IP アドレスの範囲を指定します。 IPv4 スタイルのアドレスのみをサポートします。

--permissions

SAS が付与するアクセス許可。 使用できる値: (a)dd (c)reate (d)elete (e)xecute (f)ilter_by_tags (i)set_immutability_policy (l)ist (m)ove (r)ead (t)ag (w)rite (x)delete_previous_version (y)permanent_delete。 格納されているアクセス ポリシーが、この値を指定する --id で参照されている場合は使用しないでください。 組み合わせることができます。

--policy-name

コンテナーの ACL 内に格納されているアクセス ポリシーの名前。

--start

SAS が有効になる UTC 日時 (Y-m-d'T'H:M'Z') を指定します。 格納されているアクセス ポリシーが、この値を指定する --policy-name で参照されている場合は使用しないでください。 既定では、要求の時刻が設定されます。

az storage container list

ストレージ アカウント内のコンテナーを一覧表示します。

az storage container list [--account-key]
                          [--account-name]
                          [--auth-mode {key, login}]
                          [--blob-endpoint]
                          [--connection-string]
                          [--include-deleted {false, true}]
                          [--include-metadata {false, true}]
                          [--marker]
                          [--num-results]
                          [--prefix]
                          [--sas-token]
                          [--show-next-marker]
                          [--timeout]

ストレージ アカウント内のコンテナーを一覧表示します。

az storage container list

ストレージ アカウント内の論理的に削除されたコンテナーを一覧表示します。

az storage container list --include-deleted

省略可能のパラメーター

--account-key

ストレージ アカウント キー。 ストレージ アカウント名またはサービス エンドポイントと組み合わせて使用する必要があります。 環境変数: AZURE_STORAGE_KEY。

--account-name

ストレージ アカウント名。 関連する環境変数: AZURE_STORAGE_ACCOUNT。 ストレージ アカウント キーまたは SAS トークンと組み合わせて使用する必要があります。 どちらも存在しない場合、コマンドは、認証された Azure アカウントを使用してストレージ アカウント キーのクエリを実行しようとします。 多数のストレージ コマンドが実行されると、API クォータに達する可能性があります。

--auth-mode

コマンドを実行するモード。 "ログイン" モードでは、認証にログイン資格情報が直接使用されます。 従来の "キー" モードでは、アカウントの認証パラメーターが指定されていない場合、アカウント キーのクエリが試行されます。 環境変数: AZURE_STORAGE_AUTH_MODE。

承認された値: key, login
--blob-endpoint

ストレージ データ サービス エンドポイント。 ストレージ アカウント キーまたは SAS トークンと組み合わせて使用する必要があります。 各サービス プライマリ エンドポイントは、次を使用して az storage account show検索できます。 環境変数: AZURE_STORAGE_SERVICE_ENDPOINT。

--connection-string

ストレージ アカウントの接続文字列。 環境変数: AZURE_STORAGE_CONNECTION_STRING。

--include-deleted

削除されたコンテナーを応答で返すように指定します。 これは、コンテナーの復元が有効なアカウント用です。 既定値は False です。

承認された値: false, true
--include-metadata

応答で返されるコンテナー メタデータを指定します。

承認された値: false, true
--marker

次の一覧表示操作で返されるコンテナーの一覧の部分を識別する文字列値。 リスト操作で現在のページに残っているコンテナーがすべて返されなかった場合、操作は応答本文内の NextMarker 値を返します。 指定した場合、このジェネレーターは、前のジェネレーターが停止したポイントからの結果の返しを開始します。

--num-results

返す最大数を指定します。 要求でnum_resultsが指定されていない場合、または 5000 を超える値を指定した場合、サーバーは最大 5,000 個の項目を返します。 一覧表示操作がパーティション境界を越えた場合、サービスは残りの結果を取得するための継続トークンを返します。 すべてを返すには、"*" を指定します。

既定値: 5000
--prefix

指定したプレフィックスで始まる名前の BLOB のみを返すように結果をフィルター処理します。

--sas-token

Shared Access Signature (SAS)。 ストレージ アカウント名またはサービス エンドポイントと組み合わせて使用する必要があります。 環境変数: AZURE_STORAGE_SAS_TOKEN。

--show-next-marker

指定した場合、結果に nextMarker を表示します。

--timeout

要求のタイムアウト (秒単位)。 サービスへの各呼び出しに適用されます。

az storage container restore

論理的に削除されたコンテナーを復元します。

操作は、削除アイテム保持ポリシーで設定された指定された日数以内に使用された場合にのみ成功します。

az storage container restore --deleted-version
                             --name
                             [--account-key]
                             [--account-name]
                             [--auth-mode {key, login}]
                             [--blob-endpoint]
                             [--connection-string]
                             [--sas-token]
                             [--timeout]

