az webapp config backup

Web アプリのバックアップを管理します。

コマンド

az webapp config backup create

Web アプリのバックアップを作成します。

az webapp config backup list

Web アプリのバックアップを一覧表示します。

az webapp config backup restore

バックアップから web アプリを復元します。

az webapp config backup show

Web アプリのバックアップスケジュールを表示します。

az webapp config backup update

Web アプリの新しいバックアップスケジュールを構成します。

az webapp config backup create

Web アプリのバックアップを作成します。

az webapp config backup create --container-url
                               --resource-group
                               --webapp-name
                               [--backup-name]
                               [--db-connection-string]
                               [--db-name]
                               [--db-type {LocalMySql, MySql, PostgreSql, SqlAzure}]
                               [--slot]
                               [--subscription]

Web アプリのバックアップを作成します。 自動

az webapp config backup create --container-url {container-url} --resource-group MyResourceGroup --webapp-name MyWebapp

必須のパラメーター

--container-url

Blob ストレージコンテナーへの SAS トークンを含む URL。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--webapp-name

Web アプリの名前。

省略可能のパラメーター

--backup-name

バックアップの名前。 指定されていない場合、バックアップには web アプリ名とタイムスタンプが付けられます。

--db-connection-string

バックアップ内のデータベースの接続文字列。

--db-name

バックアップ内のデータベースの名前。

--db-type

バックアップ内のデータベースの種類。

承認された値: LocalMySql, MySql, PostgreSql, SqlAzure
--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で生産スロットに設定されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 既定のサブスクリプションは、を使用して構成でき az account set -s NAME_OR_ID ます。

az webapp config backup list

Web アプリのバックアップを一覧表示します。

az webapp config backup list --resource-group
                             --webapp-name
                             [--query-examples]
                             [--slot]
                             [--subscription]

Web アプリのバックアップを一覧表示します。 自動

az webapp config backup list --resource-group MyResourceGroup --webapp-name MyWebapp

必須のパラメーター

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--webapp-name

Web アプリの名前。

省略可能のパラメーター

--query-examples

Jのパス文字列をお勧めします。 クエリの1つをコピーして、--query パラメーターの後に二重引用符で囲んで、結果を確認することができます。 これらのキーワードに基づいて提案を行うことができるように、1つまたは複数の位置指定キーワードを追加することができます。

--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で生産スロットに設定されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 既定のサブスクリプションは、を使用して構成でき az account set -s NAME_OR_ID ます。

az webapp config backup restore

バックアップから web アプリを復元します。

az webapp config backup restore --backup-name
                                --container-url
                                --resource-group
                                --webapp-name
                                [--db-connection-string]
                                [--db-name]
                                [--db-type {LocalMySql, MySql, PostgreSql, SqlAzure}]
                                [--ignore-hostname-conflict]
                                [--overwrite]
                                [--slot]
                                [--subscription]
                                [--target-name]

必須のパラメーター

--backup-name

復元するバックアップの名前。

--container-url

Blob ストレージコンテナーへの SAS トークンを含む URL。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--webapp-name

Web アプリの名前。

省略可能のパラメーター

--db-connection-string

バックアップ内のデータベースの接続文字列。

--db-name

バックアップ内のデータベースの名前。

--db-type

バックアップ内のデータベースの種類。

承認された値: LocalMySql, MySql, PostgreSql, SqlAzure
--ignore-hostname-conflict

バックアップに格納されているカスタムホスト名を無視します。

--overwrite

--Target-name が指定されていない場合は、ソース web アプリを上書きします。

--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で生産スロットに設定されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 既定のサブスクリプションは、を使用して構成でき az account set -s NAME_OR_ID ます。

--target-name

復元された web アプリに使用する名前。 指定しない場合、はバックアップの作成時に使用された名前になります。

az webapp config backup show

Web アプリのバックアップスケジュールを表示します。

az webapp config backup show --resource-group
                             --webapp-name
                             [--query-examples]
                             [--slot]
                             [--subscription]

Web アプリのバックアップスケジュールを表示します。 自動

az webapp config backup show --resource-group MyResourceGroup --webapp-name MyWebapp

必須のパラメーター

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--webapp-name

Web アプリの名前。

省略可能のパラメーター

--query-examples

Jのパス文字列をお勧めします。 クエリの1つをコピーして、--query パラメーターの後に二重引用符で囲んで、結果を確認することができます。 これらのキーワードに基づいて提案を行うことができるように、1つまたは複数の位置指定キーワードを追加することができます。

--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で生産スロットに設定されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 既定のサブスクリプションは、を使用して構成でき az account set -s NAME_OR_ID ます。

az webapp config backup update

Web アプリの新しいバックアップスケジュールを構成します。

az webapp config backup update --resource-group
                               --webapp-name
                               [--backup-name]
                               [--container-url]
                               [--db-connection-string]
                               [--db-name]
                               [--db-type {LocalMySql, MySql, PostgreSql, SqlAzure}]
                               [--frequency]
                               [--retain-one {false, true}]
                               [--retention]
                               [--slot]
                               [--subscription]

必須のパラメーター

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--webapp-name

Web アプリの名前。

省略可能のパラメーター

--backup-name

バックアップの名前。 指定されていない場合、バックアップには web アプリ名とタイムスタンプが付けられます。

--container-url

Blob ストレージコンテナーへの SAS トークンを含む URL。

--db-connection-string

バックアップ内のデータベースの接続文字列。

--db-name

バックアップ内のデータベースの名前。

--db-type

バックアップ内のデータベースの種類。

承認された値: LocalMySql, MySql, PostgreSql, SqlAzure
--frequency

バックアップの頻度。 数値の後に d または h を使用します (例: 5d = 5 日、下半期 = 2 時間)。

--retain-one

どれだけ古いかにかかわらず、常に1つのバックアップを保持します。

承認された値: false, true
--retention

バックアップを保存してから自動的に削除するまでの日数。 無期限に保持する場合は0に設定します。

--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で生産スロットに設定されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 既定のサブスクリプションは、を使用して構成でき az account set -s NAME_OR_ID ます。