論理的に削除されたコンテナーを一覧表示して復元します。

az storage container list --include-deleted
az storage container restore -n deletedcontainer --deleted-version deletedversion

必須のパラメーター

--deleted-version

復元する削除済みコンテナーのバージョンを指定します。

--name -n

復元する削除済みコンテナーの名前を指定します。

省略可能のパラメーター

--account-key

ストレージ アカウント キー。 ストレージ アカウント名またはサービス エンドポイントと組み合わせて使用する必要があります。 環境変数: AZURE_STORAGE_KEY。

--account-name

ストレージ アカウント名。 関連する環境変数: AZURE_STORAGE_ACCOUNT。 ストレージ アカウント キーまたは SAS トークンと組み合わせて使用する必要があります。 どちらも存在しない場合、コマンドは、認証された Azure アカウントを使用してストレージ アカウント キーのクエリを実行しようとします。 多数のストレージ コマンドが実行されると、API クォータに達する可能性があります。

--auth-mode

コマンドを実行するモード。 "ログイン" モードでは、認証にログイン資格情報が直接使用されます。 従来の "キー" モードでは、アカウントの認証パラメーターが指定されていない場合、アカウント キーのクエリが試行されます。 環境変数: AZURE_STORAGE_AUTH_MODE。

承認された値: key, login
--blob-endpoint

ストレージ データ サービス エンドポイント。 ストレージ アカウント キーまたは SAS トークンと組み合わせて使用する必要があります。 各サービス プライマリ エンドポイントは、次を使用して az storage account show検索できます。 環境変数: AZURE_STORAGE_SERVICE_ENDPOINT。

--connection-string

ストレージ アカウントの接続文字列。 環境変数: AZURE_STORAGE_CONNECTION_STRING。

--sas-token

Shared Access Signature (SAS)。 ストレージ アカウント名またはサービス エンドポイントと組み合わせて使用する必要があります。 環境変数: AZURE_STORAGE_SAS_TOKEN。

--timeout

要求のタイムアウト (秒単位)。 サービスへの各呼び出しに適用されます。

az storage container set-permission

指定したコンテナーのアクセス許可を設定します。

az storage container set-permission --name
                                    [--account-key]
                                    [--account-name]
                                    [--auth-mode {key, login}]
                                    [--blob-endpoint]
                                    [--connection-string]
                                    [--if-modified-since]
                                    [--if-unmodified-since]
                                    [--lease-id]
                                    [--public-access {blob, container, off}]
                                    [--sas-token]
                                    [--timeout]

必須のパラメーター

--name -n

コンテナーの名前。

省略可能のパラメーター

--account-key

ストレージ アカウント キー。 ストレージ アカウント名またはサービス エンドポイントと組み合わせて使用する必要があります。 環境変数: AZURE_STORAGE_KEY。

--account-name

ストレージ アカウント名。 関連する環境変数: AZURE_STORAGE_ACCOUNT。 ストレージ アカウント キーまたは SAS トークンと組み合わせて使用する必要があります。 どちらも存在しない場合、コマンドは、認証された Azure アカウントを使用してストレージ アカウント キーのクエリを実行しようとします。 多数のストレージ コマンドが実行されると、API クォータに達する可能性があります。

--auth-mode

コマンドを実行するモード。 "ログイン" モードでは、認証にログイン資格情報が直接使用されます。 従来の "キー" モードでは、アカウントの認証パラメーターが指定されていない場合、アカウント キーのクエリが試行されます。 環境変数: AZURE_STORAGE_AUTH_MODE。

承認された値: key, login
--blob-endpoint

ストレージ データ サービス エンドポイント。 ストレージ アカウント キーまたは SAS トークンと組み合わせて使用する必要があります。 各サービス プライマリ エンドポイントは、次を使用して az storage account show検索できます。 環境変数: AZURE_STORAGE_SERVICE_ENDPOINT。

--connection-string

ストレージ アカウントの接続文字列。 環境変数: AZURE_STORAGE_CONNECTION_STRING。

--if-modified-since

UTC datetime (Y-m-d'T'H:M'Z') が提供されてから変更された場合にのみ開始されます。

--if-unmodified-since

UTC datetime (Y-m-d'T'H:M'Z') が提供されているため、変更されていない場合にのみ開始します。

--lease-id

指定した場合、コンテナーのリースがアクティブで、この ID と一致する場合にのみ成功します。

--public-access

コンテナー内のデータにパブリックにアクセスできるかどうかを指定します。

承認された値: blob, container, off
--sas-token

Shared Access Signature (SAS)。 ストレージ アカウント名またはサービス エンドポイントと組み合わせて使用する必要があります。 環境変数: AZURE_STORAGE_SAS_TOKEN。

--timeout

要求のタイムアウト (秒単位)。 サービスへの各呼び出しに適用されます。

az storage container show

指定したコンテナーのすべてのユーザー定義メタデータとシステム プロパティを返します。

az storage container show --name
                          [--account-key]
                          [--account-name]
                          [--auth-mode {key, login}]
                          [--blob-endpoint]
                          [--connection-string]
                          [--lease-id]
                          [--sas-token]
                          [--timeout]

必須のパラメーター

--name -n

コンテナーの名前。

省略可能のパラメーター

--account-key

ストレージ アカウント キー。 ストレージ アカウント名またはサービス エンドポイントと組み合わせて使用する必要があります。 環境変数: AZURE_STORAGE_KEY。

--account-name

ストレージ アカウント名。 関連する環境変数: AZURE_STORAGE_ACCOUNT。 ストレージ アカウント キーまたは SAS トークンと組み合わせて使用する必要があります。 どちらも存在しない場合、コマンドは、認証された Azure アカウントを使用してストレージ アカウント キーのクエリを実行しようとします。 多数のストレージ コマンドが実行されると、API クォータに達する可能性があります。

--auth-mode

コマンドを実行するモード。 "ログイン" モードでは、認証にログイン資格情報が直接使用されます。 従来の "キー" モードでは、アカウントの認証パラメーターが指定されていない場合、アカウント キーのクエリが試行されます。 環境変数: AZURE_STORAGE_AUTH_MODE。

承認された値: key, login
--blob-endpoint

ストレージ データ サービス エンドポイント。 ストレージ アカウント キーまたは SAS トークンと組み合わせて使用する必要があります。 各サービス プライマリ エンドポイントは、次を使用して az storage account show検索できます。 環境変数: AZURE_STORAGE_SERVICE_ENDPOINT。

--connection-string

ストレージ アカウントの接続文字列。 環境変数: AZURE_STORAGE_CONNECTION_STRING。

--lease-id

指定した場合、コンテナーのリースがアクティブで、この ID と一致する場合にのみ成功します。

--sas-token

Shared Access Signature (SAS)。 ストレージ アカウント名またはサービス エンドポイントと組み合わせて使用する必要があります。 環境変数: AZURE_STORAGE_SAS_TOKEN。

--timeout

要求のタイムアウト (秒単位)。 サービスへの各呼び出しに適用されます。

az storage container show-permission

指定したコンテナーのアクセス許可を取得します。

az storage container show-permission --name
                                     [--account-key]
                                     [--account-name]
                                     [--auth-mode {key, login}]
                                     [--blob-endpoint]
                                     [--connection-string]
                                     [--lease-id]
                                     [--sas-token]
                                     [--timeout]

必須のパラメーター

--name -n

コンテナーの名前。

省略可能のパラメーター

--account-key

ストレージ アカウント キー。 ストレージ アカウント名またはサービス エンドポイントと組み合わせて使用する必要があります。 環境変数: AZURE_STORAGE_KEY。

--account-name

ストレージ アカウント名。 関連する環境変数: AZURE_STORAGE_ACCOUNT。 ストレージ アカウント キーまたは SAS トークンと組み合わせて使用する必要があります。 どちらも存在しない場合、コマンドは、認証された Azure アカウントを使用してストレージ アカウント キーのクエリを実行しようとします。 多数のストレージ コマンドが実行されると、API クォータに達する可能性があります。

--auth-mode

コマンドを実行するモード。 "ログイン" モードでは、認証にログイン資格情報が直接使用されます。 従来の "キー" モードでは、アカウントの認証パラメーターが指定されていない場合、アカウント キーのクエリが試行されます。 環境変数: AZURE_STORAGE_AUTH_MODE。

承認された値: key, login
--blob-endpoint

ストレージ データ サービス エンドポイント。 ストレージ アカウント キーまたは SAS トークンと組み合わせて使用する必要があります。 各サービス プライマリ エンドポイントは、次を使用して az storage account show検索できます。 環境変数: AZURE_STORAGE_SERVICE_ENDPOINT。

--connection-string

ストレージ アカウントの接続文字列。 環境変数: AZURE_STORAGE_CONNECTION_STRING。

--lease-id

指定した場合、コンテナーのリースがアクティブで、この ID と一致する場合にのみ成功します。

--sas-token

Shared Access Signature (SAS)。 ストレージ アカウント名またはサービス エンドポイントと組み合わせて使用する必要があります。 環境変数: AZURE_STORAGE_SAS_TOKEN。

--timeout

要求のタイムアウト (秒単位)。 サービスへの各呼び出しに適用されます。